« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月29日 (木)

海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会 その16・駅のポスター」2018春~

前回「その15 香港文化博物館2014夏」からのつづきーっ!
「その1 二階建てトラムと夜景2008秋」はこちら

超~~ひさびさに香港のつづきだよーっ

いつもどーり、まずはこのお方から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1601
しうさむていわーーーーーーっ

トイレの入口にいた、最新式の光る小心地滑くんだ

小心地滑」は香港(広東語)では「しうさむていわーっ」と読む。
日本語だと「しょうしんじすべり」かなぁ~。
意味は「スリップ注意」だよん。

さて、今回は「その16」として、香港の駅のポスターをご紹介
3年半ぶりの香港なので、結構進化していたッス

文中のふりがなは、ひらがなが広東語読みで、カタカナは英語読みだよん。
(地名・道路名や駅名は、広東語と英語で全く違う時があるのでご注意を。)

-----------------------

香港の鉄道は、面積が東京都の半分しかないのにかなり発達している。
人口も東京都の半分なので、「東京23区+いくつかの市」くらいの規模だ。

でも、人口のほとんどがあの観光客が歩き回っている辺りに集中しているので、人口密度で言えば相当なもの。
まさにゲーム「シムシティー」そのものの世界だ

鉄道路線は、これくらいある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1602
さらに延伸ちう~~~~~~~っ

白い地面の部分が香港で、上のグレーの部分が中国本土「深圳(さむちゃん)」(日本語は「しんせん」)だ。
今でも、越境するにはパスポートや身分証明書が必要。

色の付いた太い線が一般的な鉄道路線で、地下鉄線と地上線がある。
以前は別会社だったが、統合されて乗り換えが便利になった

左上の、網のような細い線は「輕便鐵路(ひんぴんてぃっろう)」で、日本語で言うと「軽便鉄道(けいべんてつどう)」。
…と言っても、日本人がイメージするナローゲージのくたびれた軽便鉄道とは全く違い、「ものすごく近代化された高速の路面電車」がバンバン走っている。
欧米のライトレール」をイメージしてくだされ。
(後日ご紹介の予定ッス

あと、ココには書かれていないが、下の青い線とほぼ並行して2階建てトラム100年以上の~~~んびりと走っている。

では、地下鉄に乗ってみよう

駅に入って、改札口でICカード「八達通(ぱーったーっとん:オクトパスカード)」をタッチして中に入る。
これは日本と同じ方式なので、日本人は何も迷わないよん

すると、大抵の地下鉄駅には、高速で動く長~いエスカレーターがある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1603
快速運転~~~~~~

このエスカレーターは、日本人の感覚からしたらかなり速いのでご注意を
でも、地元のお年寄り達はフツーに乗っているので、「慣れ」というヤツであろう…

ご覧の通り、どこの駅にも左右には広告がたくさん掲げられている。
来る度に新しくなっているので、「香港の今」を知るにはサイコーのアイテムだ

…んで、アッと言う間にホームに到着ぅ~~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1604
プププププププ……

ドアが閉まるサイン音と共にホームドアが閉まって、電車が行ってもうた…

ご覧のように、現在ではほぼ全ての駅にホームドアが設置されている。
全面に壁があるので、列車風の影響もなくクーラーもガンガン効いていて良い

駅構内にはいろいろなポスターが貼られているので、待ち時間に眺めてみるのも楽しいよん
(まぁ、次の列車は数分後に来るが

まず目に入ったのが、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1605
カァ~ッチョエェ~~~~~~ぃ

香港最速の列車「機場快綫(けいちぇぉんふぁいしん:エアポートエクスプレス)」だっ

車庫の洗車機を通過しているシーンだね。
洗車した水は駅のトイレ等に再利用しているぞ」という、環境保全をアピールするポスターだ。
(ちなみに、昔からある地下鉄駅にはトイレは一切無いのでご注意を

香港の鉄道会社は、略して「港鐵(こんてぃっ)」または「MTR」と呼ばれている。

通路を歩いている時に、こんなモノもハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1606
日本人でも読めるぅぅぅぅぅぅ~~~~っ

香港では、結構フツーに日本語で書かれた広告があちこちにある。
大抵の香港人は、ひらがなの「」は意味も知っていて、「優の良品」という名前のお店が街中に当たり前に存在している。
(「」は「」の字が由来だから、漢字が解る人なら誰でも気が付くよね

この「いちご大福」「マンゴー大福」「抹茶大福」のポスターは、日本語が一切間違っていないので、ちゃんと日本人が関わって作られているのが解る。

日本語で書かれている」というのが、日本製を表してブランドイメージのアップにつながっているようだ。

一昔前の中国人は、日本の柔らかい餅が好きでは無かったのだが、だんだん受け入れられて来たんだねぇ~。
こんな事も、最新のポスターを見ていると理解出来る。

さてさて。

今回、イチバン印象に残ったのが、マナーポスターの一群だ。
何と、東京メトロのポスターとそれほど変わらないイメージのモノで、「香港の文化がどんどん日本化している」と思った。

まずは、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1607
アニメで展開ぃぃぃぃぃ~~~~~っ

唔舒服 下一站職員可以幫到你」は、直訳すると「気分が悪い次の駅の職員はあなたを助ける事が出来る」となる。

フツーの日本語的に直すと「気分が悪い時は、無理しないで次の駅で降りて駅員を呼んでね」という意味。
(これらのポスターは全て広東語なので、普通話(北京語)とは使っている字が違うで~)

まさに、東京メトロに同じ内容のアニメ(マンガ)のポスターが存在する。(画風は違うが)

…これ、どう見ても日本の文化でしょ

だって、顔の表情が日本人なんだもん。
香港人はあまりこういう表情をしない。
(少し険しいカンジか、無表情っぽい)

でも、だんだん日本人ぽい顔つき(表情)になっているのは、25年前から見て来ていると確かだ。
生活にゆとりが出て来たのだろう。

このポスターがあまりに気になったので、各駅でポスターを見まくっていたら、他の作品がいくつも出て来た

なので、お次はコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1608
走るなーーーーーーっ

行人两步 更鬆動」……「乗車時は、席取りダッシュしないでゆっくり歩こう」という意味であろう。

…こんなイケメンの香港人、滅多にいないぞ。(笑)

いたとしても、大富豪の息子とかだよねぇ~。

コレも表情が日本人っぽい。
日本で勉強したアニメーターが書いているのだろう。

さらに次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1609
真ん中に立ち止まれーーーーーーっ

このアニメポスターシリーズはエスカレーターものが多いようで、3作品見つける事が出来た。

右上の「握扶手 企定定」は「手スリにつかまって、その場で立ち止まろう(歩かない)」という意味。

これは、香港でも日本でもマナー改善中のテーマで、全員が歩かずに立ち止まるようになるのは何年先の事か……

真ん中の「搭扶手電梯 唔好企近梯邊」は「エスカレータに乗る時は、エスカレーターの端に近付かないで」という意味。
(電気の梯子(はしご)でエスカレーターね

巻き込み事故防止のメッセージだ。
香港のエスカレーターは速度も速いので、アッと言う間に事故は起こる。

ちなみに、こういう表情のママと女の子は香港にも結構いる。

もういっちょ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1610
ひらひらロングは注意ーーーーーっ

身穿鬆身衣服 唔好企近梯邊」は「ゆったりした服(裾の長い服)を着ている時は、エスカレーターの端に近付かないで」という意味。
ロングスカートとかは、端っこの隙間に巻き込まれちゃうからね。

エスカレータシリーズ、3つ目もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1611
気を付けて~~~~~~

搭扶手電梯 上落要留神」は「エスカレーターに乗る時は、乗り降りに注意してね(慎重にね)」という意味。
やはり、お年寄りにはこの速度は速過ぎるよねぇ…

ちなみに、こういうマダム、香港にはいっぱいいるー。(笑)

このポスターの、デッカい版もハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1612
おぉ、いぇい

これなら目立ってイイね

香港のポスター(広告)類は、絵のセンスもさることながら漢字のデザインも秀逸なので、見ていて楽しい
訪港時は、毎回必ずキョロキョロしてしまう…

これらのポスターはどの駅にも貼ってあるので、ぜひ見てみてね~
掲出期間は短いかもしれないから、お早目に~

-----------------------

最後に、「香港に来て鉄道に乗ったらゼッタイに聞かない事はナイ」というくらいの、有名なセリフのポスターをば。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1613
クェーーーーーーーーック

請小心月台空隙」だっ

読み方は「ちぇん しうさむ ゆっとい ほんくぅぇっく」で、電車が駅に到着する時に必ずこのアナウンスが流れる。
日本人にとって「」の「くぅぇっく(Kwek)」の発音が聞き慣れないせいか、ミョーに耳に残る。

…お年寄り達には「くゑっく」と書いたほうが通じ易いだろうか(笑)
(コレが日本語表記では一番近い)

香港に行ったら、電車のドアを見ながらアナウンスを聞いて発音の稽古に励んでほしい。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港・小心地滑友の会 その16・駅のポスター2018春-1614
クゥェックゥェックゥェーーック

…まぁ、「」の発音をマスターしても、日常生活ではほとんど使う場面はナイから。(笑)
数日間滞在の旅行者なら100%ナイ。

香港の観光はポスターにもあり」なのぢゃ

みなさんも行ったら見逃すなーーーーーーーっ

つづき「その17 廟街の堂泰海鮮菜館2018春」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2018年3月25日 (日)

旅日記 ~「空から見る日本」2018春~

今回はイイ写真が撮れたぞ

なので、ちょいと予定を変更して先にご紹介ぃ~~~~

2018年3月17日、世間の鉄ちゃんは「小田急線複々線化っ」と大騒ぎしているその朝に、オラはこんな所に居たりした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1101
そらとぶおふねぇ~~~~~

そう、日本の玄関「成田空港(なりたくうこう)」だ。

スギ花粉から逃れるべく、自称「花粉症休暇」と称して21日まで中国の「香港(ほんこん)」へ帰省してきた。(笑)
3年半ぶりだったけど、みんな笑顔で優しくしてくれて楽しかったぁ~~~

…んで、今からこのひこーきに乗って、日本をお空から眺めてみよう

ちゃんと、本州が見える窓側(進行方向右側ね)を予約しておいたのさ

ちなみに、このひこーきはANA(全日本空輸)のNH809便ッス。

…思ったよりちっこいな。 

昔みたいに、香港が大ブームでジャンボジェットがバンバン飛んでいた時代が懐かしい…

ほどなく、成田空港を定時に離陸。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1102
バイバイキ~~~~~~ン

今日はお天気も申し分ナイ

ちなみに、右端に見える建物が開業時からある第1ターミナルビルで、正面ちょい奥に見える横長の建物が第2ターミナルビル
アップで見ると、未だに紛争が解決していなくて買収出来ていない土地が見えるねぇ~。
あの時代は「親方日の丸」で、今の中国みたいに政府が力技で土地を取得しようとしていたからねぇ…。

さて、ひこーきは高度をグングン上げながら、本州の南側に沿って香港へと進む。
進路(航路)は天候が良ければいつも決まっているので、これからの風景は誰でも観る事が出来るよん

成田(東京)~高知辺りまでが、下に陸地を観る事が出来る。
九州は宮崎鹿児島辺りをアッと言う間に横切ってしまうので、ボケ~~~としていると観る事が出来ない。
…ってか、ちょうど食事が出る時間帯だったような気が。 

成田を出ると、すぐに東京湾が見えて来る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1103
おぉ、いぇい

さすが、みんな地図で見慣れた地形だけあって、窓側の人達はバシャバシャ写真を撮っている。

真ん中の手前に見えるのが羽田空港
海上に飛び出たD滑走路の右斜め先にあるのが、東京ネズミーリゾート

面白い事に、この角度から都心を見ると、山手線の形が結構ハッキリと判るのだ
ビルが山手線沿いにニョキニョキ生えているので、素人でも良く判る。

ちょうど正面に、オラの生活テリトリーが見えたので撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1104
ムサシーーーーーーーーノ

右のビル群が新宿で、その右下が明治神宮
新宿のビルから横に伸びている道が甲州街道で、真ん中で直交しているのが環状七号線(環七)。

中央ちょい上の白いビル群は、JR中央線の「中野(なかの)」駅。
あの白い横長のビルが、我が「大日本麦汁愛飲党(だいにっぽんむぎじるあいいんとう)」の聖地であるキリンビール本社

左ちょい上に見えるウネウネした緑地は、杉並区の善福寺川緑地公園
オラ、昔6年ほどあそこに住んでいた事があるので、スンゲー良く判る

そして中央下側に見えるスタジアム周辺が、駒沢公園

…グーグル先生とおんなじだ(笑)

ちなみに、オラの家もこの写真に写っているよん

ひこーきは時速500~900Kmくらいで飛んでいるので、あっという間に高尾山を通過してしまった。
(西から東京に戻って来る時は、ジェット気流に乗るので時速1100Kmくらいまで出る)

そして、やって参りました、あのお山
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1105
おフジぃーーーーーーーーっ

今日は超絶キレイだぜぃ

後ろの席にいたおねいぃさん、さっきまでバシャバシャ撮っていたのに今は撮っていない…
隙間から後ろを見たら…寝ていた

…あぁ、MOTTAI-NAI!!

いやぁ~、この富士山が見られただけでも窓側を予約した甲斐があったッス
満足、満足

富士山を過ぎるとすぐに見えるのが、日本の屋根だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1106
アルプス3兄弟ぃぃぃぃぃ~~っ

右から南アルプス中央アルプス北アルプスの雪山3兄弟が見える。
中央アルプスの手前側に見える細長い平地が、伊那谷(いなだに)であろう…
JR飯田線は、あんな所を走っているのだ

そして、富士山からわずか15分ほどで、こぉ~んな所までやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1107
せんとれぇ~~~~~~~~あ

東海3県(愛知・岐阜・三重)が一望だ

右の海上に見えるのは中部国際空港(セントレア)ね。
去年は、この見えるエリアで名鉄を乗り回しまくっていたよなぁ~。 

奥には白山北アルプスの山々が見えるね。

そして、9分ほどで紀伊半島を横断して…
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1108
ならーーーーーーっ

眼下に奈良の街が見える。

右奥に琵琶湖があり、その少し左に京都の街がある。
真ん中の山は生駒山達で、左側は大阪だ。

その大阪方面を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1109
かんくーーーーーーーーぅ

海上に関西国際空港が見えて来た

…ね、セントレアと関空って似ているでしょ???

左は和歌山県で、海の向こうは兵庫県。
関空の右少し上に見える人工島の辺りが神戸だ。

そして、翼の下から現れたのは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1110
でかーーーーーーーーい

淡路島だっ

いやぁ~、実物を見るとデカいね。

そして、淡路島の左にチョロっとつながっているのは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1111
バブル王国ぅぅぅぅぅ~~~~~

バブルダンス…いや、阿波踊りで有名な徳島

オラ、まだ行ったことがナイんだよなぁ…
梅田(大阪)駅から高速バス(淡路島経由)で行ってみようかな

そして、最後に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1112
かつをーーーーーーーーっ

かつおと坂本龍馬で有名な、高知の街がっ
ココも未踏の地ッス。

…ふぅ。

成田空港離陸からココまで、わずか1時間
目まぐるしく景色が変化したなぁ~~~~~

さぁ、機内食が出る時間だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
空撮・空から見る日本2018春-1113
いっただっきまぁ~~~~~~っす

今からもぐもぐタイムなので、もう景色を観るのは終~了~

そんぢゃぁね、バイバイキ~~~~ン

| | コメント (6)

2018年3月22日 (木)

お休み日記 ~「にっぽんを休もう♪ お外の国から花粉の国へ」2018~

…あぁ、帰って来ちゃった。

予定通りだと、この日記が公開される時間には無事に香港から帰宅出来ていることだろう。
そして疲れてもう寝ていると思われる。
22日は仕事だしぃ~~。

…ってなワケなので、今回も日記はお休みぃ~

オラはこんな景色を思い浮かべながら寝ていることでせう
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その2-2201
楽しかったよぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~ん

香港はホンマえぇ~とこや
旅費も、年始の沖縄旅行とほぼ同じだったッス

そして今回も、偉大なる李小龍先生にもご挨拶して来たかもしれない。
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その2-2202
考えるな、寝ろ。

オラ、李小龍(ブルース・リー)老師の教えは忠実に守っているので、何も考えずに寝るだ。

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~~~~ん

(また今日からおめめカイカイが始まるのかなぁ…

------------

今回の香港旅行日記は、「小心地滑友の会」シリーズ第16回からとして、単品でポツポツと書くつもりぃ~。
お楽しみにぃ~

ほなまたぁ~

| | コメント (2)

2018年3月19日 (月)

お休み日記 ~「にっぽんを休もう♪ 花粉を逃れてお外の国へ」2018~

おめめカイカイーーーーーーーっ(>д<;) ヘックシュン

花粉症、ヨーグルトの整腸効果で昔よりだいぶ和らいだとはいえ、おめめのカイカイは治らないのだ。

なので、にっぽんを休むことにした。

スギ花粉のナイ海外へ逃亡してやるっ

ひこーきでふぁーらうぇ~~~~~ぃ

みなさんがこれを読んでいる時には、杉の木がナイ国で「うけけけけ」と遊んでいる事でしょう。
花粉症休暇」って~ヤツですよ、えぇ。

…ってなワケなので、久々に「小心地滑友の会(しょうしんじすべりとものかい)」が発動された。
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2101
しうさむていわーーーーーーーっ

オラが所属する「特攻野郎Bチーム」には、「小心地滑友の会」と言う、発動指令があった時だけ結成される特別チームが存在する。
今回は久々なので、1人で任務に当たることにした。
(「小心地滑」は「しうさむていわーっ」と読む)

小心地滑」という事は……そう、この場所だ
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2102
ほんこ~ん ほんこん

オラの第2のホームグラウンドである「香港(ホンコン)」ッス

2014年6月に行ったのが最後なので、今回は3年半ぶりになるねぇ~。
だいぶ間が空いちゃったね。
昔は3ヶ月に1回通っていた時もあったのにねぇ~

久しぶりという事で、今まで行きまくっていた場所がどれだけ変化したか(変化していないか)を調査しに行くことにしたッス~
鉄道路線は結構変わったので、全線乗り回ししてみようかと

泊まるお宿は、鉄ちゃんらしくココにしてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2103
ど~け~よ~ ど~け~よ~ ●●すぞ~~~~~ぉ

香港島の北角(ノースポイント)にある「春秧街(ちょんよんかーい)」ッス。
名鉄犬山橋もビックリの、2階建てトラムの折り返し線が市場(商店街)の中を走っている、香港でもレアな場所。

以前も泊まった事があり(お宿の名前は変わっているが…)、近くのホテルに至っては1992年からずっと泊まっていたので、超~勝手知ったる地域なのだ

お宿は左端の建物だよん

そして、夜はお約束の…
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2104
みうみう~~~~~~

地下鉄「佐敦(ジョーダン)」駅の近くにある、「廟街(みうかーい:テンプルストリート)」または「男人街(なーむやんかーい)」と呼ばれる夜市へとGo

そして、男人街の中程にあるこのお店へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2105
どうたーーーーーーーーい

堂泰海鮮菜館(とんたーいほいしんちょいくぅん)」以外にどこに行くっ

オラが1992年から通っている老舗だ
もうす~っかり顔なじみ

食べるモノも決まっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2106
わくわく

シャコのガーリックフライ」を筆頭に、食べられるだけ食べまくってやるぅぅぅぅぅ~~~~

そして、お昼にはのんびりと海岸で麦汁祭り
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2107
ちぇっちゅねぇ~~~~~~~ぃ

香港島の裏側にある「赤柱(ちぇっちゅー)」と言う街でまったり。
写真中央に見える辺りが「スタンレーマーケット」と言う、世界的に有名な市場だ。

上の写真を撮った場所で後ろに振り返ると、洋風な建物が建っていて、そこの2階(日本だと3階と言う)にあるドイツ料理屋さんに行くのがオラの定番コース

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
花粉症休暇で香港へ2018春・その1-2108
ぷろぉぉぉぉぉぉーーーーーぢっと

コレばっかりは止められませんわ

------------

まぁ、今頃はガルガル言って歩き回って、鼻が通った清々しい状態で「うけけけけっけぇ~」と楽しんでいると思ってくだされぇ~

こちらのシリーズ日記を読むと、オラの香港での愚行が良く解るハズ~~~

それぢゃぁねん、みなさんは良い花粉を~~~~

| | コメント (2)

