« 海外鉄旅日記 ~「スイスアルプス」1991・その2~ | トップページ | 旅日記 ~「なのはな、くるり。久留里線」2007春~ »

2009年3月 9日 (月)

Bトレ日記 ~「必然の産物:小田急5200形」の巻~

小さい頃から小田急には「華やか」なイメージを持っていた。
5201
西武線沿線に住んでいると、サツマイモのような野暮ったい赤い電車を毎日目にするワケで。(笑)
その吊り掛けの轟音と振動の激しい電車に乗り、猥雑な繁華街「歌舞伎町」に隣接した“仮設(一部木造)”の西武新宿駅へ行く。
国鉄(JR)の大ガードをくぐり、数分歩いた先にある“オシャレなデパート”の1階に行くと…
そこには真っ白な車体に水色の帯がクールに入った、速くて静かなカッコイイ電車たちがたくさんやって来るホームがあった。
特急も超カッコイイのが頻繁にやって来る。(西武新宿線は日曜日に2往復だけ)

同じ新宿駅なのに、このあまりのギャップに子供ながらも「悔しさ」と「羨ましさ」を感じたものだった…。

なので、Bトレで小田急5000形が出た時に、つい買ってしまった。
Nゲージでは手を出さないようにしてたのにぃ…!

で、急行の10連にするには、当時のBトレラインナップでは5000形(4連)+5200形(6連)くらいしか組めなかった。
2600形はまだ主に各停専用だったからね。(4000形は屋根のクーラー配置などが微妙に違うし…)
5200形は5000形の増備車なのだが、窓の形が違うので、改造で作ってみることにした。

…っていうかぁ~。(笑)

西武線のラインナップを増やしていくうちに、小田急5000形の窓を使う必要が生じてきた。
そのたびに窓を捻出され、組み上げるコトが出来なくなってしまった車両たちを、5200形として無駄なく再生するコトにした。
こっちの理由のほうが比率が高い。いわば「必然の産物」なのだ。

では5200形のサイドビューをご覧いただこう。
5202
まぁ、一昔前のフツーの「小田急線」である。(笑)

5000形との併結だとこうなる。
5203
左が5200形、右が5000形だ。
新宿駅などでよく見る1シーンだ。
前6両(左)が箱根湯本行き、後ろ4両(右)が片瀬江ノ島行き。そんなカンジ。(チト古いか?!)
この視点は「分割位置:A」といえば、分かる方には分かるかな。(笑)

では、5000形(↓上)と5200形(↓下)は何が違うのか?
5204
1.編成の両数が違う。(5000形は4両編成・5200形は6両編成(当時))
2.側面の窓が違う。
3.ドアと戸袋窓のガラス押さえが違う。(編成によって違いがあるが)
くらいかな。Bトレ的には。

今回は、窓ガラスを持って行かれてしまったので、イチバン作りやすいタイプ(最終増備車)を選んだ。
つまり、ガラス押さえがHゴムでない「押さえ金」式のものだ。

改造は、結論から言ってしまえば「ただ、透明塩ビ板を窓に貼っただけ~☆」だ。
だが、それだけでぶっきら棒に解説を終わらせてしまっては、後日背後から刺される可能性も無きにしもあらずなので(笑)、補足もキチンとしておこう。
5205
まずは、組み上げる前に、透明な塩ビ板(GM製キットに付属)を側面の窓全部にかかるように貼る。(緑の矢印)
中央窓の縦桟は、銀色のアルミシールを細く切り出して貼った。
次に赤い矢印の所に、本来の窓ガラスのパーツから切り出したものを接着する。
車体&床板固定用のツメをそのまま活かすためだ。
このパーツは割れやすいので、無理に切り取ろうとしないことがポイント。

側面にガラスとパーツを接着し終わったら、「お顔」(前面)と妻板を取り付ける。
これは通常のBトレの組み方と同じだ。

最後に屋根板だが、これだけは接着剤が必要だ。ゴム系ボンドがベターかな…

まぁ、そんな流れで組み立てると、こんなカンジになる。
5206
外観が劇的に変化するワケでなはいので、「出来上がりぃ~~~♪」と喜びにくい。(笑)
だが、小田急の急行列車には欠かせない形式なのだよ、5200形は。うんうん。

この後、気を良くして8000形も作ろうと前面とクーラーのパーツを用意したら、製品が出てしまった。
すべて無駄と徒労に終わる。orz...

