« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

グルメ日記 ~「沼津港・深海魚バーガー」2017~

2017年1月28日(旧暦の元日)、「特攻野郎Bチーム」の新年会で静岡県の沼津港に行って来た。

JR沼津(ぬまづ)」駅で降りて、南にの~んびりテコテコ歩くこと数十分…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津港・深海魚バーガー2017-9001
着いたどーーーーっ

天気が良いので、まずは港の水門「びゅうお」に登って見物
世間様と同様に、我々もたまには観光するのぢゃ

目の前には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津港・深海魚バーガー2017-9002
おフジぃ~~~~~~ん

本日モ絶景ナリ

そして昼食で海鮮丼を食べた後、「しぞ~かおでんトレイン」に乗るために静岡駅前へ移動開始。

…も、まだ港から出てナイのに、早速寄り道。 
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津港・深海魚バーガー2017-9003
まだ食うのかよっ

おされなハンバーガー屋さんだ。
お店の名前は「沼津バーガー」と言うらしい。

でも、壁に貼ってあるポスターをよ~く観て欲しい。

沼津バーガー」と書かれた右横には、デッカく「深海魚バーガー」の文字が…

…まぢッスか 

ハゲしいご当地グルメですな
沼津港の名物らしい。

興味を示した同行のボブちんが、早速注文。

席に座って待っていると、目の前にも…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津港・深海魚バーガー2017-9004
メガメガしぃぃぃぃぃぃーーーーっ

期間限定でメガサイズもあるそうな。

駿河湾は水深が深い(2000m級)ので、深海魚がよく獲れる。
このバーガーは「メギス」という魚を使用していると書いてある。

メギス」は一般的には「ニギス」と言うそうで。
メギスのお姿(予想外にカワイイ)はこちらをクリック

ほどなく、バーガーがやって来た。
その場では食べずに、お持ち帰りぃ~

沼津駅に歩いて行く途中で、ボブちんが食べてみた。
もぐもぐ…

そして一言。
マックのフィレオフィッシュやん…

…確かに、フィレオフィッシュも「白身魚」とは言っているが、実際には白身の深海魚が使用されているというウワサをよく聞く。

そう考えると、同じだね

味も、特に大きな違いはナイとのこと。
美味いんだけどね…」と、ボブちんからは「ダマサレタ感」ではなく「拍子抜け感」が漂っている。

まぁ、「フレッシュネスバーガー」のように、手作りのリッチなバーガーのフィレオフィッシュ版を食べたと思えばOKでなくね

いやぁ~、商品ってネーミング一つで売れ行きが変わるッスね

みなさんも、沼津港に行ったら食べてみてね~

| | コメント (7)

2017年2月23日 (木)

グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル」2016~

久々にカップラーメンの食べ比べをしたぞ

「金ちゃんヌードル2017」はこちら
「金ちゃんヌードル2018春」はこちら
「金ちゃんヌードル2019春」はこちら

2016年12月3日、四国は愛媛県の松山の街を歩いていた。
いつもの旅の通り、スーパーに寄ってご当地モノを物色していると…

あった、あった
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1101
きんちゃぁぁぁぁぁーーーーーーーん

静岡県から西のみなさんには当たり前の「金ちゃんヌードル」だ。
(関東から北ではあまり見掛けない)

さすが松山、同じ四国の徳島県の会社「徳島製粉」が作っているだけあって、静岡でも見掛けない種類も売っていた。

…コレはGETせねばっ

というワケで、見た事がナイ3種類を買って来た。

では、食べ比べをしよう

…まてよ。

基本の味を買い忘れちょるやろがぁぁぁぁぁぁーーーーっ

何ということでしょう。
新種の発見に目が奪われて、基本の味を買っていなかった。

コレでは食べ比べが出来ナイ…

…ってなワケで、2週間後の12月18日に愛知県の豊橋で追加購入して来たッス
(日本国内を移動しまくって、何やってんだか…)

無事に4つ揃ったので、食べ比べ開始ぃ~~

まずは、基本の「しょうゆ味」から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1102
西日本を代表するお顔ッス

もう食べ飽きた方もいるのでは…

背中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1103
基本のキぃ~~~~~~

ごく基本的な事が記載されていて、他メーカーのカップラーメンと差はナイ。

カロリーは388Kcal

フタを開けて、かやく(加薬)と粉末スープを麺の上に載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1104
パッと見は、日清のカップヌードルと同じだね

お湯を注いで3分待つ。

ピピッピピピッ

フタをオ~~プン

お久しぶり

麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…優しい味だね

特徴がナイのが特徴」というくらいの、西日本製品故かのアッサリ味。
日清のしょうゆ味が、かなり濃い目なのが判る。

…ま、基本の味なので、まずはこんなところぢゃろう。

では、次。

水色のカップが気になるぅ~~~~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1105
すぃをーーーーーーーーっ

爽やかさを全面に打ち出した、「しお味」だ

背中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1106
ぜんぶみずいろ~~~~っ

まるでJR四国の車両のような、白と水色の世界。

カロリーは318Kcal
しょうゆ味よりも約20%ヘルシーだね

では、フタを開けて、かやくと粉末スープを入れよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1107
しょうゆと似てるぅ~~~。

かやくは、卵が多いけど、基本的にはしょうゆ味と似ているね。
でも、スープの色が色白美人さんだ

お湯を注いで3分待つ。

コーケコッコーーーーーっ

フタをオ~~プン

初めまして

こちらも、麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…またまた優しい、お上品な味だね

コレなら続けて食べられそう

日清の塩味は、コンセプトがチト違うので単純に比較出来ナイが、味が濃い(強い)ねぇ~。
金ちゃんのしお味は、100円ショップでよく見かける、どんぶり状のカップ麺(エースコック)の味に近いかな

炒飯のスープ替わりにも、いかが

では、次ぃ~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1108
情熱のぁーーーーーっ

色とイメージがオラ的にはマッチしないが、「ちゃんぽん味」だっ

背中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1109
カッチョエェ~のぉ~~~

カップ麺っぽくない、ナイスな色合いだ

カロリーは344Kcal
しょうゆ味としお味の、中間的存在。

では、フタを開けて、かやくと粉末スープを入れよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1110
ちゃんぽんだーーーーーっ

スープの色はしお味に近い色白さんだが、かやくはちゃんぽんオリジナルだ
かまぼこやキャベツがいっぱい入っている。

お湯を注いで5分待つ。
3分ぢゃナイのね)

ボぉーーーーーーっ

フタをオ~~プン

こちらも初めまして

またまた、麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…優しいが故に、チト薄味のような

イトメンの「ちゃんぽんめん」や、リンガーハットの「ちゃんぽん」袋麺と比べると、やや薄味(コクがない)のような…
まぁ、コレはお湯の量で調整出来るのでモウマンタイ(無問題)

豚肉を入れたら絶対に美味いけど、それでは手軽なカップ麺ではなくなっちゃうよねぇ~。

では、ラストの、存在感がデカい奴をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1111
みやびぃ~~~~~~

何とも雅で高貴な金色をまとっている「しょうゆとんこつ味」だ

醤油の業界用語「」をイメージしているのかな
金色は「金ちゃん」だから??