2018年3月15日 (木)

Bトレ日記 ~「ペーパークラフト、リニューアルちう♪」2018春~

最近、「特攻野郎Bチーム」公式サイトに載せている「無料ペーパークラフト」のコーナーが大人気
サイトへのアクセスの半分以上を占めている。

展示会場で配布しているのは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1001
ハガキサイズぅ~

サイトでは、A4サイズに4~5両(編成)を配置した状態で公開している。

オラが作っている「初心者向け」の車両は、組み立てるとこんなカンジになる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1002
かんたんシンプルぅ~~~~

箱状に組むだけなので、キッズに人気が高い
たま~にリクエストも頂戴する。

気が付けば、車種もだいぶ増えてきたなぁ~~~~。

そこで、改めて今までの作品群を見てみると…

…昔のが稚拙過ぎる。

初期に作った作品群が、今の新作群と比べるとあまりにチャチなのだ。

…これは直さんと。

…ってなワケで、新作は一時中断して、初期の作品をリニューアルすることにした。
結構な量があるぞ…。

まずは、ホントの最初に作った「武蔵野の黄色い電車No.401」(西武鉄道401系とも言う)からだ。

一生懸命、パソコンのマウスをポチポチいぢって、とりあえず完成~
初期のモノと現在のモノを比較して頂こう。

どん!
(改修前⇒改修後)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1003特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1004
おぉ、いぇい

あまりに違うでしょ

初期作品の特徴としては、

1.車体周りに黒縁の線がある。
2.台車と床下機器の高さが低い。
3.前面と連結面の屋根カーブの形状が、浅くてカクカクしている。
4.各部の寸法が少し違っていて、何となくアンバランス。

の4点だろうか…。

1は、単純に黒線を無くしてみた。
その結果、線が細くなって繊細なカンジになり、かなりリアルになった。

2は、実物のBトレ車両と並べて置いた時に、あまりに低かったので、台車(車輪)の寸法を根本的に見直して2ピクセルかさ上げした。
全ての台車を作り替える結果になったが、バランスは良くなったかと

3は、実物車両の画像をグーグル検索でたくさん集めて、ペパクラデータと同じ縮尺に揃えて調査。
一度高さを決めてしまえば、日本の車両はほぼ似たような高さなので、他の車両達にも流用出来る。
ペパクラは、印刷する紙の厚みやハサミでの切り方等によって寸法が変化するので、そこまで神経質に高さを揃えてはいない。

4は、2と同じく、実物車両の画像を睨めっこして修正した。
側面の寸法は、「かけやま」氏のこちらのサイト(かけやま写真館)が非常に役立っている。
非常感謝
(かけやま氏とは、浅草橋にあるギャラリーでの展示会で同席した事があるッス)

さぁ、これでだいぶ気を良くしたぞ

では、次々と取り掛かっていこう

武蔵野の電車(西武線)系を一通り修正した後は、2番目に作ったこの車両だ。

どん!
(改修前⇒改修後)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1005特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1006
とざい、とぉ~~~~~~~~ざいっ

営団地下鉄東西線に乗り入れる、「国鉄301系」だ。

…改めて見比べてみると、この違いに自分でも愕然とする。

国鉄版を直したら、JR版も直さねば。

どん!
(改修前⇒改修後)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1007特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1008
おぉ、いぇい

これも良いカンジに直ったぁ~~

これと前後して、兄弟分の101・103・105・201・203系も全て修正。
カラーバリエーションが半端ナイので、すんごく苦労した…

これらの修正で、半分以上は今時のレヴェルまで向上されたぞ

国鉄・JRの電車がほとんど直ったので、お次はディーゼルカーの番だ。

これは初期の後半に作ったモノだ。

どん!
(改修前⇒改修後)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1009特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1010
キッハーーーーーーーっ

北海道を除く日本全国で活躍した、通勤型の「キハ35系」だ。
関東だと、八高線と川越線と相模線と久留里線が有名。
関西は、関西線や片町線や加古川線等かなぁ~。
(関西では、あちこちで走っていた)

キハ35系の修正版は、2018年5月のサイト更新でアップするよん。
種類が多いので、順番にね

お次も同じくキハ35系なのだが、こちらは色合いが納得していなかったので、改めて写真と睨めっこ。

そして、導き出された最適解が、この色だ。

どん!
(改修前⇒改修後)
特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1011特攻野郎Bチーム・ペーパークラフトをリニューアル中♪2018春-1012
おぉ、いぇい

首都圏色」と呼ばれる、国鉄晩年の標準色だ。
その名の通り、関東地方からこの色が広まった。
(財政赤字に苦しんでいた国鉄の、塗装費節約作戦の1つ

通称では「タラコ色」と呼ばれている
(この色になる前は、上のクリーム・朱のツートンだった)

ペパクラは印刷するプリンターで色が変化してしまうので、「ズバリこの色っ」という正解はナイ。
PCのモニターも色調整がバラバラなので、画面で見た時の色にも正解はナイ。

修正前の色を印刷した時の色合いから判断して、今の色が「コレがイチバンどのプリンターにも適応する色合いかな」と思った次第。
…まぁ、修正前の色も「色褪せた首都圏色」として見ればイイカンジなんだけどねぇ~

---------------------------

…ってなカンジで、着々とリニューアルを進めておりまするぅ~~~

これらのリニューアルが終わったら、初心者向けで無い作品のリニューアル(初心者向け化も含む)をしていこうかと…

先はまだまだ長いな、こりゃ。
気長にお付き合いくださいね 

ほんぢゃ、またねぇ~~~~

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その9 波上宮で初詣~

前回「その8 居酒屋ちぬまんと美女達」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2017年12月31日から2018年1月4日まで、10年ぶりに沖縄県の「那覇(なは)」に行って来たぞ
しかも、全くの思い付きの無計画で。(笑)

--------------------------

15時、やっとお腹が満たされた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1901
いやぁ~~~美味しかった

沖縄居酒屋「ちぬまん」、イイお店を発見したぞ
(結果的に、3日連続で通っちゃったけどねぇ~

さぁ、あとは「波上宮(なみのうえぐう)」に行って初詣すれば、今日の予定はおしまいだ。

ほな、行きまひょかぁ~~~~~~

波上宮はココにある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1902
(2018年のグーグルマップより)
だよん

…首里城
…やちむん通り(壺屋大通り)
…公設市場とアーケード商店街
…ちぬまん(国際通りにある居酒屋)
…波上宮
…にしのまち市場(スーパー かねひで)
…お宿(東横イン)
…元日に歩いたルート

からまで歩いて燃料切れになったカラダを、麦汁で復活させたところだ。
は昨日(大晦日)も行っているので、この日記の「その1」から読まれている方はもうご存じだろう。

波上宮までは、国際通りを歩いて県庁前を右に曲がって真っ直ぐ行けば、全て直線で解りやすい。
でも、オラは初心者ではナ~イ

今日は裏道で、ブラまりりぃ~~~~ん

…ってなワケで、「ちぬまん」のすぐ先にある右の細い道へと曲がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1903
イイカンジぃ~~~

ちょっと裏道に入るだけで、外国人観光客の姿は激減する。

これが本来の那覇の姿だよぉ~~~~~ん

とりあえずは、左奥の方へ進まねばならないので、道なりに左へ曲がってテコテコ歩く。

すぐに、目の前にシヴい建物が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1904
ハイオク満タァ~~~~~~~ン

これって廃屋だよねぇ…

周りが駐車場なので、地上げされている途中かな

国際通りに並行している裏道は、結構広い。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1905
こっちの方が数倍歩きやすぅ~~~~い

ビルが多くて日が当たらないが、夏は逆にこの方が良いね
元日の今日でも、風が吹かなければ寒くはナイ。
(今はTシャツにネルシャツ姿だよん)

テコテコ歩いていると、不思議なガソリンスタンドが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1906
ハイオク満タ……ぢゃなぁ~~~~いっ

これも廃屋と化したスタンドだ。

だが、ガソリンの銘柄と値段部分だけが比較的新しくて不自然なので、近寄って見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1907
麦汁スタンドぉぉぉぉぉぉぉーーーーっ

何とっ沖縄ではオリオンビールはスタンド売りしていたのかっ

これだったら、家からポリタンク2本くらい持って来て、家で浴びるように飲みまくれますわ

…リッター450円って、生ビールだったら安くね

発泡酒並みのお値段だ

この少し先にも、また何か変わったモノが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1908
おぅーーけぇーーびぃーーーーっ

OKB」とは、どこのぞのアイドル集団か
沖縄なら「OKN」だしなぁ…

下の注意書きを読むと…

…置き引き(OKIBIKI)ね。

イヤな集団だなぁ~。

まぁ、国際通りとかでは注意してね。
特に女子は、南国気分で浮かれちゃうから

広い道の突当りまで行ったら、ゆいレールちゃんと川が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1909
くもじぃ~~~~~~

久茂地川(くもじがわ)」だ。
お宿の前を流れている、あの川ッス。

このまま後ろを向くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1910
けんちょーーーまえ

県庁前(けんちょうまえ)」駅が目の前に現れる。
このすぐ左が、国際通りの入口ッス。

お宿は、正面のビルの向こう側、川とゆいレールがシケイン状に右→左と曲がった先にある。
つまり、お宿はすぐそばということ

でも、今はお宿の横を通過して、そのまま海へ向かってまっすぐ進む。
(上の写真だと右斜め前の方向

ココからは勝手知ったる通い慣れた道、ひたすらテコテコ歩く。

そして、数分後…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1911
到着ぅぅぅぅぅぅ~~~~~

…やっと波上宮にたどり着いた。(地図の
また疲れちゃったねぇ~。

…ってか、何だ、この混雑はーーーーーーっ

昨日見た時とはまるで違い、大行列が見える。
右横までつながっている列って、参拝客ッスか

お参りしようか躊躇していたら、そばにいた人が「この列は手と口をゆすぐために並んでいる人達ですよ~お参りだけならこのまま進んで行って大丈夫ですよ~」と周りに教えていた。

えっ並ばなくて大丈夫なんですか」とオラが再確認。
上のほうでは少し並ぶけど、そこまでは進んで行って大丈夫ですよ」とウレシイお言葉が…

ほな、行きまひょかぁ~~~~

鳥居をくぐって、石段の行列の右横をガシガシ進む。

左は行列、右は屋台の列になっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1912
…う、美味そう

かなり賑やかで、ワクワクする
でも、食べたばっかりなので、今はおあずけぇ~~~

だが、気になるモノは気になぁ~~~~る
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1913
…もはや店舗ぢゃん

すごいラインナップだ。
これだけ商品が並んでいると、思わず買ってしまいそうになるね、コレ

さすが、沖縄でトップクラスの参拝数の神社だ…。

本殿前の鳥居まで登って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1914
チョー進んだ

メチャクチャ時間短縮出来たぞ

NHK「ブラタモリ」でココを観た時はガラガラだったのだが、今日は大盛況
(昨日はココまで見に来ていない)

オラ、すでに「お神酒(おみき)」で充分清めて来たので、手は洗わないでOKっしょ

そのまま、正面の列の後ろに並ぶ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1915
この先も混雑ぅ~~~~

左側では、みんな一生懸命に手と口をゆすいでいる。

…それが本来の正しい姿なんだけどね。

ココからは、どこの寺社でも同じで、列の進みがゆっくりとなる。
まぁ、川崎大師明治神宮に行くよりは早く済むね。

本殿の前までやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1916
どどーーーーーん!

