« プチ旅日記 ~「夏はやっぱり「江の島」っしょ♪」2006~ | トップページ | Bトレ日記 ~「上信越の荷物電車:クモニ143」の巻~ »

2009年7月27日 (月)

ジオラマ日記 ~「港のある風景」の巻~

今回も「夏は海っ!」ということで(笑)、港のワンジオ(ワンショット・ジオラマ)のハナシを…
101
このワンジオも、特攻野郎Bチームの展示会用に制作したもの。
東京港の芝浦埠頭にあった、今は無き「東京都港湾局芝浦線」をイメージ。
現在の「ゆりかもめ」が走っている場所に、臨港貨物線が実在した(1985年廃止)。

では作品を見ていこう♪
102
ケースのサイズは142mm×72mm。
今回の作品は、縦・横の2方向から見るように配置した。
(写真の写っている正面と右側から)

早速、フタを開けてみよう。
103
岸壁のすぐ脇に乗り入れている「臨港線」を表現。
「臨港線」は「臨海線」よりも定義(範囲)の狭い、埠頭(岸壁)近辺を走る路線だ。

反時計回りに見ていこう。
104
これが一応「正面」だ。

105
こちらは裏側ということになるなぁ…

106
で、ホントの裏側。少々手抜き工事だなや。(笑)

では、各部の詳細を…
107
「岸壁の横の線路に留置した冷蔵車が、積荷を載せた船が到着するのを待っている」というシチュエーション。
周りの作業員たちも、それに合うように配置してみた。
左側のレンガ小屋は、巨大な倉庫の一部分というイメージ。

積荷は…お魚かな?輸入果物かな?それともアイスかっ?!

アップで見てみよう。
108
左側の係員は、冷蔵車を牽引してきた機関車が切り離された直後というイメージで置いてみた。
レンガ小屋のドアの周りにはドラム缶とゴミ箱を設置して「それっぽさ」(笑)を再現した。
電柱のライトの位置が切り離し&連結の定位置か?

続いて、貨車と線路を…
109
貨車はKATOの「レ12000」。
ウェザリングを軽く施し、カプラーを「ヨ5000」のダミーカプラーに交換してリアルに。

線路は、「どうせ地面に埋まって見えナイんだから…」と、KATOの室内灯に付属しているアルミテープを細く切って地面に貼り付けた。
思いっきりダミーだ☆
ただ、そのままでは貨車の車輪のフランジが当たって地面から浮いてしまうため、線路の内側をスジ彫りして溝を付けた。
(下地はダンボール+画用紙なので、加工はカンタン♪)
これで貨車は見事に着地。(笑)
車輪にゴム系ボンドを塗って、地面に接着した。

貨車の右側は…
110
機関車切り離し後の、貨物編成の点検を済ませた係員2名が戻って来た。
その横には、積荷を貨車に載せるためのフォークリフトが準備を始めている。
手前のチャリンコ兄さんは、港湾関係の事務員といったトコロか。
111
フォークリフトには、作業員も乗っている。
だが、黒い服なので目立たなかった…orz
何かの機会があったら、服を塗り替えよう。

余談だが、このフォークリフトが、このワンジオの中でイチバン高価だ。(笑)
高かった…

最後に岸壁の様子も…
112
直接、貨物船が横付けできるような岸壁にしてある。
(ホンモノの芝浦埠頭がそうだからね)

岸壁際の転落防止ブロック(出っ張り?)は、四角いプラ棒を切って着色して接着。
マッチ棒でも代用出来る…と思う。
真ん中の黒い「ビット」(船を係留するための杭)は、グリーンマックスの住宅に付属していた「風呂場(トイレ?)の排気筒」を部分的に切り取り、黒く着色して上下逆さまにして接着。
予想以上にイイ出来となった。う~ん、満足満足☆

海面は、ダンボールに塗料で着色し、上から半透明(スリガラス状)の塩ビ板を接着。
東京港の海面は「のど飴」みたいな色をしているが、ココではキレイな青色にしてみた。
…ささやかな「都民としての願望」だ。キレイな東京湾を!

岸壁の側面は、藻などの表現をするために、緑色とグレーで着色。
色の濃さを数種類分けて塗っている。
ココに「フジツボ」や「古タイヤ」などの表現をすればもっとリアルになるのだが、イイ素材が見つからなかったので見送った。
これも機会があったら追加しよう。

…チャリンコ兄さん、「いかにも事務員」というカッコしてはりまんなぁ~。(笑)

…ま、こんなカンジで仕上がった港のワンジオ、背景にレンガ倉庫と事務棟を置いて撮影してみた。
これでいにしえの臨港線が蘇ったのぉ~。

コレを見て「懐かしいねぇ~」と思った方は、もう立派な「お○さん」ですよ!
(いや、「お○ぃさん」か「お○ぁさん」かも(笑))
113

|

« プチ旅日記 ~「夏はやっぱり「江の島」っしょ♪」2006~ | トップページ | Bトレ日記 ~「上信越の荷物電車:クモニ143」の巻~ »

Bトレイン-ジオラマ」カテゴリの記事

コメント

私が知ってる港湾の貨物は、晴海線だけです。
と言っても走ってる時は知りませんけど
今でも例の橋は健在ですね。
あちらでは青いディーゼル機関車でしたが、
芝浦もやっぱり同じなのでしょうか?

>岸壁のすぐ脇に
赤レンガがレトロチックですね。

>冷蔵車
今ではあまり見かけないような気がします。

投稿: CHIANTI | 2009年7月31日 (金) 13時46分

私も晴海線だけです。
でも存在に気が付いたころにはもう廃線になってましたが…
大学の同級生が、教習コースとして晴海線の踏切をしょっちゅう越えていたハナシはよく聞いてました。

芝浦の写真は白黒なので、色が判りません。(笑)
でも茶色っぽいような気がします…。

ホントは横浜の赤レンガ倉庫モジが作りたかったのですが、大きすぎて断念です…orz

冷蔵車、すべてコンテナに代わってしまったので存在しません。
…ってか、コンテナ(コキ)・タンク(タキ)・紙(ワム80000)以外の「普通の貨車」自体がほぼ全滅状態ですから…

投稿: まりりん | 2009年7月31日 (金) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ旅日記 ~「夏はやっぱり「江の島」っしょ♪」2006~ | トップページ | Bトレ日記 ~「上信越の荷物電車:クモニ143」の巻~ »