« Nゲージ日記 ~「事実は模型よりも奇なり」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「黄色い“ことでん”」2006~ »

2009年6月11日 (木)

Bトレ日記 ~「速攻増やせる!タキ3000」の巻~

今回は、私のコレクションの秘蔵っ子「タキ3000」をご紹介
3001
雑誌でも紹介されたことのあるこのタキ3000、なんとわずか5分で1両、改造が出来上がってしまうのだ
あまりにカンタンなので、解説もカンタンに済ませることにした。

では側面のアップを。
3002
ベースは、TOMIX製「タム6000」だ。
ただし、最近の仕様のでないと使えないのでご注意を。
昔の香港製では大きさと構造が違うのダ
2010年7月現在の製品だと「タム500タイプ」だね。

余談だが、実物には「タム6000」という形式は実在しない。「タム5000」が5099を突破し、6000番台にまで膨れ上がったので、車番自体は実在するが。
まぁ、TOMIXのはカタチからしてフリーランスっぽいので、ワザとそう名付けてあるのかもしれない…。

床板はBトレ付属のものを、そのまま無加工で使用。
HGフレーム仕様以降(新パート1も含む)の電車・客車用の床板でないと使用できないので、これまたご注意を。
床板の、車体にハメるためのツメが、偶然にもタンク体を固定する部品に見えるというというのも、「タキを作れ」という神の啓示か。(笑)

台車はNゲージ「タキ3000」用のを使用した(TR41)。
足りない分はBトレ用の「通勤電車2」を黒く塗って流用。
イチバン違和感のナイ台車を選んだらコレになった…

タキの台車が手に入り次第、「通勤電車2」の台車と交換予定。
黒く塗った「通勤電車2」台車は205系に使えるからねぇ~。
…う~ん、リサイクル

では、分解した写真をご覧いただこう。
3003
まず、タム6000のボディを分解しよう。
すると、床板(下回りすべて)とタンク体に分かれる。
そのタンク体も、すその辺りを境に上下に分かれる。
車体中央にあるハシゴのツメが屋根のドーム横のステップに引っかかってるので、これをそっと外してからタンク体上下を分解しよう。
ハシゴ自体は、タンク下部のパーツに付いている。

分解できたら、タンク体下部を、Bトレの床板と接着しよう。
3004
赤い矢印のあたりにゴム系ボンドを付けて貼り合わせた。(もちろんタンクの下側だよ!)
この時、台車取り付け用の穴にボンドが流れ込まないように注意!

で、固まれば、タンク上部をはめて出来上がりぃ~~(…も、もう?!)

慣れれば、タンク体を分解しないでそのまま接着できるようになるので、さらに加工時間短縮だぁ~

最後に好みのシールを貼ろう。
私は「タン」(米軍基地用ジェット燃料輸送車)仕様にしたかったので、車体に書いてある米軍の管理番号(?)を貼った。
コレはカンタンに済ませたかったので、Bトレの「モハ70」の車番シールをそのまま切って貼った。賢いでしょ?(笑)
(1桁足りないとかぁ~、そ~ういうことは言わないのぉ~…ってか、言わせな~ぃ

「タム6000」→「タキ3000」の表記変更は、ナイスアイデアが浮かんでこなかったので、今回は保留。
「手付かずの自然」がココにある
車端のデッキも「最初から存在していなかった」というコトで。(笑)

ま、こんなカンジで一気に8両加工した。それでも1時間弱だ
意外と重宝するこのタキ3000、もうちょっと手を加えれば、爆発的に多形式を誕生させるコトができるのにお気付きだろうか…?
Bトレ貨物の充実のためにも、おひとついかがぁ~?
3005

つづき「タキ3000黄色」はこちらをクリック!

|

« Nゲージ日記 ~「事実は模型よりも奇なり」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「黄色い“ことでん”」2006~ »

Bトレイン-貨物」カテゴリの記事

コメント

タム6000を分解した時タンク下部の突起物を残してその突起物があたる床板の方をを穴あけると、飽きたら元のタム6000に戻せました。


こないだ中古で2両売ってた。

投稿: 二足歩行 | 2009年6月11日 (木) 13時31分

最近、どこにも売ってません…orz

大昔の「Made in Hongkong」のチャチぃヤツなら売ってたのですが。
でも、「タム5000」として考えると、香港製のほうがリアルです。ハイ。

投稿: まりりん | 2009年6月11日 (木) 21時06分

これタンク体の代わりに小さいペットボトルのフィギュアをはめ込んでも使えそう…と考えたあたり、のどが渇いてるんでしょうか。
確かに売ってるところは見かけないねぇ。

投稿: FM | 2009年6月12日 (金) 02時27分

それはココロが渇いてるんです。

投稿: まりりん | 2009年6月12日 (金) 11時08分

ますます臨海線の様相を呈してこられたのでは?

Bトレ貨物も、もっと充実してくれればいいのですが。
走ルンですの再販ばかりやって店先に塚を作る余裕があれば、
この辺で色々出せば面白いと思うのですが

もっとも“無ければ作る”しかないのですけどね。

投稿: CHIANTI | 2009年6月12日 (金) 14時29分

あまりいろいろ商品展開されても「作る楽しみ」が無くなってしまいますので、ソツのない形式を出してもらえれば、それで満足です。
そう、昔のNゲージ市場のように。(○○製作所が出てくる前の…)

投稿: まりりん | 2009年6月12日 (金) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nゲージ日記 ~「事実は模型よりも奇なり」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「黄色い“ことでん”」2006~ »