« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

年末日記 ~「さぁて、振り返ってみようぢゃぁないか、2016年とやらを…」の巻~

2015年版はこちら)(2011年版)(2013年版)(2014年版)(2017年版

今年も気が付いたらあと3日…

なので、恒例の「この一年を振り返ってみようっかなぁ~」なんて思ったりするワケで。
でゎ、今年も当ブログ的視点で見ていこう
(今年はイベント盛りだくさんだったので、写真もハゲしくいっぱいあるで~

各日記の詳細は、画面右側にある「バックナンバー」でその月をクリックして見てねん

-------------------------

★ 1月

2015年12月に三重県の「志摩スペイン村」に出掛けた時の日記を、6回シリーズで載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160101
初めて乗った近鉄特急「しまかぜ」は超~豪華だったぜぇ~~い

冬で閑散としていたものの、スペイン村も楽しんだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160102
パエリアが美味しかったよぉ~~ん

帰りは、近くの近鉄「鵜方(うがた)」駅前で海鮮祭りの宴を開き、翌日は雨の中で奈良観光をして帰宅。
奈良は寒かった…

★ 2月

昨年末から書きかけの、山梨ドライブ日記を再開。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160201
河口湖にも寄ったよん

そして、お約束の…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160202
ほぉーーとーーーーぅ

ほうとう」もハフハフ食べた

そして、そのまま車で富士山の裏側にある、三島の街へ…

三島駅前の居酒屋に入り、海鮮祭り
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160203
さすが漁港の近く、チェーン店でも鮮度バツグンよ

さらに静岡名物の「しぞ~かおでん」も注文。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160204
コレがしぞ~か版かぁ~

…と思っていたら、同行の静岡県民「ヒロ」ちゃんが「ぜぇ~んぜん違ぁーーーーうっ」とご不満のご様子。
なので、近いうちに本物のしぞ~かおでんを静岡駅前に食べに行くことに決定

…2016年も移動で忙しそうだぞ
(この三島のおでんが、今年の旅の全ての始まり(きっかけ)だった…

1月末にまたまた静岡県に行くことに。
少し遅めの新年会をしぞ~かで開こう」となった次第。

特攻野郎Bチーム」のメンバー4人で集合し、まずは三保の松原にある水族館へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160205
結構見応えがありますわね、ココ

ナメて掛かっていたら、とんでもナイ
かなり面白いッス

一番のツボはコレだった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160206
うるとらぶんぶくぅ~~~~

ウルトラ級サイズのブンブク」なので、「うるとらぶんぶく」だそうで。(笑)

そのまま近くの清水港(JR清水駅前)の魚市場に行き、中にあるお店「ととすけ」で海鮮ランチ祭り
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160207
たまんねッス

静岡麦酒(しずおかばくしゅ)」の生ビールとの劇的な出会い。
コレ以降、まぢでハマる

酔っ払い3人を乗せ、唯一シラフなヒロちゃんが富士まで運転。

そして、こんな鉄ちゃんスポットへ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160208
がっくーーーーーーーぅ

岳南電車(がくなんでんしゃ)」の車庫ッス。
隣の駅前にある模型屋さんにも当然寄ったッス

飲み鉄」全開の一日

夜はその総仕上げとして、革命的な臨時列車に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160209
夢のトレインーーーーっ

静岡鉄道の「おでんトレイン」だ。
地元の名店のおでんを食べながら生ビール飲み放題」という、信じられないほどのドリームエクスプレス

目の前に座った美女と仲良しになる
あぁ、ホントにイイ一日だ

地元のアイドルユニット「ロザリオクロス」も同乗していたので、下車後にサインをもらう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160210
…って、どこにサインしてるのーーーっ

同行の「ボブ」ちんが車内のビンゴで当てた「一番搾りTシャツ」に、みんなでサイン。
世界で1枚のプレミアムTシャツが出来上がった

今月から、シルクロード一人旅の日記「我的長征2006」シリーズを開始
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160211
過酷な一人旅よぉぉぉぉぉ~~~ん

1996年に旅した「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」につづく、オラの一大旅日記だ
2006年に行ったのに、「Go West!」を書き上げてからにしようとしていたら、2016年になっちゃった…

これもいつ書き上がるやら。
(旅自体は約1ヶ月半なので、それほど長期にはならないと思うけど…

月末に「特攻野郎Bチーム」の展示会を東京の新宿区で開催。
たくさんのキッズに楽しんでもらえたッス

★ 3月

2月21日に乗った、豊橋鉄道の「おでんしゃ」の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160301
…もはや定番行事ですな。(笑)

個人で予約するのは超~至難の業なので、地元の居酒屋さんが貸し切った列車の席を分けてもらう作戦で何とか乗り込めている次第。
ありがたや
今回も、高級なおでんを食べて麦汁飲みまくって楽しみましたわん

久々に模型のジオラマを制作した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160302
展示会が終わったので、ココいらでご紹介するべぇ~

今回は3作品を載せた。
まずは、上の「トンネルの風景」。

次に、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160303
ローカル駅ぃ~

大糸線の駅」と言う、その名もズバリな作品。

そして、もういっちょ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160304
お花見ぃ~~

桜のある風景2」と言う、春爛漫な一品。

どれも、展示会では人気があったッス

シルクロード一人旅「我的長征2006」、まずはスタート地点の「香港(ホンコン)」の日々を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160305
2階建てぇ~~~~~

下町っぽいエリアを、香港観光に来た仲間とぐ~るぐる探検
(香港と広州までは3人で来たッス)

3月12日、再び静岡県に攻め込む。
1月の「おでんトレイン」の車内で「3月にもおでんイベントあるから来てね~」とアナウンスされたのでね

まずは、「富士宮(ふじのみや)」駅前をうろつき、「浅間神社(せんげんじんじゃ)」を参拝しつつご当地グルメを堪能。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160306
うみゃぁ~~~~~っ

ダジャレ全開の「お宮横丁」で、「富士宮焼きそば」と地ビールを胃袋に詰め込む。
う宮ゃ~~~~ん

そして夕暮れ時に静岡駅前まで行き、「静岡おでんフェア2016」に参戦。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160307
おでんの全国制覇やぁ~~~~っ

日本各地のおでんが勢ぞろいっ
いろいろな味を楽しんでいたら、目の前に見たことある姫様が…

おぉぉぉぉぉぉぉーーーーっ

何と、おでんトレインで目の前に座っていた美女(姉)とグーゼンの再会っ
今日もイイだ

そして、日暮れ後はおでんトレインで食べたおでんのお店「海ぼうず」へなだれ込んだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160308
超~まいう~~~~~

昨年末に三島で食べたおでんは何だったのだろう…

…この辺りで、静岡グルメに完全に目覚める。(笑)

翌日は大井川鐵道に初訪問。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160309
グーゼン、旧型客車のSL列車に乗ることに

花粉症を取るか、窓を開けながら飲む麦汁を取るか…
でも、旅情には勝てなかった。(笑)

★ 4月

先月から続いて、大井川鐵道日記を連載。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160401
楽しい旅だった

シルクロード旅日記香港からいったん中国本土の広州へ日帰り旅行。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160402
同行の2人も大満足

また香港に戻って、本格的な一人旅の準備を進める日々。
(同行の2人は、香港から帰国して行った…)

出発前日に風邪をひき、ヘロヘロの状態でシルクロードの奥地「カシュガル」へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160403
まずは「ウルムチ」で一泊して、ひこーきを乗り換える。

そして、乗る予定だったひこーきが「取消」で乗客が大騒ぎになった後、次の便で無事に移動。
やれやれ。

★ 5月

シルクロード旅日記を書きつづける。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160501
やっと中国最奥の地「カシュガル」にたどり着いたぜ…

街の周囲は砂漠と山の、褐色の世界だ。

居酒屋で知り合った「ダム子」に触発されて、2月に東京都のダム「多摩湖(たまこ)」をサックリと観に行った時の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160502
日本一美しい取水塔だそうな

この真後ろの低地には住宅地が広がっている。
決壊したら東村山の町が消える…

静岡詣でも絶好調
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160503
しぞ~かは、お鍋のフタもおフジなのね

昨年11月に観に行った、西武鉄道のイベント日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160504
なつかしの車両がいっぱいだぁ~~~~

10年ぶりくらいに来ても、みんな昔の車両だから展示内容は大きく変わっていなかった。

そのまま秩父鉄道に行ったら、グーゼンSL列車「パレオエクスプレス」に乗れた
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160505
この冬はSL三昧だなや

秩父・大井川と、どちらもグーゼンにSL列車に一気に乗りまくった。

★ 6月

秩父のSL日記のつづき~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160601
寒いから蒸気がよ~~ぅけ出とるでぇ~~

SLを観るのは冬に限る

シルクロード旅日記、いよいよカシュガルの街中へ突入
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160602
イスラ~ムな街を堪能しまくる

5月下旬に再び秩父へ行き、「浦山ダム」を探検した日記を載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160603
デカぁーーーーーーーいっ

日本の重力式ダムでは2番目に高いそうで
もう他のダムを観れないよぉ…

雨の中、特攻野郎Bチームの「ボブ」ちんと神奈川県の小田原へ出掛けた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160604
いずっぱこぉ~~~~ぅ

伊豆箱根鉄道(いずっぱこ)の「大雄山(だいゆうざん)」駅前にある居酒屋「ふじ丸」で、まさかのまいう~海鮮祭りっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160605
りーずなぼーーーぅ

格安でこんなに新鮮で美味い海鮮が食べられるとは…
小田原エリア、恐るべし

中旬に「特攻野郎Bチーム」の展示会を、滋賀県の彦根駅前「アル・プラザ彦根」で開催。
予想以上のたくさんのキッズに楽しんでもらえたッス
近江鉄道の「がちゃこんまつり」と同じ日ッス)

展示会の前日に、「浜大津(はまおおつ)」駅前でおけいはん(京阪電車)を撮りまくる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160606
道路に電車がっ

鉄ちゃんには超~有名な「京津線(けいしんせん)」名物ッス

★ 7月

京津線を撮った後は、そのまま「ビールde電車」に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160701
麦汁祭りぢゃーーーーーいっ

展示会に来たんだか、ビール飲みに来たんだか…

シルクロード旅日記、カシュガルの街を書きまくる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160702
子供た~ちが~ 空に向かい~ 両手を~ひ~ろ~げ~

今思い出しても楽しい日々だった

4月下旬に呼ばれた、愛知県豊橋の名物「手筒花火」の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160703
漢(おとこ)祭りぢゃーーーーーぃ

巨大なドラゴン花火を脇に抱えて立っていると思ってくだされ。
最後に足元に「どーーーーん」と破裂するッス

その翌日、帰り際に豊橋の隠れ観光スポットに立ち寄る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160704
ホントにあるのねーーーーーっ

NHKのEテレ「0655(2355)」でも話題になった、「豊橋(とよばし)」だ。

6月の展示会に行く途中、ボブがわざと道を間違えたのか、気が付けばこんな場所で写真を撮っていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160705
さんぎーーーーーーっ

東京→名古屋→岐阜→彦根」と高速道路を真っ直ぐに行くはずが、ナ~ゼか「東京→名古屋→桑名→いなべ→大垣→彦根」というアホ過ぎるルートに…
でもまぁ、おかげで三岐鉄道の朝の貨物列車が堪能出来ましたわん
やれやれ。

★ 8月

6月の展示会絡みの日記を書きつづける。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160801
がちゃこーーーーーん

彦根駅で開催された近江鉄道の「がちゃこんまつり2016」を楽しむ。
会場内に展示してあった「ビール電車(お試し体験版)」も楽しむ 
(この後の夕方に乗ったのが、おけいはんの「ビールde電車」なんだよねぇ…

シルクロード旅日記、カシュガルの街がゼッコーチョーーっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160802
…こ、怖ぇ。

コレでは誰も歯医者に行こうと思わナイべな…。

カシュガルでは、日帰りで中国最奥の湖「カラクリ湖」にも行って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160803
人生でいちばんワイルドな、タクシーの車窓だった…

まるで火星のような荒野の景色を満喫

7月下旬特攻野郎Bチームの「ヒロ」ちゃんと静岡探検をした日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160804
あまぁ~~~ぎぃ~~~~ ごぉえぇぇぇ~~~~

東京から静岡駅前に行くのに、ナゼか伊豆の修善寺にいるというこのフシギ。

さらには…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160805
どんぶらこっこ~~~~~ぅ

静岡県唯一のカーフェリーに乗り込み、伊豆の土肥(とい)港から清水港へ…

すごい時間とお金の掛かる静岡駅前行きの旅だった…
(想い出の量は、新幹線で直行の比ではナ~イ

★ 9月

先月に引き続き、静岡探検隊の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160901
また来たよぉぉぉぉぉ~~~ん

どうしても静岡駅前の「海ぼうず」のおでんの味が忘れられなくて…

前回食べられなかった必殺アイテムをゴーカイに注文
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160902
たま様ぁぁぁぁぁ~~~~~っ

5時間煮込んだ半熟玉子」と「生しらす」「カツオ」……静岡名物で満たされる

しぞ~かって、ス・テ・キ

シルクロード旅日記、カシュガルからトルファンへ移動開始。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160903
リアル二階建て寝台だよぉ~~~ん

列車の旅を楽しむのと、エナジー復活のため、いったんウルムチの大都会へ行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160904
10年ぶりの同じお宿ーーーーっ

窓からの景色は近代化されて激変したが、サービスは10年前のままだったので、体と心がもう受け付けず…

そして中旬に、またまた呼ばれたッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160905
今回も飲むで~~~~っ

豊橋鉄道の「ビール電車」だ。
夏は「ビール電車」、冬は「おでんしゃ」として走っているッス。

ビール電車に乗る前に、愛知県内を名鉄電車でクルッと回って観光して来た日記も載せた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-160906
たけすいぃぃぃぃ~~~~

蒲郡(がまごおり)の「竹島水族館」、小粒ながらもスパイスの効いた展示してまっせ

以前書いた日記達のリニューアルをするも、途中で止まる。
(写真を大きいサイズにアップし直しと、文章の一部修正)
この後も、時間がある時にはちびちびとリニューアルを継続。

★ 10月

先月に引き続き、愛知県内の名鉄の旅を連載。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161001
キラリン

吉良吉田(きらよしだ)」駅経由で、豊橋まで大回りで戻る作戦を決行。
結構な雨だったので、車内にいたほうが快適だったのでねぇ~

その前夜に、豊橋で行きつけの居酒屋「喜聞屋(きぶんや)」でプチ宴会。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161002
おひなーーーーーっ

讃岐骨付き鶏の「ひなどり」をかじりながら、麦汁を楽しむ
超~まいう~~~

豊橋からの帰り際に、豊橋駅近くのスーパー「サンヨネ」に寄って、気になる食材を買い込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161003
爆買いぢゃーーーーっ

ココの魚肉ソーセージと「吉田ポーク」のハム&ソーセージ類に見事にハマる。
豊橋に来る度に買い込んでいる状態に…

過去に撮った写真を見ていたら、日記にしていなかったモノを発見
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161004
おちょうしモノーーーーーっ

千葉県の最東端「銚子(ちょうし)」駅から伸びている「銚子電鉄」の日記を、記憶を引っ張り出しながら書く。
2007年に行ったのだ)

すでに引退した、懐かしい車両達も写っていたぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161005
キャベツ畑でメルヘン祭りぃ~~~

後で、同行していた「特攻野郎Bチーム」の「たかし」ちゃんにあったので聞いたら、記憶がぜ~んぜん違っていたのに愕然とする。
急いで修正したッス

月末に「特攻野郎Bチーム」の展示会を東京の新宿区で開催。
新規のお客さんが多く、さらに我々の認知度が上がったかな

その展示会の準備等で忙しく、以前の画像を流用して日記を書く手抜きの日々。

★ 11月

突然、仕事も新しい業務が増えて忙しくなり、以前の紅葉の画像を流用して日記を書く日々が続く。

展示会で久々に展示した、作りかけの作品の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161101
ぐるぐるぅぅぅぅ~~~~っ

複々線を行き交う列車達を再現したくて作ったのだが、建物と駅を置く段階でストップ。
それから半年近く放置されていたのだが、重い腰を上げて制作再開。
でも、住宅を置いた時点で再びストップ。
(駅の部分を作るのがタイヘンなのだ)

完成するのはいつの事だろう…

シルクロード旅日記ウルムチの街を探検した日記を載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161102
10年ぶりのウルムチは、いろいろ変わっていたッス~~

激変した部分と変わらぬ部分のギャップが面白かった

そろそろトルファンに移動…というところで、年内の日記は終わってしまった…
2017年に乞うご期待っ

豊橋のスーパー「サンヨネ」のソフトサラミに大ハマりっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161103
れーぞーこの中がサンヨネ祭りぢゃーーーーぃ

もはや、豊橋へは「観光」ではなく「仕入れ」だなや…

ちょっくら静岡まで海鮮を食べに行った日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161104
赤いいずっぱこーーーーーっ

途中の小田原駅での乗り換え時に、グーゼン伊豆箱根鉄道の特別塗装列車がやって来たので、慌てて撮りまくったッス
その後は、のんびりとJR線で静岡へ…

★ 12月

先月に引き続き、静岡で遊んだ後に寄った清水港の魚市場の日記を書く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161201
どのお店にしよっか

いろいろなメニューが店頭に並んでいて、入るお店を決めるだけでも楽しい

でも、平日の午後だったので、開いているお店は半分ほど。
…ってなワケで、前々回(1月末)に入ったお店「ととすけ」のお隣にある「大間 新栄丸」へ。

基本の定食を注文してみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161202
超絶まいうーーーーーーっ

いやぁ~、清水港のお店はハズレがナイ

ますます「しぞ~かLOVE」に

そのせいか、同じ週の週末に、またまた静岡県の三島へ…
特攻野郎Bチーム」の「ヒロ」ちゃんと、箱根へ秋のドライブと洒落込む。

静岡県から神奈川県へ、ほんの少し逆戻り~~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161203
ゼッケーーーーーーーぃ

お天気がサイコーに良かったので、紅葉と雪と富士山と芦ノ湖が満喫出来やしたぜ、ダンナ 
(2日前に、関東地方に雪が降った)

箱根関所から、大涌谷(おおわくだに)の地獄(笑)を眺め、芦ノ湖の静岡県側の道で三島に戻る。

その途中で見えた富士山と夕焼けが、サイコーだった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161204
おぉ、いぇい

2017年のカレンダーの写真は、コレにしよっか。(笑)

今月の頭に、愛媛県の松山10年ぶりに遠征した。
懐かしい~~のぉ~~~

2006年に、東京から屋久島まで列車と船だけでブラリ気ままな一人旅をした時に寄った以来だ
現地のブログ仲間と会って、愛媛グルメを堪能しまくる。

この旅日記は、2017年にご紹介~~

松山からの帰りに寄った香川県の高松で、3年半ぶりに「ことでん」の「ことちゃん」と出会う。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2016年を振り返ってみよう-161205
これは ことでんの わなだ。

相変わらず、いいキャラだぜぇ~い

この夜に寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って、東京駅までご帰還~~

コレで2016年の日記掲載はおしまい。

おつぅ~~~~

----------------------------

12月中旬に岐阜県までお出掛けした。
この詳細は2017年にご紹介しよう

年末は、さすがにもうどこにも出掛けないぞーーーっ
今年はチト出歩き過ぎた…

日記のネタが溜まりまくって、渋滞が始まっている。(笑)
年末年始は黙々と日記を書きまくるのぢゃ

----------------------------

…ってなカンジですぅ~
みなさんはどんな一年でしたか

本年も一年間「のんびり行こうぜ。」をご愛読いただき、ありがとうございました
2017年もよろしくお願い申し上げます

当ブログ、2016年12月8周年を迎えました

では、また来年~~~~

2017年版はこちら
2011年版はこちら)(2013年版はこちら)(2014年版はこちら)(2015年版はこちら

| | コメント (4)

2016年12月26日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その5・夕暮れの富士山~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その4」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

------------------------------

ほな、三島駅前まで戻るでぇ~~~

芦ノ湖の、静岡県側の「芦ノ湖スカイライン」を通って東海道(国道1号線)に戻るルートっす。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4501
(2016年のグーグルマップより)
最後のドライヴイベントぉぉぉぉぉ~~~っ

…現在地
…三国峠展望所
…ドライブコース

芦ノ湖の西側(静岡県側)は初めて通るッス
ココを通ってみたくて、ヒロちゃんにドライヴをお願いしたのだ

もう周囲が暗くなって来たので、おさしんは撮らナイことにした。

湖畔の北の端っこ「湖尻(こじり)」から、「芦ノ湖スカイライン」へ…

有料道路なので、すぐに料金所があった。
でも、人がいないね…

窓口の貼り紙を見ると「この先の料金所で、まとめて払ってね」だって。(笑)
どうやら、ココから途中の本線の合流地点までは別料金のようだ。

素晴らしく整備された山道を登って行く。
東側の細い道とは大違いだ

すれ違う車も少ないので、ヒロちゃんも運転しやすそう

快適に山道を走っていたら、急に開けた場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4502
この奥からやって来たよぉ~~~ん

車が数台停まっていて、人が降りていたので、我々も寄り道して降りてみることにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4503
…どうやら展望台のようだ。

後で調べたら「三国峠展望所(みくにとうげてんぼうじょ)」と言うそうな。
昔からよく耳にしていた「三国峠」って、1つはココだったのかぁ…
(全国的に「三国峠」はいくつかあるらしい)

車を降りて、景色を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4504
おぉ、いぇい

駿河湾が結構近くに見える

正面が、三島沼津の街のようだ。
左が伊豆半島だね。

箱根の山向こうって、ホントに静岡県だったんだ…(笑)

そして、少し右に視線を移すと、キョーガクの絶景が。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4505
おっフジぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ

今回の旅イチバンの絶景だ

左に「愛鷹山(あしたかやま)」、右に富士山(Mt.Fuji)さんが、どどどどどーーーん!といらっしゃる。
しかも、夕焼けが超~~ナイス

おフジの足元には、「御殿場(ごてんば)」の街がある。

アングル的に厳しいが、おフジを単体で撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4506
イイねぇ~~~

あと10分ほど遅かったら…

ラッキー

アップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4507
これぞ、世界のMt.Fuji

静岡からでもナイ、山梨からでもナイ、関東からのアングルっす~~~

関東から見ると、左側が少し欠けているのがポイント
(昔の噴火口で、隕石が落ちたのではナイ)

さて、コレで撮影は完全に終~了~
もうこの先は暗くて何も写らないや。

三島駅前へ向けて、出発っ

車は、神奈川県と静岡県の県境を出たり入ったり…
(上の地図の点線部分ね)
関東地方と中部地方を行ったり来たり」と言うと、何か大げさかな

再び箱根峠の交差点に戻り、後は来た道(東海道)の坂を下って行くだけ~~

順調に三島市内へ戻り、車をヒロちゃんの家に置きに行く。
そして徒歩で三島駅前へ移動。

宴の会場は、いつもの居酒屋「はなの舞(はなのまい)」。
チェーン店だけど、メニューが豊富で好きなのだ

そして、毎度の刺身の盛り合わせを注文
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4508
やっぱコレっしょーーーーぅ

東京都内の同じ店とは違うッス

あいにく生しらすは無かったけど、桜えびが載っているッス
アジも静岡(伊豆)名物だよねぇ~~。

魚を食べていたら、ヒロちゃんが「わしゃぁ~、肉が食いたいんぢゃーーーいっ」と吠え始めた。
…まぁ、静岡県民はいつもフツーに魚を食べているし、今日は運転でエナジー消費したからねぇ~。

…ってなワケで、肉もご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4509
フツーの居酒屋メニューになっちゃったぢゃん

ほぼ健康ランドの格安メニューだぞ。

でも、まいう~だからイイのだ

飲んで話していたら、「すみません、時間です~」と店員さん。
入った時は空いていたのに、気が付いたら満席状態

…さすが、土曜の駅前だ。

最終の新幹線の時間までまだまだあるのに、外に放り出されてしまった。

…さて、どうしよう

もう満腹なので、2軒目…は無理ぽ。

駅前で考えていたら、すぐ横に見慣れた少女が…

久々に寄ってみますか
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4510
ぺこやぁーーーーーーっ

ペコ屋」こと「不二家」でお茶することに

閉店時間が近かったので、サックリとね。

でも、こんなモノをご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4511
別バラーーーーーっ

パフェホットケーキを頼んでしまった。

しかも、両方ともオラが食べるのだ
ヒロちゃんはお茶だけ~。

超ひっさびさのスイーツは、まいう~
男子スヰーツ部」全開ぢゃ

もうさすがに、ぽんぽんがポンポコリンなのぢゃ

…ってなワケで、大東京に帰ることに。
ヒロちゃんもお疲れのご様子。
早く帰って寝よう。(笑)

駅前でヒロちゃんとバイバイキンし、新幹線ホームに上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4512
こだまちゃぁーーーーーん

21:21発の「こだま680号」に乗るぞ
最終は「684号」なので、1時間早いね

とりあえず、証拠に1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4513
今年はこの駅名板を何度も見たなぁ…

おフジのいらっしゃる方向を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4514
夜も自己アピール全開っ

昼も夜も「東横イン」のカンバンが自己主張をしまくっている。
(まぁ、コレが看板の本来の使命なのだからね…

いつものように、2号車の位置に向かってホームをテコテコ歩く。

シューーーーーーー、どーーーーーーん!!
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4515
のぞんでるーーーーーぅ

人がいない静かなホームを、「のぞみ」ちゃん達がゴーカイに通過して行く。
三島駅の通過速度は比較的低いのだが、それでも結構な迫力だ。

のぞみ」ちゃんが去ると、また静かな空間へと戻る。

ホームにある売店に、こんなポスターをハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4516
よーーーーかん

富士市の名物「ようかんぱん」だ
静岡駅~三島駅の間で結構売られている。

下には解説が書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4517
2種類あるッス

基本は黒い方だが、季節限定で白いバージョンも売っている。

安くてまいう~なので、旅の途中で見つけたら買ってみてね

10分チョット待ったら、「こだま」ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4518
待ってたよぉぉぉぉぉ~~~~ん

ガラガラの車内に入り、いつもの「オラの指定席(10A・11A・12Aのどれか)」に着く。

そして、まったりするも、三島からではアッという間に東京駅に着いてしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その5・夕暮れの富士山-4519
早いッス~~~~

発車案内板は、相変わらずの「回送」祭りだなや

オラの乗って来た列車は、品川(大井埠頭)の車庫へ回送されるのか
はたまた、三島駅横の車庫まで回送されるのか
(東京に近い車庫はこの2つなので、頻繁に走っている)

いやぁ~~~、今回も楽しかったね

コレで芦ノ湖の記憶も更新出来たし、新たなおフジの撮影ポイントも発見出来たし、収穫が大きかったッス
ヒロちゃん、ありがとねぇ~~~~ん

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

(おしまーい!)

| | コメント (4)

2016年12月22日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4・大涌谷~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その3」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

------------------------------

それでは、次の観光スポットへ~~~

お次は「ヒロ」ちゃんがまだ観た事のナイ、世界的に有名な「大涌谷(おおわくだに:Owakudani)」へ行こう

位置関係はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4401
(2016年のグーグルマップより)
芦ノ湖の東側ッス~。

…箱根関所(現在地)
…大涌谷駅
…ドライブコース

駐車場に戻り、車でGo

ココからしばらくは、観光ルートのど真ん中を走るので、車と人が結構多い。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4402
車が多くても、比較的流れているッス~~

