« 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 松本行き」2009夏~ »

2009年6月22日 (月)

Bトレ日記 ~「西武二の“地味電”3000系」の巻~

今回は西武3000系のご紹介を。
3001
私は勝手に「西武で2番目に地味な電車」だと思っている。(笑)
1番目は601系。赤電界きっての「地味電」だ。
で、黄電界きっての地味電が3000系というワケ。

------------------
3000系は池袋線用として、新宿線用の4ドアの2000系登場後に製造された3ドア車。側面の行先表示器が最大のウリだった(西武初)。
「ラッシュ時の整列乗車を乱さないため」として4ドア車登場後にも拘らず、あえて3ドアで登場。(←これが失敗のモト)
車体的には新101系とほぼ同じようなデザイン。性能は2000系と同じ。
先頭の電気連結器の配線が違うため、2000系とは併結できない。

途中で色が単色になったものの、それ以外で登場時から変わったトコロ(趣味的に)と言えば…
パンタ交換・字幕のデザイン変更(2回)・前面スカート取り付け…くらいなものだ。
内装も、ほぼオリジナルのまま。今や貴重な「昭和の西武のニオイ」が残っている。

3ドアで、8両固定編成しかないので、応用が利かず、ラッシュ時には邪魔者扱い。
更新工事もしていないところを見ると、そろそろ「廃車(譲渡)」か「4連にして支線送り」か「4ドアの車体に更新(2000系と併結)」か「編成バラしてクモハを作って10連運転可能にする」かのいずれかが起こるだろう。
…と、勝手に妄想している。この順番で。(笑)
-------------------

さ、ハナシを戻そう。
この601系と3000系の両形式、意外なほどまでに共通性がある。

1.前作と後作との折衷型のような、過渡期的中途半端な車体デザイン&性能。
2.その中途半端さ故、編成のいじりようが無く、後年まで手付かず(更新工事もナイ)の放置状態。製造両数も少ない。
3.滅多に話題にならない。とにかく目立たない。カリスマ性がゼロ。登場時だけ持てはやされた(「西武初の~」と)。
4.後年になるにつれて、ラッシュ時に来ると嫌われる。(笑)

…ってなカンジだ。

でも「模型」としては、多勢の中に紛れ込ませると充分スパイス的存在感があるので、Bトレでも作ってみることにした。
3002
ベースは西武101系(左の車両)。
色はあえて旧色のツートンカラーをチョイス。
これは、「ウチの西武線はすべて赤電と同じ時代に合わせる(近づける)」ためというのもある。
あと、現在の黄色一色だと、Bトレではそれこそ601系の冷房改造車(701系に編入された)と区別が付かなくなるからだ。
3003
…ね、似てるでしょ?
左がモハ701-2(旧モハ602)、右がモハ3101だ。

前面は製品に付属のモノをそのまま使用。
改造は側面の窓だけだ。3000系は2個連続したユニット窓なのだ。
3004
最初は手抜きで、中央の窓の間(赤い矢印部分)を銀色に塗って、連続したユニット窓に見せようとしただけのモノだった。(左側の車両)
だけど、小田急5000形の窓を移植する方法を2000系などで開始してから、この3000系にも「更新工事」が及んだ次第。(右側の車両)

今更ながらだが、改造方法をご紹介しよう。
2000系の日記も併せてご覧いただきたい。
3005
側面中央の窓の縦桟(赤い矢印部分)を切って、1つの大窓にする。
3006
窓のカタチを整えて、削った部分の色差しが済んだら、そこに、小田急5000形の窓ガラスを切って移植する。
戸袋窓の黒いHゴムを削って色を落とす。
…一応、これだけだ。

あとは新101系のパーツを使用して組み立ててれば、「出来上がりぃ~~~♪」だ。

そうそう、新101系と3000系の最大の「差」である、「前面窓下の車両番号」と「側面方向幕」(下の赤い矢印部分)を貼るのを忘れずに!
それこそ存在価値がなくなってしまうから。(笑)
3007
このイキオイで、来週あたりに601系の冷房改造車(モハ701-1・2)の解説もしよう。基本はまったく同じだからネ。
乞うご期待!・・・しなくてイイよ☆

|

« 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 松本行き」2009夏~ »

Bトレイン-西武」カテゴリの記事

コメント

>地味電
確かに、僕も3000系は「だあ~い好き」と言うわけではありませんし、そういう話も聞きませんねえ
でも、単体で面白味が無くても、ズラっと並ぶと面白い、と言うこともあるので、油断はできませんけど。( ̄▽ ̄)
>手付かず
おそらく唯一最大の面白味といえば、「999」ラッピングでしょうか?真っ青になっちゃいましたしね(゚ー゚)
>西武初
え!と言うことは、2000系は最初、側面方向幕が無かったのですか!?Σ(゚д゚;)

投稿: しげぺ | 2009年6月22日 (月) 19時17分

999と大学のラッピングくらいでしょうか、今までの話題は…。

2000系の側面字幕装備車は、2連の箱型ベンチレーターの車両(2417F)が最初です(1988年)。
「青地に白文字」の字幕でした。
3000系はそれよりも前に「白地に黒文字」の字幕で1983年に登場です。
現在は「黒地に白文字」の字幕ですね。

投稿: まりりん | 2009年6月22日 (月) 20時55分

いつもながら、西武に関してはこだわりの具合が
通常のNゲージなみに凄いですね
他のも凄いんですが、特に西武に対する思い入れと言うのが
記事を読んでいると感じられます。
このままいくと、西武鉄道博物館がBトレで
再現出来ちゃうのではないでしょうか?
年代順に並べれば小手指車両基地も真っ青って感じだと
思います。

投稿: CHIANTI | 2009年6月27日 (土) 16時44分

ウチはBトレ界の「西武所沢工場」です。

もう7~8割くらいはコンプリート出来たのではないでしょうか。
あまり急いでアップすると、このブログのネタが尽きてしまいますので(笑)、のんびり行かせていただきます

「テキトーにこだわる」。これが長生きの秘訣です。(謎)

投稿: まりりん | 2009年6月27日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 松本行き」2009夏~ »