今だったら「8000(9000)形から作れるぢゃん!」と、コレ読んで思っている方も大勢いるに違いない。
…確かにそうだ。(笑)
だが、先頭の乗務員扉横の戸袋窓がナイのだ、8000(9000)形には。
5207
左から9000形・5200形・5000形だ。

私みたいに「窓ガラスの捻出」という特殊な理由がナイのであれば、8000形に5000形のお顔付けて、5000形の屋根使って、先頭の戸袋窓部分に黒いシール貼って完成だ、ゴルァ!(笑)
(「悔しさからの開き直り」…とも言う)

まぁ、とにかく、6連で渋沢~新松田間の四十八瀬川の鉄橋を走る急行列車は再現できたのだ。
5208
これはVSEのCMに出てきた鉄橋をモチーフに作ってみた「ワンジオ」(ワンショット・ジオラマ)だ。
特攻野郎Bチーム」の中に作品を載せてあるので、興味ある方は「こちら」をクリック♪

ウチの西武2000系と3000系が増備されない限り、もうこの5200形が増殖することはナイ……ハズ。(汗)

|

« 海外鉄旅日記 ~「スイスアルプス」1991・その2~ | トップページ | 旅日記 ~「なのはな、くるり。久留里線」2007春~ »

Bトレイン-車両」カテゴリの記事

コメント

Bトレって余剰部品が多くなりますが、
無駄のない使われ方は素晴らしいと思います。
お財布にも優しいですから。

>分割位置:A
なるほど、例のあれですね。
5200形と言えば分割案内装置です。
小田原・片瀬江ノ島分割急行のためだけの、あれです。
小田急顔でも側面の窓で識別していたものです。

>小田急には「華やか」なイメージ
アイボリーに水色が清潔感ある品性漂う小田急通勤車という
イメージがありました
ロマンスカーと通勤車とのマリアージュは
見ても乗っても快適でした。
(今はか〇〇けばっかりで利用する気が…
ちなみにあと好きな通勤車はパンダさんです

投稿: CHIANTI | 2009年3月 9日 (月) 15時21分

実は小田急の屋根も再利用しています。
コレは来週辺りのネタになるか…な?

通勤時、朝はいつも「分割位置:A」の6連側に乗っています。
なので、かなりの確率で“あれ”に乗るハメに…。(笑)
帰りは新宿寄りの先頭に乗りますので、8000形か5000形に多く乗っています。
やはり私は「白い電車」のほうが落ち着きますね☆
8000or9000形とLSEの並びがお気に入りです

投稿: まりりん | 2009年3月 9日 (月) 15時53分

僕も1箱だけですが(←をい)小田急5000型を買いました。(現在
中間車の切り継ぎ加工に失敗し先頭1両のこして廃車)
僕個人としては余り興味のないネタだったのですが、ある日小田急デパートのおもちゃ売り場にポツンと置いてあったのを買っちゃいましたなぜなら「そこにB‐トレがあったから。」(どこかで聞いたようなフレーズ)又、いまもガラスパーツは(2両分)残っていたから、西武新101系中間車に入れて「中間車だけ3000系」にしてみようかな~(2000系のほうが個人的にはいいけどお顔が手に入らないしな~)

投稿: しげぺ | 2009年3月 9日 (月) 16時42分

西武3000系、「中間車だけ」ではなく、「片側だけ」のほうが統一感もあってイイのでは…?
私の103系1200番台みたいに。(片側が黄色帯、もう片側が水色帯)
…考え方を柔軟にネ☆

この5200形も、イマドキの4連だったら「片側5000形・もう片側5200形」ということもできますしね。
一粒で二度おいしい

投稿: まりりん | 2009年3月 9日 (月) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外鉄旅日記 ~「スイスアルプス」1991・その2~ | トップページ | 旅日記 ~「なのはな、くるり。久留里線」2007春~ »