旅と鉄道(14小田急・箱根・江ノ電)

2018年9月10日 (月)

グルメ日記 ~「江ノ電もなか」2018夏~

2018年8月14日(火)、神奈川県の「江の島(えのしま)」に、「特攻野郎Bチーム」の「ノコnoko」隊員と「sigepe」準構成員の3人で行って来た。
オラの毎年の恒例行事である「島の展望食堂で飲んだくれて来る」を満喫heart01beerhappy02dash

その後、江の島を出て、オラ恒例の街中(江ノ電)探検に出発した時のおハナシ。bud

--------------------

江の島」と言えば、今や「Enoshima:江之島:에노시마」と呼ばれるほどの世界的観光地。shine
毎日大勢の外国人観光客が訪れる。airplane

でも、一応、念のために江の島がどこにあるかをご紹介しておこう。delicious

ココぢゃよ。down
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1101
(2018年のグーグルマップより)
にんにくーーーーーーーっhappy02dash

…江の島
…羽田空港
…箱根温泉エリア
…江ノ電(藤沢~鎌倉間)

海岸線からニンニクハチの巣のような形をして出っ張っている島が、江の島ぢゃ。(地図の

東京からだと、「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線でぺろ~~っと来るのが、安くて早い。clover
乗る場所によっては、JR東海道線で来るほうが早いので、自分の乗車駅でチョイスしよう
JRの場合は、「大船(おおふな)」駅で湘南モノレール(空いている)か、「藤沢(ふじさわ」駅で江ノ電(混んでいる)にお乗り換え~recycle

夏の江の島の前にある海岸は、毎日混雑している。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1102
ギャルもぎょうさんおるでやぁ~~heart01(←エロオヤジ)

ココは江の島の目の前にある「片瀬海岸(かたせかいがん)」で、一般的にみんながイメージする「江の島のビーチ」の場所だよんsunyachtwave
海の家もほとんどがおされで、一般的にイメージする「おじさんがトウモロコシ焼いている」ようなイメージは微塵もナイ。
シーサイドカフェバー」に近い雰囲気。cafebarshinenotes

海岸から細い商店街を歩くと、ほどなく江ノ電の「江ノ島(えのしま)」駅に到着する。soon
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1103
激混みぃぃぃぃぃぃ~~~~sweat01

今や日本人は半分もいない状態で、江ノ電は「国際列車」と化している。
(地元の人も乗れなくて困っているらしい…sweat02

今回は列車には乗らずに、線路沿いを歩いて街を探検するのだ。run

まずはどこに行くのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1104
でんちゃのうしろぉ~~~~ぅ

これは江ノ島駅ホームから見た光景で、今電車がいるオシリの位置へと向かう。chick
余談だが、この車両が江ノ電最古で、今や見えている2両しか残っていない。
床がで、昭和レトロな車両なので大事に乗ろうねtrainshine

駅の脇にある細い道を歩いて、オシリの場所に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1105
ふみきらずぅぅぅぅ~~~~~

オシリの位置は踏切のようになっているが、実は踏切ではなくて、路面電車と同様に道路の中央を走るようになっている。
いわゆる「併用軌道(へいようきどう)」というヤツで御座居ますぅ~~~delicious

…で、今撮っている位置からクルっと後ろを振り向くと、最初の目的のお店(和菓子屋さん)に到着するッスrecyclehouse

少し右に移動した位置からココを見ると、こんなカンジ。downwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1106
(2018年のグーグルストリートビューより)
線路の真横ぉぉぉぉ~~~ぅ

右奥が江ノ島駅で、左に見える茶色いのれんのお店が和菓子屋「扇屋(おうぎや)」さんだ。houseshine

では、振り返って、おぢゃましますぅぅぅぅ~~~~recycle happy01paper

お店に入ると、愛想の良いおばあちゃんが出て来た。delicious
このお店はTVで昔から何度も紹介されているので、このお店の店員さんは見たことがあったが、おばあちゃんは初めてだ。
…イヤ、オラが子供の頃は、このおばあちゃんが先頭で切り盛りしていたのだろう。
(子供の頃はこの店に入った事がなかった…coldsweats01

まずは、名物の「アレ」をご購入ぅぅぅ~~~~

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1107
えのもなーーーーーーーーっ

江の島名物の「江ノ電もなか」だ

パッケージが江ノ電の車両になっている。train
2つ上の写真の車両がモデルなのだが、実車は更新工事を受けて色が変わってしまった。

オリジナルのお姿は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1108
(2013年12月撮影)
…ね、似てるでしょdelicious

…ほんだば、この江ノ電もなかをぢ~~~っくり観察してみよう。searcheyeshine
(他にもいくつか買ったので、後ほどご紹介~)

まずは、箱の側面から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1109
だいぶっつぁーーーーーーーん

大仏様もご乗車あそばされているようだ。shadowshine

…ってか、沿線から見える景色を描いたもので、「富士山・江の島・長谷の大仏」の3大巨頭だ
天気が良くて空気が澄んだ日は、おフジもクッキリ見えるのだfujishine

つづいて、反対側をば。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1110
スーパービュー大仏ぅぅぅぅぅ~~~~っ

大仏様が、前面展望席で楽しんでいらっしゃる。shadownotes
この車両(2000形)の最前部の座席は、前面が観られるように正面を向いているのだ

さらに、お屋根をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1111
エッキーーーーーーーーーっ

江ノ電の停車駅が描かれている。
昔は50個くらい駅があったそうで。coldsweats02sweat01
100mくらいしか離れていない駅もあったそうな)

そして、正面をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1112
しんぷるぅぅぅぅぅ~~~~

実車も色があまりないので、実にさっぱりとしている。clover

行き先表示はキャバク…いや、「鎌倉(かまくら)」が表示されている。

さらに、オシリをば。chick
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1113
何気にリアルーーーーーぅ

意外と実車に近いデザインで、鉄ちゃんのココロをちょいと揺さぶるナイスデザインheart01happy02

何故か筆書きの、男るぁっすぃ「江ノ島」の文字。leo
(「藤沢」ではナイのね…)

最後に、床下をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1114
確かに地元ぉーーーーーーっ

製造所の住所が、間違いなくこのお店の位置ッスheart01

余談だが、扇屋さんの名字「杉並」さんが、TVを見た時から気になっていたのよ…catface
ウチの近所に「東京都杉並区」というエリアがある。
そこでも杉並さんという名字に出会ったことが無く、「珍しいなぁ…」と思っていた。
(ちなみに、東京都の旧「保谷(ほうや)」(現:西東京市)の市長は、保谷さんだったッス)

さてさて。bud

それでは、箱をオープン
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1115
出て来たぁーーーーーーーっhappy02

和紙っぽい紙に包まれた最中(もなか)様が下車された。

そして、紙を剥がしてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1116
えのでんでんっ

手書きの「えのでん」の文字がクッキリとっ

さぁ、中身を調べるぞ。
どきどきheart01(笑)

崩れないように、そぉ~~~っともなかの皮を剥がすと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1117
みどーーーーーーーりclover

てっきり「あんこ」だと思っていたので、ちょっとビックリwobblysweat01

…そっか、江ノ電の緑色ねheart01

原材料の表を見ると(実はココで初めて見た(笑))、「抹茶」と書かれている。

抹茶あんだったのねぇ~~~coldsweats01

では、いっただっきまぁ~~~~~~っすheart01

もぐもぐ。delicious

う~~~ん、お上品な甘さshine

抹茶の味も、よろしゅおすな

もっと買ってくればよかった…coldsweats01
今回は青年達へのお試しで、各人1個(計3個)しか買わなかったのよん。

次回は4両編成で仕入れようheart01 traintrain-traintrain

さて、もなか以外のお菓子にも注目してみよう

和菓子屋さんなので、当然「江ノ電もなか」以外のお菓子も作って売っている。
ショーケースには美味しそうなお菓子が何種類か置かれている。

今回は3人なので、3種類を1つずつ買ってみた。
おばあちゃんと会話しながらお買い上げぇ~~~present

この3つは今食べますぅ~」とおばあちゃんに伝えたら、「じゃぁ、目の前の鳥さんのおしりにあるレバーを下げてね~delicious」と一言。

目の前の鳥さん…あぁ、この子ね。chick
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1118
ちゅんちゅんchick

何だろうcatface

試しに、ノコちんが横でレバーを下げてみると…down
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1119
おぉ、いぇいdash

パカッとフタが開いて爪楊枝が現れた。
それを鳥さんがついばむ。chick
そして、レバーを離すと、鳥さんが楊枝を加えた状態で元に戻るという、21世紀最先端のシステムになっている。shine

楽しくて撮影しながら楊枝を取り出していたら4本も出て来てしまった…coldsweats01

おばあちゃんが(店先にある椅子を指差して)「ココに座って食べていってもいいよ~」と言ってくれたけど、歩きながら食べたかったので辞退した。coldsweats01

お店から出て、まずは「扇屋に来た」という記念撮影をばcamerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1120
完璧っscissors

扇屋名物の江ノ電600形のお顔(実物)とコラボで

この600形は、元は東急玉川線(現:新玉川線→田園都市線)と世田谷線で走っていたもので、後年に江ノ電へやって来た。

余談だが、子供の頃はこのお顔が何故か嫌いで馴染めず、この車両が来ると避けて別の車両に乗ったモノだ。bearing
運転席部分の黒いHゴムが、子供心に「バランスが悪くてカッコ悪い」と思わせていたようだ。
ドラえもん達のビックリした時の目にも似ていた」というのがその理由かもしれない…coldsweats01

店内にも江ノ電(実車)の部品がたくさん置いてあるので、しっかりと見てね。eyeshine
屋根上のパンタグラフも見逃すなっ

…話をお菓子に戻そう。coldsweats01

今回買った3つのお菓子は、手前の茶色いのが「わらび餅」、奥の山吹色のがマンゴーの練り物系(名前は失念)で、右の黄色いのが柚子のおはぎみたいなモノ(こちらも失念)ッス

夏の江の島はクッソ暑いので、すぐに冷たいお茶を買ってもぐもぐタァ~~~イム
(海風があるから、東京都心よりは暑くないけどね)

もぐもぐ。delicious

どれもお上品でまいうーーーーーっdash

冷たいお茶がよく合うheart01japanesetea

オラ的には、茶色いわらび餅がヒットしたshinehappy02sweat01
ノコちんは柚子だったかなぁ…
sigepeは…知らん。smile

次回は、涼しい時にちゃんと買いに来よっと
(今回はあまりの暑さでグッタリしていたので…sadsweat01

もぐもぐしていたら、道路の「電車接近!」のサインが光り始めたので、3人でカメラを構えてスタンバイ。cameradash

そして、列車がやって来た。traintrainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1121
イイカンジぃ~~~~~

ほどよく列車と街並みの両方が写り込んだッスgood

この車両は、現在の江ノ電で2番目に古い「1000形」シリーズで、一昔前の江ノ電の顔(看板車両)だった。
ちなみに、足回りで一番古いのはこの子達の長男「1001」から「1201」号までの4編成で、吊り掛け式の唸りがいまでも聴けるよん
車体が一番古い子(上から4枚目の300形)の足回りは新しいので、間違えないようにご注意を。danger

さて、和菓子で糖分補給できたので、街中探検を続けよう。penguin

…と言っても、歩くコースは昔から決まっているけどねsmile

併用軌道が終わる、江ノ島のお隣の駅「腰越(こしごえ)」から、線路に出る細い生活道路をちょこまか入って撮影する。camerashine

ちょうど、お寺の前で踏切が鳴った。flair
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1122
かまくらちっくぅぅぅぅぅ~~~~

江の島なのに鎌倉っぽい雰囲気の写真が撮れた。
車両も最古の300形(左)で言う事ナイっすheart01

ご注意
このエリアが江ノ電沿線で最も線路と家の間が狭いので、観光で歩く際は線路に立ち入らないように充分注意されたしdanger
地元の人は、家の玄関が線路に面していたりするので線路脇を歩いているが、決して浮かれて真似しないように。ban

狭いエリアを抜けると海が現れて、急に視界が開ける。on
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1123
おぉ、いぇい

左奥に見えるのが江の島で、オラ達はあのテッペンから歩いて来た事になる。upwardleft

…結構歩いたね。catfacesweat02

麦汁と和菓子のパゥヲーでココまでこれたッスheart01 beerpresent scissors

最後に、お約束の撮影スポットで1枚撮っておこう。camera

カンカン、カンカンflair

踏切が鳴ったぞ
ほどなく、列車が来た。traintrainsign04

今だっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
江の島・江ノ電もなか2018夏-1124
今回もゼッコーチョーーーーーぅhappy02dash

うん、イイ1枚が撮れたgood

ココは「鎌倉高校前(かまくらこうこうまえ)」駅の、江の島寄りの踏切。downwardright
駅の鎌倉寄りの踏切が本当の撮影スポットなんだけど、今や台湾人が大挙してカメラを構えているので、その中に混じって撮るパゥヲーはナイ。sweat02
漫画「スラムダンク」によって台湾で一躍有名になったらしく、コスプレした美少女等がたくさん撮影している。virgoshinecamera
ウェディングドレスと白いタキシードの2人(本当の結婚式の撮影)もいたなぁ…

こっちのほうがいつも空いていて似たような光景が取れるので、昔からこっちに来ている次第。
今回は、台湾娘の2人と同席になっただけで、5人で静かに撮影cameraclover

さぁ、これで江ノ電も和菓子も満喫出来たので、横浜中華街飲茶食べ放題(&飲み放題)に行こうぜぇ~~~~ぃdash
汗だくだから早く麦汁が飲みてぇぢゃ…beerbeerbeerhappy02heart04

ほな、れっつらごぉ~~~~~~うdash

| | コメント (2)

2017年9月25日 (月)

旅日記 ~「ジョー・オダワラ。小田原城」2017~

2017年9月9日、ちょっくら愛知県まで出掛けることにした。
名鉄全路線を乗破しちゃろ~ぅ」と思ってねsmile

その行きに「ついでに小田原の街も久々に歩いてみんべぇ~」と、寄り道した次第。bud

では、スタート

--------------------

まずは、いつもどーりに新幹線で「豊橋(とよはし)」駅まで行く流れで。bullettrain
でも、今回もチョット気分転換に「小田原(おだわら)」駅までは小田急線で行く事にした。

…って~なワケで、天下の「東京(とうきょう)」駅ではなく「新宿(しんじゅく)」駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3101
小田急線の旅ぃ~~~~

生まれてこのかた、新宿駅前を撮影したのって初めてではなかろーか
人が多過ぎるので、ブログに載せる時に画像処理が大変なのでねcoldsweats01

小田急線のメインの改札口へ行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3102
やっぱオダキューはこの正面の改札から入らないとね

地下や南口(2階)から入ると、何か「ワクワク感」がナイんだよねぇ…catface

今回乗る列車の切符は、事前に買っておいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3103
ぱこねご~~~~~~~ぅ

11:10発の「はこね19号」ッス。

小田原には68分で到着する。
急行(快速急行)列車よりは格段に速い。

指定された席は「10号車」なので、イチバン後ろの車両だ。
なので、改札のすぐ先にいれば良い

改札を通り、目の前のホームに行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3104
…おっ、「はこね19号」がもう表示されている

右に停まっている青いカッチョエェ~列車は「あさぎり」号で、JR線に乗り入れて「御殿場(ごてんば)」駅まで行く。

はこね19号」の矢印は左を向いているので、その方向を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3105
…何だ、もう来てるぢゃん

…って、違うだろーーーーーっdash

コレはお子様が乗るモノではなく、床掃除用の自動洗浄機shine

ほどなく、本当の列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3106
えくせーーーーーーーーっ

EXE(エクセ)」と言う種類のロマンスカーで、ゴールドメタリックが特徴ッス。shine
右にいた青いメタリックの列車は「MSE(えむえすいー)」と言う。

小田急のロマンスカーは、車種ごとに愛称が付いている。
お掃除機の頭上に写っていた白い列車は「VSE(ゔいえすいー)」と言う、世界的にも有名な超豪華列車だ。shinetrainshine
車両のお値段(建造費)も超豪華で、新幹線よりも高いというウワサだ。dollar
故に、外国人観光客が乗りたがり、車内はいつも「国際列車」状態になっている。

今から乗る「EXE」は主に通勤用に造られたので、ロマンスカーの中ではイチバン質素。
そのせいか、結構空いていて静かで快適でもあるclover

車内で寝るなら「EXE」に限るsmile

ドアが開いたので早速乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3107
いちばんのりぃぃぃぃぃ~~~~んscissors

誰もいなかったので、室内を撮っておいたッスcamera

…さて、どうしよう

今夜は怒涛のイキオイで麦汁を飲む予定なので、ココはお茶でガマンしておくかjapanesetea

…いやいや、せっかくの「夏休み」(遅めに取った)だぞ、朝から飛ばしていこうぜheart01beerhappy02dash

いろいろ脳内で格闘した結果、麦汁は1本だけ買うことにした。beer
ホームの売店で麦汁を購入。

列車が動き出した。

シートに刺さっている車内販売のメニューを見ていたら、何だか食べたくなった。pigsweat01
すると、発車後すぐに車販嬢がやって来た。virgoshine

そして、気付いた時には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3108
たいめいけぇ~~~~~~ん

お江戸日本橋の老舗「たいめいけん」のヒレかつサンドheart01

…夜までコレだけにしておこう。coldsweats01

ちなみに、窓の外に写っているのは「代々木八幡(よよぎはちまん)」駅のホーム。(新宿駅から3駅目)
いかに早く車販嬢が来たかが解るっしょsmile

列車は快調に走り、多摩川を越える。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3109
イイ天気ぃ~~~~sunshine

麦汁をちびちび飲みながら、車窓の景色を楽しむ。beercatface

通い慣れた道なので見える景色は全て判っているが、それも良きかなclover

そしてキッチリ68分後、列車は小田原駅に到着した。
オラの乗っている10号車は小田原駅止まりなので、全員下車する。
(後ろの4両(7~10号車)が小田原止まりッス)

改札を出て、左に進む。upwardleft

そして、駅ビルを出て街中に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3110
さぁ~~て、どこ行こうcatface

奥に見えるのが駅ビルで、今は海側(東口)の駅前広場にいる。

ココからだと、駅前商店街小田原城が近い。

…全部行っちゃるかheart01

…ってなワケで、「暑いから、体力的に行ける所まで行ってみよう」作戦を取ることにした。

では、ココで地図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3111
(2017年のグーグルマップより)
海が近ぁ~~~~~~~いwaveyacht

…小田原駅
…商店街
…小田原城
…海岸(御幸の浜)

それぞれの距離は近いが、全て歩くと結構な運動量なのだsweat01
今日は気温との勝負だな…catfacesweat02

結果的に言えば、上の順番で全て歩いたッスsmile

ぢゃぁ、歩こう

まずは、目の前に見える商店街からぢゃ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3112
にぎやかぁ~~~~~shine

ココは、初めて小田原の駅前を歩いた時に衝撃を受けた場所ッス。coldsweats02sweat01

レトロな雰囲気あり、海鮮類がサックリ食べられる魚屋さんあり…の、下町とおされが混ざった「御徒町(おかちまち)」のアメ横界隈のようなカンジがする。

前回は素通りしてしまったが、横道に入って行くと面白そうだったので、今回はサックリと横道に入ってみたcancersign04

う~~~~ん、ローカル

人のいない下北沢の裏道」という雰囲気が。coldsweats01

クルッと回って見学したので、お次の小田原城へ行く事にしよう。

国道255号線の交差点(地図の真ん中のオレンジの線(国道)が折れ曲がっている6叉路ね)辺りを歩いていると、ココが神奈川県というカンジがあまりしない。
富士山に近くて目の前に「スルガ銀行」があるせいか、静岡県のニオイがタップリとするのだfuji bank

ほどなく、目の前に「←小田原城」という案内板をハッケーン

素直に従って、真っ直ぐな道をテコテコと歩き出す。penguinsign04

鎌倉(かまくら)」駅周辺のような、おされで和な雰囲気の商店街を抜けると、目の前にお堀が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3113
近いぞーーーーーーっsoon

思ったよりも近かった。

…まぁ、新幹線の車窓からでも目の前に見えるからね。coldsweats01

小田原城は1・2回来た事があるが、すんごい昔だったのであまり記憶に残っていない。sweat02
(城の小ささは覚えているケド~)

奥の赤い橋を渡って城内に入るようだ。

僅かな木陰を選びながら(意外と暑い)、橋までやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3114
たのもーーーーーーーーぅpoutdash

…いやいや、道場破りぢゃナイから。coldsweats01

この右横に人がたくさんいたので、覗いてみると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3115
こいのから騒ぎーーーーーーっsagittarius

すんごい数の鯉が、エサをもらおうと集まっていたのだ。fishfishfish

橋を渡って広場を通り抜けると、城内の地図があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3116
からやって来たッス。

小田原駅はの左斜め上にある。upwardleft
…ってか、城の左側全体が小田原駅構内だ。trainbullettrain

の道を上に真っ直ぐ歩くと、駅前の商店街に出るッス。housebuildinghotel
(そこから歩いて来たよん)

現在地の左奥にある紫色の■天守閣なので、行ってみよう

お城ではお約束の、階段を上がって行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3117
…ココはそんなに高くなさそうだ。

浜松城甲府城は結構な階段があったので、今回も覚悟していたが…catfacesweat02
小田原城は楽にイケそうだscissors

正面の突当りまで登って、右斜め前を見たら…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3118
おぉsign01結婚式

門の前で記念撮影をしている所だった。camerashine

やっぱ、城には和服がよく似あう

お幸せに~~~heart01 happy01papershine

門をくぐると目の前が広場になっていた。
奥には天守閣が見える。

でも、目の前の金網に人が集まっていたので、近寄って覗いてみると…eyesign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3119
うっきーーーーーーーーぃ

おサルさんだっbanana

ミニ動物園があるようだね。

このおサルの檻から、ず~~~~っと下がって檻の方向を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3120
売店~~~~~っhouse

ミニ動物園と売店と食事処があるようだ。
ちょうどお昼時なので、お年寄りの団体(ツアーかな?)が食事処にいるのが見える。

この場所からクルッと背中側を見ると、こんなカンジ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3121
ニン・ニン

風魔忍者 手裏剣打ち道場」と書かれている。

ココでダーツみたいに手裏剣が投げられるようだ。shadowcute
ちょうど客がいないタイミングだったので、投げている現場は見れず。

この左を見ると、こんなカンジ。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3122
人がいっぱいいるぅぅぅぅぅ~~~~

ココでは甲冑(かっちゅう)や忍者等の衣装を着て記念撮影することが出来るのだ。camerashine
TVで甲冑を着ているのを観た事があったが、この建物だったのか…

外国人の姿も多く、みんな大笑いしながら撮っている。camerahappy02dash
コレも良き想い出になることでせうshine

そして、ココからクルッと背中を向くと…recycle

…さぁ、お待たせいたしました。天守閣様のご登場です

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3123
ジョーーーーーーーーっ

見事なジョー・オダワラ氏が目の前にっshineshadow

下の広場が写らないようにしても撮ってみた。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3124
ケーーーーーーーーーン

暴れん坊将軍(松平健氏)が出て来そうな1枚になったぞshinesmile

やはり「城には松」ですなheart01

では、天守閣に行ってみよう。

ご覧の通り、天守閣は高い位置に築かれている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3125
コレを登るのか…catfacesweat02

みんながヒーヒー言って、前かがみで登っているのが見える。sadsweat01

まるで、ピラミッドの巨石を運び上げている奴隷達のような姿だ。coldsweats01

オラも上様に謁見すべく、ヒーヒー言いながら石段を登る。sweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3126
…暑い。spa

日陰がナイから結構キツいね…。sunshinesadsweat01

やっと天守閣の入口に到着ぅ~~~

中を覗くと、当然チケット売り場があった。ticket
入場料500円とのこと。

…この大きさで500円かぁ~。catface

天守閣の上から景色を観ても、ココとそれほど変わらない高さだしなぁ…catface

…ってか、もう階段上りたくナイ。(笑)

そんな「一身上の都合」で、中に入ることを断念した。
新幹線に乗る時間もあるので、あまり小田原に長居出来ナイのだ。bullettrain clock
(遅くても15時半の「こだま」に乗らないと、待ち合わせ時間に間に合わない)
現在、13時ちょうど。

さぁ、小田原駅に戻るか。catface

早めに新幹線に乗って、豊橋駅前のホテル(東横イン)にさっさとチェックインしてシャワー浴びて、涼しい部屋で2時間くらい寝っ転がってよっかなぁ~smile

…そうそう。chick

せっかくココまで登ったんだから、周囲の景色も撮っておこうcamera

まずは、下の広場をば。downwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3127
広いねぇ~~~~on

奥の白い建物が、甲冑が着られる建物ね。
その左の木々の辺りから登って来たッス。upwardleftxmas

右を見てみると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3128
ぱこねーーーーーーーっ

箱根方面の山々が。

…今日はおフジ見えないねぇ~。catface fuji

見えない事のほうが多いけどね。

…そもそも小田原から見えたっけcoldsweats01
(近過ぎると見えナイのだ)

下を見てみたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3129
…あれ?線路だっsweat01

森林鉄道のようなしっかりとした線路がぐるりと…recycle
踏切もあるねぇ~。flair

正面に小さなカンバンを見たら「こども遊園地」と書いてある。
そっか、お子様用のミニ列車ね。train

…もしかしたら、小さい時に乗ったことあるかもしれないぞ、コレ。catfacesweat02

鉄道しか興味の無かったご幼少のオラ、コレを発見したら乗らない訳がナイっdash
でも記憶がぁ…sweat02

う~~~~ん。despairsweat01

最後にもう一度、広場の方を見直したら…downwardleft

…あれ奥に見えるのは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3130
海だーーーーーーっwave

相模湾がキレイに見えている。shine

…今日は天気もゼッコーチョーだし、観に行っちゃおっか

次に来た時にもこんなにキレイに観られる保証は何もナイ。
まだ2時間半余裕があるので、行ってみますかいのぉ~

前回来た時は曇りだったので、なおさらだ。cloud

そうと決まれば、すぐに行動開始っdash

下の広場に降りたらちょうど誰もいなかったので、慌てて撮ってみた。camerasweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3131
イイねぇ~~~~delicious

石段に誰もいないなんて、奇跡ですっdash(笑)

木陰のベンチにチョットだけ座って、体力の回復をば。bud
すぐに歩き出す。

そして、海へ行くルートのチェックをする。
城内の地図を見ると、行きに通ったルートとは違う道のほうが近いとのこと。soon
素直に従うべぇ~~~

歩いていると、さっきの新郎新婦がしずしずと歩いていた。
あちこちで記念撮影しているようだ。
(まぁ、新婦のあの着物ぢゃぁ~速く歩けナイしね)

そして地平まで降りた所で、右側にお堀のはじっこらしき空間が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3132
はっすーーーーーーーーぅ

水面が全て蓮の葉で覆われている。

この中に入ったら出て来れナイんでなくねsign02 sweat01

そしてすぐ目の前に道路が見えた。
ココが城内との境か。

道に出ると、目の前の交差点から真っ直ぐ道が伸びている。
それを進め」と地図様はおっしゃっていたので、素直に従う。

テコテコと歩き出してすぐに、大きな道路案内板が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3133
見えねぇーーーよ

手前の木が成長したのか、全く文字が読めナイ。catfacesweat02

…ってか、成長するのが事前に判っているんだから、あと10mほど後ろに建てれば見えるのによぉ~。
ホント、お役所仕事だよね~~。catface

横浜」「三島・箱根」の文字だけは、かろうじて見える。

どうやら目の前の交差点は東海道(国道1号線)のようだ。

この標識を通り過ぎた時に横を見たら、裏面もあるのが判った。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田原城2017-3134
こっちがメインかーーーーーっdash

どうやら、こっちの案内がメインで「表側」っぽい。
裏面は「オマケ」程度の位置づけなのか…な

そうだとしたら、この位置に建っている意味が解る。flair
(東海道から曲がって来た時に見やすい)

小田原駅西口」「小田原駅東口」と書いてあるねぇ~。

西口に行くには、小田原城をぐるっと迂回して新幹線JR箱根登山線を乗り越えて行かねばならないのだ。recycle
結構遠回りなので、歩いて行く人は駅の自由通路を通り抜けたほうが早いッス。soon

さて、コレでジョー様ともバイバイキンpaper

ほな、湘南の海に行きまっせ~~~~~happy02sweat01

つづき「御幸の浜2017」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月26日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その5・夕暮れの富士山~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その4」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんfujibeer
(全5回シリーズ)

------------------------------

ほな、三島駅前まで戻るでぇ~~~happy02

芦ノ湖の、静岡県側の「芦ノ湖スカイライン」を通って東海道(国道1号線)に戻るルートっす。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4501
(2016年のグーグルマップより)
最後のドライヴイベントぉぉぉぉぉ~~~っ

…現在地
…三国峠展望所
…ドライブコース

芦ノ湖の西側(静岡県側)は初めて通るッスhappy02
ココを通ってみたくて、ヒロちゃんにドライヴをお願いしたのだheart01

もう周囲が暗くなって来たので、おさしんは撮らナイことにした。night

湖畔の北の端っこ「湖尻(こじり)」から、「芦ノ湖スカイライン」へ…

有料道路なので、すぐに料金所があった。dollar
でも、人がいないね…catface

窓口の貼り紙を見ると「この先の料金所で、まとめて払ってね」だって。(笑)
どうやら、ココから途中の本線の合流地点までは別料金のようだ。

素晴らしく整備された山道を登って行く。
東側の細い道とは大違いだgoodshine

すれ違う車も少ないので、ヒロちゃんも運転しやすそうdelicious

快適に山道を走っていたら、急に開けた場所に出た。on
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4502
この奥からやって来たよぉ~~~ん

車が数台停まっていて、人が降りていたので、我々も寄り道して降りてみることにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4503
…どうやら展望台のようだ。

後で調べたら「三国峠展望所(みくにとうげてんぼうじょ)」と言うそうな。
昔からよく耳にしていた「三国峠」って、1つはココだったのかぁ…
(全国的に「三国峠」はいくつかあるらしい)

車を降りて、景色を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4504
おぉ、いぇい

駿河湾が結構近くに見えるship

正面が、三島沼津の街のようだ。
左が伊豆半島だね。upwardleft

箱根の山向こうって、ホントに静岡県だったんだ…(笑)

そして、少し右に視線を移すと、キョーガクの絶景が。upwardright

どん!dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4505
おっフジぃぃぃぃぃぃ~~~~~っfujishine

今回の旅イチバンの絶景だshinehappy02sweat01

左に「愛鷹山(あしたかやま)」、右に富士山(Mt.Fuji)さんが、どどどどどーーーん!といらっしゃる。
しかも、夕焼けが超~~ナイスheart01shine

おフジの足元には、「御殿場(ごてんば)」の街がある。

アングル的に厳しいが、おフジを単体で撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4506
イイねぇ~~~goodshine

あと10分ほど遅かったら…sweat02

ラッキーscissorsshine

アップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4507
これぞ、世界のMt.Fujifuji

静岡からでもナイ、山梨からでもナイ、関東からのアングルっす~~~

関東から見ると、左側が少し欠けているのがポイント
(昔の噴火口で、隕石が落ちたのではナイ)

さて、コレで撮影は完全に終~了~
もうこの先は暗くて何も写らないや。coldsweats01

三島駅前へ向けて、出発っcardash

車は、神奈川県と静岡県の県境を出たり入ったり…upwardrightdownwardright
(上の地図の点線部分ね)
関東地方と中部地方を行ったり来たり」と言うと、何か大げさかなcoldsweats01

再び箱根峠の交差点に戻り、後は来た道(東海道)の坂を下って行くだけ~~downwardleftcarsign04

順調に三島市内へ戻り、車をヒロちゃんの家に置きに行く。house
そして徒歩で三島駅前へ移動。penguinchicksign04

宴の会場は、いつもの居酒屋「はなの舞(はなのまい)」。
チェーン店だけど、メニューが豊富で好きなのだheart01

そして、毎度の刺身の盛り合わせを注文
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4508
やっぱコレっしょーーーーぅheart01happy02dash

東京都内の同じ店とは違うッス

あいにく生しらすは無かったけど、桜えびが載っているッスscorpius
アジも静岡(伊豆)名物だよねぇ~~。fishshine

魚を食べていたら、ヒロちゃんが「わしゃぁ~、肉が食いたいんぢゃーーーいっdash」と吠え始めた。poutdash
…まぁ、静岡県民はいつもフツーに魚を食べているし、今日は運転でエナジー消費したからねぇ~。coldsweats01

…ってなワケで、肉もご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4509
フツーの居酒屋メニューになっちゃったぢゃん

ほぼ健康ランドの格安メニューだぞ。coldsweats01

でも、まいう~だからイイのだdelicious

飲んで話していたら、「すみません、時間です~」と店員さん。
入った時は空いていたのに、気が付いたら満席状態fullsweat01

…さすが、土曜の駅前だ。

最終の新幹線の時間までまだまだあるのに、外に放り出されてしまった。end

…さて、どうしようcatfacesweat02

もう満腹なので、2軒目…は無理ぽ。sad

駅前で考えていたら、すぐ横に見慣れた少女が…virgoshine

久々に寄ってみますか
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4510
ぺこやぁーーーーーーっcake

ペコ屋」こと「不二家」でお茶することにcafe

閉店時間が近かったので、サックリとね。soon

でも、こんなモノをご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4511
別バラーーーーーっ

パフェホットケーキを頼んでしまった。

しかも、両方ともオラが食べるのだscissorsshine
ヒロちゃんはお茶だけ~。cafe

超ひっさびさのスイーツは、まいう~heart01
男子スヰーツ部」全開ぢゃdash

もうさすがに、ぽんぽんがポンポコリンなのぢゃsign03pigsweat01full

…ってなワケで、大東京に帰ることに。
ヒロちゃんもお疲れのご様子。despair
早く帰って寝よう。(笑)

駅前でヒロちゃんとバイバイキンし、新幹線ホームに上がる。bullettrain
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4512
こだまちゃぁーーーーーん

21:21発の「こだま680号」に乗るぞ
最終は「684号」なので、1時間早いね

とりあえず、証拠に1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4513
今年はこの駅名板を何度も見たなぁ…coldsweats01

おフジのいらっしゃる方向を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4514
夜も自己アピール全開っ

昼も夜も「東横イン」のカンバンが自己主張をしまくっている。shineflair
(まぁ、コレが看板の本来の使命なのだからね…coldsweats01

いつものように、2号車の位置に向かってホームをテコテコ歩く。penguinsign04

シューーーーーーー、どーーーーーーん!!dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4515
のぞんでるーーーーーぅdash

人がいない静かなホームを、「のぞみ」ちゃん達がゴーカイに通過して行く。bullettraindash
三島駅の通過速度は比較的低いのだが、それでも結構な迫力だ。

のぞみ」ちゃんが去ると、また静かな空間へと戻る。clover

ホームにある売店に、こんなポスターをハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4516
よーーーーかん

富士市の名物「ようかんぱん」だshine
静岡駅~三島駅の間で結構売られている。

下には解説が書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4517
2種類あるッス

基本は黒い方だが、季節限定で白いバージョンも売っている。

安くてまいう~なので、旅の途中で見つけたら買ってみてねheart01delicious

10分チョット待ったら、「こだま」ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4518
待ってたよぉぉぉぉぉ~~~~んhappy02shine

ガラガラの車内に入り、いつもの「オラの指定席(10A・11A・12Aのどれか)」に着く。chair

そして、まったりするも、三島からではアッという間に東京駅に着いてしまった。soon
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4519
早いッス~~~~happy02

発車案内板は、相変わらずの「回送」祭りだなや

オラの乗って来た列車は、品川(大井埠頭)の車庫へ回送されるのか
はたまた、三島駅横の車庫まで回送されるのか
(東京に近い車庫はこの2つなので、頻繁に走っている)

いやぁ~~~、今回も楽しかったねheart01

コレで芦ノ湖の記憶も更新出来たし、新たなおフジの撮影ポイントも発見出来たし、収穫が大きかったッスscissorsshine
ヒロちゃん、ありがとねぇ~~~~んhappy02dash

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~んhappy01papershine

(おしまーい!)

| | コメント (4)

2016年12月22日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4・大涌谷~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その3」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんfujilibra
(全5回シリーズ)

------------------------------

それでは、次の観光スポットへ~~~

お次は「ヒロ」ちゃんがまだ観た事のナイ、世界的に有名な「大涌谷(おおわくだに:Owakudani)」へ行こうhappy02

位置関係はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4401
(2016年のグーグルマップより)
芦ノ湖の東側ッス~。upwardright

…箱根関所(現在地)
…大涌谷駅
…ドライブコース

駐車場に戻り、車でGosign01cardash

ココからしばらくは、観光ルートのど真ん中を走るので、車と人が結構多い。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4402
車が多くても、比較的流れているッス~~happy01

ちょうど正面に富士山が見えたので、アップで撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4403
おフジぃ~~~~んfuji

…今になって、雲が取れたよ。coldsweats01

この先も、このままでいてくれればイイのだけど…sweat02

細い道に入り、クネクネ進んで行く。
大涌谷駅まで快調に行けると思っていたら、途中から渋滞で完全に停まってしまった。sweat02

今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4404
(2016年のグーグルマップより)
ていじろーーーーーーっ

…現在地
…大涌谷駅
…ドライブコース

大涌谷駅に行く道は1本しかナイので、手前の丁字路から駅前の駐車場まで完全におダンゴ状態…carrvcarbuscarsweat01
あとチョットなのになぁ~。

…みんな考えていることは同じだね。coldsweats01

車列は遅々として進まナイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4405
道路閉鎖が16時なんだよねぇ…sweat02

ロープウェイが17時までしか運行しないので、日没と同時に丁字路から駅までの道路の入口が閉鎖されてしまうのだ。ban

…少々焦る。sweat01

そんな中、車列の横をテクテク歩いてすり抜けて行く女性の姿が。virgo
この女性がイチバン賢い人かもぉ~coldsweats01

あっという間に見えなくなった。soon

坂を下りて来る車が多いほど駅前の駐車場が空くので、ガンガン下りて来て欲しいんだけど…
そう都合良くはいかないようだ。coldsweats01

ノロノロと進み、やっとロープウェイの真下までやって来た。libra
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4406
駅は目の前ーーーっsoon

この時点で15時13分
…何とかダイジョーヴそうだcoldsweats01

わずか先なのだが、やっと目的地が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4407
前の車の女子グループもウンザリしているようだ…sad

そしてチビッと進み、左に駐車場が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4408
あと何分掛かるんだsign02

ココで先に降りちゃおっかなsmile

またチビチビ進んで行くと、ゴールが目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4409
スゲーーーーーーー雪っsweat01 snow

ソリで遊べそうだ(笑)
上の路面に積もった雪を、ココに捨てていたのだろう。

ゴール直前で、おフジがハッキリと見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4410
おぉ、いぇい

外国人グループ達がしきりにシャッターを切っている。cameradash
いっぱい撮ってねheart01 delicious

そして、やっとこさ駐車場に車を停めることが出来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4411
おフジぃ~~~~~~~~んfuji

ただ今15時半、間に合ったぜぇ~~~~いscissorsshine

渋滞している事からお解りの通り、駅前は大変な混雑だ。typhoonsweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4412
人だらけぇーーーーーーーっsweat01

イチバン奥の建物がロープウェイの駅舎で、手前はおみやげ屋や飲食店だ。

ココにいる半分以上が外国人観光客ではなかろうか…
ほぼ日本語が聞こえて来ナイ。coldsweats01

まずは、奥の駅舎前の景色をご覧いただこう。upwardright
(実際に歩いた順番と違うけどね)

駅舎前もロープウェイに乗る人の列で大混雑。typhoon
今並んでいないと、17時頃の最終運行に乗せてもらえないとのこと。danger

列の横をすり抜け、奥の突端まで行く。upwardright

そこから見える景色は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4413
ヨ~ロレイヒぃ~~~~~~~clover

まるでスイスアルプスのような光景だhappy02
正面の山の向こうが「早雲山(そううんざん)」や「強羅(ごうら)」駅方面。

引いたアングルで観ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4414
ロープウェイ、小さっsweat01

スゴい所をロープウェイは通っていて、ココが最大のビューポイントshine

右のモクモクした方向を見ると…upwardrightcloud
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4415
おおわくだにっ

まずはお約束の、駅名板とのコラボでdelicious

…んで、駅名板の向こう側はどんな光景かというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4416
モクモクcloud

この煙、当然ではナイ。
では、温泉の湯気かな…と思うでしょ。spa

もうチョット近づいて見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4417
シューーーーー、シューーーーーっdash

何かスゴい事になっているぞ。catfacesweat02

アップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4418
ぢごくぢゃーーーーっsweat01

猛毒の火山ガス「亜硫酸ガス」と「硫化水素ガス」が、惜しげもなく大開放されている。dash
近寄ったら、即イチコロよheart01 sagittarius

少し下のほうを見ると…downwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4419
せいきまつぅーーーーーーっend

まさにこの世の終わりのような地獄絵図だ…。sweat02

いろいろな設備があるという事は、ココに人が出入りしているということで…
このやぐらが、付近の温泉宿の源泉なのかなspa

ヒロちゃんもこんな景色が観られるとは思っていなかったようで、「おぉ~っsweat01」とオドロキ気味coldsweats02sweat01
すぐそばの静岡県民なのに、外国人よりも何も知らないのね。smile

この地獄から右に視線を移すと…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4420
高いお山がひとつ。

このテッペンが「神山(かみやま)」のようだ。

秋田県の山奥にも、似たような景色の温泉地「玉川温泉」がある。spa
(かなり遠いけど、超~オススメやでぇ~
雪があるので、まるで秋田に来てしまったような錯覚にcoldsweats01

さらに右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4421
おみやげ物屋がた~くさんpresent

駐車場は、右の建物の向こう側にあるッス。upwardright

左の建物の奥が散策出来るコースになっているのだけれど…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4422
入っちゃダメ~~~~~っbandash

大涌谷自然研究路」と呼ばれるお散歩コースなのだが、火山活動が活発になって噴火した2015年6月以降、入場が規制されている。bandanger
この周辺一帯が規制されたが、2016年の夏になって一部解除された。
さっきの地獄部分が噴火したとのこと。impactdash

通常時も、ガスが濃くなった時は閉められてしまうッス。danger
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4423
この注意書きはリアルに守らないと、即死ぬ事もあるッスdanger

ココは何回か入ったことがある。
常に硫黄臭い空気が漂い、足元を流れる水は硫黄臭くて温かい。
…つまり温泉が流れているッス。spa

この自然研究路の奥にある建物で、ココの名物が作られている。house

今回は現場に行けナイので、こちらのイメージで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4424
くろいにゃぁ~~~~~~~んcat

湧き出る温泉で茹でた「温泉玉子」が一大名物ッス。chick
殻が化学変化で真っ黒くろすけなのだnewmoon
(味はフツーの固ゆで卵と同じ)

黒玉子売り場は長蛇の列。
さっき、車列の脇を抜けて行った女性は、この黒玉子を買いに行ったようだ。
駐車場に入る前に袋を持って戻って来たので、無事にGET出来たようだdelicious

でも、今並んでいる人達はGET出来なかったようで、「もう売り切れで買えなかった…」と残念顔。weep
また平日にでも再チャレンジしてねcoldsweats01

建物の前にあるイスが、こんなおされなものになっていた。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4425
たま様ぁ~~~~~~っfullmoon

…リアル過ぎる。(笑)

まさにこのイスの通りッス
コレに塩を掛けて食べるのが一般的。delicious

16時を過ぎた。clock

急にアナウンスが激しくなる。thundersweat01

ロープウェイに乗る人は、今並んでいないと帰れないよーっ 早ぉ並べやぁ~sign01

コレを日英中韓の4ヶ国語でけたたましくアナウンスしている。dashdash
日没になると、真っ暗になってゲートも閉まり、ロープウェイも止まってしまう。night

リアルに命の保証はナイ。
(火山ガスと気温の両方で)

さすがの中国人団体も、おとなしく従っている。coldsweats01

以前、まぢで最終のロープウェイに、マレーシア人団体を連れて乗った事がある。
その日記はこちらをクリックshine

日も暮れて寒くなって来たので、我々も先に進もう。

駐車場に戻って、車に乗り込む。car
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4426
…あぁ、ココから見えるぢゃん

左の薄茶色の茂みがお散歩コースの入口で、右の中ほどに見える煙の下にある小屋が、黒玉子を茹でている「玉子茶屋」ッス。

アップで見てみよう。search
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4427
ぐつぐつspa

入場は制限されているが、職員は居るらしく、卵を運ぶミニロープウェイが動いているのが見える。libra
(もう終了時間なので、コンテナは空だったけど)

通常時は、左から生卵が茶屋へ上がって行き、茶屋からは黒玉子が降りて来る光景が、間近で見られる。upwardrightdownwardleft
(確か、玉子茶屋でも買って食べられた記憶が…catface

出発しようとしたら、目の前に絶景があったので、慌てて降りて撮影してみたcamerasweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4428
おぉ、いぇい

太陽が雲に隠れる寸前を、かろうじて捉えることが出来たscissorsshine

手前の雪がスゴ過ぎる…sweat02 snowsnowsnow

来た時の渋滞がウソのように、駐車場がスッカラカンempty
わずか30分の間に状況が一変してしまった…recycle

さぁ、出発っdash

この先は、もう三島駅前に戻って居酒屋で宴をするのみheart01 fishbeershine
芦ノ湖の静岡県側の道を通って戻るのぢゃぁ~~

あんなにいた車が全くいなくなった道をサクサク下る。downwardleftcarsign04

すぐに、丁字路に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4429
しまっちょるぅぅぅぅぅ~~~~っsweat01

現在、16時14分
上りはガッツリ16時に閉められたようだ。end
これも火山規制の一環らしい。

ゲートを通過した後は、サクサクと芦ノ湖畔まで降りて来られた。
このペースなら、三島駅前には1時間くらいで着くだろうdelicious

オラ、早く居酒屋に行きたいのheart01(笑)

居酒屋は17時から開店しているからねぇ~~。
(その後は新幹線で帰らないとイケナイのでbullettrain

ほな、次行ってみまひょかぁ~~~~carsign04

つづき「その5」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年12月19日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その3・箱根関所~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その2」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplecarsign04
(全5回シリーズ)

------------------------------

では、関所を通ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4301
何人(なんぴと)たりとも、関所以外の場所を通り抜けることは許されていない。ban

たとえ工事中であってもだ。(笑)

…あれれ?catface

どうやら、今回も一般的な順路とは逆の方向に歩いてしまっているようだ。sweat02recycle

西側(京都側)から入って、東側(江戸側)へ抜けてから、資料館を観るっぽい。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4302
(2016年当時のパンフを撮影)
右下から左上()に歩くのが順路のようだ。upwardleft

…またまた、やっちまったようだな。coldsweats01

なので、今回は「江戸から京へ向かう」という流れで観て行こうdownwardright
建物のおさしんは、日差しの向きの関係上、ほとんど京側から撮っているッス。upwardleft

まず、今いる門(茶屋)の前が「江戸口千人溜(えどぐちせんにんだまり)」という広場で、関所が閉まっている時間(午後6時~翌朝6時)は、旅人はココで待機していたようだ。bud
なので、関所の反対側にも「京口千人溜(きょうぐちせんにんだまり)」がある。

では、こちら側の門「江戸口御門(えどぐちごもん)」をくぐるぞ

門をくぐるとすぐに、右上にこのような立て札(高札)が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4303
ははぁ~~~~っ m(_ _)m

この関所を通るために必要な事項が書かれている。danger
内容は関所ごとに違うそうで、厳しい所もあれば緩い所もあったそうな。

関所は、一般的には「入り鉄砲と出女」を取り締まるのが特徴で、武器の持ち込みと女性の出境が特に厳しかったとのこと。bombvirgo
(逆向きの移動に関しては、特に制限が無かったっぽい)

まぁ、今の空港での出国審査とあまり変わらない内容ッスsmile
(「頭巾を取れ」とか「馬や籠から降りろ」とか「(女性は)通行証を見せろ」とかね)

…で、ココ箱根関所は「出女」に重点が置かれていたようだ。
理由は書かれていなかったが、ナゼなんだろう…
何か隠し持って江戸から出られたのかな????
(男だって隠し持てるのに…ねcatface

家柄の良い娘の「駆け落ち」や「家出」や「誘拐」を防ぐのが目的??

女性は別室で女性係官による身辺チェックがあったそうな。eyeshine
髪もほどかれて調べられるほどの、念の入りよう

そして、左後ろにチロッと見えている建物が、メインの番所だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4304
デカいのぉ~~~sweat01

ちなみに、チケットを持っていない人も、真ん中の通路を通るだけなら通り抜けることが出来る。on
(無料と有料のエリアが柵で仕切られている)
このおさしんは、無料のエリアから撮ったモノ。camerashine

建物の中を観たい人はチケットを買ってねticket

では、チケットを見せて、番所の中を見て行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4305
う~ん、江戸時代ですなheart01

正面に見えるのが、今くぐって来た江戸口御門ッス。

順路によると、「まずは建物の裏側へ行け」とのこと。downwardleft

他の観光客と一緒に、狭い戸をくぐって裏側に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4306
絶賛工事ちう~~~~っwrench bearingsweat01

見事な光景なのだが、金属パイプぐゎ……sweat02

…まぁ、仕方がござらぬ。catfaceclover

左奥に小さな「雪隠(せっちん)」があり、これも見学スポットだそうな。

雪隠とは、今で言う「おトイレ様」。toilet
でも、江戸時代なので、設備的には中国の「ニーハオトイレ(仕切りの無いトイレ)」に近い。
まぁ、それでも小さな目隠し板があるだけ、ちうごくよりはマシであろう。(笑)

また戸をくぐって、番所の側面にある土間等を観ながら正面に戻って来た。recycle
案内板様からは「次は番所の中を見ろ」とのお達し。

中には上がれナイので、縁側部分から中を観る。eyesign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4307
取り調べ、なうっ

お役人様に改められている最中ッス。sweat01

ナゼか、人形は全てグレー一色に塗られている。
この時代の詳細な色遣いなどが判明していないので、正確に再現出来ナイから」とのこと。

お隣の部屋は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4308
おかしらぁーーーーーっ

このお方は「伴頭(ばんがしら)」と言い、小田原藩から赴いたココの責任者だそうな。
(箱根関所は、幕府の指令により小田原藩が担当していた)

後ろには鉄砲や弓等の武器が置かれている。sagittarius

では、対面にある建物に移動しよう。

無料エリアをいったん横切り、向かいの有料エリアに入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4309
この黒い柵がエリアの仕切りッス

こちらは「足軽番所(あしがるばんしょ)」と言う建物で、犯罪人の牢屋や職員の詰所として使われていたっぽい。

日差しがガンガン当たるので、屋根からの雪解け水が半端ナイ…coldsweats01 sunshinespa

そして、さらに奥にも見学場所があるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4310
やまのうえーーーーっ

山の上に見える小屋も、関所の建物だそうで。upwardright

みんなテコテコ&ヒーヒー登っているので、オラ達も登ってみることに…。catface

長い石段を登っている時に、ふと振り返ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4311
おぉ、いぇい

キレイぢゃのぉ~~~~shinehappy02

ちょうどおフジがお姿を現し出したので、湖面のお船とコラボでアップで撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4312
おフジぃ~~~~んheart01fujiship

肉眼ではキレイに観えるのだが、へっぽこデジカメだとキレイに写らナイね…coldsweats01

こちらに向かって来る豪華なお船は、芦ノ湖名物の「海賊船(かいぞくせん)」ッス
小さい頃、ワクワクしながら乗ったなぁ~~heart01happy02sweat01

やっと階段を登り切ったッス。end
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4313
とおみ~~~~~

遠見番所(とおみばんしょ)」と言う小屋で、見晴らしがイイので周囲の監視用に使われていたそうな。eyeshine

小屋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4314
すけるとーーーーーーんpigdash

よく見えるように、骨々のスケルトン構造だ

ちょうど目の前にいた同行のヒロちゃんが、役人と同じ格好をしていたので撮ってみたッスsmile

ちなみに、裏側の景色はこんなカンジ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4315
まっしろーーーーっ

どの屋根も雪で真っ白だsnowshine

京都市街のチト奥の方っぽい雰囲気だ
コレでお寺の鐘が鳴ったら完璧なのだが。smile

テッペンにある展望広場から関所全体を見下ろすと…downwardlefteyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4316
ちゃんぷるぅ~~~~ぅ

江戸時代」と「現在」と「中世の欧州」が混ざり合っちょるぅぅぅ~~っtyphoonsweat01

まるで黒船が日本にやって来た時のようだ。shipsign04
(生まれてねーよ。笑)

海賊船をアップで撮ってみた。camerasearch
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4317
ワイルドだろ~~ぅ(←チト古いよ)

見た目は帆船なのにエンジンで進んでいる、この矛盾。(笑)

…そう言えば、ナゼ「海賊船」なのだろうcatface

小さい頃からすでにあったので、当たり前に受け入れてしまっていたが、落ち着いて考えると「箱根」と「海賊」の関連性って…
ドン・キホーテ」と「観覧車」のようなモノかsmile

ほな、下界に降りまひょか~

番所の前まで降りて、京都側の門「京口御門(きょうぐちごもん)」を出る。

そして、目の前の広場「京口千人溜」から振り返って1枚。recyclecamerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4318
コレだよぉぉぉぉぉぉーーーーっdash

オラが観たかったのは、こんなお江戸な光景だったんだよぉぉぉぉ~~っhappy02sweat01

ちょうど西洋人2人組が歩いていたのが、逆に良いスパイスとなって効いているねheart01

そして、門の前の道を進んで、また振り返ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4319
もんぜんまちぃ~~~

門前町」と言うのだろうか(笑)
道の両側にお店が並んでる。househousehouse

こちらは観光客でかなり賑わっている。

…やっぱ、こっちが観光の「表玄関」だったんだ。coldsweats01

そして、道が一般道路に接する終点(本来は起点だね)には、こんなカンバンが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4320
ハコセッキーーーーーーーーーっ

箱根関所」の堂々たる4文字が。shine

こちらから写真を撮って進むべきでしたな。coldsweats01

…ま、とにかく、コレにて関所見学は終~了~~ぅhappy02

お腹空いたっ(笑)

もう13時を過ぎているので、軽く昼食を摂ろう。restaurant
夜に三島駅近くの居酒屋で宴をするので、今はサックリとscorpius

道の横にある大きなおみやげ屋さんの中におそば屋さんがあったので、そこで食べることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4321
空いているねぇ~empty

観光客が多いとはいえ、ほとんどが観光バスで来た団体なので、こういったお店にはフラッと寄れナイのだろう…catface

それにしても暑いsweat01

ガラス張りで太陽がいっぱいなので、室内の気温は上昇中~~sunshinespa up
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4322
外のおみやげ屋の前は寒そうだtyphoonwobblysweat01

そんなせいではナイのだが、オラは「ざるそば」を食べることにした。
十割そば」とのことなので、それならば「ざる」に限るでしょheart01deliciousscissors

ほどなくやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4323
おぉ、いぇい

実にシンプルで美しいheart01

もちろん、お味もまいう~よhappy02
(そばつゆも美味い)

…ふぅ、小腹も満たされたheart01pigfull

さて、それでは駐車場に戻って、芦ノ湖の周りをドライヴしますかいのぉ~~

反時計回りに一周するのだup

ヒロちゃんには言っていなかったのだが、ロープウェイの「大涌谷(おおわくだに)」駅にも寄ってみようと企んでいるッスsmile
三島からこ~んなに近いのに、箱根登山鉄道等に乗ったことがナイんだって、ヒロちゃんってばcoldsweats02

…ってぇ~ことは、ヒロちゃんは大涌谷の景色も知らないワケで…(にや)

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その4」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月15日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2・湖畔展望館~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その1」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplefuji
(全5回シリーズ)

------------------------------

さて、ココのメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」に入ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4201
セレヴですなheart01

展望館」っちゅ~からには、何かが展望出来るのだ。(笑)

今いる場所はこんな所ッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4202
(2016年のグーグルマップより)
だよぉ~~~ん。

真正面に芦ノ湖があり、その奥には富士山さんがいらっしゃるのだfuji

ちなみに、今日これから行く所は、の下にある箱根関所資料館ッス。
そして、湖の周りを一周するのだrecycle

湖の左側にある道路「芦ノ湖スカイライン」をご覧いただくと解るが、ココ(点線)が神奈川県と静岡県の県境になっている。
両県を出たり入ったりの繰り返しぃ~~carsign04

では、展望してやろうではないかっdash

建物に入り、2階へ上がる。
中は広くはないので、特に観るモノはナ~イ。coldsweats01

そして、2階のバルコニーに出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4203
おぉ、いぇい

スーパーヴューですなgoodshine

正面奥のちょい右におフジがいるんだけど、ちょうど雲が掛かって見えナイや…cloud
あぁ、残念…。weep

ちなみに、快晴時にはこう見えるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4204
おフジぃ~~~~ん

コレは上空から撮ったモノのようだが、位置は大体同じっぽい。on

おフジが見えないので、仕方がナイから先に進もう。coldsweats01

建物を出て、左の湖畔沿いに出る小道を歩く。penguinsign04
何気に本格的な登山(ハイキング)コースっぽい場所もあるぞsweat01

そして、湖畔の開けた場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4205
左奥から降りて来たッス~~upwardleft

くるっと後ろに振り向くと、こんな案内板が…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4206
ホーーーホーーーーっ

ふくろうさんがお出迎えだchick

ココは「塔ノ鼻広場(とうのはなひろば)」と言うそうな。
外国人観光客が多いので、大抵の案内板は4ヶ国語で書いてあるッス。pencil

芦ノ湖の奥の方はさっき観たので、左側の関所のほうを観ると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4207
きらきらりぃ~~~~~んshine

どこかの離島に来たみたいだshipsign04

小笠原の父島にも、こんな光景があったなぁ~
(さすがに雪はナイけどcoldsweats01

左奥に観光船の港があるので、結構船が行き交っていて賑わっているッス。shipsign04

道をさらに左に進むと、湖畔に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4208
おぉ、いぇい

何とも秋らしい光景だshinemaple

外国人観光客達も、ココで写真を撮りまくっている。cameradash

ふと水面を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4209
モミモミ~~~~~ぃmaple

もみじの葉っぱがゆ~らゆらと……乙ですなgoodshine

林を抜けると、目の前に関所の資料館が見えて来た。

…がっ

近付いて行くと、何かが違う…catfacesweat02
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4210
テント小屋???sweat02

どうやら改修工事を行っているらしく、ほとんどがブルーシートで覆われていた。on
小さい頃に来た時の記憶はナイので、通常のお姿が全く判らナイ…。sweat02

中は通常営業しているようなので、とりあえず前まで行ってみた。

入口で受付のお姉様に「ココの入場券で関所も観れますよ~」と言われたので、素直に従うことに。
500円を払って、小さなチケットと「通行手形」と書かれた大きなパンフをもらった。ticket book

パンフの案内絵図で関所の全容をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4211
(2016年当時のモノを撮影)
お江戸ぉ~~~~happy02

今いる場所(資料館)は、左側の朱色■の建物ッス。upwardleft
関所は、西側に少し進んだ所にあるッス~。
(白い□が書いてある建物の全てが関所内ッス)

まずは資料館から観て行こう

中は撮影禁止なので、おさしんはナイわよんsmile

いろいろな展示物があって、予想していたよりもぜ~んぜん楽しめるhappy02
謎のゆるキャラが、パネルで展示物の解説をしてくれたッス
(実は、このキャラがココの重要人物なのだsecret

出口では、関連のおみやげも売っているよ~んpresent

資料館を出て、湖側の細~い道(工事中でさらに狭い)を進むと、広い場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4212
オァチャーーーーーーっdash

御番所茶屋(おばんしょぢゃや)」と言う小さな茶屋があった。japanesetea
アルファベットで「Obansyo-jaya」と書くと、何かマレーシアの地名のようだ。smile

ちょうどお昼時なので、そこそこ人が入っている。
(おみやげも売っているpresent
甘味が女子のハートをガシッと掴んでいるようだhappy02heart04

お店の前には、こんなモノが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4213
あっしは旅の団子でござんす 🍡

かなり辛そうな団子さんだなや…smile
隣のソフトクリームくんと一緒に旅をしているのかな

そして、正面にある東側(江戸側)の門を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4214
コーーーーージっ

あれれ、ココも工事中だよっsweat01 wrench

来たタイミングが悪かったようだ。catface
ちゃんと観られるのかなぁ…sweat02

…ま、チケットを買ってしまったので、観るしかナイんだけどねcoldsweats01

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その3」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月 5日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その1・三島から箱根へ~

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根の「芦ノ湖(あしのこ)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplecarsign04
(全5回シリーズ)

数ヶ月前、「特攻野郎Bチーム」のメンバー「ヒロ」ちゃんに、「オラを芦ノ湖へ連れてってぇ~~んheart01」とおねだりした。
そしたら快諾してくれて、11月26日決行となった。scissorsshine

24日に関東でもが降ったので、チト心配していたのだが…snow sweat02

さて、当日。bud

ド晴天だぜぇ~~ぃshinesun happy02sweat01

家を出て、東京駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4101
シンカンセーーーーン

箱根に行くのに、ナゼに新幹線様に乗るsign02 bullettraindash

通常、東京都心から箱根に行くなら、「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線のロマンスカーで直行というのが、定番中の定番であろう。goodshine

でも、今日は違うのだ。bud
さっき、中央線で新宿駅を素通りして来ただ。trainsign04

何でかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4102
(2016年のグーグルマップより)
今回は南から攻め込むのよheart01up

…東京駅
…新宿駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…熱海駅
…三島駅
…芦ノ湖
…富士山

ヒロちゃんが「三島(みしま)」駅のエリアに住んでいるので、まずは三島駅で合流という次第。clover

ほな、小田原か箱根湯本までお迎えに行きまひょか~」と言われたけど、そうするとヒロちゃんは険しい峠を越えなければならないワケで…carsweat01
かと言って、芦ノ湖集合にすると、時間が掛かるのに電車賃が新幹線とほぼ一緒となるワケで…dollarclocksweat02
(箱根登山鉄道とロープウェイの運賃が高いのよ…)

…ってなワケなので、お値段と楽さのバランスが取れた「三島駅集合」と相成ったscissorsshine

今から乗る列車は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4103
まいどぉ~~~~papershine

毎度の「こだま」ちゃんだbullettrain

もはや、ヘタな東京の私鉄よりも乗車回数が多い…sweat02

空いた車内で快適に過ごし、約1時間で三島駅に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4104
楽々ッスheart01

この1ヶ月間で、三島駅を見るのはコレで5回目ッス
(今日の帰りが6回目ね)
さらに7日後にも一往復するんだけどぉ~~。(笑)

ホームから山側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4105
おフジぃ~~~~~んheart01

やったーーっsign03今日は富士山が良く見えるぞshinefujishine

雲は手前にあるモノなので、向こうに行けばキレイに見える場所もあるだろう

ちょうど、通過列車が来たので、駅名板と新幹線とおフジの「三位一体(さんみいったい)」攻撃をかましてみた。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4106
でんちゅーでござぁーーーーーーーるっdash

…あぁ、またしても電柱が。(笑)

かろうじておフジのテッペンが見えるから、良しとしますかいのぉ~。coldsweats01

今日の待ち合わせ場所は、いつもとは逆の「北口改札」。

新幹線の下にある改札だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4107
今まで全て南口から出て観光していたので、チョット新鮮~happy02

北口という事は、駅前広場を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4108
おフジぃ~~~~

富士山がハッキリと見えるねfuji

まぁ、お約束の「東横イン攻撃」は仕方ナイが…sweat02
(三島も甲府も、富士山がキレイに見える場所に東横インのデカい看板がある。→甲府の状況はこちらをクリックshine

すぐにヒロちゃんの車がやって来たので、いそいそと乗り込む。car penguinsign04

さぁ、出発なのぢゃーーーっdash

東京(東側)の人間からすると、「箱根」というのは「小田原の奥地」というイメージなのだが、静岡(西側)住民のヒロちゃんからすれば「三島のチョット上」らしい。
箱根は神奈川県で三島は静岡県なので、「近い」というイメージが湧いて来ない…catface
湯河原(神奈川)と熱海(静岡)は、通り慣れているので実感出来るが。

三嶋大社の前を通って、天下の国道1号様(東海道)に出る。

少し走ると、箱根の峠に向かって登り坂になった。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4109
…川越街道(笑)

埼玉の川越街道や栃木の日光の近くにも、似たような光景の場所がある。clover

少し走ると、道路標識が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4110
未知の領域ぃ~~~~~っ

オラ、国道1号線は各区間を結構通った(見た)ことがあるんだけど、芦ノ湖~三島間は初めてぢゃ

この先の交差点って、結構重要なジャンクション的存在でなくねrecycle
高速道路がいっぱいぢゃ

…あ、さっきから写っている新幹線クマのケツは気にしないでねsmile

市街地を抜け、峠道になって来た。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4111
クネクネ~~~~

国道の王様、天下の1号様にしては規模が小さいような…catfacesweat02
下級の400~500番台の国道と変わらナイぞ。

…と思ったら。chick

この先は改良工事が行われたらしく、ピッカピカな広い車線とトンネルの連続
…さすがですな。goodshine

途中で、左に吊り橋が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4112
なんぢゃらほいcatface

ヒロちゃん曰く「観光用の吊り橋で、おフジがよ~く見えまっせ」とのこと。delicious

事実、観光バスが何台も停まっていて、橋の前の駐車場と建物は混雑している。typhoon

吊り橋は歩行者のみで、何と有料だそうな
(しかも結構な料金らしい)
でも、吊り橋から真正面に何にも邪魔されずにおフジが見えるっぽいので、一度行ってみる価値はありそうだfujishine

日が当たって暑いくらいの車内でぬぼへぇ~~~としていたら、すぐに箱根峠のサミット(テッペン)に来てしまった。upwardrightdownwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4113
…ち、近い。sweat02

ココから先は神奈川県箱根町
…こんなに近かったんだぁ~。coldsweats02

標高は846mとのこと。
三島駅が約38mなので、結構登ったぞ、こりゃこりゃdelicious

奥にすんごい雲が見えるけど、あの山は箱根山の方角なので、富士山とは関係ナ~イcloud

そして、テッペンを越えて神奈川県内に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4114
雪ぃーーーーーーっsnow

いきなりからに変わったッスsweat01

…そっか、峠のこちら側は日陰なので、雪が融けないんだ。catface

雪道をほんの少し下ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4115
アッシ~~~~~~~ぃ

正面に芦ノ湖が見えて来たheart01

…やっぱ近い。catface soon

そして峠を下り切ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4116
はこねしゅくぅ~

とってもお江戸な「箱根宿」の文字が…。

…ってなワケで、もう着いちゃったheart01 scissorsshine

小田急&箱根登山線で来るよりも、格段に早い&空いている
箱根湯本(小田原)~芦ノ湖間のバスは、シーズン中は渋滞で動かないのよ…bussweat02

今はどこにいるかって~と…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4117
芦ノ湖の右下の「現在地」だよぉ~ん

…現在地
…三島駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…大涌谷駅
…ドライブコース

ココは有名な「箱根関所」がある場所で、「元箱根(もとはこね)」と言うエリアだ。

小さい頃に来ただけだと思うので、ぢ~っくり観てやろうとヒロちゃんにお願いしてやって来た次第。clover
今回は、芦ノ湖の周りをくるっと一周するのぢゃcarrecycle

の「大涌谷(おおわくだに)」駅を観て、のルートで湖を一周する予定~

まずは車を停めよう。

空いている駐車場を探していたら、街のイチバン奥(東)の方まで来てしまった。sweat02
でも、すんなり停められたのでOK~happy01

車を降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4118
寒いッスねぇ~~~~っsweat01

静岡県内では日差しで暑いくらいだったのに、山の裏側の神奈川県は寒いッスwobblysweat01
(だから雪が残っているんだけどねぇ~snow

とりあえず、奥の丘に登って、左の奥にある関所へ行くことにしよう

まずは奥の入口に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4119
公園なのねbud

県立恩賜箱根公園 湖畔展望館」と書かれている。

恩賜(おんし)」と言うくらいなので、天皇家の御料地だった所のようだ。

ほな、行ってみまひょ~~

入口には門があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4120
ゴリッパーーーーっbanana

何ともご立派な和風の門ですな

門をくぐって、右斜め上に登って行くと…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4121
何かスゲーぞっsweat01

背の低い木のトンネルだ。
高さが2~3mくらいなので、はじっこの方に行くと頭に枝が刺さるcoldsweats01
しかも、雪解けの水滴がポタポタと…sweat02

テコテコと通り過ぎると、また雰囲気が変わった。recycle

この公園内はどうなっているかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4122
結構広い~~~~っon

右上のが、さっき車を停めた駐車場。car
そこから赤い★を歩いて、くるっと一周するつもり~recycle
中央にある黄緑色っぽい場所が、ココのメインらしい。

今は、左上のの辺りにいるッス。

さらに、左上のの下辺りに来ると、視界が開けてきた。on
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4123
芦ノ湖が見えるぅ~~~happy02

何か景色が良さそうだぞ

そして、奥まで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4124
おぉ、いぇい

さすが御料地、エクストラビューですなshine

真正面におフジが見えるんだけど、今は雲で隠れちゃっているッス…cloudfujicloud crying
(正面の高い山の右奥に、富士山さんはいらしゃる)

周りで撮影していた人達も「あらららら……sweat02」状態。coldsweats01
でも、しばらく待てば見れそうだsandclock

ココから右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4125
雲がすごーーーーーーいっclouddash

こちらは、箱根山のご一行様だ。
神山(かみやま)」と「箱根駒ヶ岳(はこねこまがたけ)」の2つであろう。

この山々が箱根山の中心部で、裏側では毒ガスがシューシュー噴き出ている活火山だ。danger
芦ノ湖は箱根山の中にあるカルデラ湖で、その周囲の山々も含めて「箱根山」と呼ばれているそうな。

…つまり、箱根山は太古の大噴火で地中のマグマが出切ったせいでテッペンが陥没して、大きな穴っぽこが開いてしまったらしい。

凹んでいなかったら、富士山と双極をなすお山として君臨していたかもしれないね
そしたら、芦ノ湖仙石原(せんごくばら)も強羅(ごうら)も無かったワケで…coldsweats01

…ま、凹んでくれたおかげで、おフジが映えるようになったし、世界中から観光客が来る温泉郷になったし……ありがたやheart01

ココでさらに右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4126
よーーーーかんjapanesetea

しゃれおつな洋館が建っているねぇ~。
ココがメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」のようだ。

…何か、この光景って、札幌金沢っぽくねcatface

雪があると結構フンイキが変わるねぇ~。snow

さて、展望館の中に入ってみっぺか
そのうちにおフジも見えるだろうしぃ~~。fuji

ほな、行きまひょかぁ~~~~

つづき「その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年9月 1日 (木)

旅日記 ~「What time 伊豆 it now?2016」その3・駿河湾フェリーと静岡おでん~

前回「その2」からのつづきーっ!

2016年7月23日、静岡で再びおでんを食べまくったぞscissorsshine
東京から静岡駅前へ行くのに、ナゼか駿河(するが)湾の船上にいるという、変なぶら~り船の旅shipsign04
(全3回シリーズ)

------------------------------------

さぁ、いよいよお船に乗り込むぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7301
パッカーーーーーーーン

お船のおシリがパックリ開き、今まで乗っていた客がゾロゾロ降りて来た。

そして「どうぞ~」の声と共に乗船開始。
車で来ていない乗客はオラ達2人だけのようだ。coldsweats01
先にオラ達が船内に案内される。

デッキに上がると、前方に船室があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7302
ひろびろ~~~

クーラーも効いて快適なんだけど、オラの気持ちは別の場所に…

中をチョロッと見ただけで、甲板(かんぱん)へ移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7303
やっぱ船旅は甲板だよね

その甲板の中でも、この場所にロックオンeyedash
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7304
たこやきーーーーーーーーっ

おじさんが目の前でたこ焼きをクルクルと焼いている。typhoon

…コレを食べなくてどーする。

味も数種類あるようなので、どれにしようか悩む2人。
ヒロちゃんが決めている間に、オラは麦汁を調達しに
おじさんの横の自販機には麦汁が無かったので、船室へ…

船室のカウンターに生ビールがあった。
一応、カウンターのおねぃさんに「生ビールだけですか」と聞いたら、「向こう側に自販機もありますよ~」とお返事。
自販機の前に立つも、缶よりも生ビールのほうが美味しそうだったので、カウンターに戻っておねぃさんに注いでもらった。virgobeershine

この間に、周囲を見て思った。

…このフェリーの乗務員のおねぃさん、美女ばっかりやんheart01 virgoshine

美女率高いぞ、このお船。
後でヒロちゃんにそう伝えると、「確かにカワイイ娘が多いですねぇ~」と。

美女に注いでもらった麦汁を持って、甲板の席に戻る。
車の乗客も、ゾロゾロ船室に上がって来た。

ちょうどたこ焼きも出来上がった。spa
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7305
いぃぃぃぃやっほぉぉぉぉぉぉ~~~~~ぅheart01

たこマヨわさび」と「たこマヨしょうゆ」をチョイス。
どちらも540円ナリ~

船上パーチーの始まりだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7306
お船でたこビィーーーーーーっ

いやぁ~~、サイコーの組み合わせheart01
イイ船旅になりそうだhappy02sweat01

ほどなくお船は出航。

土肥港がだんだん小さくなって遠ざかっていく。shipsign04
屋久島で味わった以来の、ワイルドな景色だ

麦汁のお替りもしたかったけど、この先の「しぞ~かおでん」の宴を考えると……止めておこう。(笑)coldsweats01
たこ焼きも食べ終わり、まったりタイムに。clover

甲板では、異様にハイテンションになって踊って騒いでいる女子が一人。
ドラッグでもやっているのかsign02」と思うくらいの奇行っぷりだったが、手には缶チューハイが…

…そんなに酔っぱらえるなんて、羨ましい。(笑)

同行の娘も、途中で放置して写真撮りに行っちゃった。smile
この娘、この後すぐに撃沈して甲板のイスで寝ていたッス。sleepy
車の旅でそんなに飲んぢゃったら…、後がタイヘンよ。coldsweats01

我々も船内探検に行こう

まずは目の前の甲板に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7307
やっぱ県道だ、ココ。

シャレでやっているのかとも思ったけど、ココまで標識デザインをパクることは出来ナイので、どうやら本物の県道のようだ。
この、さりげなぁ~くおフジとお船が描いてあるところがナイスgoodshine

反対側にも標識があった。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7308
デザインが違うッス

こちらは、土肥港にあった標識と同じデザインだねぇ~。

船室や港の建物でも「県道223号線」関連のグッズが売られていた。present
おひとついかがsmile

伊豆の山々が遠ざかっていく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7309
バイバイキ~~~~ン

伊豆半島の山って、いくつも重なっているんだね~。
信州の奥地でもナイ半島なのに、奥に5つくらい重なって見えるというのも、スゴい景色だ。sweat01

さて、この駿河湾、日本のフツーの海とはチト違うのだ。

何が違うのかって~と、水深がヒジョーに深いのだ
両側を伊豆半島と静岡市内の山々(南アルプスのはじっこね)に挟まれ、北には富士山があるので、浅そうに思えるけど…
幅が25Kmほどしかナイのに、一番深い所はマイナス2500mもあるのだっ

富士山頂との高低差、約6200msign03

60Kmの距離で6200mもの高低差って…sweat02

このお船が進んでいるルートでも、水深1500mほどあるッス。
(駿河湾の深さが解る模型はこちらをクリックshine

今、足元に1500m下まで地面がナイんだぜぇ……
チョットどきどきheart01(笑)

その最深部辺りで、雲の隙間から夕日が射し込んだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7310
おーーまいがーーーっ

この光の向こうに神がいるな…sunshineshadow

甲板をウロチョロしていたら、ヒロちゃんが「船室に行こう」と言って来たので、船室のイスに座ってマッタリ。chair
寝そうで寝られナイ、生殺し状態…sad

しばらくして、船内アナウンスが…
そろそろ清水港に着きま~す。左手に三保の松原が見えまぁ~す

…どれどれ、見に行くべな。
よっこらしょっと。(←ぢぢぃか

船室から、横のデッキに出る。

すると、目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7311
まつばら・みほーーーーーっdash

静岡の超有名観光スポット、「三保の松原(みほのまつばら)」が現れた。

海上から見るとこんなカンジなのね…delicious

右奥には清水周辺の工場等が見える。upwardright
清水港は松原の向こう側なので、お船は右側に向かって回り込む。up

右に進んで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7312
そうだよ、この灯台だよ。flair

前回、特攻野郎Bチームのメンバーで静岡に遊びに来た時、強風&極寒のこの浜に立ったんだよ…。sad
(詳細はこちらをクリックshine :上の海底模型のリンク先と一緒だよ)

松原を抜け、清水港の工場地帯に入り込んだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7313
突然景色が変わったーーーーっrecyclesweat01

イキナリ大都市の工場地帯が現れた。
伊豆から緑の森を見ていた目には、このメカメカしい都会の景色はビックリするsweat01

お船はゆっくりと工場の脇を通り抜ける。snailsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7314
工場萌え~~~~~~~~heart01

工場のパイプ類の猥雑さにドキドキする人も多く、最近では京浜工業地帯の船上夜景ツアーもあるくらいだnightshipsign04

またもやアナウンス。
そろそろお車にお戻りくださ~い。歩きの方は下に降りて待っててね~ん

アナウンスに従い、階段を降りる。downwardright
今度は、乗った時とは逆の先頭から出るのだ
(車はUターン出来ないからねぇ~)

土肥では奥(おシリ)から乗り込んで、清水では前から降りるシステム。
(土肥港行きは逆になる)

階段を途中まで降りて待つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7315
スゲーーーーーーー騒音っsweat01

お船のエンジン音が半端ナイ…sweat02

あまりにウルサイので、接岸までデッキにいることにした。wobblysweat01
階段を登ってデッキに戻る。

ほどなく目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7316
ろーりーーーーーーーっ

接岸するであろう場所に、タンクローリーが2台待機している。
お船も仕事終わりで、晩ご飯の時間だねrestaurant

さて、さっきからヒロちゃんと話していたのだが…
清水港から清水駅までどうやって行くの
という問題があった。

駅まで約2Km
歩けない距離ではナイが、麦汁飲んだカラダには、もはやキツい。sad
バスやタクシーにはすぐ乗れるのだろうか

いろいろ心配していたら、ローリーたんの奥に一台のマイクロバスが…bus
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7317
ソーーーーゲーーーーーーーっ

おぉsign01無料送迎バス様がいらっしゃるではナイかっshinebus

車体の文字がよく読めなかったので、撮影してから拡大して確認。(笑)
コレで心配が無くなったhappy02

オラ達2人が乗らないと、このバスのお仕事は無くなってよぉぉぉぉぉ~~~~smile

再び下に降りる。
接岸作業で、騒音がさらにスゴくなった。
ワイヤーを伸ばすような「ウィーーーーーーンtyphoon」という甲高い音がずっと響き渡る。

まるで飛行機が着陸する前の貨物室のような音だ。sweat02
(入った事ナイけど(笑))

そして、動きが止まったその時…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7318
アマテラスーーーーーーっ

正面の天の岩戸が開いた。sunshine

まずは歩行者から出るとのことで、我々2人が外界の係員さんに手招きされる。paper

外に出ても地面が揺れているカンジがする~と思っていたら、まだ桟橋(浮橋)の上だった。coldsweats01

2人がテコテコ出ると、つづいてバイクが出て来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7319
あれ?歩行者がもう一人いるcoldsweats02

…あっ、たこ焼き屋のおじさんだ。(笑)

そうだよね、最終便だから仕事終わりだよね~。coldsweats01

岸壁に上がって、お船のお姿をパチリ。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7320
カァ~~ッチョエェ~~~~~~shine

やっぱ、正面から見たほうがカッチョエェのぉ~happy02

現在18時半
まぁ、予定通りの到着だclock

さぁ、送迎バスに乗ろう。bus
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7321
よろしくお願いしまぁ~~~~っすheart01

当然、乗客は2人だけ。(笑)

すぐに発車となる。
2人だけの最終便だったので、途中の静鉄「新清水(しんしみず)」駅は省いて、JR清水駅へ直行してもらった。bussign04

疲れることなく、快適に清水駅に到着ぅ~~~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7322
おぉ、いぇい

運転手のおじさん、ありがとーーhappy02

さぁ、最終目的地の「静岡(しずおか)」駅まで行きますわよんheart01

残りの区間は電車で10分ほど。
もう何の心配もナ~イ。bud happy02

改札に行くと、静岡方面の列車が来るのが見えた。trainsign04
急ごうかと思ったが、ヒロちゃんが「ヘッドライトの位置が違うから特急だよ」と一言。

まさか、たった3駅しか乗らないのに特急様に乗るのもねぇ~。coldsweats01
途中無停車で、特急料金320円だけどね

ホームに降りて、特急様を見送る。paper
普通列車は10分おきに来る。recycle

すぐに、後続の普通列車が来た。trainsign04
もう夕方ラッシュの時間だなや。
(土曜日だけどね~)

列車はサックリと静岡駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7323
(2010年1月に撮影)
やっと着いたぜぇ~~~~~ぃhappy02

What time is it now!!dash

現在19時ちょい過ぎ。
宴には良い時間だぞ

でも、お店はもう混んでいるだろうなぁ~sweat02

海ぼうず」という人気店なので、前回も待たされた上に、2階の別店舗(姉妹店)へ案内されたのだ。upwardright

急ごうぜぇ~~~~いdash

改札を出て、南口へ行こうとしたら…
ヒロちゃんが「模型屋に寄りたい」とポツリ。

…何だとぉぉぉぉぉ~~~ぅdash

駅ビルの中にあるので時間は掛からナイから、仕方なくOKする。catface
すぐに買い物は終了。present
1階まで降りて、南口の駅前をいそいそと歩く。penguindash

お店は駅から徒歩3分ほどの場所にある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7324
超~着いたどーーーーーーーっ

今日の本来の目的は「海ぼうずで、しぞ~かおでんを食べる」だdash
ココに来るまで何時間掛かっとんのや。sweat02

しかも、今日のメインディッシュはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7325
たま様ーーーーーーーっ

5時間煮込んだ半熟玉子」ッスheart01

煮込んでいるのに半熟でいられるって……どんなテクニックだcatface
前回から、気になって気になって…sweat01
(前回はおでん盛り合わせを頼んだので、食べられなかったcrying

入口の横には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7326
(2016年3月撮影)
今日もグツグツ言ってますわよheart01

入口でおねぃさんに「2人~」と言うと、30秒ほどして「お2階へどうぞ~」との返事。

…今日も学校かよ。catfacesweat02

前回同様、2階の「ホルモン学校 熱血先生」へと案内された。upwardright

今回は中ほどのカウンター席となった。
右は壁で左隣は女子2人、良い席ぢゃheart01

正面の調理場で働いているお兄さんは、「副校長」だった(笑)

まずは、麦汁と、しぞ~かの定番メニューを注文。beer fish

すぐにやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7327
おぉ、いぇい

生しらす」「かつお刺し」「黒はんぺん(おでん)」「牛筋(おでん)」「しのだ巻き(おでん)」だ

しらすは駿河湾、かつおは清水港で水揚げされるとのこと。
牛筋は関西と同様のモノで、関東と愛知のおでんには入っていない。
なぜ中間の静岡にだけ入っているのか、フシギだよねぇ~。

しのだ巻きって、関東にはナイんですけど…
しぞ~かだけのオリジナルなのcatface

良い気分でモグモグしていると、ラスボスがやって来た。shadow
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7328
来たーーーーーーっdash

愛しの、たま様heart01 fullmoonshine

ホントに半熟か確かめるために、箸でそ~~~っと割ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7329
いぃぃぃぃぃやっほぉぉぉぉぉ~~~~うheart01

スゲーーーっsign01ホントに半熟happy02sweat01

トロトロやん
箸を刺した瞬間に、「プチュheart01」と黄身が流れ出て来た。happy02

当然、お味のほうは言うまでもナイ。goodshine
追加でお替りしちゃったheart01

このためだけに今日は静岡まで来たのだぁ~~~よ
超~満足ぅ~~heart01

飲んで話して21時を過ぎた。

…そろそろお開きにしますか。bud

最初は、新幹線の最終こだま「684号」で、いつものとーりに帰ろうと思っていた。
でも、お船に乗るプランの時間を聞いた時に「コレは泊まったほうがイイな…」と考えが変わり、ホテルを予約しておいたのだ。building

なので、普通列車の下り最終(23:41発)まで飲めるのだが、昼から飲んでいるのでさすがにもうヘロヘロ。sad
会計を済ませ、駅まで戻り、新幹線の改札口を見ると…

What time is it now!!dash

…まだ間に合うやん

最終の「ひかり538号」(22:24発)はもちろん、「こだま684号」(21:52発)にも間に合う。

でも、ココで新幹線様で帰ってしまうと、宿代が全てパーになってしまう。
(この時間では、もうキャンセル料が100%なのだ)
それでは意味がナイので、おとなしくお宿へ向かうことに。clover

在来線の改札前で、ヒロちゃんとバイバイキンpaper

発車時間が迫っていたので、ホームへ急ぐ。upwardleftdash
そこには混んだ普通列車「島田(しまだ)」行きが…

東京と変わんねーぢゃんsweat01

結構な混み具合で発車したが、やはり静岡、東京と違って1駅ごとにゾロゾロ降りて行く。
すぐに座ることが出来た。chair

静岡駅から20分ほどで、5駅目の「藤枝(ふじえだ)」駅に到着。

改札を出て、駅前に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7330
ホテル「東横イン」は目の前ッス~~~~

1回泊まった事があるので、勝手知ったるもの。scissorsshine
サクサク手続きを済ませて、お部屋でゴロン。typhoon

22時半にはもう寝っ転がれるこのシアワセheart01
やっぱ予約しておいて良かったぁ~~happy02
新幹線で帰ると、家に着くのは24時過ぎるからねぇ…coldsweats01

いやぁ~、今日は楽しかったheart01

んぢゃ、おやすみんみぃ~~~んpapershine

---------------------------------------------

翌朝。chick

おはぁ~~~~sunshine

ガッツリ寝たぞheart01

いつもどーりにチェックアウト時限(10時)ギリギリまでまったりして、お外に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7331
(2016年3月撮影)
さぁ~~て、今日はのんびり帰りますかぁ~~snailsign04

ココ藤枝駅から、の~んびり普通列車で戻るのだtrainsign04

今日のルートはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7332
(2016年のグーグルマップより)
もう通い慣れた道ッス(笑)

…お宿(藤枝駅)
…静岡駅
…清水駅
…小田原駅
…東京駅

今回は、途中の「小田原(おだわら)」駅で、小田急線に乗り換えてロマンスカーで帰ろうかと計画。
ただ、JRの列車接続次第では、そのまま東京駅まで乗り通そうかと…。
前回はそのまま東京駅まで行ってしまったので、なるべくなら小田急線に乗りたひdelicious

お昼は清水港で海鮮祭りにしよっかなぁ~」という考えも頭の中にチラホラ…recycle
…でも、メンド臭いな。catface

小田急の特急に乗るのなら、その中で麦汁祭りすればイイではナイかbeershine

…ってなワケで、途中下車しなぁ~~い

小田原までの切符を買い、覚悟を決める。(笑)

まずは、藤枝駅から普通列車「興津(おきつ)」行きに乗る。
学生達が静岡駅前に遊びに行く時間と重なったので、車内の年齢層がかなり若い。geminivirgo

静岡って、他の地方都市と違って、青年が多いよね~。
老人と高校生だらけの車内」という超ローカルな雰囲気は、微塵もナイ。

静岡駅に着いた。
青春18きっぱーが、始発の「熱海(あたみ)」行きを虎視眈々と狙っている。eyedash

それならば、オラは静岡地区必勝の作戦bud

このまま清水駅まで乗り通すのだ。on

興津駅は清水の次なので、車内はガラガラだ。empty
静岡駅で乗り換えなくて大正解scissorsshine
すぐに清水駅に到着。

ホームに降りて、港を見つめる。shipwave

海鮮盛り合わせ…fish (笑)

いやいや、今日は小田原祭りぢゃ

すぐに、後続の熱海行きがやって来た。
18きっぱーが多いが、ココで降りる地元客も多いので、席は何なくGET。chair
次の興津駅で乗り換えると、座れる可能性は低いのだ

コレが裏技ぢゃscissorsshine
(…ってか、地元の人はみんな知っている技だけど~smile

熱海駅までまったりと過ごす。
18きっぱーは途中下車しないので、車内の顔ぶれはほとんど変化しない。
大抵、大きな荷物を持ってスマホか時刻表と睨めっこしているので、すぐ判る(笑)

熱海駅に着いた。
ココで東京方面の始発列車に乗り換える。recycle
今日はグリーン車も混んでいるようだ。cloverfull

隣に特急「踊り子」号の東京行きが来た。
自由席が空いていたので、「乗っちゃおっか」とも思ったケド、初志貫徹なのぢゃdash
(宴用の麦汁や食材をまだ買っていない…sweat02

小田原駅までは30分ほどなので、ボックスシート争奪戦争を横目に見ながらロングシート部分にゆったりと座る。
コレも大正解scissorsshine
今日は天気が良いので、相模湾と初島や伊豆大島がキレイに見えるshine

小田原駅に着いた。soon

改札を出て、横の小田急線の切符売り場へと移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7333
今日も混んでいるね

ロマンスカーの切符売り場は、それほど人がいなかったので、余裕で特急券をGETscissorsshine
しかも、乗ってみたかった車両にしてみた
(小田急の特急車両は何種類もあって、時刻表にも種類が併記されているのだ)

そのきっぷがコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7334
えむえすいぃーーーーーーっ

切符の中央に「MSE」と書かれているっしょ、コレが車両の種類なのだ。
各種案内には、ちゃ~んと車両名とお顔のイラストも描かれているので、誰が見てもすぐ解るッス
コレでSSEからMSEまで全車種コンプリートscissorsshine

What time is it now!!dash

現在13時
発車まで40分あるぞ。

さて、どうしようcatface

食材と麦汁を買うのはもちろんだけど、チト小腹が空いたッス
昨夜のおでんから何も食べていないのでね。coldsweats01

宴に備えて、量は少なめに食べられるモノ…catface

…おっ、そうだsign01小田原だったらアレflair

…ってなワケで、改札横にあるそのお店へと移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7335
ハコバッソーーーーーーーっ

小田急名物、「箱根そば」と言う立ち食いそば屋さんだ。noodle
通称は「箱そば」で、沿線の駅に多店舗存在する。
向ヶ丘遊園(むこうがおかゆうえん)」駅の箱そばが美味いとウワサなのだが、まだ行ったことがナイっす…weep

ココは世界的な観光地なので、イスはもちろん完備で、メニューや案内も英語対応がされている。
外国人にも人気らしく、ガイドブック片手に一生懸命券売機と戦っている西洋人もいた。virgosweat01

店内はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7336
明るくてキレイっす~~~shine

女性1人客も多く、「おっさんの巣窟」という雰囲気は一切ナイ。

オラはこんなモノを注文。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7337
いぃぃぃぃやっほぉぉぉ~~~~ぅ

美味そぉ~~~~~うheart01 happy02sweat01

HAKOSOBA」がナイスっgoodshine

今回は控えめに「ちくわ天そば」をチョイス。noodle
まいう~~~~delicious

つゆが美味く、向ケ丘遊園の店にも行ってみたくなった。happy02

食べ終わって、どんぶりを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7338
てんきゅーーーーーーっ

さすが箱根、弥次喜多(やじきた)ッスか
ニッコリ微笑んでいるのは、弥次さん喜多さん

さぁ、時間がナイっsign01

食材を買い漁るのぢゃーーーーーっpigdash

改札周辺には、おみやげ屋さんがたくさん並んでいる。
JR東日本小田急JR東海(新幹線)の改札周りのお店を、一通り点検する。eyeshine
そして厳選した食材と麦汁をGETbeerbreadfishtaurus

余談だが、JR東日本のコンビニ、ナゼに北海道のモノが大量に置いてあるのだ
小田原名物よりも、札幌辺りの食材が多いんですけどぉ~。catfacesweat02

食材も調達出来たので、10分ほど早いけどホームへ行っちゃおう

のんびり改札を通り、余裕ブッかまして階段の上に立つと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7339
もう列車来てるよーーーーーーっsweat01

