« 旅日記 ~「水上:秋の谷間で汽車ぽっぽ」2010~ | トップページ | 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ »

2010年11月29日 (月)

旅日記 ~「水上:秋の上州、デゴイチ乗っておいでやす」2010~

前回のつづきーっ!

2010年10月16・17日に、長野・新潟・群馬と旅してきた。

今回もJR東日本「上越本線」線の「水上(みなかみ)」駅でリスペクト

---------------------
D51 498」様のご登場だ
18
前回の日記のとおり、駅構内での運転整備も整ったようだ。

このアングルで写真撮っていたら、周りにいた女子学生たちが一斉に真似しだした。
…あ~あ、隠しワザ1コ教えちゃったよ(笑)

さぁ、いよいよ↓コイツが動くぞ
19
デゴイチ様は、汽笛一声、ゆっくりと動き出した。

構内の一番奥の引き上げ線まで行き、停車。
転線のため折り返すのだ。
「ここでしばらく停車するよー」と係員さんが教えてくれた。

そこで我々は駅の高崎寄りに移動開始!
まずは駅の駐車場に停めたクルマへ戻り、デジカメのバッテリーなどを充電。
何気に結構撮影したからねぇ~

ついでに、目の前のホームに停まっていた車両たちも撮影してみた。
20
185200番台の特急「水上」だ。

185系も、あといつまで走ってくれるのか…。
(今これ書いている時点で、この特急は「廃止(臨時化)」と決定している)

ほどなく発車。
21
12系客車とのコラボも1枚。

まったく、この駅には国鉄型しかいないぢゃねぇかっ!
…大好きだけど(笑)

クルマから降りて、駅前広場を横切る。

…あれ?ヘンなのが来るぞ。
22
…ゆ、ユルい。(笑)

水上温泉のゆるキャラ「おいでちゃん」だそうだ。
今からホームで一仕事のために歩いてきたらしい。

このおいでちゃんの後頭部に激突されそうになりながら(笑)、高崎寄りのホーム端まで移動終了。

しばらくして……汽笛の音が。……来た、来た
23
ゆっくりと1番線を走るデゴイチ様。

あ、3番線には臨時列車がいるねぇ…(後述)

来たぞ!
24
ホームの乗客も撮影しまくり

さらに…
25
…ち、近い。
すんごい迫力だ

目の前をゆっくりと通過して行く。
26
後姿もカッコイイね

…こうして、ほどなくデゴイチ様は12系客車に連結された。
SLみなかみ」号として、出発準備が整った。

発車間際まで撮影する乗客たち。
27
あれ?ホームの右端に…

アップで見てみよう。
28
…おいでちゃんだ。(笑)

ホームでのお仕事を終えて、出発前のお見送りだ

13時20分、大きな汽笛一声とともにSL列車は走り出した。
このときは動画を撮っていたので、写真はナシ。(スミマセン… m(_ _)m

ゆっくりと列車はトンネルへと消えていった…。

さぁ!急いで移動開始!

ただ、周囲は狭い上に混雑しているので、あとチョットだけ撮影タイム。
29
引き上げ線に停まってた「クハ185」の横顔を1枚。

これもほどなく「なつかしの写真」になってしまうのだろう…。
まぁこの1枚も、水上の「日常なう」だ

…あ、さっき3番線にた列車が動き出したぞ。
30
おぉ!「ほくほく線」の車両ぢゃナイかっ!

しかも、前述の「上越国際スキー場前」駅で撮った、あの特別仕様の車両

連結面を撮ってみた。
31
車体には「ゆめぞら」と書いてある。

臨時で上越国境を下りて来たんだね。
この車両で「越後湯沢~水上」間を移動できるのなら、すんごく良い

さぁ!急がねば。

駅前に戻る。
32
この見える範囲が「水上駅前の全て」だと思ってもイイ。(笑)

日も傾き始め、少し肌寒くなって来た。
初秋なので、「」にはほど遠い。

あまりゆっくりも眺めていられなかった水上の街、残念だがココでタイムアップ。
(水上は初めて降り立ったんだけどなぁ…)

さぁ、次は「渋川(しぶかわ)」駅に移動よ~~~~っ (>θ<)/ キャーッ!

あと1回つづくーっ!

|

« 旅日記 ~「水上:秋の谷間で汽車ぽっぽ」2010~ | トップページ | 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

デゴイチ遂に動きましたねSLは動いているのを見ると大変興奮します。汽笛も聞けるとさらに興奮
ただあまりにも汽笛大きい音なのでパレオではお子様が泣いている姿も…

特急水上も過去のものになるんですね〜

投稿: rapid | 2010年11月29日 (月) 08時14分

廃止、廃止、と淋しい話ばかりですね・・・
全体的に寂れたムードが・・・

それだけに498号機には末永く生涯現役を貫いて欲しいものです。
人も車両も“動く”時が一番幸せですから。
次は80歳のお誕生日ですね。

投稿: CHIANTI | 2010年11月29日 (月) 11時57分

★ rapidさん

先日行った梅小路蒸気機関車館でも、幼児が飛び跳ねて慌てふためいている姿がありました。(笑)

水上駅前に、ホンモノの汽笛が置いてあって自由に鳴らせる(1人1回)のですが、みんないきなりコック開くんで大音量が頭上で鳴り響き、わずか1秒くらいでビックリして退散しています。
私はわざとゆっくりコックを開いていったので、本物のような汽笛が鳴り、周囲のおみやげもの屋さんたちにも注目されてしまいました

そろそろ上州路も「国鉄型」とはバイバイキンの様相です…。

投稿: まりりん | 2010年11月29日 (月) 12時01分

★ CHIANTIさん

やはりC62よりもD51のほうが使い勝手が良いので、各線での運転もしやすいのでしょう…
とくに東日本管内は勾配区間が多いのでね。

小型と大型の2種類の機関車を動かし続けて欲しいものです
あと、大事な助演役の「旧客」も…

どっかで2軸黒貨車引っ張ってくれないかなぁ~。
D51+貨車…これぞ真髄

投稿: まりりん | 2010年11月29日 (月) 12時05分

駅前の写真
水上ってまんま昭和のジオラマみたい。

おいでちゃんの頭は12系のドアを通れたのでしょうか。

投稿: 二足 | 2010年11月29日 (月) 18時46分

今年のJAMにも精巧な水上モジが出てはりましたが、ホンマに昭和でっせ

おいでちゃん、700mm幅のドアには無理でせう…

投稿: まりりん | 2010年11月29日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「水上:秋の谷間で汽車ぽっぽ」2010~ | トップページ | 旅日記 ~「渋川:たそがれの名列車D51」2010~ »