« 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #1」2010初春~ | トップページ | Bトレ日記 ~「黄色かったので、つい…:秩父鉄道風103系」の巻~ »

2010年1月25日 (月)

旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #2」2010初春~

前回「エピソード2の1」のつづきーっ!

…ハイ、今回も北陸旅行記ですよ~

1月14日東京に帰還する日だ。

だが、先日の…
101
このキョーフの雲の襲来以来、雪が降り始め…

そして夜中には…
102
…こうなってしまった。

天気予報でも大雪を叫んでいる。
しかも、速報で能登半島に大雪警報が…

もうこれは覚悟を決めるしかない。
翌朝、一発勝負だ。
なのでもう寝よっと

そして翌日(14日)。

予定通りに目覚める。
天気は晴れ。すこぶる良い。
…お、意外とすんなり帰れそうだぞ

朝食を摂り支度をし、少し早めにホテルをチェックアウト。
すぐさま目の前の金沢駅に向かう(9時少し前)。

9:22発の富山行きに乗ろうとするも、やはり雪でダイヤが乱れていた。
精算窓口には長蛇の列が…

ホームに上がると、運良く遅れていた8:50発の富山行き(413系3両)に乗り込むことができた。
これで少しは富山で時間稼ぎが出来るだろう…

…と、思ったのもつかの間。

発車後、すぐにアナウンス。
「本日大雪のため、現在富山から先の列車の運転を見合わせております

…おいおい、早く言ってくれぃ

っていうか、慌てて列車に乗ったモンだから、駅で情報を良く確認してなかったのネ、オラってば。

車掌さんに聞いたら、普通列車はラッセル(除雪)車の後追いのようなカタチで、なんとか動いているとのこと。
富山以西(福井方面)は遅れながらも運転しているそうだ。

だが、「敦賀(つるが)」・「米原(まいばら)」回りだと、この時間ではもう間に合わない
今日中に東京に帰り着くことは無理だ。
しかも、普通列車だって遅れるだろうし…

…とりあえず、おとなしく富山まで行ってみよう

…そう決めたのもつかの間。

高岡(たかおか)」駅に到着。するとまたアナウンスが。
「この先富山駅まで、全ての駅に列車が停まっている状態です。よってこの列車も高岡駅で運転を見合わせます

…完全にアウトだ。

急いで列車を降りる。
で、橋を渡り、隣(逆方面)のホームに移動。
そしたらバツグンのタイミングで特急列車がやって来た。

もうお金は関係ナイ
(青春18きっぷでは特急・急行には乗れナイ)
急いで特急に飛び乗る。
サンダーバード18号大阪行き」だ。
高岡駅9:28発(ダイヤどおりならば)。

自由席に座る。
103
…あ、普通列車と違って静かで暖かい。

…で、検札に来た車掌さんに事情を話す。
敦賀で乗り換え米原まで出るか、京都まで乗って東海道線をひたすら戻るか…

答えはすぐに出た。
「この列車、福井の次は京都まで停まりません。」

…… ●| ̄|_

敗北だぁ~

仕方なく、高岡~京都間の運賃&特急料金、計6930円を奉納する。
104
い、痛い…。

これだったら、最初っから金沢駅から乗ってたよ。しかも「しらさぎ名古屋行き)」に…。
軽く「ハマッてしまった」&「やっちまった」感。

…ま、しかし、乗ってしまったモノはしょうがナイ。
ココは快適な「サンダーバードの旅」を楽しまなければ
この特急車両(683系)はかなり快適だ

10時頃、ついさっき乗った金沢駅に到着。
そしていよいよ福井方面へ…。
また雪が降り出した。
ホントに天気の変化が激しい。

再び晴れたけど、外を見ると…
105
また黒い雲が見えてきたぞ…

さらに進むと…
106
…巨大爆弾でも爆発したか

不気味さ」すらある。

列車は本来の速度に上げられずに、それなりの速さで走っている。
だが、普通列車に比べれば雲泥の差で速い&快適だ。
チト、シートのせいか、おケツが痛いが…。
(この683系のシートは、関西では不評らしい…)