ちょうど正面に富士山が見えたので、アップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4403
おフジぃ~~~~ん

…今になって、雲が取れたよ。

この先も、このままでいてくれればイイのだけど…

細い道に入り、クネクネ進んで行く。
大涌谷駅まで快調に行けると思っていたら、途中から渋滞で完全に停まってしまった。

今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4404
(2016年のグーグルマップより)
ていじろーーーーーーっ

…現在地
…大涌谷駅
…ドライブコース

大涌谷駅に行く道は1本しかナイので、手前の丁字路から駅前の駐車場まで完全におダンゴ状態…
あとチョットなのになぁ~。

…みんな考えていることは同じだね。

車列は遅々として進まナイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4405
道路閉鎖が16時なんだよねぇ…

ロープウェイが17時までしか運行しないので、日没と同時に丁字路から駅までの道路の入口が閉鎖されてしまうのだ。

…少々焦る。

そんな中、車列の横をテクテク歩いてすり抜けて行く女性の姿が。
この女性がイチバン賢い人かもぉ~

あっという間に見えなくなった。

坂を下りて来る車が多いほど駅前の駐車場が空くので、ガンガン下りて来て欲しいんだけど…
そう都合良くはいかないようだ。

ノロノロと進み、やっとロープウェイの真下までやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4406
駅は目の前ーーーっ

この時点で15時13分
…何とかダイジョーヴそうだ

わずか先なのだが、やっと目的地が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4407
前の車の女子グループもウンザリしているようだ…

そしてチビッと進み、左に駐車場が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4408
あと何分掛かるんだ

ココで先に降りちゃおっかな

またチビチビ進んで行くと、ゴールが目の前に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4409
スゲーーーーーーー雪っ 

ソリで遊べそうだ(笑)
上の路面に積もった雪を、ココに捨てていたのだろう。

ゴール直前で、おフジがハッキリと見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4410
おぉ、いぇい

外国人グループ達がしきりにシャッターを切っている。
いっぱい撮ってね 

そして、やっとこさ駐車場に車を停めることが出来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4411
おフジぃ~~~~~~~~ん

ただ今15時半、間に合ったぜぇ~~~~い

渋滞している事からお解りの通り、駅前は大変な混雑だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4412
人だらけぇーーーーーーーっ

イチバン奥の建物がロープウェイの駅舎で、手前はおみやげ屋や飲食店だ。

ココにいる半分以上が外国人観光客ではなかろうか…
ほぼ日本語が聞こえて来ナイ。

まずは、奥の駅舎前の景色をご覧いただこう。
(実際に歩いた順番と違うけどね)

駅舎前もロープウェイに乗る人の列で大混雑。
今並んでいないと、17時頃の最終運行に乗せてもらえないとのこと。

列の横をすり抜け、奥の突端まで行く。

そこから見える景色は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4413
ヨ~ロレイヒぃ~~~~~~~

まるでスイスアルプスのような光景だ
正面の山の向こうが「早雲山(そううんざん)」や「強羅(ごうら)」駅方面。

引いたアングルで観ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4414
ロープウェイ、小さっ

スゴい所をロープウェイは通っていて、ココが最大のビューポイント

右のモクモクした方向を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4415
おおわくだにっ

まずはお約束の、駅名板とのコラボで

…んで、駅名板の向こう側はどんな光景かというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4416
モクモク

この煙、当然ではナイ。
では、温泉の湯気かな…と思うでしょ。

もうチョット近づいて見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4417
シューーーーー、シューーーーーっ

何かスゴい事になっているぞ。

アップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4418
ぢごくぢゃーーーーっ

猛毒の火山ガス「亜硫酸ガス」と「硫化水素ガス」が、惜しげもなく大開放されている。
近寄ったら、即イチコロよ 

少し下のほうを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4419
せいきまつぅーーーーーーっ

まさにこの世の終わりのような地獄絵図だ…。

いろいろな設備があるという事は、ココに人が出入りしているということで…
このやぐらが、付近の温泉宿の源泉なのかな

ヒロちゃんもこんな景色が観られるとは思っていなかったようで、「おぉ~っ」とオドロキ気味
すぐそばの静岡県民なのに、外国人よりも何も知らないのね。

この地獄から右に視線を移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4420
高いお山がひとつ。

このテッペンが「神山(かみやま)」のようだ。

秋田県の山奥にも、似たような景色の温泉地「玉川温泉」がある。
(かなり遠いけど、超~オススメやでぇ~
雪があるので、まるで秋田に来てしまったような錯覚に

さらに右を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4421
おみやげ物屋がた~くさん

駐車場は、右の建物の向こう側にあるッス。

左の建物の奥が散策出来るコースになっているのだけれど…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4422
入っちゃダメ~~~~~っ

大涌谷自然研究路」と呼ばれるお散歩コースなのだが、火山活動が活発になって噴火した2015年6月以降、入場が規制されている。
この周辺一帯が規制されたが、2016年の夏になって一部解除された。
さっきの地獄部分が噴火したとのこと。

通常時も、ガスが濃くなった時は閉められてしまうッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4423
この注意書きはリアルに守らないと、即死ぬ事もあるッス

ココは何回か入ったことがある。
常に硫黄臭い空気が漂い、足元を流れる水は硫黄臭くて温かい。
…つまり温泉が流れているッス。

この自然研究路の奥にある建物で、ココの名物が作られている。

今回は現場に行けナイので、こちらのイメージで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4424
くろいにゃぁ~~~~~~~ん

湧き出る温泉で茹でた「温泉玉子」が一大名物ッス。
殻が化学変化で真っ黒くろすけなのだ
(味はフツーの固ゆで卵と同じ)

黒玉子売り場は長蛇の列。
さっき、車列の脇を抜けて行った女性は、この黒玉子を買いに行ったようだ。
駐車場に入る前に袋を持って戻って来たので、無事にGET出来たようだ

でも、今並んでいる人達はGET出来なかったようで、「もう売り切れで買えなかった…」と残念顔。
また平日にでも再チャレンジしてね

建物の前にあるイスが、こんなおされなものになっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4425
たま様ぁ~~~~~~っ

…リアル過ぎる。(笑)

まさにこのイスの通りッス
コレに塩を掛けて食べるのが一般的。

16時を過ぎた。

急にアナウンスが激しくなる。

ロープウェイに乗る人は、今並んでいないと帰れないよーっ 早ぉ並べやぁ~

コレを日英中韓の4ヶ国語でけたたましくアナウンスしている。
日没になると、真っ暗になってゲートも閉まり、ロープウェイも止まってしまう。

リアルに命の保証はナイ。
(火山ガスと気温の両方で)

さすがの中国人団体も、おとなしく従っている。

以前、まぢで最終のロープウェイに、マレーシア人団体を連れて乗った事がある。
その日記はこちらをクリック

日も暮れて寒くなって来たので、我々も先に進もう。

駐車場に戻って、車に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4426
…あぁ、ココから見えるぢゃん

左の薄茶色の茂みがお散歩コースの入口で、右の中ほどに見える煙の下にある小屋が、黒玉子を茹でている「玉子茶屋」ッス。

アップで見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4427
ぐつぐつ

入場は制限されているが、職員は居るらしく、卵を運ぶミニロープウェイが動いているのが見える。
(もう終了時間なので、コンテナは空だったけど)

通常時は、左から生卵が茶屋へ上がって行き、茶屋からは黒玉子が降りて来る光景が、間近で見られる。
(確か、玉子茶屋でも買って食べられた記憶が…

出発しようとしたら、目の前に絶景があったので、慌てて降りて撮影してみた
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4428
おぉ、いぇい

太陽が雲に隠れる寸前を、かろうじて捉えることが出来た

手前の雪がスゴ過ぎる… 

来た時の渋滞がウソのように、駐車場がスッカラカン
わずか30分の間に状況が一変してしまった…

さぁ、出発っ

この先は、もう三島駅前に戻って居酒屋で宴をするのみ 
芦ノ湖の静岡県側の道を通って戻るのぢゃぁ~~

あんなにいた車が全くいなくなった道をサクサク下る。

すぐに、丁字路に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その4・大涌谷-4429
しまっちょるぅぅぅぅぅ~~~~っ

現在、16時14分
上りはガッツリ16時に閉められたようだ。
これも火山規制の一環らしい。

ゲートを通過した後は、サクサクと芦ノ湖畔まで降りて来られた。
このペースなら、三島駅前には1時間くらいで着くだろう

オラ、早く居酒屋に行きたいの(笑)

居酒屋は17時から開店しているからねぇ~~。
(その後は新幹線で帰らないとイケナイので

ほな、次行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その5」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年12月19日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その3・箱根関所~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その2」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

------------------------------

では、関所を通ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4301
何人(なんぴと)たりとも、関所以外の場所を通り抜けることは許されていない。

たとえ工事中であってもだ。(笑)

…あれれ?

