« 旅日記 ~「湘南の穴場、小田原・御幸の浜」2017~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その26:トルファン・吐峪溝~ »

2017年10月 2日 (月)

グルメ日記 ~「へい、お待ちっ! ベトナムのラーメン」2017~

先日、職場の親びんから夏休みのおみやげをもらった。present

手渡されたモノは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7101
ゔぃえとなみーーーん

ベトナムの袋麺だそうで。noodle

ベトナム語がビッシリと書かれていて英語がナイが、日本人がかろうじて読める単語があった。

Omachi」と「Sagami」だ。

「お待ち」と「相模」????catface

メーカー名ブランド名??商品名???

裏を見てみると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7102
…サッパリわからん。sweat02

ビックリするくらい英語が書かれていない。
(そう言えば、日本の袋麺にも英語がナイね…coldsweats01
大抵、東南アジアのラーメンは中国語も書かれているのだが、この製品には全くナイ。

完成状態の写真があるので、味等は何となく想像出来るが…catface

ホントにベトナム製品なんぢゃろか

そう思って、右下のバーコードを見ると…downwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7103
…あら、おされshine

小粋な演出がしてあって、ちとビックリnoodle

バーコードの頭が「893」で始まっているので、ベトナム製品で間違いナイようだ。

その少し上を見ると「Masan」の文字が…

…コレがメーカー名っぽいな。

ちうごく語の「馬山沖縄方言の「まーさん(美味しい)」??ウイスキーの「マッサン???catface

何か名前がやたら日本っぽい。
でも、日本のニオイはしない。

オラ、東南アジアの色々なラーメンを見たが、日本合弁のモノは大抵どこかに「日本臭」がするのだ。[  ]
コレはベトナムオリジナルの感じがする…

ネットで調べてみたら、「Masan(マサン)」がメーカー名で「Omachi(オマチ)」と「Sagami(サガミ)」がブランド名だそうな。
Sagami」と「Cocomi(ココミ)」が低価格品のブランドで、「Omachi」は高価格帯のブランドとのこと。

つまり、この製品は「ちょっと高級なサガミシリーズのラーメン」という位置付けになるのかなnoodleshine
(「ラ王」や「中華三昧」等の特別バージョンのような…)

…んで、この日本っぽい名前は、やはり日本語を意識して色々市場調査して名付けたそうだ。
名前がウケけたのか、ベトナムでは結構メジャーなブランドらしい。goodshine

この商品の名前(味)は、表面の「Sagami」の下の黄色い部分に書かれているのがそうなのかなぁ~
メンド臭いので調べなかった。coldsweats01

さぁ、調べが付いたので、早速食べてみよぉ~~~うhappy02heart04

袋をオープン

中には、一般的な乾麺とスープ・調味油の小袋が入っていた。
特徴は何もナイ。

沸騰した鍋に麺を入れ、どんぶりにスープを入れようとしたら…

…んこの小袋って…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7104
Oh!サガァーーーーーーミッ

お子様には判らないだろうが、ムフフheart01な大人が見たら間違えてしまいそうなお姿をしている。secret

…お名前が決定的だよねぇ~。coldsweats01

暗い所では間違えないでねheart01night
(ラーメンの中にアレが具のように入ってしまうのもイヤだが、アレにスープや油が掛かるっちゅ~のもねぇ…coldsweats01

入れ替えるいたずらも禁止よheart01recycleban

ぐつぐつspa

コケコッコーーーーーーーーーーっchickdash

…おっ、3分経ったようだ。clock

煮えた麺をどんぶりに入れて、上からスープと油を入れてかき混ぜる。typhoon

すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7105
まぁ、予想通りだな。

袋には具だくさんでスープが全く写っていない。
なので、スープの色を大まかに予想していたが……予想通りだった。delicious

香り的には、「いかにも東南アジア」と言ったカンジ。
肉とスパイスと香草の混ざった香りだ。taurusclover

では、いっただっきまぁ~~~~~っすhappy02

もぐもぐdelicious

ゴクゴク

…おっ、意外とアッサリ味

辛さもそれほど無く、結構食べやすい。goodshine

味的には「薄いトムヤムクンスープに、少しの肉と結構な量のパクチー(香菜)が入った」と言ったカンジだ。
地理的にもそうだけど、タイ料理に近いね。

オラ、パクチー苦手なんだけど、コレくらいのカンジだったらモウマンタイ(無問題)~
美味しいので、短時間で食べ切っちゃったsoonempty

ふぅ、ごちそうさまぁ~~~happy02

余談だが、ベトナムには「フォー」という、きしめんのような麺がある。
(ちうごく語(広東語)では「(ホー)」と呼ばれている)
このフォーを、鶏ガラのアッサリ透明スープで食べた事がある。
…コレは美味かったぁ~heart01
日本でも結構あちこちで袋麺が売られているので、食べてみてねdelicious

さてさて。chick

おみやはもう1袋あった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7106
イタリアぁ~~~~~ン

写真を見ると、どう見てもミートソースのスパゲッティだなや。
Omachi」の下に「Spaghetti」の文字も見えるしぃ~。
色合いもイタリアそのものだしぃ~。

でも、手に持った感触では、どう考えても中の麺はさっきと同じラーメンぢゃろ…sweat02

美味いのかなぁ~catface

まぁ、これも「Omachi」なので、それなりの味は保証されているのだろう。coldsweats01

袋の裏を見てみる。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベトナム・マサンのオマチ「サガミ」ラーメン2017-7107
まったく読めなぁーーーーーーーーいdash

イラストを見ると、作り方は日本のカップ焼きそばと同じだね。

ほな、作ってみまひょ。scorpius

袋を開けてみたら、やはりさっきと同じ麺で、小袋がミートソースだった。
写真のパスタのようなモッチモチ麺に仕上がる事はナイな。smile

麺を茹でて丼ぶりに入れて、ソースを掛けて混ぜてみると…recycle

うん、香りはミートソースheart01

意外なほどにイタリアぁ~ンな香り

…見た目は「赤いジャージャー麺」だけどね。(^艸^)

では、いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐdelicious

…おほっsign01ミートソースheart01

写真のイメージからはそれほど離れていないお味。
南米の製品等の「パッケージ写真にダマされた」感はナイ。good

…でも、食感はジャージャー麺だけどね。(^艸^)

日本の感覚で言えば「焼きそばの袋麺がイタリアンの味付けになっている」と言ったところか。
カップ焼きそばだって、本物と比べたら全く違うからねぇ~。coldsweats01

そう考えれば、この麺でも不思議ではナイ。
…ってなワケで、今は「スパ王」をイメージしてはイケナイban

------------------------

オラ、こういう海外のおみやげ大好きなんだよねぇ~happy02

チョコをもらったって、その国の名物でもナイし、第一その国で作ってナイべな。
空港の免税店にあるおみやげ用の高級チョコは、大抵欧州製だったりする。
パッケージだけがその国の景色になっているだけ~。

現地のスーパーや小売店で買ってくれた、庶民の味のB~C級グルメがよろしゅおすなheart01
(おみやげというのは、購入金額が高ければイイというモノではナ~イ。もらった相手が喜ぶモノだよね

今回はイイモノを頂いたぞheart01
ごちそうさまでした~~~happy01

もし、「コレもオススメだよっshine」というのがありましたら、ご一報くだされ~~~

ほなまた~~~~happy01papershine

|

« 旅日記 ~「湘南の穴場、小田原・御幸の浜」2017~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その26:トルファン・吐峪溝~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ミートソースのお写真がないのね。
ベトナム麺のフォーは普通にスーパーに並ぶようになりました。
レモングラスの酸味が好きなんだけど田舎なので乾燥ハーブの種類がないです。
ハーブ植えようかなbud

投稿: ばんび | 2017年10月 3日 (火) 16時50分

★ ばんびさん

ミートソースは、ほぼ袋の写真と一緒ですー。
(麺は違うけど。遠くから薄目で見てね(笑))

ハーブは大名古屋シチーに行った時に買い溜めをば。
いや、浜松シチーでも売ってるよねぇ~delicious

投稿: まりりん | 2017年10月 3日 (火) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「湘南の穴場、小田原・御幸の浜」2017~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その26:トルファン・吐峪溝~ »