旅と鉄道(03関東)

2017年1月16日 (月)

旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その1 旅立ち~

その10はこちら
(全20回シリーズくらいになりそうな気配…sweat02

2016年12月3日10年ぶりに四国・愛媛県の「松山(まつやま)」に行って来たぞdash
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7101
立つんだ、ジョーーーーーーーっdash

初めて松山城に立ったぜぃ…。scissorsshine

-----------------------------

事の初めは10月頃…bud

松山在住のブログ仲間とつぶやき合っていた時に、「そういえば、松山って10年前に行ったきりだなぁ~」と、ポツリと言ったら…gawk

んぢゃ、来るいつ来るあたし休み取るから~」と、お返事が。happy02

そんなやり取りをしていたら、アッと言う間に行くことに決まってしまった

…まぢッスかsign02sweat01

まぁ、決まってしまったモノは仕方がナイ。(笑)

12月3日(土)~5日(月)に、ちょうど10年ぶりの松山詣でをすることに。coldsweats01

東京からどのルートで攻め込もうかいろいろ研究したが、時間との兼ね合いで、行きは素直に新幹線+特急の定番コースにした。
(行きの切符は、11月3日に自動券売機でサックリ購入)

…んで、11月5日(土)。chick

1ヶ月前なので、朝からJRの駅へ帰りの切符を買いに行った。ticket
(指定券は1ヶ月前の朝10時から予約開始なのだ)

さて、松山は一体どこにあるのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7102
(2017年のグーグルマップより)
最果ての地だ。(笑)

…東京
…岡山
…高松
…松山
…函館

東日本の方々に判り易く説明すると、東京~松山間は、東京~函館間にほぼ匹敵する。
新幹線で気軽に行けるので錯覚しやすいが、ホッカイドーへ行くのと変わらナイのだdash

行きは、「岡山(おかやま)」駅で在来線特急に乗り換える。recycle
(広島・尾道辺りから船やバスも考えたんだけどねぇ~delicious

帰りは、特急(松山→高松)+寝台列車「サンライズエクスプレス瀬戸」(高松→東京)とシャレ込んでみたnight
3年ぶりのサンライズだshinehappy02

行きに乗ろうかとも考えたが、金曜夜なので予約が難しいのと、土曜に松山に到着する時間が朝一の「のぞみ」とわずか数時間しか変わらなかったのでパスした。
(実は、帰りも松山発は最終「のぞみ」(東京行き)に乗れる列車と同じなんだけどねぇ…coldsweats01

10時過ぎ、JRのみどりの窓口で、おねぃさんに「サンライズ瀬戸」の予約を書き込んだ紙を渡すと…

はっsign01サンライズっcoldsweats02

と、緊張した顔立ちになって、パカパカと端末を操作しだした。dash

…そりゃそうだ、今や「プレミアムチケット」だからねぇ~。ticketshine

まぁ、月曜夜の出発なので、すぐに満席になるとは思っていなかったのだが…catface

カワイイおねいぃさん、早速寝台を押さえてくれた。

…だが、何か違和感が…sweat02

念のため、「禁煙ですよ…ね」と聞いたら…

…「はっsign01禁煙っcoldsweats02sweat01

と、急いで指定を取りなおした。dash

…アッブネ~~~っsweat01

タバコ臭い部屋に閉じ込められては、翌日もずっとタバコの臭いを身にまとって仕事をしなければならない。wobbly
(結果的には、出社前にいったん帰宅出来たが)

おねぃさん、再度パカパカ打ち直して、乗車券と一緒に発行してくれた。

そして、明るい声で「お待たせしましたぁ~」と一言。happy01

カウンターの上にまずは乗車券を置いて、「12月5日開始の高松→東京ですね」と一言。
続いて…

寝台券も高松~東京で、11月5日………キャーーーーーっsweat01sweat01

パカパカパカパカっdashdashdash

おねぃさん、サンライズだからって慌てなくてイイから。coldsweats01

…今夜までに高松駅に行ける自信はナイ。(笑)

速攻、12月5日の指定券に取り直して、何とか無事に解決
もしコレが12月2日(金)の行きの切符だったら、パカパカ打ち直しているうちに満席になったかもねぇ~。coldsweats01

あぁ、ホッとしたheart01

往復で、諭吉がグループで去って行ったぜぃ…dollarup crying

コレで往復の足が確保出来たので、後は当日を待つのみ
(帰りの松山→高松間は、その時のノリで決めることに)

-----------------------------

…んで、当日。

ひさっさびさの早起きさんだdash

いつもは9時頃に起きているので、4時半起きはツラい…sadsweat01

5時半に家を出て歩いていると、運よくタクシーがやって来た。carsign04

乗ってしまえぃup

タクシーに乗れたおかげで、サックリと駅に到着出来たheart01happy02

そして、切符を自動改札機に通して、ホームに上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7103
まだ日が出てねーよ。sweat02

ちょうど6時、冬なのでまだ日が出ていない。

早朝は快速電車も走っていないので、各駅停車でチンタラと東京駅へ向かう。trainsign04

東京駅なう。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7104
にぎやか~~~~~

まだ7時前だって~のに、何で新幹線は10分おきに走っているワケ~sign02 coldsweats02sweat01

博多(はかた)」行きが早朝から20分おきというのも、よく考えれば恐ろしいことsweat02

オラの乗る列車は、左の真ん中に表示されている「のぞみ9号」(7:10発)だ。

今年は「こだま」をメインに、少しだけ「ひかり」に乗る生活をしていたので、久々の「のぞみ」ちゃんはワクワクする(笑)happy02

ホーム上はかなりの混雑だ。sweat01
特に買い込むものもナイので、待合室に避難しよう…sweat02

ホームを歩いていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7105
やっと日が出て来たッスsunshine

奥は東京湾で、この方向に真っ直ぐ行くと「東京ネズミーリゾート」がある。event

しばらくして、「のぞみ9号」ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7106
おはぁ~~~~sunshinepaper

…まぁ、何だってこんなに人がいるんだ
朝ラッシュ並みだよ。sweat02

ドアが開いたので、車内に入る。

そして、指定された席に座る。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7107
11号車ぁ~~~~~っ

何とも珍しや、11号車ではナイかっdash
この11号車は、色々な設備がある関係上、座席(客室空間)が他の車両の半分くらいしかナイのだ。
なので、ちょっとしたコンパートメント(小部屋)気分になるッス

まぁ、岡山駅での乗り換え切符で指定したので、その辺が考慮されているのかもしれない…
(11号車は階段の近くに停まる)

実は、岡山駅での乗り換え時間は、わずか8分しかナイのだっsweat01sweat01

いくら在来線ホームが近いとはいえ、コレは無理があるんでないかいsign02
のぞみ」が遅れたらどーすんのさ足を怪我していたらどーすんのさsweat02

みどりの窓口で予約すれば、1本前の「のぞみ7号」でもOKだったのかもしれない。
でも、券売機で買ったため、乗り継ぎ割引の列車が固定されていて変更が出来なかったのだ…sweat02
(新幹線と特急に続けて乗ると、特急料金が2割引きになる)

まぁ、とにかく、7時10分に列車は定刻通り発車した。

あとは岡山駅までのんべんだらりと過ごすだけだ。clover

…寝過ごさなければね。coldsweats01

いつもの海側の「」席を指定したので、朝日を浴びながらまったりと過ごす。sunshine

そして、お約束の小田原~熱海間で、窓にへばりついて撮影。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7108
日の出だねぇ~~~~sunshine

昔、東海道線を走っていた、朝一番の「東京発静岡行き」に乗った以来の朝やけだ
(ちなみに、この場所の昼間の光景はこちらをクリックshine

2016年に通い慣れた「三島(みしま)」「静岡(しずおか)」「豊橋(とよはし)」というへっぽこ駅はアッと言う間に通過し、列車は「新大阪(しんおおさか)」駅に到着した。soon

隣のホームには…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7109
さくらたぁーーーーーーーん

九州新幹線の「さくら」が、鹿児島から到着したところだった。cherryblossom

未だに慣れナイのだが、新幹線って、函館から鹿児島まで走っているんだよねぇ~。bullettrainsign04

九州新幹線も乗ったことがあるけど、まさに10年前に松山(というか屋久島)へ行く時に「つばめ」として暫定開業区間を乗っただけだからなぁ~coldsweats01
時代は変わったモノよのぉ~(笑)
(2006年当時の鹿児島の日記はこちらをクリックshine

…さぁ、ココから岡山まではあと少しっ

車窓の景色もトンネルだらけになるので、なおさら寝ないようにしないと…coldsweats01
山陽新幹線の乗り心地は、東海道新幹線とは比べ物にならないくらい揺れなくて快適なのでねshine
(山陽新幹線の方が新しくて高規格)

神戸の辺りの長いトンネルを抜けると、アッサリと岡山駅に着いてしまった。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7110
山陽新幹線、快適ぃ~~~~~goodshine

さぁ、ココからが戦争ぢゃーーーーーーっdashsweat01

乗り換え時間はわずか8分
荷物も大きく&重くナイので、慌てる必要はナイ。

だが、ちんたら撮影等をしていると、置いてきぼりは必至だsweat01

この集団の中の何割かも乗り換えるらしく、階段部分では軽く殺気立っている。annoy
まぁ、駅員さんも毎日の事なので、その辺は考えられて対処してくれるだろう…coldsweats01

階段下の目の前にある新幹線の改札を出て、10m程先の在来線ホームへ降りる階段へと急ぐ。penguinsign04
コンコースのお土産物屋等に立ち寄る時間は一切ナイ。sandclocksweat01

ホームへ降りると、ちょうどこれから乗る特急「しおかぜ7号」がホームに入って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7111
間に合ったぜぇ~~~~ぃsweat01

ほどなくドアが開き、ぞろぞろと車内へ入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7112
入る前に何とか撮影~~~~camerasweat01

車内に入り、指定された席に着く。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7113
みんなバタバタだっwobblysweat01typhoon

全員が座るかどうかの頃に出発時間になった。clock

…ぜーーーーんぜん時間ナイぢゃんpoutdash

周りの人達も「切符を買う時に「走らないと間に合わないかもしれない」って言われたぁ~」とか話し合っていた。
乗り換え組のみんなの表情に余裕はナイ。bearingsweat01

だが、車掌さんからこんなアナウンスが…

対向列車が遅れているため、出発時間が8分ほど遅れます

…倍の時間ぢゃねーーーーかっannoy

合計16分ありゃぁ~、もっとのんびり乗り換え出来たよっdash
コンコースで駅弁やお茶も買えたよっpoutdash
(この先の路線は一部単線なので、よく遅れるのだ)

この後の列車は、乗り換え時間が15~20分くらいあるので、この列車だけがタイトなのかもしれない。sweat01

とにかく、乗り換えも無事済んだので、ちょっとホッとした。bud
もう寝過ごしも何も関係ナイheart01

改めて、自分の席の周りを見てみると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7114
ドーーーーーーーゴっ

木目の鮮やかな座席のテーブル部分に、これから行く松山の名所「道後温泉(どうごおんせん)」と、観光列車「伊予灘ものがたり(いよなだものがたり)」の写真があった。spa trainrestaurant
他の座席には、別の四国の名所がいくつかランダムに貼られている。

この特急列車は、JR四国の車両(8000系)なのだ

いやぁ~~~、ホントに四国に行くのねheart01

バタバタだったので、やっと実感が湧いて来た
オラ的には、岡山辺りではまだ「遠くに来た」と感じナイのだ。coldsweats01

全員が席に着いて、車内が落ち着いた。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7115
今回も周囲は女性ばっかりheart01

今日の旅、不思議と隣には誰も座らず、前後と通路の向こうには女性が多いという現象が…virgoshine
(結局、東京から松山まで隣は空いていたempty

いつもながら、女性に囲まれて旅をするという至福のひと時heart01
オッサンは、臭いし生理的に嫌な音(歯の隙間に詰まった食べカスをクチャクチャ取る等)を立てるのでキライだbearingng

指定席は満席に近い状態だ。

…四国の特急って、こんなに混んだっけsweat02

まぁ、東京~大阪から来るにはちょうどイイ時間の列車なので、人気なのだろう。
意外と自由席はガラガラかもしれない…empty
(さすがに、調べには行かなかった)

発車まで、ホームを眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その1・旅立ち-7116
あぁ、模型で観たことがある特急車両だぁ~

岡山はJR西日本独特の車両が多いので、いろいろ見てみたいのだが、さすがに今日は時間がナイ…sweat02
せめて、隙間から見える車両達だけでも見ておこう。
(この先、すぐにJR四国のエリアになってしまうのでね)

ホーム上には、明らかに「鉄ちゃん」と思われる「大きなお友達」が、結構な割合いでいるのに気が付いた。shadowshadowshadow

青春18きっぷ」は来週から開始なんだけどなぁ…catface
単純に、一大ジャンクションの乗り換え駅だから多いだけかcoldsweats01

さぁ、そろそろ出発のようだclock

わくわくheart01

わくわくheart01happy02sweat01shine

つづき「行くぞ!松山2016冬 その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年12月26日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その5~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その4」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんfujibeer
(全5回シリーズ)

------------------------------

ほな、三島駅前まで戻るでぇ~~~happy02

芦ノ湖の、静岡県側の「芦ノ湖スカイライン」を通って東海道(国道1号線)に戻るルートっす。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4501
(2016年のグーグルマップより)
最後のドライヴイベントぉぉぉぉぉ~~~っ

…現在地
…三国峠展望所
…ドライブコース

芦ノ湖の西側(静岡県側)は初めて通るッスhappy02
ココを通ってみたくて、ヒロちゃんにドライヴをお願いしたのだheart01

もう周囲が暗くなって来たので、おさしんは撮らナイことにした。night

湖畔の北の端っこ「湖尻(こじり)」から、「芦ノ湖スカイライン」へ…

有料道路なので、すぐに料金所があった。dollar
でも、人がいないね…catface

窓口の貼り紙を見ると「この先の料金所で、まとめて払ってね」だって。(笑)
どうやら、ココから途中の本線の合流地点までは別料金のようだ。

素晴らしく整備された山道を登って行く。
東側の細い道とは大違いだgoodshine

すれ違う車も少ないので、ヒロちゃんも運転しやすそうdelicious

快適に山道を走っていたら、急に開けた場所に出た。on
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4502
この奥からやって来たよぉ~~~ん

車が数台停まっていて、人が降りていたので、我々も寄り道して降りてみることにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4503
…どうやら展望台のようだ。

後で調べたら「三国峠展望所(みくにとうげてんぼうじょ)」と言うそうな。
昔からよく耳にしていた「三国峠」って、1つはココだったのかぁ…
(全国的に「三国峠」はいくつかあるらしい)

車を降りて、景色を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4504
おぉ、いぇい

駿河湾が結構近くに見えるship

正面が、三島沼津の街のようだ。
左が伊豆半島だね。upwardleft

箱根の山向こうって、ホントに静岡県だったんだ…(笑)

そして、少し右に視線を移すと、キョーガクの絶景が。upwardright

どん!dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4505
おっフジぃぃぃぃぃぃ~~~~~っfujishine

今回の旅イチバンの絶景だshinehappy02sweat01

左に「愛鷹山(あしたかやま)」、右に富士山(Mt.Fuji)さんが、どどどどどーーーん!といらっしゃる。
しかも、夕焼けが超~~ナイスheart01shine

おフジの足元には、「御殿場(ごてんば)」の街がある。

アングル的に厳しいが、おフジを単体で撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4506
イイねぇ~~~goodshine

あと10分ほど遅かったら…sweat02

ラッキーscissorsshine

アップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4507
これぞ、世界のMt.Fujifuji

静岡からでもナイ、山梨からでもナイ、関東からのアングルっす~~~

関東から見ると、左側が少し欠けているのがポイント
(昔の噴火口で、隕石が落ちたのではナイ)

さて、コレで撮影は完全に終~了~
もうこの先は暗くて何も写らないや。coldsweats01

三島駅前へ向けて、出発っcardash

車は、神奈川県と静岡県の県境を出たり入ったり…upwardrightdownwardright
(上の地図の点線部分ね)
関東地方と中部地方を行ったり来たり」と言うと、何か大げさかなcoldsweats01

再び箱根峠の交差点に戻り、後は来た道(東海道)の坂を下って行くだけ~~downwardleftcarsign04

順調に三島市内へ戻り、車をヒロちゃんの家に置きに行く。house
そして徒歩で三島駅前へ移動。penguinchicksign04

宴の会場は、いつもの居酒屋「はなの舞(はなのまい)」。
チェーン店だけど、メニューが豊富で好きなのだheart01

そして、毎度の刺身の盛り合わせを注文
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4508
やっぱコレっしょーーーーぅheart01happy02dash

東京都内の同じ店とは違うッス

あいにく生しらすは無かったけど、桜えびが載っているッスscorpius
アジも静岡(伊豆)名物だよねぇ~~。fishshine

魚を食べていたら、ヒロちゃんが「わしゃぁ~、肉が食いたいんぢゃーーーいっdash」と吠え始めた。poutdash
…まぁ、静岡県民はいつもフツーに魚を食べているし、今日は運転でエナジー消費したからねぇ~。coldsweats01

…ってなワケで、肉もご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4509
フツーの居酒屋メニューになっちゃったぢゃん

ほぼ健康ランドの格安メニューだぞ。coldsweats01

でも、まいう~だからイイのだdelicious

飲んで話していたら、「すみません、時間です~」と店員さん。
入った時は空いていたのに、気が付いたら満席状態fullsweat01

…さすが、土曜の駅前だ。

最終の新幹線の時間までまだまだあるのに、外に放り出されてしまった。end

…さて、どうしようcatfacesweat02

もう満腹なので、2軒目…は無理ぽ。sad

駅前で考えていたら、すぐ横に見慣れた少女が…virgoshine

久々に寄ってみますか
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4510
ぺこやぁーーーーーーっcake

ペコ屋」こと「不二家」でお茶することにcafe

閉店時間が近かったので、サックリとね。soon

でも、こんなモノをご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4511
別バラーーーーーっ

パフェホットケーキを頼んでしまった。

しかも、両方ともオラが食べるのだscissorsshine
ヒロちゃんはお茶だけ~。cafe

超ひっさびさのスイーツは、まいう~heart01
男子スヰーツ部」全開ぢゃdash

もうさすがに、ぽんぽんがポンポコリンなのぢゃsign03pigsweat01full

…ってなワケで、大東京に帰ることに。
ヒロちゃんもお疲れのご様子。despair
早く帰って寝よう。(笑)

駅前でヒロちゃんとバイバイキンし、新幹線ホームに上がる。bullettrain
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4512
こだまちゃぁーーーーーん

21:21発の「こだま680号」に乗るぞ
最終は「684号」なので、1時間早いね

とりあえず、証拠に1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4513
今年はこの駅名板を何度も見たなぁ…coldsweats01

おフジのいらっしゃる方向を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4514
夜も自己アピール全開っ

昼も夜も「東横イン」のカンバンが自己主張をしまくっている。shineflair
(まぁ、コレが看板の本来の使命なのだからね…coldsweats01

いつものように、2号車の位置に向かってホームをテコテコ歩く。penguinsign04

シューーーーーーー、どーーーーーーん!!dash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4515
のぞんでるーーーーーぅdash

人がいない静かなホームを、「のぞみ」ちゃん達がゴーカイに通過して行く。bullettraindash
三島駅の通過速度は比較的低いのだが、それでも結構な迫力だ。

のぞみ」ちゃんが去ると、また静かな空間へと戻る。clover

ホームにある売店に、こんなポスターをハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4516
よーーーーかん

富士市の名物「ようかんぱん」だshine
静岡駅~三島駅の間で結構売られている。

下には解説が書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4517
2種類あるッス

基本は黒い方だが、季節限定で白いバージョンも売っている。

安くてまいう~なので、旅の途中で見つけたら買ってみてねheart01delicious

10分チョット待ったら、「こだま」ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4518
待ってたよぉぉぉぉぉ~~~~んhappy02shine

ガラガラの車内に入り、いつもの「オラの指定席(10A・11A・12Aのどれか)」に着く。chair

そして、まったりするも、三島からではアッという間に東京駅に着いてしまった。soon
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5-4519
早いッス~~~~happy02

発車案内板は、相変わらずの「回送」祭りだなや

オラの乗って来た列車は、品川(大井埠頭)の車庫へ回送されるのか
はたまた、三島駅横の車庫まで回送されるのか
(東京に近い車庫はこの2つなので、頻繁に走っている)

