« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その15:西安・大慈恩寺と大雁塔~ | トップページ | お知らせ ~「特攻野郎Bチーム」新メンバー募集中!~ »

2011年6月30日 (木)

実物日記 ~「スカ色の115系」2011~

つい先日、山梨県の「大菩薩峠(だいぼさつとうげ)」に登って来た
天気予報にウソをつかれ、サイコーに日差しが照りつけた

山頂からの絶景に満足し下山、駅前で「 ほうとう」食べて ビールを飲む。
その帰りに乗った電車なんぞを撮ってみた…って~~次第

でゎスタート
01
JR中央線の「甲斐大和(かいやまと)」駅。
昔は「初鹿野(はじかの)」駅と呼んでいた。

小ぢんまりとした駅舎で、最近建て直したっぽい。
ヒジョーにキレイだ
この時には駅員さんはいなかった…。

ちょうど黄昏時(18時直前)だったので、オレンジ色に包まれた周囲の光景はキレイだった

駅舎左側の跨線橋から、甲府(西)方向を撮影。
02
線路が光ってるねぇ~

ホームに降りると、程なく電車が来た。
03
おぉ、の115系だ
高尾(たかお)」行き、6両編成。

そういえば、最近スカ(横須賀)色の115系に乗ってないなぁ…
中央線ではいつも長距離を移動するので、乗る電車は必ず信州(白地に水色のヤツね)だしぃ~。
だいぶ前から、スカ色編成は「立川(たちかわ)」~「小淵沢(こぶちざわ)」駅間内の、短距離区間用になってしまった。

…ま、とにかく、久々だってコト
04
あれ?本線ぢゃなくて2番線に入って来た。
…って~コトは、「あずさ」の通過待ち?

わーいスカ色だぁ~
05
懐かしいねぇ~~~。

この部分は国鉄時代とほとんど変わってナイからね
(ステッカーや部品は追加されてるが)
横須賀線房総半島の113系も髣髴(ほうふつ)させるアングルぢゃ

発車までしばらく時間があるので、席取ったあと、ホームで撮影することにした。
今度いつ撮れるか判らナイからねっ!(もうすぐ廃車とのウワサが…)

まずは1枚。
06
イイねぇ~~

…でも、なんか横須賀線っぽい。(笑)

…そっか、先頭車どうしがくっついているからだ。
国鉄時代に乗ってたスカ色115系(長距離運用編成)は、運転台と中間車の端面がくっついていたのだ。(3両+サハ2両+3両)
先頭車どうしというのは、8両編成に付属の3両編成(河口湖行き)がつながった時だけ。

4両+4両の8両編成もあったが、あまり新宿駅付近では見かけなかった。
(まだお子様だったから、しっかり見れてなかったというのもあろう…)

なので、自分にとっては横須賀線や内房線に見えてしまうのネ~

ちょっと先頭寄りに移動。
07
スカってるねぇ~

この編成、塗装がキレイなので、よく夕日を反射してくれる。

振り返ってみた。
08
エクセレント

キレイだなや

…ノッてきた。(笑)
09
お顔どうしの連結部分。

紺色の塗り分け方が、紛れもなく「115系」である証だ
この300番台編成は、前面にステンレスの強化板が貼られてナイので、オリジナルのお顔をしててカッコエェ

アングル変えて…
10
もっとカッコエェ~

この曲線を設計した人は天才だ。神だ
国鉄車両は「デザイナー」という人がデザインした車両はいなかった。
国鉄の部内の車両設計チームが行っていたとのこと。
使い勝手のよさを追求していったら、このカタチに行き着いたらしい。

…まさに「機能美

駅名も入れて撮ってみた。
11
どぉ?イケてるっしょ

こういう風に撮らないと、どこで撮影してんだか解りゃぁしない。
どの写真を見ても、同じようなアングルで、目当ての車両しか写っていないブログとかが多い。
…で、「~~駅付近で撮影」と言われても、周囲に特定できるもの(情報)が写りこんでないから、ホントにそうなのか、撮った本人以外は把握できない。
どの写真を見ても、車両が違うだけで、一般人にはほとんど同じに見える。
あれも一種の「自己満足」なのだろう。
模型鉄で言えば「車両ばかり集め(改造し)て、ジオラマ作らない人」タイプだ。

…ま、趣味はいろいろなので
本人が楽しんでるのならば、それでイイ。それ以上のものはナイ。

側面もおひとついかが?
12
これで115系300番台のほとんどの要素が写りこんでいるのでゎ…?

手前の植え込みもポイント。
料理に添えるパセリ…みたいな。(笑)

背景も多めに入れてみた。
13
これから進む先に、大きな山が立ちはだかってるねぇ~。

ここが有名な「笹子(ささご)」。
中央線きっての長大トンネル「笹子トンネル」もあり、4670mほどある。

東京から山梨に来るには、「小仏(こぼとけ)」と「笹子峠」を越えなければならない。
これらの峠を境に、天気が激変することも当たり前にある。

…って、写真を撮ってる私を撮ってる人がいるね。(笑)
気にしないで。山仲間の「大将」なので
(かなりカッコ良くシルエットが撮れたらしい)

…ていうかぁ~、「あずさ」来ないんですけどぉ。
ほどなく車内アナウンス。
お待たせしました。まもなく発車します

何だよ。来ないのか…。
(臨時あずさのスジだったらしい)

何事もなく、高尾行きは発車。
登山疲れと「まほうのみず」の効果で、車内ではすぐにまったり。

笹子トンネルを抜けたら、一気に天気が悪くなっていて、周囲の山々は雲(もや)だらけ。
雨が降るか降らないかのギリギリのライン。
でも風景は神秘的なまでにキレイだった(水墨画みたい)
きっとあの山々には仙人がいるな。うんうん

列車はまたもや待避線ホームに到着。
14
四方津(しおつ)」駅だ。
ここでは、ホントに「あずさ」に抜かれるそうな。7分停車。

またもや、ホームに降りて撮影開始
15
浜金谷(はまかなや)」駅ではナイ。
上総湊(かずさみなと)」駅でもナイ。

ほどなく、ホームの列車接近アナウンスがあり、後方のトンネルが明るくなった。
すぐに「あずさ」はやって来た。
16
あずさ」でも「スーパーあずさ」ぢゃナイかぇ~~~っ!

…は、速えぇ。

目の前を高速で通過。
17
あっという間に去っていった…。

あとはもうイベントもなく、列車はのほほんと走る。

そして、ついに終点「高尾」に到着
18
天狗さんがお出迎えだ

こうして「スカ色115系の小さな旅」が終了した。
ココからは、もうフツーのE233系でフツーに帰りましたとさ。

…やっぱ楽しいね、115系ゎ

|

« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その15:西安・大慈恩寺と大雁塔~ | トップページ | お知らせ ~「特攻野郎Bチーム」新メンバー募集中!~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

山スカ115系すか!(シャレになって・・・・・ないですねw)
>この曲線を設計した人は天才だ。神だ
キレイな曲線で惚れ惚れしますね~
この前面の微妙な3次元曲線を設計通りに作った人も
かなり凄いと思います造る人と形にする人がいて成り立つ芸術・・・・浮世絵みたいですね
ブルーのツヤツヤ加減がまたスバラシイです!

投稿: sigepe | 2011年6月30日 (木) 00時49分

↑確かにっ

投稿: まりりん | 2011年6月30日 (木) 02時08分

( ^ω^)おっおっおっいいね!!

オイラは、やっぱり湘南色の115系だな

投稿: 大佐 | 2011年7月 3日 (日) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その15:西安・大慈恩寺と大雁塔~ | トップページ | お知らせ ~「特攻野郎Bチーム」新メンバー募集中!~ »