« 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会 その4・英国時代の香港」2008秋~ »

2010年12月 6日 (月)

ジオラマ日記 ~「線路端会議」の巻~

今回ご紹介するワンジオ「線路端会議」も、「特攻野郎Bチーム」の展示会(コンペ競作)用に作って、Bチームのホームページに掲載したもの。
01
我々Bチームで「ワンジオ(ワンショット・ジオラマ)」と呼んでいる、小形のジオラマだ。
小さなスペースに、いかに「それらしく」エッセンスを凝縮して再現するかが、腕の見せ所。
カンタンな様でいて、案外難しい…(プランを決めるまでが難しく、制作自体はカンタンだ)

このワンジオは、ダイソーで販売しているケースを使用した。
ベース板のサイズは84mm×84mm。

イメージしたのは、東京・武蔵野地区の線路際。
特定の場所というのは存在せず、フンイキだけで制作した、かなりゆる~いモノ。

では、フタをはずして見てみよう…
02
まずは、正面側を。
道路沿いの線路で電車を見ている子供たち(ファミリー)に、近所の奥さんが子供と一緒にやって来たという設定。
今回は「」が主役だ。

では、全部の方向から見てみよう
03
正面右側から見た光景。
少し高めに持ち上がっている道路・線路・塀(民家の敷地)という順番に並んでいる。

では後ろ側を…
04
こちら側には木と草を植えている。
民家の庭という設定なのでね♪

次に、正面左側からみた光景を。
05
クルマと人形以外は、いたって平凡な作り。

…これで一周見て回った。
では、細部の解説を。
06
線路はKATO固定式フレキシブル線路を切って使用。
ベース板の上に、線路とグレーのバラスト接着し、地面に木と草を植えている。
道路は、段ボールでかさ上げし、グレーの画用紙を貼っただけのお手軽工作だ

道路・線路間の段差部分は、緑のスポンジを接着して、制作工程の簡略化を図っている。
…この工法を、世間では「手抜き」と呼んでいる。

柵はKATO製。塀はGM製。
道路の白いラインは、白いシールを細くカッターで切り出して貼ったもの。

「地面の部分だけ」の制作費はほとんど掛かっていない。
みんな、他作品制作時の余り物などの流用品だ。

ココでイチバン費用が掛かっているのは「人」だ

…っていうか、今回は「人」を目立たせるため、あえて地面をアッサリとシンプルに仕上げたのだ。
薄味の「新鮮でおいしいカニ」を「油ギトギト背脂コッテリとんこつラーメン」に載せたら、カニの持ち味台無しでしょ?
やはり、カニを引き立たせるためには、スープは「あっさり塩味」にしておきたい。
それと一緒(…なのか?:笑)

では、その「人」を見ていこう。
07
線路の柵に登って電車を見ているボク、パパにだっこされてるお姉ちゃん。
後ろで見守るママ。
…そこに「ママ友」がベビーカー押してやって来た。
んで、ママどうしは昔の「井戸端会議」ならぬ現代の「線路端会議」がスタートしたという状態。

よくある光景でしょ

チョット横にずれて見てみよう。
08
このボクのように、私もお子ちゃまのときは西武線見てたよなぁ…

みんなもそうでしょ

大抵の鉄道好きの連中は、模型を作るときに車両ばっかりに目が行って、こういう光景を再現することが出来ない。
だから、私はあえてこういう光景を再現することを提唱するために作ったのだ。
(周囲が「車両!車両!」と……もう車両マニアにはウンザリだ。)
…と、エラそーに「上から目線的な意見」を述べてみる。

しばらくは、後ろから毒矢を吹かれないように用心するか。(笑)

実際、競作コンペの展示(出品)でも、女性からは一律に支持が高かった。
男性はやはり「パパ」からの受けが良かった。

では、違うアングルから。
09
今回は今ドキの「平成」を意識して作った。
いままで「昭和」が多かったからねぇ~。

ママたちの茶髪具合がヒジョーによろすぃ(笑)

クルマも、ジオラマ全体の色彩バランスを考えて選定。

あとは、真ん中の赤いパンツの茶髪ママの「顔の向き」にイチバン神経を使ったかな。
このママがちゃんと相手のママまたは赤ちゃんを見ていないと、何の「シナリオ」も発生しなくなってしまう。

…コレはまさに「アップで撮影するために作った」ジオラマだ

では、背景を付けてみよう。
10
イイねぇ~。コレ、コレ

都会から少しだけ離れた近郊の住宅街」をイメージしてたのだ
それにしてはチョット新宿のビル群が近過ぎるか?!(笑)

違うアングルで…
11
うんうん。「日常なう」だ

まぁ、こんなカンジで仕上げた「線路端会議」、いかがでしたか?
模型を作るのにも「いろんな視点」があるのに気付いていただければ、これ幸い
かなり短時間でココまで出来ますよん
(コレは90分で完成したッス)

|

« 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会 その4・英国時代の香港」2008秋~ »

Bトレイン-ジオラマ」カテゴリの記事

コメント

大いに参考にさせていただきました。
次回はさらによい物を作って行きましょう。

なんだか学校の先生のコメントみたい

投稿: にそくほこう | 2010年12月 6日 (月) 19時49分

久々に復帰しました~
この風景を見て一発目に青梅街道-一橋学園のチョイ青梅街道寄りって感じがしました(個人の勝手な意見ですが・・・)
30000系は・・・・意外とアリだと思います!

投稿: sigepe | 2010年12月 6日 (月) 22時56分

★ にそくほこうちゃん

大いに参考にしてください
そのために作ったんですから

…っていうかぁ、アナタの高校生カップル(ry

投稿: まりりん | 2010年12月 7日 (火) 01時04分

★ しげぺーさん

おかえに~

どこの風景に感じるかは各個人にオマカセしております

今ドキの西武沿線の再現だと、新2000系か30000系がイチバン無難ですね

背景次第では、八高線にもなったりします

投稿: まりりん | 2010年12月 7日 (火) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会 その4・英国時代の香港」2008秋~ »