« 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2・湖畔展望館~ | トップページ | 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4・大涌谷~ »

2016年12月19日 (月)

旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その3・箱根関所~

前回「芦ノ湖ドライブ2016秋・その2」からのつづきーっ!

2016年11月26日、ちょっくら神奈川県・箱根(Hakone)の「芦ノ湖(あしのこ:Lake Ashinoko)」まで、仲間と秋のドライブに行って来たぢょん
(全5回シリーズ)

------------------------------

では、関所を通ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4301
何人(なんぴと)たりとも、関所以外の場所を通り抜けることは許されていない。

たとえ工事中であってもだ。(笑)

…あれれ?

どうやら、今回も一般的な順路とは逆の方向に歩いてしまっているようだ。

西側(京都側)から入って、東側(江戸側)へ抜けてから、資料館を観るっぽい。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4302
(2016年当時のパンフを撮影)
右下から左上()に歩くのが順路のようだ。

…またまた、やっちまったようだな。

なので、今回は「江戸から京へ向かう」という流れで観て行こう
建物のおさしんは、日差しの向きの関係上、ほとんど京側から撮っているッス。

まず、今いる門(茶屋)の前が「江戸口千人溜(えどぐちせんにんだまり)」という広場で、関所が閉まっている時間(午後6時~翌朝6時)は、旅人はココで待機していたようだ。
なので、関所の反対側にも「京口千人溜(きょうぐちせんにんだまり)」がある。

では、こちら側の門「江戸口御門(えどぐちごもん)」をくぐるぞ

門をくぐるとすぐに、右上にこのような立て札(高札)が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4303
ははぁ~~~~っ m(_ _)m

この関所を通るために必要な事項が書かれている。
内容は関所ごとに違うそうで、厳しい所もあれば緩い所もあったそうな。

関所は、一般的には「入り鉄砲と出女」を取り締まるのが特徴で、武器の持ち込みと女性の出境が特に厳しかったとのこと。
(逆向きの移動に関しては、特に制限が無かったっぽい)

まぁ、今の空港での出国審査とあまり変わらない内容ッス
(「頭巾を取れ」とか「馬や籠から降りろ」とか「(女性は)通行証を見せろ」とかね)

…で、ココ箱根関所は「出女」に重点が置かれていたようだ。
理由は書かれていなかったが、ナゼなんだろう…
何か隠し持って江戸から出られたのかな????
(男だって隠し持てるのに…ね

家柄の良い娘の「駆け落ち」や「家出」や「誘拐」を防ぐのが目的??

女性は別室で女性係官による身辺チェックがあったそうな。
髪もほどかれて調べられるほどの、念の入りよう

そして、左後ろにチロッと見えている建物が、メインの番所だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4304
デカいのぉ~~~

ちなみに、チケットを持っていない人も、真ん中の通路を通るだけなら通り抜けることが出来る。
(無料と有料のエリアが柵で仕切られている)
このおさしんは、無料のエリアから撮ったモノ。

建物の中を観たい人はチケットを買ってね

では、チケットを見せて、番所の中を見て行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4305
う~ん、江戸時代ですな

正面に見えるのが、今くぐって来た江戸口御門ッス。

順路によると、「まずは建物の裏側へ行け」とのこと。

他の観光客と一緒に、狭い戸をくぐって裏側に出ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4306
絶賛工事ちう~~~~っ 

見事な光景なのだが、金属パイプぐゎ……

…まぁ、仕方がござらぬ。

左奥に小さな「雪隠(せっちん)」があり、これも見学スポットだそうな。

雪隠とは、今で言う「おトイレ様」。
でも、江戸時代なので、設備的には中国の「ニーハオトイレ(仕切りの無いトイレ)」に近い。
まぁ、それでも小さな目隠し板があるだけ、ちうごくよりはマシであろう。(笑)

また戸をくぐって、番所の側面にある土間等を観ながら正面に戻って来た。
案内板様からは「次は番所の中を見ろ」とのお達し。

中には上がれナイので、縁側部分から中を観る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4307
取り調べ、なうっ

お役人様に改められている最中ッス。

ナゼか、人形は全てグレー一色に塗られている。
この時代の詳細な色遣いなどが判明していないので、正確に再現出来ナイから」とのこと。

お隣の部屋は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4308
おかしらぁーーーーーっ

このお方は「伴頭(ばんがしら)」と言い、小田原藩から赴いたココの責任者だそうな。
(箱根関所は、幕府の指令により小田原藩が担当していた)

後ろには鉄砲や弓等の武器が置かれている。

では、対面にある建物に移動しよう。

無料エリアをいったん横切り、向かいの有料エリアに入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4309
この黒い柵がエリアの仕切りッス

こちらは「足軽番所(あしがるばんしょ)」と言う建物で、犯罪人の牢屋や職員の詰所として使われていたっぽい。

日差しがガンガン当たるので、屋根からの雪解け水が半端ナイ… 

そして、さらに奥にも見学場所があるそうで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4310
やまのうえーーーーっ

山の上に見える小屋も、関所の建物だそうで。

みんなテコテコ&ヒーヒー登っているので、オラ達も登ってみることに…。

長い石段を登っている時に、ふと振り返ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4311
おぉ、いぇい

