« 新年のごあいさつ♪ 2011 | トップページ | 旅日記 ~「インターナショナル・ハツモーデ:羽田空港」2011~ »

2011年1月 6日 (木)

実物日記 ~「20系は“デコ”が命です」1980's~

新年最初の日記は、これまた古いアナログ写真をスキャンしたものからスタート
(ほとんど貰いモノ写真なのだが…

まずは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1001
夕方でもあさかぜぇぇぇぇぇ~~~~っ

東京の巨大な車庫「品川客車区」で昼寝中の、20系寝台特急「あさかぜ」。
夕方、東京駅に回送されるための準備中のお姿だ。
写真の台紙に「85」と数字が印刷されているので、おそらく1985年頃だと思われる。

オラはこの「20系」客車が大好きだ

ナゼかというと、「まぁるい」からだ
特におデコの丸っぷりは「お見事」の一言に尽きる。

…まぁ、初めて目にした鉄道模型(Nゲージ)の車両がKATO製の20系だったということもあるのだろう…

弟分の後継車「14系14形」や「24系24形」までの丸みは許せるが、25形15形のお顔周りの「カクい」のは好きではナイ。
何か電車っぽいのだ。
寝台特急」としての風格に欠けると言うか…

JR東日本の「カシオペア」は、まるまるしていてヒジョーによろすぃ

では、次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1002
お準備完了~~~~~ぅ

おそらく、「神田(かんだ)」~「東京(とうきょう)」駅間の引き上げ線で準備中の特急。(自分で撮った)
あさかぜ」か「さくら」か「みずほ」か「はやぶさ」かは判らないが…
(もしかしたら急行「銀河」か

当時の神田駅には通過線があった。
今の東北新幹線の場所がそうだ。

東京駅から「上野(うえの)」駅まで複線でつながっていて、東海道・東北(常磐)両線の連絡線として機能していた。
上野駅から「秋葉原(あきはばら)」駅までは東北・常磐線系統の列車の、神田駅から東京駅までは東海道線の列車の留置線として使用されていた。
たまに東京~上野直通の回送列車や臨時列車も走っていたと聞く。
まだお子様だったので、その辺のことは知る由も無かった…

今になって、また上野~東京間に連絡線を高架で造っているのを見ると、ちょっとバカバカしさを感じずにはいられない。

ナゼ新幹線を新規に高架で造っておかなかったのか…

いくら国鉄が財政危機だったとはいえ、東北・常磐の両線を東京駅まで乗り入れ復活させるなどの営業戦略は取れたはず…。
当時は、上野~秋葉原間が激混みだったんだから。
やっぱ「役人脳」だったんだろうなぁ…当時の担当者(上層部)は。

さて、ハナシを戻して。

お次は上野駅だ。
20系」と言えば「上野駅」だろう

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1003
みちのくーーーーーーっ

…「嗚呼、うへの驛」(あぁ、うえのえき)といったフンイキ

コレこそ昭和の上野駅だっ
スルメと干しホタテとワンカップ日本酒と演歌……わぉ

これは、地上の15番線ホームから出発する特急「あけぼの」を改札口側から眺めたところかな?

…シヴい

写真の台紙を見ると「79」と印刷されているので、1979年頃っぽい。

今や「あけぼの」は首都圏(上野)から発着する唯一の「(ありきたりな)フツーの寝台列車」となってしまった…。

ココからちょっと変わって…

こんな写真を貰った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1004
どこぢゃいな

どこの駅かも何の列車かも判らない1枚だが、左の壁は新幹線ホームの高架下ではないかと思われる。

ただハッキリ言えるのは、この列車は「急行」だということ。

ナゼかというと、おでこの「ねぢりハチマキ」(クリームの細帯)がナイからだ。
急行用に格下げされた頃に、保守の省力化(というか、塗装工程を省力化して、塗料代と人件費を減らしたかっただけ)の名の下に帯が3本から2本に減らされてしまったのだ。

20系はデコにも帯がないとカッコ良くナイ 

これでは「青い栗まんぢう」だ…

その「急行」の、晩年の代表列車はコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1005
競ってますぅぅぅぅ~~~~

夜行急行「ちくま」だ

大阪~京都~名古屋~(木曽路)~松本~長野と走っていた。
機関車は、大阪~名古屋駅間が「EF65(またはEF58)」、名古屋~長野駅間が「EF64」だった。

オラは、これよりも新しい14系14形寝台車+12系座席客車の時代に乗った。
明け方の篠ノ井線「姨捨(おばすて)」駅からの、長野盆地の朝焼けの絶景は今でも忘れない…

さて、時代をちょっと昔に戻して…
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1006
雪だらけーーーーーーっ

おそらく「大宮(おおみや)」駅だろう。

みちのくの香りと雪をおみやげに、急行列車が上野駅に向かってもう一走りしだしたところ。

多分、急行「おが」だろうか。
もしかしたら「津軽」か「八甲田」かもしれない。

やっぱり、夜行列車はこのだっぺ だべだべ 

余談だが、奥の青い京浜東北線(103系)の後ろの映画館の看板が「ゴジラ」だって。古過ぎっ

つづいて…
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1007
上野駅16番線かなぁ…に佇む急行列車。

左に停まっている列車は、寝台特急電車「583系」だ
特急「ゆうづる」か「みちのく」「はくつる」あたりであろう。

いやぁ~、昔の上野駅は楽しかったよ

よく学校帰りにフラッと寄り道したモノだ。
ちょっと地上ホームに行けば「みちのくの香り」がディーゼルエンジンの排気ガスと共にプンプン匂って来たからね

何も知らないで地上ホームに降りたら、イキナリ目の前に20系の臨時急行「おが」(秋田行き)が停まっていた時は狂喜乱舞
あれが最後の「寝台」20系様との謁見であった…。
(もう20系の最晩年)

では、実際に乗った20系の列車をば…
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1008
えぷすくれすぅぅぅぅ~~~~

上野駅に到着した急行「十和田」。
常磐線経由で青森上野駅間を走る列車だ。

この列車ほとんどが座席車なので、寝台は体験出来なかった。

その代わり、座席車はA寝台車ナロネ21」形から改造された「ナハ21」形だった。
シートピッチや(内装)はA寝台車のままの、普通車ボックス席車両。

この車両の乗り心地の良さといったら…

コレのせいで、お子様ながらに20系にガチでハマッた(笑)

常磐線「我孫子(あびこ)」駅のあたりのカーブを実に滑らかに静かに高速で通過した時に、思わず横にいた父親に言ってしまった。

…お父さん、この列車、西武線とはぜんぜん違うねっ全く揺れないよ

父親は言った。

…そりゃそうだ。比べモノにならん。これは元A寝台車だったんだぞ
(父親も軽く「」だったのだ

いま思えば、天下の国鉄「20系」様と、西武のポンコツ旧型電車「クハ1411」形を比較するほうがオカシイのだ。
当時の高級空気バネ台車の国鉄客車と、大正時代のゲタ電の板バネ台車「TR11」を。

乗り心地は、リムジンバスとチャリンコの差に等しい。(笑)

この時に、一緒に機関車の写真も撮っていたみたいだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1009
はちまるーーーーーーーーぅ

何と、機関車は「EF80

これまた古い…。

…あぁ、歳がバレる。

では、最後にオマケで…
(画像をクリックすると拡大するよん)
国鉄・20系特急寝台客車1980s-1010
動かないホテルぅぅぅぅぅ~~~

動くホテル」と絶賛された20系客車と蒸気機関車が敷地内に置かれていて、中はホテルとして営業しているそうな。
(今はもう無いのでは…

場所は岩手県の小岩井農場と思われる。
(この写真は貰い物で~っす)

では、またぁ~~~~

|

« 新年のごあいさつ♪ 2011 | トップページ | 旅日記 ~「インターナショナル・ハツモーデ:羽田空港」2011~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

20系懐かしいですね。
自分は実車は見たことありません(鉄道博物館のはありますが)
あの丸っこいお顔は印象的でした。
小さい時に子供向けでブルートレインのがあって毎日見ていたのを覚えています。
確か20系もいたはず…

今、当時の上野駅だったら発狂して撮影しまくっているでしょう

投稿: rapid | 2011年1月 6日 (木) 21時08分

今、上野駅に「EF58+20系」なぁ~んて列車が来たら、「オリエント急行'88」以来の超パニック状態になるでしょう…
鶯谷の細い陸橋、撮り鉄の重みで落っこちたりして(w

投稿: まりりん | 2011年1月 7日 (金) 00時37分

実は20系の定期特急は見たことが無い。
どちらかといえばその「デコ」が好きになれなかった。
せめて臨時のあさかぜ52号を東京駅で見ただけだったかな。
あとは銀河くらいなもの。
乗車体験できた人ウラヤマシス。

投稿: 二足 | 2011年1月10日 (月) 17時08分

私も「特急」となると、見た覚え(記憶)が…
「急行」ならあちこちで見ました。

お子様の時、天下の東京駅に「手動」でドアを開ける車両(20系)がいたのを見てビックリした想い出が。(笑)

20系の乗車は、「十和田」が最初で最後だったような…

投稿: まりりん | 2011年1月10日 (月) 19時33分

はじめまして、
私は武州・大宮に生まれ育ったみやのこと申します。
大宮駅における20系客車と京浜東北103系電車の背景に写っている映画館は大宮東宝白鳥座でしたけど、後年になって改築されたものの2004年に閉館してます。
大宮駅界隈(とくに東口)はかつて映画館が集中してましたけど、郊外にできた映画館のお陰で次々と閉館し、今は大宮駅周辺に於いて映画館はひとつも存在してないです。
それでは、失礼します。

投稿: みやのこ | 2013年11月17日 (日) 00時43分

★ みやのこさん

はじめまして

貴重な情報、ありがとうございます!

駅前って、時代と共にどんどん変化していきますね…。
逆に取れば、その時代ごとの風俗・流行がよく判るというコトでしょうか。

昔、さいたま新都心が出来たことにも驚きましたが、今イチバンの驚きは「野田線に新車が入った」ですね。
「あの東武が…」という感じです

投稿: まりりん | 2013年11月17日 (日) 12時21分

20系の「おが」を検索していたらHit♪
足跡残して帰りまするぅ~

投稿: 小鶴 | 2017年4月23日 (日) 23時06分

★ 小鶴たん

時間があるときに、これらの写真をデカく貼りなおしておくッス~

投稿: まりりん | 2017年4月24日 (月) 00時21分

サラリーマンしてた頃の帰省で「おが」はよく利用しました。ギシギシいうわりにソフトな揺れや低くこもるジョイント音は好きでした。高速バスと比べるならこちらの方が私にははるかに文化的に過ごせる空間だと思います。
また乗りたい列車です。

投稿: 冬のタヌキ | 2018年4月 3日 (火) 22時15分

★ 冬のタヌキさん

コメントありがとうございます

20系と583系の防音対策は見事でしたね
ジョイント音がハッキリ聞こえないのが、子供心には残念だったくらいに…

JR西日本の35系客車のように、またソックリの新車を造ってくれないかなぁ~

投稿: まりりん | 2018年4月 4日 (水) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年のごあいさつ♪ 2011 | トップページ | 旅日記 ~「インターナショナル・ハツモーデ:羽田空港」2011~ »