« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その35:トルファン・カレーズ楽園~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ »

2019年7月 1日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その36:トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり~

前回「その35:トルファン・カレーズ楽園」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

この日も写真が多いので、数回に分けてご紹介ぃ~

-----------------------------------

2006年7月19日(水):ウルトラ快晴

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

さて、お次はどこに行くのかなぁ~~

今日の観光ルートは以下のとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3601
(2017年のグーグルマップより)
からまで移動だよぉぉぉぉ~~~~ん

…お宿(トルファン賓館)
…火焔山(かえんざん)
…吐峪溝(千仏洞)
…ピチャンの沙山公園(砂漠公園)
…艾丁湖(アイディン湖)
…高昌故城
…アスターナ古墳群
…ベゼクリク千仏洞
…交河故城
…カレーズ楽園
…葡萄溝
…蘇公塔

結果的には、と巡った。

この時は知らなかったけど、からへ向かうところ。

タクシーの中でズノンさんが「次の観光スポットでお昼ご飯を食べよう」と言った。
そうだよね、もう13時だもんね。
(新疆時間ではまだ11時だけどぉ~)

山間の道に入って少し進むと、いかにも観光地っぽい建物が並んだ集落に来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3602
イイ感じの所だねぇ~~~

ここがメインストリートのようで、街道から観光スポットの入口まで店舗が並んでいる。
この場所の名前は「葡萄溝(ぶどうこう)」と言うようだ。

車内でズノンさんが一言。
ここは入場料が60元もするけど、観る所はあまり無い。さっきぶどう畑を観て来たからねぇ~。どうする

…そっか、60元(930円)かぁ。

60元と言ったら2日分の食費だ。(笑)

それぢゃぁ、パス」と言ったら「では、お昼ご飯を食べに行こう」とのお返事。

なので、道の途中で左折して、食堂のある方向へ進みだした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3603
左に曲がりまぁ~~~~~っす

奥に見える建物が「葡萄溝」の入口のようだ。

駐車場を抜けると、生活道路のような小道をゆっくりと進む。
そしてすぐに、1軒のお店の前で停車。

車を降りて目の前を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3604
超~~~ナイスっ

雪山からの冷たい雪解け水が、勢いよく大量に流れている。

これだけ流れていれば、生活には困らないねぇ~~~
かなり良い場所だ

そして、振り返ってお店を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3605
ホントにお店???

看板も何もなく、フツーの住居にも見える。
でも、奥に人が何人かいて動いているのが見えたので、やはりお店のようだ。

ズノンさんに連れられて奥に入ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3606
おぉ、いぇい

何ともステキな、ナイス空間なのぢゃ

ズノンさんに席に案内されて、「ラグメンでいいね」と訊かれたので「OK」と返事する。
そしてそのまま調理場へと入って行った。
(奥にいる、赤地に白いストライプのポロシャツがズノンさんね)

そして、すぐに戻って来てテーブルに果物を置いて一言。

ここは1人でゆっくりしてね。この店は僕の奥さんの実家なんだ

おぉ!!そういう事かっ

それなら安心だ

周囲にはツアーでやって来た西洋人の団体さんがいて賑やかだ。
話している言葉を聞くと…ドイツ語だねぇ~。

ドイツ人の団体というのも、この地では珍しい。
(余談だけど、東京って滅多にドイツ人と出会わない(ドイツ語が聞こえて来ない)んだけど……観光地として人気がないのかな

順序が逆だけど、まずはスイーツから食べよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3607
美味しそ~~~~う

赤いのはスイカ、黄色いのはハミ瓜、黄緑色のが「馬奶子(マーナイズ)」と言うマスカットに近いぶどうだ。

ハミ瓜を1人でこれだけの量をじっくり食べるのは初めてなので、ちょっとドキドキ
ガブッと食べてみると…

…おっ、スイカとメロンの中間って感じぃ~~~

味も食感もほぼ中間という、日本人にはちょいと不思議な果物だ。
ハミ瓜は、この近くにある町「哈密(ハミ)」の特産品。

木陰の涼しい風を浴びながら、まったりと周囲を眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3608
こんな庭が欲しい~~~~~っ

天井は全てぶどう棚だ。

…これなら、60元も払って葡萄溝の建物に入らなくてイイぢゃん

正面の時計を見ると、11:25になっている。
新疆時間の時計だね。
(北京時間だと13:25だよん)

ズノンさんは店員さん達(つまり親戚)とおしゃべりタイム。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3609
良い時間だ

このお店、半分近くが座敷席になっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3610
靴を脱いで足を延ばして、のんびりぃぃぃ~~~

ここで暮らしたい(笑)

正面に転がっている黄色っぽい果物が、ハミ瓜だ。
TVの右には、スイカさんも転がっているねぇ~。

そして、このお店の最もナイスなアイテムがこちら。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3611
ひんやりぃぃぃぃ~~~~

先ほどの流量豊かな用水路の分水が、座敷席のすぐ脇を流れているのだ。
手を伸ばせば触れて、水はとても冷たい。

木陰とせせらぎの音……あぁ、砂漠のオ・ア・シ・ス

そんなのどかな店内だけど、調理場は大忙しだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3612
いっぱい作れぇぇぇぇぇ~~~~っ

家族(親戚)総出で調理しているのだろう。
あれだけ団体さんが入っていれば、そりゃぁ忙しいわな。

手際良く調理が進んで行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3613
麺を茹でて具を炒めろーーーーーぅ

オラの勝手な推測だけど、右の男性が奥さんの父親で、中央のマダムが母親っぽい。
そして、左の女子2人が奥さんとその妹ではないかと思われる。

作っているのは「ラグメン」で、ほどなくオラにもやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3614
うんまそぉぉぉぉぉ~~~~う

ラグメン」とは、羊肉・ピーマン・パプリカ・玉ねぎ・豆等を醤油ベースの味付けで炒め、それを日本のうどんのような麺に載せたモノ。
羊肉以外はほぼ日本の食材と同じなので、とても日本人の口に合う。

ズノンさんも一緒に座って、お食事タァ~イム

では、いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

うん、美味しい

ウイグルでは「ラグメン」と「ポロ」の2つの名前さえ覚えておけば、飢え死にすることはナイ。
(日本語読みで「ラグメン」「ポロ」と言えば、ビックリするくらいどこでも通じるよん)

ごちそうさまぁ~~~~。

座敷でまったりしていると、テーブルの下でもまったりしているお方の姿が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3615
すやすや

何と、子猫が寝ていた。

寝返りを打ったので、もう1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3616
にゃぁ~~~~~~

完全にリラックスモード。

そんな写真を撮っていたら、オラのスイカを勝手につまんで食べている幼児がいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3617
横取りキッズーーーーーーーっ

ズノンさんが笑いながら「彼、僕の息子ね」と。

そうだよね、パパが仲良く話していたら、お友達だと思ってフルーツをつまみに来るよね
(フルーツのお替りはいくらでもやって来るのでモウマンタイ(無問題))

ズノンさんが父親の顔で「写真を撮ってあげて~」と言うので、もう1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3618
くりっくりですな

年齢を聞いたけど、残念ながら失念…

ほどなく、別の少年が現れた。
近所の友達のようだ。

子猫と一緒に遊びだしたので、それも撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3619
イイねぇ~~~~

のどかなお昼時だ。

日本の都会のランチタイムもこういう感じなら、と~っても働きやすいんだけどねぇ~。

お腹がいっぱいになったので「ちょっとだけ外を歩いてくる~」とズノンさんに告げて、カメラを持ってお散歩。

さっきの用水路がとても気になっていたので、少しだけ上流に歩いてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3620
うん、イイ感じぃぃぃぃ~~~~

静かでとても良い所だ。
さっきの「カレーズ楽園」がやかましかったので、なおさらだ

ここはまた来たいね

お店に戻ると、ズノンさんが「そろそろ行くかい」と言って来たので「うん」とお返事。

では、お次の観光スポットに行きますかいのぉ~~~。

ほな、れっつらごーーーーーーーーぅ

つづき「その37」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その35:トルファン・カレーズ楽園~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

▼シルクロード一人旅」カテゴリの記事

コメント

果物食べ放題って素敵なお店だね。ズノンさんちはブドウ園もやってるし、食堂もやってるのにタクシー営業もって凄いなあ~。
葡萄棚の下でのんびりってツアーじゃ味わえないよね。

投稿: ばんび | 2019年7月 1日 (月) 09時50分

まりちゃん

ハミ肉じゃなくてハミ瓜🍈そそられます~
まりちゃんの旅はいつも、ツアーじゃ味わえない地元民とのふれあい旅だね👨👩🐈

投稿: あめぶる | 2019年7月 1日 (月) 13時24分

★ ばんびさん

これだけ天井にぶどうが生っていれば、食べ放題でもモウマンタイ~~~(^艸^)
多角経営のズノンさん、この後にしっかりと高額の請求が来ましてよ…(^^;)

投稿: まりりん | 2019年7月 1日 (月) 22時16分

★ 師匠ぉ

オラのハミ肉でしたらば、いくらでも差し上げましてよぉぉぉぉ~~~(>ω<)/
こんな旅ばかりしているから、世界中で現地在住と間違えられるんだよねぇ…(^^;)
(でも、おかげで犯罪に遭ったことは一度もありましぇ~ん

投稿: まりりん | 2019年7月 1日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その35:トルファン・カレーズ楽園~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その37:トルファン・灼熱の蘇公塔~ »