キレイぢゃのぉ~~~~

ちょうどおフジがお姿を現し出したので、湖面のお船とコラボでアップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4312
おフジぃ~~~~ん

肉眼ではキレイに観えるのだが、へっぽこデジカメだとキレイに写らナイね…

こちらに向かって来る豪華なお船は、芦ノ湖名物の「海賊船(かいぞくせん)」ッス
小さい頃、ワクワクしながら乗ったなぁ~~

やっと階段を登り切ったッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4313
とおみ~~~~~

遠見番所(とおみばんしょ)」と言う小屋で、見晴らしがイイので周囲の監視用に使われていたそうな。

小屋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4314
すけるとーーーーーーん

よく見えるように、骨々のスケルトン構造だ

ちょうど目の前にいた同行のヒロちゃんが、役人と同じ格好をしていたので撮ってみたッス

ちなみに、裏側の景色はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4315
まっしろーーーーっ

どの屋根も雪で真っ白だ

京都市街のチト奥の方っぽい雰囲気だ
コレでお寺の鐘が鳴ったら完璧なのだが。

テッペンにある展望広場から関所全体を見下ろすと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4316
ちゃんぷるぅ~~~~ぅ

江戸時代」と「現在」と「中世の欧州」が混ざり合っちょるぅぅぅ~~っ

まるで黒船が日本にやって来た時のようだ。
(生まれてねーよ。笑)

海賊船をアップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4317
ワイルドだろ~~ぅ(←チト古いよ)

見た目は帆船なのにエンジンで進んでいる、この矛盾。(笑)

…そう言えば、ナゼ「海賊船」なのだろう

小さい頃からすでにあったので、当たり前に受け入れてしまっていたが、落ち着いて考えると「箱根」と「海賊」の関連性って…
ドン・キホーテ」と「観覧車」のようなモノか

ほな、下界に降りまひょか~

番所の前まで降りて、京都側の門「京口御門(きょうぐちごもん)」を出る。

そして、目の前の広場「京口千人溜」から振り返って1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4318
コレだよぉぉぉぉぉぉーーーーっ

オラが観たかったのは、こんなお江戸な光景だったんだよぉぉぉぉ~~っ

ちょうど西洋人2人組が歩いていたのが、逆に良いスパイスとなって効いているね

そして、門の前の道を進んで、また振り返ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4319
もんぜんまちぃ~~~

門前町」と言うのだろうか(笑)
道の両側にお店が並んでる。

こちらは観光客でかなり賑わっている。

…やっぱ、こっちが観光の「表玄関」だったんだ。

そして、道が一般道路に接する終点(本来は起点だね)には、こんなカンバンが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4320
ハコセッキーーーーーーーーーっ

箱根関所」の堂々たる4文字が。

こちらから写真を撮って進むべきでしたな。

…ま、とにかく、コレにて関所見学は終~了~~ぅ

お腹空いたっ(笑)

もう13時を過ぎているので、軽く昼食を摂ろう。
夜に三島駅近くの居酒屋で宴をするので、今はサックリと

道の横にある大きなおみやげ屋さんの中におそば屋さんがあったので、そこで食べることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4321
空いているねぇ~

観光客が多いとはいえ、ほとんどが観光バスで来た団体なので、こういったお店にはフラッと寄れナイのだろう…

それにしても暑い

ガラス張りで太陽がいっぱいなので、室内の気温は上昇中~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4322
外のおみやげ屋の前は寒そうだ

そんなせいではナイのだが、オラは「ざるそば」を食べることにした。
十割そば」とのことなので、それならば「ざる」に限るでしょ

ほどなくやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根・芦ノ湖ドライブ2016秋その3・箱根関所-4323
おぉ、いぇい

実にシンプルで美しい

もちろん、お味もまいう~よ
(そばつゆも美味い)

…ふぅ、小腹も満たされた

さて、それでは駐車場に戻って、芦ノ湖の周りをドライヴしますかいのぉ~~

反時計回りに一周するのだ

ヒロちゃんには言っていなかったのだが、ロープウェイの「大涌谷(おおわくだに)」駅にも寄ってみようと企んでいるッス
三島からこ~んなに近いのに、箱根登山鉄道等に乗ったことがナイんだって、ヒロちゃんってば

…ってぇ~ことは、ヒロちゃんは大涌谷の景色も知らないワケで…(にや)

ほな、行ってみまひょかぁ~~~~

つづき「その4」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2・湖畔展望館~ | トップページ | 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4・大涌谷~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(14小田急・箱根・江ノ電)」カテゴリの記事

コメント

さすが箱根の関所じゃのう。新居(湖西市)のとは大違い。
出女は大名の妻子が江戸屋敷に留め置かれて人質代わりになってるので、
国元へ帰らないように見張ってるのだ。
江戸から出たら謀反ありでお取りつぶしになってしまう。

なんで芦ノ湖に海賊船があるのでしょうね?

投稿: ばんび | 2016年12月19日 (月) 18時07分

★ ばんびさん

かような訳があろうとは…拙者もまだまだ無知でござるな。

海賊船……高度経済成長期の産物だからなぁ~。
当時は夢とロマンが詰まっていたんッスよ、えぇ

投稿: まりりん | 2016年12月19日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その2・湖畔展望館~ | トップページ | 旅日記 ~「芦ノ湖ドライブ2016秋」その4・大涌谷~ »