どうやら、今回も一般的な順路とは逆の方向に歩いてしまっているようだ。

西側(京都側)から入って、東側(江戸側)へ抜けてから、資料館を観るっぽい。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4302
(2016年当時のパンフを撮影)
右下から左上()に歩くのが順路のようだ。

…またまた、やっちまったようだな。

なので、今回は「江戸から京へ向かう」という流れで観て行こう
建物のおさしんは、日差しの向きの関係上、ほとんど京側から撮っているッス。

まず、今いる門(茶屋)の前が「江戸口千人溜(えどぐちせんにんだまり)」という広場で、関所が閉まっている時間(午後6時~翌朝6時)は、旅人はココで待機していたようだ。
なので、関所の反対側にも「京口千人溜(きょうぐちせんにんだまり)」がある。

では、こちら側の門「江戸口御門(えどぐちごもん)」をくぐるぞ

門をくぐるとすぐに、右上にこのような立て札(高札)が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4303
ははぁ~~~~っ m(_ _)m

この関所を通るために必要な事項が書かれている。
内容は関所ごとに違うそうで、厳しい所もあれば緩い所もあったそうな。

関所は、一般的には「入り鉄砲と出女」を取り締まるのが特徴で、武器の持ち込みと女性の出境が特に厳しかったとのこと。
(逆向きの移動に関しては、特に制限が無かったっぽい)

まぁ、今の空港での出国審査とあまり変わらない内容ッス
(「頭巾を取れ」とか「馬や籠から降りろ」とか「(女性は)通行証を見せろ」とかね)

…で、ココ箱根関所は「出女」に重点が置かれていたようだ。
理由は書かれていなかったが、ナゼなんだろう…
何か隠し持って江戸から出られたのかな????
(男だって隠し持てるのに…ね

家柄の良い娘の「駆け落ち」や「家出」や「誘拐」を防ぐのが目的??

女性は別室で女性係官による身辺チェックがあったそうな。
髪もほどかれて調べられるほどの、念の入りよう

そして、左後ろにチロッと見えている建物が、メインの番所だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4304
デカいのぉ~~~

ちなみに、チケットを持っていない人も、真ん中の通路を通るだけなら通り抜けることが出来る。
(無料と有料のエリアが柵で仕切られている)
このおさしんは、無料のエリアから撮ったモノ。

建物の中を観たい人はチケットを買ってね

では、チケットを見せて、番所の中を見て行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4305
う~ん、江戸時代ですな

正面に見えるのが、今くぐって来た江戸口御門ッス。

順路によると、「まずは建物の裏側へ行け」とのこと。

他の観光客と一緒に、狭い戸をくぐって裏側に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4306
絶賛工事ちう~~~~っ 

見事な光景なのだが、金属パイプぐゎ……

…まぁ、仕方がござらぬ。

左奥に小さな「雪隠(せっちん)」があり、これも見学スポットだそうな。

雪隠とは、今で言う「おトイレ様」。
でも、江戸時代なので、設備的には中国の「ニーハオトイレ(仕切りの無いトイレ)」に近い。
まぁ、それでも小さな目隠し板があるだけ、ちうごくよりはマシであろう。(笑)

また戸をくぐって、番所の側面にある土間等を観ながら正面に戻って来た。
案内板様からは「次は番所の中を見ろ」とのお達し。

中には上がれナイので、縁側部分から中を観る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4307
取り調べ、なうっ

お役人様に改められている最中ッス。

ナゼか、人形は全てグレー一色に塗られている。
この時代の詳細な色遣いなどが判明していないので、正確に再現出来ナイから」とのこと。

お隣の部屋は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4308
おかしらぁーーーーーっ

このお方は「伴頭(ばんがしら)」と言い、小田原藩から赴いたココの責任者だそうな。
(箱根関所は、幕府の指令により小田原藩が担当していた)

後ろには鉄砲や弓等の武器が置かれている。

では、対面にある建物に移動しよう。

無料エリアをいったん横切り、向かいの有料エリアに入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4309
この黒い柵がエリアの仕切りッス

こちらは「足軽番所(あしがるばんしょ)」と言う建物で、犯罪人の牢屋や職員の詰所として使われていたっぽい。

日差しがガンガン当たるので、屋根からの雪解け水が半端ナイ… 

そして、さらに奥にも見学場所があるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4310
やまのうえーーーーっ

山の上に見える小屋も、関所の建物だそうで。

みんなテコテコ&ヒーヒー登っているので、オラ達も登ってみることに…。

長い石段を登っている時に、ふと振り返ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4311
おぉ、いぇい

キレイぢゃのぉ~~~~

ちょうどおフジがお姿を現し出したので、湖面のお船とコラボでアップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4312
おフジぃ~~~~ん

肉眼ではキレイに観えるのだが、へっぽこデジカメだとキレイに写らナイね…

こちらに向かって来る豪華なお船は、芦ノ湖名物の「海賊船(かいぞくせん)」ッス
小さい頃、ワクワクしながら乗ったなぁ~~

やっと階段を登り切ったッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4313
とおみ~~~~~

遠見番所(とおみばんしょ)」と言う小屋で、見晴らしがイイので周囲の監視用に使われていたそうな。

小屋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4314
すけるとーーーーーーん

よく見えるように、骨々のスケルトン構造だ

ちょうど目の前にいた同行のヒロちゃんが、役人と同じ格好をしていたので撮ってみたッス

ちなみに、裏側の景色はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4315
まっしろーーーーっ

どの屋根も雪で真っ白だ

京都市街のチト奥の方っぽい雰囲気だ
コレでお寺の鐘が鳴ったら完璧なのだが。

テッペンにある展望広場から関所全体を見下ろすと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4316
ちゃんぷるぅ~~~~ぅ

江戸時代」と「現在」と「中世の欧州」が混ざり合っちょるぅぅぅ~~っ

まるで黒船が日本にやって来た時のようだ。
(生まれてねーよ。笑)

海賊船をアップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4317
ワイルドだろ~~ぅ(←チト古いよ)

見た目は帆船なのにエンジンで進んでいる、この矛盾。(笑)

…そう言えば、ナゼ「海賊船」なのだろう

小さい頃からすでにあったので、当たり前に受け入れてしまっていたが、落ち着いて考えると「箱根」と「海賊」の関連性って…
ドン・キホーテ」と「観覧車」のようなモノか

ほな、下界に降りまひょか~

番所の前まで降りて、京都側の門「京口御門(きょうぐちごもん)」を出る。

そして、目の前の広場「京口千人溜」から振り返って1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4318
コレだよぉぉぉぉぉぉーーーーっ

オラが観たかったのは、こんなお江戸な光景だったんだよぉぉぉぉ~~っ

ちょうど西洋人2人組が歩いていたのが、逆に良いスパイスとなって効いているね

そして、門の前の道を進んで、また振り返ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4319
もんぜんまちぃ~~~

門前町」と言うのだろうか(笑)
道の両側にお店が並んでる。

こちらは観光客でかなり賑わっている。

…やっぱ、こっちが観光の「表玄関」だったんだ。

そして、道が一般道路に接する終点(本来は起点だね)には、こんなカンバンが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4320
ハコセッキーーーーーーーーーっ

箱根関所」の堂々たる4文字が。

こちらから写真を撮って進むべきでしたな。

…ま、とにかく、コレにて関所見学は終~了~~ぅ

お腹空いたっ(笑)

もう13時を過ぎているので、軽く昼食を摂ろう。
夜に三島駅近くの居酒屋で宴をするので、今はサックリと

道の横にある大きなおみやげ屋さんの中におそば屋さんがあったので、そこで食べることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4321
空いているねぇ~

観光客が多いとはいえ、ほとんどが観光バスで来た団体なので、こういったお店にはフラッと寄れナイのだろう…

それにしても暑い

ガラス張りで太陽がいっぱいなので、室内の気温は上昇中~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4322
外のおみやげ屋の前は寒そうだ

そんなせいではナイのだが、オラは「ざるそば」を食べることにした。
十割そば」とのことなので、それならば「ざる」に限るでしょ

ほどなくやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4323
おぉ、いぇい

実にシンプルで美しい

もちろん、お味もまいう~よ
(そばつゆも美味い)

…ふぅ、小腹も満たされた

さて、それでは駐車場に戻って、芦ノ湖の周りをドライヴしますかいのぉ~~

反時計回りに一周するのだ

ヒロちゃんには言っていなかったのだが、ロープウェイの「大涌谷(おおわくだに)」駅にも寄ってみようと企んでいるッス
三島からこ~んなに近いのに、箱根登山鉄道等に乗ったことがナイんだって、ヒロちゃんってば

…ってぇ~ことは、ヒロちゃんは大涌谷の景色も知らないワケで…(にや)

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その4」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月15日 (木)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2・湖畔展望館~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その1」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

------------------------------

さて、ココのメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」に入ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4201
セレヴですな

展望館」っちゅ~からには、何かが展望出来るのだ。(笑)

今いる場所はこんな所ッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4202
(2016年のグーグルマップより)
だよぉ~~~ん。

真正面に芦ノ湖があり、その奥には富士山さんがいらっしゃるのだ

ちなみに、今日これから行く所は、の下にある箱根関所資料館ッス。
そして、湖の周りを一周するのだ

湖の左側にある道路「芦ノ湖スカイライン」をご覧いただくと解るが、ココ(点線)が神奈川県と静岡県の県境になっている。
両県を出たり入ったりの繰り返しぃ~~

では、展望してやろうではないかっ

建物に入り、2階へ上がる。
中は広くはないので、特に観るモノはナ~イ。

そして、2階のバルコニーに出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4203
おぉ、いぇい

スーパーヴューですな

正面奥のちょい右におフジがいるんだけど、ちょうど雲が掛かって見えナイや…
あぁ、残念…。

ちなみに、快晴時にはこう見えるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4204
おフジぃ~~~~ん

コレは上空から撮ったモノのようだが、位置は大体同じっぽい。

おフジが見えないので、仕方がナイから先に進もう。

建物を出て、左の湖畔沿いに出る小道を歩く。
何気に本格的な登山(ハイキング)コースっぽい場所もあるぞ

そして、湖畔の開けた場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4205
左奥から降りて来たッス~~

くるっと後ろに振り向くと、こんな案内板が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4206
ホーーーホーーーーっ

ふくろうさんがお出迎えだ

ココは「塔ノ鼻広場(とうのはなひろば)」と言うそうな。
外国人観光客が多いので、大抵の案内板は4ヶ国語で書いてあるッス。

芦ノ湖の奥の方はさっき観たので、左側の関所のほうを観ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4207
きらきらりぃ~~~~~ん

どこかの離島に来たみたいだ

小笠原の父島にも、こんな光景があったなぁ~
(さすがに雪はナイけど

左奥に観光船の港があるので、結構船が行き交っていて賑わっているッス。

道をさらに左に進むと、湖畔に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4208
おぉ、いぇい

何とも秋らしい光景だ

外国人観光客達も、ココで写真を撮りまくっている。

ふと水面を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4209
モミモミ~~~~~ぃ

もみじの葉っぱがゆ~らゆらと……乙ですな

林を抜けると、目の前に関所の資料館が見えて来た。

…がっ

近付いて行くと、何かが違う…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4210
テント小屋???

どうやら改修工事を行っているらしく、ほとんどがブルーシートで覆われていた。
小さい頃に来た時の記憶はナイので、通常のお姿が全く判らナイ…。

中は通常営業しているようなので、とりあえず前まで行ってみた。

入口で受付のお姉様に「ココの入場券で関所も観れますよ~」と言われたので、素直に従うことに。
500円を払って、小さなチケットと「通行手形」と書かれた大きなパンフをもらった。

パンフの案内絵図で関所の全容をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4211
(2016年当時のモノを撮影)
お江戸ぉ~~~~

今いる場所(資料館)は、左側の朱色■の建物ッス。
関所は、西側に少し進んだ所にあるッス~。
(白い□が書いてある建物の全てが関所内ッス)

まずは資料館から観て行こう

中は撮影禁止なので、おさしんはナイわよん

いろいろな展示物があって、予想していたよりもぜ~んぜん楽しめる
謎のゆるキャラが、パネルで展示物の解説をしてくれたッス
(実は、このキャラがココの重要人物なのだ

出口では、関連のおみやげも売っているよ~ん

資料館を出て、湖側の細~い道(工事中でさらに狭い)を進むと、広い場所に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4212
オァチャーーーーーーっ

御番所茶屋(おばんしょぢゃや)」と言う小さな茶屋があった。
アルファベットで「Obansyo-jaya」と書くと、何かマレーシアの地名のようだ。

ちょうどお昼時なので、そこそこ人が入っている。
(おみやげも売っている
甘味が女子のハートをガシッと掴んでいるようだ

お店の前には、こんなモノが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4213
あっしは旅の団子でござんす 🍡

かなり辛そうな団子さんだなや…
隣のソフトクリームくんと一緒に旅をしているのかな

そして、正面にある東側(江戸側)の門を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その2・湖畔展望館-4214
コーーーーージっ

あれれ、ココも工事中だよっ 

来たタイミングが悪かったようだ。
ちゃんと観られるのかなぁ…

…ま、チケットを買ってしまったので、観るしかナイんだけどね

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その3」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2016年12月12日 (月)

旅日記 ~「ことでんの罠。」2016秋~

2016年12月5日、サックリと香川県の「高松(たかまつ)」駅に降り立った。

東京行きの列車までまだ時間があったので、「ことでん」に乗って日本一長いアーケード街を探検しに行くことにした。

まずは、ことでんの駅「高松築港(たかまつちっこう)」駅に行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・ことでんの罠2016秋-8701
ちょうど電車が来たぜぇ~い

左の黄色い電車が後から来たのに、すぐ発車する。
右の緑色の電車は、その2分後に発車だ。

どちらも同じ元京浜急行の車両なので、ココは好みの形式をチョイスすることに。
(黄色い列車は4両編成で、手前の2両が元700形、残りは元1000形だ)

黄色い編成の手前側に乗る。

すぐにドアが閉まって発車。

3年半ぶりのことでんだが、雰囲気は変わっていないようだ

2駅目の「瓦町(かわらまち)」駅で降りることにした。
(本当は3つ目の「栗林公園(りつりんこうえん)」駅のほうが良かったらしい…

立ちあがる前に、ふと頭上の中吊り広告を見ると、懐かしい彼が何やら怪しげなセリフをつぶやいている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・ことでんの罠2016秋-8702
ダマサレルナーーーっ

「これは ことでんの わなだ」

ことちゃん」が乗客に注意を促している。

…なになに、瓦町の駅ビル「▶▶▶ FLAG」に罠があるワケだな。

よし、用心して降りよう。
おかいものきっぷ」を持っていないので、ダイジョーヴだとは思うが…

ほどなく、瓦町駅に着いた。

ホームからエスカレーターで2階に上がり、改札を出る。

そして、すぐに右に曲がって駅ビルの外へ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・ことでんの罠2016秋-8703
この中に罠があるぞっ

とりあえずは、何も罠に引っ掛からずに外へ出られたぞ

改札前に東北の物産の特設コーナーがあったので、思わず引き込まれそうになったが…

ありがとう、ことちゃん

彼とは、3年前に一緒に電車に乗った仲なのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・ことでんの罠2016秋-8704
(2013年3月24日に撮影)
お行儀イイぞ

あの時は楽しかったね。
また遊ぼうね

ほな、アーケードに行ってみまひょかぁ~~~~

(ことでんの公式サイトはこちらをクリック

| | コメント (4)

2016年12月 8日 (木)

旅日記 ~「一枚の写真から:ヤングな街、三津浜。」2016~

先日、愛媛県松山市の観光地「三津浜(みつはま)」を散歩した。

シャッターが閉まった商店街をテコテコ歩いていると、ふと目に留まったお店が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
松山・三津浜 男子専科ヤング2016-9901
ナウなヤングがディスコでフィーバぁーーーっ

開店当時はイケている名称だったのだろうけど、もう少しひねったほうが良かったのでは…
現在では、「ヤング」と書いてあるお店がある街ほど、若者がいないという現象があるッス…

男子専科」という文字は、何か良い(笑)

以上、三津浜の隠れた観光スポットでしたとさ

| | コメント (4)

2016年12月 5日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その1・三島から箱根へ~

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根の「芦ノ湖(あしのこ)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

数ヶ月前、「特攻野郎Bチーム」のメンバー「ヒロ」ちゃんに、「オラを芦ノ湖へ連れてってぇ~~ん」とおねだりした。
そしたら快諾してくれて、11月26日決行となった。

24日に関東でもが降ったので、チト心配していたのだが…

さて、当日。

ド晴天だぜぇ~~ぃ 

家を出て、東京駅に向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4101
シンカンセーーーーン

箱根に行くのに、ナゼに新幹線様に乗る 

通常、東京都心から箱根に行くなら、「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線のロマンスカーで直行というのが、定番中の定番であろう。

でも、今日は違うのだ。
さっき、中央線で新宿駅を素通りして来ただ。

何でかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4102
(2016年のグーグルマップより)
今回は南から攻め込むのよ

…東京駅
…新宿駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…熱海駅
…三島駅
…芦ノ湖
…富士山

ヒロちゃんが「三島(みしま)」駅のエリアに住んでいるので、まずは三島駅で合流という次第。

ほな、小田原か箱根湯本までお迎えに行きまひょか~」と言われたけど、そうするとヒロちゃんは険しい峠を越えなければならないワケで…
かと言って、芦ノ湖集合にすると、時間が掛かるのに電車賃が新幹線とほぼ一緒となるワケで…
(箱根登山鉄道とロープウェイの運賃が高いのよ…)

…ってなワケなので、お値段と楽さのバランスが取れた「三島駅集合」と相成った

今から乗る列車は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4103
まいどぉ~~~~

毎度の「こだま」ちゃんだ

もはや、ヘタな東京の私鉄よりも乗車回数が多い…

空いた車内で快適に過ごし、約1時間で三島駅に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4104
楽々ッス

この1ヶ月間で、三島駅を見るのはコレで5回目ッス
(今日の帰りが6回目ね)
さらに7日後にも一往復するんだけどぉ~~。(笑)

ホームから山側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4105
おフジぃ~~~~~ん

やったーーっ今日は富士山が良く見えるぞ

雲は手前にあるモノなので、向こうに行けばキレイに見える場所もあるだろう

ちょうど、通過列車が来たので、駅名板と新幹線とおフジの「三位一体(さんみいったい)」攻撃をかましてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4106
でんちゅーでござぁーーーーーーーるっ

…あぁ、またしても電柱が。(笑)

かろうじておフジのテッペンが見えるから、良しとしますかいのぉ~。

今日の待ち合わせ場所は、いつもとは逆の「北口改札」。

新幹線の下にある改札だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4107
今まで全て南口から出て観光していたので、チョット新鮮~