…あっ、そっか。flair

箱根湯本(はこねゆもと)」駅から来るのは後ろの6両で、オラの乗る9号車(前4両)はココで増結するんだった★ sign04train train
もうドアが開いていて乗り込んでいる人もいたので、オラもそそくさと階段を下りて乗り込むことに。

列車の前に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7340
カッチョエェ~~~~

このブルーメタリックが気になっていたのよ

MSE(60000系)は、地下鉄千代田線JR御殿場線にも乗り入れているオールマイティーな車両だ。
特に、地下空間や夜間に見た時にカッチョエェ~くなるように、このブルーが選ばれたそうで。bud

車内に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7341
もくめーーーーーーーっ

木目模様が印象的な、落ち着いたデザインだ。clover
コレはVSE(白い連接車)から受け継がれていて、車体の長さ以外は結構似ている。
(VSEの車内等はこちらの日記をご覧あれshine

ただ1つの難点としては、「イスの背中が硬い」ということ。
背板が木のためか、背骨が当たる場所が硬くて少々痛い。despair
この難点は、利用客の間でも知れ渡っているとか…catface

さぁ、宴の開始ぢゃdash

缶ビールをプシュッと開けて飲み始める。beer

周囲が若い女性だらけなので、おとなし~~く飲むことに。virgovirgoshine
(オラって、電車内だと不思議と女性に囲まれるんだよねぇ…)

食べながら、景色を観ながら、後ろの女子2人組の恋バナ(かなりリアル)を聴きながら、麦汁を楽しむ。(笑)

今日はJRで帰らなくて良かったぁ~~~~
ロマンスカーにして大正解scissorsshine

快適過ぎるにも程ガァーーールdash virgo

途中で乗客は増えるも、静けさは変わらナイ。
落ち着いた空間ぢゃのぉ~~~confident clover

もっと乗っていたかったけど、ついに終点「新宿(しんじゅく)」駅に着いてしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆のフェリー旅2016・駿河湾フェリーと静岡おでん-7342
ただいまぁ~~~~papershine

What time is it now!!dash

ただ今、15時
イイ時間ぢゃナイか

今度からはロマンスカーで帰って来よっとheart01

いやぁ~、こういうお船の旅もイイねdelicious
伊豆半島再発見ぢゃshineflair
おでんも美味ちかったheart01

さぁ、ウチに帰って寝っ転がろ~~~~っと

(おしまーい!)

| | コメント (4)

2014年8月18日 (月)

旅日記 ~「夏の江ノ電」2014~

前回「冬の江ノ電」2013からのつづきーっ!

2014年8月10日、神奈川県の「江の島(えのしま)」に行って来たぞyacht
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8001
江の島と江ノ電、完璧な組み合わせscissorsshine

今回は、仲間と江の島の海産物でカンパ~イbeerheart01と洒落込もうと出掛けたのだが…

新宿(しんじゅく)」駅から小田急線に乗っている時から雨雲と列車ダイヤに不穏な動きが…sweat02
そりゃそうだ、西日本に台風が来ているんだからcoldsweats01

運転打ち切り&ダイヤ乱れと戦いながら、なんとか江の島に到着。
風雨に揉まれながら江の島探検。typhoonwobblysweat01
びしょ濡れで島の入口に戻り、レストラン「貝作(かいさく)」でプチ海鮮パーチーfishbeershine

その後は、毎年恒例、お約束の「江ノ電探検」に出発した。penguinpenguinpenguinsign04

天気も、晴れたり降ったりの目まぐるしい変化具合。sunrecyclerainsweat01
探検時は何とか降らないでいてくれたが…sweat02

海を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8002
荒れ荒れやんwavewavewavesweat01

そんな悪天候の中でも、必ず海にはサーファーがいるsmile

水着ギャルも3人見かけたvirgoshine
でもビーチには誰もいなかった…。crying
(当たり前だ)

さて、今回の江ノ電探検は心者が1人いたので、オラ的「鉄ちゃん基本コース」を忠実に廻った。trainbud

まずは、「江ノ島(えのしま)」駅から道路上を走る江ノ電を見ながら、お隣の「腰越(こしごえ)」駅まで歩く。cancer
ココからは線路が道路と離れるので、近くの道路を歩きながら、江ノ電と交差する細い路地にこまめに入って見学。upup

まずは一発目。clover

細い路地に入って正面を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8003
フツーの住宅街だね。house

でも、奥に進んで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8004
せんろーーーーーーーーーーっ

何とsign01玄関の前に線路が…sweat01

…いや、「線路に面して玄関が」が正しいかなsign02coldsweats01

この辺は、ご覧のように線路に向かって玄関が並んでいるhousehousehouse
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8005
おぉ、いぇいhappy02sweat01

ちなみに、奥にあるホームが腰越駅。
このホームは短いので、鎌倉寄り(写真だと手前)の1両がハミ出るdash
当然、ハミ出る車両のドアは開かないdanger

これらの家に行くには線路の上を歩いて行くしかナイcancer
大きな荷物を運ぶ時はどうするんだろう…???sweat02
(電車が走っていない深夜かなsweat02

家と家の間には細い路地もある。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8006
手前の線路があることに違和感を感じ始めた…coldsweats01

ココから鎌倉寄りを見てもこのとおり。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8007
完全に、道路の上に間違って線路を置いちゃったカンジcoldsweats01

踏切が鳴り出したflair

ほどなく、鎌倉側から電車がやって来た。traintrainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8008
…せ、狭いッスsweat01

この区間は特に狭いので、地元住民以外のよそ者は、ふざけて線路を歩かないようにsign01dangerban

このカーブの向こう側にも行ってみた。penguin

電車が来たッス
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8009
チョーーー狭ぇsweat01

この辺は、線路周りの機器や架線柱が民家に食い込んでいる。(笑)

すぐに振り返って1枚。recyclecamerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
夏の江ノ電2014-8010
……模型かsign02sweat02

まさにBトレイン的なジオラマの世界goodshine

江ノ電初心者の彼、この狭さを見て唸っていた。bearingdash
きっと新たな発見をした「濃ゆ~い一日」だったに違いナイheart01smile

…ま、今回もいつもどーりのコースで楽しんだ。clover
この後は、横浜ちうか街へ行って飲茶バイキングで盛り上がったわよぉぉぉ~~んscissorsshinebeerheart01

その間、外は激しい風雨だったそうよぉぉぉぉぉ~~んraintyphoonsweat01

今回もこの悪天候の割には雨に当たらずにラッキーだったわよぉぉぉぉぉぉ~~~んscissorsshine

また行こっと♪♪smileshine

| | コメント (14)

2013年12月 9日 (月)

旅日記 ~「冬の江ノ電」2013~

2013年12月7日、天気がイイので神奈川県の「江の島(えのしま)」に行って来たsunyacht

毎年訪れている場所だが、冬の時期にはあまり行ったことがナイよなぁ…sweat02
冬の湘南」というと、浜辺で「わんこ連れて散歩している人dog」と「一人たそがれている体育座りの女子weep」のイメージが。coldsweats01

…ってなワケで、今回もいつもどおり、のんびり江の島で焼きハマグリ&生しらす&生ビールでまったりbeer
今年は夏に来られなかったからねぇ~。catface

冬なので、島の奥は空いている上に、今日は天気が良くて風もなくポカポカsun
まるで9~10月のような気候だgoodshine
なので、beer ビールが進む。coldsweats01

夜の宴(うたげ)会場「横浜(よこはま)」に移動すべく、江ノ電の「江ノ島(えのしま)」駅までテコテコ歩く。penguin
途中(島の入り口)で買った「シラスまん」(肉まんのシラス版。塩味)が超~美味かったhappy02sweat01

給油(ビール)したばっかりの体内エンジンを動かし、やっとこさ江ノ島駅に到着ぅ~sweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5001
おぉ!いきなり京都sweat01

グーゼンにも、1本しかいない「嵐電塗装」車両が目の前にいた。
京都・嵐山の「嵐電(らんでん)」と姉妹提携しているので、お互いに相手の電車の色を塗って走らせているのだ。trainsign04

11月に乗った嵐電が江ノ電色で、12月の江ノ電が嵐電色…sweat02
…おいおい。(笑)

素直にご当地の色を見させてくれぃcoldsweats01

さて、ココから「鎌倉(かまくら)」駅まで向かうのだが、すぐには江ノ電に乗らず、2駅間を歩くことに。
この2駅間には、一般観光客でも楽しめる「」スポットがたくさんあるのだ~shine

もちろん、ガイドブックには載っていないよん
(オラのオリジナルコースscissorsshine

では、早速歩こうrun

江ノ島駅の横の小路を通り過ぎると、すぐに大きい交差点が見えてくる。signaler

ココから隣の駅「腰越(こしごえ)」までは、道路の上を電車が走るのだ(「併用軌道」という)
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5002
ワイルド~~~~っ

両脇に車を停めさせ、悠々と真ん中を走るそのお姿は、「地元のボス」という貫禄を醸し出している。dramashadowchair
単線なので、両方向から結構頻繁にやって来る。leftright
道が狭いので、撮影する際はみなさんの迷惑にならないようにねdanger

線路が道路からバイバイキンすると、すぐに腰越駅がある。

民家の影にひっそりと存在しているので、最初は気が付かないかもしれない。smile(笑)
スペースがナイので、4両編成の電車の場合は、鎌倉寄りの1両がホームからはみ出る。
はみ出た車両はドアが開かナイのでご注意を。tulip

腰越駅を出ると、江ノ電はものすごく狭い空間を走る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5003
狭いッスsweat02

よく見ると、線路に面して民家の玄関があるっしょ。house
コレが江ノ電の醍醐味(だいごみ)なのだぁ~~scissorsshine

江ノ電の沿線には、このような「玄関の前が線路」という家がたくさんある。
道路に出るには、線路を歩かなければならない。
よそ者はふざけて真似しないように!!danger

少し歩いた所に、線路脇に小さな空間(小路)がある。
ココは少し高い位置にあるので、江ノ電を眺めるにはサイコーのスポットだ
ただし、住宅地のど真ん中なので、静かにして長居せず、住民のみなさんに迷惑を掛けないようにしよう。clover

…お、電車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5004
ギリギリぃ~~~~~~っsweat01

…なんてぇ狭さだ。sweat02

鉄道模型のジオラマよりも狭い。smile

しばらくして、次の電車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5005
キターーーーーーーーーーーーーーーーーっshineheart01happy02sweat01

これぞ「江ノ電 of 江ノ電」。

今や、江ノ電最古参の電車だ。clover
車内の床は、昔ながらの木のまま。
子供の頃はクーラー(屋根上の大きいグレーの箱ね)なんか付いているワケもなく、夏は窓全開で走っていたさぁ~
しかも、モーターが昭和初期の「吊り掛け式」という、「ぐももももぉぉぉぉ~~ん」と轟音を出すモノだった(現在は静かなモーターに替わっている)。

揺れる車内で、潮風を浴びながら聴く吊り掛けモーターの轟音……あぁheart01(笑)

…なんてぇ~シヴいお子ちゃまだったんだ、オラってばcoldsweats01

さてさて。bud

ココはあまりにも狭いので、架線(線路の上空にある、電気を流す電線ね)を支える電柱(架線柱)が敷地内に建てられない。
冬の江ノ電2013-5006
このように、民家の庭にめりこんでいる。(笑)

江ノ電が出来た当時からの協力関係なのだろう…。recycle

反対側からも電車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5007
これも狭いぃぃぃぃぃ~~~っsweat01

…洗濯物は干せないな。coldsweats01

さて、移動しようsnail

目の前の小さな階段を下り、線路を渡る。
道を歩くと、すぐにに出る。yacht

線路も海に出るので、道路との合流地点で撮影してみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5008
いいねぇ~~~~♪shine

江ノ電は、ココからしばらくは海沿いを走る。suntrainyachtwave

ココも有名な撮影ポイントだ。camerashine
ただし、写真を見てもお解りのとおり、歩道の幅は極端に狭い
通行人も多いので、撮影の際は譲り(避け)合って、みんなの邪魔にならないようにしよう。
自転車や、サーフボードを持った人も多いので、突然動いたりしないようにimpactwobblybicyclecarsweat01
もちろん、線路側にもはみ出すなよーっ!!danger

海を観ながら線路沿いに歩くと、ほどなく次の駅「鎌倉高校前(かまくらこうこうまえ)」駅に到着する。

ココはドラマでも有名な、「鉄板」撮影ポイント
ゆえに、老若男女国籍問わず、カメラを構えている人が多い。camerashine
もちろん、「」も必ずいる。(笑)

ホームに入ると、可愛らしい女性が撮影していた。virgocamerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5009
イイねぇ~~~♪heart01goodshine

…あぁ、「撮り鉄ニイチャン」達と違って、画になるぅ~shinevirgo

彼女のカメラが向いていた先には…camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
冬の江ノ電2013-5010
えのすぃまぁ~~~~~shine

夕暮れの江の島がクッキリ

いやぁ~、ホントに天気のイイ一日だったgoodshine
では、鎌倉駅まで江ノ電でGo!!trainsign04

江の島と鎌倉」は、一年中楽しめる所なので、ぜひぜひお出掛けくだされ~~papershine
(この直後の鎌倉(小町通り)は激混みだったが…coldsweats01sweat01

つづき「夏の江ノ電2014」はこちらーっ!

| | コメント (18)