« グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル・しお味とカレー味」2019春~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その33:トルファン・交河故城~ »

2019年4月22日 (月)

旅日記 ~「名鉄乗り回しの旅 2019」その8・黄昏時の豊川線~

前回「名鉄乗り回しの旅 2018その7・台風12号と小牧線」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

2017年9月10・11日の2日間で名鉄(名古屋鉄道)全路線を乗破してやろうと企てたが無知で無謀過ぎて達成出来ず、2018年7月に再チャレンジし、2019年1月の再々チャレンジでやっと完乗出来たおハナシ。

------------------------------

2019年1月13日、愛知県の東の入口「豊橋(とよはし)」駅西口にあるイタリア料理屋「HELP」に飲みに行くついでに、「今回で名鉄を完乗させてやるっ」と強い意志を持って行動を開始した。

名鉄の未乗区間は以下のとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4801
やぢるしの線ーーーーーっ

…豊川線
…三河線(碧南方面)
…三河線(猿投方面)・豊田線

これらの他に「築港線」もあるが、この路線は1日に数往復しか走らない、港湾工業地帯勤務の方向けのダイヤになっているので、「ついで」で回るには非常に難しい。
(この線をメインにプランを立てなければ無理)
関東で言えばJR鶴見線の「大川(おおかわ)」駅、関西で言えばJR和田岬線の「和田岬(わだみさき)」駅と同じ存在。

今回は1人旅で、お宿はいつもの豊橋駅前の「東横イン」なので楽勝だ
豊橋駅は、地図の右下の終点だよん。

…ってなワケで、毎度毎度の「東京(とうきょう)」駅。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4802
毎度の「こだま」ちゃぁぁぁぁ~~~~ん

東横インのチェックイン開始時間が16時なので、それに合わせて東海道新幹線に乗っている。

大抵は「こだま659号」に乗っているのだが、今回は「HELP」での待ち合わせ時間に余裕があったので、30分遅い「こだま661号」ちゃんに乗り込んだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4803
古ぅぅぅぅぅーーーーーーい

今や古めかしさも感じるようになってきた、3色LEDの表示器。

…そう、この列車は引退が近い「700系」という車両だ。
お顔がカモノハシみたいなぷりちーなヤツね

車内はこんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4804
とぉーーーーかい

座席の色が薄い青色なので、JR東海の編成だ。

JR西日本の編成は、座席が紺色でシックなのよん
アナウンス前のメロディも「いい日旅立ち」で、旅情タップリなのだ
(西日本に向かうのに「雪解け~間近の~北の空~に向か~い~」という歌詞は考えないでおこう

いつもどおりに「2号車12番A席」に座る。
ほぼオラの指定席だなや。(笑)

列車は走り出し、1つ目の「品川(しながわ)」駅を発車した。

すると、ほどなく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4805
横須賀線が横ッスか

並行して走る横須賀線が最高速でヒーヒー言って走っている横を、シンカンセン様は涼しい顔をしてさらに高速で追い越して行く。

横須賀線を追い抜くと、すぐに…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4806
たまりばーーーーーーーっ

東京都と神奈川県の境目を流れる「多摩川(たまがわ)」だ。
左が東京都の大田区で、右が神奈川県川崎市の武蔵小杉

小田原(おだわら)」駅を過ぎて相模湾と伊豆の島々を眺めた後は、夕日がマヴすぃのでカーテンを半分下ろしてマッタリ。
静岡県の景色はスルーしよう。(笑)

そして、愛知県に入って数分で豊橋駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4807
いつもの夕日の光景~~~~ぃ

この時間のこのホームって、夕日がキレイで好きなんだよね

さて、ただ今16時8分
待ち合わせが18時なので、1時間半ほどフリータイムがある。

…ほな、今日のうちに行っておきまひょかぁ~~~

…ってなワケで、まずはすぐ近くにある豊川線を制覇することにした。

まずは新幹線の改札口を出て、在来線の改札口に移動してSuicaで入場。
(JR線と名鉄線は同じホームから発着している)

名鉄線のホームへ降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4808
(2017年9月撮影)
夕方は初めてかもぉ~~~~

ちょうど特急列車が発車するタイミングだったので、急いで乗車。
周りのみんなと同じく、指定席の特別車を通り抜け、一般車内へ移動。

降りる駅は、次に停まる「国府(こう)」駅。
すぐに着いてしまうので、立ったまま乗車。

そしてすぐに着きやしたぜ、ダンナ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4809
初めて降りたぜぇ~~~~~い

何度も通過しているが、降りるのは初めてだ。

一応、お約束のアングルで1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4810
コォーーーーーーーーーっ

アルファベットの表記が「KO」の2文字しかないのが、昔から気になっていたのよ

さて、乗り換えだ。

奥に見えている赤い列車かと思いきや、その手前のホームに名古屋方面からの直通列車がやって来るとのこと。
なので、ホームを移動しておとなしく待つ。

ほどなくやって来た、「豊川稲荷(とよかわいなり)」行きの列車に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4811
クロスシートGET

名鉄って、どんな各駅停車の車両でもクロスシートがある可能性が高いので好き

座って待っていると、隣に座っていたおばちゃん達の落ち着かない様子が見えた。
そしてオラに「この列車は豊川稲荷に行きます」と質問して来た。
はい」と答えると安心して笑顔になった。

…東京から今来たばかりの観光客に訊くなよ。(笑)

オラ、世界中のどこに行っても地元民と間違われて、かなりの高確率で質問される。
やれやれ。

そして列車は発車した。

終点の豊川稲荷駅までは4駅7.2Km)しかないので、プチ旅行~

本線を離れて左にカーブすると、景色が開けた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4812
たんぼまつりぢゃーーーーーーい

この一帯は田畑が多く、秋になる一面がと金色に光る
夕方にこのエリアを乗るのがシアワセなのよ
(JR線でもキレイな光景が見られる)

反対側の車窓も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4813
イイねぇ~~~~

静かなまったりとした最高の時間だ

ほどなく、住宅地に入った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4814
さっきと景色が違ぁ~~~~~~う

どこにでもあるような、ごく一般的な住宅地の光景だ。

列車はちょこまかと各駅に停まる。
全線単線だが、高架駅あり、ホームが1本しかない駅あり、すれ違い可能駅あり…と、全て違う造りになっていて面白い

終点の1つ前の「稲荷口(いなりぐち)」駅で、上下列車のすれ違いをした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4815
みぢかい~~~~~

線内折り返し列車は2両4両編成で走っている。
こちらの直通列車は6両なので、輸送力(混雑率)がかなり違う。

そして、発車後すぐに左に大きくカーブし、曲がり切ると終点の豊川稲荷駅だ。

終点に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4816
おひさぁ~~~~~~

奥に見えているホームはJR飯田線の「豊川(とよかわ)」駅で、何度か通り過ぎた事がある。

このままくるっと後ろに振り返ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4817
広ぉ~~~~~い

屋根が無いせいか、ホームが広く感じる。
夕日がキレイになってきたねぇ~~~

では、改札に行こう。

再び振り返って、ホームを歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4818
…そうだ、正月だ。(笑)

まだ初詣の期間なんだよねぇ~。

駅名のとおり、すぐ近くに神社の「豊川稲荷」があり、この地域の一大初詣スポットだ。
うなぎが有名で、門前町にはうなぎ屋が多数ある。

…おっ、16時45分か。

豊橋駅までの戻り方を考えなければ、ヘタをすると間に合わなくなるぞ…。
名鉄で今来た道を戻るのは、ちょいとリスキーだなや。

…ここは保険を掛けて、JRで戻ろう。

実は、豊橋から豊川へは、JR線で来たほうが近くて早くて安いのだ(笑)

だから豊川線に乗ったことが無かったんだよぉぉぉぉぉぉ~~~ん

そうと決まったら、JRのホームへと急ごう。

その前に、お約束の1枚をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4819
豊川線、制覇っ

これで完璧だ

そうそう、今乗って来た列車のお顔も撮っておこうね。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4820
楽しかったよぉぉぉぉ~~~~ん

クロスシートのキミで良かったよ。うん、うん
ありがとね

改札を出て、駅舎を撮影。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4821
これで今日の目的は達成~~~~~~ぃ

さぁさぁ、JR線だっ

ダイヤが判らないので、いつ列車が来るかドキドキものなのよ。
(運転本数が少ないので)

この位置から、そのまま左に向くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4822
めのまえぇーーーーーーっ

すぐ目の前にJRの駅舎がある。
(丸いお屋根ね)

ちなみに、さらに左を向くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4823
さんどーーーーーーーぅ

豊川稲荷への参道がある。
黄色いコンビニ(ミニストップ)の先を左折してね

階段を上がってJRの改札に入ると、すぐに豊橋行きの列車が来ることが判明。
…これはラッキー

ホームに降りて列車を待つ。

ほどなく来た列車(313系)に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4824
これで安心

間違いなく、待ち合わせの時間には間に合うぞ
(その前にお宿にチェックインしないといけないので、少し早めに戻らないとね)

最近の飯田線の車両はボックスシート車と転換クロスシート車がほとんどなので、短距離でも車窓の旅が楽しめる。

上手い具合に、ボックスシートの良い席をGET
豊橋までまったりと夕日を眺めよう

列車はすぐに発車。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4825
また来るよぉぉぉぉぉ~~~~ん

人生で2度目の豊川だった。
1回目は、ちゃんとお稲荷さんにお参りしたよん

今度は名鉄線を見る番だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4826
バイバイキ~~~~~~ン

今まで乗って来た列車が、まだ停まっていた。

そうそう、この豊川駅には鉄ちゃんには堪らないスポットがあるのだ

豊川駅の先(北側)でJR線から線路が分岐し、延々と住宅地を抜けて工場に吸い込まれている。
その工場は「日本車輌製造 豊川製作所」と言い、通称「日車豊川」と呼ばれている。
ここで電車の新造や改造が行われ、年に数回ほど日本各地へ貨物列車として輸送される。

線路は豊川駅から分岐しているのだが、工場の所在地は名鉄の「諏訪町(すわちょう)」駅が近い。

ちなみに、工場の隣は陸自の駐屯地なので、カメラを持って変にウロウロしていると…

話を戻そう。

名鉄線とバイバイキンした後は、車窓の景色を楽しむ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4827
…おっ、これは間に合うんでないかぇ

ナイスタイミングで、日没の瞬間に間に合いそうだ
JR線だと豊橋まで5駅しかないので、可能性は充分あるぞ。

住宅地を抜け、さっき乗っていた名鉄本線と合流する地点まで来たら、景色が開けて…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4828
おぉ、いぇい

水田が光っているように見えるが、実はソーラーパネル。(笑)
でも、キレイだから良しとしよう

そしてすぐに、豊川放水路の鉄橋を渡る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4829
イイねぇ~~~~~

鉄橋を境に、色のグラデーションが美しい

鉄橋を渡ると、飯田線の市街地の秘境駅「下地(しもじ)」駅に停車。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4830
シンカンセーーーーーーーン

ちょうど新幹線が通過していたので、タイミングを合わせて撮ってみた。
我ながらグッジョヴ

ちなみに、この下地駅と次の「船町(ふなまち)」駅は街の中にあるのに停車する列車が少ないのだ。
名鉄の列車は全て通過し、横を走るJR東海道線にはホームそのものが無く、JR飯田線も豊川以遠に行く長距離列車は通過する。

停まる列車を待っているくらいなら、自分で車を運転して豊橋に行ったほうが早いという現実がある。
故に、乗降している人を見ると、超ローカル線と同様に学生とお年寄りが多い。

その、お隣の船町駅は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4831
これまたナイスタイミング

ちょうど対向列車も停車してドアを開いている最中だった。
ここに停車中の列車って、初めて見たかもぉ~。

そして、数分で豊橋駅に到着。
ただいま~~~~~

ただ今、17時20分ちょい前。

超絶なタイミングで全てが上手く間に合った
どれかの列車が1本遅かったら、18時ギリギリになっただろう…

さぁ、お宿にチェックインだ

改札を出て、通い慣れた駅前のデッキを歩く。
もうお日様は引っ込んぢゃったね…

数分で東横インに到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4832
(翌朝に撮影)
今夜もよろしくね

チェックインを済ませ、お部屋に入る。

窓から外を眺めてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4833
あれでぢゃぶ???

前回の2018年台風12号停電祭りになった時に見た光景とソックリなのだ。

この日記を書くために、去年の写真を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4834
(2018年7月29日撮影)
まったくおんなじーーーーーーーぃ

…あ、同じ部屋だ。(笑)

右にある階段の側板が無くなっているくらいの違いで、あとは全く一緒。

…今日は停電になるなよ。

そして17時50分

HELPに総攻撃ぢゃーーーーーーーっ

いそいそとお宿を出て、目の前のJR線の陸橋を渡り、西口のバラック街(「189(わんぱく)通り」と言う)へと行く。

そして来ました、HELPちゃんに
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4835
(2017年3月11日撮影)
レーベンブロイ、空にしちゃるぞーーーーーっ

ナゼに今回も来たのかというと、ドイツ・ミュンヘンの名ビール「レーベンブロイ」の樽生が、メーカー(アサヒ)取り扱い終了になって飲めなくなってしまうからだ。
樽がお店に残っているうちに飲みに来なさーい」とお声が掛かっていたので、急遽豊橋詣でを決めたのだ。

新年のご挨拶がてら、カンパーーーーーイ

あぁ、シ・ア・ワ・セ

無事に地元のお姉さまとも合流し、お話し三昧。

今宵の一品は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名鉄乗り回しの旅2019その8・豊川線-4836
うらぺぺーーーーーーっ

これは裏メニューの「●●の●●●●●ー●」だ。
(裏なので教えなーい)

いつもどおり、閉店時間まで飲んだくれてお宿に戻りましたとさぁ~。

いやぁ~~~、今日は楽しかった

さぁ、明日の完乗に備えて、寝るべ、寝るべぇ~~~~~

(つづくーっ!)

|

« グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル・しお味とカレー味」2019春~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その33:トルファン・交河故城~ »

旅と鉄道(19名鉄)」カテゴリの記事

コメント

止まっちゃった購読ブログの更新とこの記事が同じ名鉄乗り回しで
不思議につながってる~^^;
大雨で名鉄本線の豊橋行きが無くなって国府駅で友達に拾ってもらった事を思い出しました☔

投稿: ばんび | 2019年4月26日 (金) 08時48分

★ ばんびさん

まぁ、愛知県民でも住民以外は国府駅で降りる機会はあまり無いでしょうからねぇ…(^^;)

投稿: まりりん | 2019年4月26日 (金) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル・しお味とカレー味」2019春~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その33:トルファン・交河故城~ »