いやぁ~~~、今回も楽しかったねheart01

コレで芦ノ湖の記憶も更新出来たし、新たなおフジの撮影ポイントも発見出来たし、収穫が大きかったッスscissorsshine
ヒロちゃん、ありがとねぇ~~~~んhappy02dash

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~んhappy01papershine

(おしまーい!)

| | コメント (4)

2016年12月22日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その3」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんfujilibra
(全5回シリーズ)

------------------------------

それでは、次の観光スポットへ~~~

お次は「ヒロ」ちゃんがまだ観た事のナイ、世界的に有名な「大涌谷(おおわくだに:Owakudani)」へ行こうhappy02

位置関係はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4401
(2016年のグーグルマップより)
芦ノ湖の東側ッス~。upwardright

…箱根関所(現在地)
…大涌谷駅
…ドライブコース

駐車場に戻り、車でGosign01cardash

ココからしばらくは、観光ルートのど真ん中を走るので、車と人が結構多い。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4402
車が多くても、比較的流れているッス~~happy01

ちょうど正面に富士山が見えたので、アップで撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4403
おフジぃ~~~~んfuji

…今になって、雲が取れたよ。coldsweats01

この先も、このままでいてくれればイイのだけど…sweat02

細い道に入り、クネクネ進んで行く。
大涌谷駅まで快調に行けると思っていたら、途中から渋滞で完全に停まってしまった。sweat02

今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4404
(2016年のグーグルマップより)
ていじろーーーーーーっ

…現在地
…大涌谷駅
…ドライブコース

大涌谷駅に行く道は1本しかナイので、手前の丁字路から駅前の駐車場まで完全におダンゴ状態…carrvcarbuscarsweat01
あとチョットなのになぁ~。

…みんな考えていることは同じだね。coldsweats01

車列は遅々として進まナイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4405
道路閉鎖が16時なんだよねぇ…sweat02

ロープウェイが17時までしか運行しないので、日没と同時に丁字路から駅までの道路の入口が閉鎖されてしまうのだ。ban

…少々焦る。sweat01

そんな中、車列の横をテクテク歩いてすり抜けて行く女性の姿が。virgo
この女性がイチバン賢い人かもぉ~coldsweats01

あっという間に見えなくなった。soon

坂を下りて来る車が多いほど駅前の駐車場が空くので、ガンガン下りて来て欲しいんだけど…
そう都合良くはいかないようだ。coldsweats01

ノロノロと進み、やっとロープウェイの真下までやって来た。libra
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4406
駅は目の前ーーーっsoon

この時点で15時13分
…何とかダイジョーヴそうだcoldsweats01

わずか先なのだが、やっと目的地が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4407
前の車の女子グループもウンザリしているようだ…sad

そしてチビッと進み、左に駐車場が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4408
あと何分掛かるんだsign02

ココで先に降りちゃおっかなsmile

またチビチビ進んで行くと、ゴールが目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4409
スゲーーーーーーー雪っsweat01 snow

ソリで遊べそうだ(笑)
上の路面に積もった雪を、ココに捨てていたのだろう。

ゴール直前で、おフジがハッキリと見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4410
おぉ、いぇい

外国人グループ達がしきりにシャッターを切っている。cameradash
いっぱい撮ってねheart01 delicious

そして、やっとこさ駐車場に車を停めることが出来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4411
おフジぃ~~~~~~~~んfuji

ただ今15時半、間に合ったぜぇ~~~~いscissorsshine

渋滞している事からお解りの通り、駅前は大変な混雑だ。typhoonsweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4412
人だらけぇーーーーーーーっsweat01

イチバン奥の建物がロープウェイの駅舎で、手前はおみやげ屋や飲食店だ。

ココにいる半分以上が外国人観光客ではなかろうか…
ほぼ日本語が聞こえて来ナイ。coldsweats01

まずは、奥の駅舎前の景色をご覧いただこう。upwardright
(実際に歩いた順番と違うけどね)

駅舎前もロープウェイに乗る人の列で大混雑。typhoon
今並んでいないと、17時頃の最終運行に乗せてもらえないとのこと。danger

列の横をすり抜け、奥の突端まで行く。upwardright

そこから見える景色は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4413
ヨ~ロレイヒぃ~~~~~~~clover

まるでスイスアルプスのような光景だhappy02
正面の山の向こうが「早雲山(そううんざん)」や「強羅(ごうら)」駅方面。

引いたアングルで観ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4414
ロープウェイ、小さっsweat01

スゴい所をロープウェイは通っていて、ココが最大のビューポイントshine

右のモクモクした方向を見ると…upwardrightcloud
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4415
おおわくだにっ

まずはお約束の、駅名板とのコラボでdelicious

…んで、駅名板の向こう側はどんな光景かというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4416
モクモクcloud

この煙、当然ではナイ。
では、温泉の湯気かな…と思うでしょ。spa

もうチョット近づいて見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4417
シューーーーー、シューーーーーっdash

何かスゴい事になっているぞ。catfacesweat02

アップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4418
ぢごくぢゃーーーーっsweat01

猛毒の火山ガス「亜硫酸ガス」と「硫化水素ガス」が、惜しげもなく大開放されている。dash
近寄ったら、即イチコロよheart01 sagittarius

少し下のほうを見ると…downwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4419
せいきまつぅーーーーーーっend

まさにこの世の終わりのような地獄絵図だ…。sweat02

いろいろな設備があるという事は、ココに人が出入りしているということで…
このやぐらが、付近の温泉宿の源泉なのかなspa

ヒロちゃんもこんな景色が観られるとは思っていなかったようで、「おぉ~っsweat01」とオドロキ気味coldsweats02sweat01
すぐそばの静岡県民なのに、外国人よりも何も知らないのね。smile

この地獄から右に視線を移すと…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4420
高いお山がひとつ。

このテッペンが「神山(かみやま)」のようだ。

秋田県の山奥にも、似たような景色の温泉地「玉川温泉」がある。spa
(かなり遠いけど、超~オススメやでぇ~
雪があるので、まるで秋田に来てしまったような錯覚にcoldsweats01

さらに右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4421
おみやげ物屋がた~くさんpresent

駐車場は、右の建物の向こう側にあるッス。upwardright

左の建物の奥が散策出来るコースになっているのだけれど…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4422
入っちゃダメ~~~~~っbandash

大涌谷自然研究路」と呼ばれるお散歩コースなのだが、火山活動が活発になって噴火した2015年6月以降、入場が規制されている。bandanger
この周辺一帯が規制されたが、2016年の夏になって一部解除された。
さっきの地獄部分が噴火したとのこと。impactdash

通常時も、ガスが濃くなった時は閉められてしまうッス。danger
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4423
この注意書きはリアルに守らないと、即死ぬ事もあるッスdanger

ココは何回か入ったことがある。
常に硫黄臭い空気が漂い、足元を流れる水は硫黄臭くて温かい。
…つまり温泉が流れているッス。spa

この自然研究路の奥にある建物で、ココの名物が作られている。house

今回は現場に行けナイので、こちらのイメージで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4424
くろいにゃぁ~~~~~~~んcat

湧き出る温泉で茹でた「温泉玉子」が一大名物ッス。chick
殻が化学変化で真っ黒くろすけなのだnewmoon
(味はフツーの固ゆで卵と同じ)

黒玉子売り場は長蛇の列。
さっき、車列の脇を抜けて行った女性は、この黒玉子を買いに行ったようだ。
駐車場に入る前に袋を持って戻って来たので、無事にGET出来たようだdelicious

でも、今並んでいる人達はGET出来なかったようで、「もう売り切れで買えなかった…」と残念顔。weep
また平日にでも再チャレンジしてねcoldsweats01

建物の前にあるイスが、こんなおされなものになっていた。chair
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4425
たま様ぁ~~~~~~っfullmoon

…リアル過ぎる。(笑)

まさにこのイスの通りッス
コレに塩を掛けて食べるのが一般的。delicious

16時を過ぎた。clock

急にアナウンスが激しくなる。thundersweat01

ロープウェイに乗る人は、今並んでいないと帰れないよーっ 早ぉ並べやぁ~sign01

コレを日英中韓の4ヶ国語でけたたましくアナウンスしている。dashdash
日没になると、真っ暗になってゲートも閉まり、ロープウェイも止まってしまう。night

リアルに命の保証はナイ。
(火山ガスと気温の両方で)

さすがの中国人団体も、おとなしく従っている。coldsweats01

以前、まぢで最終のロープウェイに、マレーシア人団体を連れて乗った事がある。
その日記はこちらをクリックshine

日も暮れて寒くなって来たので、我々も先に進もう。

駐車場に戻って、車に乗り込む。car
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4426
…あぁ、ココから見えるぢゃん

左の薄茶色の茂みがお散歩コースの入口で、右の中ほどに見える煙の下にある小屋が、黒玉子を茹でている「玉子茶屋」ッス。

アップで見てみよう。search
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4427
ぐつぐつspa

入場は制限されているが、職員は居るらしく、卵を運ぶミニロープウェイが動いているのが見える。libra
(もう終了時間なので、コンテナは空だったけど)

通常時は、左から生卵が茶屋へ上がって行き、茶屋からは黒玉子が降りて来る光景が、間近で見られる。upwardrightdownwardleft
(確か、玉子茶屋でも買って食べられた記憶が…catface

出発しようとしたら、目の前に絶景があったので、慌てて降りて撮影してみたcamerasweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4428
おぉ、いぇい

太陽が雲に隠れる寸前を、かろうじて捉えることが出来たscissorsshine

手前の雪がスゴ過ぎる…sweat02 snowsnowsnow

来た時の渋滞がウソのように、駐車場がスッカラカンempty
わずか30分の間に状況が一変してしまった…recycle

さぁ、出発っdash

この先は、もう三島駅前に戻って居酒屋で宴をするのみheart01 fishbeershine
芦ノ湖の静岡県側の道を通って戻るのぢゃぁ~~

あんなにいた車が全くいなくなった道をサクサク下る。downwardleftcarsign04

すぐに、丁字路に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4-4429
しまっちょるぅぅぅぅぅ~~~~っsweat01

現在、16時14分
上りはガッツリ16時に閉められたようだ。end
これも火山規制の一環らしい。

ゲートを通過した後は、サクサクと芦ノ湖畔まで降りて来られた。
このペースなら、三島駅前には1時間くらいで着くだろうdelicious

オラ、早く居酒屋に行きたいのheart01(笑)