背中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1112
おぢゃる~~~~~~ぅ

宮中の食卓から出て来そうですな。

カロリーは322Kcal
意外や意外、しお味に迫るヘルシーさ

では、フタを開けて、かやくと粉末スープを入れよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードル2016-1113
ちょっとリッチなカップ麺の具に近いッス~

肉がちゃんとした形になっているのが良い。

お湯を注いで4分待つ。
(コレも3分ぢゃナイのね)

ブヒーーーーーーっ

フタをオ~~プン

やっと出会えたね

もちろん、麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…4つのうちでは、イチバンお得感があるかもぉ~

味もアッサリだけどしっかりしているので、「食べた感」があるッス
お昼は、コレをメインにおにぎり等を組み合わせても良いねぇ~

ただし、酔っぱらって食べると、ただの「コクのあるしょうゆ味」に感じてしまうかもしれないので要注意

--------------------------------------

 まとめ

全体的に、食塩のとんがった味はしないので、食べやすいッス

日清やマルちゃんのって、こうやって食べ比べてみると、結構しょっぱいのが判った。
まぁ、土地によって好みの味の濃さが違うので、自分に合ったモノを探して、お湯の量などを研究するとヨロシアルヨ

みなさんも、旅先で見かけたら買って食べてみてね~~~~~~

つづき「金ちゃんヌードル2017」はこちらーっ!
つづき「金ちゃんヌードルとんこつ味2018春」はこちらーっ!
つづき「金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春」はこちらーっ!

 

| | コメント (6)

2017年2月20日 (月)

旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その7 赤丹のおでん~

前回「その6 萬翠荘」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年12月3~5日、10年ぶりに四国・愛媛県の「松山(まつやま)」に行って来たぞ

-----------------------------

ただ今、17時15分過ぎ。

夜の宴を開始するにはチョウドエェ~~時間や

足が棒になりそうな感覚になる頃、やっとこさ「松山市(まつやまし)」駅前に到着ぅ~
早く飲もうぜ

これから入るお店は、駅前ロータリーの真ん前にあるとのこと。

歩道の先を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7701
あかたーーーーーーん

赤丹本店(あかたんほんてん)」と言う名の、有名店だそうな。

正面から見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7702
おっでーーーーーーん

おでん」が名物とのこと。--

静岡駅近くで開催された「おでんフェア」で日本各地のおでんを食べてから、チョット旅先でおでんが食べたくなったのよ
四国なんてそうそう頻繁に来れる場所ではナイので、是非食べてみたかった次第

間口が狭いッスな…。
コレは早く入らないと席が無くなっちゃうっ

入口から覗いてみると、カウンターにはお客さんがビッシリ
2人で恐る恐る入ってみると…

おぉっちょうど2人分空いていた

ラッキーーーーーーーっ

いそいそと席に座り、まずは麦汁を注文

カンパーーーーーイ

いやぁ~~、生き返る

さぁ、生き返ったからには、おでんでんを食べよう

おでん でんでん でん ででんっ

おでん様は、入口近くでグツグツ言いながら、我々に食べられるのを待っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7703
大女将、盛り盛りしてやぁ~~~

お店も大女将もおでんの台も年季が入ってますな

とりあえずは、テキトーに盛り合わせでお願いする。
(おでんのメニューはナイので、直接大女将に聞いてね

店内の奥側(席の右側)は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7704
こちらは板場になっていて、刺身等を作っている。

ちなみに、メニューは正面にあるちっこいホワイトボードのみで、値段は書かれていない
もしコレが東京の銀座だったら、お会計が10万円コースになるような高級店だ
(超高級店は値段が書かれていない事が多い)

まぁ、銀座価格って~ことはナイだろうから、フツーに頼むことに。

メニューを見ると、「なごやふぐ」「しらさ海老」「むかご」「ホータレ」「あまぎ」等の耳慣れない名前が書いてある。
ブログ仲間も、地元のくせに「アタシも知らん」とほざいていたので(笑)、注文してみることにした。

…でも、まずはおでんで~ん

ほどなく、おでんの盛り合わせがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7705
おぉ、いぇい

2人で食べやすいように、半分に切ってくれている

手前にある黄色っぽいものは、カラシ入りの酢味噌的なモノ。
四国では、おでんはこの味噌を付けて食べるのが一般的だそうな。
(香川県でも付けていた)

いただっきまぁ~~~~~~~っす

もぐもぐ…

…ん味がかなり薄いな。

やはり、西日本は味が薄めなんだねぇ~。
おでんフェア」で食べた時もそうだった。
味噌を付けると、それなりの味になる。

ブログ仲間は「おいしい」と言って食べている。
やはりこの程度の薄味が標準的なようだ。

…コレって、事前に何も知っていないみちのく衆が食べたら、「味が全く無ぇどーーーっ」と怒るかもしれない。(笑)
なので、西日本に行く時は、舌を薄味に慣れさせてから出掛けよう

もぐもぐしていると、薄味に慣れて来た。

…おっ、まいう~ぢゃん

本来は、麦汁よりも焼酎や日本酒に合う味付けなんだよね…。
でも、今日は歩きまくったから、麦汁で攻めよう

おでん様を食べている間に、「しらさ海老って何ですかぁ~」と聞く。
ハナシを聞いても、東京では見掛けない海老様なのでピンと来なかったので、刺身で食べることにした

おでんも速攻で無くなった

大女将、追加でチョーーダイ

そして、やって来ました
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7706
しあわせぇ~~~~~

ツブ貝は東京でも見るが、椎茸は見掛けないよねぇ…
でも、素材的には合わないワケがナイ

しらさ海老ちゃんは、頭がキレイに取られた状態でやって来た。

…「えび味噌チューチュー」が出来なひ。

エビちゃんを食べてみると…

…おぉっ初めての食感っ

甘エビをイメージしていたら、全く違うブリブリ感でビックリ
茹でたエビをかじっているような感覚ぅ~。

へぇぇぇぇぇぇ~~~、コレは美味いっ

このエビちゃんだけでも、松山に来た甲斐があった
(おでんは当然

もぐもぐしていたら、大将が目の前に小鉢を置いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7707
カリッカリ~~~~~~ぃ

何とっエビちゃんの頭は焼いてくれたのだっ

うれぴぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~~っ

コレぞ、麦汁キラー
おかわりが止まらなくなるではナイかっ 

味わって食べようと、ゆっくりモグモグしていたら…

…あれもうナイ。

横でヒョイヒョイ・パクパクと、箸を高速で動かしてモグモグしている輩が1人。

…おめぇ、オラの分も食ったな。

半分以上食べていたことに気づいていなかったらしく、指摘したら「あぁぁぁぁ~~っ」と笑っていた。

…食い物の恨みは恐ろしいのぢゃぞ。(ーー;)

…ってなワケなので、ぜぇ~んぜん食べ足りナイ。(笑)

さらに追加で刺身を頼んでみた。
ほどなく、ソレはやって来た。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7708
ぐぅーーーふーーーーぅ

頼んぢゃったフ・グ・刺・し 

コレが気になっていた「なごやふぐ」の刺身だ。
ポン酢で食べるのよん

冗談で、「肝をポン酢に溶いて食べると更に美味いんだよ」とブログ仲間に言ったら、「へぇ~、そうなんだ」と真顔で返答。

速攻、正面の大将が「肝入れたら死んじゃうよ」とポツリ。

ボケのツッコミが違う所から入ったぢゃねーか。(ーー;)

肝を溶くのはカワハギアンコウやろがぁーっ」というアナタからのツッコミを期待していたのだよ、オラは。

…やれやれ。┐(;´~`)┌

では、いただこう。

もぐもぐ…

まいうーーーーーーっ

コレ、1人占めして食いたい(笑)
でも、横からすすす~~っと箸が伸びて来ている。

…コレはゆっくり食えよ。(ーー;)

おでん様の追加も絶好調
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7709
ほぼ煮物ーーーーーっ

たけのこ」「れんこん」「里芋」…完全に煮物ぢゃん。(笑)

ヘルシーでまいう~~~~

いやぁ~、この店美味いよ

お客の回転は速く、地元の常連客は「サクッと来てサクッと帰る」のがフツーのようだ。
まぁ、この席数ぢゃねぇ…

隣では、やはり関東から来た女性の観光客が「メッチャ美味しい~~っ」と、超~テンションが上がった状態でお店の人と話していた。
…観光客は長居しちゃうよね。

さてさて、そろそろお帰りの時間だ。

ブログ仲間は少し離れた町に住んでいるので、終バスの時間が早いのだ。(笑)
お会計を済ませて、お店の外に出る。
(金額はフツーだったよ

いやぁ~、食った食った

駅前で明日の集合時間を決めて、バイバイキン
オラは歩いてお宿に帰るのだ~

昼間に歩いたアーケード街を、そっくりそのまま再び歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7710
銀ちゃん、またよろしくぅ~

オラの家も、JRの駅からアーケードと商店街をひたすら通って帰れるので、何となく雰囲気が似ている

そうそう、昼間にハナシが出ていたスーパーがあるので、寄ってみることにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7711
点検ぢゃーーーーーっ

地方のスーパーは、オラ的にはハズせない

地下がスーパーとのことなので、エスカレーターで激しくゆっくりと降りる。
そして買い物カゴを手に取り、まずは惣菜コーナーへ…

う~ん、種類が少ない。

もう閉店時間が近いせいか、ほとんど売れてしまったようだ。
とりあえず、他のコーナーも見に行くか。

そのまま道なりに進んで、鮮魚のコーナーへ行く。
あとはジグザグに全てを点検するのみっ

一往復目で総菜コーナーに戻って来たら…

あぁっもっと無くなってるぅぅぅぅぅ~~~~っ

みんな、少ない惣菜を争うようにカゴに入れているっ

…完全に出遅れた。

結局、惣菜は諦めたッス。
他のアイテムを買おう。

そして、店内をぐるぐる回って、ご当地モノ&変わったモノをGET
さぁ、お宿に戻ろう。

テコテコ歩いて、お宿に到着ぅ~。 

部屋に入って、買ったモノを並べてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その7・赤丹のおでん-7712
ナゼにホッカイドー

四国の西まで来て函館のポテチとゎ…
まぁ、部屋でもう1本麦汁を飲むつもりでいたのでね
(麦汁はロビーの自販機で買ったッス)

スーパーでも麦汁を買ったけど、コレはレアものなので明後日に列車内で飲むのだ
れーぞーこに入れておこっと

そして、手前には40%OFFの安倍川餅
…コレも静岡やろが。(笑)

昼間、あちこちで「ひぎり焼き」と言う、今川焼(大判焼き)と似たモノが売られていた。
松山ではメジャーのようで、店舗も多い。

昼はお腹いっぱいだったので買わなかったので、夜に買おうと思っていたのよん。
でも、夜は店が閉まっていた…

それ故、気になって仕方が無かったので、気を紛らわすために「4割引き」の安倍川餅にしたという次第

…でも、餅を食うほど腹が空いてナイ。(笑)

日持ちしないので食うしかナイか。

もぐもぐもぐもぐもぐぅぅぅぅぅぅ~~~~っ

…もう無理ぽ。(@д@;)/

さぁ、明日に備えて寝るわよぉぉぉぉぉーーーーーーん
(明日もいっぱい歩くのだ)

つづき「行くぞ!松山2016冬 その8」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2017年2月16日 (木)

【再掲】お知らせ ~「特攻野郎Bチーム展示会」2017早春~

オラが所属している(鉄道模型)Bトレイン集団「特攻野郎Bチーム」の展示会が、今週末に開催されます
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1701
今度の土日は展示会ぢゃーっ

みなさん、ぜひご来場いただき、我々自慢のBトレインやジオラマたちをご覧になってください

このブログ「のんびり行こうぜ。」に載せた改造車両やジオラマたちも、一部ですが展示いたします。
(カテゴリの「Bトレ~~」各種をクリックして見てね~)

今回のテーマは…

Bトレ万博 EXPO'17
~ こんにちは~こんにちは~ 世界の~窓から~ ~

です。

外国型風の車両(日本型車両の塗り替えウソ電多し)を並べて、世界の鉄道も知って頂こうという作戦(笑)
趣味の世界も、もっとグローバルに視野を広げよう

日時:2017年2月18日()~2月19日(

場所:ホビーセンターカトー東京店2F 会議室(東京都新宿区西落合)
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1702
入り口は↑ココだよ

赤い京急の旧型電車が目印

都営地下鉄大江戸線「落合南長崎(おちあいみなみながさき)」駅から徒歩5分くらいです。
道順は、駅員さんに訊けば丁寧に教えてくれますよん
(改札の斜め前にもデッカイ看板あり)

会場は、2階のイチバン奥で~す。
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1703
階段上がって真っ直ぐ来てやぁ~

もちろん、エレベーターもあるでよ

詳細はこちらをクリック

仲間が宣伝用の動画を作ったよ。ぜひ見てね~
 →その1はこちらをクリック
 →その2はこちらをクリック

今回も、Bトレサークル「B-Club」がますますパワーアップして合同参加っ
 B-Clubブースも併せてご覧くださ~い
 (今回は京急線の車両展示がメインです)

-------------------------

 Bトレイン」って何ぞや

Bトレインとは、鉄道模型の「Nゲージ」車両の長さだけを半分に縮めて、カワユ~クした車両のこと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1704
なので、机の上でも充分楽しめるのだ

ジオラマを作り込めば、リアルな光景も再現可能。
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1705
リアルさの中にカワユさ。これが良い~~

毎回の展示会でも、ファミリー…特にママに大好評
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1706
コレ、かわいいーーーーーーっ

展示会があるのを知らないで、パパに嫌々付いて来た(笑)ママたちも、Bトレを見た瞬間大喜びっ
カワイイ~~~~~」の大合唱
(上のママ達はリアルに叫んでいます(笑))

運転体験コーナーミニミニ撮影スタジオなどもあるよっ

前回から始めた「ブー先生のBトレ組み立て教室」も開催
(画像をクリックすると拡大するよん)
Bチーム展示会2017早春-1707
右下のデカいのがブー先生ッス

Bトレを組み立てた事のないキッズやママさんに、メンバーがやさし~くレクチャーいたします
工具はあるので、Bトレだけ持って来てね
(会場1階でも販売しています)

あと、自分の作品を展示して欲しいという方、今回試験的にテーブルをご用意。
自己責任で飾ってね~~
(破損・盗難等があっても、責任は負いません)

お楽しみにっ

-------------------------

みんなの作品がかなり増えて、選別しないと机に置き切れないくらいにボリュ~~ミィ~~なので、乞うご期待っ

みんな来てねーっ!!

| | コメント (4)

2017年2月13日 (月)

旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その6 萬翠荘~

前回「その5 商店街と坊っちゃん列車」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年12月3~5日、10年ぶりに四国・愛媛県の「松山(まつやま)」に行って来たぞ

-----------------------------

…さぁ、次の目的地はもうすぐだ。

位置関係は、こんなカンジ
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7601
(2017年のグーグルマップより)
が目的地ッス

…萬翠荘
…お宿(東横イン)
…銀天街(アーケード)
…大街道(アーケード)
…松山市駅
…子規堂

現在地は、の右下にある「大街道■」と書かれた交差点。

大きな道に沿って少し歩き、すぐ右の横道を曲がるとのこと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7602
トーーーーシン

坊っちゃん列車の後ろにある、緑色の東進予備校のカンバンの所を右に曲がるのだ

曲がってほんの少し歩くと、右側におされな建物が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7603
…美術館

入口に行くと、「坂の上の雲ミュージアム」と書いてあった。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」がテーマのミュージアムだそうな。

…う~ん、解らん。

文学に疎過ぎる、オラ。

幸い、目的地はこの上にある別モノとのこと。(笑)
安心して先に進もう

ミュージアムの前に、目的地の門があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7604
こちらでございまぁ~~~~っす

では、おぢゃましまっす

門を過ぎると、道は急に曲って坂道になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7605
山道ッスか

とんかつパフェを食べた体とは言え、コレはエナジーが激減してヘタりそうだ…

…エスカレーターはナイのか(笑)

ヘイ、タクシーーーーーーーっ

もちろん、タクシーも籠屋もいるワケがなく、黙々と坂道を登る。
途中で車が追い抜いて行った時に「乗せろぉーーーーーっ」と(小さな声で)叫んだが、望みは叶わなかった。

顔が汚れて力が出なくなりかけた頃(…って僅か数十メートルの距離だろが)、また道が曲がっている場所に辿り着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7606
ちくりーーーーーーーん

見事な竹林を背景に、白い大きな建物が建っている。
蔵のような、家のような…

そして、道なりに右に視線を移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7607
よーーーうかん

…おっ、美味そうな羊羹…イヤ、立派な洋館が見えて来た。

そして、道が終わった地点で眺めてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7608
どどどーーーーん!!

…「お蝶夫人」とか出て来そう(笑)

正面に解説板があったので、近寄ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7609
ばんすーーーーーい

萬翠荘(ばんすいそう)」と言う伯爵の別邸だそうな。
皇族も立ち寄られたそうで…

入口はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7610
ぢゅーーーこーーーーぅ

老舗のデパートやオフィスビル等でよく見られる、重厚な造りだ。

…んぢゃ、中に入ってみよう。

おぢゃましまぁ~~~す。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7611
タカラヅカーーーーっ

まさに宝塚歌劇団の世界だっ(笑)

2階に上がるには料金が掛かるとのことで、1階のみを見ることに。

まずは左側のお部屋から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7612
ひろびろ~~~~

色々なイベントが出来そうな広さだ。
ココに各界の要人が集まって、晩餐会とか開かれたんでしょうなぁ~。

そして、隣の右側のお部屋へ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7613
しろーーーーーい

こちらの部屋は白が基調で、結構明るい

ついチョット前までピアノ演奏会でもあったようで、職員のおねぃさんが椅子をセットし直していた。

オラの家にこんな部屋があったら……落ち着かナイな。

そして、入口の左奥にはまだ空間があるようで、チラッと見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7614
丸ビル?

典型的な昔のオフィスビルの中っぽい。
懐かしいねぇ~~

神戸のポートタワーの近くにも似たような建物の雑居ビル「海岸ビルヂング」があって、おされな雑貨屋等が数店入っていた。
そこと雰囲気がかなり似ているッス

この先は職員専用なので、観光客は進入禁止。

おみやげ物も売られていたが、オラには使いこなせナイ「乙女なアイテム」ばかりだったので、早々に退散。(笑)
(バラの香りがプンプンぢゃったわい

外に出て、別のアングルで建物を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7615
ザルツブルク

コレだけを見せたら、ドイツやオーストリアやフランスだと言ってもダマせるわな
オラ的には、オーストリアのザルツブルクウィーンっぽく感じる。

さて、そろそろ17時に近くなって来た。
では、夜の宴会場に参りましょうかねぇ~~~

最後に、お花たんと萬翠荘のコラボで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7616
ブレちゃった…

イイカンジなんだけど、もう暗くなって来たからね~。

そうそう、隣に立っていた白い建物は、どうやらのようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7617
ガッチリとガード

扉のダイヤルは回せないように、テープでガッチガチに塞がれている。

…んでは、進もう

帰りは坂を下るだけなので楽ッス
でも、目的地は「松山市(まつやまし)」駅前だって。
また歩いて戻るとのこと。

…もう足がピキピキっす

坂を下りて、広い道に戻った。
今度は西(上の地図だと左)に進むのだ。

歩くとすぐに、右側に広い敷地の建物が見えて来た。
…役所っぽいな。

ブログ仲間曰く「愛媛県庁だよ」とのこと。

建物の造りとしては、ごくごく一般的なフツーのモノだ。
特徴がほぼナイ。

でも、目線を先に移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7618
何かいるぅぅぅぅぅぅーーーーっ

コレは愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」だ

みきゃんを知らずして四国は旅が出来ナイ
公式サイトはこちらをクリック

そして、すぐ左隣には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7619
国会議事堂

まるで国会議事堂か東京の明治神宮外苑のようなご立派さ
(こっちが県庁の本館だよん)

テッペンのドーム状の部分には、秘密のレーダーが入っていたりして
(全国のポンジュースの商品在庫状況とかを探知しているかも…)

建物の前には、当然ながら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7620
みかぁ~~~~~ん

ミカンの木が植えてあった。

そして、正面玄関の前を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7621
何だコレーーーーーっ

何とっみきゃんカーだ

愛媛県の公用車なのかな~??
運転席にはヘルメットも置いてあり、しっかりとみきゃんのデザインになっている。

ナンバーがスゴい。(笑)

別のアングルで見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7622
…凝り過ぎぢゃ。(笑)

一見、痛車(いたしゃ:萌えアニメラッピング車のこと)にも見えるし、飲料メーカーの宣伝カーにも見える。

…コレ、全国の都道府県に展開されないかなぁ~

でも、高知のカツオ人間カーの後ろには付きたくはナイ。
(カツオ人間の後ろ姿はこちらをクリック

県庁を過ぎると、すぐにお堀に突き当たる。
ココで道はカクカクっとお堀沿いに曲がっているので、それに沿って進もう。

お堀の道路の向こう側には、松山市役所がある。
神奈川県庁と横浜市役所」等のような位置関係だ

市役所の前辺りから、県庁方面に振り返ってみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7623
ジョーーーーーーーっ

お山の上にはジョー松山…いや、松山嬢…イヤイヤ、松山城が見える。

右奥には、県庁のドーム屋根が見えるね
市役所は右にある。

路面電車の線路も、お堀に合わせてカクカクッと曲がっているッス。

松山城をアップで見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7624
登れ、登るんだ、ジョーーーッ

ジョー様、結構な高さにあるッス…

ブログ仲間的には、今日これから登ろうかと考えていたようだが、スケジュール詰め過ぎぢゃ 
なので、ジョー様は明日以降に延期~~。
天気予報だと、明日(日曜)はなので……明後日に1人で登りますかいのぉ~。

お堀の中には白鳥さんのお家があって、のんびりと佇んでいた

ココから左(西側)を見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7625
まっすぐーーーーーっ

松山市駅(市駅)は、この中程で左に曲がるとすぐ近くにある。
路面電車の線路は、お堀の周りをほぼぐるっと囲むように敷かれていて、この地点に立っているとたくさんの車両が観れるのだ

足がダルくなって来た頃、やっと市駅への曲がり角(丁字路)にやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7626
電車も車も曲がるッス~~~~~

奥が市駅で、右がJR松山駅方面。
なので、電車も車も曲がるモノが多い。

この丁字路、線路の配線も丁字(デルタ線)なのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7627
カッ~チョエェ~~のぉ~~~ぅ