積雪が深くなってきた。
107
しばらくはこんな景色が続いた。

北陸線の名所、「北陸トンネル」の手前に近づくほど雪が…
108
もう真っ白。

だが、途中晴れたりもする。
ホントに目まぐるしい。

そして列車は、長い長~い北陸トンネルを抜け、敦賀(つるが)駅に到着。
109
ダイヤ上では「通過」だが、今日は床下機器に着いた雪の点検をするために運転停車(停まるけど客扱い(ドアの開閉)はしない)。

目の前に久々に見る銀色が…
110
…あ、Bトレ(鉄道模型)で見たことある

列車は数分後にゆっくり発車。

ココからは湖西線(こせいせん)を走って京都まで行く。
ループ線の坂を下り、山裾へ。
すると、突然雪が消え、ごくフツーの景色に変化した。

左側には琵琶湖(びわこ)が見え始めた。
111
おぉ、大きいねぇ~。

さらに…
112
キレイだねぇ

天気はサイコーにイイ
さっきまでの大雪がウソのようだ。
ほんの僅かしか離れていないのに、何だろう、この差は…

もうココからはサンダーバード、フルダッシュ
すんごいイキオイで湖西線を駆け抜ける。

途中の駅で快速電車(223系)を追い抜く。
223系はJR西日本の関西での看板車両だ。
…あ、やっぱ関西に来たんだ。
ミョーに実感味が湧く。

そして、45分遅れ京都駅に到着。
113
…やっと着いたどーーっ

時間は↓ご覧のとおり。
114
現在時間は12:55だが、表示は「12:11発 大阪 遅れ約40分」。

いやぁ~、痛い出費だったけど、だいぶ「ワープ」出来た
(ワープ:18きっぷを使用中に途中の区間だけ特急などに乗り、時間を稼ぐ手段)
大雪の影響も考慮したら、すんごく時短効果はあったと思う

ココからはまた18きっぷで帰還開始

ただ、せっかく京都に来たのだから、チョット1~2時間くらい観光でもして行こうかな…?と思った。
本来は、18きっぷの残りの2回分で京都に来ようと思っていたからだ。
だが、今日は大雪だ。
まだこの先に「関が原(せきがはら)」という難関が待っている。

断腸の思いで京都観光を断念。
すぐさま13:00発の新快速(223系)に乗り込み、米原を目指す。

途中から隣に座った女子高生2人組みの「めっちゃバリバリの関西弁」によって、脳内にあった今回の金沢の想い出が、一気に以前の大阪旅行に書き換えられてしまった…。
恐るべし、関西弁パゥヲー

列車は快調に走り、米原に到着(13:51着)。

ココで13:59発「大垣(おおがき)」行きの普通列車(117系4両)に乗り換える。
115
ココからはJR東海のエリアだ。

発車直前に、横に「しらさぎ8号名古屋行き」が遅れてやって来た。
金沢を11:45に発車した列車だ。
乗客が数名乗り込んできた。

…ってぇ~コトは…(以下思考回路遮断)

今日は何も考えてはイケナイ。うんうん。
ひたすら「今日中に帰り着く」コトだけをクエストすれば良い。

しらさぎ」を置いたまま、大垣行きは先に発車。
走り始めてほどなく、再び雪の世界に突入。

ココ「関が原」一帯は、昔から「雪の難所」として有名だ。
日本海側の雪雲が太平洋側へ「漏れ出す」ような地形になっている。
新幹線もよく遅れるしねぇ…。

なんか、少し安心したせいか、急にお腹が空いたので、余分にこっそり持ってきた(笑)ホテルの朝食用のおにぎりをパクついた。
チョット心がなごむ

途中の「柏原(かしわばら)」駅で、先ほどの「しらさぎ8号」を臨時待避。
116
…あ、やっぱ「しらさぎ」のほうが先に着くのネ。

しっかし、ココも雪が積もってるなぁ~。

列車は待避の影響で、少々遅れて大垣駅に到着(定刻なら14:33着)。
ココからは、乗り換えて一気に「豊橋(とよはし)」駅まで走破する。

すぐに接続していた新快速を見送り、1本後の快速に乗ることに。
117
特別快速」「新快速」「快速」、どれも停車駅は1コずつくらいしか変わらない

小雪がパラつくも、天気は晴れ。
ダイヤの乱れナシ。

やがて快速列車がやって来た。
118
定番の313系6両編成。

行きの岡谷~長野間の313系は例外として、まさか今回の旅でJR東海の車両(エリア)に乗るとは思わなかった…。
久々の「銀色電車」。

当然、保温等はバツグンで、快適だ
119
ただ、ココの313系はドアが全自動なので、長時間停車中でもフルオープン

…これは寒い。
今日に限って言えば…
車内にが舞って来てるしぃ。

列車は定刻に出発。
…もうこれで、不安要素が何もない安全圏に入ったぞ

今日中に帰り着けるぞ

やっと心がホッとする。
ここからはリラックスして車窓を楽しもう。

列車は快適に高速で走る。
岐阜(ぎふ)」駅付近で完全に雪の姿は消え、穏やかな冬の夕方が…
だが、暖かな日差しのせいか、名古屋駅あたりから爆睡。
自分的にはアッという間に豊橋駅に到着してしまった(16:19着)。

豊橋16:36発「掛川(かけがわ)」行き普通列車(2113両)に乗り換える。

途中の浜名湖(はまなこ)付近では、見事な夕焼け日没が拝めた
午前中の苦労を吹き飛ばしてくれるような……ありがたや
でも、この辺りから通勤(帰宅)時間帯に入ったので、混んできて車窓は拝めず。

列車は「浜松(はままつ)」駅に到着(17:10着)。
ふと横にいた列車を見ると「熱 海」の文字が…

急遽下車しホームを移り、後発の17:20発普通列車「熱海(あたみ)」行き(2116両)に乗り込む。
まだガラガラだったので、思い切って先頭の特等席(乗務員室横)に
夜間なので景色はまともに見れないが、この時間&席に滅多に乗る機会がないのでガンバッてみた

2時間半、延々と座り続け、前方の夜景を眺める。(バカだねぇ~
まぁ、踏切以外は真っ暗で何も見えないが。

チョット「苦行」と感じてきたころ、列車は熱海駅に到着(19:52着)。
さぁついにJR東日本のエリアに戻って来たぞ

ココでも1本見送り、20:18発普通列車「東京」行き(E23115両)に乗り込む。
120
始発なので、当然「クロスシート(向かい合わせのボックスシート)」を狙うでしょ

みんなそれを知っているので、時間帯によっては争奪戦になる。
クロスシートは編成内の半分の車両にしか設置されていない。

15両編成のイチバン後ろに急ぐ。
121
まだガラガラで誰もいない。余裕でイイ席をGET

小腹が空いたので、何か食料を…と思って探したが、熱海駅の売店は、みやげ店以外すでに閉まっていた。
閉店時間早いぞ…
…仕方なく、自販機の缶ココアで腹をごまかす。

その時、ふと上を見上げたら、電光案内板には…
「普通 東京 20:18 4ドア 15両」
「普通 東京 20:59 2ドア  9両」

…あ、静岡駅でもうチョット待っていれば、特急型車両(373)使用の豪華な普通列車、静岡始発「東京」行きに乗れたのね。

まぁ、先週(富士宮の旅)も乗っているし、ま、イイっか
それより、少しでも早く帰りたひ…

そんなことを考えながら、爆音の中、ココアを飲む。
122
隣を貨物列車が通過中。

国鉄からの生き残り貨車「ワム80000」形の紙輸送列車だ。
静岡の製紙工場から、東京の書籍会社や印刷所などへ紙を運んでいる。
これも余命いくばくもナイ
間もなくコンテナ貨物列車に置き換えられる。

列車は熱海を出発した。
ほどなく車内の表示器に「運転見合わせ」の案内が…
…なんと中央線だって

もし富山から意地で長野まで出て中央線経由で帰ったとしたら…
最後に爆弾が仕掛けてあったというワケか。
たぶん、精神的に疲労困憊していたことだろう…。

良かった、海道経由で
特急「サンダーバード」に感謝

列車は順調に走り、無事定刻に東京駅に到着した(22:03着)。
中央線ホームに上がってみると、混乱もなく、乗った列車(「立川(たちかわ)」行き)は定刻運転とのコト。
フツーに中野駅まで乗車し、下車(22:30頃)。
しっかりと中野のホームを踏みしめる。

…あぁ、今日中に帰って来れた♪

もし、京都観光していたら…
今の時間にプラス1~2時間…

…あ、無理だ。

良かった、観光しないでホントに良かった

いろんな「良かった♪」を噛み締めながら、また駐輪場に4日間泊めておいたチャリで帰宅しましたとさぁ~~

-----------------------------------------

★ 今回の教訓 ★

大雪の日の「北陸詣で」は、名古屋経由の「東海道新幹線」+「しらさぎ」にすべしっ

上越新幹線」+「はくたか」では運休の可能性大(特に「はくたか」)。
「中央線」+「大糸線」+「北陸本線」は論外。自爆行為だ。

(おしまーいっ!)

|

« 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #1」2010初春~ | トップページ | Bトレ日記 ~「黄色かったので、つい…:秩父鉄道風103系」の巻~ »

旅と鉄道(07関西)」カテゴリの記事

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(06北陸)」カテゴリの記事

コメント

読んでいて古き良き鉄道少年の旅って感じがしました。
もちろん良い意味です、純粋な感じがして。
あ、もちろん今でも少年ですものね。

サンダーバードですが、特急なのにシートが固いとは。
MSEみたいなものでしょうか?

それにしても、さすが雪国です。
何が起きるか分かりませんね。
しかも東海エリアまでとは…

さて次はどちらにいらっしゃるのでしょうか?

投稿: CHIANTI | 2010年1月25日 (月) 00時15分

オトコは死ぬまで心は「少年」なのです
そう、女性が「乙女」なのと同じに…

683系(サンダーバード)のシートは意外でした。
北陸トンネルまで持ちませんでしたから…
お尻の、座面が当たる部分全体が痛くなるのです。
まぁ、東のE231系は、腿の裏側が痛くなるように「ワザと」設計されていますが…
個人的には、今回の一連の旅の中では211系のシートがベストかな☆

次回の旅は…
春の18きっぷまでお休みかなぁ~。
今回の臨時出費(金沢再訪)で、チョット経済的にも余裕ないしぃ。
…あ、そういえば、まだ東北に行ってなかったですね!

投稿: まりりん | 2010年1月25日 (月) 01時29分

あぶないよ~~上越路もヤバイなりね!!
サンダーバードの乗り継ぎ一番ベストかもね。
またまた、波乱万丈の旅だったね。

いや~実に面白い( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 冬の北陸路は・・ | 2010年1月25日 (月) 18時42分

お、おもしろひ…

こっちは時計とサイフとにらめっこしっぱなしで、生きた心地がしなかったんですよっ

帰りの費用は約9300円掛かりました。
これって、「北陸フリーきっぷ」の片道分と1400円しか違わないんですよ。
しかもフリーきっぷは「上越新幹線」&「はくたか」「北越」(指定席)や「北陸」のソロにも乗れるし…

あぁ、せめて「しらさぎ」に乗れてれば…orz

投稿: まりりん | 2010年1月26日 (火) 04時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #1」2010初春~ | トップページ | Bトレ日記 ~「黄色かったので、つい…:秩父鉄道風103系」の巻~ »