« 実物日記 ~「オレンジの101系」その1~ | トップページ | 実物日記 ~「きいろいでんしゃ」~ »

2011年8月 1日 (月)

実物日記 ~「オレンジの101系」その2~

前回「その1」のつづきーっ!

今回も昔の写真だよん
武蔵野を走る最後の101系」なんぞを…。
撮影年月日は1985年4月29日。しかもすべて後輩からの貰いモノ写真だ。(笑)

でゎ、スタート
全ての写真はクリックすると拡大されるッス

----------------------

まずはこの1枚から。
201
新宿(しんじゅく)」駅にて。

中央線快速から101系が引退するのを記念して走った臨時列車の姿だ。
大勢の人が撮影しているのが見える。

ホームは当時の2番線。2011年でいうと8番線だ。
1・2番線は長距離列車(あずさ・アルプス等)用ホームで、ココに通勤電車が停まることは少なかった。

右隣は貨物用の中線。
EF60や65などが、ワム80000を40両引っ張って来て休む場所。
ココで20両に分割して、「飯田町(いいだまち)」駅まで走っていた。
飯田町駅は、「飯田橋(いいだばし)」駅の東南側に隣接していた貨物駅だ。
現在のJR貨物本社ビルの位置にあった。
この界隈は出版社が多いので、静岡や東北・北海道などから印刷用の紙を運んでいた。

ヘッドマークのアップを…
202
「さようなら 101 東京西局 1985.4.29」と書いてある。

ヘッドマークの周囲の銀色モールは、直前に追加で付けられたそうで。
その辺の裏話が「鉄道ピクトリアル」に書かれたいた…ハズ。
確かに、この方がアクセントがあるよね。

では、さよなら列車全体を見てみよう。
203
3番線から「代々木(よよぎ)」駅方向を見た様子。
当時の「定番撮影スポット」だ

列車番号(91H)から判るように、武蔵小金井区所属の編成だ。
(所属の詳細は、前回の日記を参照されたし)
基本編成のみの使用なので、7両編成

しっかし、橋上駅舎の左側には何にもナイ。
空しか見えない…。
このホームの後ろ側は、広大な貨物ヤードだったのだ。
(高島屋のビルの部分も含めてネ)

列車をアップで。
204
先頭車は「クモハ100」。
それも、パンタ部分の屋根が低い「800番台」車だ。

みんな窓全開にしてるね。
今の時代だと、こんなに開いたら窓から落ちるヤツとかいるんだろうなぁ…。

オシリの車両も…
205
コチラは「クモハ101」。
青梅街道のガード下に位置するので、上が暗い…。

このように、「カメラ小僧」がわんさかいる。
ほとんどが小学生~中学生だろう…。

当時はまだ「撮り鉄」というコトバは無かったよなぁ…。
もちろん、「ケータイ撮り」なんて存在するワケがナイ

余談だが、行き先字幕の文字をよく見て欲しい。
先頭車両の字幕は「TAKAO」と書いてあるのだが、
最後尾のこの車両は「TA KA O」となっている。
…何気に、字幕にも制作時期によって差異(バージョン)があるのだ

では、車体側面をば…。
206
電車区の職員さんが書いたのだろうか?
ステッカーではナイと思う。
窓の中心部の下にあったそうな。

あ、「惜別」の「」の字は気にしないよーに

右下の「西ムコ」とは、「東京西鉄道管理局 武蔵小金井(サシガネイ)電車区(駅)」の意味。

東ヤテ」「千ケヨ」「八ミツ」など、通勤電車の側面の隅っこに小さく書かれているナゾの暗号文字は、すべてそういう意味だ。

もう1枚。
207
車体中央下部に書かれている、形式番号だ。

モハ100-35
後ろから2両目のパンタつき車両だ。
こちらは低い屋根(800番台)ではナイね。

この編成では、高尾から先の山梨県方面に進むことは出来ない。
でも、最末期なので、もうその必要性も無くなっていたから、これでも良いのだ

さて、最後に1枚。
208
高尾駅を折り返し出発して、まもなく新宿駅に戻るぞ…という状態の、さよなら列車。

奥の線路上に見える三角屋根は、「東中野(ひがしなかの)」駅だ。
新宿駅はこの奥。各停だとあと2駅だ。

ココは「」で有名な撮影場所。
4月29日では、どちらの花も終わってしまってるね…

-----------------------

…ま、こんなカンジで、「おれんぢの101系」を追ってみた。
いかがッスか?

でゎでゎん

|

« 実物日記 ~「オレンジの101系」その1~ | トップページ | 実物日記 ~「きいろいでんしゃ」~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実物日記 ~「オレンジの101系」その1~ | トップページ | 実物日記 ~「きいろいでんしゃ」~ »