最後の夕日に照らされたレールがまぶすぃ
このメカメカしさが好き

伊予鉄の路面電車のポイント切り替え方法は、ポイント手前の定点に一定時間停まることによって、電車の進路をポイントに知らせているようだ。
なので、直進する電車と曲がる電車とでは、ポイント手前での停車位置と時間が違う。

やっと、市駅前の道にやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その6・萬翠荘-7628
疲れたッス~~~~。

並木の紅葉(黄葉)が見事だが、オラの心はすでに宴の麦汁へ…
同じ黄色(黄金色)でも、興味の度合いが違うのだ(笑)

宴のお店は駅前ロータリーにあるとのことなので、歩く距離はあとちょっと
突き当りに見える建物が、市駅の位置。

そうそう、昼に寄ったとんかつパフェの店「清まる(きよまる)」は、この歩道の中程左側にあるッス

さぁ、サクサク歩いて麦汁飲むわよぉぉぉぉぉーーーーーーん

つづき「行くぞ!松山2016冬 その7」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2017年2月 9日 (木)

旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その5 商店街と坊っちゃん列車~

前回「その4 子規堂」からのつづきーっ!
「その1」はこちら)(「その10」はこちら)(「その15」はこちら)(「その20」はこちら

2016年12月3~5日、10年ぶりに四国・愛媛県の「松山(まつやま)」に行って来たぞ

-----------------------------

…さて、子規堂を観た後は、歩いてもう1ヶ所の建物を観に行くそうな。

次の目的地は少し離れているとのこと。
オラが今夜泊まるお宿(東横イン)に近いんだって。
なので、移動がてらチェックインだけしてしまおう

ほな、行きまひょか~

まずは、駅ビルの向こう側へ行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7501
ビルの上に観覧車…

すぐ近くにもっと高い見晴台(お城)があるんだけどねぇ…

まぁ、キッズやカップルにはこっちのほうが楽しいよね

では行動開始っ

目的地との位置関係はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7502
(2017年のグーグルマップより)
が目的地ッス~~~

…子規堂(現在地)
…松山市駅
…銀天街(アーケード)
…大街道(アーケード)
…お宿(東横イン)
…萬翠荘
…アサヒ(鍋焼きうどん屋)
…ことり(鍋焼きうどん屋)

アーケードを歩いて行くよん

まずは、お寺の境内を出て、目の前の踏切に戻る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7503
立派な本線だこと。

この線は、「横河原(よこがわら)」駅まで伸びている横河原線と言う。
終点までは30分

ココでちょうど踏切が鳴ったので、カメラを構えてスタンバイ

ほどなく、横河原方面から電車がやって来て、クネクネ曲がりながら駅ビルに吸い込まれて行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7504
クネクネ~~~~ん

…線路配置に結構無理があるよね。

路面電車並みの線路規格だ…

さて、踏切を越えよう。

駅ビルの脇を歩くと、すぐに北口のロータリーに出た。
このロータリー横から延々とアーケードが伸びているのだ。

その名も「銀天街(ぎんてんがい)」。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7505
ギンギラりぃ~~~~ん

四国には日本有数のアーケード街が2つある。
その1つがココ、松山だ。
(もう1つは高松で、日本最長だ)

屋根があるので、冬や風が強い日でも歩きやすい

街の歩道には人が歩いていないのだが、この商店街だけは別。
結構な人で賑わっている。

しばらく真っ直ぐ歩いていると、ブログ仲間から「チョット横道に曲がってちょ」と言われた。

なので、左に曲がって細い道を進むと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7506
アサヒ」とな

まるで道頓堀の裏道にいるようなカンジ~

この「アサヒ」と言うお店、鍋焼きうどんで有名だそうな。

お店の前に立って入口を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7507
オールオーヴァーーーーーっ

何とっ16時前にして「完売御礼」となっ

…どんだけ人気なんだ

すると「すぐ近くにもう1軒あるよ」とのこと。

そっちも観て見よう

角を曲がってほんの少し歩くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7508
ことり~~~~~~ぃ

中程の左側に「ことり」と書かれた看板がある。
ココも鍋焼きうどん屋さんだそうな。

入口の前に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7509
本日終~~~了~~~~~ぅ

…どっちも開いてナイ。

16時前なので、ちょうど仕込み中なのか、定休日なのか。
はたまた、ホントに売り切れて終了なのか…

う~ん、残念。

今度来たら食べてみよう

また目の前の銀天街に戻る。

そして進むと、すぐに曲がり角に到着。
アーケードはココでカクッと左(北)に曲がっているのだ。

そして、チョット進むとアーケードが途切れて交差点が出現っ
この道路の向こうは、別のアーケードになるそうな。

横断歩道を渡って、アーケードに入る。

こちらはまた違った雰囲気ッス

お名前は「大街道(おおかいどう)」と言う。
その名の通り、道幅がかなり広い。
アーケードなのに、車道と歩道があるような造りだ。
長さは銀天街と同じくらい。

テコテコ歩いて、はじっこに到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7510
デカいっす

ただ今、16時
ちょうどお宿のチェックイン開始時間だ。

…んでは、先にお宿に行こう

お宿は、上の写真の左側(東)にある。
(アングルは北から南を見ているッス)

ココから東側を見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7511
しゃれおつぅ~~~~ん

ココが松山で一番キレイで、ナウでヤングな繁華街だ

その名も「一番町(いちばんちょう)」と言い、高級ブランド店もある。
(右奥一帯は、飲み屋とおピンク街だけどね

そして、お宿「東横イン」は奥にある。
真正面の奥(木の横辺りね)に看板があるのがお判りかな

ちなみに、西側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7512
道が広ぉ~~~~~い

この道よりも狭い方が「大街道」って…

道路の真ん中には路面電車が走っていて、両側にはオフィスやホテルやデパートがある。
奥には役所もあり、まさに中心地だ
右(北)のすぐ先には松山城がある。

さぁさぁ、チェックインぢゃ

東に向かってテコテコ歩き、程なくお宿に到着ぅ~~

10年ぶりの「原点」に帰って来た

オラが初めて東横インに泊まったのはこの「松山一番町」なのだ。
ちょうど「消防や身障者用の設備を取り払って営業していた」等の違反で、TVニュースを騒がせていた時期だった。

なので、あまり良いイメージが無かったのだが、先に周囲のビジネスホテルに行ってみたら「満室」…
逆に「今なら改善されてサービスいいんでなくね」と思って泊まってみたら、「結構イイぢゃん」という結果に(笑)

それからは、旅の先々で利用するようになった。
2回目に泊まった金沢駅前で、会員登録したッス。

どこに泊まっても部屋の造りがほぼ一緒(左右対称はある)で、慣れると自室みたいで落ち着くんだよねぇ~
(初期に開業した店舗は、狭くて設備がバラバラ)

地元のグルメで飲んだくれた後に、帰って来て寝るだけのオラにしたら、東横インはサイコーのお宿だ
ネットでカンタンに予約出来るしねぇ~

さて、チェックインもサックリ済んだので、部屋に不要な荷物を置いて、身軽なカラダで行動再開~~~っ

またまた一番町の交差点に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7513
ぽっぽーーーーーーーーーっ

おぉ坊ちゃん列車」だっ

ココの電停(大街道)には停車するので、近寄って観てみよう

まずは引いたアングルで、街並みと一緒に。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7514
う~~ん、違和感

都会の中のSLもカッチョエェ~のぉ~

さぁ、車道の信号がになったぞ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7515
僅かな時間で接近戦ぢゃーーーっ

横断歩道がになったと同時にテコテコと坊ちゃまの近くに立つ。

そしてすぐにシャッターを切る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7516
カッチョエェ~のぉ~~

今回は客車が1両しかつながっていないので迫力には欠けるが、おかげで一般の電車もすぐ後ろに写っているので、コレも良し

そして真正面に立ち…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7517
おぉ、いぇい

どこから見ても蒸気機関車なのだが、実はディーゼル機関車というワナ。

なので、ケムリも水蒸気も出ない。
ただ、疑似走行音と疑似ケムリは出せるようで、そこそこSLっぽい振る舞いをする。(笑)

反対サイドからも1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7518
乗ってみたいなぁ~~~。

…まだ乗ったことがナイ。

でも、起こされたことはある。(笑)
お宿の真下で「シュッシュ、シュッシュ、ぽえぇぇぇぇぇーーーーーーっ」と吠えられちゃぁ~、誰だって目が覚めるわな。

そして、オラ的「SLお約束のアングル」で撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その5・商店街と坊っちゃん列車-7519
どどーーーーーん!!

イイ出来だ

ちなみに、本物の巨大SL「C61」の同アングルはこちらをクリック

そして、立ち上がろうと少し前屈みになった直後…

両足つったーーーーーーーーっ

パツパツのジーンズを穿いて、ちょうど力士の「蹲踞(そんきょ)」のような恰好でしゃがんでいたので、冷えた両脚のスネの筋肉がピキピキ固まりかけた。

ココで動けなくなったら、お坊ちゃま君に轢かれてまう…(危険ぶぁい
信号もそろそろ変わりそうだ。

なんとか気合で立ち上がり、そのままヨチヨチと向こう側の歩道へ移動した。

…い、痛ひ。

横でブログ仲間は笑っているし…。(ーー

…まぁ、坊っちゃん列車が間近で撮れたのでOKとしませう

さぁ、次の目的地はすぐそこ。

スネスジ伸ばしながら行くわよぉぉぉぉ~~~~ん

つづき「行くぞ!松山2016冬 その6」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2017年2月 6日 (月)

実物日記 ~「…何か来るっ。キヤーーーッ★」2016秋~

去年の秋のこと。(2016年11月21日

静岡県で遊んだ時に「天竜浜名湖線」に乗ろうと、静岡県の西の端「新所原(しんじょはら)」駅に向かった。

JR線を降りて、天浜線のホームに行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3101
間もなく完成っ

JR線は駅舎の改築工事をしていて、ピッカピカの駅舎が間もなく使用開始される状態。
それに引きかえ、真横にある天浜線のホームは、ほぼ昭和10年代のまま…

ますますギャップが激しくなって来たなぁ~。

そう思いつつ静かな環境でボケーっと眺めていると、天浜線の駅員さんがカメラを持っていそいそとホームの先端に歩いて行った。
その時に、他の駅員さんに「58分くらいだよっ」と笑顔で話していた。
他の駅員さんは、「好きだねぇ~~」と笑いながらあきれ顔。

…コレは何か来るぞ。

駅員さんの会話を聞いていたら、10時58分頃に「ヤツ」が来るようだ。
鉄ちゃんは、隠語や略語でも解ってしまうのよん

動いているのを見るのは初めてだ。
コレはラッキー

今立っている場所から動かずに、カメラを出せる状態にしてスタンバイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3102
すぐに来るんぢゃん

柱の奥に、駅員さんが見えるっしょ

目の前のJR線上で作業をしていた人達も、「今日は臨時が来るから待避っ」と声を掛け合って奥の待避所へ移動しだした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3103
上り線を横切って下り線の先へ…

この人達は、地上設備の研修をしているっぽい。

ちなみに、ホームの手前の線路が下り(名古屋方面)本線。
上り(東京方面)本線は、もう1本手前の線路ッス。

そして、JRの踏切が鳴って30秒ほどすると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3104
キャーーーーーーーーーっ

キヤが来やがったっ

コレはJR東海の検測車(事業用車)の「キヤ95」形という列車で、日本で2編成しかいないレアモノだ。

カンタンに言えば、「ドクターイエローの在来線版」ッス

普段は電車と電気機関車(貨物列車)しか走らないこの東海道線上を、キヤはディーゼルエンジンの爆音を立てながら高速でやって来た。

…コレは貴重だ

そして、すぐに振り返ってもう1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3105
がるるるるるるるるーーーーーっ

アッという間に走り去って行っちゃった…

オラのへっぽこデジカメだと、コレが限界だ。
(連写モードにすればイイのだろうけど)

すぐに元の静寂が訪れる。

駅員さんも、満足顔で詰所に戻って行った。
地元の人でも珍しい光景だったようだ。

ほどなく、別の駅員さんがホームに立ち、オラがこれから乗る天浜線の列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3106
う~ん、静か。

同じディーゼルカーとは思えない、この音の差。

そして停車。
(画像をクリックすると拡大するよん)
JR東海検測車キヤ95・2016秋-3107
さぁ~て、まったりと東京へ戻りますかいのぉ~

途中の清水港で海鮮食べてからね
(清水港の海鮮食べまくり日記はこちらをクリック

たまには、平日に旅をするのも面白いものだ

| | コメント (2)

2017年2月 2日 (木)

旅日記 ~「しぞ~かおでんトレイン」2017~

前回「2016新年会・静鉄おでんトレイン編(2)」からのつづきーっ!

さぁ、今年もやって来たぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1701
うけけけけけけけけっ

2017年1月28日、静岡県で「特攻野郎Bチーム」の新年会をした。

日中に沼津港で海鮮丼を食べ、港周辺を散策。
そのまま静岡駅までJR東海道線で移動し、臨時列車の「おでんトレイン」に参戦っ

この「しぞ~かおでんトレイン」、地元の静岡鉄道が開催するイベントで、今年で2回目。
電車の中で静岡の独特な絶品おでんを食べながら、約2時間キリンビールが飲み放題というシステム。

前回参加したらメッチャ楽しかったので、今年も予約開始と同時に即申し込みっ
(初日の9時にBチームのボブちんが電話したでー

去年の「おでんトレイン2016」の様子はこちらをクリック
詳しく書いてあるけど、先に読んじゃうとネタバレが…

まずは、17時に集合場所の「新静岡(しんしずおか)」駅に行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1702
(2016年1月30日に撮影)
わくわく

そして、静鉄の改札前に行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1703
すでに揃っております

スタッフはもちろん、乗客もちらほらと集まりだしている。
我々は、Bチームメンバー3人と豊橋から来た「人形劇団ばんび」2人の、計5人で参戦
5人のうち4人が県外者。(埼玉・東京・愛知)

…今冬の豊橋鉄道の「おでんしゃ」は予約が取れなかったのだ。
なので、豊橋組みも飛びつくように参加表明して来た。

受付で料金(1人5000円)を払い、乗車証をもらう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1704
右下の番号が大事なのよ

このナンバー「34」が、後半のビンゴ大会での自分の番号になるワケで
去年は1番違いで大物を逃してしまった…
今年は当たるかなぁ~?????

一番下に書いてある列車ダイヤは、去年と全く同じ時刻ッス。

そのまま自動改札の脇から改札内へ入る。
ホーム前の「ちびまる子」のパネル等は去年と同じだ

ほどなく、おでんトレイン様がいらっしゃった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1705
今年もよろぴこぉ~~~~

…おぉ、そう言えば、今日は旧暦の元日ではないかっ

…んぢゃ、今日は「旧暦の新年会」ということで

列車が停まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1706
ヘッドマークも特製よ

列車は去年と同じだけど、ヘッドマークのデザインは違うねっ

この「おでんトレイン」は、ヘッドマークの下半分に書いてある「「おでんフェア」のプレイベントなのだ
ちなみに、去年(2016年)の「おでんフェア」の様子はこちらをクリック

発車はまだまだなのだが、先に乗り込んで飲み始めていて良いシステムになっている。
なので、今年は飲んぢゃうわよぉ~~~~ん

ほどなくドアが開いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1707
おぢゃましまっす

座席の上にビールサーバー様がズラリと…

…あぁ、「飲み鉄」には夢の光景

今日もお行儀よく「酔い子」で乗らなければっ。

座席は、乗車証のナンバーが割り振られているので、指定された場所に座る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1708
ゆったり

一般の通勤型電車なので、結構広々している。
(豊橋の路面電車は狭いッス…

我々は5人なので、向かい側の座席と2+3人で座るように指定されていた。
お隣の美女4人組も、2+2人の向かい合わせのようだ。

今年も美女達がいるッス

静岡って、ホント、いい街~~~(笑)

余談だが、荷物を置くと狭いので網棚に上げようと思っても、静鉄の車両には網棚がほんの僅かしかナイ。
仕方ナイ、狭いけど足元に置こう…
(改札口付近にコインロッカーもあるけどね)

…さてさて。

テーブルにはメインのおでん様とお弁当が置かれている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1709
去年よりおべんとがでっかーーーーい

去年は往復で違う名店のおでんが出たのだが、今年は1つのみとのこと。
(おでんが2つ出ると、食べ切れナイ人が続出だったのでね…
その代わりに、お弁当のボリュームが増えているのだ

右上に写っているのは、こういう「飲み放題系トレイン」お約束の、記念の升と日本酒だ。
もちろん、地酒の「日本盛(にほんさかり)」ッス

右の手前には、今夜のおでんを提供したお店のパンフと、この列車のチラシが置かれている。
コレも去年と同様だ。

おでん様はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1710
坊主憎けりゃ今朝まで煮込むーーーーーっ

静岡駅前の名店「海ぼうず」のおでんちゃんだ
オラのブログでも何度か紹介している、地元の有名店。
(「海ぼうず」の秘密絶品アイテムはこちらをクリック

具は、左上から時計回りに…
「黒はんぺん(下)・さつまあげ(上)・大根・しらたき・牛すじ・たまご・しのだ巻き」だ。

静岡名物としては「黒はんぺん」と「牛すじ」と「しのだ巻き」の3兄弟ッスね
おつゆはかなり濃い色で、見た目はそばつゆのようだ。
(味はそれほど濃くナイ)

ちなみに、昨日(27日)のおでんは「おがわ」だったそうな。

おがわ」のが食べたかったんだよぉぉぉぉぉ~~~~ん

海ぼうず」はいつでも気軽にフラッと寄れるけど、「おがわ」は営業時間が短いので、遠方の観光客は寄りにくいんだよねぇ…
(3月の「おでんフェア」では、「おがわ」の前は大行列で諦めた…

そして、おべんとちゃんはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1711
笑ってるぅぅぅぅぅ~~~~

ニコちゃんポテトがお出迎えだ

このお弁当も、静岡名物が凝縮されていて、どれもまいう~~
シラス桜エビは鉄板メニューだね

上のほうに写っている黄色っぽいのは、清水名物の「もつカレー」。
カレーなのにサッパリしていて、いくらでも食べられる

お弁当の上に置いたカードには「銀座酒場 こさむ」の文字が。
このおべんとは、「こさむ」ともう1つの会社(後述)とのコラボ作品だそうで…。
フェイスブックはこちらをクリック

お弁当を眺めていたら、向かいに座った男性が「その桜エビね、ボクが獲ったの」と一言。

何ですとーーーーーーーっ

そんな方まで乗ってらっしゃるんですかい、この電車にゎ…
隣の女性も、どうやらお知り合いのようだ。

桜エビ漁師の男性のお名前は「原マサヒデ」さん。
ツイッターはこちらをクリック

そうそう、オラの左横だけ席が空いているんだよね…
でも、スタッフのカンジだと誰か来るような様子なので、遅れているのかな

もう早速、麦汁様を注いでもらい、新年会開始っ

カンパーーーーーーイっ

今宵のイチオシ麦汁は、このお方だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1712
すたうとぉーーーーーっ

キリン一番搾りの黒ビール版で、名前を「STOUT(スタウト)」と言う。

オラ、世界の黒ビールをいろいろ飲んだが、コレが一番好き
(2番目はギネスの生。ただし、缶だと超絶マズい…

電車が動き出す前から、す~っかり全開モード
ハナシも盛り上がっちゃってるよん

少しして、ドアが閉まって出発進行ぉぉぉぉ~~~~ぅ

電車が動き出す少し前から、車内アナウンスが始まった。

…ん去年も聞いたことある声だぞ。

声の主がこちらに近づいて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1713
もんどーーーーーーーーっ

ご当地有名人の「山田 門努(やまだ もんど)」さんだ
静岡を中心にラジオパーソナリティーをやっているそうな。
(ツイッターはこちらをクリック

それ故、喋るのはプロ級だ。(←プロだってば)

アナウンスを始める前、オラの横に去年と同じ格好をして座っていたボブを見た門努さん、イキナリ表情が変わって「おぉぉぉぉぉーーーーっ」とテンションが急上昇
他のスタッフも、ボブの格好を見て「…あっ、コレって去年の…」と声を掛けて来る。

…もうすっかり有名人ね、ボブちん。

そりゃそうだ、客がスタッフと同じキリンビールのTシャツを着ているんだから。(笑)

門努さんの解説の後、おでんについての説明が始まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1714
ぼうずーーーーーっ

何とっ海ぼうず」グループのボスが登場っ

いつもお世話になってますぅ~~~

そして、お弁当についての説明が始まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1715
えーーーーーーっ!!目の前に座ってたぢゃん

何と何とっ、斜め前に座っていた女性が、このお弁当のコーディネーターだったとゎ…
どおりで桜エビの師匠と仲良しだったワケだ。

おべんと、まいう~~~~

こちらの先生のお名前は「本田 淑美(ほんだ ひでみ)」さん。
料理教室などもされているそうで
サイト「キッチンスタジオ モグ」はこちらをクリック

…何か、今年はスゴい席に座っちゃったぞ

…そうそう、隣の席は発車しても誰も座らなかった。
欠席なのかなぁ~

電車は少し走った後、1回目の休憩地点「県総合運動場(けんそうごううんどうじょう)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1716
おぉ、新車っ

この駅でおトイレ休憩があるので、長い時間停車する。
その間に、後から来た各駅停車に「これでもか」と追い越される。

なので、今ココで新車だーと騒がなくても、後で何回も見ることが出来るのだ(笑)

車内でまったりしていると、後ろの車両でイベントが始まった。

昼間、3人で冗談で「今年のゲストは誰が来るのかなぁ~まさか噺家とか??座布団置いてあるかもよ???」とか話し合っていた。
ほどなく聞こえてきたのは、三味線の音…

…予想はまんざらハズレでもなかったようだ。(笑)

三味線の音は、紛れもなく津軽三味線

…ナゼに静岡で青森???

後でこちらの車両にも来るだろうから、待ってよぉ~~~っと
(オラ、実は津軽三味線は好きなのだ)

…って、待っていたら三味線の先生が隣に座ったよーっ

隣の席は先生用だったのかぁ…

…まぢでこのテーブル、すんごいメンツだぞ。(笑)

先生の名前は「福居 八大(ふくい はちだい)」さん。
静岡生まれの津軽三味線の師範だそうで

もう我々のテーブルは大盛り上がり
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1717
いぃぃぃぃやっほぉぉぉぉ~~~~う

桜エビの師匠も、両側を女性に囲まれてご満悦

しっかりとBチームの宣伝もしておきましたわん

おトイレ休憩も終わり、電車が再び動き出した頃、こちらの車両でもイベントが始まった。

…あれこっちは若いお兄ちゃんだぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1718
はんどぱぁぅを~~~~~~

トランプを使ったマジックを披露してくれた。
目の前でマジックを見ると、やっぱり不思議だよねぇ~~~。

何であのカードがココにあるの??

…って、TVと同じリアクションしちゃうよね。(笑)

彼の名前は「マジシャンK」さん。
(フェイスブックはこちらをクリック

マジックが終わると同時に、列車は折り返し地点(終点)の「新清水(しんしみず)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1719
先生~っおしっこ~~~~~~ぉ

まずはトイレに行って…

…はぁ、スッキリ

トイレの前で車両の写真を撮ったら、こちら側のヘッドマークは色違いだというのに気が付いた。
新静岡側が緑色で、新清水側は茶色だ。
(夜間だし「酔い子」なので、写真はもうブレブレよぉ~~~ん

席に戻ってまったりしていると、突然電気が消えた。

あれっと思っていると、アナウンスが。

天井観てみれぇ~~~ぃ

見上げると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1720
おぉ、いぇい

まるで伊豆の場末のスナッ…いや、伊豆急のロイヤルボックス(グリーン車)のようなイルミネーション

今年はやりますな

2回目だから、スタッフも慣れて勝手が解ってきたのだろう。

少しして再び明かりが点くと、運転席の前に三味線の先生が座っていた。

そして、こちらの車両でも演奏が始まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1721
えぇ~のぉ~~~~

車両の形といい、まるで青森県の弘南鉄道の車内で津軽三味線を聴いているようだ
(静鉄の車両と弘南鉄道の車両は、東急電鉄風味の兄弟なのだ)

しばらくまぢで聴き入ってしまった

…もう弘前(ひろさき)に行かなくてイイや。(笑)

電車は逆向きに動き出した。

さぁ、そろそろお楽しみのビンゴタ~~~~イム

去年は隣の車両の人にばっかり当たって、オラ達はブー垂れていた。
それを知ってか、今年はそれぞれの車両から1人ずつ当たるように改善されていた
(つまり、1アイテムが2個ずつある)

そして、アイテムが見せられた後に番号が呼ばれる。
しばらくして…

さんじゅうよんばぁ~~~~ん

来たーーーーーーーーーっ

当たったよ、オラ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1722
ぷりちーなひざ掛けッス

やっとまともなアイテムが当たった…
うれすぃ

さらに、周りでもいろいろ当たってアイテムをもらっている。
隣の美女グループには、静鉄の新車のBトレインが当たった。

…それこそ我々Bチームが当てるべきモノっしょ。

手持ちのスイーツと取り替えようと交渉するも、「…やだ」とアッサリ玉砕。(笑)

門努氏がボブに「 こういうの好きそう~」と言うと、ボブが「 もう持ってる。」で、車内が爆笑
出発前から、門努氏とボブとの爆笑やりとりがたくさんあったッス

そして気が付くと…

オラ達のテーブル、ボブだけ当たってねーの。(笑)

本人はブー垂れていたが、去年こんなデカいアイテム(Tシャツ)が当たっているんだから、当然だよねぇ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1723
ごっつぁんです

右上の提灯は、形が似ているがボブの弟ではナイのでご注意を。

ちなみに、ボブが腰に巻いているキリンの前掛けは、今年は桜エビの師匠に当たったッス
オラ、コレが欲しかったんだよなぁ…

このボブが着ているキリンの黄色いTシャツは、世界に1枚しかナイ「特製品」なのだ。

ナゼかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1724
(2016年1月30日に撮影)
ロザリオクロスのサイン入り

去年は、ゲストで静岡のアイドルユニット「ROSARIO+CROSS(ロザリオクロス)」が参加し、下車後に全員からサインをもらったのだ

コレは貴重やでぇ~~~~

…さてさて。

ビンゴも終わり、再び県総合運動場駅でおトイレ休憩停車も終わると、終点の新静岡駅はもうすぐだ。

残っているモノを急いで口の中に入れ、ほぼ完食ぅ~~~
それとほぼ同時に、列車は新静岡駅に到着ぅ~~~

名残惜しいが、列車を降りよう。

ホーム上で、門努氏を記念撮影。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1725
おばさぁーーーーーーーん

どこにでも現れる「人形劇団ばんび」のイメージガール(笑)「点検おばさん」だ。

…コレはコレで貴重な1枚かも。

さて、さっき騒げなかった新車が目の前に停まっていたので、とりあえず撮影大会。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1726
カッチョエェ~~~~

まだ出来立てのピッカピカで、1編成しかいない。
もうすぐ2編成目が営業運転に就くそうで、2本目は赤い色だ。
(途中の車庫に停まっていた)

この新車、編成ごとに色が違い、全部で7色登場する予定。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1727
れいんぼぉぉぉぉぉぉ~~~~う

shizuoka rainbow trains」と書かれている文字の上に7色の虹が…
この色の編成が次々と登場する予定。
色には全て意味があって、「桜エビ」「みかん」「お茶」「メロン」等の、静岡特産品のイメージカラーだそうな。

さぁ、新車も撮ったので、外に出ますかいな

新幹線組みが帰るまであと1時間チョットあるので、静岡駅下の喫茶店にでも行こう。
(ヒロちゃんは地元だし、オラは近くの藤枝駅前の東横インにお泊り)

改札を出て、少し歩くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1728
また今年も忠誠を誓っているぜ…

去年のボブは、ベイダー卿に暗黒面を操られていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1729
(2016年1月30日に撮影)
…去年と服装が同じぢゃねーか。(笑)

サクサク歩いてJR静岡駅に到着ぅ~。
サックリとお店に入る。

お茶だけかと思ったら、ばんびのお嬢が「まだ飲めるよぉ~」とのこと。

なので、生ハム麦汁を頼もうとしたら…

スイーツも食べたい

(ーー;)......

…で、結局…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1730
どんだけぇ~~~~~~っ(←死語)

生ハムの量もスゴけりゃ、手前のクリームの量は何だっ
雪山かっ

生ハムとパンケーキを食べながら生ビール飲みましたよ、えぇ。
お嬢はカクテルだから、味的にはモウマンタイ(無問題)なんだろうけどぉ~。

そして、いつもの「ボブのシメの巨大スイーツ」はコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・しぞ~かおでんトレイン2017-1731
…天ぷらそばか

簡単に言えば、「巨大なモンブラン」だ。
しかも中にアイスが隠れている。

…よく食えるよなぁ~。

だからあの巨体なんだけど。

--------------------

…まぁ、こんなカンジで今年も「しぞ~かおでんトレイン」を278%楽しみましたよ、ハイ

来年はVIP枠で席取っておいてね」と門努氏にお願いしておいたので、楽勝っしょ

…って、まぢで特別枠だったったら、逆に怖ぇ。(笑)

みなさんも、来年は乗ってみてね~~~~
(オラ達の席は残しておいてよーっ

…その前に、3月10~12日の「おでんフェア」に行ってちょーだいっ

つづき「特急「ふじかわ」の旅2017」はこちらーっ!
つづき「しぞ~かおでんトレイン2019」はこちらーっ!

| | コメント (4)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »