« プチ旅日記 ~「箱根登山鉄道」2006秋~ | トップページ | 旅日記 ~「秩父のSL、C58 363」2007秋~ »

2009年4月23日 (木)

Bトレ日記 ~「鉄棒電車:西武クハ1411」の巻~

今回は西武の赤電の古老「クハ1411」をご紹介。
1411
クハ1411形は、国鉄の「クハ55」に似たスタイルの20m車両だ。
木造車両などの鋼体化&20m車化名目で製造された。
不思議なことに、このスタイルの「クモハ」は存在しない。
ナゼか「クハ」だけの単品のみだ。
(後に改造で「サハ」になったのもいるが…)

そんなワケなので、連結相手は色々な形式の「クモハ」となる。
実際、私が知ってるだけでも3種類のクモハとペアを組んでいた。

この「リベロ」的存在なこの車両、Bトレの世界でも色々ペアを組んで楽しめそうなので、作っちゃいましたぁ~☆
1412
ベース車は国鉄「クハ79」、茶色い73形電車「ゲタ電」のクハだ。

前面はGM製の「西武5000系(レッドアロー)」キットに付属のパーツを使用。
1413
特に加工するところはナイ。
塗装をすると、こんなカンジ…
1414
行き先表示器を窓ガラス内側から貼ってあるのがポイント。

さて、車体の加工するところは…
1415
1.塗装の変更
2.窓枠の3段→2段窓化(青い矢印部分の窓桟の色を消す)
3.屋根のグロベン削除・前面部分の丸屋根化
4.ヘッドライト移設・ベンチレーターの交換(ガラベン化)
5.前面パーツと側面パーツの隙間埋め
…の5項目だ。

まず、車体の塗装を変更してしまおう。
最初にベージュ(私は「クリーム4号」を使用)をスプレー。
乾燥したらマスキングをしてラズベリー(「ガンダムピンク」を使用)をスプレーする。

窓ガラスの窓枠も、筆で銀(窓部分)とベージュ(戸袋部分)に塗ろう。
このときに、青い矢印の窓桟はカッターで軽く擦りながら削って、色を落としておく。
他にキズがつかないように慎重に…
もし、73形更新車両の2段窓が手に入るならば、それをそのまま使用すればOKだ♪
ドアのHゴムは油性の黒マジックで塗っておこう。

次に、屋根の加工だ。
1416
モールドされているグローブ形ベンチレーターなど、すべてを削ってしまおう。穴は塞がなくてOKだ。
表面に凹凸がナイようにキレイに削ったら、側面パーツより前にはみ出ている(緑の矢印より前の)部分を切り取る。
そして上から薄い紙を貼る。
紙は前面部分を長めに余らしておこう。後で寸法合わせして切り取るから。
紙を貼ったら、屋根を「マホガニー」で塗装。スプレーでも筆塗りでもOKだ。

塗料が乾いたら、グレーに塗装した「ヘッドライト」と「ガーラント形ベンチレーター」をゴム系ボンドで接着する。
ヘッドライトはクハ79のオデコに付いているものを切り取って移植した。
ガラベンは、GM製キットやKATOのASSYパーツなどにあるものを使用。
(グロベン仕様車を作る場合は、KATOの103系用のグロベンを使用するとGood!)

ここで車体を組み立てよう。
フツーに組み立てればOKだ。
前面パーツはゴム系ボンドで側面パーツに接着。
かなりの隙間が出来るが、モウマンタイ(無問題)。あとで補修するからね☆

組みあがったら、屋根の前面にはみ出ている、紙の余った部分を切り取る作業に入る。
1417
前面パーツのテッペンに触るように、紙を指でやさしく上から押して曲げていこう。
上手くいかないときは、屋根と前面の隙間に詰め物をしておくとイイかも♪
紙が前面パーツに付いたら、残りのはみ出した部分を切り取ろう。
斜め後ろから見ると、上の写真のようなラインになる。
この作例は手抜き工事(笑)なので、もう少しキチンとやればキレイに仕上がるハズー!

そしたら、いよいよ前面と側面の間の隙間埋めだ。
1418
青い矢印間の幅に切った、ベージュに塗った紙またはプラ帯をこの部分に貼ってしまうのだ。
貼った後に、この部分だけ、筆でラズベリーの追加塗装をする。
この車両もそうしている。パッと見、判んねぇべ~?(笑)

これで大まかに完成した。
ちなみに、連結面の塗り分けはこうなっている。
1419
妻板の上の雨どいは塗らないコト!
こちらの屋根は切り妻のままだ。
もし、前面の貫通扉が狭いタイプを再現するならば、連結面の屋根も丸屋根化しよう。
(その場合はクモハ43かクハ47をベースにしたほうがイイかも…)

細部の色入れ&補修が終わったら、「TR11(グレー)」台車を履かせれば、クハ1411の出来上がりぃ~~♪

では、早速連結相手を連れてこよう…
1420
スタンダードなのは、このクモハたちとの組み合わせかな。

まずは…
1421
20m車の「クモハ451」との組み合わせ。比較的後年まで走っていた。
30代くらいまでの方には馴染み深いだろう…

お次は…
1422
17m車の「クモハ351」との組み合わせ。
こちらは、「西武線内で見たことがある」方は、1960年代生まれまでくらいかな。
後年、この組み合わせで「上毛電鉄」に大量に譲渡されたので、そちらで見た方も多いハズ。
…私もそのクチだ(笑)。桐生は遠かった…orz

このご隠居、西武の赤電の中でも独特の表情なので、結構な存在感(威圧感?)がある。
1423
さすが、20m車の中では「長老」だからねぇ~♪カッコイイ!

このクハ1411は「半室運転台」なので、正面から見て、貫通扉と左側の窓の部分には仕切り壁がなかった。
太いパイプが1本、腰の位置辺りに横に留めてあるだけだった。
(今のJR701系などのワンマン車両の運転台に近い感覚かな…?)
子供の頃は「鉄棒の電車」と呼んでいて、大好きな車両だった。
前面展望は言うことナシ!お子様だって良く見えたからね♪
木の床と油の匂いもイイ想い出だ。

もし今でも出来るのならば、クハ1411の鉄棒にしがみついて、西武秩父まで乗ってみたい…
1424

|

« プチ旅日記 ~「箱根登山鉄道」2006秋~ | トップページ | 旅日記 ~「秩父のSL、C58 363」2007秋~ »

Bトレイン-西武」カテゴリの記事

コメント

正面のお顔と言い、横の窓の感じと言い
いかにも年季の入った車両ですねぇ。
顔を挿げ替えるだけで済みそうなのが、
細かい作業が大変そうです。
先頭の丸みを帯びた天井に苦労されたのでは?
そういうところまでこだわられる点に、
車両への愛情を感じます

ずらっと並ぶと、かつての小手指車両基地ですね。
上石神井でも良いですけど。

何気に写っている鮮魚輸送車も
コレも自作ですか?

投稿: CHIANTI | 2009年4月23日 (木) 19時01分

この車両には強い思い入れっていうか愛着があります。
新車には目もくれずに、わざわざこの古老を選んで乗ってた、ヘンなお子様でした…(笑)

車両基地は、小手指をイメージしております。さすが♪
でも写ってる車両の行き先は、全部新宿線系統なのですけれどね☆

鮮魚トレーラー、これは数年前に缶コーヒーのオマケに付いていたモノです。
Bチームのみんなで、ファミリーマートで買い漁ったような…

投稿: まりりん | 2009年4月23日 (木) 19時55分

 B‐トレ クハ1411、編成と言うよりも単体や車両基地で並んでいる姿を見つめたほうが映える数少ない車両なのではないでしょうか(この車両の時代にはまだ生まれて無いのでなんともいえませんが、・・・)。
改造過程で紙でスキマ埋めする方法は目からウロコ~(゜о゜)
パテ要らずでいいですネ
 ページの最後の写真の並び、実車の101N系ワンマン車の復刻塗装が出場したそうなので、合わせて赤電も復活してくれれば当時が再現できるかも知れないんですけどね(風景が入間川や池袋のガーターっぽいのでちと無理かな?)

投稿: しげぺ | 2009年4月23日 (木) 20時41分

確かに、クハ1411は単体や集合写真的なアングルのほうが映える車両だと思いますね♪

パテ盛りすると、それだけで工程が数日間増えてメンドくさくなってしまいますので、テンションアゲアゲ状態になっている時に一気に作りたくて、紙で隙間埋めしているのですよ☆
Bトレだから「お気楽」にね~♪

投稿: まりりん | 2009年4月23日 (木) 21時47分

やっぱり彫りの深いお顔が赤い塗装には似合ってる気がしますね。
この顔でイエローだと、はたしてウケはどうなんでっしゃろ?(w

投稿: FM | 2009年4月25日 (土) 00時27分

…それは近江鉄道を見れば解る。(笑)

投稿: まりりん | 2009年4月25日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ旅日記 ~「箱根登山鉄道」2006秋~ | トップページ | 旅日記 ~「秩父のSL、C58 363」2007秋~ »