« 【再掲】お知らせ ~「ひこね鉄道模型まつり(特攻野郎Bチーム展示会)」2018秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「科学麺」2018~ »

2018年10月15日 (月)

レイアウト日記 ~「盆踊り」の巻~

久々に「複線ミニレイアウト」の新作をば
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1101
ボンダンス~~~~~~~ぅ

日本人なら誰が見ても一発で判る「盆踊り(Bon dance)」を再現。

今回ご紹介する作品は、「特攻野郎Bチーム」の展示会用に作った複線ミニレイアウト。
組み立て式にして、持ち運びが楽なようにした。
最初は個人用で作った規格(企画)だったのだが、メンバー全員でつなげられるように寸法を整えて展開することになった。

展示会でサックリつなげられる、複線のちっこいレイアウトも欲しくなったのでね~

基本的なベースの作り方はこちらをクリック
最初に作った、個人で楽しむ目的だった「JR風レイアウト」はこちらをクリック

展示会で「春夏秋冬」をテーマにした展示コーナーを設けることにしたら、誰が見ても「夏だねぇ~」と判るレイアウトやジオラマが、Bチームには意外とナイことが判明。
なので、「」のコーナーだけがポッカリ空いてしてしまう事態を避けるために、急遽制作した次第。

…ってなワケで、少々作りが粗いけど大目に見てねん

------------------------------------------------

ベース板は、画材屋さんで売っているパネルを使うことにした。
直線はA4サイズ(297mm×210mm×高さ20mm)のパネルに決定。
コレなら、全国どこでも売っている
しかも、スタイロフォーム(建材用発泡スチロール)でも代用可能だしぃ~

A4パネルにグレーの画用紙を貼り、線路を仮置きする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1102
シンプルでしょ

コレだけで完成だったらサイコーに楽なのだが、今回使用する線路「ユニトラック」(KATO製)だと長さがベース板に合わない。
なので、長さ方向だけ角材を足して調整する。

線路を、248mm(基本の線路)+62mm(調整用線路)=310mmに決めたので、ボードを10mmほど延長すれば良い。
ボードどうしの接合面には少しのすき間(1~2mm)を空けておかないと、線路が接続出来なくなる恐れもあるので、その点も考慮。

画材屋さんやDIYショップで売っている、8~9mmほどの角棒を買って来た。
あまり正確に10mmとかにすると、棒の反りや接着剤の厚みや誤差などの「闇の攻撃」に遭って計算通りに行かなくなる。

角棒をボードの端にゴム系ボンド(G17)で接着する。
棒が固定されたら、線路もゴム系ボンドで接着。

ボード全体の側面を水性塗料のこげ茶色(マホガニー)に塗って全体を整える。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1103
シック~~~~~ぅ

落ち着きと高級感が出ましたな

この時点で、レールのつなぎ目をハンダ付けし、側面に水性塗料の「ウッドブラウン」(フラットベースを混ぜて艶消しにしてある)を筆塗りしておいた。
建物が建つと筆先が入りくくなるからね。

今回の作品は高低差がナイので、もうイキナリ地面作りに進もう。

盆踊り会場は砂利敷きの公園をイメージしたので、線路より手前の広い面積のほうに木工ボンド薄めずにゴーカイに塗り、目の細かい砂利(KATO製)をドバーっと撒いた。
そして、ボンドが乾いて砂利が固定されたら、線路の敷地との境に金網(キャスコ製)をゴム系ボンドで接着し、会場の周囲に草(のスポンジ)をゴム系ボンドで植えていく。
今回の草は全てKATO(ウッドランドシーニクス)製品を使用。
草の緑色は5種類くらい使っている。

草が固定されたら、その手前に屋台を置いていく。
盆踊り関連は、ほぼすべてTOMYTEC(トミーテック)製品を使用。
塗装済みなので、箱から出してすぐに使えるのが良い

今回のコンセプトは「金をかけて楽をしよう」ッス
(展示会まで時間が無いのでね…。他の新作も用意しないといけないしぃ~

ひたすら屋台と人形をゴム系ボンドで接着しまくり、完成したお姿がコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1104
出来たよぉぉぉぉぉぉーーーーーん

さすが金を掛けた効果はあり、かなりの短時間で仕上がった。
でも、実はこれで80%ほどの完成度で「暫定開業(第1期工事完成)」と言ったところか。

では、クルッと1周回りながら眺めてみよう。

まずは右側の側面から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1105
基本のキぃぃぃぃぃぃ~~~~っ

線路周りは、今まで作ったオラの作品と同じ工法で仕上げてある。
線路の横は砂利を撒かずにマホガニーを塗っただけにしてある。
このほうが展示会中のレールのメンテナンスがし易いのでね。

それに、実物の西武線の線路周りがこうなっているからだ
家から気軽に観に行ける鉄道のうち、JR中央線は高架複々線なので、地平で複線の西武新宿線の光景はレイアウト作りにヒジョーに参考になる

架線柱と線路際の柵はKATO製を使用。
これも、オラの作品群では基本中の基本だ。

次に裏側をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1106
行程進行中ぅぅぅぅ~~~~~っ

こちらはマンションか分譲住宅地の造成工事中といったカンジに仕上げてある…いや、ごまかしてある。

時間が足りなくて、こちら側の良いアイデアが出て来なかった。
市販の住宅を置くには奥行きが足りないのだ…
製品をブッタ斬るか、ボール紙等で自作するかの手間が必要となる。

年末年始などの時間がある時にゆっくり作ろう…

フェンスとダンプカーはTOMYTEC製、プレハブ小屋はTSUGAWA(津川洋行)製品をそのまま使用。

さらに右に回転……と言っても、先ほどの写真とほとんど変わらないので省略ぅ~。

これで一周見終わったぞ

ココで「はた」と気が付いた

場所を特定せずにフリーランスで作っていたのだが、やはり「見慣れた景色」というのは脳ミソに叩き込まれているワケで。

試しにグーグル先生に確認してもらったら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1107
(2018年のグーグルストリートビューより)
…かなり似てなくね???

ココは西武新宿線の「中井(なかい)」~「新井薬師前(あらいやくしまえ)」駅間にある新宿区立「落合公園(おちあいこうえん)」だ。
住宅密集地帯で新宿線がイチバン速度を出せる区間で、どの列車もゴーカイに通過して行く。
乗っていても楽しい区間で、いつも車内外から眺めている。
(健康のため、たまに西武線に乗らずにJRの駅からひたすら歩いて帰っている

公園の中から線路側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1108
(2018年のグーグルストリートビューより)
…やっぱり似ている。

公衆トイレの位置こそ違えど、基本的な配置がソックリだ

オラの作品では、ちょうど目の前に盆踊りの櫓が建っている。
事実、この公園でも盆踊りが開催され、この位置に組まれている。

う~ん、完全に脳ミソに刷り込まれちょる。(ーー;)

…ってなワケで、ココからは盆踊り会場を見ていこう。
実景と見比べてみてね

まずは、会場左側をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1109
にぎやかぁ~~~~~

お祭りなので、お金を掛けて人形(特に浴衣姿)をいっぱい配置してみた。
人形の配置には全て「ストーリー」を持たせてある。

実は、人形の配置が終わりかけた頃、櫓上と地上の人達の進む向きが逆になっていたのに気が付いて慌てて修正した。
そのせいでミョーに足元がボンドで黄色く染まっているのは「ヒ・ミ・ツ」ということで

会場の中心部分は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1110
ボン、ボン、ボン、ボンダンスーーーーーっ

見事な盆踊りだ。(笑)

ちなみに、「盆踊り」は海外では「Bon dance(ボンダンス)」と呼ばれていて、世界中で踊られているのだ
(浴衣を着た現地の女性も多し)

ほな、右側へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1111
わ~~~~~~い

楽しそうに踊っている人、それを見て喜んで真似をしている幼児、学校帰りにデートしている学生、のんびり歩いて来ている彼氏を「早く~」と急かしている女性…
いやぁ~~~、配置にはアタマ使ったッス

公園入口とおトイレの位置は、落合公園とほぼ同じようになってしまったねぇ…

その公園入口は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1112
少々手抜きぃぃぃぃ~~~~

時間が無かったので、少し手抜きしてしまったッス。
ホントは、入口の両側をレンガで一段高くしたかったんだけどねぇ…

あと、自転車(TOMIX製)も数台置きたかったけど、細部を塗装する時間が無くて断念。
これも追設しよう。

では、さらにアップで見て行こう。

また左側に戻って…
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1113
浴衣ギャルぅぅぅぅぅぅ~~~~

浴衣娘達が話し込んでいたり、母娘でヨーヨーつりしていたり、踊りを眺めていたり…
こちら側もストーリー展開に頭を使ったッス。

奥の金網手前には、櫓を撮影しているおじさんもいるよん

そうそう。

屋台の「あんず飴」とかのシールは剥がれてめくれやすいので、両面テープでガッツリと貼り付けておこう。
(レイアウトに固着後は、めくれの修正がメンド臭くてイライラしたので…

あと、この屋台シリーズ、製品に付属のシール内にテッパンの「お好み焼き」がどれにも入っていないのはアウトなのでは…
ナゼに無い????

櫓のテッペンは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1114
これぇ~がぁ日本のぉ~まぁ~つりぃだぁよぉぉぉぉ~~~~ん

屋根があって目立たないのだが、太鼓が細かいパーツで組まれているので、遠目だと結構リアルに見える。
(人の大きさから言うと、太鼓が二回りくらい小さいけどね…

そして、右側。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1115
わぁ~~~~~~~~い

綿あめを買っている母子と、その手前で踊りの真似をしている幼児、そして学生カップルが注目ポイントっす

さらに、見えにくい所にもしっかりと人と配置しておりますわよん
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1116
疲ぁれたぁ~~~~~

歩き疲れた女子とその母親が、ベンチに座っている。
さっきの左側のベンチにも座っているので、展示会場でアップで見てね

裏側から見てみると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1117
楽しそぉ~~~~~~う

電車内から見ると、こういう光景になるッス。
オラはほぼ毎日、西武新宿線の車内からこのアングルを見ているワケで…

こんな楽しそうな盆踊り、現場作業員だって気になるよねぇ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1118
気になるぅぅぅぅぅ~~~~

思わず眺めてしまう、今日この頃

さぁ、これで全貌をご紹介したぞ

最後に背景を付けて撮ってみた。(最初の写真と同じね)
(画像をクリックすると拡大するよん)
複線ミニレイアウト・夏の盆踊り-1119
東京都心のボンダンスーーーーーーぅ

実景は、新宿の高層ビルが正反対の背中側にあるんだけど、それは「模型の世界」ということで

こんな感じのレイアウトだったらそれほど苦労しないで短時間で完成するので、休日の午後にでもお気楽に作ってみてね~。
もう一回り小さいサイズのボードだったら、もっと楽だから

未完成部分の造成が終わったら、また写真を撮り直してアップするね

ほな、またぁ~~~~~~

|

« 【再掲】お知らせ ~「ひこね鉄道模型まつり(特攻野郎Bチーム展示会)」2018秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「科学麺」2018~ »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【再掲】お知らせ ~「ひこね鉄道模型まつり(特攻野郎Bチーム展示会)」2018秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「科学麺」2018~ »