« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart16」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart17」の巻~ »

2011年1月20日 (木)

Bトレ日記 ~「ワサビ抜きの寿司とワサフ抜きの荷物はありえなーい!」の巻~

久々に車両のおハナシを
801
今回は「ワサフ8000」という車両だ。

この車両、見た目は貨車なのだが、実際も貨車なのだ。(笑)
だが、貨物列車に連結されることはほとんど無く、いつも客車列車(20系寝台)や荷物列車に連結されて走っていた。

同じ仲間に「スニ40」系列がいる。見た目もかなり似ている。(…っていうかソックリ)
だが、彼らは名前で判るとおり「客車」なのだ。見た目はどう見ても「貨車」なのに…。

コレについて語ると泥沼にハマるので、そんなメンド臭いことはしない(笑)
詳細はこちらをご参照くだされ。

さて、本題。

ナゼ作ろうとしたか?

…それは全くもってのナゾである。(笑)
いや、荷物列車の車種にバラエティーが欲しくなって作っただけ。
しかも、ものすごく手軽に作ろうと、かなり手を抜いた「タイプ」になっている。
まぁ、Bトレだから構わないっか

お子様の時、東海道線に乗っていたら、コイツが連結されたEF58牽引の「汐留(しおどめ)」駅行き荷物列車と抜きつ抜かれつの競争劇に遭遇した。
平塚辺りで一駅ごとに追い越し追い越されるので、何度も列車全体像を拝めた。
それにすっかり興奮してハマッてしまったご幼少のオラ、それ以来「お荷物列車」が大好きになってしまった
…何てシブいお子ちゃまだったのだろう。(笑)

では車両を見ていこう。
まずは全体像から。
802
おしりから見た姿。

結構それっぽいでしょ?

では全方向から眺めてみよう。
側面だよん。
803

反対側の側面も。
804
ほぼ同じ作り。

妻面を。
805
こっちは特に何もナイ。

では細部を見ていこう。

まず、ベースになった車両は、Bトレ純正品の「ワキ5000」。
それの側面扉1枚分を切り取って、そこに同じくBトレの「コキフ」の車掌室部分を接着しただけのモノだ
大掛かりな加工は一切していない。
それゆえに、アップで撮影されると思いっきり改造のアラが…

最初に屋根から。
806
タネ車は屋根が「」の字状に折れ曲がったタイプのモノ(ワキ5000)を使用する。
ワキ1000とかだと、屋根がまるいので使用できない。

中間の2ヶ所にガーラント形ベンチレーターを接着。
私はKATO製のパーツ(1号お召し編成用)を使用。

つづいて、気になる接合部分を
807
屋根板と側面の銀色の部分は、製品のまま。
銀色の扉1枚分を切り取ったので、そこにコキフの車掌室を移植する。
長さと位置が大体揃うように削り、接着剤で接着。
銀色の扉との接合部分と、おシリのおデコの(屋根板との接合)部分に隙間が出るが、気にしないでそのまま接着しよう

上手くくっついたら、スキマを埋める。
銀色の扉との部分には、細い帯状のプラ板を、デコ部分には薄い紙を上から貼った。(赤い矢印部分)
この時に、一緒にデッキ部分にある(扉横の)窓も、紙を貼って埋めておいた。(黄色い矢印部分)

反対側からも見てみよう。
808
窓を埋めたのがよく判るね

では、つづいてデッキ部分を。
809
デッキの床は、ワキ純正の床板をそのまま使用。
見える部分だけ青く塗装した。
テールライトの部分はコキフのものを加工して接着。

床板を外してみると…
810
ハイ、ご覧のとおり

台車はKATO製を使用。
811
何も加工はしていない

一応、車体の裏側もご覧いただこう。
812
接合部分に大掛かりな改造跡もナイでしょ?
とってもカンタンに加工したのだ

今回は窓が大きいので、内側から透明塩ビ板を貼って窓ガラスを表現。

こうして接着剤で組み立ててれば、「ワサフ8000タイプ」の出来上がりぃ~~
(車体自体は純正のままなので、床板の固定に接着剤は不要)

塗装は…確か、組み立てる前のバラバラの状態のときにスプレーしてしまったような…。
側面は「銀色」で、屋根と妻板と車掌室部分は「青15号」。
ただ、今回は青15号ではなく、GMスプレーの「青20号」を使用した。
だって、GMの青15号、暗過ぎるんだモン…

塗料が乾いたのち、側面の扉下と床板(デッキ)に青を筆塗り。
車体の各パーツを接着し、スキマを塞いだら、その部分(紙とプラ帯)にも青を筆塗り。
…そんな順番だったと思う。確か。

-------------------------
さぁ、ワサフは出来た

では早速「お荷物列車」を再現しよう!

まずは仲間を集めないと…
813
「スニ40」「スユ44」「ワキ8000」「ワキ10000」…どれでもえぇ。(笑)
見た目は全部一緒だ

コレは「特攻野郎Bチーム」の「たかし」氏の改造作品。
KATOのワム80000を塗り替えて床板と台車を交換したもの。
本人曰く「ワキ10000」とのこと。

あとは茶色い「マニ60」なんかも揃えると…
814
こんな顔ぶれになる

マニ60はこのブログに改造記事が載っているので、興味のある方はこちらをご参照あれ
(青い「マニ37」なんかも欲しいねぇ~。材料はキープしてあるので、今年こそは作ろう。(笑))

…で、ジオラマに置いてみた
815
お荷物列車全盛期の、東海道線「富士」駅付近…みたいな。(笑)
まぁ、とにかく「静岡」っちゅうイメージ

カッコイイずら♪♪

|

« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart16」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart17」の巻~ »

Bトレイン-貨物」カテゴリの記事

コメント

いまさらながら、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、お手軽で、それでいてなかなかの今回の車両。『苦労対効果』抜群の感じですね。

昔(国鉄時代で昭和59〜60年頃だったと思う)、20冊1シリーズで全国の国鉄路線を紹介する本があった(題名は『東海道線Ⅰ』とか『関西・紀勢線』とか)のですが、その本にも写真のような感じに写った『お荷物列車』があったと思います。

古きよき、懐かしい感じですね。

投稿: トトロ | 2011年1月23日 (日) 22時48分

…あっ、「あけましておめでとうございます」ですね
よろしくお願いします

ワサフは、コキフの「余りモノ」車掌室を消化するのに、もってこいの車両です

「苦労:10、費用:0、効果:200」のシロモノだと思います

昔、東京行きの113系の中で、(小田原~大船間を)併走するお荷物列車のゴハチの機関士が、私の傍にいたチビッ子に笑顔で手を振っていたのを見たのが、とても印象に残っています。
ナゼか機関士は腕組みして運転しておりまして(笑)、私の乗った113系を追い越す度に、その子を横目でニコニコ見てるという…

古き良き想ひ出です

私にとって「東海道線+ゴハチ」といえば、ブルトレよりも「お荷物列車」です

投稿: まりりん | 2011年1月24日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart16」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart17」の巻~ »