« レイアウト日記 ~「森のある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「目立つモノには「毒」がある:タキ3000」の巻~ »

2010年7月 8日 (木)

実物日記 ~「ちょっとだけ居候。営団東西線の8000系」1987~

今回も秘蔵()の写真を…

1987年、営団地下鉄(現:東京地下鉄)「東西線」に新造車が登場するというハナシになった。
新車の形式は「05系」と言う。

何か、銀座線の「01系」みたいで、カッチョエェ名前だぞ

今までの野暮ったい「5000系」は、もう飽きた。(笑)
何せ、国鉄103系をベースに設計されているからねぇ~。

でも、05系はまだ設計段階で、製作出来ないらしい。
なので、代わりの車両が3編成、「とりあえず」投入されるとのこと。

ウワサでは、半蔵門線で走っている「8000系」だった。
(何せ、情報化社会になる前の時代で情報が少ない)
本来の05系が出て来たら、半蔵門線に移動するらしい。

…8000系って、あの「紫色の半蔵門線」用だよねぇ。ホントかなぁ~

それが水色の帯で出て来るのか

仲間に誘われたのもあって、ちょっと期待しながら新製車両の回送(甲種回送)を見に行くことにした。

場所は、南武線「府中本町(ふちゅうほんまち)」駅~「南多摩(みなみたま)」駅間の多摩川土手。
まぁ、西武多摩川線の「是政(これまさ)」駅のほうが、近いっちゃぁ~近いかも

…で、現場に到着し、手持ちのへっぽこカメラ(まだアナログだよ)を構える。
ちゃんとした写真は、隣にいる仲間の「キャノンAE-1」(だったような…)に任せよう

ほどなく、列車は武蔵野貨物線経由でやって来た。
(南武線の多摩川の鉄橋と並行している)

牽引機は「EF65-500」だ。
当時は別に珍しくもナイ存在だったので、機関車には全く興味を示さず。

さぁ、車両の帯の色は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
営団8000系東西線用甲種回送1987-1001
…む、紫色やんけ~~~~~っ

ドーイウコト

周りからも「おぉ、紫色だ…」との声が。
営団始まって以来の、異色(帯色)編成の投入か

写真を撮りつつ、細部を眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
営団8000系東西線用甲種回送1987-1002
よっ

編成の前後に連結されている、ちっこい車掌車「ヨ8000」も気になる…。

…あ、こっちもグーゼン「8000」だ(笑)

編成をよ~く見ると、ドアの上に何かが…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
営団8000系東西線用甲種回送1987-1003
…あ、「東西線」ってステッカーが貼ってある。

…そうか、コレだけか。
何かガックリ。

だが、その後の東西線での「大活躍」ぶりは目を見張るモノがあった。

やっぱり「青山・渋谷・青葉台」を走る電車(形式)はオシャレでカッコイイねぇ~
この「紫色」って~のが重要なポイントで、雅で高貴な色ぢゃけん

営業運転開始後、すぐに屋根にクーラーも設置されて「東西線初の冷房車」にもなった。

JR中央線の「三鷹(みたか)」駅で、ガテン(現場労働)系のおっちゃんに「おぉすごくキレイな電車ぢゃねぇ~かやれば出来るなぁJR」と誉め称えられてたしぃ~。

…って、JRぢゃナイんですけどぉ。
(当時、国鉄→JRになったばかりだったので、こう思われた次第)

東西線の「南砂町(みなみすなまち)」駅で、女子高生達が…

A「ねぇねぇ、東西線って水色だよねぇ~
B「うん
A「今、黄色いのが通過していったよねぇ。」(国鉄103系1200番台の快速のコト)
B「うん、黄色いのも走ってるよぉ
A(目の前の紫色8000系を指差しながら)「ぢゃぁ、コレって何線
B「……さぁ。」

という会話もしていたしぃ~

…まぁ、この8000系にはよく乗ったよ。
もちろん、選んで

おかげで、学校からの帰宅時間がいつも遅くなること…(笑)
来る時間も不定期だしね。

1~2年ほどの「短期居候」だったけど、これほどキョーレツな存在感を残していったヤツはいなかった…。

…また来ないかなぁ

|

« レイアウト日記 ~「森のある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「目立つモノには「毒」がある:タキ3000」の巻~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

これは記憶にありますよ。

古臭かった5000系の後継か?と思わせておきながら、気付けば、たぶん05系が出て半蔵門線が延伸したときにひっそり消えていたから、結局三鷹で数回目撃しただけで終わったorz。

聞くと東西線→半蔵門線に転属する時ハンドル回りを大改造したそうだ。

投稿: 二足 | 2010年7月10日 (土) 16時25分

濃クリームの内装にレンガ色の茶色いイス。イヤがうえでも暑苦しい5000系車両ばっかり走る線区に、真っ白い内装にワインレッドのオシャレなイス…
しかも、クーラーが効く。
誰だって、大歓迎だったのは明明白白。

でも、その後の05系は少し野暮ったい配色の内装で登場し、チョットがっかり…orz

転属時には、国鉄に合わせてたツーハンドルマスコンを、半蔵門&東急線仕様のワンハンドルに大改造。
(といっても、最初からそのつもりで準備工事されていたが)
スピードメーターは、最初から「CS-ATC」対応されてたような…

当時の東西線は「WS-ATC」、つまり「地上信号機のあるATC」だったのでね。
これ、意外と知られてないのよ。
東西線はずっとATCを使用してたんだから★

東西線の8000系、今で例えると…

東西線に京急600形(セミクロス)が入線したくらいのオドロキかと。

投稿: まりりん | 2010年7月10日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト日記 ~「森のある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「目立つモノには「毒」がある:タキ3000」の巻~ »