下のビーチから見上げるよりも、結構大きんだねぇ~~~
かなり立派なお社だ。

ふと右側を見ると、こんなカンバンが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1917
おさほーーーーーーーぅ

外国人観光客向けに、参拝の作法が書かれていた。

ココで余談だが、英語の「How to pray」は、スペル間違っていないからね。
How to play」だと「遊び方」になるぞ。

Pray」は「祈る・拝む」だよん。
日本人はほぼ間違えるので、要注意

本殿の入口に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1918
平和がイチバン

日本の国家が安定して、万民が楽しく過ごせて美味しい麦汁が飲める日々が送れる事を、オラは願います 

扁額(へんがく)をくぐると、波上宮の解説板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1919
しっかり読んでやぁ~~~~

オラは途中でめげた。(笑)

本殿の中に入った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1920
ひろびろぉ~~~~~

想像以上に広いぞ、ココ。

中庭のような所にお賽銭箱があって、その奥がご神体が祀られている建物のようだ。

お賽銭を入れて、しっかりと「パン、パン」と2拍手して(結構目立った)、お参り終~了~

コレで今年の初モーデは完璧だ 

さぁ、後はお宿に戻ってゴロゴロするだけだ(笑)
もう歩き疲れたよ…

出口→」の案内に従って、境内を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1921
…さて、どっちに進もう

順路的には左なのだが、さっきの露店達も気になる…
左に進むと、昨日見た「波の上ビーチ」に出る。

ココで、今夜の事を考えた。

今からお宿に戻ってゴロゴロ → 絶対に寝ると確信 → 夜に目が覚めると腹が減っている → 夜中の買出しが面倒(しかもコンビニ飯しかない)

…ってな流れになるのは必至なので、今のうちに夜食も買っておこう。

そういうワケで、先に左を軽く見て、正面に降りて行こう。

まずは左だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1922
めんそーれドーーーーム

ドーム状になっている中には露店がたくさんあるようだ。
少し覗いてみたが、正面(石段)のお店達とあまり変わらないようなカンジがしたし、混んでいるのですぐに引き返した。
(奥まで行くと戻って来るのが大変なカンジもしたので)

では、正面を下ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1923
にぎやかぁ~~~~~~

お腹がココまで持てば、ココで1人宴会をやったかもしれない(笑)

…でも、そうだったら「ちぬまん」を知ることが出来なかったワケで。
う~~~ん、悩む。

お宿で食べる分をお持ち帰りしようかと考えてお店を覗いたが、今のオラのハートを鷲掴みにする商品は無かった。

境内の入口まで降りて来た。

う~~~~ん、どうしよう

そうだ、「にしのまち市場」に行こう

昨日見た寿司盛りが気になっていたのよ
でも、今日は元日だから、あるかなぁ~~~~

すでに足が痛いけど、最後の力を振り絞って行ってみよう。

昨日とは逆のルートで市場へ向かうことに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1924
昨日も見たでぇ~~~~~

だが、昨日とは車の数が桁違いに多い。

この渋滞の先っぽはどこなのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1925
ココだ。

すぐ横の、教習所とプール等がある建物一帯が広大な駐車場になっているのだ。
なので、この細い道の左右から車がたくさんやって来ている。

オラは徒歩なので、渋滞知らずでスイスイ~~~~
(でも、足は痛い)

また「沖縄ガス通り」に出て、テコテコ歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1926
タンク、ハッケーーーーーーーン

建物のすぐ裏にガスタンクがあったのねーーーーっ

余談だが、この辺だけ歩道が少し高く盛り上がっていて、交差点ごとに上下するので少々歩きにくい。
正面から自転車が来た時は、狭くてギリギリだったしねぇ~。

そして、にしのまち市場に到着ぅ~~~~(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1927
わくわく

さぁ、昨日と同じようなモノは売っているのか???

入ってみよう

中に入ると、商品が陳列されている位置が昨日と少し変わっているカンジが…
大晦日だから特売コーナーが出来ていたのだろうか

やはり、寿司は種類が少し減っていて、昨日見て惹かれたセットは売っていなかった。
なので、セットを2つ買って、昨日と似たような雰囲気にする作戦で
しっかりと麦汁も3本GET

他の商品も眺めてみたが、今買いたいモノは無かったので、コレでお会計~~~

お店を出て、裏道でお宿に戻ることに。

歩いている人は少なく、夕日を浴びているせいか……石垣島にいるみたい
10年前の感覚が、ふとよみがえる。

広い道に出た。

…どうやらコレが、お宿の前の交差点に出る道のようだ。

テコテコ歩いていると、すぐに右側にスーパーがあるのを発見した。

…オーマイ

もっと近くにあったんぢゃん…。

こちらは「西町りうぼう(RYUBO)」と言う、沖縄では定番のスーパーのようだ。
県庁の前(国際通りの入口)にあるデパートも「リウボウ」だ。

リウボウ」は「琉球貿易」が由来で、日本語では「りうきう(琉球)」の「リウ」だが、英語では「RYU(リュウ)」になっているのが、オラ的に気になる。

もう手に荷物を持っている(麦汁が重い)ので、寄らずにスルー。
すでに足がガクガク状態で、お宿までギリギリ持つかどうか…状態ッス
歩く速度も下がってきた。

最後の力でへにょへにょ歩いていると、こんな看板が目に入って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1928
ちむどぅんどぅーーーーーーーん

チムドンドン(チムドゥンドゥン)」は漢字だと「肝ドンドン」と書き、「(心臓が)ドキドキする」という意味。

つまり「チムドンドン100円パン」は、「ワクワクドキドキ100円パン」という意味

そして、コンビニ(ファミリーマート)の前を通り過ぎ、隣の消防署を通り過ぎると……あれまたファミマ。

振り返って撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1929
…近過ぎる。

左に見えるのもファミマ、奥の矢印にあるのもファミマ

…何故に
コンビニ企業統合の結果??

消防署の人達は、どうやって区別しているんだろう???
右ファミマ」「左ファミマ」とか????(笑)

さらに、今立っている場所で振り返ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1930
そば屋はそば屋のそばにあるぅーーーーーっ

そば屋が2軒並んでいる。

でも、こちらは「沖縄そば」と「信州そば」の違いがある。

へぇぇぇぇ~~~、沖縄でも信州そばが食べられるんだぁ~

これは珍しい店の部類に入るのでは??
内地から来た観光客は食べないと思うけど、ウチナーンチュ(沖縄人)や転勤・移住組は時々食べに来るんだろうなぁ~。

さぁ、お宿はもう目の前だ

ココから120度ほど右に振り向けば、お宿がどどーーん!と見えるのだ
昨日入った居酒屋「めんそーれ」は、右のムフフな案内所の右奥ね。

お宿の前の小さな広場(歩道の先端部分)に、この周辺の古い地名「久米村」の解説板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1931
クニンダーーーーーーーーっ

NHK「ブラタモリ」でもやっていたが、「久米村」は「クニンダ」と呼ばれていたそうで、昔の那覇の中心地だったとのこと。
それが第二次世界大戦で焼け野原になり、米軍に追い出されて、那覇の中心地は今の国際通り周辺に移った…という流れ。

解説板を読むと、1914年から1933年まで路面電車がこの道(お宿から波上宮に行く道)を走っていたと書かれている。
路面電車は、那覇(ココね)と首里(首里城付近)を結んでいたそうな。

ブラタモリで昔の地形図を見たら、ちょうどこの位置が島のはじっこだったそうで。
お宿は島の陸地だが、交差点は浅瀬の海の中…というカンジっぽい。

…やはり、事前学習して来ると、街の見え方がぜっっっんぜん違うッス

そして17時チョット前、やっとお宿にご帰還~~~~

さっさとお部屋に入る。

もう動けないぞーーーーーーーーーーっ

とりあえず、荷物を置いて寿司と麦汁様を冷蔵庫に入れて、ベッドにゴロン。

少ししたら薄暗くなって来たので、カーテンを開けてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1932
キレイだねぇ~~~~~

キレイだぁねぇ……

キレぃ……

.....zzzzZZZZ

はっ

…やっぱり寝てもうた。

ただいま20時、外はすっかり暗い。
そして案の定、腹減った。(笑)

なので、れーぞーこから颯爽と取り出しましたわよ、えぇ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その9・波上宮で初詣-1933
さいしょのばんさーーーーーーーん

2018年最初の晩餐ぢゃ

赤エビ握り」(480円)と「魚屋鮨(うに入)8個」(650円)に、オリオンビールの組み合わせ
しかも、オリオンは「いちばん桜」バージョンをチョイス

真ん中の「麦職人」はオリオンの発泡酒で、沖縄ではメジャーなモノ。
キリンの「グリーンラベル」的な立ち位置か。

TVを見ながら、もぐもぐ。 

…あれ思っていたほど美味しくない。

そりゃぁ~、ネタが地物ぢゃなくて北海道のとかだもんなぁ~。
鮮度は東京で食べるのと変わらないか。

充分美味しいのだが、オラ、何かを過度に期待していたみたい。
沖縄+正月」という状況に舞い上がっていたのか

さて、お腹も満たされた。

そろそろ寝ますかいのぉ~。

今日は長~~~~い一日だった…。
ほぼ、ゆいレールの端から端まで歩いたのと変わらないんぢゃぁ…
おまけに、今朝は数時間しか寝ていなかったんだっけ

寝るべ、寝るべぇ~

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~~ん

つづき「那覇で年越し2018・その10」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2018年3月 8日 (木)

ジオラマ日記 ~「ジオラマ写真のカッコイイ撮り方」の巻~

昔から「特攻野郎Bチーム」の展示会場で、「サイトに載っているカッコいいジオラマの写真は、どうやって撮っているのですか」と聞かれることが多い。

こういう写真ね。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7001
秋の会津ぅ~~~

どうやら、特別な撮影セットと良いカメラを使っているように思われている。

…そんな訳ゃ~ナイ。(笑)

我々はビンボーチームだぞ。
金や土地等はナイ。

コタツの上でフツーのコンパクトカメラで撮っていますよ~」と答えているが、半分信じられていない。
上の写真だって、展示会中にサクッと撮ったモノっす。

なので、今回は実際に撮っている様子をサックリとご覧いただこう。

…ホントに大した事はしていないぞ。

まずは、コレから。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7002
シヴいっしょ

古いレンガ機関庫の横の留置線で、お昼寝している広島の電車達」というイメージだ。

では、実際にコレを撮影している時はどうなっているかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7003
こ~んだけぇぇぇぇぇ~~~~~(←IKKO風に)

たったこれだけなのだ

コタツの上に線路と機関庫を置いて、後ろに自分で撮った背景を置いただけッス。

これを、コンパクトカメラで構図と背景の収まりと光線を良~く調べながら撮ると、カッチョエェ~1枚が撮れるのだぁ~

オラが撮影していたら、その様子を仲間に撮影されたので、ちょうど良い機会なのでご覧いただこう。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7004
…ね、コタツでコンデジでしょ

この時撮った写真の1枚は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7005
おまるぅぅぅぅぅぅ~~~~~

信越本線の碓氷峠にある丸山信号所をイメージ。

1日5本くらいしか走っていなかった、長野発高崎行きの普通列車を再現してみた。
(碓氷峠を通過する列車のほとんどは、特急「あさま」だった)

背景には思いっきり多摩川の河原が写っていたが、このようなアングルで使えば川があるようには見えない。

線路の手前がスッカラカンで不自然だったので、急遽手持ちの緑のスポンジをちぎって置いてごまかした。
特別なジオラマも装置も何も使用していないッス。

これなら、誰の部屋でも数分もあれば撮影出来るでしょ
カメラも、スマホでも何でもOK

さぁ、みんなもトライしてみよう

…ってな流れで、数回前の展示会から「ミニ撮影スタジオ」が登場した。

もっと気軽に自分の車両をリアルに撮影して、楽しんでもらいたかったからだ。
回を追うごとに人気は上昇。
今では「ミニ」とは呼べない規模にまで成長した

展示会場なので、さすがにむき出しの線路だけとはいかず、小形のジオラマ等を用意した。

そして、お好みの背景を置いてもらい…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7006
カシャ

上手く撮れたかなぁ~~??

このアングルで撮った写真は、こんなカンジになった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7007
いかが

これは即席で撮ったモノなので、背景のつながりにチト違和感がある。
でも、ただ机の上に線路を置いただけで撮ったモノとは大違いだ

展示会場では、すでに常連となったキッズが上手に撮っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7008
秋の背景でパチリ

背景はカレンダーを切り取ったモノ。
景色のカレンダーはかなり使い道があるので、捨てないよーに

同じ背景で似たようなジオラマで撮ったモノが、これ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7009
リアルっしょ

秋の箱根湯本駅というイメージ。
写真を撮っている位置に早川が流れているのが妄想出来るっしょ

もうちょっと大きいジオラマ(レイアウト)を使えば、奥行きのある写真が撮れる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7010
こんな鉄橋を用意したでぇ~~~

横幅280mm・奥行190mmで、A4サイズの紙と同じくらいの大きさだ。

これに、さっき碓氷峠で使った多摩川の写真を背景として置くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7011
…どうだい

背景の川面とつながるように、アングルをいろいろ調べて、背景の位置を調整して撮ったッス

かなり奥行きがあるように見えるでしょ~~~~ぅ

次に、同じ大きさで住宅があるレイアウトを使ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7012
春らんま~~~~ん

手前が花畑で後ろが住宅……どう見てもアングルはこの方向しかナイね。

これも、山の背景を置いてアングルを調べて撮ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7013
おぉ、いぇい

とても280mmしかないとは思えないリアルさっ

木や建物でワザとフレーム(カメラの画面)の上下左右を隠すと、景色がまだその先にもあるような錯覚が起こる。
背景を置く位置も大事で、なるべく奥(後ろ)に置くと奥行きが出る。

リアルに見せるもう1つのポイントは「車や自転車や人形を置く」という事。
特に人は大事で、その景色に動き(テーマ)が出てくる。
撮影する時だけ置けば良い

-----------------

今までいろいろな背景を使って四季の姿を撮って来たので、各季節をサクッと1枚ずつご覧いただこう。
(Bチームサイトにある画像集はこちらをクリック

まずは、
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7014
お花見ぢゃぁ~~~~い

200mm角のレイアウトに、山と青空の背景を置いて撮影。
左奥の山が背景で、右側はレイアウトの山ッス。

これから花見の宴が始まるようだね

お次は、ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7015
ミィ~~~~~ンミンミンミンミィ~~~~

…いやぁ~、暑いね

かき氷が食べたくなるような1枚だ

四国の海をイメージしているのだが、背景は多摩川(奥多摩)なのは黙っておこう。
このレイアウトは600mm×200mmあるけど、写っているのはほんの一部。

では、しっとりとぃ~~~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7016
日本の秋ぃーーーーーっ

みちのくの山奥の秋というイメージ。
これも200mm角のレイアウト。

秋の背景は数枚持っているので使い回しが出来るのだが、広範囲が写るモノとなると、やはりカレンダーの切り抜きが威力を発揮するワケで…
シワにならないように、大事に保管してね

最後に、ぅーーー。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ジオラマ写真のカッコイイ撮り方2018-7017
ぼのーーーーーーっ

上越線を走る寝台特急「あけぼの」をイメージ。
これまた200mm角のレイアウトだよん。

-----------------

…まぁ、こんなカンジでいつもサックリと撮っていまぁ~~~す

みなさんも、ご自慢の車両を、背景の前やジオラマの中に置いて撮影してみてねぇ~
自分でもビックリするくらいのリアルな写真が撮れるから

ほなまた~

| | コメント (2)

2018年3月 5日 (月)

旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その8 居酒屋ちぬまんと美女達~

前回「その7 平和通りとアーケード商店街」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2017年12月31日から2018年1月4日まで、10年ぶりに沖縄県の「那覇(なは)」に行って来たぞ
しかも、全くの思い付きの無計画で。(笑)

--------------------------

腹減った…

超絶腹減って&歩き疲れて、死にそうだ…

国際通りをフラフラ状態で歩いていると、1軒の居酒屋が目に入った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1801
昼から営業しているぅ~~

沖縄料理が食べられて麦汁も飲めるのであれば、申し分ない

メニューを見ても、一般的な種類とお値段で安心出来る。
安いチェーン店よりは質も良さそうだ。

入口を見上げてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1802
良い

これはもう入るしかないでしょ

…ってなワケで、ダイソンの掃除機並みに吸い込まれてしまった

さて、今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1803
(2018年のグーグルマップより)
だよん

…首里城
…やちむん通り(壺屋大通り)
…公設市場とアーケード商店街
…ちぬまん(国際通りにある居酒屋)
…波上宮
…にしのまち市場(スーパー かねひで)
…お宿(東横イン)
…元日に歩いたルート

からと歩いて来て、で燃料が切れた。
もう限界ッス。

店を覗くと、奥にいたお店のおねぃさんに声を掛けられた。
カウンター(調理場)の奥にあるテーブル席に案内される。

イスに座る。

やっと座れたぁ~~~~~

も~う動かないぞ。(笑)

座った場所は、こんな所。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1804
カウンターにイチバン近いテーブルっす

外の光がマヴスィ

このままクルッと後ろに振り返ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1805
意外と広い~~~~~~

奥には座敷があり、2階席もあるようだ。

左にはミニステージらしきものも…
上には「島唄ライブ」って書かれているねぇ~。

思ったよりも客が少なく、のんびり出来そうだ

とりあえず、生ビールをご注文~~~
沖縄で「」と言えば、ほぼ「オリオンビール」が出て来るッス★★★

さぁ、メニューを見よう。

柱に貼ってあるおすすめメニューは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1806
海鮮が多いねぇ~~~~

食べようかなと思ったが、産地を見たら「千葉」「長崎」「三重」。

…那覇まで来て内地のモノは食いたくない。

まぁ、これは地元の人向けなのかもしれないね。

まずは観光客らしいモノを食べよう。

机に置いてあったメニューを見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1807
このお店は「ちぬまん」と言うのか…。

アッサリ吸い込まれたので、外で店の名前すら見ていなかった。(笑)

外国人観光客が多いらしく、中国語と英語も書かれている。
(店員さんも外国人が数人いる)

パカッと開くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1808
スゲーーーーーーーーっ

どれも食べたぁ~~~~~い

かなり悩んだが、まずは定番の「ラフテー(ブタの角煮)」と、気になった「やんばる若鶏の炙り焼き」をご注文~

ランチメニューもあるようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1809
どれも美味しそう

でも今は麦汁を飲むので、ランチは管轄外~~(笑) 
まずはこの2品で、このお店の様子を伺おう。

すぐに麦汁様がやって来た。

1人でカンパーーーーーーい(笑)

ごくごく。

生き返ったぁぁぁぁぁぁーーーーーーっ

やっぱ、元日の昼は麦汁ね

そしてすぐにラフテーもやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1810
てりってりよ

見事なテリ具合だ

いっただっきまぁ~~~~っす

もぐもぐ。

うん、美味いっ

味のレベルはなかなか良いぞ

ほどなく、炙り焼きもやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1811
わくわく

まずは薬味を付けずに鶏さんだけでモグモグ…

うん、素朴まいう~~~~

安いチェーン店とは明らかに違う、しっかりとした味だ。

…この店、アタリ

昨夜のお宿の前の店より安いし、こっちの方がイイかもぉ~~~~

麦汁をお替りしている間に何組かの観光客が入って来て、テーブルが大体埋まるくらいになった。
地元の人がほぼいないが、昼なのでまぁ観光客ばかりでしょうな。
夜に地元民が多くいたら、大体そのお店はアタリと見て間違いナイ

足の疲れを癒すようにのんびり飲んで食べていたら、お店のおねぃさんが近づいて来て…

ラストオーダーです

何ですとぉぉぉぉぉぉ~~~~~っ

昼の営業は15時までらしい。

悲しい気持ちでメニューを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1812
…超~~~気になる。

島ナポリタン」が気になる。
コレは見た事がナイぞ。

ただ、今はのんびり食べている時間がナイので、昔から好きな「沖縄塩焼きそば」を食べることにした。
東京の沖縄料理屋に入って塩焼きそばがあると、ほぼ注文しているのだ

そしてやって来たのが、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1813
…ゴクリ。

しっかりと麦汁も注文しておいて、準備は完璧だ

では、いっただきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

でーーーじまーーーーーーさん

コレ、超~美味ぇ~~~~~~~っ

予想の少し斜め上を行く味で、オラ大満足
コレが東京の近所のスーパーで売っていたら、毎日買うよ(笑)
麦汁が止まらない~~~~~

…気に入った

また来よう。

メニューと一緒に机に置いてあった案内を見て、ふと思った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1814
…今夜も来ちゃう???(笑)

ちょうど横で机を拭いていたマダムに質問してみた。
(どうやらこのお店のママさんらしい)

詳細に説明してくれたので、興味が湧いて来て、明日のカウンター席を19時で予約してしまった
カウンターの、ステージが見やすいイチバン手前の席(今座っているテーブルのすぐ目の前)をキープ。

…さすがママさんだと話が早い

そうして、完食しお会計も済ませて外に出る。

…いやぁ~~~、美味しかった

イイお店を発見したぞ

さぁ、あとは「波上宮(なみのうえぐう)」に行って初詣すれば、今日の予定はおしまいだ。

ほな、れっつらご~~~~~~ぅ

----------------------------------------------

行動の流れ的には次の場所へ進むのだが、順序を入れ替えて翌日の夜の様子も続けてご覧いただこう。

1月2日の夜18時半、準備をしてお宿を出る。

ワクワクしながら国際通りを歩いて「ちぬまん」へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1815
光ってます

夜は目立つねぇ~~~~~

店内は混んでいたが、予約してあるのでサックリと入店~

そして、カウンターのいちばんステージ寄りの席(17番)に座る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1816
サインがいっぱい~~~~

有名人も多く来ているようだ。

この店は「国際通り牧志店」なのね。
また初めて知った。(笑)

ココ以外にもいくつか支店があるようだ。

ライブは1日3回あり、奏者は同じとのこと。
日によって奏者は違うので、とりあえず今日は様子見ぃ~~

まずは麦汁を頼んで、軽く「島豆腐チャンプルー」を注文。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1817
あっさりまいう~~~~~

お上品なお味ですな

右下のお通し(もずく)が、予想以上に美味しくてビックリ

これだけで泡盛飲めるよーーーーーーーん

ほどなく、ステージで1回目の準備が始まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1818
わくわく

今日はおじさんだね。
隣に女性もいて、2人で演奏するようだ

混むと料理が来るのが遅くなるので、今のうちにいくつか料理を注文しておいた。

お次に来た料理は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1819
あげいーーーーーーーん

昨日と同じく「やんばる若鶏の炙り焼き」だと…思う。
盛り付けが違うので「」ってカンジだったが、多分同じだろう…
(あまり記憶に残っていない

演奏が始まった。

…まぁ、観光客が多いので、「いかにも沖縄」な曲を次々と歌っていく。
当然、観光客は「ご満悦」状態だ。

…だが、申し訳ないが、歌はあまりお上手ではナイ。
声の伸びが弱いのだ。
まぁ、無料なので「カラオケが上手なおじさんが歌っている」と思えばモウマンタイ(無問題)

今日は何を食べるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1820
食べたいのがいっぱい

今日も悩んだが、「お正月」ということで奮発したッス

メニューの中央にある「活〆伊勢海老 雲丹ソース焼き」をご注文したのよぉ~~ん

伊勢エビだけでも豪勢なのに、ウニのソースと来た日にゃぁ~~
ス・テ・キ

実は注文した時に、おねぃさんに「売り切れちゃったのぉ~」と言われてガックリ来たが、その後すぐに「小さ目のなら出来る(値段も少し安い)」と言われて速攻キープしてもらった
この美人おねぃさん、ホールを仕切っているようで、すぐに機転を利かせてくれるあたりが素晴らしい
イイ席に座ったぞ

そしてやって来ました、伊勢エビちゃん。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1821
きんがしんねぇーーーーーーーーん

お正月だもん、これくらいイイよね

早速食べてみよう

もぐもぐ。

麦汁が止まらなぁーーーーーーーいっ

…ヤヴェ、危険な食べ物だ、コレ。

今夜は一体何杯の麦汁がオラの胃に入るのだろうか…
もうリミッターが効かない状態になったぞ

ステージが盛り上がって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1822
みんなノリノリ

テーブルや座敷にいる観光客達は、歌に合わせて手を振ったりして楽しんでいる。
カウンター客はチト遠いので、それを観ながら飲み食いしている状態。

左のおねぃさん、美人でしょ 
(モザイク入れていてゴメンねぇ~

混んでいるので、予想どおり料理が出て来るのが遅くなった。
調理場は大忙し

…まぁ、仕方がないよね~。
のんびり待ちまひょ

ここで、19時からのステージが終了した。
ママさんの話だと「テーブル席は1時間ごとに入れ替えるかも~」とのことだったが、カウンター席はずっといてもイイようだ。
なので、2回目の20時までしばらく静かに飲むことに。

料理がナイので、ちょいと手持無沙汰だなや…
麦汁をチビチビ飲んで時間潰し。

すると、美人おねぃさんが「これでも食べてて~」と、注文していないモノがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1823
しーーーーすーーーーーーぅ

おぉマグロの寿司ではナイかっ

作り過ぎたのか間違えたのか、厨房とホールで巡り巡ってオラの所にやって来た。

コレは嬉しい~~~~~

オラのテンションが上がったのと同時に、20時からのステージが始まった。
奏者は同じだが、曲は1回目とは違うモノも混ぜている。

そして、やっとこさ料理がやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1824
スゲーーーーーーーーーっ

さっきの白いメニューの下の方にあった「オジサン」という魚を、刺身マース煮(塩煮)にしてもらったのだ
このお店は、1匹の魚を半分ずつ別の調理法で作ってくれるのだ

刺身を食べる…

コリコリまいう~~~~~

あっさりした白身で、麦汁よりも泡盛等に合うね

そして、マース煮は…

もぐもぐ。

2018年、ついに新しい味に出会ったーーーーーっ

…これもヤヴァい。

あっさり塩味で素朴なのだが、このシンプルさ故に飽きが来ない。
付け合わせの豆腐もイイ味が滲みているぅ~ん

…もうアカン、完全にハマッた。

すっかりこのお店の味の虜になってしまいましたわん

オラのテンションと同じく、2回目のステージも絶好調
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1825
ぢゃかぁしぃーーーーーー

…いや、「カチャーシー」で盛り上がっている。
三線(さんしん)の速弾きの曲に合わせて手を振る踊りの事を「カチャーシー」と言うのだ。
男女で手の形が違うそうで。

おじさんのステージが終わると同時に、オラのオジサンも終了した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1826
骨まで愛して

…身なんか残っちゃいないわよん。

オラが魚を食べると骨しか残らないので、大抵ビックリされる。
ワザと標本みたいにキレイに復元しておくと、お皿を下げに来た人がほぼ「えっ」という顔になる。

日本人は島国の民なんだから、お魚さんをキレイに食べようね~~~

…さて、お腹も満足した事だし、お宿に帰りますか。

お会計しようかな~と思っていたら、ママさんが後ろを通ったので「すみませ~ん、また明日も来ますぅ~」と声を掛けた。

ママさんビックリして「えっ嬉しい~」と喜んで、明日の同じ時間の同じ席を予約してくれた。
相当嬉しかったのか、目の前にいた美人おねぃさんに「また明日も来てくれるって」とウキウキしながら話している。

お寿司をもらっちゃったからねぇ~、それくらいは恩返ししなければ

今日の奏者のおじさんが(申し訳ないが)イマイチだったので、別の奏者も観てみたくなったのだ。
それに食べたい料理もまだ残っているのでね

お会計をして、超~満足で店を出る。

今日も歩き疲れたから、さっさと帰って寝るべぇ~。

ほな、おやすみんみ~~~~ん

----------------------------------------------

そして1月3日

懲りずに三度「ちぬまん」へやって来た。(笑)

19時ちょい前、再び同じカウンター席に着く。

今日は料理を落ち着いて食べよう。
基本的な味が判ったので、後は脳内でイメージしてチョイスしよう。

本日の白いメニューは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1827
お魚が昨日と違ぁ~~~~う

…おっ、イラブチャーがあるっ

ハイ、決定(笑)

バター焼きマース煮の2通りしかないので、素直にこの2種類で調理をお願いした。

あとは「ヒージャー刺し(ヤギ刺し)」かなぁ~。
まずはこの2つをご注文~~~

美人おねぃさん、「今日で3日連続よね」と笑いながら聞いて来た。
…うん」としか答えられなかったッス…

…だって、美味しくて楽しいんだもん。(笑)

ほどなく、今日のステージの準備が始まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1828
若い

今日は若い男女の2人組だ。
しかも、おねぃさんが美人だぞ

演奏が始まった。

…なかなかイイんでな~い

おにいさんもおねぃさんも、声がキレイで歌が上手だ。
今日も来て正解だったな

ヒージャー刺しがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1829
八木さぁ~~~~~~~~ん

ココまで身が厚くてキレイな山羊さんは食べた事がナイ。
東京ではあまり「食べよう」という感じにならなかったのでね。

もぐもぐ。

コリコリまいう~~~~

臭みは無くて、食べやすい。
泡盛とかと一緒にチビチビ食べるのに向いているね

なので、今日はこのままネクストステージへ
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1830
禁断のどなんーーーーーーーっ

…ついに、オラにとっては禁断の泡盛「どなん」に手を出す時が来た。

この「どなん」はアルコール度数が60度もあり、日本で最高にキツいお酒だ。

10年前に日本の西のはじっこ「与那国島(よなぐにじま)」に行った時、この「どなん」を造っているお兄さんに大変お世話になったのだ。
あの時はカラオケスナックで「どなん」でへべれけに酔っぱらって、満天の星空が勝手に回転していたなぁ~~ 
2006年の与那国島の日記はこちらをクリック

…ってなワケで、今こそお兄さんに恩返しをせねば

余談だが、左に見える「ハブ酒」は、横に座っているおじさんがさっきから何杯も飲んでいる。
お替りの度に、ハブが入った甕がやって来てグラスに注がれる。

その時のニオイが、臭いの何の。(笑)

でも、嫌いぢゃぁ~ナイね

ちなみに、この店はハブが充実しているようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1831
ハブまつりぃーーーーーーっ

…美味いのだろう…か

これは勇気がいるなぁ~~~。
4人くらいで来た時に、ワーキャー言いながら飲み回すのが良いかと…

そしてやって来ました、マース煮ちゃん。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1832
でかーーーーーーーーーい

…あれ1匹まるまる煮込まれているぞ。

でも、間違いなくイラブチャーのお顔なので、オラが注文したものだ。

では、遠慮なく。

もぐもぐ。

う~~~ん、昨日に続いて優しいお味

これもゆっくり食べよう

今日は歌声がキレイなので、ステージもしっかり観ねば。

曲目は昨日と似たような感じで、やはり観光客受けするものが多い。

1回目のステージは比較的アッサリと終了。
客もまだ緊張しているカンジがする。

20時になって2回目のステージが始まった。

即席カラオケで、お客さんがステージに上がって歌えるコーナーもあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1833
う~ん、ノリノリ

このおじさん、オラの隣に座っている人だよ…ね
店員さんとのやり取りを見ていると、常連さんっぽい。
地元の人かぁ~。

またまた盛り上がって、カチャーシーの時間となった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1834
ハ~イヤー、イーヤーサーサーァ

1回目と違って、今回はかなり盛り上がっている。

昨日からステージを撮っているんだけど、オラのへっぽこデジカメではブレブレでキレイに撮れた写真が少なかった。

そのうち、奇跡的にキレイに撮れた1枚があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1835
これが限界…

この時「新しいデジカメを買おう」と決意した次第。
(2月になってやっと買った…

2回目は1回目と違う歌を歌ってくれたので、3回目も観たくなった。
どんな歌を歌ってくれるのかな
わくわく

さて、オラが「どなん」で歌を聴きながらマッタリしていると、美人おねぃさんが「バター焼きまだ来てないよね」と聞いて来た。
うん」と答えて「でもさっきのマース煮、1匹まるまるあったよ」と言ったら「バター焼きも作るから待っててね」と言って来た。

そしてしばし待つと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1836
まるまる1匹ぃーーーーーーっ

何と、また1匹まるまるのイラブチャーのバター焼きがやって来た。

ビックリして「イイの」と聞くと、おねぃさんが「イイの、イイの」と、ありがた~いお言葉を…

超絶ラッキーーーーーーっ 

3日連続で通った甲斐があったか(笑)

さて、予定が狂った。

どなん」お替りぢゃーーーーーーーーぃ

…もうどうなっても知らんぞ、オラ。

ちなみに、「どなん60度」はグラス1杯で1,480円ッス。
アルコール度数で考えれば、そんなモンだろう…。
麦汁が5度くらいだからね~)

バター焼きも、文句なく美味しい
軽く揚げてあるのか、皮の辺りがパリパリしていて良い

バター焼きをのんびり食べていると、2回目のステージも終わり、3回目に突入した。

…さすがにお腹がいっぱいになって来た。

でも、最初にメニューを見て気になったものをまだ食べていない。
それだけは食べて帰らねば

胃袋を調整して、少しスペースを作る。(笑)

そして、麦汁と一緒にご注文~~~
(さすがに「どなん」のお替りはキツい…

ほどなくやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1837
イッタリアァ~~~~~~ノっ

島ナポリタン」と言うメニューで、沖縄そばをナポリタンにしたという、レアな一品。
初めて見たそのお姿に、オラ完全にロックオン

もぐもぐ。

うん、想像通りの味ぃ~~~~~~っ(笑)

懐かしの喫茶店のナポリタンの麺が太くなってコシがある」…でイメージが伝わるだろうか
アルデンテ派のオラとしては、なかなかのお味よ

…元日の昼にコレを食べていたら終わっていたな。

塩焼きそばにしておいて良かったぁ~~~
麦汁が止まんねーよ、コレ。(笑)

もう酔っぱらっちゃってあまり順序を覚えていないのだが(笑)、確かここで歌のお兄さんがオリジナルのしっとりとした曲を披露してくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1838
なんくるないさぁ~~~~~~

曲のタイトルは「なんくるないさ」だったかな

歌詞のサビの部分が「なんくるなんくる なんくるないさぁ~ どうにかなるさぁ~ なんくるないさぁ~~」だったと思う。

なんくるないさ」は「何とかなるさ(どうにかなるさ)」と言う意味で、沖縄ではフツーに言われている。
でも、お兄さん曰く「全く何も準備していないで寝転がって「なんくないさぁ~」とは言ってはダメですあれこれ手を尽くした後に「なんくるないさぁ~」と言うのです」と。

ほぅほぅ。

…つまり「人事を尽くして天命を待つ」「果報は寝て待て」ということですな。
棚からボタ餅」はダメよ

この歌、テーブル席の観光客達にはあまり反応が無かったが、オラのハートにはズッキュンズッキュン響いた
サビの部分が超絶良い

コレはイイ歌を聴かせてもらったぜぃ

最後に、お約束のカチャーシーでステージが終わる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1839
超~ノリノリ。

さすがにこの時間になると、客もノリが違いますな

盛り上がって楽しく終了~~~~

…ふぅ、楽しかった。

カウンターに向かってまったりしていると、お兄さんとおねぃさんが各テーブルに挨拶に回っていた。
オラの所に来てカウンターの奥まで行くと、おねぃさんがオラの横にいたおじさんの隣に座った。

…このおじさん、そんなに常連なの????

ちょいとおじさんに声を掛けてみた。
すると、「私ね、移住組なんですよ。数年前まで福島県の会津にいたの」とのオドロキの証言がっ

なぢょすっぺーーーーーーーっ

何と、海人(うみんちゅ)ぢゃなくて山人だったのねーーーーっ

このおじさん、楽しそうでイイ人生を送っている感じがするぅ~~~
オラも憧れるねぇ~~~~。

歌の美人おねぃさんとも、ちょいとお話をした。
ちぬまん あやか」で検索してください~」とのこと。
お名前は「あやか」さんと言うそうだ。

--------------------

帰宅後に検索してみた。

どうやら「大畑彩香」さんというお名前で、隣にいたお兄さんは「比嘉健太」さんのようだ。
地元では人気で有名らしい…

今までのライブの、まさにそのものの動画があったぞ

イイっしょ

毎晩これが繰り広げられる

この歌(最初の曲「三線の花」)も歌ってくれたよん。

キレイな声だ…

コレを観てイメージしてねん

--------------------

さて、何かまだいても大丈夫な雰囲気なので、最後に「観光客向けで無い、地元の人が食べているアッサリしたモノを…」とお店の別の美人おねぃさんに相談したら、コレが出て来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その8・国際通りの居酒屋「ちぬまん」-1840
王様の耳はブタの耳ぃ~~~~~

メニューにも書いてあるが「ミミガー 中華和え」をチョイスしてくれた。

ミミガー」はブタさんの耳で、普通は醤油系の味付けで煮たり干物にしたりして食べていて、おみやげ屋でもよく見かける。
コレは白いねぇ…

もぐもぐ。

…おっ、意外なお味っ

味は中華のクラゲのようだが、コリコリ感がハンパ無く……美味い

どなん」お替りぃぃぃぃぃ~~~~

…今日はどれだけ飲んだか、もう覚えていない。

コレでまったり飲んで、全て終了~~~~
もう閉店時間だよ。(笑)

さぁ、お宿に帰ろう。

お会計をして店を出る。
出る時に、ママさんに「那覇に来たらまた来るね~~~」と言ったら「嬉しい~~ぜひぜひっ」と大喜び。

うん、本気でまた来るから

いやぁ~、楽しい那覇のナイトライフだった
みなさんも行ってみてねぇ~

ちぬまん」のサイトはこちらをクリック

このお店のFacebookこちらをクリック

つづき「那覇で年越し2018・その9」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2018年3月 1日 (木)

旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その7 平和通りとアーケード商店街~

前回「その6 首里城からやちむん通りへ」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2017年12月31日から2018年1月4日まで、10年ぶりに沖縄県の「那覇(なは)」に行って来たぞ
しかも、全くの思い付きの無計画で。(笑)

--------------------------

さて、やちむん通りも観終わって、13時半になった。
さすがに歩き疲れてお腹も空いて来た。
公設市場の周辺でお昼ご飯を食べよう…
今日はあと「波上宮(なみのうえぐう)」に行くだけなので、もう飲んでもイイだろう

さぁ、目の前のアーケードに入ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1701
今日も平和だ

平和通り商店街」と言う名のアーケードだ。

サンライズ・なは」という文字が、寝台特急列車を思い起こす事はヒミツにしておこう。

今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1702
(2018年のグーグルマップより)
の右下にあるだよん

…首里城
…やちむん通り(壺屋大通り)
…公設市場とアーケード商店街
…ちぬまん(国際通りにある居酒屋)
…波上宮
…にしのまち市場(スーパー かねひで)
…お宿(東横イン)
…元日に歩いたルート

の周囲はアーケード商店街がいくつもあり、全てつながっている一大繁華街だ。
なので、屋根の下をひたすらテコテコ歩いていれば、そのうち開いている飲食店が見つかるだろう

ほな、行くでぇぇぇぇぇ~~~~~~っ

アーケードに1歩入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1703
…古い。

全体的に老朽化しているカンジがする。
でも、この雰囲気嫌いぢゃ~ナイねぇ~

何とな~く、倉敷の商店街と似たような雰囲気を感じる~。
道の幅と曲がり具合が似ているのかな

屋根を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1704
う~~~ん、鶴橋

大阪の鶴橋の商店街っぽいくたびれ具合だ。

沖縄は雨や台風の強さが半端ナイので、屋根が無いと困ってしまう。
大事にしていこうね

さすがに元日なので、開いている店は少ない。
人通りも少ないなぁ~。
(まぁ、アーケードのはじっこ部分なのでね)

中心部にたどり着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1705
おっ、だんだん賑やかになってきたぞ

奥の突当りが国際通りで、観光客は奥からゾロゾロやって来る。

目の前の丁字路を左に曲がると公設市場の前に出られる。
まずは左側の様子を伺っておこう。

サックリと左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1706
ダンサーーーーーーーっ

これこれ、この段差よ

このナゾの段差はNHK「ブラタモリ」にも出て来たが、高くなっている部分の下に「ガーブ川」と言う川が流れているのだ。
洪水で溢れると商店街が水浸しになってしまうので、フタをして暗渠(あんきょ)にしてしまった。
その痕跡がココに現れているというワケ。

この時はココをフツーに通り過ぎてしまったが、左に見える「Rainbow」と書かれた天然石のお店の店主と思われる家族に、翌日大変お世話になることに…
(後日改めて日記に書くッス)

さて、今は平和通りを踏破するため、左に曲がらずにまっすぐ進むことに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1707
国際通りが見えてきたでぇ~~~~

出口の光がマヴスィ

中国人観光客が多いせいか、おみやげ屋とドラッグストアはほとんどが営業している。
飲食店は沖縄そば屋や定食屋等の小さな店が多く、ビールを飲んで楽しめる店は開いていないなぁ…

…ま、とりあえず国際通りまで出まひょ

出口…というか、国際通り側の入口に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1708
立派ですな

謹賀新年」の文字が、「正月に来た」という特別感があって良い
記念の1枚になった

視線を下に移すと、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1709
人が少なめ~~~~。

地方都市ならばコレくらいがフツーだが、世界的観光地の那覇にしては少ないね。
夏はかなり混んでいるからねぇ~。

では、1本隣のアーケードに移ろう。

このまま右に国際通りを数十メートルカニ歩きすれば良い。

国際通りは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1710
観光客だらけぇ~~~~

さすが那覇…いや、沖縄県のメインストリート、人が多い。

奥に見えるヤシの木辺りまで移動すると、次のアーケードが見えてくる。(地図のの左上にある辺り)
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1711
むつみちゃぁぁぁぁぁ~~~~ん

むつみ橋商店街」と言う名のアーケードだ。

その「むつみ橋」はどこかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1712
右横にある。

この白い柵の幅が橋で、今はフタがされているので「橋だ」と気付く人は少ない。
柵の左側に建っている建物は、全てガーブ川の上に乗っかっている状態なのだ。
白い柵のすぐ右奥には、さらにもう1つのアーケード「市場本通り(いちばほんどおり)」がある。

つまり、戦後すぐに川の両岸に商店街が出来て、後に川の上まで商店を建ててしまったというワケ。

では、むつみ橋通りに入ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1713
薬漬けーーーーーーっ

さっきからドラッグストアしか写っていないんですけどぉ…

…それだけ中国人観光客が買いに来るという事か。
スゴいな。

テコテコ歩き始める。

こちらの天井は透明で明るいねぇ~~~~

そうそう、右側に見える建物は全て川の上だからね~。

進んで行くと、道幅がだんだん細くなって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1714
リアル鶴橋っ

鶴橋のコリアンタウンとほぼ同じくらいの道幅だね。

目の前に美味しそうなお店が営業していたが、観光客で満員。
そのほとんどが外国人だ。
みんなも必死に開いているお店を探しているんだろうなぁ…

なので、泣く泣く素通り。

さっきから、足元の模様が気になっていたんだよねぇ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1715
ナイスデザイン

フツーの点字ブロックは黄色くて真四角なのだが、ココのは他のタイルと同じデザインに合わせられている。

…気合入ってますな

奥にアーケードの終点が見えてきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1716
ココは短いのね…

平和通りの半分も無いくらいか

出口付近の右側にハデなシャッターがあったので、何気に見てみたら…こんな貼り紙が。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1717
働き方改革ぅぅぅぅぅぅーーーーーーっ

ヴァケィション」というのは、こうでないとイケナイのだっ

…あぁ、オラもこんな長期休暇が欲っすい。

終点にたどり着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1718
この先は屋根の無い道が続いているようだ。

…んこの段差は…

左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1719
こうせつぅぅぅーーーーーーっ

目の前の左側に公設市場が見える。

つまり、このままクルッと後ろを向くと、さっきの「Rainbow」のお店が目の前にあるというワケ。

屋根の無い道は後回しにして、公設市場に行ってみよう
(2階が食堂なのだ

歩く事10歩ちょっと、瞬時に公設市場にたどり着いた。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1720
開いとらぁーーーーーーーーーん

見事にシャッターが閉まっている。

昨夜(大晦日)のニュースでは「買い出し客で大賑わい」って映っていたんだけどなぁ~。
まぁ、元日では仕方がナイ。

入口まで行って貼り紙を見たら、「3日まで休業」と書いてあった。
…ほな、4日(帰宅日)に来まひょ。

とりあえず、公設市場脇のアーケードを歩いてみよう。
10年前も歩いた事があるが、奥までは行ってナイのでね

公設市場前の十字路は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1721
名前が変わるぅぅぅぅ~~~

この十字路を境に、国際通り側は「市場本通り」、奥の方は「市場中央通り」と名前が変わる。
」も「中央」も意味合いは一緒やろ。
張り合っている感じがプンプンぢゃ

本千葉」と「千葉中央」や、「元祖」と「本家」、「甲府市」「甲州市」「甲斐市」のトリプルアタック等と同レヴェルだなや。

まずは、奥の市場中央通りのほうへ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1722
ぶらりんこ~~~~

LEDの電飾らしきモノが、両側にず~~~っとぶら下がっている。
この部分だけ天井が薄く色付いているので、電球色っぽい柔らかな雰囲気に

右側が公設市場で、全ての入口は閉まっているが、その前の露店は営業している。
なので、おみやげ物の食品を買うには困らない。

上の写真の奥まで行った所で、振り返って撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1723
服がいっぱい~~~~~

このエリアは洋服屋さんが多いカンジ。

お店の名前が「洲鎌(すがま)」「照屋(てるや)」と、沖縄のお名前なのがイイねぇ~~

オラ、子供の頃から沖縄と縁があって、小学生の時は「大城(結婚して確か洲鎌に)」先生、中学の時は「与那城(よなしろ)」先生だった。
家(昔はアパートだった)に住んでいたのは「金城(きんじょう)」さん、バイト仲間で飲みに行くお店の娘は「前外間(まえほかま)」ちゃんだった。

なので、那覇は人生でたった2度目なのだが不思議としっくり来るのよ、コレが。(笑)

洲鎌」さんを見て、チョット思い出しちゃった

さぁ、進もう。

…と思ったら、上の写真の左側にナイスな雰囲気の横道をハッケ~ン
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1724
行きてぇぇぇぇぇぇーーーーーーっ

普段の日の夕方だったら、間違いなくこの道に吸い込まれていただろう…

沖縄そば屋さんっぽいので、今はスルーする事に。

1本裏道に入ったりしてテコテコ歩いていると、フシギな空間に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1725
分岐しているぅ~~~~~

えびす通り」と言う小さな商店街が分岐している。
川の流れに沿っているのかな
ココが川の合流点

また市場中央通りに戻って歩いていたら「ココから先は店が1軒も開いていない」状態になったので、途中だけど戻る事にした。

クルッと振り返って、公設市場まで戻る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1726
戻って来たでぇ~~~~~

さて、奥の市場本通りを終点まで行ったら、アーケード商店街を全て踏破した事になる。

でも、その前に飯と酒ぢゃーーーーーーーーっ

公設市場の周りで探してみよう。

…ってなワケで、公設市場の角(さっきの十字路ね)まで行って、左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1727
お店があるぅぅぅぅぅぅ~~~~~

このエリアに飲食店が固まっていたのかぁ~~~

左は公設市場だけだが、右は飲食店がいっぱいだ

では、一通り見てお店を選ぼう。

…いきなり、右手前の黄色いお店が気になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1728
アヴァンギャルトぉぉぉ~~~~~っ

「立ち呑み大衆カレー酒場」

…どこからツッコんでイイのやら。

ものすごく惹かれたが、立ち席ではねぇ~。
店も極小だしぃ~。

とりあえず、先に進もう。

少し先には、海鮮類を焼いて食べられるお店や寿司屋が数軒あったが、どこも外国人観光客で満席だ

…入れなひ。

お昼時なので仕方がナイ。
クルッと回ってみたが、どこも一緒の満席状態。

…諦めよう。

このエリアでの食事は断念した。
国際通りで探すしかナイ。

市場本通りへ戻ろう。

戻るなら、せっかくなら別の道で戻りたい

ふと横を見ると、こんな道が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1729
イイねぇ~~~~~

鶴橋で鍛えられているので、こういう道って大好き

サックリと市場本通りに戻った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1730
ラストスパァァァァァァーート

奥の光が、終点の国際通りだ。

やはり「本通り」だけあって、ココはいつも人が多い。
カタツムリの速度でてろてろ歩いている外国人観光客をかき分けて、前に進む。

市場本通りは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1731
明るい

東京のアーケードはどこもあまり明るくナイので、ここまで明るいと気分がイイね

そして、アッと言う間に国際通りに到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1732
腹減った…

超絶腹減って&歩き疲れて、死にそうなんですけどぉ…

とりあえず、お宿に向かって歩こう。
途中に飲めるお店が無かったら、コンビニに寄ってお宿の部屋で飲もう。

テコテコ(…と言うか、もはやフラフラ)歩いていると、道の向こう側に居酒屋が数軒あるのが見えた。

渡れーーーーーーーっ

迷うことなく横断歩道を渡り、向こっ河岸へ。

そしてチョット歩くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その7・平和通りとアーケード商店街-1733
アッタヨォォォォォォォ~~~~~~ン

良さげな雰囲気の、営業中の居酒屋をハッケーーーーーン
メニューを見ても申し分ナイ

もう14時だし、ココにするぅーーーーーっ

まるで砂漠の湖に吸い寄せられるかのように、フラフラと入店。 
店内は空いていて、のんびり出来そうだ

ほな、店のオリオンビール飲み干してやるでぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーっ

つづき「那覇で年越し2018・その8」はこちらーっ!

| | コメント (2)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »