« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その39:トルファン・バザールでござーる~ »

2019年7月15日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その38:トルファン・街歩き~

前回「その37:トルファン・灼熱の蘇公塔」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

-----------------------------------

2006年7月20日(木):晴れ のち くもり 一時 雨

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

おはよう

今日は9時半頃に起きて、のんびりする。

香港まで一緒に来ていた仲間の「BB」に手紙を書く。
初海外旅行の彼を、オラが風邪の為に1人でお宿から空港まで帰しちゃったからなぁ…
近況を報告しておかなければ。

…おっ、もう11時か。

お外に出掛けますかいのぉ~。

支度をして部屋を出る。

今日は、数日ぶりの1人自由行動だ
気が楽だね

建物の外に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3801
…おんや今日は天気がイマイチだねぇ…。

灼熱の地のトルファンにしては、雲が多いね。

左を見ると、このとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3802
もくもく

ちょうど建物の上空を境に、左側は雲で覆われている。

右奥のほうを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3803
…あ、こっちも雲だらけだ

まぁ、このほうが暑さと紫外線でやられないのでマシかな。

さて、今日はどこに行こう

特に行くあても無いので、のんびりと街歩きしますかいのぉ~。
どの町に行っても、必ず自分1人で街歩きしているのでね

ここで、トルファン市内の地図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3804
(2006年当時の地図を撮影)
くるっと一回りぃぃぃぃ~~~~

…お宿(トルファン賓館)
…John's Cafe
…トルファン博物館
…文化旅游広場
…屋台村(夜の飲食用)
…バザール
…高昌路(メインストリート)
…解放路(旧市街地との境目)

結果的には、と巡った。

後で判ったけど、からまでが約2Kmほど。
自宅から最寄りのJRの駅まで往復するのとほぼ同じなので、結果的にはちょうど良い距離だったのかもね。

のお宿がビルが建つ街並みの南端で、より北は畑が多いので、トルファンの街はそれほど大きくはない。
同じシルクロードの町「敦煌(とんこう)」と同じくらいの規模のようだ。
(薄いクリーム色の部分が建物っぽい)

そうそう、今日は「万が一」のための「お守りカード」も持って行かなきゃ。

まずは、これ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3805
(2006年当時の実物を撮影)
連れてってぇぇぇぇ~~~~ん

言葉が通じなくて困った時のための、お宿のカードだ。

もし、途中のアクシデントや体調不良等によってタクシーでお宿に戻ることになった場合は、このカードを見せて「ここまで行って」と言えばモウマンタイ(無問題)♪
さらに「請送我到:____」の部分に行きたい場所を書けば、言葉が通じなくても連れて行ってくれる。

海外旅行では、必ずお宿のカードは持って歩こう

そして、もう1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3806
(2006年当時の実物を撮影)
魔法のカーーーーーード

ズノンさんの名刺だ。

事件や事故に巻き込まれて本当に困ったら、ズノンさんに電話を掛けて日本語で状況を伝えることが出来る。
いわば「最終兵器」だ

…おぉ、ズノンさんの名前って、漢字やアラビア文字で書くとこうなるのね

祖農・吐尓地」で「ズノン・トルディー」ね
(この時は、ズノンさんのフルネームをまだ知らなかった…)

では、お散歩スタート

まずは、お宿の前のぶどう棚の道に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3807
見慣れた光景ぃぃぃぃ~~~~

でも、今日は写真のようにズノンさんは待っていなかった。(笑)

さぁ、この道(青年路)を真っ直ぐ北上してみよう

どこまでぶどう棚が続いているかな

ちなみに、背中側は10mほどでぶどう棚が終わっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3808
ほらね。

その先は、レンガ造りの民家が立ち並ぶ旧市街地だ。

テコテコ歩いていたら、すぐにぶどう棚が終わって交差点に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3809
…あ、入口には立派なゲートがあるのね

お宿の前の終点側には何も無かったのでね…

そして、交差点の向こうにも更にぶどう棚が続いていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3810
どんどん進むでぇぇぇぇ~~~~

まずはこの交差点を渡るのぢゃ
信号も無いし、車も減速しないので慎重に…

道路を渡ってぶどう棚の下に入ると、さっきとは違うことに気が付いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3811
ホコテェーーーーーーーーン

こちらは、自動車進入禁止の歩行者天国になっていた。

これ、イイねぇ~~~~~

これなら、ゆっくりとぶどうを眺めながらお散歩出来る
キッズ達も、楽しそうに走り回っている。

地面がタイル張りなので、冷んやりしていて気持ちがイイ

ひたすらテコテコ歩いていたら、青年路の北端にまで来てしまったようだ。
ぶどう棚も交差点で終わっていて、その先はすぐ先で道が終わっているっぽい。

あまり遠くまで行っても帰って来るのにシンドいので、この辺で曲がりまひょ

交差点を左に曲がって、街の中心のほうへと進むことに。

すぐに、丁字路に突き当たった。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3812
ひろーーーーーーーーーーい

これがトルファン市内のメインストリートの「高昌路(こうしょうろ)」で、今は北の方角を見ているところ。
(右の横道から来たんだよん

ご覧のとおりに建物は僅かしかなく、明らかにここが街の北端であろうと思われる。

では、南側のほうはどうなっているのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3813
まっすぐーーーーーーーーっ

いかにも中国な、広くて真っ直ぐな道が街を貫いている。

オラがウルムチからバスでやって来た時も、おそらくこの道を通ったのであろう…

ガイドブックを見ると、この右側に博物館があるようなので、行ってみることに。

さぁ、気合を入れてこの道を横断するぞ

…と言っても、見通しが良くて交通量は多くないので、さっきよりは余裕だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3814
余裕で撮影

ただ、中国で一番注意しなければならないことは、「電動バイクは全く音がしない」という事だ。

本当に走行音も何もしないので、「気が付いたらいきなり目の前にいた」という事がよくあった。
事実、交通事故も多いようで、実際にカシュガルで目の前で若い娘が運転する電動バイクの衝突事故を見た。
大きなトラックよりも、電動バイクには細心の注意を払って欲しい。
スリやかっぱらいも、電動バイクを使っていることが多い。
(電動バイクは免許が要らないらしい…)

メインストリートを渡り切り、すぐ近くにあった「トルファン博物館」に入る。(地図の

まずは、チケットを買う。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3815
きょうりうーーーーーーーーーっ

20元(270円)なので、世界的な超観光地にしては比較的お安い

図柄を見ると、恐竜の化石があるようだねぇ~。

博物館内は撮影禁止なので、写真はナシ。

1階にあった恐竜の化石は思ったほどでもなく、上野や福井で観たほうが迫力があるかもぉ~。
代わりに、3階にあったミイラと新疆ウイグル自治区内についての展示物は良かった

一通り見たので、お次に行きまひょ

高昌路をテコテコと南下する。

ほどなく、だだっ広い空間に出た。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3816
巨大な公園かぇ??

車の中から何回か見ているはずなんだけど、記憶には残っていない。

ここが街の中心で、「文化旅游広場」と言うようだ。

イベントが出来るようなスペースもあるねぇ~。
旅游(旅行)」と名が付いているくらいだから、世界中から来た観光客向けに何かをする事もあるのだろう。

…で、こちら側の歩道のほうはどうなっているのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3817
来たことあるーーーーーーーっ

そう、3日前の初日にズノンさん達と食事した場所だ(地図の

この緑地と公園の向こう側に、夜になると屋台村が出現する。
公園の遊具でキッズ達が楽しそうに遊んでいるので、ホントにここが街の中心なのだろう。

さて、先に進もう。

歩道の奥にパラソルがたくさん並んでいるのが気になったので、進もうとしたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3818
…ん歩道が水浸しぃ~

あれ雨は降っていないぞ。
(雨は年に数日しか降らないしぃ~)

歩道には黒いホースが転がっていて、花壇の中に消えている。

そっか、花壇に水をあげているんだ

そのままテコテコ進んで行くと、前を歩いている人達がみんな左側を見ている。

何かあるのかな

近寄ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3819
えぇぇぇぇぇぇーーーーーーーっ????

人が倒れているっ

…いや、寝ているようだ。

しかもこの人、水撒きの仕事中に寝てしまったようだ。

通る人達が不思議そうに眺めている。
奥にいる女の子達も「えぇぇぇぇ~~~!?」といった感じで見つめている。

ホースの先にはおばあちゃんがいた。

なぁ~んだ、仲間がいるぢゃん」と思ったら、このおばあちゃんは通りすがりの人で、蛇口から漏れ出た水で持っていた野菜か果物を洗っているように見える。
それとも、ビン等に水を汲んでいるのかもしれない。

…典型的な一昔前の中国の光景だ(笑)

しっかし、この水浸しの状態でよく寝られるなぁ…

本当に寝ているだけなのか倒れてしまったのかが謎のまま、先へ進むことにした。
(本当に倒れていたのなら、すでに救急車を呼んでいるだろうし、誰かが介抱しているでしょ…)

ただ今、12時半過ぎ。

お腹が空きましたなぁ~。

…おぉ、そうだJohn's Cafeに行ってみよう

カシュガルのJohn's Cafeはサイコーに良いお店だったので、トルファンのお店でも食べてみよう
お店はお宿の目の前にあるので、ここでお散歩は終了して戻りまひょ。

テコテコ歩いて、お宿の前に到着ぅ~。

でも、お宿とは逆の方向に曲がってJohn's Cafeにご入店~

席に着いて店内を眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3820
ほうほう。

テーブルの感じ等、カシュガルのお店と似た雰囲気に揃えてありますな
客も外国人観光客が多い。

左の壁面には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3821
やっぱりジョーンズ・カフェだ

カシュガルのお店と同じ経営者で間違いないね

店内から道路側…つまりお宿を見ると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その38・トルファン・街歩き-3822
ぶどうがいっぱい~~~~~~

昨日の「葡萄溝」で入った、ズノンさんの奥さん家の食堂と似たような雰囲気だ。

店員さん(若い女性)が注文を取りに来た。

・家常豆腐(厚揚げと野菜のあんかけ炒め:10元)
・宮保鶏丁(鶏の辛味炒め:16元)
・米飯(2元)
・新疆ビール(4元×2本)

以上の4種類(合計36元)をご注文~~

昨日はろくな食事をしていなかったので、しっかりとたんぱく質と野菜を摂らねば

…ん店員さんの態度がぶっきらぼうだぞ。

カシュガルでは最高の接客態度だったのに、この店は「いかにも中国人民」的な無愛想さだ。
この格差は大きいな…

料理が運ばれて来た。

いっただっきまぁ~~~~っす

もぐもぐ。

…おっ、味は良いですな

良くないのは店員の態度だけだ。

お腹も満たされたので、お宿に戻ろう。

…そうそう、売店でジュースを買おう。

お隣の売店でコカ・コーラ4.5元)とポテトチップ4元)を買う。

…あ、コカ・コーラのほうがペプシコーラよりも5角(0.5元:約7円)安い

たかが5角」と思うなかれ。
5角あれば、美味しいナンが1個買えるのだ

お部屋に戻って、ベッドでまったり。

.....zzzzzZZZZZ

…あ、夕方だ。(笑)

昼寝してしまったらしく、目覚めたら夕方だった。
まぁ、4Km歩いてお腹いっぱい食べてビール飲んだら…寝るわな。

…ふぅ、洗濯でもするかな。

風呂場に行って、洗面台でTシャツを洗う。

ついでに風呂も入るか

その前に、お茶が飲みたい。

ポットのお湯に触るとかなりぬるかったので、フロントに行って熱いお湯をもらう。
これで安心

でもこれだと、今飲むと逆に熱過ぎるので、少しぬるくなるまで風呂に入っちゃおう

浴槽にお湯を張って、のんびりと浸かる。

今日もお腹の調子が良くないので、ぽんぽんを温めておくのだ

ウイグル人の店では衛生面が、漢民族の店では油分がお腹に良くないようだ。
油とビールと唐辛子の組み合わせが一番危険で、これにスイカが加われば一発だ
長期旅行では、こんな時用に和食も持って来ておいたほうが良い。
(一応、うどんの粉末スープ(ヒガシマル)は持って来てある)

ぽんぽんも温まったので、ベッドに転がってお茶を飲みながらTVを観る。

…おっ、今日はレバノンとイスラエルの衝突がメインニュースのようだ。
あと、ツール・ド・フランスもだね。

どのチャンネルでも、この2つが大きく取り上げられている。

ふと窓の外を見たら、木が揺れているので窓に近づいてみると…

風が吹いて来たねぇ……あっ、雨だっ

年に数日しか雨が降らないと言われているこのトルファンに、雨が降っているよっ!!

非常に珍しい。
逆の意味でラッキーだなや

少し地面が湿ってくれたほうが、明日は過ごしやすいって~モンだ

さて、そろそろ寝ますかいのぉ~。
明日もフリータイムなので、お気楽にグッスリと寝られるのぢゃ

…ぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

つづき「その39」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その39:トルファン・バザールでござーる~ »

▼シルクロード一人旅」カテゴリの記事

コメント

やっぱり葡萄棚の道はいいなあ~。
ゴミが一つも落ちてないしタイルも気持ちよさそう。
寝ころびたくなるのも判る気がする^^
地図の写真クリックしても大きくならんねえ。

投稿: ばんび | 2019年7月15日 (月) 13時18分

★ ばんびさん

え~っ?
地図、ちゃんと大きくなりまっせー。
もう1回押してみてくだはれ。

投稿: まりりん | 2019年7月15日 (月) 13時49分

まりちゃん

異国情緒たっぷりですね~!
そして漢字っていいなぁ~
なんとなく意味が通じるから^^
それでも日本の漢字とはちょっと感じが違うのよね^^;
昔の職場に来ていた中国からの留学生と筆談したら
略字がめちゃ多かったです。

投稿: あめぶる | 2019年7月15日 (月) 14時26分

★ 師匠ぉ

日本人には略字に見える漢字、あれが今や中国では正式な字なのです。
なので、30代以下は昔の文献や海外の漢字の本等が読めなくなっています。
まぁ、日本の戦後と同じですけどねぇ~(^^;)

ちなみに、「大丈夫=立派な成人男子」「得意=かわいい」「愛人=(正式な)奥さん」「告訴=(ごく普通に)話して伝える」なのでご注意を。(^艸^)

投稿: まりりん | 2019年7月15日 (月) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その39:トルファン・バザールでござーる~ »