« 実物日記 ~「20系は“デコ”が命です」1980's~ | トップページ | プチ旅日記 ~「リバーサイド・ハツモーデ:川崎大師と京急大師線」2011~ »

2011年1月10日 (月)

旅日記 ~「インターナショナル・ハツモーデ:羽田空港」2011~

年明けに「川崎大師」へ初詣に行って来たぞ
今回はその時の「行き」のおハナシ。

新宿で仲間と待ち合わせ。
そこから大江戸線で「大門(浜松町)」まで行く。
浜松町からはモノレールに乗り、まずは「羽田空港」へ…
101
初めて降り立つ「羽田空港国際線ビル」駅
ココは国際線ターミナルビルに隣接している駅で、つい最近出来たばっかり

なので、大師に行く前に、ご近所(川向こう)のコチラにも“ハツモーデ”をかましておこうと相成った次第。

駅名板を見る。
102
一つだけツッコミたいところがある。

言語によって、意味がバラバラだということ。

日本語:「羽田空港 国際線 ビル」
英 語:「羽田空港 国際線 ターミナル」
中国語:「羽田空港 国際線 ビル」(机場=機場=空港、大楼=ビル)
韓国語:「羽田空港 国際線ビル 空港」

と書いてある。
ビルなの?ターミナルなの?どっち??
(あ、私、「日・英・中(普通・広東)・韓」全部読めるの人よ …読むだけなら。笑)

しかも、韓国語がヘンで、最初の5文字はそのまま日本語読みで「ハネダクコ」と書いてあり、次の7文字でも日本語読みで「コクサイセンビル」と書いてある。
その後のおしり2文字が、本来の韓国語で「空港(コンハン)」と書いてあるのだ。
…おかしくない
本来の韓国語は「羽田空港(ウジョンコンハン)国際線ビル(チェソンビル)」と発音するのに…。
(京急の駅は、まことに正しく「ハネダコンハン クチェソン トーミノル」と書かれている)

外国で日本語でこんな風に書いてあったらどうよ?ヘンでしょ…
「フランクフルト フルークハーフェン インターナツィオナール テルミナル くうこう」とか。(笑)
(「フルークハーフェン」が「空港」:ドイツ語)

さて、ハナシを戻そう。

出来立ての国際線ビルを見学するために下車する。
103
ホームから改札を見たこころ。

このLED表示機、何と4ヶ国語で順番に表示される。
全部ハングル文字が出てくると、すんごい違和感。(笑)

駅(ホーム)の様子はこんなカンジ。
104
何とな~く、東京メトロ丸ノ内線の「四ッ谷(よつや)」駅にも似てるような…

終点(国内線ビル)方向を見てみよう。
105
右奥にもモノレールの線路が見える。

これは従来の路線で、国際線ビルの開業と同時に線路が切り替えられた。
…まぁ、よく曲げたモンだ。(笑)

従来の線路は現在撤去中。

車両の下の水面は多摩川。…といっても、ほぼ河口だが。
川の向こうは神奈川県の川崎市。浮島(うきしま)の工業地帯だ。
ずっと左に行けば「東京湾アクアライン」の入り口がある。

振り返って見てみよう。
106
駅に進入してくる下り列車。(国内線ビル行き)

…やっぱ、四ッ谷駅だ。(笑)

では改札を出てみよう。
成田空港のようなセキュリティーチェックは一切ナイ
107
改札外から振り返って撮影。

年末年始の旅行客とヒマな見物人で混雑している。
(我々も“ヒマ人”の部類だが
国内線の利用客も「寄り道」で見学に来てるっぽい。
地方の人も多い。あちこちから方言が…。

この地点のまま、90度左に向いてみよう。
108
何と、目の前はもうチェックインカウンター

なんてぇ~便利なんだ!
成田空港とは大違い

さらに左に90度。
109
こちらには京急線の改札が…

といっても、少々歩いて地下に潜らねばならないが。
それでも、成田空港駅よりは格段に距離は短い。

ではビル内の探検にGo!
110
チェックインカウンター。

ガラス張りの構内は、日中は照明が要らないほど明るい
エコだなや

最近の流行のデザインなのか、何となく香港の空港にも似た雰囲気がある。
まぁ、あちらはココの何十倍も広いのだが。

中央の部分のを見てみよう。
111
真ん中にインフォメーションカウンターがあり、左右にチェックインカウンターがある、一般的な構成。

奥は上階にレストラン&おみやげ物屋が並んでいる。
ここは成田の第2ターミナルと同じ構造。

その奥のお店に行ってみよう。
112
エスカレーターで上ると、目の前に神社のようなカンジの舞台がある。

ココで能でも舞うのか?!
その左右に店が並んでいる。

お店は全体的に江戸時代風な和の作りになっている。
まずは舞台の右側から。
113
大まかに、左(滑走路)側に飲食店が、右(駅)側におみやげ屋がある。

振り返って反対側も見てみよう。
114
こちらは見世物小屋みたいなデザインになっていて、イチバンの見所となっている。

店舗の並びは、反対側と同じカンジ。

イチバン奥のはじっこから、この小路全体を見てみよう。
115
こんなカンジ。

…それにしても、人多過ぎ。(お昼時だったせいもある)
しかもほぼ日本人。国際線ターミナルなのに。

これでは秋の京都と変わらない。(笑)
…ってか、京都のほうが外国人多いってば
ココでの食事は諦めた…orz

さっきの舞台の横にエスカレーターがあり、さらに上に行ける。
こっちには、一般的なおみやげ&雑貨店と展望デッキがある。

お店を見てみよう。
116
おぉ、はろぅきてぃ

まぁとにかく、キティちゃんは海外の女子に大人気だからねぇ~~

アップで。
117
またまたお約束の「羽田空港“限定”グッズ」だ(笑)

ココはやっぱ女性が多かった。
奥のレジも結構並んでいる。

他にも男の子向けの店などもあり、まぁ、誰でもそこそこ楽しめる。
…とは言っても、ココは「国際線」ターミナルだ。
一般的にあまり用事はナイだろう。

あと半年もすれば空くだろうね。

肝心の国際便だが、案外多いことにビックリ。
イナカのローカル列車並みの本数はある。(笑)
ヘタな地方空港よりも断然多い。

…コレだったら成田よりも羽田のほうがラクでイイなぁ~~
(今までの羽田国際線ターミナルは空港のはずれにあり、行くのに時間が掛かって、所要時間が成田へ行くのと20分も変わらなかった)
でも、「海外旅のワクワク感」を味わうんだったら、断然成田のほうが盛り上る
やっぱ「有料特急に乗って空港入り」というのが大きな要因なのでゎ…?!

つづきはこちらーーーっ!

|

« 実物日記 ~「20系は“デコ”が命です」1980's~ | トップページ | プチ旅日記 ~「リバーサイド・ハツモーデ:川崎大師と京急大師線」2011~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

もしかして日本一長い駅名!?
あぁ「府中競馬正門前」「岩原スキー場前」
やっぱり開港して数ヶ月経っても(ヒマ)もとい(時間の余っている)もとい観光客でけっこう賑わっているんだね。

投稿: 二足 | 2011年1月10日 (月) 17時12分

去年行った「上越国際スキー場前」も、なかなかどーして、長い名前だったよん
羽田は、たぶん「地方空港→羽田乗換え→海外」という旅客が多いと思う。だからあんなに方言ばっか聴こえてきたのだと…。
でも、少なくとも、ココに千葉・茨城県民はいないハズ

投稿: まりりん | 2011年1月10日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実物日記 ~「20系は“デコ”が命です」1980's~ | トップページ | プチ旅日記 ~「リバーサイド・ハツモーデ:川崎大師と京急大師線」2011~ »