« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その2:香港・鉄路博物館~ »

2011年2月17日 (木)

海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その1:香港へ~

前回「予告編」からのつづきーっ!
その1「香港」その10「広州」その20「ウルムチ」その30「北京」
その40「ウーメオ」その50「ミュンヘン」その60「セルベール」
その70「アテネ」その80「イスタンブール」その90「クアラルンプール」

 はじめに 

今回から長編日記「ユーラシア大陸横断 鉄道旅行1996」(全92回シリーズ)が始まるぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0101
(1996年撮影)
これは、1996年5~8月に若造3人で行って来た「極貧バックパッカー」的な鉄道旅行だ。

バスや船は、鉄道移動が不可能な所以外はほとんど乗っていない。

香港からシルクロード(中央アジア)に寄り道し、北京へ戻り「シベリア特急」に乗りモスクワへ。
そしてロシア・北欧~ドイツ~南欧と移動し、ヨーロッパ大陸最西端のポルトガル「ロカ岬」まで行った。
そこからは、イタリア・ギリシャ経由でトルコのイスタンブールへ。

トルコからは、飛行機でシンガポールまで移動。
シンガポールでは、現地の友人とマレーシアへ小旅行。
そしてシンガポールから飛行機でご帰還という、一大旅行記だ
(概要(予告編)はこちらをクリック)(地図こちらをクリック

ここはブログなので、基本的には日記形式で書いてみようと思う。

所々に、他の年に旅した時の写真も織り交ぜてご紹介していこう。
1996年当時は、まだアナログカメラだったので、今みたいに何でもバシャバシャ撮れなかったのだぁよ…
高いフィルム代と相談しながら、被写体を選んで撮っていたので、枚数はそれほど多くなかった。
(それでも、この旅全体では結構な量になったけどね)
そんな訳なので、撮り逃した光景は、再訪した時や別の地の似たような景色で補填していきますぅ~。

鉄道旅行だけど、鉄道が全く出て来ない回もあるかもしれない…
(その土地の文化や風俗等も知っていないと、そこの鉄道の味が深く理解出来ナイのでね…)

かなりの回数に亘って不定期に日記を書くと思うけど、気長にお付き合いいただきたい。
海外の鉄道に興味のナイ方も、これをきっかけに興味を持っていただけたら、これ幸い
時代背景もあるので、現在とは違う点も多々あると思う。
(…でも、それが面白いのだ

一緒に、有名な沢木耕太郎氏の小説「深夜特急」を読んでいただけると、更に面白さ倍増
この本は、ユーラシアを旅するバックパッカー達の「バイブル(聖書)」だ
深夜特急」を読んで旅に出たようなモノだ…。
(計画自体は、この本を知る以前からだったが。)

この時期に、同時に「猿岩石」(有吉氏たち)がインド経由でヒッチハイクの旅を行っていた。
そう、まさに「深夜特急」の再現版で、NTVの番組で随時放映されていた。
(我々は旅先で知ったが…)

そんな、バブルの残り香がまだ少し残っていた時代の物語

ではスタート!!

-----------------------------------

1996年5月7日(火):雨

東京(とうきょう:Tokyo) → 香港(ホンコン:Hongkong)

朝から忙しかった。
家を13:40頃に出発。
入れ違いに中国から親戚(中国残留婦人)がやって来た。

こちらは今からちうごくに行くというのに。

まぁ、何とタイミングの悪い…。

JR山手線で「日暮里(にっぽり)」駅に行き、京成線の「特急」(特別料金不要)に乗る。
いつもは「スカイライナー」や「N'EX(成田エクスプレス)」なのだが、今回は極貧長期旅行なので、出費は出来る限り抑えていくことにしたので「特急」に乗った。

成田空港に到着。
コンビニで、大陸では手に入らナイようなモノの最後の買出しをする。
買ったモノをバッグに入れ、ファスナーを閉めようとスライドさせたら、ファスナーの持つ部分がオラの手と一緒にイキオイ良く虚空を舞った

…「ファスナーぶっ壊れた~~~~~っ!!

えっ まだ出発地点だぞ。出国すらしていないぞ。

バッグは、メタボおやぢの腹のシャツのようにデップリと口を空に開けたまま、ポツンと床に佇んでいる。
もはや再生不可能な状態だ。
しかも、飛行機のチェックインまで時間がナイ。

…仕方ナイ。

新品を買うしかナイ。

空港内の店(三越)で新品のバッグを買う。
3800円ナリ。

い、痛い…
(後から考えたら、機内でブッ壊れて荷物丸出し状態になるよりは良かった

気分を取り直し、チェックインを済ませる。

チェックイン後は、見送りに来てくれた友達に頼んで記念撮影。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0102
(1996年撮影)
何か急に気分が盛り上ってくる。

…っていうか、「ワクワク」の期待感と「ドキドキ」の不安感。

時間が迫って来たので、いよいよ出国ゲートに。
友達に見送られ、ゲートに入る。

セキュリティーチェックをすんなり通過…のハズだったのだが、いきなり係員に叫ばれる。

ちょっと待ってーーーーっ!!

…何事だ

係員はX線検査の画面を見ながら、仲間に「バッグ開けて」と言う。
仲間がバッグを開ける。
そこには100円ライターが20個ほど。
中央アジアに行った時に、おみやげに配ろうと持って来たモノだ。

係員曰く「ライターは1人2個まで…ダメだよ、こんなに持ち込んぢゃぁ~。危険物なんだから…

…確かに。(笑)

仕方なしに3人で6個を分担し、残りのライターはバイバイキン(没シュート)
やっと出国し、3人は無事、飛行機に搭乗した。

ひこーきは、ユナイテッド航空「UA801」便で、アメリカ発・成田経由・香港行きだ。

当時の格安チケットの王道であった、ユナイテッド航空。
もちろんコレを選択。
成田→香港・シンガポール→成田の「1年オープン(有効期間内はいつでも予約して乗れる)」のチケットを購入していた。
しかも、行きの到着地と帰りの搭乗地が違う、「オープンジョー」と呼ばれるチケットだ。

シンガポールへも便がある航空会社の格安チケットとなると、やはりユナイテッドしかないであろう。
JALは高すぎて問題外。
キャセイパシフィック航空(香港)も、やはり高い。

さぁ、ひこーきが飛び立った
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0103
(2016年のグーグルマップより)
右上のから左下のへ、5時間ほどのフライトだ。

…でも、たいくつ~~。(笑)

途中で「耳ツン」に右耳をやられ、聴こえにくくなる。

まぁ、何だかんだで無事に香港の「啓徳(カイタック)空港」に到着。(21:47着)

そう、ビルの真上をスレスレに飛んで着陸する、あの有名な空港だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0104
(1994年頃撮影)
高度を下げながら市街地を降りてくる。

左奥が滑走路だ。

ちなみに、啓徳空港は1997年までで、現存せず。

機体は、着陸直前に右へ大きくカーブする。
(画像はクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0105
(1994年頃撮影)
中央の奥が滑走路。

今まさに右に曲がっている最中で、機体が傾いているのが判るっしょ

ビルの洗濯物を引っ掛ける」と言われていたほど、かなりの低空を飛ぶのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その1・香港へ-0106
(1994年頃撮影)
洗濯物を引っ掛けるような所は、他には東京・浅草の「花やしき」のジェットコースターくらいしかナイ。

1992年にこのワイルドさにハマり、それ以来、香港に通うようになった。

空港で現地の友達2人(日本人女性)と会う。
そのまま一緒に、地下鉄「油麻地(やうまぁてい)」駅近くの格安ホテルへ行き、我々男3人のチェックインを済ませた後、みんなでベトナム料理屋へ食事に出掛けた。

友達に日本みやげ(当時は日本製品は入手難だった)を渡し、久々にハナシをする。
旅の予定を言ったら、結構ビックリされた

夜も更けたので解散し、男3人でホテルに戻る。
シャワーを浴びながら、明日からの事についていろいろ考える今日この頃であった…

…んぢゃ、おやすみんみ~~~ん

つづき「その2」はこちらーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その2:香港・鉄路博物館~ »

▼ユーラシア大陸横断鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

出発の時の成田空港でのドキドキと不安が交錯するのはなんともいえないね。
しかし若いな。

投稿: 二足歩行 | 2011年2月19日 (土) 18時41分

>しかし若いな。

今でも充分若いわーーーーいっ 

まぁ、よく出掛けたものだ。
日本語以外ろくに喋れなかったのにね。
(でも何とかなるものだ

投稿: まりりん | 2011年2月19日 (土) 19時15分

いよいよ大陸に旅立ちましたね!これからが楽しみです( ^ω^ )

>ビルの洗濯物を引っ掛ける
それは下の住民の寿命がかなり縮まりそうな空港ですね・・・

投稿: sigepe | 2011年2月20日 (日) 23時29分

その下にある小さな店で食事したコトがあります。
飛行機が通過すると、ハナシが一切出来なくなるほどの轟音でした…。
戦闘機が爆撃するときは、あんな音がするのでしょう…たぶん。

進行方向右側の窓のみが、この洗濯物ハラハラ感を味わえました。
(日記の最後の画像がそれネ

着陸が難しい空港ほど事故が無く、事実、墜落事故は一度もアリマセンでした

投稿: まりりん | 2011年2月21日 (月) 00時10分

じっくり読んだ~~~
さて 感想。ヽ(´▽`)/
シベリア特急?水野晴郎?あの映画見たことないけど
関係ないか?
ごめん。余談でした…。
まずは 香港についてお勉強しよお~♪
香港にもお友達がいるんだね。まりちゃんは交友関係が広いね。
にしてもハプニングありで香港着くまでにも楽しい話題がいっぱいだねイケメン3人衆の写真。まりちゃんは 真ん中かな?
違ってたら ごめんなさい。真ん中の人だったら かわいいお顔のような…。まさか 有吉氏みたいに 痩せて帰ってきたり
しないよね?これからの 旅にワクワクです( ^ω^ )
明日から お勉強開始だ~~(笑)φ(・ω・ )メモメモ 
 

投稿: ひめ子 | 2012年3月15日 (木) 23時40分

★ ひめぽ

まりちゃんは真ん中の超美男子だ
(でも1996年の写真だぉ)
お顔はアバターに似ているか…な。

香港にはたくさん友達がいた。
みんな「留学生が帰国」とか「香港で就職」とかしてたので、東京で会っていた連中がみんな香港に移動してしまったのさぁ~

投稿: まりりん | 2012年3月16日 (金) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その2:香港・鉄路博物館~ »