« 実物日記 ~「オレンジの非日常。中央線201系:その2」2004~ | トップページ | 実物日記 ~「オレンジの衝撃。中央線201系:その4」~ »

2010年3月29日 (月)

実物日記 ~「オレンジの遠足。中央線201系:その3」~

前回のつづきーっ!)(その1はこちら

今回も「引退シリーズ」として、中央線201系のおハナシを…

第3弾は「山線」こと「高尾(たかお)」駅以西への運用について語ろう
201
高尾駅に停まっているこの列車、「大月(おおつき)」行きだ。

通常、オレンジ色の「中央快速」電車は、都内の東京~高尾間を往復している。
だが、一日数本、高尾以西の山間部へと「遠足」に出掛ける。
201系デビュー前は、101系がごくたま~に臨時で出張るくらいだった。
それが、201系になってからは115系に取って代わり、東京駅からダイレクトに大月駅まで定期的に乗り入れるようになった。

やっぱ115系ぢゃぁ、都内の乗車率に対してはキツイよねぇ…
しかも、新宿発のままだと、東京~新宿間の列車本数が減っちゃうしぃ。

…ってなワケで、当たり前のように201系は高尾から先へお出掛けして行く
202
行ってらっしゃ~~い
おやつ持った?水筒は?しおりは?歌集は?タオルは?
滑りにくい靴履いて行くのよっ(笑)

…さてさて。
では、この大月行き、「定期列車としての最初」はいつなのか?

正解はコレだぁ!1・2・3
203
今や超~懐かしの東京駅旧1番線
現在の3番線(京浜東北線・北行ホーム)だ。
ココに写っている列車こそが、東京発大月行きの初列車
1986年11月ダイヤ改正日の正午ころだ。

当時は国鉄最後の年なので、装飾もセレモニーも何もなく、ごく当たり前のようにこの列車は出発した。
そう、もう何年も前から走っているかのように…

まだスカートも電照板もナイ時代だから、お顔がシンプルだね
特快」板も廃止された、ごく短期間の貴重な姿だ。

ファンも少ない中、一人熱く写真を撮る私。(笑)
まぁ、(確か)平日のお昼だからねぇ…
側面の字幕も当然撮っておいた。
204
これまたシンプル

当時は「中央特快」や「青梅特快」などの種類はなかった…っていうか、特快の青梅行きはナイ時代。
国分寺(こくぶんじ)」駅もまだ通過していた。

それに、この列車って、高尾駅で付属4両切り離してたよね?
確か高尾駅のホーム屋根に、職員用の分割・併合案内板が新規に取り付けられてたような…。
後ろ4両の字幕は「特快 高尾」って、ごくノーマルな表示だったような。
だから、東京駅でわざわざイチバン前まで行って写真撮った気がする…。

この1番列車を見た後、しばらく経って、仲間と一緒に「鳥沢(とりさわ)」駅に撮影しに行った。
その時にやって来たオレンジ君がコレだぁ!1・2・3(写真クリックで拡大)
205
かなり古い写真なので、画質うんぬんはご容赦を
ん?これってやっぱ6両だよねぇ…?

ちなみに、ココを振り返るとあの有名な、「新桂川橋梁」(通称「鳥沢鉄橋」)だ。

当時は山間部に「都心の通勤電車」がやって来るコト自体が、超画期的なコトだった。

…さぁ、ココまで来たら、もう1クエスチョン!

201系自体が高尾以西に走った」のはいつから?
証拠はコレだぁ!1・2・3(写真クリックで拡大)
206
チト見えにくいが、前面に「特快」板並みの大きさで「高尾⇔大月」と書かれた板を掲げていた。
1985年の姿。定期運用開始の1年前だ。
字幕は真っ白。当時は「大月」の字幕はまだ用意されていなかったので。
この列車は臨時運用で、将来の定期乗り入れに向けた試験的な意味もあった。
臨時とはいえ、結構頻繁に走ってたような…。

臨時なので運行番号は「63“M”」。
当時、通常の中央快速電車は「A」(三鷹区)・「H」(武蔵小金井区)・「T」(豊田区)のいずれかを表示していた。
「M」は高尾以西に行く「普通」列車以上が使用していた。

101系800番台時代からの慣習か、この試験的運用は武蔵小金井区の編成が使用された。
1985年3月1日に、モハ201-161・162・163のパンタを、試作品「PS918」(現在のPS24の基礎)と交換してね。
早速、3月5~7日に試験(試運転)で甲府まで走行している。

走り始めた頃は、やれ「トイレが無いなんてっ」とか「イナカだから回生ブレーキが効かなくて、省エネの意味ないんぢゃナイの」とか言われた。
だが翌年、東京駅から直通運転が開始されると、途端に「都心から乗り換えナシで来れるっ!」と好反応に。(笑)
地元の学生達も「東京の電車が走って来る」と大喜び
確かに、115系に比べたらカッコイイずらなぁ~(笑)

鳥沢鉄橋のたもと(高尾寄り)でも1枚。(写真クリックで拡大)
207
現在は、このアングルで撮影したら捕まるぞ。(笑)
当時(たぶん1986年)はまだ寛大だった時代。良識を持って行動していれば怒られることも無かった。
この鉄橋の通路(写真の線路脇)を、地元の女子高生達がフツーに歩いて渡ってたからなぁ…
鉄橋の下の道路まで降りて、また坂道を上るのはメンド臭いからねぇ~。(下の写真を参照)

今はゼッタイに中に入るんぢゃナイぞっ!!
…ってか、もうフェンスなどがしっかり出来ていて入れないが。

鉄橋の脇あたりから、橋全体と201系のコラボで1枚(写真クリックで拡大)
208
この時は10両で走っているなぁ…。

このシーンが気に入って、Nゲージでこの鉄橋作ったっけ…
201系はGMのキットしかナイ時代。
101系も115系も183系も「まともな完成品」は販売されてナイ時代。
165系は…あったかな?!
EF64だけしか無かったような…orz

鉄橋はあっても、走らせる模型がアリマセンでしたとさ。(笑)
今は恵まれてるよ。うんうん

その4につづくー!

|

« 実物日記 ~「オレンジの非日常。中央線201系:その2」2004~ | トップページ | 実物日記 ~「オレンジの衝撃。中央線201系:その4」~ »

旅と鉄道(12 201系電車)」カテゴリの記事

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

懐かしいな。
高1の時に友達と三鷹駅でこの大月特快を見守った。
先頭に札が無くなったのは「合理化」という名目だったような、でも実は運用の変更らしいと。

この改正で「アルプス」兄弟がなくなって「あずさ」大増発されたこと。
その数日前から「アルプス」に183系が運用に入って線路沿いで半信半疑で見に行ってました。
まぁ201系と183系だけになってつまらなくなったダイ改だったと。

その頃183系もNゲージで作ろうとT社485系とG社サロ157(なぜか青色成形)のドア部を切り継ぐつもりで買ったものの失敗恐れて手をつけず中古処分、も良い思い出。

投稿: 二足歩行 | 2010年3月29日 (月) 12時41分

アルプスが消えたのはこの時期だったっけ…

183系、この当時はマイクロエースの金属バディ製しかなかったね。
当時も貴重品だったけど。(笑)

投稿: まりりん | 2010年3月29日 (月) 13時28分

今回の特集、1から拝見しておりますが、ただただ『イレギュラーながらも何げない景色の記録』というのは大切に思いました。

>201系はGMのキットしかナイ時代。
101系も115系も183系も「まともな完成品」は販売されてナイ時代。
165系は…あったかな?!そうですよね。
JRマークさえしばらくは発売されず、G社ステッカーの白い部分を型に切り取って作ろうとしてました(当然大失敗に終わったのは言うまでもありません)。
そう思うと今の模型趣味業界は恵まれてますね。
(金さえあれば、の世界なので、ある意味大変ですが)

投稿: トトロ | 2010年3月30日 (火) 07時08分

いつもご覧いただいて、ホントにありがとうございます

私は、写真には興味が無かったのですが(というか、学生当時にCanonの14万の一眼レフは高すぎた…)、一応何枚かは撮っておりました。
やはり、「模型的視点」からでしたが…。
もうちょっと「スナップ的視点」で撮っておけば…と後悔しております。

登場時と引退時は大勢の人が撮っているので、あとで探せば画像はいくらでも閲覧できますからね☆
なので、日常の「何でもない光景」をワザと撮っていました♪

今のNゲージ界は恵まれてますね。
この当時は、HOゲージが今のNゲージのような豊富さでしたね…。
それで、少しだけHOゲージに転向したのですが、なにせ「貧ぼっちゃま」なので、編成が揃えられなかったウチに「Bトレ」という最終兵器が☆(笑)

押入れにあったHOエンドウ製201系10両のスペースに、一体何両のBトレ201系が収納できるのやら

結局、人間って「ゲージは違えど、集める車両は同じ」なのですね…。(笑)

投稿: まりりん | 2010年3月30日 (火) 14時35分

引退うんぬんで騒ぎ立てるのではなく、
日常の何気ない姿を切り取る…素敵ですね。
一番自然な状態こそが有難くもあり生き生きとしているのかもしれません。
201系に対する思い入れの深さが伝わってきます。
ストレートに好きだというのがわかります。

>今や超~懐かしの東京駅旧1番線。
赤レンガと妙にマッチしていると思うのは私だけでしょうか?

>良識を持って行動していれば
昔の鉄道ファンって皆さんそうだったと思います。
昨今のブームは果たして良いと言えるのかどうか…?

Bトレ所沢工場だけではなくBトレ豊田車両センターの看板も
ご自宅に掲げないといけませんよね
Bトレ八王子支社というのも…

投稿: CHIANTI | 2010年3月30日 (火) 19時54分

Bトレ「立川支社」か「甲府支社」あたりにしておいてください。(笑)

投稿: まりりん | 2010年3月30日 (火) 23時47分

はじめました。
昔昔、吉祥寺に住んでいました。
中央線は懐かしいです。

吉田拓郎の「おはよう」という曲に中央線が出て来ますね。
そのことを音楽のブログで書こうと思っていまして。
写真を使わせていただけないでしょうか。
(上から5つ目の写真を考えています)

投稿: イエロードッグ | 2014年12月10日 (水) 12時35分

★ イエロードッグさん

はじめまして。
当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

こんなブレブレな写真でよろしければ、お使いくださいませ。

引用元を書いていただくか、リンクを張っていただければと思います。
ご協力、お願いいたします。

投稿: まりりん | 2014年12月10日 (水) 13時47分

まりりんさん

ご快諾いただきありがとうございます。
写真を使わせていただく場合は引用元を記すようにします。

投稿: イエロードッグ | 2014年12月10日 (水) 17時55分

まりりんさん

電車には明るくないのですが当時乗っていた車両と違う気がして
調べた所、101系という種類だったことが分りました。

その101系が新宿のホームに停車している写真を見つけまして、
今回はそちらを使わせていただくことにしました。

ご協力ありがとうございました。

投稿: イエロードッグ | 2014年12月11日 (木) 12時18分

★ イエロードッグさん

また何かありましたらどうぞ。

投稿: まりりん | 2014年12月11日 (木) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実物日記 ~「オレンジの非日常。中央線201系:その2」2004~ | トップページ | 実物日記 ~「オレンジの衝撃。中央線201系:その4」~ »