« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その38:トルファン・街歩き~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その40:トルファン・食べ歩き~ »

2019年7月22日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その39:トルファン・バザールでござーる~

前回「その38:トルファン・街歩き」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

-----------------------------------

2006年7月21日(金):晴れ

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

おはよう

まったりと起きたぞ

さて、今日は昨日行かなかったところに行ってみよう。

もそもそと支度をし、10時過ぎにお宿を出る。

これから歩くルートは、以下のとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3901
(2006年当時の地図を撮影)
下半分を一回りぃぃぃぃ~~~~

…お宿(トルファン賓館)
…John's Cafe
…トルファン博物館
…文化旅游広場
…屋台村(夜の飲食用)
…バザール
…高昌路(メインストリート)
…解放路(旧市街地との境目)

結果的には、と巡った。

距離も近いので、すぐに観終わるでしょ。

今回は、ぶどう棚の道(青年路)を歩かずに、いつもとは逆方向(南)に行くことにしてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3902
この先の茶色い世界へGo

わずか10m程で終わっているぶどう棚を出て、日干し煉瓦の住宅が立ち並ぶ旧市街地へ…。

ホントに、ここを境に雰囲気も街の色も激変している。

すぐ目の前に小さな十字路があったので、右へ曲がってテコテコ歩く。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3903
イイねぇ~~~~

これは翌日の夜に逆方向から撮ったモノだけど、雰囲気はこのまま。

何とな~く、カシュガルの旧市街とも似ている。

ほどなく、大きな丁字路に出た。
そう、メインストリートの「高昌路」との交差点だ。
今日はその先へ行ってみるのだ

高昌路を横断し、広めの道を歩く。

するとすぐに、テントやパラソルが並んでいる場所に着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3904
ここッス~~~~~~~ぅ

ここが今日の目的のバザール(地図の

バザールのお名前は…写真から読み取りにくいけど、門の上には「新拓商場」って書いてあるのかな

この写真を撮った時に、ちょうど目の前をファミリーが通過してしまい、ママさんに「何を撮ってるの」的な顔をされてしまったので、改めてもう1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3905
よし、これでOK

では、中へ入ろう。

門をくぐると真っ直ぐな道があり、その両側に小さな店舗が並んでいる。
人も多く、活気がある。

その中で、一番賑やかなお店があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3906
安いよ安いよーーーーっ!!

ウルムチで見た光景と同じく、婦人服のお店に女性が群がっていて大賑わいだ

世界中のどこでも、ご婦人方の行動は同じなのね。

少し進んでから、振り返って撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3907
ひろーーーーーーい

思ったよりも広いバザールで、この道を境に左右で店舗の種類(業種)が違っているようだ。 

ちなみに、正面奥に見える建物の下がバスターミナルね。
初日はウルムチからやって来て、あそこにたどり着いた。

おぉそうだ

…せっかくなので、記念に「あれ」をやっちゃおう 

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3908
バザールでござぁーーーーーーーーーる

今回は、シルクロードの旅なので、わざとこの「バザール・デ・ゴザール」君のトートバッグを持って来た。
そう、これがやりたかったためだけに。

構図を考えて色々構えを変えて撮ろうとしていたら、またもや後ろに写っているおねぃさんに「何撮ってるの」と変な顔をされてしまった…

観光客っぽく見えない(しかもウイグル人と顔つきがあまり変わらない)奴が1人で写真を撮っていたら、そりゃぁ~怪訝そうな顔されるわな。

目的が達成出来たので、先に進もう。

一通りクルっと見て回っていたら、男達で賑やかな空間に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3909
コケーーーーーーーーーーっ

食料品の市場のコーナーのようで、色々なモノが売買されている。
ちょうど目の前ではニワトリさんが売られていたので、コケコケ賑やかだ

余談だが、目の前に写っている青年がかなりのイケメンだった。
最初に見えた時は「俳優かなモデルかな」と思ったくらいだ。
でも、中央アジアにはこれくらいの美男美女はたくさんいるので、こちらでは「ちょいイケメン」くらいなのかもしれない…

すぐそばで少年の大声が聞こえたので、見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3910
コケーーーーーーーーーーっ

状況が全く解らないので何とも言えないけど、この少年が横に立っている青年と何か言い合っている。
このニワトリさんについてっぽいのは、何とな~く理解出来た。

こちらの地方は貧しい人が多いので、子供達も一生懸命に働いている。
表情も真剣そのもので、決して遊びながらやっているのではない。

バザールの奥まで来た。

人は多いものの、カシュガルのバザールのような多彩さや面白さは無かったので、ここで引き上げることにした。

バザールの前の道の先(西側)には住宅と畑しかなさそうだったので、お宿に戻ろう。
これで街の2/3は観てしまったっぽい。

バザールの奥も通り抜けられるので、そのまま右に曲がって、さっきの道(地図の)を歩いて戻る。

11時になったので、お宿の前の「John's Cafe」でお昼ご飯を食べることにした。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3911
今日は何を食べよっか

中華料理が食べたかったので、

・肉絲麺(豚肉の細切り麺:6元(81円))
・コカ・コーラ(350ml缶:4元(54円))

を注文する。

料理がやって来た。

肉絲麺」は何のことは無い、ウイグル料理の「ラグメン」だった。
予想と大きく外れて、ちょっとガッカリ。
でも、美味しいので良しとしよう

…相変わらずこの小姐(若い娘)は無愛想だな。

お顔は美人なんだけどねぇ~。

態度の悪い高橋由美子」みたいだ
(オラ、ゆみゆみ好きなんだけどなぁ…

お宿に戻る前に、さっきの路地の角(地図の辺り)にあったお店に行ってナンを買った。
ピザのような大きさの平らなモノが1枚1元で、カシュガルで売っていたベーグル(ドーナツ)形の小さなモノ(1個5角)は売っていなかった。

バザールでもそうだったけど、トルファンにはベーグル形のかわいいナンは売っていないようだ。
観光地で物価が高いから、仕方が無いのか…な

お宿に戻って部屋に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3912
ただいまぁ~~~~~

1時間ちょっとしか外出しなかったねぇ…

まだお昼なので、今日はジーンズも洗濯しちゃおう

今から干せば、すぐに乾くだろう

浴槽で、Tシャツとジーンズを洗う。
ジーンズは絞りにくいけど、超乾燥地帯なのでそのままでも乾きそう

外に穿いて行けるモノが無いので、当然、ベッドでゴロゴロするしかない。
ガイドブックを読んだりして、まったり。

15時頃、急にお腹が空いた。

部屋にはナンポテトチップしかないな…。

ナンだけだと硬くてパサパサして食べられないので、何か飲み物が欲しい。
お茶とナンでは味が無いので、ジュースがイイな

外出出来ないので、お宿内の売店で買い出しをするしかない。
少々高いが仕方が無い…

半乾きのジーンズを穿いて、フロント横の売店へ行く。
そして、カップラーメン7元)とオレンジジュース6元)を買った。

13元もあったら、外でちゃんとした食事が出来るなぁ…

部屋に戻って、すぐにジーンズを脱ぐ。
腿が湿って気持ち悪い…(笑)

カップラーメンにお湯を入れる前にひらめいた

和風にしてみっぺ

粉末スープを手持ちの「(東)ヒガシマル」のうどんスープに替えて、お湯を注ぐ。
赤いきつね」っぽい味になるかな

3分後。

いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

…なってなぁぁぁぁぁーーーーーーい

何と、薬味に「香菜(シャンツァイ:パクチー)」が入っていたので、その味のほうが強くて和風にならなかった。

香菜は気が付かなかった…

でも、それ以外はヒジョーに和風な感じで仕上がっていたので、次回試す時には気を付けてみよう

お腹も満たされたので、またもやベッドでゴロゴロ。
(お腹もゴロゴロが治っていない)

どこからかハエが1匹入り込んだらしく、オラの部屋の中を我が物顔で爆走している。
しばらくの間、このハエと戦った。
(長い戦いの末、窓から逃げて行った)

19時になった。

…あまりにヒマ過ぎる。

お散歩にでも行ってみっぺか。

シャワーを浴びて支度をし、外に出る。

ジーンズはまだ生乾きだったけど、これくらいなら耐えられる。

午前中に行ったバザールの手前の交差点まで行って、引き返す。
トルファンの街は小さ過ぎて、ホントに何も無いなぁ~~~~。

ほどなく、お宿にご帰還。

…おっ、ジーンズが少し乾いた。

まるで、乾燥させるために出歩いたみたいだ

またまたベッドでゴロゴロ。

21時過ぎに、ナンとポテトチップをかじる。

…やっぱりパサパサだ。

ホテル内の売店へ行き、コカ・コーラ4元)と台湾ブランドのアイスティー(統一氷紅茶:6元)を買う。

このアイスティーと昼のラグメンが同じ値段かぁ…
John's Cafeに行けば良かったかな

そしてお部屋に籠って、TVを観まくる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3913
てれびくぅぅぅぅぅ~~~~ん

トルファンでは、このTV君が大活躍だ

チャンネル数が多いので、色々観てみることに。

…おっ、香港のTV局「鳳凰衛視」もあるぞ
(香港だけど、普通話(北京語)と繁体字幕で放送されている、海外の華人向けTV局)

香港でよく観ていたので、しばらく観ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3914
びじーーーーーーーーーーん

ニュースの時間になったら、まぁ~美しいおねぃさんが現れたではないかっ

ここしばらく女性と会話もしていなかったし(交河古城30秒ほど話しただけだしぃ)、John's Cafe娘は無愛想なので、このおねぃさんの優しい笑顔に釘付けになった 

見とれてしまいましたよ、えぇ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3915
お美しい

日本人によくいそうなタイプの美人だ。
メイクの仕方が日本っぽいのかな

もう、画面にロックオンよ
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3916
癒されるぅぅぅぅぅ~~~~

日本のTV局を観ているみたいだ。

ニュースが終わってしまったので、他のチャンネルに変えてみた。

…おっ、映画だね。

映画自体に興味は無かったけど、英語を翻訳した字幕が面白かったので、観続けてしまった。
ニュース番組でも字幕が面白かった。

…ほうほう、そうやって書くのね

「Oh my God」は「我的天」、ドイツのメーカー「ジーメンス」は「西門子(シーメンツ)」、「メルセデス」は「梅賽徳斯(メイサイドゥァースー)」、「ホワイトハウス」は「白宮」、「白宮牛仔」は直訳すると「ホワイトハウスのカウボーイ」つまり「ブッシュ大統領」の事のスラングかぇ!?

でも、今回の旅の究極の癒しは、この娘達だろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3917
天使の歌声ぇぇぇぇぇ~~~~~

CCTV音楽チャンネル」で、番組の間に頻繁に流される、15秒ほどのCMだ。

天使の羽を背負った娘が、キレイな声でオペラのように歌っている。
この「どこにでもいるような素朴な娘」な感じが、ヒジョーに癒される

そして、もう1人。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その39・トルファン・バザールでござーる-3918
お姫様ぁぁぁぁぁぁ~~~~っ

こちらは「清楚な美人」と言う感じで、「森の妖精」っぽいイメージになっている。

このツートップが頻繁に画面に現れて来るので、ついつい画面にロックオンされてしまうのよ

今回の旅では、この2人にどれだけ癒されていることか。
男としか話せないイスラム圏は、オラにはちょっと息苦しい…

さて、そろそろ寝ますかいのぉ~。
明日はトルファンの最後の滞在日なので、移動日に向けて体調を整えておかねば

お腹のゴロゴロは全然治らず、良くなっても夜にはすぐにダメになる。
…もう諦めたけどね。

…ぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

つづき「その40」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その38:トルファン・街歩き~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その40:トルファン・食べ歩き~ »

▼シルクロード一人旅」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん

一人旅は自由だけれど、体調を崩したらちょと不安になるかも(:_;
でもこうして旅日記にすることでまりちゃん自身、当時の心境も懐古できるしいいものですね^^

アジア圏は顔が似ていて安心できそう…
でも漢字は意味が違うこともあるから(前回みたいに)気をつけなくちゃね^^;

投稿: あめぶる | 2019年7月23日 (火) 10時49分

★ 師匠ぉ

一人旅、安宿に行くと大体「似たような同志」がいるので、意外と安心なモノですよん♪

旅日記、当時の日記を読み返すことで、嫌な想い出もいくつか思い出して蘇ってきたり…
でも、脳トレにはもってこいかもしれません(^艸^)

海外旅行先で宗教・文化の違いなどで食事に困ったら、とりあえずチャイナタウンに行くと良いです。
日本人街は少ないけど、チャイナタウンは世界中の中規模な町にもにありますので。
日本料理屋でご飯(白米)を食べると高いけど、チャイナタウンで食べると半額くらいです

投稿: まりりん | 2019年7月23日 (火) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その38:トルファン・街歩き~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その40:トルファン・食べ歩き~ »