« Bトレ日記 ~「京王あれこれ」の巻~ | トップページ | 実物日記 ~「バブルな編成:黄色博士(ドクターイエロー)」1990's~ »

2010年2月11日 (木)

実物日記 ~「理想の列車:松本電鉄」~

以前、JR篠ノ井線松本(まつもと)」駅周辺を散策したときのおハナシ。
01
松本電鉄「西松本(にしまつもと)」駅だ。

松電は、「松本」駅~「新島々(しんしましま)」駅間14.4Kmを走っている、南信州のローカル線だ。
上高地(かみこうち)」などの有名な観光地へのアクセスとして利用されている。

西松本駅は、松本駅のおとなり(ホントにすぐ横)にある。
02
かなり小ぢんまりとした駅(うしろの建物は駅舎ではナイ。別の敷地の家(?)だ)。

模型化には「もってこい」だなや
チョット詳しく見ていこう。

この駅、よく見ると、なんやらホームの上がゴチャゴチャしている…
自転車がいっぱい置いてあるねぇ~

駅の入り口は…
03
ご覧のようにスロープも付いている。

ホーム上が駐輪場

踏切の線路上からホーム全体を見ると…
04
結構広めのホームにチャリがたくさん置いてある。

ちなみに、奥はすぐ鉄橋だ。

踏切でそのまま後ろに振り返ると…
05
もうそこはJRの松本車両センター(電車区)の構内だ。

先ほどの鉄橋も見に行った。
06
鉄橋の右手がホームだ。

結構イイ感じの佇まい。
ジオラマの題材にもイイかも

駅に戻ってしばらくしたら、電車がやって来た。
07
(元京王井の頭線)3000形だ。

この色で登場した時には、結構驚いたモノだ
個人的には気に入っている。
昔の松電と比べたらねぇ…

停車した電車に近づいてみる。

…なんやら戸袋窓に書いてあるぞ。
08
へぇ~~~っ!自転車運べるの?!松電って

それでこのホームにチャリがたくさん置いてあるのか…。

そして電車は淡々と松本駅へ走り去って行った…
09
…でも待てよ、松本駅はホームにチャリ運び込めるような設備はナイぞ。

気になったので調べてみた(詳細はココをクリック!)。

そっか、乗降駅は限定
まぁ、この駅だったら街は目の前だし。
松本駅前までだって2分くらいで行けるだろう。

…コレ、日中だけでもイイから、東京の電車でもやってくれないかなぁ~。
西武秩父線で臨時で走ったことはあるが。
今は秩父鉄道でも試験運用していると聞く(詳細はココをクリック!)。
都心はムリだろうから、近郊区間でお願いします

---------------------------
おまけ:

古い松電の写真が発掘されたぞ
10
小田急の通勤型にロマンスカーの塗装をしたような車両だ。

昔の「日本車両標準車体」。
今で言う「E231系」や「E233系」のような、全国的にある程度同じデザイン(規格)で製造されたモノだ。
中小私鉄の、車両製作(購入)コストを下げる目的で、日本車両製造で開発された。
当時は架線電圧が750Vだった。今は1500V

新島々駅のホームに屋根すらナイ、のどかな時代の1コマ

松電と上高地の日記はこちらをクリック

|

« Bトレ日記 ~「京王あれこれ」の巻~ | トップページ | 実物日記 ~「バブルな編成:黄色博士(ドクターイエロー)」1990's~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

この形式は色々な地方鉄道に旅立ちましたが、
松本電鉄のような自己アピール度の高い会社はありません。

到着時点では元のままで大して期待してませんでしたが
デビュー後の姿は度肝を抜きました
あそこまできちんと自社のカラーを打ち出す徹底さに
痛快さすら覚えました
何せ、銀電を塗装車にしてしまったのですから。

他では何もしていないのと一緒で、どこも同じようで
全く見分けがつかないのに、松本電鉄だけはすぐに
イメージが焼きつきます。
こういうイメージ戦略は素晴らしいですね。
雪の白にアルピコカラーのコントラストは
冬の景色に良く映える事でしょう

私はこの形式は全然好きではありませんでしたが、
松本電鉄のこの人は一目ぼれしました

色々事情があるのは分かりますが、他ももう少し個性を
出したらどうなのかな?って思いました。
私には、走ルンです同様にどれも同じにしか見えませんので。

ちなみにBトレでも度肝を抜く値段が付いてました。

投稿: CHIANTI | 2010年2月11日 (木) 10時22分

この塗装はインパクト大です☆

ただ、バスなどに比べてコルゲートがあってゴツゴツしている関係か、チト「厚化粧」の雰囲気が…(笑)

投稿: まりりん | 2010年2月12日 (金) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bトレ日記 ~「京王あれこれ」の巻~ | トップページ | 実物日記 ~「バブルな編成:黄色博士(ドクターイエロー)」1990's~ »