居酒屋は17時から開店しているからねぇ~~。
(その後は新幹線で帰らないとイケナイのでbullettrain

ほな、次行ってみまひょかぁ~~~~carsign04

つづき「その5」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年12月19日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その3~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その2」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplecarsign04
(全5回シリーズ)

------------------------------

では、関所を通ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4301
何人(なんぴと)たりとも、関所以外の場所を通り抜けることは許されていない。ban

たとえ工事中であってもだ。(笑)

…あれれ?catface

どうやら、今回も一般的な順路とは逆の方向に歩いてしまっているようだ。sweat02recycle

西側(京都側)から入って、東側(江戸側)へ抜けてから、資料館を観るっぽい。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4302
(2016年当時のパンフを撮影)
右下から左上()に歩くのが順路のようだ。upwardleft

…またまた、やっちまったようだな。coldsweats01

なので、今回は「江戸から京へ向かう」という流れで観て行こうdownwardright
建物のおさしんは、日差しの向きの関係上、ほとんど京側から撮っているッス。upwardleft

まず、今いる門(茶屋)の前が「江戸口千人溜(えどぐちせんにんだまり)」という広場で、関所が閉まっている時間(午後6時~翌朝6時)は、旅人はココで待機していたようだ。bud
なので、関所の反対側にも「京口千人溜(きょうぐちせんにんだまり)」がある。

では、こちら側の門「江戸口御門(えどぐちごもん)」をくぐるぞ

門をくぐるとすぐに、右上にこのような立て札(高札)が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4303
ははぁ~~~~っ m(_ _)m

この関所を通るために必要な事項が書かれている。danger
内容は関所ごとに違うそうで、厳しい所もあれば緩い所もあったそうな。

関所は、一般的には「入り鉄砲と出女」を取り締まるのが特徴で、武器の持ち込みと女性の出境が特に厳しかったとのこと。bombvirgo
(逆向きの移動に関しては、特に制限が無かったっぽい)

まぁ、今の空港での出国審査とあまり変わらない内容ッスsmile
(「頭巾を取れ」とか「馬や籠から降りろ」とか「(女性は)通行証を見せろ」とかね)

…で、ココ箱根関所は「出女」に重点が置かれていたようだ。
理由は書かれていなかったが、ナゼなんだろう…
何か隠し持って江戸から出られたのかな????
(男だって隠し持てるのに…ねcatface

家柄の良い娘の「駆け落ち」や「家出」や「誘拐」を防ぐのが目的??

女性は別室で女性係官による身辺チェックがあったそうな。eyeshine
髪もほどかれて調べられるほどの、念の入りよう

そして、左後ろにチロッと見えている建物が、メインの番所だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4304
デカいのぉ~~~sweat01

ちなみに、チケットを持っていない人も、真ん中の通路を通るだけなら通り抜けることが出来る。on
(無料と有料のエリアが柵で仕切られている)
このおさしんは、無料のエリアから撮ったモノ。camerashine

建物の中を観たい人はチケットを買ってねticket

では、チケットを見せて、番所の中を見て行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4305
う~ん、江戸時代ですなheart01

正面に見えるのが、今くぐって来た江戸口御門ッス。

順路によると、「まずは建物の裏側へ行け」とのこと。downwardleft

他の観光客と一緒に、狭い戸をくぐって裏側に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4306
絶賛工事ちう~~~~っwrench bearingsweat01

見事な光景なのだが、金属パイプぐゎ……sweat02

…まぁ、仕方がござらぬ。catfaceclover

左奥に小さな「雪隠(せっちん)」があり、これも見学スポットだそうな。

雪隠とは、今で言う「おトイレ様」。toilet
でも、江戸時代なので、設備的には中国の「ニーハオトイレ(仕切りの無いトイレ)」に近い。
まぁ、それでも小さな目隠し板があるだけ、ちうごくよりはマシであろう。(笑)

また戸をくぐって、番所の側面にある土間等を観ながら正面に戻って来た。recycle
案内板様からは「次は番所の中を見ろ」とのお達し。

中には上がれナイので、縁側部分から中を観る。eyesign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4307
取り調べ、なうっ

お役人様に改められている最中ッス。sweat01

ナゼか、人形は全てグレー一色に塗られている。
この時代の詳細な色遣いなどが判明していないので、正確に再現出来ナイから」とのこと。

お隣の部屋は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4308
おかしらぁーーーーーっ

このお方は「伴頭(ばんがしら)」と言い、小田原藩から赴いたココの責任者だそうな。
(箱根関所は、幕府の指令により小田原藩が担当していた)

後ろには鉄砲や弓等の武器が置かれている。sagittarius

では、対面にある建物に移動しよう。

無料エリアをいったん横切り、向かいの有料エリアに入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4309
この黒い柵がエリアの仕切りッス

こちらは「足軽番所(あしがるばんしょ)」と言う建物で、犯罪人の牢屋や職員の詰所として使われていたっぽい。

日差しがガンガン当たるので、屋根からの雪解け水が半端ナイ…coldsweats01 sunshinespa

そして、さらに奥にも見学場所があるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4310
やまのうえーーーーっ

山の上に見える小屋も、関所の建物だそうで。upwardright

みんなテコテコ&ヒーヒー登っているので、オラ達も登ってみることに…。catface

長い石段を登っている時に、ふと振り返ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4311
おぉ、いぇい

キレイぢゃのぉ~~~~shinehappy02

ちょうどおフジがお姿を現し出したので、湖面のお船とコラボでアップで撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4312
おフジぃ~~~~んheart01fujiship

肉眼ではキレイに観えるのだが、へっぽこデジカメだとキレイに写らナイね…coldsweats01

こちらに向かって来る豪華なお船は、芦ノ湖名物の「海賊船(かいぞくせん)」ッス
小さい頃、ワクワクしながら乗ったなぁ~~heart01happy02sweat01

やっと階段を登り切ったッス。end
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4313
とおみ~~~~~

遠見番所(とおみばんしょ)」と言う小屋で、見晴らしがイイので周囲の監視用に使われていたそうな。eyeshine

小屋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4314
すけるとーーーーーーんpigdash

よく見えるように、骨々のスケルトン構造だ

ちょうど目の前にいた同行のヒロちゃんが、役人と同じ格好をしていたので撮ってみたッスsmile

ちなみに、裏側の景色はこんなカンジ。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4315
まっしろーーーーっ

どの屋根も雪で真っ白だsnowshine

京都市街のチト奥の方っぽい雰囲気だ
コレでお寺の鐘が鳴ったら完璧なのだが。smile

テッペンにある展望広場から関所全体を見下ろすと…downwardlefteyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4316
ちゃんぷるぅ~~~~ぅ

江戸時代」と「現在」と「中世の欧州」が混ざり合っちょるぅぅぅ~~っtyphoonsweat01

まるで黒船が日本にやって来た時のようだ。shipsign04
(生まれてねーよ。笑)

海賊船をアップで撮ってみた。camerasearch
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4317
ワイルドだろ~~ぅ(←チト古いよ)

見た目は帆船なのにエンジンで進んでいる、この矛盾。(笑)

…そう言えば、ナゼ「海賊船」なのだろうcatface

小さい頃からすでにあったので、当たり前に受け入れてしまっていたが、落ち着いて考えると「箱根」と「海賊」の関連性って…
ドン・キホーテ」と「観覧車」のようなモノかsmile

ほな、下界に降りまひょか~

番所の前まで降りて、京都側の門「京口御門(きょうぐちごもん)」を出る。

そして、目の前の広場「京口千人溜」から振り返って1枚。recyclecamerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4318
コレだよぉぉぉぉぉぉーーーーっdash

オラが観たかったのは、こんなお江戸な光景だったんだよぉぉぉぉ~~っhappy02sweat01

ちょうど西洋人2人組が歩いていたのが、逆に良いスパイスとなって効いているねheart01

そして、門の前の道を進んで、また振り返ってみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4319
もんぜんまちぃ~~~

門前町」と言うのだろうか(笑)
道の両側にお店が並んでる。househousehouse

こちらは観光客でかなり賑わっている。

…やっぱ、こっちが観光の「表玄関」だったんだ。coldsweats01

そして、道が一般道路に接する終点(本来は起点だね)には、こんなカンバンが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4320
ハコセッキーーーーーーーーーっ

箱根関所」の堂々たる4文字が。shine

こちらから写真を撮って進むべきでしたな。coldsweats01

…ま、とにかく、コレにて関所見学は終~了~~ぅhappy02

お腹空いたっ(笑)

もう13時を過ぎているので、軽く昼食を摂ろう。restaurant
夜に三島駅近くの居酒屋で宴をするので、今はサックリとscorpius

道の横にある大きなおみやげ屋さんの中におそば屋さんがあったので、そこで食べることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4321
空いているねぇ~empty

観光客が多いとはいえ、ほとんどが観光バスで来た団体なので、こういったお店にはフラッと寄れナイのだろう…catface

それにしても暑いsweat01

ガラス張りで太陽がいっぱいなので、室内の気温は上昇中~~sunshinespa up
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4322
外のおみやげ屋の前は寒そうだtyphoonwobblysweat01

そんなせいではナイのだが、オラは「ざるそば」を食べることにした。
十割そば」とのことなので、それならば「ざる」に限るでしょheart01deliciousscissors

ほどなくやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3-4323
おぉ、いぇい

実にシンプルで美しいheart01

もちろん、お味もまいう~よhappy02
(そばつゆも美味い)

…ふぅ、小腹も満たされたheart01pigfull

さて、それでは駐車場に戻って、芦ノ湖の周りをドライヴしますかいのぉ~~

反時計回りに一周するのだup

ヒロちゃんには言っていなかったのだが、ロープウェイの「大涌谷(おおわくだに)」駅にも寄ってみようと企んでいるッスsmile
三島からこ~んなに近いのに、箱根登山鉄道等に乗ったことがナイんだって、ヒロちゃんってばcoldsweats02

…ってぇ~ことは、ヒロちゃんは大涌谷の景色も知らないワケで…(にや)

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その4」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月15日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その1」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplefuji
(全5回シリーズ)

------------------------------

さて、ココのメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」に入ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4201
セレヴですなheart01

展望館」っちゅ~からには、何かが展望出来るのだ。(笑)

今いる場所はこんな所ッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4202
(2016年のグーグルマップより)
だよぉ~~~ん。

真正面に芦ノ湖があり、その奥には富士山さんがいらっしゃるのだfuji

ちなみに、今日これから行く所は、の下にある箱根関所資料館ッス。
そして、湖の周りを一周するのだrecycle

湖の左側にある道路「芦ノ湖スカイライン」をご覧いただくと解るが、ココ(点線)が神奈川県と静岡県の県境になっている。
両県を出たり入ったりの繰り返しぃ~~carsign04

では、展望してやろうではないかっdash

建物に入り、2階へ上がる。
中は広くはないので、特に観るモノはナ~イ。coldsweats01

そして、2階のバルコニーに出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4203
おぉ、いぇい

スーパーヴューですなgoodshine

正面奥のちょい右におフジがいるんだけど、ちょうど雲が掛かって見えナイや…cloud
あぁ、残念…。weep

ちなみに、快晴時にはこう見えるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4204
おフジぃ~~~~ん

コレは上空から撮ったモノのようだが、位置は大体同じっぽい。on

おフジが見えないので、仕方がナイから先に進もう。coldsweats01

建物を出て、左の湖畔沿いに出る小道を歩く。penguinsign04
何気に本格的な登山(ハイキング)コースっぽい場所もあるぞsweat01

そして、湖畔の開けた場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4205
左奥から降りて来たッス~~upwardleft

くるっと後ろに振り向くと、こんな案内板が…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4206
ホーーーホーーーーっ

ふくろうさんがお出迎えだchick

ココは「塔ノ鼻広場(とうのはなひろば)」と言うそうな。
外国人観光客が多いので、大抵の案内板は4ヶ国語で書いてあるッス。pencil

芦ノ湖の奥の方はさっき観たので、左側の関所のほうを観ると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4207
きらきらりぃ~~~~~んshine

どこかの離島に来たみたいだshipsign04

小笠原の父島にも、こんな光景があったなぁ~
(さすがに雪はナイけどcoldsweats01

左奥に観光船の港があるので、結構船が行き交っていて賑わっているッス。shipsign04

道をさらに左に進むと、湖畔に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4208
おぉ、いぇい

何とも秋らしい光景だshinemaple

外国人観光客達も、ココで写真を撮りまくっている。cameradash

ふと水面を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4209
モミモミ~~~~~ぃmaple

もみじの葉っぱがゆ~らゆらと……乙ですなgoodshine

林を抜けると、目の前に関所の資料館が見えて来た。

…がっ

近付いて行くと、何かが違う…catfacesweat02
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4210
テント小屋???sweat02

どうやら改修工事を行っているらしく、ほとんどがブルーシートで覆われていた。on
小さい頃に来た時の記憶はナイので、通常のお姿が全く判らナイ…。sweat02

中は通常営業しているようなので、とりあえず前まで行ってみた。

入口で受付のお姉様に「ココの入場券で関所も観れますよ~」と言われたので、素直に従うことに。
500円を払って、小さなチケットと「通行手形」と書かれた大きなパンフをもらった。ticket book

パンフの案内絵図で関所の全容をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4211
(2016年当時のモノを撮影)
お江戸ぉ~~~~happy02

今いる場所(資料館)は、左側の朱色■の建物ッス。upwardleft
関所は、西側に少し進んだ所にあるッス~。
(白い□が書いてある建物の全てが関所内ッス)

まずは資料館から観て行こう

中は撮影禁止なので、おさしんはナイわよんsmile

いろいろな展示物があって、予想していたよりもぜ~んぜん楽しめるhappy02
謎のゆるキャラが、パネルで展示物の解説をしてくれたッス
(実は、このキャラがココの重要人物なのだsecret

出口では、関連のおみやげも売っているよ~んpresent

資料館を出て、湖側の細~い道(工事中でさらに狭い)を進むと、広い場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4212
オァチャーーーーーーっdash

御番所茶屋(おばんしょぢゃや)」と言う小さな茶屋があった。japanesetea
アルファベットで「Obansyo-jaya」と書くと、何かマレーシアの地名のようだ。smile

ちょうどお昼時なので、そこそこ人が入っている。
(おみやげも売っているpresent
甘味が女子のハートをガシッと掴んでいるようだhappy02heart04

お店の前には、こんなモノが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4213
あっしは旅の団子でござんす 🍡

かなり辛そうな団子さんだなや…smile
隣のソフトクリームくんと一緒に旅をしているのかな

そして、正面にある東側(江戸側)の門を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2-4214
コーーーーージっ

あれれ、ココも工事中だよっsweat01 wrench

来たタイミングが悪かったようだ。catface
ちゃんと観られるのかなぁ…sweat02

…ま、チケットを買ってしまったので、観るしかナイんだけどねcoldsweats01

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その3」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月 5日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その1~

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根の「芦ノ湖(あしのこ)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょんmaplecarsign04
(全5回シリーズ)

数ヶ月前、「特攻野郎Bチーム」のメンバー「ヒロ」ちゃんに、「オラを芦ノ湖へ連れてってぇ~~んheart01」とおねだりした。
そしたら快諾してくれて、11月26日決行となった。scissorsshine

24日に関東でもが降ったので、チト心配していたのだが…snow sweat02

さて、当日。bud

ド晴天だぜぇ~~ぃshinesun happy02sweat01

家を出て、東京駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4101
シンカンセーーーーン

箱根に行くのに、ナゼに新幹線様に乗るsign02 bullettraindash

通常、東京都心から箱根に行くなら、「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線のロマンスカーで直行というのが、定番中の定番であろう。goodshine

でも、今日は違うのだ。bud
さっき、中央線で新宿駅を素通りして来ただ。trainsign04

何でかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4102
(2016年のグーグルマップより)
今回は南から攻め込むのよheart01up

…東京駅
…新宿駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…熱海駅
…三島駅
…芦ノ湖
…富士山

ヒロちゃんが「三島(みしま)」駅のエリアに住んでいるので、まずは三島駅で合流という次第。clover

ほな、小田原か箱根湯本までお迎えに行きまひょか~」と言われたけど、そうするとヒロちゃんは険しい峠を越えなければならないワケで…carsweat01
かと言って、芦ノ湖集合にすると、時間が掛かるのに電車賃が新幹線とほぼ一緒となるワケで…dollarclocksweat02
(箱根登山鉄道とロープウェイの運賃が高いのよ…)

…ってなワケなので、お値段と楽さのバランスが取れた「三島駅集合」と相成ったscissorsshine

今から乗る列車は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4103
まいどぉ~~~~papershine

毎度の「こだま」ちゃんだbullettrain

もはや、ヘタな東京の私鉄よりも乗車回数が多い…sweat02

空いた車内で快適に過ごし、約1時間で三島駅に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4104
楽々ッスheart01

この1ヶ月間で、三島駅を見るのはコレで5回目ッス
(今日の帰りが6回目ね)
さらに7日後にも一往復するんだけどぉ~~。(笑)

ホームから山側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4105
おフジぃ~~~~~んheart01

やったーーっsign03今日は富士山が良く見えるぞshinefujishine

雲は手前にあるモノなので、向こうに行けばキレイに見える場所もあるだろう

ちょうど、通過列車が来たので、駅名板と新幹線とおフジの「三位一体(さんみいったい)」攻撃をかましてみた。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4106
でんちゅーでござぁーーーーーーーるっdash

…あぁ、またしても電柱が。(笑)

かろうじておフジのテッペンが見えるから、良しとしますかいのぉ~。coldsweats01

今日の待ち合わせ場所は、いつもとは逆の「北口改札」。

新幹線の下にある改札だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4107
今まで全て南口から出て観光していたので、チョット新鮮~happy02

北口という事は、駅前広場を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4108
おフジぃ~~~~

富士山がハッキリと見えるねfuji

まぁ、お約束の「東横イン攻撃」は仕方ナイが…sweat02
(三島も甲府も、富士山がキレイに見える場所に東横インのデカい看板がある。→甲府の状況はこちらをクリックshine

すぐにヒロちゃんの車がやって来たので、いそいそと乗り込む。car penguinsign04

さぁ、出発なのぢゃーーーっdash

東京(東側)の人間からすると、「箱根」というのは「小田原の奥地」というイメージなのだが、静岡(西側)住民のヒロちゃんからすれば「三島のチョット上」らしい。
箱根は神奈川県で三島は静岡県なので、「近い」というイメージが湧いて来ない…catface
湯河原(神奈川)と熱海(静岡)は、通り慣れているので実感出来るが。

三嶋大社の前を通って、天下の国道1号様(東海道)に出る。

少し走ると、箱根の峠に向かって登り坂になった。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4109
…川越街道(笑)

埼玉の川越街道や栃木の日光の近くにも、似たような光景の場所がある。clover

少し走ると、道路標識が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4110
未知の領域ぃ~~~~~っ

オラ、国道1号線は各区間を結構通った(見た)ことがあるんだけど、芦ノ湖~三島間は初めてぢゃ

この先の交差点って、結構重要なジャンクション的存在でなくねrecycle
高速道路がいっぱいぢゃ

…あ、さっきから写っている新幹線クマのケツは気にしないでねsmile

市街地を抜け、峠道になって来た。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4111
クネクネ~~~~

国道の王様、天下の1号様にしては規模が小さいような…catfacesweat02
下級の400~500番台の国道と変わらナイぞ。

…と思ったら。chick

この先は改良工事が行われたらしく、ピッカピカな広い車線とトンネルの連続
…さすがですな。goodshine

途中で、左に吊り橋が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4112
なんぢゃらほいcatface

ヒロちゃん曰く「観光用の吊り橋で、おフジがよ~く見えまっせ」とのこと。delicious

事実、観光バスが何台も停まっていて、橋の前の駐車場と建物は混雑している。typhoon

吊り橋は歩行者のみで、何と有料だそうな
(しかも結構な料金らしい)
でも、吊り橋から真正面に何にも邪魔されずにおフジが見えるっぽいので、一度行ってみる価値はありそうだfujishine

日が当たって暑いくらいの車内でぬぼへぇ~~~としていたら、すぐに箱根峠のサミット(テッペン)に来てしまった。upwardrightdownwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4113
…ち、近い。sweat02

ココから先は神奈川県箱根町
…こんなに近かったんだぁ~。coldsweats02

標高は846mとのこと。
三島駅が約38mなので、結構登ったぞ、こりゃこりゃdelicious

奥にすんごい雲が見えるけど、あの山は箱根山の方角なので、富士山とは関係ナ~イcloud

そして、テッペンを越えて神奈川県内に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4114
雪ぃーーーーーーっsnow

いきなりからに変わったッスsweat01

…そっか、峠のこちら側は日陰なので、雪が融けないんだ。catface

雪道をほんの少し下ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4115
アッシ~~~~~~~ぃ

正面に芦ノ湖が見えて来たheart01

…やっぱ近い。catface soon

そして峠を下り切ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4116
はこねしゅくぅ~

とってもお江戸な「箱根宿」の文字が…。

…ってなワケで、もう着いちゃったheart01 scissorsshine

小田急&箱根登山線で来るよりも、格段に早い&空いている
箱根湯本(小田原)~芦ノ湖間のバスは、シーズン中は渋滞で動かないのよ…bussweat02

今はどこにいるかって~と…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4117
芦ノ湖の右下の「現在地」だよぉ~ん

…現在地
…三島駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…大涌谷駅
…ドライブコース

ココは有名な「箱根関所」がある場所で、「元箱根(もとはこね)」と言うエリアだ。

小さい頃に来ただけだと思うので、ぢ~っくり観てやろうとヒロちゃんにお願いしてやって来た次第。clover
今回は、芦ノ湖の周りをくるっと一周するのぢゃcarrecycle

の「大涌谷(おおわくだに)」駅を観て、のルートで湖を一周する予定~

まずは車を停めよう。

空いている駐車場を探していたら、街のイチバン奥(東)の方まで来てしまった。sweat02
でも、すんなり停められたのでOK~happy01

車を降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4118
寒いッスねぇ~~~~っsweat01

静岡県内では日差しで暑いくらいだったのに、山の裏側の神奈川県は寒いッスwobblysweat01
(だから雪が残っているんだけどねぇ~snow

とりあえず、奥の丘に登って、左の奥にある関所へ行くことにしよう

まずは奥の入口に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4119
公園なのねbud

県立恩賜箱根公園 湖畔展望台」と書かれている。

恩賜(おんし)」と言うくらいなので、天皇家の御料地だった所のようだ。

ほな、行ってみまひょ~~

入口には門があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4120
ゴリッパーーーーっbanana

何ともご立派な和風の門ですな

門をくぐって、右斜め上に登って行くと…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4121
何かスゲーぞっsweat01

背の低い木のトンネルだ。
高さが2~3mくらいなので、はじっこの方に行くと頭に枝が刺さるcoldsweats01
しかも、雪解けの水滴がポタポタと…sweat02

テコテコと通り過ぎると、また雰囲気が変わった。recycle

この公園内はどうなっているかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4122
結構広い~~~~っon

右上のが、さっき車を停めた駐車場。car
そこから赤い★を歩いて、くるっと一周するつもり~recycle
中央にある黄緑色っぽい場所が、ココのメインらしい。

今は、左上のの辺りにいるッス。

さらに、左上のの下辺りに来ると、視界が開けてきた。on
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4123
芦ノ湖が見えるぅ~~~happy02

何か景色が良さそうだぞ

そして、奥まで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4124
おぉ、いぇい

さすが御料地、エクストラビューですなshine

真正面におフジが見えるんだけど、今は雲で隠れちゃっているッス…cloudfujicloud crying
(正面の高い山の右奥に、富士山さんはいらしゃる)

周りで撮影していた人達も「あらららら……sweat02」状態。coldsweats01
でも、しばらく待てば見れそうだsandclock

ココから右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4125
雲がすごーーーーーーいっclouddash

こちらは、箱根山のご一行様だ。
神山(かみやま)」と「箱根駒ヶ岳(はこねこまがたけ)」の2つであろう。

この山々が箱根山の中心部で、裏側では毒ガスがシューシュー噴き出ている活火山だ。danger
芦ノ湖は箱根山の中にあるカルデラ湖で、その周囲の山々も含めて「箱根山」と呼ばれているそうな。

…つまり、箱根山は太古の大噴火で地中のマグマが出切ったせいでテッペンが陥没して、大きな穴っぽこが開いてしまったらしい。

凹んでいなかったら、富士山と双極をなすお山として君臨していたかもしれないね
そしたら、芦ノ湖仙石原(せんごくばら)も強羅(ごうら)も無かったワケで…coldsweats01

…ま、凹んでくれたおかげで、おフジが映えるようになったし、世界中から観光客が来る温泉郷になったし……ありがたやheart01

ココでさらに右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1-4126
よーーーーかんjapanesetea

しゃれおつな洋館が建っているねぇ~。
ココがメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」のようだ。

…何か、この光景って、札幌金沢っぽくねcatface

雪があると結構フンイキが変わるねぇ~。snow

さて、展望館の中に入ってみっぺか
そのうちにおフジも見えるだろうしぃ~~。fuji

ほな、行きまひょかぁ~~~~

つづき「その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年11月28日 (月)

実物日記 ~「いずっぱこの赤電」2016~

2016年11月20日、ちょっくらしぞ~かまで海鮮を食べに行こうと出掛けた途中のおハナシ。fishscorpiuswave

大トーキョーの「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線に乗って、神奈川県の「小田原(おだわら)」駅までやって来た。
ココでJR東海道線に乗り換えて、静岡県をめざすのだ

JRのホームで普通列車「熱海(あたみ)」行きを待っていると、先に特急踊り子」号がやって来るとのこと。

ほどなく、踊り子ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5501
志村っ!うしろ、うしろーーーーーーっdashsweat01

踊り子号が入って来る直前に、奥のちっこいホームに見慣れない色の列車がやって来た。

…こ、こりゎっcoldsweats02sweat01

踊り子ちゃんが走り去った後、すぐに撮りまくることにした。cameradash

まずは、全体像をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5502
おぉ、いぇい

この列車は「伊豆箱根鉄道(いずはこねてつどう)」の「大雄山線(だいゆうざんせん)」を走っている、5000系という車両。
つい最近、記念行事の一環として、昔走っていた旧型電車の色(通称:赤電)に塗り替えられた。recycle

この色は、親会社の西武鉄道の旧型車と同じ色調で、兄弟分の近江鉄道とも一緒であ~る。bud
塗り分けの位置は、伊豆箱根(地元民は「いずっぱこ」と呼んでいる)オリジナルで、西武鉄道とは異なる。

でも、西武線沿線でこの色を見て育ったオラにしては、懐かしさでいっぱいなのぢゃhappy02dash

とりあえず、お約束の駅名板とコラボのアングルで1枚camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5503
ヲダワーーーーーラっ

間違いなく小田原駅だぞ

この車両、通常ではこんな色をしている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5504
(2016年6月5日撮影)
みずいろ~~~~

白地に青色(水色に近い)の帯を巻いている。
写っている車両は、弟分のステンレス車体のため、銀色に青帯になっているッス。
(白い車体は、初回製造の1編成しかいない)

普段のお姿と、終点「大雄山」駅前の美味しい居酒屋「ふじ丸」を捉えた日記は、こちらをクリックshine

-----------------------------------

今回は、模型化するために必要であろうアングルで、いろいろ撮りまくってみた。cameradash
チト逆光なんだけど、ホーム上という制約があるので許してねheart01coldsweats01

では、スタート

まずは、小田原寄りの3号車のお顔から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5505
きぅーーーぢーーーーーぅdash

大雄山線開通90周年」の一環として、この色が復活したのぢゃheart01

お顔には、懐かしの行き先板が取り付けられている。
行き先といっても、全列車とも両端の「小田原」と「大雄山」行きしかナイので、両方の駅名と矢印「」が書いてあるだけ~。(笑)

ローズピンク(ラズベリー)とベージュの塗り分けは、ほぼ昔の旧型電車と同じ位置であろう。
ドア横のいずっぱこの紋章も、色がローズピンクに変更されているね

良く再現されているよ、うん、うんheart01delicious

この車両は、小田原寄りの3号車「クハ5501」形ぢゃ。

ちょっと引いたアングルで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5506
カッチョエェ~~~のぉ~~happy02

何気にカッチョエェ…sweat02
やっぱ、ネットの画像と実物では、雰囲気が違いますな

つづいて、3号車と2号車の連結部分をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5507
良いheart01

西武線では、このような近代的な新しい車体にこの色を塗ったことがナイので、とっても新鮮で良いッスgoodshine
本家でも塗ってくれないかなぁ…coldsweats01

連結面(妻板)の塗り分け方は、側面と一緒なんだね。
西武は上半身は全てベージュで、おでこのピンク色はナイ。
(Bトレインの赤電は間違っているからねっdanger

3号車と2号車を一緒に1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5508
う~ん、だんだん「沼袋(ぬまぶくろ)」駅に見えて来た。coldsweats01

こうなって来ると、西武線の夢のコラボを再現してみたくなるワケで…smile

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5509
おぉ、いぇい

3号車だけ、黄色い西武101系風にしてみましたぁ~happy02dash

イイんでなくねheart01

デジタルの時代って、便利だねぇ~~。(笑)

こんな加工も、いっぽこぺんよぉ~~~んscissorsshine

では、中間車の2号車「モハ5002」をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5510
…なんか京急っぽくね

車体の長さといい、結構シルエットが京急に似ている気が…catface

…ってなワケで、2号車と1号車を京急の色にしてみた。artpen
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5511
おぉ、いぇい

そのまんまやん

…コレは素人ならダマせるぞ。smile

ほな、2号車のお屋根と床下の機器をメインに1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5512
う~~~ん、西武。baseball

西武鉄道の子会社故か、ほとんどが西武鉄道の標準品で固められている。

特に、台車と横にある赤い消火器ボックスは典型的だhappy02

西武新2000系が赤電になると、こんなカンジなんだろうなぁ~。confident

2号車と1号車の連結部分をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5513
この2両がモーター車のペアっす。on

1号車の連結面には貫通扉があるのが判るね

1号車と2号車で、走るために必要な機器を半分こして積んであるので、切り離して個別に走らせることは出来ナイ。ban
近年の電車はほとんどがこの「ユニット方式」で、引退するまで2両1組で仲良く走っている。traintrainsign04heart04
(3号車にはモーターがナイ。運転席があるだけ)

そして、1号車の「クモハ5001」をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5514
真ん中が見えなぁ~~~いsweat01

さっきから柱や電線が邪魔だが、コレばっかりはどうしようもナイ…sweat02
精神的にイッちゃってるヲタクなら切り倒しているだろうけど。(笑)
(間違っても切り倒すなよ。ムリだと思うけどsmile

そうそう、中央に見えているポイントは、東海道貨物線からいずっぱこに入るための渡り線で、大雄山線の車両がたま~に通っている。trainsign04
ポイントのある線路は東海道貨物線の本線上で、コンテナ貨車等が1日中バンバン走っている。

大雄山線の車両達の検査(自動車で言う車検)は、本線格の「駿豆線(すんずせん)」にある工場で行われる。
駿豆線は、伊豆半島の向こう側の「三島(みしま)」駅から、温泉で有名な「修善寺(しゅぜんじ)」駅まで伸びている路線だ。spa
検査を受ける車両は、小田原~三島間をJR貨物の機関車に引っ張られて往復する。

駿豆」は「駿河(するが)」と「伊豆(いず)」の合成で、「大雄山」は神奈川県小田原近郊(足柄)のお寺「大雄山最乗寺」の名前。

…伊豆箱根の「箱根」はどこ行ったcatfacesweat02

おそらく、箱根エリアはバス路線で展開しているのだろう。coldsweats01
昭和中期は、箱根は「小田急」と「西武」での観光開発の熾烈な争いがあったのだ…bomb

さて、本題に戻ろう。clover

1号車のお顔と編成全体をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5515
やっぱり電柱が…(笑)

逆光の割には、まぁまぁキレイに撮れたかなdelicious

列車の後ろは駅ビルっす。
みんながかまぼこ等のお土産を買いまくっている、あのビルっすよsmile

オラが乗る熱海行きの列車が、今朝の北関東の濃霧のせいで10分ほど遅れているそうなので、まだ時間に余裕があるッスclock

なので、今度は逆向きに3号車に向かって撮って行こう

1号車と2号車の連結面を逆の方向から。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5516
連結面が良く見えるぅ~~ん

模型化する際には、連結面の窓・配管・製造銘板等の配置や有無が大事なのよ

撮り鉄」の人は先頭からの決まった構図の全体像しか撮らないので、こういった細部の情報が一切判らないッス。despair
なので、「模型鉄(もけてつ)」の人が必要としている写真は、同志の「模型鉄」が撮らないとGET出来ナイのだ

この車両、側面は今ドキの1枚下降窓なのに、連結面は2段式の昔ながらの窓なんだねぇ~。
チト不思議ぃ~catface

連結間に見える黒っぽい縦の板状のものは、転落防止用のゴムパッドで、昆布ではナイ。

ちょいと引いて、2号車と3号車を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5517
前後両方向から撮るのも、模型鉄写真ではお約束だ

床下機器や屋根の機器・配管は、一方向から見ただけでは形状が判らないモノが多い。
1両につき、両サイドの前後からのアングルと屋根の計5枚の写真があると完璧だ
(一度に5枚揃えるのは、意外と難しい…sweat02

そして、2号車と3号車の連結面をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5518
ココも2段窓だねぇ~。

連結面に扉があるのは1号車だけ」だというのが判ったッス

では、最後に3号車のお姿をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5519
床下の中央がスッカスカだ。

走行用の電気機器を積んでいないので、床下はアッサリしている。empty

コレで今撮れる限りのモノは撮ったッス
…ふぅ、疲れた。(笑)

…まだ熱海行きが来ないぉ。weep

ま、おかげでゆっくり赤電ちゃんが撮れたッスheart01scissorsshine

さぁ、しぞ~かにGo!なのぢゃーーーーーっhappy02dash

つづき「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸2016」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

旅日記 ~「一枚の写真から:早川・石橋」2016~

今回はサックリと。bud

東海道新幹線で移動中、いつも車窓に釘付けになるお気に入りの区間がある。eyeshine
それは「小田原(おだわら)」~「熱海(あたみ)」駅間の、相模湾の雄大な景色だ。

だが、この区間は在来線と違って高速でトンネルを突っ切るので、海が見える時間は全て合わせてもわずか数秒。clock

その1つの区間を撮影してみた。
シャッターチャンスは約1秒、ほんの一瞬だ。soon

1回目は曇りだったが、グーゼンに鉄橋を走る特急列車「スーパービュー踊り子」が撮れた。scissorsshine
コレに気を良くして再度チャレンジ

天気が良い日だったので、カメラを窓ガラスにピッタリくっ付けてスタンバイ。cameradash
ピントは小田原駅を出た頃に海岸沿いに合わせておいて、そのままトンネル内もシャッターを半切り状態で待ち構える。sandclock

トンネルを抜けたその瞬間sign03
(画像をクリックすると拡大するよん)
早川・石橋2016-7001
(2016年11月6日撮影)
Yes!Yes!!Ye~~~~s!!!dash

列車はいなかったが、かなりキレイに撮れたscissorsshine

この場所は、東海道線「早川(はやかわ)」駅から少し南下した「石橋」という集落だ。
付近に数ある鉄橋の中でも、防風板が無いオリジナルの姿を残している。

角度的に初島大島は見えナイが、コレでも結構満足

旅の移動中にも、こんな楽しみ方はあるのだgoodshine
みなさんも、チャレンジしてみてね。delicious

| | コメント (2)

2016年11月 7日 (月)

旅日記 ~「一枚の写真から:時間と景色は流れるもの」~

仲間と奥多摩をドライブ中、頭上に青梅線の列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
青梅線流し撮り2011-9801
(2011年6月撮影)
しばらく併走していたので、走行中の車内からパチリcamerashine

たしか「御嶽(みたけ)」駅付近だったと思う。

薄暗かったのでブレブレだろうと思っていたら、帰宅後に見てビックリsweat01
思いのほかキレイな流し撮りになっていた。goodshine

これからだいぶ時は流れたが、次の景色はまだ流していないと思う。
(失敗作ならあるが…)

…また流し撮りしてみよう。bud

| | コメント (4)

2016年10月24日 (月)

旅日記 ~「銚子電鉄 2007」その3~

前回「銚子電鉄2007その2」からのつづきーっ!

2007年9月8日12月24日に、千葉県の「銚子(ちょうし)」へ行って来た時のおハナシ。wave
(全3回シリーズ)

----------------------------------

年末も近いクリスマスイブの日に、「特攻野郎Bチーム」の「たかし」君から「銚子へ行こう~」と誘われたので出掛けた。

まさか3ヶ月後に再訪するとは思わなかったよ…coldsweats01

今回は朝早くからスタンバイ。sun
9月と同じく、ひたすら普通列車で総武本線(東京~銚子間)を乗り通す。trainsign04
ダイヤによっては成田線経由になる場合もあるので、チョット期待していたのだが…、またもや総武本線

…景色が変わらナイんだよねぇ~。catface
海が近い割には全く見えナイしぃ~。

目の前に座っていた若いカップルを観察しているしかナイ。(笑)

どうやら、彼氏が地元で、彼女は関西から遊びに来たらしい。
クリスマスのせいか、彼女のテンションが半端ナイcoldsweats01
関西弁でしゃべりまくっている姿が、カワイイvirgoshine

ちょうどその時、オラも関西娘と遊んでいたので、ミョーな親近感を覚える。
遠距離は大変だから、上手く付き合ってくれよぉ~ん。bud
2人は途中の超ローカル駅で降りて行った…

前回と同じく、銚子駅で銚子電鉄に乗り換え、終点の「外川(とかわ)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1301
(2007年9月撮影)
今回もケツが痛い…sweat02

駅舎の姿は前回に撮ったので、今回は撮らなかった。
(上の写真が夕日なのは、そのせいだ)

ただ今、11時半
何とか午前中に着けたぜぇ~~いscissorsshine

すぐに折り返して発車して行く列車を撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1302
前回乗ったのと同じ「デハ801」号だ。train

ナゼか、行きのこの列車の車内は記憶にナイ…。catfacesweat02

列車はテコテコとゆっくり去って行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1303
バイバイキ~~~ンpaper

さっきから右に停まっている列車が気になっていたんだよねぇ…catfaceupwardright

801号ちゃんがいなくなったので、ハッキリ見えるようになった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1304
オォ~ソォ~~~レ ミィ~~~~オ

…コレは伝説の「澪つくし(みおつくし)」号ではナイかっhappy02sweat01

この青い車両は「ユ101」号と言い、国鉄の貨車「ワム80000」から改造された展望車両だ。
今風に言えば「トロッコ列車」だなや
ちなみに「澪つくし」とは、銚子が舞台の大ヒットしたNHKドラマの名前。tv

電車に牽かれてのんびり走っていたが、お上の定めた安全基準を満たしていないという理由で、確かこの2007年で運行停止。ban
この時はココに留め置かれたままの、放置プレー状態だったと思われる。
運行停止で観光客がかなり減ったとの情報もある…down

さて、街へ出よう。

今回は「たかし」君が「海へ行きたい」とのことなので、漁港の横にある海岸まで歩くことに。
駅舎を出て、確か左方向に進んで行った記憶が…catface upwardleft

ほどなく、スーパー…と言うか個人経営の商店があった。house

水分も欲しかったので店内を覗いてみたら、鮮魚のコーナーに大きめの切り身が置いてあった。
商品名(魚の名前)を見ると…

「イルカ」

わーーーーーーっsweat01

千葉でもイルカさんを食べるんだっsign03
静岡県の清水や沼津では定番なのは知っていたけど、銚子もそうだったのかぁ…coldsweats02

イルカさんは2011年に初めて沼津港で買って食べたので、その日記はこちらをクリックshine

店を出て、そのまま海岸へ。wave
しばし海を眺めた後、再び外川駅へ戻る。recycle

そして、1駅だけ電車に乗り、お隣の「犬吠(いぬぼう)」駅へと移動。trainsign04

犬吠駅前はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1305
電車がいるーーーーっ

駅前にも古い電車が2両停まっている……というか、置かれている。train train
コレはカフェになっているようだ。cafe

手前の柵も、古い枕木を再利用したモノだねrecycle

駅舎の入口はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1306
…水族館fish

地方の小さな水族館のようなフンイキが漂う。

…ってか、隣の外川駅とえ~んらい違くねcatfacesweat02

右上の「INUBOH いぬぼう」と書かれたタイルが、おされ過ぎる。shine

見上げてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1307
ポール尖ぁーーーーーーーるflag

まるでポルトガルの港町に来たようなフンイキだっyacht sun
でも、タイルが剥がれまくっているのはシルクロードの奥地っぽい。(笑)

そのタイルをアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1308
キレイだねぇ~~~shine

とても外川駅のお隣とは思えナイ…sweat02

このタイルと駅前のカフェ(電車)は、老朽化のために2012~2013年に撤去されたので現存していませ~ん。empty
(海がすぐそばなので、潮風で傷んだらしい…wave

駅舎入口の左脇には、こんなお方も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1309
ももてつぅーーーーーーっ

コレは「桃太郎電鉄」シリーズの協賛企画で、「しあわせ三像」のうちの「貧乏がイヌ(居ぬ)像」とのこと。
桃鉄をやったことがナイので、解らナイや…coldsweats01

この駅だけ何でこんなにおされなのかというと、ココのすぐそばに「犬吠埼灯台(いぬぼうさきとうだい)」と言う、広大な太平洋を眺めることが出来る観光スポットがあるからだflairwave
なので、観光拠点としてこの駅が整備された次第。
元日に初日の出を観に来る人も多い。sun
駅舎の中にはおみやげ屋さんもあり、「ぬれ煎餅」以外の銚子(千葉)名物も売っている。present

ホームに行くと、外川行きの列車がやって来るところだった。trainsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1310
てつこーーーーーーーーーっ

近鉄特急のような色をした車両(デハ1002号)が来た。
コレは「鉄子の旅」というコミック(小学館)で、銚子電鉄を応援するために企画されたモノ。
(詳細はこちらをクリックshine

この時はそれを知らなかったので、「近鉄特急が来た…sweat02」くらいにしか思っていなかった。coldsweats01
上半分だけを見れば、銀座線当時の面影が残っている。

この駅は観光客用にホームが広く造られているので、車両が近付いてからもう1枚撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1311
…やっぱ近鉄。(笑)

さらに、「きのくにシーサイド」列車にもイメージが似ているなぁ…
今だと「プロミス」か。smile

オラの周りにいた一般の観光客も、一生懸命ガラケーでこの車両を撮影している。virgomobilephoneshine
特に、若い女性達が熱心に撮っていたのにはビックリcoldsweats02sweat01

この当時には「鉄子」という存在はまだかなり少なく、一般世間に認知されているようなカンジではなかった。
どちらかというと「オタク」的なイメージが強くて、女性からは敬遠されていた趣味だったのだが…coldsweats01

…何か時代が変わって来たぞrecycle

この「鉄子の旅」の効果かは判らないが、この後急速に鉄道が女性にも注目される存在となって行ったのは、ご承知の通り。
今や「ママ鉄」の車両知識の凄さには驚くしかナイ…sweat02

さて、今からオラ達が乗るのはこの電車なのだが、「上り」列車(銚子行き)に乗るため、電車が外川駅で折り返して来た後に乗らねばならない。enter
それまで少しの間、マッタリと待つ。bud
(列車はすぐに戻って来る)

ほどなく戻って来た近鉄特急(笑)に乗り込み、また1駅だけ移動。trainsign04

隣の「君ヶ浜(きみがはま)」駅にも、すぐに着いた。soon
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1312
バイバイキ~~~~ンpaper

列車はテコテコと去って行く。snailsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1313
コレも映像を見ているようだ…tv

この君ヶ浜駅には、ギリシャやローマのようなアーチ状の門があった。
でも、このアーチも老朽化のため、2007年2月に撤去された。
なので、柱しか残っていなかった…。despair

さて、何でこの駅で降りたのかというと……良く解らナイ。(笑)
今回は、移動はたかし君にお任せしているからねぇ~。coldsweats01

ココからチョット離れた場所へ移動して、次に来る列車を撮影したい」とのこと。

上のおさしんで、ちょうど電車がいる場所へ移動することに。
真っ直ぐは行けナイので、線路の近くを沿って走る道路へ出て移動。
こんな立派な道があるんぢゃぁ~、電車要らないぢゃんcoldsweats01

ほどなく到着し、列車が来るまで待つ。clover

あまり待たずに、次の下り「外川」行きがやって来た。sign04train
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1314
ほのぼの

あまりのローカルさに、ほのぼのとしてしまうねぇ~confident clover

さらに1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1315
…良いheart01

キャベツ畑の中をのんびり走る、「デハ801」号ちゃん。
千葉県はキャベツも有名なのよclover

奥の森の向こうは、もう太平洋だ。wave

…ほら、遠くにアメリカが見えるでしょsmile

最後にもう1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1316
バイバイキ~~~ンpaper

左奥に、犬吠埼灯台が見えるっしょ。flair upwardleft
銚電」「灯台」「キャベツ」……銚子の三大名物が揃ったheart01 happy02sweat01

来たのが旧型の「デハ801」号ちゃんで良かったぁ~delicious

…では、次へ移動しよう。bud

時間的に見ても、今行った801号ちゃんが折り返して来たのに乗る可能性が濃厚だ。recycle
あまり時間がナイので、駅までテコテコ戻る。penguinsign04

そしてやって来た銚子行きに乗り込み、銚子の1つ手前の「仲ノ町(なかのちょう)」駅で下車した。

列車を降りて、改札に向かうと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1317
ダンボーーーーーーーールっ

駅舎の中が段ボールで埋め尽くされちょる…。sweat02

何だろなと思って、たかし君に尋ねると…

「ぬれ煎餅」gawk

何とっsign01コレ全部ぬれ煎餅の出荷用だったのかーーーっsweat01

この駅では、人様よりも煎餅様のほうが優先されている。(笑)
駅舎内の改札は、やっと通れるくらい。sweat01

ほれ、このとーり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1318
左の軽自動車の中にも、煎餅様の白い段ボール箱が積まれている

元々この駅は乗降客が少ないので、ほぼ「貨物駅」と化してしまっているようだ。(笑)

そうそう、この日記「その1」から各駅舎の写真にチラチラ写っている、コカ・コーラの自販機にお気づきだろうか
外川駅なんて、あの古い駅舎に最新の自販機が置かれていて、チョット不思議だったんだよねぇ…catfacesweat02
しかも、君ヶ浜のボロい柱の前にも、この新しい自販機がポツンと。shine

この自販機、ただ置かれているだけではナ~イ。tulip

何とっsign01上部にあるLED表示器で、電車の運行状況を表示しているのだーっdash
(「発売中!」と表示されている部分ね)

ホームに表示器を設置する財力がナイので、コカ・コーラとコラボして設置されているという、この素晴らしさ
堂々とビンボー宣言をして、周りのみんなと仲良くやって行くこの姿が、人間味が溢れていて良いheart01 goodshine

さて、この駅で降りたのは、段ボール群を見に来たためではナイ。catface

ホームの横に車庫があるのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1319
おぉ、いぇい

旧型電車が並んでいるぅ~~~~んheart01happy02

ちなみに、後ろのデカいタンク達は、「ヤマサ醤油」の工場だ。hotel
あのタンクに醤油が詰まってるんだぜぇ~~~~いhappy02

…あれが麦汁だったら、どんなに狂喜乱舞したことか。beershinehappy02dash

醤油工場の周囲は、当然ながら醤油の香りで満たされている
キッコーマンの本社と工場のある「野田市(のだし)」駅前も同様だ。

高校時代の仲間が野田市駅の近くに住んでいたので、遊びに行ったらホントに醤油臭かった。
よく学校で「お前の駅は醤油臭いんだよーっ」と、東武沿線民にからかわれていたなぁ…coldsweats01

野田線の下には、キッコーマンの醤油がパイプで流れている」というウワサがあったけど、本当なんぢゃろかcatface
確かに、駅を挟んで両側に工場があるのでねぇ…
地下を配管で結んでいても、不思議はナイ。on

ココ「仲ノ町」駅には、地下パイプは無さそうだdelicious

一応言っておくけど、ぬれ煎餅に塗っている醤油は、この辺で造られたモノだからねっsign03
(恐らく「ヤマサ」か「ヒゲタ」だろうねぇ~)

…んでは、手前の車両達を観てみよう。train

まずは、イチバン左にいる、この子から。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1320
ももてつぅーーーーーーーん

前回来た時(日記「その1」)で乗った、「デハ1001」号ちゃんだ。
桃太郎電鉄のラッピングが施されている。
元営団地下鉄銀座線2000形で、台車の付け替えとパンタグラフの設置という、大掛かりな改造をして入線した。wrench
(さっき乗った「近鉄特急」も一緒ね

視線を右に移すと…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1321
イイねぇ~~~delicious

色は違えど、形式は同じようだ。
左の茶色が「デハ701」号で、右の水色が「デハ702」号ッス。
近江鉄道の車両とのこと。

水色が手前にいるので、ホームの上から横顔を撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
銚子電鉄2007その3-1322
イケメンですなshine

昔の運輸省規格型の標準車体だろうか
全体のバランスがすごく良いgoodshine

色を変えるだけで、日本全国のローカル私鉄車両に変身出来そうdelicious

ただ今、14時
そろそろ帰る準備を始めないと…。recycle

でも、今回は余裕があるので、銚子駅前を歩いてみることにした。
銚子駅に戻って、駅前の道を歩く。penguinsign04
(仲ノ町駅から銚子駅までは近いので、歩いて戻ったっけかなぁ…。記憶にナイsweat02

立派な商店街があるが、半分以上はシャッターが降りている。
年末の休日」というのもあるんだろうケドね…。coldsweats01

利根川に架かる橋まで行って、景色を眺めて戻って来たっけかなぁ…
完全に記憶が曖昧。catfacesweat02

駅の近くでは飲食店が何軒かあり、これらはちゃんと営業している。house
なので、確か食事(&麦汁)した気がする。restaurantbeer

そして2時間後くらいに駅に戻って、総武本線経由で東京へ帰ったような記憶が薄っすらと…catface
(ナゼか覚えていないsweat02

-----------------------

この後、これらの旧型電車は廃車され、今は元京王線の電車(全6両)が走っている。
…この京王線の車両達も、転入工事費の関係で、伊予鉄道へ譲渡されたモノを再び関東へ呼び戻したという珍しい経歴を持っているのだ
(伊予鉄時代のお姿の日記はこちらをクリックshine

余談だが、途中の駅には「笠上黒生(かさがみくろはえ)」と言う駅があり、愛称(ネーミングライツ)で「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」駅と命名されている。(笑)

銚子電鉄は面白い鉄道なので、「支援する」という目的も併せて、ぜひ乗りに行ってぬれ煎餅を買ってあげてチョーダイdash

東京駅からは特急「しおさい」で銚子駅まで直行出来るので、楽ッスよぉ~
もちろん、高速バスも走っているッス。bus

銚子電鉄の未来は、アナタの「ぬれ煎餅を買う」気持ちに掛かっているのだーーーーっhappy02dash

(おしまーい!)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