Bトレイン-貨物

2011年1月20日 (木)

Bトレ日記 ~「ワサビ抜きの寿司とワサフ抜きの荷物はありえなーい!」の巻~

久々に車両のおハナシを
801
今回は「ワサフ8000」という車両だ。

この車両、見た目は貨車なのだが、実際も貨車なのだ。(笑)
だが、貨物列車に連結されることはほとんど無く、いつも客車列車(20系寝台)や荷物列車に連結されて走っていた。

同じ仲間に「スニ40」系列がいる。見た目もかなり似ている。(…っていうかソックリ)
だが、彼らは名前で判るとおり「客車」なのだ。見た目はどう見ても「貨車」なのに…。

コレについて語ると泥沼にハマるので、そんなメンド臭いことはしない(笑)
詳細はこちらをご参照くだされ。

さて、本題。

ナゼ作ろうとしたか?

…それは全くもってのナゾである。(笑)
いや、荷物列車の車種にバラエティーが欲しくなって作っただけ。
しかも、ものすごく手軽に作ろうと、かなり手を抜いた「タイプ」になっている。
まぁ、Bトレだから構わないっかscissors

お子様の時、東海道線に乗っていたら、コイツが連結されたEF58牽引の「汐留(しおどめ)」駅行き荷物列車と抜きつ抜かれつの競争劇に遭遇した。
平塚辺りで一駅ごとに追い越し追い越されるので、何度も列車全体像を拝めた。
それにすっかり興奮してハマッてしまったご幼少のオラ、それ以来「お荷物列車」が大好きになってしまった
…何てシブいお子ちゃまだったのだろう。(笑)

では車両を見ていこう。
まずは全体像から。
802
おしりから見た姿。

結構それっぽいでしょ?

では全方向から眺めてみよう。
側面だよん。
803

反対側の側面も。
804
ほぼ同じ作り。

妻面を。
805
こっちは特に何もナイ。

では細部を見ていこう。

まず、ベースになった車両は、Bトレ純正品の「ワキ5000」。
それの側面扉1枚分を切り取って、そこに同じくBトレの「コキフ」の車掌室部分を接着しただけのモノだ
大掛かりな加工は一切していない。
それゆえに、アップで撮影されると思いっきり改造のアラが…sweat01

最初に屋根から。
806
タネ車は屋根が「」の字状に折れ曲がったタイプのモノ(ワキ5000)を使用する。
ワキ1000とかだと、屋根がまるいので使用できない。

中間の2ヶ所にガーラント形ベンチレーターを接着。
私はKATO製のパーツ(1号お召し編成用)を使用。

つづいて、気になる接合部分を
807
屋根板と側面の銀色の部分は、製品のまま。
銀色の扉1枚分を切り取ったので、そこにコキフの車掌室を移植する。
長さと位置が大体揃うように削り、接着剤で接着。
銀色の扉との接合部分と、おシリのおデコの(屋根板との接合)部分に隙間が出るが、気にしないでそのまま接着しよう

上手くくっついたら、スキマを埋める。
銀色の扉との部分には、細い帯状のプラ板を、デコ部分には薄い紙を上から貼った。(赤い矢印部分)
この時に、一緒にデッキ部分にある(扉横の)窓も、紙を貼って埋めておいた。(黄色い矢印部分)

反対側からも見てみよう。
808
窓を埋めたのがよく判るね

では、つづいてデッキ部分を。
809
デッキの床は、ワキ純正の床板をそのまま使用。
見える部分だけ青く塗装した。
テールライトの部分はコキフのものを加工して接着。

床板を外してみると…
810
ハイ、ご覧のとおり

台車はKATO製を使用。
811
何も加工はしていない

一応、車体の裏側もご覧いただこう。
812
接合部分に大掛かりな改造跡もナイでしょ?
とってもカンタンに加工したのだscissors

今回は窓が大きいので、内側から透明塩ビ板を貼って窓ガラスを表現。

こうして接着剤で組み立ててれば、「ワサフ8000タイプ」の出来上がりぃ~~
(車体自体は純正のままなので、床板の固定に接着剤は不要)

塗装は…確か、組み立てる前のバラバラの状態のときにスプレーしてしまったような…。
側面は「銀色」で、屋根と妻板と車掌室部分は「青15号」。
ただ、今回は青15号ではなく、GMスプレーの「青20号」を使用した。
だって、GMの青15号、暗過ぎるんだモン…

塗料が乾いたのち、側面の扉下と床板(デッキ)に青を筆塗り。
車体の各パーツを接着し、スキマを塞いだら、その部分(紙とプラ帯)にも青を筆塗り。
…そんな順番だったと思う。確か。

-------------------------
さぁ、ワサフは出来たshine

では早速「お荷物列車」を再現しよう!

まずは仲間を集めないと…
813
「スニ40」「スユ44」「ワキ8000」「ワキ10000」…どれでもえぇ。(笑)
見た目は全部一緒だ

コレは「特攻野郎Bチーム」の「たかし」氏の改造作品。
KATOのワム80000を塗り替えて床板と台車を交換したもの。
本人曰く「ワキ10000」とのこと。

あとは茶色い「マニ60」なんかも揃えると…
814
こんな顔ぶれになる

マニ60はこのブログに改造記事が載っているので、興味のある方はこちらをご参照あれ
(青い「マニ37」なんかも欲しいねぇ~。材料はキープしてあるので、今年こそは作ろう。(笑))

…で、ジオラマに置いてみた
815
お荷物列車全盛期の、東海道線「富士」駅付近…みたいな。(笑)
まぁ、とにかく「静岡」っちゅうイメージ

カッコイイずら♪♪goodshine

| | コメント (2)

2010年7月12日 (月)

Bトレ日記 ~「目立つモノには「毒」がある:タキ3000」の巻~

一応、コレのつづきーっ!

えっへん!貨車を増備したぞ
(…って、エラそうに言うことかsign02
01
「タキ3000」の黄色バージョンだ
積荷の名称の下に「」と書かれているのが魅力的heart01 あぁ~んheart04(笑)
黄色いタンク車は、人様にとっては「毒物」なモノを運ぶ、魅惑的でキケンな車両なのだ

チョー久々にTOMIXの2軸貨車類が発売(再生産)されたので、チョット増備してみたくなった次第
02
以前は「タム6000」として発売されていた車両。
今回からは「タム500タイプ」として登場した。
しかも今までには無かった「黄色」が出た
なので、イキオイでついつい手が…。
コレもある種の「毒物」だな。(笑)

余談だが、実際には「タム6000」という「形式」は存在しない。本物は「タム5000」だ。
タム5000が増備されてタム5099まで来てしまったので、繰上げでタム6000~6267が付番されていったため、一応「タム6000」という番号の実車は存在した。
形もこの模型とは全然似ていない。「タム5000」の代表例は「味タム(「味の素」所有のタム5000)」だ。(コレも手スリの有無で印象が変わるが…)

まぁ、模型自体がデフォルメされていて、上半身のパーツを交換して「タンク車」や「コンテナ車」などなど、いろいろな車両に出来るような設計になっていたので、半分「なんちゃって」で付けた形式名だろう。うんうん
確かに、「タム500」と名乗ったほうが、実物に近いねぇ。

さて、作り方なのだが…
基本は、以前作った「黒いタキ3000」と同じだ。
だが、今回はタンク体が黄色くてパーツの構成が判りやすくなるので、再度日記に載せてみようと思ったのだscissorsshine

まず、買ってきたままの状態のタムをバラす。
03
台枠の黒い部分を持ちつつ、もう片方の手で、黄色いタンク体をそっと「もぐ」ように、斜め横に持ち上げて外す。

するとカンタンにタンクがもげる。(笑)
タンクをひっくり返して裏を見ると、2ヶ所のツメで止まっていたのが判る。
04
このツメを切ってしまおう赤い矢印の部分)

これでタンク体の加工は、お・し・ま・いheart01
なんてカンタンなんでしょ

次に用意するのは…
05
ハイ、おなじみのBトレ用床板ですよぉ~

この床板にタンク体を…
06
ゴム系ボンドで接着~~~っ!!
黄色いタンクに黄色いボンドなので、多少ハミ出ようが全然目立たない
なんてラッキーなんでしょ

…あ、床板は無加工だよん
ちょうど、車体に引っ掛ける部分のツメが、(実物の)タンク体を支える部品に見えて良くなくなぁ~い?

これに台車をはめれば出来上がりぃ~~~
07
実物と同じにするならKATOの「TR41」を(写真上部)、全体のバランスを良く見せたいのならKATOのBトレ用「通勤電車2」を黒く塗って履かせる(写真下部)とカッコイイ
TR41だと、チョット「内股さん」になっちゃうのネ

さて、さっそく貨物線を走ってもらおう
…「」で(笑)
08
う~ん、やっぱ「黄タキ」はえぇのぉ~happy02sweat01

| | コメント (2)

2009年6月11日 (木)

Bトレ日記 ~「速攻増やせる!タキ3000」の巻~

今回は、私のコレクションの秘蔵っ子「タキ3000」をご紹介sign03
3001
雑誌でも紹介されたことのあるこのタキ3000、なんとわずか5分で1両、改造が出来上がってしまうのだ
あまりにカンタンなので、解説もカンタンに済ませることにした。smile

では側面のアップを。
3002
ベースは、TOMIX製「タム6000」だ。
ただし、最近の仕様のでないと使えないのでご注意を。
昔の香港製では大きさと構造が違うのダ
2010年7月現在の製品だと「タム500タイプ」だね。

余談だが、実物には「タム6000」という形式は実在しない。「タム5000」が5099を突破し、6000番台にまで膨れ上がったので、車番自体は実在するが。
まぁ、TOMIXのはカタチからしてフリーランスっぽいので、ワザとそう名付けてあるのかもしれない…。

床板はBトレ付属のものを、そのまま無加工で使用。
HGフレーム仕様以降(新パート1も含む)の電車・客車用の床板でないと使用できないので、これまたご注意を。danger
床板の、車体にハメるためのツメが、偶然にもタンク体を固定する部品に見えるというというのも、「タキを作れ」という神の啓示か。(笑)

台車はNゲージ「タキ3000」用のを使用した(TR41)。
足りない分はBトレ用の「通勤電車2」を黒く塗って流用。
イチバン違和感のナイ台車を選んだらコレになった…sweat02

タキの台車が手に入り次第、「通勤電車2」の台車と交換予定。
黒く塗った「通勤電車2」台車は205系に使えるからねぇ~。
…う~ん、リサイクルbudrecycle

では、分解した写真をご覧いただこう。
3003
まず、タム6000のボディを分解しよう。
すると、床板(下回りすべて)とタンク体に分かれる。
そのタンク体も、すその辺りを境に上下に分かれる。
車体中央にあるハシゴのツメが屋根のドーム横のステップに引っかかってるので、これをそっと外してからタンク体上下を分解しよう。
ハシゴ自体は、タンク下部のパーツに付いている。

分解できたら、タンク体下部を、Bトレの床板と接着しよう。
3004
赤い矢印のあたりにゴム系ボンドを付けて貼り合わせた。(もちろんタンクの下側だよ!)
この時、台車取り付け用の穴にボンドが流れ込まないように注意!

で、固まれば、タンク上部をはめて出来上がりぃ~~(…も、もう?!)

慣れれば、タンク体を分解しないでそのまま接着できるようになるので、さらに加工時間短縮だぁ~

最後に好みのシールを貼ろう。
私は「タン」(米軍基地用ジェット燃料輸送車)仕様にしたかったので、車体に書いてある米軍の管理番号(?)を貼った。
コレはカンタンに済ませたかったので、Bトレの「モハ70」の車番シールをそのまま切って貼った。賢いでしょ?(笑)
(1桁足りないとかぁ~、そ~ういうことは言わないのぉ~…ってか、言わせな~ぃheart04

「タム6000」→「タキ3000」の表記変更は、ナイスアイデアが浮かんでこなかったので、今回は保留。
「手付かずの自然clover」がココにある
車端のデッキも「最初から存在していなかった」というコトで。(笑)

ま、こんなカンジで一気に8両加工した。それでも1時間弱だ
意外と重宝するこのタキ3000、もうちょっと手を加えれば、爆発的に多形式を誕生させるコトができるのにお気付きだろうか…?
Bトレ貨物の充実のためにも、おひとついかがぁ~?
3005

つづき「タキ3000黄色」はこちらをクリック!

| | コメント (6)

2009年5月11日 (月)

Bトレ日記 ~「こんなのアリ?!:ク5000」の巻~

えー、Bトレに衝撃の貨車が登場した。
…ってか、させちゃった。(笑)
01
いかがでしょ?

これは「特攻野郎Bチーム」の「ZERO」と共同で企画し、彼が制作を担当したモノ。
どうなってるかというと…
02
ご覧のとおり、ペーパークラフト仕様となっている。

2009年5月2~4日のBチーム展示会で、無料配布もさせていただいた。
03
写真左端に、組みかけのク5000が半分写っている。(笑)

で、5分ほどで組み上げたのを並べて走らせてみた。
04
なつかすぃ~ねぇ~♪

上に載せる車もペーパーで作ったのだが、配布用にはスペースの関係で収められず…。

カンタンに増備するにはうってつけの方法だと思う。
…技術と印刷装置があればね☆

| | コメント (4)

2009年1月29日 (木)

Bトレ日記 ~「カンタンに作れるタキ43000」の巻~

Bトレにはコンテナ以外に貨車がほとんどナイ。(「ワキ」は時代が古過ぎて論外)
今も昔も走っている貨物といえば「コンテナ列車」と「石油タンク列車」だ。

やっぱ、どーしても石油タンク貨車…つまり「タキ」が欲しくなるのが人情というもの。(笑)
ってなワケで作ってみました、それも大型の「タキ43000」を。しかもカンタンに…。
430001
他のブログなどで紹介されているタキ43000(またはタキ1000)の作り方は、Nゲージの同形式車両を切り継ぎ改造したのもだ。
仕上がりは超リアルなのだが、いかんせん、加工が大掛かりで大変だ。
量産するにも手間と気力と技術力が要る。

今回は、初心者でも比較的カンタンに製作できる方法をご紹介しよう。切り継ぎ加工は一切ナシよ♪
(これも初期の頃の作品なので、仕上がりの多少の「お気楽さ」はご諒承いただきたい…)

タネ車はKATO製「タキ1900 日立セメント」仕様車だ。
(写真は「三菱鉱業セメント」仕様車なので、車体標記位置などに若干差がある。ご注意を…)
430002
左が加工後のタキ43000、右が加工前のタキ1900。
Bトレにしては、長さが多少長いものの、「Bトレ版タキ43000」に転用出来そうな車両はコイツしかいないのだ…。

この車両からの改造のポイント(順番)は…
430003
1.中央下部のピンクの★部分のパーツをはずす。(使用しない)
2.車体上部両端のステップ(緑の矢印)をはずす。(使用しない)
3.車体裾のフレーム枠の、赤い矢印どうしの間を切り落とす。
4.車体屋根のハッチ(青い矢印)2個を切り落とし、穴を塞ぐ。
5.屋根の手スリの短縮および片側のハシゴを移設する。
の5項目だ。

では早速オペ開始だ!
まずは車体を分解しよう。
430004
中央下部のカバーのようなパーツをはずし、青い矢印のネジを緩め、はずす。
屋根のステップなどは、はずせるようになった時点で取り外そう。
無理にはずそうとすると壊れるので要注意!

Bトレなので、中に入っているオモリは使用しないではずしておこう。
でないと、機関車が「ボクには引っ張れませ~ん!ムリでーす!」と泣いてしまうだろう…

この時点で、台枠(フレーム枠)の中間部分を切り落とそう。
当然、前後に2分割されるので、組み立て時に向きを間違えないよう、メモや印などをしておこう。

これで上記の1~3までの加工は終了♪ …結構カンタンでしょ?
妻面(連結面)に開いた2個の小さな穴(下の写真の矢印部分)は、連結してしまえば見えないので、そっとそのままにしておこう。(笑)
430005
さて、次からはこの改造のヤマ場の「屋根」部分だ。

屋根のハッチが3個ある。その両端の2個をニッパーやカッターなどを使って削り落とそう。
するとポッカリ穴が開く。でもこれはそのままにしておこう。
穴の周りの、表面のデコボコだけをキレイに削っておくだけでOK♪

次に屋根の手スリの加工だ。
まず、一体成型されている手スリのパーツを左右に分割する。
この時に、手スリが車体に引っかかる(動かない)ようにモールドされている部分(ハッチの部品の下に隠れる部分)を残しておこう。
そうすれば、接着剤を使用しないで組み上げることが出来る。

分割出来たら、申し訳ナイが、手スリを写真のとおりに切って組み合わせて頂きたい。
(現物合わせで加工したので、詳細を忘れてしまったため…)
430006
写真の側の、向かって右側にハシゴが来る向きは、2つのパーツを組み合わせている。
赤い矢印のところが継ぎ目だ。(接着はしていない)
裏側の、左側にハシゴが来る向きのほうは、単純に両端を切り落とすだけでOK。

手スリの加工が済んだら、ここで車体を組み立ててしまおう。
タンク(車体)を組み、手スリを載せ、屋根ハッチを被せ、車体下からネジで留めよう。
台枠(フレーム)は、そのままでは固定できなくなっているので、ゴム系ボンドで車体に接着する。
デッキの向きが前後で反対にならないように注意!
台車取付け部周辺に接着剤が付かないようにも気をつけよう。
接着剤が乾くまでは、台枠が上下左右にブレないように固定して、触らないでおこう…。

台枠が固定できたら、屋根の穴の「ハゲ隠し」(笑)作業に移ろう。
上記の写真の、青い矢印から緑の矢印まで、薄いシールを貼ってしまうのだ。
横幅は、手スリがあった部分の溝が見えない所まで。

シールを貼ったら、シールをツヤ消し黒の塗料で筆塗りしよう。
なぁ~に、ホンモノもこの部分は油で汚くなってるから、気にしない、気にしない♪(笑)
塗り終えるとこんなカンジになる。
430007
右の加工前のタキ1900とは、だいぶ変わったべなぁ~♪

あとは、デッキの手スリとステップを白く塗れば、メリハリが効いてアクセントになるので、余力があったら是非やっておこう!
そして石油会社のシールを貼って、出来上がりぃ~~♪
(車体標記はそのままのほうがキレイに見えるから、いじるのは止めておこう)

これでやっと、貨物ヤードがバラエティ豊かな「自然な状態」になった☆
430008
このタキ43000が8連で特攻野郎Bチームの大モジュールを走る姿は壮観だ。ぜひ一度ご覧あれsign03happy02sweat01shine

| | コメント (4)