北口という事は、駅前広場を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4108
おフジぃ~~~~

富士山がハッキリと見えるね

まぁ、お約束の「東横イン攻撃」は仕方ナイが…
(三島も甲府も、富士山がキレイに見える場所に東横インのデカい看板がある。→甲府の状況はこちらをクリック

すぐにヒロちゃんの車がやって来たので、いそいそと乗り込む。 

さぁ、出発なのぢゃーーーっ

東京(東側)の人間からすると、「箱根」というのは「小田原の奥地」というイメージなのだが、静岡(西側)住民のヒロちゃんからすれば「三島のチョット上」らしい。
箱根は神奈川県で三島は静岡県なので、「近い」というイメージが湧いて来ない…
湯河原(神奈川)と熱海(静岡)は、通り慣れているので実感出来るが。

三嶋大社の前を通って、天下の国道1号様(東海道)に出る。

少し走ると、箱根の峠に向かって登り坂になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4109
…川越街道(笑)

埼玉の川越街道や栃木の日光の近くにも、似たような光景の場所がある。

少し走ると、道路標識が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4110
未知の領域ぃ~~~~~っ

オラ、国道1号線は各区間を結構通った(見た)ことがあるんだけど、芦ノ湖~三島間は初めてぢゃ

この先の交差点って、結構重要なジャンクション的存在でなくね
高速道路がいっぱいぢゃ

…あ、さっきから写っている新幹線クマのケツは気にしないでね

市街地を抜け、峠道になって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4111
クネクネ~~~~

国道の王様、天下の1号様にしては規模が小さいような…
下級の400~500番台の国道と変わらナイぞ。

…と思ったら。

この先は改良工事が行われたらしく、ピッカピカな広い車線とトンネルの連続
…さすがですな。

途中で、左に吊り橋が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4112
なんぢゃらほい

ヒロちゃん曰く「観光用の吊り橋で、おフジがよ~く見えまっせ」とのこと。

事実、観光バスが何台も停まっていて、橋の前の駐車場と建物は混雑している。

吊り橋は歩行者のみで、何と有料だそうな
(しかも結構な料金らしい)
でも、吊り橋から真正面に何にも邪魔されずにおフジが見えるっぽいので、一度行ってみる価値はありそうだ

日が当たって暑いくらいの車内でぬぼへぇ~~~としていたら、すぐに箱根峠のサミット(テッペン)に来てしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4113
…ち、近い。

ココから先は神奈川県箱根町
…こんなに近かったんだぁ~。

標高は846mとのこと。
三島駅が約38mなので、結構登ったぞ、こりゃこりゃ

奥にすんごい雲が見えるけど、あの山は箱根山の方角なので、富士山とは関係ナ~イ

そして、テッペンを越えて神奈川県内に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4114
雪ぃーーーーーーっ

いきなりからに変わったッス

…そっか、峠のこちら側は日陰なので、雪が融けないんだ。

雪道をほんの少し下ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4115
アッシ~~~~~~~ぃ

正面に芦ノ湖が見えて来た

…やっぱ近い。 

そして峠を下り切ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4116
はこねしゅくぅ~

とってもお江戸な「箱根宿」の文字が…。

…ってなワケで、もう着いちゃった 

小田急&箱根登山線で来るよりも、格段に早い&空いている
箱根湯本(小田原)~芦ノ湖間のバスは、シーズン中は渋滞で動かないのよ…

今はどこにいるかって~と…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4117
芦ノ湖の右下の「現在地」だよぉ~ん

…現在地
…三島駅
…小田原駅
…箱根湯本駅
…大涌谷駅
…ドライブコース

ココは有名な「箱根関所」がある場所で、「元箱根(もとはこね)」と言うエリアだ。

小さい頃に来ただけだと思うので、ぢ~っくり観てやろうとヒロちゃんにお願いしてやって来た次第。
今回は、芦ノ湖の周りをくるっと一周するのぢゃ

の「大涌谷(おおわくだに)」駅を観て、のルートで湖を一周する予定~

まずは車を停めよう。

空いている駐車場を探していたら、街のイチバン奥(東)の方まで来てしまった。
でも、すんなり停められたのでOK~

車を降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4118
寒いッスねぇ~~~~っ

静岡県内では日差しで暑いくらいだったのに、山の裏側の神奈川県は寒いッス
(だから雪が残っているんだけどねぇ~

とりあえず、奥の丘に登って、左の奥にある関所へ行くことにしよう

まずは奥の入口に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4119
公園なのね

県立恩賜箱根公園 湖畔展望館」と書かれている。

恩賜(おんし)」と言うくらいなので、天皇家の御料地だった所のようだ。

ほな、行ってみまひょ~~

入口には門があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4120
ゴリッパーーーーっ

何ともご立派な和風の門ですな

門をくぐって、右斜め上に登って行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4121
何かスゲーぞっ

背の低い木のトンネルだ。
高さが2~3mくらいなので、はじっこの方に行くと頭に枝が刺さる
しかも、雪解けの水滴がポタポタと…

テコテコと通り過ぎると、また雰囲気が変わった。

この公園内はどうなっているかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4122
結構広い~~~~っ

右上のが、さっき車を停めた駐車場。
そこから赤い★を歩いて、くるっと一周するつもり~
中央にある黄緑色っぽい場所が、ココのメインらしい。

今は、左上のの辺りにいるッス。

さらに、左上のの下辺りに来ると、視界が開けてきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4123
芦ノ湖が見えるぅ~~~

何か景色が良さそうだぞ

そして、奥まで行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4124
おぉ、いぇい

さすが御料地、エクストラビューですな

真正面におフジが見えるんだけど、今は雲で隠れちゃっているッス… 
(正面の高い山の右奥に、富士山さんはいらしゃる)

周りで撮影していた人達も「あらららら……」状態。
でも、しばらく待てば見れそうだ

ココから右を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4125
雲がすごーーーーーーいっ

こちらは、箱根山のご一行様だ。
神山(かみやま)」と「箱根駒ヶ岳(はこねこまがたけ)」の2つであろう。

この山々が箱根山の中心部で、裏側では毒ガスがシューシュー噴き出ている活火山だ。
芦ノ湖は箱根山の中にあるカルデラ湖で、その周囲の山々も含めて「箱根山」と呼ばれているそうな。

…つまり、箱根山は太古の大噴火で地中のマグマが出切ったせいでテッペンが陥没して、大きな穴っぽこが開いてしまったらしい。

凹んでいなかったら、富士山と双極をなすお山として君臨していたかもしれないね
そしたら、芦ノ湖仙石原(せんごくばら)も強羅(ごうら)も無かったワケで…

…ま、凹んでくれたおかげで、おフジが映えるようになったし、世界中から観光客が来る温泉郷になったし……ありがたや

ココでさらに右を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その1・三島から箱根へ-4126
よーーーーかん

しゃれおつな洋館が建っているねぇ~。
ココがメインの建物「湖畔展望館(こはんてんぼうかん)」のようだ。

…何か、この光景って、札幌金沢っぽくね

雪があると結構フンイキが変わるねぇ~。

さて、展望館の中に入ってみっぺか
そのうちにおフジも見えるだろうしぃ~~。

ほな、行きまひょかぁ~~~~

つづき「その2」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2016年12月 1日 (木)

グルメ日記 ~「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他」2016~

前回「いずっぱこの赤電2016」からのつづきーっ!

2016年11月21日静岡県までちょっくら海鮮を食べに行ったぞ

前日に東京から小田原まで小田急線で行き、JR線に乗り換えて一路しぞ~かへ…
くるっと遊んだ翌日、帰りがけに「清水港(しみずこう)」に寄ったッス

清水港ってどこぢゃいな」…とお思いの方、ココなのぢゃ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8001
(2016年のグーグルマップより)
静岡県の真ん中よぉ~~~~ん

…東京駅
…小田原駅
…清水駅
…静岡駅

清水駅の目の前が清水港ッス

平日(月曜)なので、帰宅中の学生達と電車に揺られる。
ごくフツーの、「しぞ~かの日常」の光景だ。

静岡駅から10分ほどで清水駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8002
(2016年4月24日撮影)
また降りちゃった

いつも通る度に気になっていたので、今回はココを目標にやって来たのだ

港は、正面の歩行者デッキの右奥にある。
改札はデッキの左側にあるので、まずは改札を出よう。

港に行くには、デッキを歩かずに、地上に降りたほうが早い。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8003
(2016年7月23日撮影)
みなとぐちぃ~~~~

東口(みなと口)と書かれている出口を出て、デッキの下を歩きながら正面の横断歩道を渡る。
この日記がアップされる頃には、港へのデッキ通路も完成するので、その方が楽アルヨ

追記12月18日に行ったら、まだ完成していなかった。
工事がストップしているのかな
どう見ても、階段脇のエレベーターは年明け1~2月頃完成な様子…

横断歩道を渡って(新デッキは降りて)右に1分ほど歩くと、漁港の魚市場に到着する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8004
(2016年1月30日撮影)
いちばかぁ~~~~~ん

いちば館」と書かれているこの細長い建物全体が市場(お店)だ。
新鮮な魚介が、た~~くさん売られている

ココに来るのは3回目になるな…

今年の1月・4月・11月……結構な頻度でなくね
ココを知ってからは、もう江の島のお店には行ってナイや。(笑)

この市場の中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8005
(2016年1月30日撮影)
カッシーーーーーーーーっ

河岸の市(かしのいち)」が建物全体の名前らしいね。
そして、「いちば館」と「まぐろ館」の2棟に別れていて、飲食店は「まぐろ館」にある。

まずは「お食事」なのぢゃ

腹減ったぁ~~~~。
このために朝から何も食べていなかったのだ。

今までと同様、「まぐろ館」の2階へ上がる。

そして、1回目に食べて美味しかったお店に向かうと…

「準備中」

なぁ~~~にぃぃぃぃぃ~~~~っ

やっちまったなっ(←古いよ)

平日の15時なぁ~んて時間に来ちまったモンだから、約半分のお店は「づんびちう」…
仕方なく、開いているお店で品定め…

結局、2回目に入ったお店と、その向かいの2店舗に絞り込む。
でも、同じ店に入るのもなぁ…
そこは丼モノが中心で、海鮮で酒盛りするメニューではないのでね。

…ってなワケで、入った事のナイ向かいのお店に入ることにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8006
しんえいまるぅぅぅぅぅぅ~~~~~ん

大間 新栄丸(おおま しんえいまる)」というお店だ。

ちなみに、青いのぼりから右側は、1回目に入ったお店「ととすけ」だ。

お店の前に、料理のサンプルや写真がたくさんあるので、酒盛り出来そうな刺身の盛り合わせの定食を選ぶ。
そしてご入店~~~~

お店の中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8007
みなとぉぉぉぉぉ~~~~っ

窓から清水港が一望だ
どのお店も、海側のお店は港がよく見えるッス。

さすが月曜の15時、空いているねぇ~~

…ま、オラが空いた店に入ると、ほどなくお客がバラバラ入って来るというジンクス()があるんだけどね
(オラは「福の神」ならぬ「食の神」か

まずはドリンクを注文。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8008
いろいろありまっせ~~~

海鮮だったら日本酒や焼酎が似合うんだけど、「大日本麦汁愛飲党」の党首としては、やはり麦汁でしょう
季節限定の瓶ビールもあったが、家でも飲んでいるモノだったので、フツーに生ビールをご注文~
(隣の「ととすけ」には「静岡麦酒」と言う、超~まいう~な地ビールがあるのにぃ…

同時に、基本メニューの「新栄丸定食」も注文しておいた。
普段は1800円だけど、今日は1500円だって

目の前にあるタンクの麦茶は、セルフで飲み放題ッス。

背中の壁がミョーに賑やかだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8009
たいりょーーーーーーーっ

デカい大漁旗が2つ貼られている。
お船の名前は、もちろん「新栄丸」。

そして、左側からはただならぬ眼光が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8010
…ハッ

たくさんのマグロちゃんに見つめられている…

…ってか、刺さってる。(笑)

マグロちゃんの右には、おそらく「新栄丸」であろうお船の姿と、お店のベイビーか…なが写ったパネルが…

コレって、孫自慢

一応、個人情報保護のために、ぼかしを入れておこう。

そして、すぐにやって来ました、麦汁ちゃん
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8011
おぉ、いぇい

何とっお通しが「釜揚げしらす」だよっ

コレは嬉すぃぃぃぃぃぃぃ~~~~

お味は当然、しっとりまいう~ですわ
ほんのチョット醤油を一垂らしするだけでOK

美味しいのでパクパク食べてしまい、すぐに完食してしまった。
…まだメインが来る気配がナイのに~。

そして、ついにやって参りました、定食ちゃん
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8012
おぉ、いぇい

刺し盛(7種)」と「まぐろステーキ」と「ご飯」と「味噌汁」のセットだ。
もちろん、生しらすも載ってまっせ~~~~

まずは、右手前のまぐろステーキから。

…もぐもぐ。

コレ、まいうーーーーーーっ

ステーキと書いてあるが、表面がカリッと揚がってパリパリしていて、メッチャ美味いっ
ヤヴェ~~~、麦汁キラーだ、コレ

試しにご飯に載せて食べてみると…

ご飯、もっちもちぃぃぃぃぃぃ~~~~

美味ぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーっ

久々にこんなに美味いご飯を食べたぞっ

麦汁もイイけど、ご飯もイイ…

…いやぁ~ん、悩んぢゃぅぅぅぅ~~~ん

いやいや、ココは麦汁まつりなのぢゃ
当然、麦汁をお替りする。

右奥にある小鉢の茶色っぽいのは何ぢゃろかいな…と食べてみると…

まいうーーーーーっ

マグロの身を生姜で煮たモノ(佃煮)のようだ。

この店、ご飯焼酎で攻めるのがイイよっ

どの食材もハズレがナイっす
ちなみに、定食のご飯はお替り自由だそうで

一人で「うけけけけけけけけぇ~~」と盛り上がっていたら、案の定、お客が数組入って来た。
厨房がチト慌ただしくなる。

忙しくなる前に、オラも追加注文なのぢゃーーーーっ

壁のメニューに気になるモノが2つあったのよ

そして、しばらくすると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8013
来たーーーーーーッス

生イカ松前(400円)」と「エビカツ(550円)」なのぢゃ。

エビカツはプリップリで、コレは麦汁との相性バツグンっす

そして生イカ松前を一口食べると…

ご飯、ドンブリでくれーーーーーーーぃ!!

身悶えするくらいの超絶まいう~~
何だコレっ(笑)

ヤヴェ、麦汁まつりにするつもりだったのに、ご飯のお替り頼んぢゃったよ…

もっちもちホッカホカご飯と生イカ松前のコラボと言ったら…

…あぁ(笑)

この店にして良かった

平日に、な~んというゼータクをしてるんでしょ、オラってば

お替りしたご飯を食べたら、さすがにお腹がポンポコリン
満足、満足、大満足

さぁ~て、そろそろウチに帰るべな。

デップリしたぽんぽんを持ち上げて、レジに向かう。
お会計は4000円ちょっと。

安いねぇ~~~

同じ品質のモノを東京(銀座)で食べたら、いくらすると思ってるのよ、そこのア~タ

ガラガラの館内を1階へ降りる。

…あ、そうそう。

休日はこんな状態になるからねっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8014
(2016年1月30日撮影)
ギッシリ

11時くらいに行くか、14時以降に行くか…の作戦を取るべし。
でも、人気メニューは売り切れちゃうからねぇ~。

-----------------------------

ちなみに、2回目(前回)入ったお向かいのお店は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8015
(2016年4月24日撮影)
どぉーーーーーーーーん

丼兵衛(どんべえ)」と言うお店で、その名の通り、丼物が中心だ。

ココの「売り」は、中央上部の青い魚の写真にも書いてある通り「あぶらぼうず」という珍しいお魚たんッス

前回もそれを期待して入店したのだけど……その日は入荷されていなかったッス。
ガッカリ。

でも、いろいろな魚を組み合わせて好きな海鮮丼を作ってくれるので、楽しいッス
お店のおねぃさん、超美人だったしぃ~

オラが注文したのはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8016
(2016年4月24日撮影)
よりどりグリーーーーーーーーン

小さな4つの丼に各種のお刺身が盛り盛りの、選り取り見取りな定食だっ

このお店は丼物なので、ご飯は酢飯だったッス。
麦汁は、ココもノーマルな生ビールだったッス…

いつか「あぶらぼうず」を食べてやるっ

もういっちょ

1回目に入ったお店はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8017
(2016年1月30日撮影)
ととすけーーーーーーっ

今回入った「新栄丸」の右隣にある「ととすけ」だ。

ココの売りは何と言っても「静岡麦酒」に尽きるだろう
左側に青いのぼりが見えるっしょ。
サッポロビールの静岡限定版で、メッチャまいう~~~ッス

ホントは今日はコレが飲みたかったのぢゃーーーーーーっ

ととすけ」の攻め方は、コレに限る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8018
(2016年1月30日撮影)
おっけーーーーーーーーっ

桶に入った見事な「刺し盛り」と、左奥にチロッと見える「マグロのかま揚げ」のコラボだ。

コレは「日替わり刺身定食」(1300円)で、コレに静岡麦酒があればSo~Happy
(かま揚げ付き&ご飯お替り自由だよ)

この「マグロのかま揚げ」も、かなりヤヴァいアイテムっす。
麦汁がアメ車のガソリンのように消費されて行くッス
もちろん、ご飯にも合うッス
(「ととすけ」の詳細の日記はこちらをクリック

この「まぐろ館」のお店達は、目的や好みに合わせていろいろ選べるので、みなさんも研究してみてね

営業時間は10時~20時で、水曜日はお休みだよっ

-----------------------------

うへぇ~ぃ、腹いっぱいぢゃ~。(どすこいっ

1階に降りて、隣の棟「いちば館」へ移動。

…あっ、雨降ってるぢゃん

まぁ、ココから清水駅前の交差点までと、最寄駅からウチまでの僅かな区間しか外を歩かないので、多少は濡れてもイイや

のんびりと「いちば館」を見て回る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他2016-8019
(2016年1月30日撮影)
今日は買い込むよん

12月に仲間で忘年会をするので、その時に持って行くモノを買って行こう

いろいろ見て回った結果、マグロの角煮を買うことに。
冷凍保存で年末調整ぢゃ~

やはり、季節によって並んでいるお魚たん達が違うので、こまめにチェックしに来るのがイイねっ

いちば館」の営業時間は10時~18で、水曜日はお休みだよっ

おっしゃ帰るよぉ~~~~~ん。

…んぢゃ、また来るねぇ~~~~~ん

| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »