« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月19日 (月)

グルメ日記 ~「横浜・崎陽軒の炒飯弁当」2018秋~

最近気になっていた「あの弁当」をついに食せる時が来た

年に10往復近く乗る東海道新幹線
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1001
毎度おなじみの光景になって来た。

もはや旅情やワクワク感は薄れた。

そして、「東京(とうきょう)」駅から発車して20分くらいした時に、いつも気になっていたカンバンがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1002
しうまいべんたうぅぅぅぅぅーーーーーーっ

新横浜(しんよこはま)」駅ホームの売店にデカデカと貼られている、崎陽軒(きようけん)の「焼売炒飯弁當(シュウマイチャーハンべんとう)」だ

東京から「のぞみ」に乗っている途中に、新横浜駅で下車してお弁当を買う時間は1秒もナイ。
こだま」なら、1~2本前の「のぞみ」や「ひかり」の自由席に乗って、新横浜でいったん降りてお弁当を買って、目的の「こだま」ちゃんに悠々と乗り込むというワザも使えるのだが…

調べてみたら、東京駅の改札内コンコースにも崎陽軒の売店が数箇所あるそうな。

一度、朝早い時間に行ってみたら…

品切れ

ド定番の超名物「シウマイ弁当」しか売っていなかった。

ショーケースには「10時頃入荷します」とのこと。

その時はあきらめたが、次の移動時には数店舗回ってみる作戦に出た。
そしたら、アッサリと最初の店舗でGET

…ふぅ、難儀したぜぃ。

なんでこんなに入手困難なのかというと、ちょうど少し前に落語界の大師匠「桂歌丸」氏がお亡くなりになった。
噺家さん達の回想話しの中で「歌丸師匠は崎陽軒の炒飯弁当が大好きだった」という発言があった。

それ以来、突如入手困難になったらしい。

炒飯が入った弁当は2種類あって、「師匠はいつも名前を間違って言っていた」と言っていたので、本当に好きだったのはこのカンバンのモノだったのかもしれない…

今回オラがGET出来たものは、こちら。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1003
ちゃおふぁ~~~~~~ん

炒飯弁当」という名のほうだ。

早速フタを開けてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1004
おぉ、いぇい

カンバンの「焼売炒飯弁當」よりはシウマイの数は少ないが、その分炒飯が多く入っていて、鶏のから揚げも2個顔を覗かせている。

どちらかと言えば、炒飯は後に取っておいて、おかずで1杯飲むのに適した内容と言える。

なので、当然…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1005
おやくそくーーーーーーーーぅ

麦汁様のご登場だ

オラ的地ビールである「キリン」さんにご登場願った。
(キリン本社は東京都のJR中野駅前)

では、いっただっきまぁ~~~~~~~っす

もぐもぐ。

まいうーーーーーーーーっ

メインの炒飯は冷めても美味しく、中華屋さんで食べる出来立てのモノとはまた違った味わいがある

これ、まぢまいうー
大事に取っておこぉ~~~っと。

取っとこハム太郎ぉ~~~~~~~ぅ

そして、おかずのほうは…

シウマイは、もはや説明する必要が無いくらいの、歴史あるド定番の安定した美味しい味。
から揚げちゃんもビールに最適

そして、オラ的に意外なオドロキでヒットしたのが、真ん中にいる中華クラゲちゃん。

程良い酸味がまいうーーーーーーっ

新幹線のように3時間近く座りっぱなしで変化がナイ環境では、この酸味が良い気分転換になる
コリコリした食感もまた良い。

缶ビール2本持って来ればよかった…

足りなかったら後で車内販売で買えばイイやぁ~~~」と思って、1本目を飲んでいる最中(「小田原(おだわら)」駅手前)に車販のカートが16号車(最後尾)へと移動して行った時はスルーしてしまった。
(オラは11号車に乗車ちう)

すぐに戻ってくるだろう」と思っていたら、いくら待っても帰って来ない…

…あれオラよそ見でもして、戻って来たの見逃したっけ

と心配していたが、本気で戻って来ないようだ。
食べかけのお弁当を目の前にして、お茶で時間を潰す。

結局、11号車にカートが戻って来たのは、「名古屋(なごや)」駅停車1分前でしたとさ。

おいおい、1時間以上待ったぞ…

おかずを目の前にして1時間「おあずけ」をくらったのは初めてでしたとさぁ~。

東京を10時前後に発車する列車の車内販売は買い手が殺到するので、欲しいモノは乗り込む前にしっかりと売店でGETしておこう

…確かに美味かったぜ、歌丸師匠

また食べよっと

| | コメント (2)

2018年11月 5日 (月)

グルメ日記 ~「新宿東口の絶品中華・東順永のフカヒレ」2018秋~

前回「新宿で絶品中華っ!東順永2018秋」からのつづきーっ!

…えぇ、相変わらず通い詰めてますよ、ハイ。

東京の新宿三丁目(新宿東口)にある中華料理屋「東順永(とうじゅんえい)」という絶品中華の老舗で、食べ飲み放題もあるのだが、オラはせっせと1~2人で通常メニューの料理を食べまくっている。
(食べ放題には無いメニューがあるので)

そんな中、先々月の給料日直前に、奮発してこんなモノを三丁目店で食べてみた。
(数日ガマンすれば給料入るしぃ~)

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1001
フカフカのヒレヒレぇぇぇぇ~~~~ぃ

中華料理の最高峰「フカヒレの姿煮」様だっ

お値段、3800円
食べるのにも気合が入る。

まずは、食べる前にお姿をぢっくりと眺めておこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1002
おぉ、いぇい

ふかひれのスジスジがぁ~~~~

青梗菜(ちんげんさい)のとのコラボも美しい。

さらにアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1003
いやぁ~~~~~ん

テリッテリのツヤッツヤ
たまりませんな

では、いっただっきまぁ~~~~~っす。

もぐもぐ。

テッペンまいうーーーーーーーっ

何だこれっっっ

フカヒレって、それ自体には味が無いので、どの店もスープの味に力を注いでいる。
このスープの味はただ者ではナイぞ…

店員さんに聞いたら、この三丁目店のシェフは広東料理のスゴ腕だそうで。

…うん。オラ納得

香港で食べるよりも美味しいかもぉ~
(横浜中華街は超えたな…)

スープのあまりの美味さに、オラ、ひらめいた

ご飯くださぁ~い

そして、やって来たご飯にスープをかけてモグモグしてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1004
もういつ死んでもイイ

悶絶死しそうなくらい美味い

これは頻繁に食べたいねぇ~
でも、オラのおサイフがそれを許してくれない。
年に数回が限度かなぁ…

う~ん、もっと食べたひ。

どなたか、オラに東順永のフカヒレを奢ってはくれまいか
お待ちしておりまーす

ほな、またぁ~~~

-----------------------------

 お店のデータ 

東順永(とうじゅんえい:Tou Jun Ei)」

本店
東京都新宿区新宿5-10-10
TEL 03-3353-3532
URL https://akr7007315257.owst.jp/

三丁目店
東京都新宿区新宿2-15-15 ヤマトビル2F
TEL 03-6457-8058
URL https://touzyunei3tyoume.owst.jp/
Twitter https://twitter.com/toujunei3 (@toujunei3)

オラの食レポ日記
新宿で絶品中華っ!東順永2018秋

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »