« Bトレ日記 ~「大井川の電車を西武に連れ戻す:西武351系」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「西武6000系のネタばらし」の巻~ »

2008年12月25日 (木)

旅日記 ~箱根登山鉄道「風祭駅いまむかし」2007~

箱根登山鉄道の「風祭(かざまつり)」駅は、神奈川県の「小田原(おだわら)」~「箱根湯本(はこねゆもと)」間にある、関東屈指の特徴のある駅で、大好きな駅の1つだった。
だが、2008年春の改良工事完成によって、キレイだがごく一般的な魅力のナイ駅になってしまった…。

…ってなワケで、昔撮った写真があったので、「今年最も激変した駅」としてご紹介しておこう。

まずは2007年3月当時の駅舎を。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-01
この駅舎は、島式ホームの箱根寄りにある。

つまり、上下線路の間、踏切の真ん中に駅舎があるのだ。

駅の全景はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-02
駅舎側からホームを見たところ。

反対側(ホームのはじっこ)からも見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-03
ご覧のとおり、ホームが異様に短い

これは箱根登山車両2両分の長さしかないからだ。(しかも1両の長さが短い)
その後、登山電車の3両編成化によって、ホームをカンタンにだが1両分延伸した。

小田原」~「箱根湯本」間の普通列車は、短い登山電車3両編成小田急の4~6両編成が走っている。
しかも、登山電車と小田急の車両は線路の幅が違う(登山電車:1435mm(世界標準軌)、小田急:1067mmため、この区間の線路は特殊な構造(3線軌条)になっていた。
(左右合わせて3本あった。片側のレールは共用)

この時は輸送力増強の改良工事が始まっていたので、登山電車用の線路は撤去され、登山電車が小田原駅まで来れなくなり、ホーム延伸部分も撤去されていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-04
線路脇に立っている係員さんの位置に、もう1本レールがあった

枕木に、かすかに撤去された痕跡が残っているね…。

現在まで、小田急車両の4~6両編成が箱根湯本駅まで乗り入れているが、この風祭駅に到着すると当然ハミ出る

しかもハミ出方がハンパない。

6両中、5両がハミ出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-05
つまり、1両しかホームに停まれナイのだ。

こんな所でドアを全車両開けたら、ケガ人が何人出ることか…。

通常は「ドア締め切り装置」なるもので、編成中の端っこ1・2両のドアを締め切って開閉する。
だが、ココではたった1両しか開けないので、そんな装置は必要ナイ…っていうか、過剰設備だ。

では、どうするかっていうと、ホームに停まる箱根湯本寄りの1両の非常ドアコック駅員さんが操作して開閉するという、他の営業駅では見られナイ独特な方法を行っていたのだ

電車がホームに入って来ると、駅員さんが電車と同じ速さで歩き、車体中央のドアコックのフタを開き、停止寸前でコックをひねる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-06
駅員さんも慣れたモノで、一連の動作にムダが無く、流れるように動いてコックをひねるのでカッコ良かった。

そして手でドアを開き、乗客が乗り降りする。
(画像をクリックすると拡大するよん)

箱根・風祭駅-07
余談だが、この時、ホームと反対側のドアも手で開けることが出来る

一度開けてみたら、目の前に座っていたキッズが超ビックリした目で、口をポカーンと開けながらこちらを見ていたのが面白かった。
そうだよねぇ~、手でドアを開ける駅なんてそうナイのに、反対側のドアまで開いちゃったらねぇ…

ちなみに、一部のステンレス車両のコックは車端部にあるので、駅員さんは連結面に手をつっこむ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-08
コレを見ているのが好きだったので、何度か通った。

…ホントはこの駅のすぐそばにある、老舗のカマボコ屋さんのビアホールで、地ビールが飲みたかったからとも言う。

2008年4月、久しぶりに風祭駅に降り立つ。

そこは全く違う駅だった…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-09
…ナニコレ?!

旧駅舎があった位置(1番目の写真と同じ位置)から撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-10
島式だったホームが対向式になっているーーっ

しかも通常の電車(20m車)4両が停まれる長さだ。

旧ホーム部分に上り線を移設したため、ぐにゃっと曲がった線路も真っ直ぐに改良されている。(4番目の写真と見比べて頂きたい)
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-11
登山電車用の線路も完全に撤去され、小田急の車両しか走れナイようになってしまっているし…。

自社の区間を、自社の車両が走れナイ」というのも、あまり他にはナイのでは?

小田急も、それまでの急行(6両編成)の箱根湯本乗り入れを止めてしまい、各停(4両編成)の区間運転(小田原⇔箱根湯本)としてしまった。(新宿からの直通列車は特急のみとなった)
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・風祭駅-12
またひとつ「歴史」が消えてしまって「想い出」が増えてしまった…。

あの驚いていたキッズが、大きくなっても覚えていてくれて、友達たちに熱く語ってくれることを望むばかりだ。

|

« Bトレ日記 ~「大井川の電車を西武に連れ戻す:西武351系」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「西武6000系のネタばらし」の巻~ »

旅と鉄道(14小田急・箱根・江ノ電)」カテゴリの記事

コメント

「電車の扉って重い」ってことを始めて知った駅ですね。動画で撮っておけばとちょっと後悔…

投稿: FM | 2008年12月25日 (木) 03時08分

後悔しても、もう遅い。
動画と恋愛は一発勝負だ

投稿: まりりん | 2008年12月25日 (木) 11時28分

いつ対向式ホームになったのだろう!!
島式ホームの方が良かったよ!!
登山電車が来なくなった小田原~箱根湯元間なんか・・・

つまらんわ~~~~

投稿: 大佐 | 2008年12月25日 (木) 14時19分

今年の年明けくらいにはなってたのではナイでしょうか…?

吊り掛け音を響かせながら、湯本~小田原を小田急車に負けないように、一生懸命高速で走る登山電車に萌えたモノでした…
夕日の中を走る、木の内装に白熱電球…
あぁ、萌え(笑)

投稿: まりりん | 2008年12月25日 (木) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bトレ日記 ~「大井川の電車を西武に連れ戻す:西武351系」の巻~ | トップページ | Bトレ日記 ~「西武6000系のネタばらし」の巻~ »