« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart12」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「越後湯沢:ヘギーなソバにしてくれ」2010~ »

2010年11月18日 (木)

旅日記 ~「上越国際スキー場前:なんとな~く西日本」2010~

前回のつづきーっ!

2010年10月16・17日に、長野・新潟・群馬と旅してきた。

今回はJR東日本「上越本線(じょうえつほんせん)」線の「上越国際スキー場前(じょうえつこくさいすきーじょうまえ)」駅でリスペクト

---------------------
前回の「穂高(ほたか)」駅付近での、まさかのフリーザ様の攻撃の後、クルマでのんびりと出発。
上信越→関越道と、超大周りの高速道ルートで、新潟県の「石打(いしうち)」駅までやって来た。

この付近にある、同行者の所有するバブルが弾けて斜陽路線まっしぐらの裏寂れた温泉リゾートマンションに泊まるのだ
実質、AM1:00から起きっぱなしなので、かなりヘロヘロ状態。
さっさと食事し、マンション最上階の展望温泉に浸かる。

…あぁ、シ・ア・ワ・セ

当然、ベッドに入ると同時に爆睡。
…んで、目覚めたら朝だった。(笑)

17日となったこの日は…
「上越線で撮影三昧」と相成った。

まずは軽く、付近にある「上越国際スキー場前」という長ったらしい名前の駅に行く。
01
ココはもともと臨時駅で、冬季のみの営業だった。

それが、いつの間にやら一般駅に格上げされていた。
元臨時の無人駅なので、入り口は簡素すぎる。
02
設備はたったこれだけだ。

プレハブの地上待合室と階段のみ。

では、ホームに上がってみよう。
03
立派な駅名板がある。

だが、「前」の字の後ろが何かキタナイ…
良く見ると、白いテープが貼ってある。

そう、「(臨)」という文字を隠したのだ。

余談だが、この駅名の英文名は「Joetsu International Skiing Ground」となっていて、ちゃんと「英語」で書かれている。
「空港第2ビル」駅と同様だ。
だが、果たしてココにやってくる外国人って、どんだけいるんだ?!

ホームの全体像はこんなカンジ。
04
いたってフツーの相対式ホームだ。

地理的にいいカンジのロケーションになっている

何か線路が気になった。見てみよう。
05
枕木の上にFRP板が敷いてある。
降雪時には、ココに散水して、雪を溶かそうという魂胆だ。

さっきの階段の各段にも、散水装置があった。
さすが、豪雪地帯…

列車が来るまで僅かに時間があったので、チョットだけのんびり♪
06
コレで証拠写真になっただろう

ほどなく、列車接近のアナウンスが…
来た来た
07
そう、最初の目的はコレだったのだ

485系「NO.DO.KA.(のどか)」。
なかなかの速度で通過していった…

さて、目的は達成できたので、昼飯を食べに「越後湯沢(えちごゆざわ)」駅まで移動するのだが、まだまだ余裕がある。
なので、しばらくココで撮影することに…
越後の「日常なう」を撮ってやろう

駅の時刻表に載っていない時間に列車接近のアナウンスが鳴った。
ということは…
08
やっぱ貨物だぁ~

だが、おカマちゃん(機関車)が違う…orz

私の大好きな「ろくよん」ではナイっ
なんと「EH200」に取って代わられてたのだ…

上越線もコイツの牙城になっちまったか。orz...orz...

この貨物列車、積荷が少ない…
09
途中の車両までスッカラカンだ。

さて、またまたのんびり。
やがてアナウンスが…

今度は普通列車だ
10
イイねぇ~

この色の115系は、首都圏だと良くて「高崎(たかさき)」駅まで行かないと見れナイからねぇ~。
(普段は「水上(みなかみ)」駅までしか来ない)
う~ん、なんか、ニ・イ・ガ・タ

ドアが開く。
11
乗降客などいないだろうと思っていたら、イキナリ女子高生が1人降りてきてビックリ!

…って、駅だからね。ココ。(笑)

…あ、この列車、一日にわずか数本しかない「水上」行きだ
上越国境を越える旅客列車は、新幹線が出来て以来、ほとんどなくなってしまったのだ。
「18きっぱー」には痛い路線だ…

列車が発車すると、とたんに静かになる。

しばらくして、反対側のホームのアナウンスが…
12
こちらは長い普通列車だ。
しかも2種類の色が混じってる

なので、当然…
13
こんな写真撮るわなぁ~(笑)

青いほうの小窓の横に、ちいさなJRマークがあるの、写真見てから気付いた

さてさて、またボケーッとしてるとアナウンスが…
今度も駅の時刻表に書いてない。

…ってコトは。
14
おぉ!特急「はくたか」だ
しかも「ほくほく線」車両の赤バージョン

スゲー勢いで通過していった。

ほどなく反対側にも…
15
「はくたか」だぁ~カッコイイ

こちらは2種類の混結バージョン
16
赤いのが「ほくほく線」所有車、グレーのが「JR西日本」所有車。
形式名は共に681(683)系。

個人的には「ほくほく」してるほうが好き

この列車を見てると、何だか「北陸本線」にいる気分。
富山や金沢あたりのような…

これもダッシュで駆け抜けていった…。

ほどなくアナウンスが。
今度は間隔が短いぞ

やって来たのは…
17
おぉっ!
「ほくほく線」の普通列車だ。
しかも座席が豪華な特別バージョンぢゃナイかっ

だが、この列車は当駅を高速で通過してしまう。
なので、狙いを定めてシャッターを押す。
18
なんとか駅名板と絡めて撮れた…。

この車両、何気に俊足なのだ。
ほくほく線内ではスゲー速度で突っ走る。

あっという間にカーブを曲がって消えていった…

これで、この駅での撮影は終了。
さぁ、越後湯沢でおいしい「へぎそば」食うぞ~~~ぉ!!

----------------------------

次は越後湯沢だよ~~~

つづくーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart12」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「越後湯沢:ヘギーなソバにしてくれ」2010~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart12」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「越後湯沢:ヘギーなソバにしてくれ」2010~ »