« ジオラマ日記 ~「武蔵野秘密基地:トンネルのある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「なんちゃって167系」の巻~ »

2009年5月25日 (月)

実物日記 ~「いまだ目的を果たせてない、悲運(?)の鉄橋:吉祥寺編」2006秋~

昔から気になる鉄橋がJR中央本線に存在する。

東京の「西荻窪(にしおぎくぼ)」~「吉祥寺(きちじょうじ)」駅間の、高架複々線の途中にある鉄橋だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1001
写真の中程だけ、鉄橋になっているのがお判りいただけると思う。

金網が張ってある部分だ。

周りの高架は全てコンクリート製なのだが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1002
ご覧の通り。

フツー、鉄橋にする場合は、高架下に支柱を建てられない部分がある(橋脚の間隔を長くする)時だ。

でも、周囲は完全な住宅地で、高架下は駐車場になっている。
特に鉄橋が必要な場所ではナイ。

むしろ、鉄橋だと走行音の騒音が大きくなるデメリットが…。

では、鉄橋のアップを見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1003
テニスコートのような…

鉄橋の下は、「グラウンド」とも「コート」ともつかないような球技スペースがあるだけだ。
それも「暫定」感タップリの…

…ますますナゾが深まる。

鉄橋には、大抵名前が書いてあるので、探してみた。

すると、あった、あった
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1004
…な、なにぃ~~~っ!!

外郭環状架道橋」と書いてある。

外郭環状道路」、つまり高速道路が通る場所だったのか…

この高速道路(通称「外環」)は、「高速道路のJR武蔵野線」というようなスタンスで、実際の道の位置も近いものがある。

東京都の練馬(大泉)から東側(埼玉・千葉方面)は比較的カンタンに工事が進んだものの、練馬から南側は密集した住宅地を貫通するため、土地の買収や環境問題等で遅々として進んでいない、「やっちまったな」的な高速道路なのだ。

地図で見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1005
(2018年のグーグルマップより)
からを通ってまっすぐ南下する計画ぅ~~~

…大泉IC(外環道と関越道のジャンクション)
…外郭環状架道橋

そっか、ここを通る計画だったのか…。

…で、改めて周囲を見回す。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・西荻窪の東京外郭環状架道橋2006秋-1006
…無理だろ、どう見ても。

…ということは、この鉄橋、高架線が完成した昭和42年(1967年)から、本来の目的を果たせずにいるワケだ。

逆に言うと、40年以上も前から外環は計画されてたワケで、未だに完成していないというコトだ。
当時だったら家もそれほど建っていない、雑木林と田園の風景が広がる地域だったから、工事なんて楽勝だったのに…

今からなら、すべてトンネルで通すしかナイでしょ。
莫大な工事費を掛けて。

だが、地図を見るとお判りのとおり、途中には水の湧いている池(都心を流れる川の起点)がいくつもある。
そう、この練馬~杉並~吉祥寺エリアは、昔から名水が湧く有名地なのだ

事実、杉並区・練馬区・武蔵野市の境周辺の水道水は、メッチャ美味い。
ご飯を炊いたりカップラーメンを作るだけでも、その味の違いが判るほどだ。

故に、外環道地下化の反対運動はかなり強い。

…あぁ、残念だ。

色々な意味で「残念」だ。
鉄橋も道路も行政もね。

果たして、外環道は我々が生きているうちに完成するのだろうか…

|

« ジオラマ日記 ~「武蔵野秘密基地:トンネルのある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「なんちゃって167系」の巻~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

計画があって
準備をして
頓挫して
結局、遺構として残っちゃうことってありますわね(笑)

規模は違えど、模型のレイアウトも然り…

投稿: FM | 2009年5月26日 (火) 01時38分

計画がなくて
準備もしないで
○○して
結局、結婚として収まっちゃうことってありますわね(笑)

規模は違えど、人生のプランも然り…


…何事も「時の流れには逆らえぬ」というコト。

投稿: まりりん | 2009年5月26日 (火) 10時53分

何度か通った事はありますが、意外と気づきません。
ちなみに外環は地下に潜るそうですから。

計画と言えば私のレイアウト。
当初の予定が作っているうちにどんどん変化。
車両だって時には全然別の物が出来ます
・・・はい、おかしな物作り過ぎだというツッコミは
こちらで最初にしておきますね
所有車両の公開ですら未だしていないのは
走らせていてノリが悪い車両は“処刑”する予定ですので。
台車と動力とパンタが勿体ないですし。

レイアウトなんて作ろうとした当初の面影を
見つけだすことが不可能でしょう。
そのうちどれくらい“あっち”方面に逝ってしまったかを
記事にしてみるのも面白いかなと思ってます。

なぜこうも変わるのでしょうか?
それは、人生をノリで生きてるから
どうせ一度しかない人生、好きな事やって命の灯を
燃やしつくすっていうのが私です

投稿: CHIANTI | 2009年5月27日 (水) 22時29分

May the Force be with you.

投稿: まりりん | 2009年5月28日 (木) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「武蔵野秘密基地:トンネルのある風景」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「なんちゃって167系」の巻~ »