« 実物日記 ~「形あるもの、意外と残る。東京・中野 新井薬師前」2018新春~ | トップページ | 旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その6 首里城からやちむん通りへ~ »

2018年2月12日 (月)

旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その5 首里城内~

前回「その4 首里城・朝拝御規式」からのつづきーっ!
「その1」はこちら)(「その10」はこちら)(「その15」はこちら

2017年12月31日から2018年1月4日まで、10年ぶりに沖縄県の「那覇(なは)」に行って来たぞ
しかも、全くの思い付きの無計画で。(笑)
(全17回シリーズ)

--------------------------

今日イチバン観たかった「朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」が終了した。
満足、満足heart01

さて、これからどうするかcatface

せっかく入場料を払って中に入ったんだから、建物内も見学しますかいのぉ~。

この「御庭(うなー)」にいた人達がみんな一斉に移動するので、混雑は覚悟して…sweat02
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1501
もうすぐお昼だから、みんなご飯食べに行ってsmile

さぁ、サクサク行こう

正殿右側の南殿が入口で、ぐるっと回って左側の北殿から出て来るルートのようだ。up

首里城公園の全体は、こんなカンジになっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1502
パンフだよぉ~~~んbook

このパンフに記されていた紫の矢印→の「一般コース」とオラの歩いた行程が、グーゼンに一致していた
なので、このonetwothreeの順に見て行ってねdelicious

靴を脱いで中に入る。shoe
(靴は袋に入れて持ち歩くシステムpouch

案の定、入口付近は混雑していて、ゆっくり観られる状況ではナイ。sweat02
でも、少し進むと自然に列が均等化されていき、フツーに観ることが出来たdelicious

撮影禁止エリア可能エリアがあるので、しっかりと案内表示を見て撮影する。camera

前回の2006年に来た時には無かったエリアがあった。
復元工事が進んだんだねぇ~。wrench

もちろんそのエリアは初めて見るので、チョットわくわくheart01happy02

キレイな柱や壁の中を進んで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1503
小さな庭園があった。clover

パンフを観るとthreeの位置らしい。

向こうの廊下を歩いている人を数人見掛けた。
あの部屋は茶室になっているようで、お金を払えばまったりすることが出来るようだ。cloverjapanesetea
ちょうどスタッフのおねぃさんが歩いているッスvirgo

このエリアの建物の天井は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1504
ピッカピカやぞshine

石垣島与那国島で泊まった古民家とは大違いだ
(あちらはあちらで、深い味があって好き

王様の住む所だから、これくらいキレイでないとねぇ~coldsweats01

中庭のような所は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1505
なんごくぅ~~~~~

空や木々が南国そのものbud

このまま右を見ると…upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1506
ぜっけーーーーーーーーーい

那覇の街が見渡せる、絶景の地だshine
高低差は100mくらいあるそうで。updown

部屋の中は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1507
和室ですな。japanesetea

中国風ではなく、日本の畳が使用されている。

順路に沿ってテコテコ歩いていると、さっき見た役人さんが中庭のほうに歩いて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1508
おつぅ~~~~~~♪papershine

ゴザ(薄いクッション付き)が敷いてあるとはいえ、ずっと正座しているのもキツいよねぇ~。
ありがとうございましたーhappy01

ふと外を観たら、屋根瓦がキレイだったので撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1509
おぉ、いぇい

まるでギリシャにいるようなアングル(笑)eventyacht
欧州まで行かなくても、アジアにも美しい所はたくさんあるのだgoodshine

中庭の向こう側に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1510
向かいが今歩いて来た建物だよん。

今は、5枚上の写真の、真ん中ちょい右にある縁側のような所にいるッス。

左を観ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1511
いしだぁーーーーーーん

石段があって、その先は見晴らし台のようなカンジになっているねぇ~。
(登ったらダメよban

この建物の部屋は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1512
おとこのまーーーーーーーっdrama

床の間のようなカンジになっているねぇ~。

このエリアの建物って、壁はなんだね。
漆喰等の白い壁が、ほとんどナイや。

さてさて。bud

新しいエリアを出たら、以前観た事のあるコーナーばかりになった。
なので、お気楽にサクサク歩く。penguinsign04

ぐるっと歩いて、正殿にやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1513
ぎょくざーーーーーーーっ

王様が座る玉座shinechaircrown

正面に回って、再度撮影。camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1514
少しブレた…sweat02

10年前もブレブレだった…sadsweat01down

上の扁額(へんがく)は「中山世土(ちゅうざんせいど)」と書いてあり、「琉球は中山(中国)が代々治める土地である」という意味とのこと。
清の皇帝が書いた字だそうな。

この玉座の前は記念撮影コーナーになっていて、国籍問わず多くの観光客が写真を撮りまくっている。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1515
わーるどわいどーーーーーーっ

…中国人のみなさん、ココで撮っても北京西安とかで撮ったモノと間違われないcoldsweats01

今日は、西洋人もいるけど、中国・韓国人が圧倒的に多いカンジがする。
近くて安くて暖かくて楽しいからねぇ~~~
しかも日本はお正月だし
(中国と韓国は、旧正月のほうが大事にされている)

玉座を横から見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1516
壁が真っ赤っ赤だ

オラだったら落ち着かないな…coldsweats01

部屋の片隅に、琉球国王印が展示されていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1517
まんしゅーーーーーーーぅ

漢字と並んで、満州文字が彫られている。
明らかに清朝皇帝の影響が見られる。
(北京の紫禁城の門等にも、漢字と満州文字が並べて書かれている)

玉座のある部屋を出て進んで行くと、こんな模型が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1518
きよみづーーーーーーーっ

一見、京都の清水寺のようにも見えるが、コレは首里城正殿の骨組み(構造)模型だ。

重さのせいか、柱の数がスゴいね…catface
(キョーレツな台風の対策もあるのかな

途中の窓から、外が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1519
マヴすぃぃぃぃぃ~~~~~shinewobblysweat01

薄暗くて赤い壁と天井の空間から見える外の光はキョーレツだった
今日はホントにいいお天気happy02sun

玉座の下の階に下りると、何やら豪華な区画が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1520
ココだけ違ぁ~~~~~うdash

説明を読むと、国王がここに下りて来て政治等を行ったそうな。
今で言う、執務室会議室

ここの床板の一部が、ガラス張りになっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1521
いせきーーーーーーーーっ

復元する前の、首里城の遺構のようだ。
(首里城は遺構が世界遺産)

混んでいたので、立ち止まって覗き込むワケにもいかず、そのまま素通り~。coldsweats01

順路は、正殿を出て北殿に入った。

この建物は、首里城の歴史等がパネルと模型で展示されている。

首里城の儀式中の模型があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1522
さっき観たーーーーーーっ

これは、さっき来た時にほんの数分だけ見ることが出来た、第2部の「朝之御拝(ちょうぬ うぬふぇ)」の本来の姿なのだろうかcatface

混んでいるので、説明文を読むのもメンド臭くなって来た…coldsweats01

もう1つ、別の儀式の模型があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1523
何か物々しいぞsweat01

こちらは重要な儀式のようだ。

北殿を出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1524
奥に進めぇぇぇぇぇぇぇ~~~~ぃ

そのまま「下之御庭(しちゃぬ うなー)」に戻れば別のイベントがやっていたのだが、混んでいそうなのでパスした。
なので、順路に従って、城壁の外から正殿の奥の方へ行くことに。upwardleft

このエリアは復元がまだ終わっていなくて、段階的に公開されているようだ。wrench
やはり、前回の2006年には観る事が出来なかったエリアだ。
建物は無く、今は広めの公園のようなカンジになっている。
実際にキッズが遊んでいるしぃ~geminigemininotes

テコテコ歩いていると、ココにも湧き水の井戸のようなものがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1525
ちょろちょろ~~~~~ぅ

穴から湧き水がチョロチョロ流れ出ている。

こちらはさっき観た「龍樋(りゅうひ)」と違い、水の出口に飾りがナイ。
純粋に「(とい)」の形をしている。

手前にあった解説板を観る。eyesign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1526
ひーーーぢゃーーーーーっ

寒水川樋川(すんがーひーじゃー)」と言うそうな。

樋川」で「ひーじゃー」と読む。
ちなみに、沖縄では「山羊(やぎ)」もヒージャーと言う。capricornus

ここであふれ出た水は、溝を通って近くの「久慶門(きゅうけいもん)」の両脇から排水されるそうな。sweat01doorsweat01

…ってなワケで、久慶門をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沖縄・那覇で年越し2018その5・首里城内-1527
どどーーーーーん

この門は通用門で、主に女性が通っていたそうな。virgovirgovirgo
正門は、さっき守礼門の次に通った「歓会門(かんかいもん)」とのこと。

正面の下の方に、排水設備(石垣の出っ張り)が見えるねぇ~。

さぁ、これで首里城見学は終~了~ぅend

ただ今、12時半
そろそろ次の目的地に移動しなければ…catface
今日はかなり移動するので、忙しいのよsweat01
(今日中に観たい場所が極端に離れているので)

テコテコ歩いて、再び守礼門の前に……行こうとしたけど、その手前の道を左に曲がってすぐ右にある階段を下りて、お店がある広場へ。bud
ココはおみやげ物やアイス・軽食等の露店が並んでいる。presentnoodlebeert-shirt

外国人観光客の団体が、沖縄名物のブルーシールアイス屋の前に並んで嬉しそうにガシガシ食べているdeliciousdeliciousdelicious

…オラ、また食べた事ナイんだよなぁ~、イイなぁ~~。weep

奥にレストハウス「首里杜館(すいむいかん)」があったので入ってみる。
(パンフ地図の真ん中ちょい下)

まずはおトイレ様に寄ってスッキリtoilet
レストランもあったが、ここはガマン…bearing
(まだかなり歩くので、今麦汁を飲むワケにはいかないのだぁ~よbeerban
そして、おみやげを数点買って外に出た。present

正面入口の交差点に向かう緩い坂道を下っていると、脇に東南アジアの雰囲気全開の沖縄そば屋さんがあった。houseclover
メチャクチャ惹かれたが、ここでもガマンの子bearingsweat01

さぁ、入口の交差点に着いたぞsignaler

ここから先は、ひたすら坂を下って国際通りまで行くだけ。
ただ、距離があるので覚悟しておかないと…sweat02

おっしゃsign01気合入れて行くでぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーっhappy02dash

つづき「那覇で年越し2018・その6」はこちらーっ!

|

« 実物日記 ~「形あるもの、意外と残る。東京・中野 新井薬師前」2018新春~ | トップページ | 旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その6 首里城からやちむん通りへ~ »

旅と鉄道(10九州・沖縄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実物日記 ~「形あるもの、意外と残る。東京・中野 新井薬師前」2018新春~ | トップページ | 旅日記 ~「なんくるないさぁ~♪那覇で年越し 2018」その6 首里城からやちむん通りへ~ »