« グルメ日記 ~「豊橋・サンヨネのソーセージを大人買いっ!」2016~ | トップページ | グルメ日記 ~「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他」2016~ »

2016年11月28日 (月)

実物日記 ~「いずっぱこの赤電」2016~

2016年11月20日、ちょっくらしぞ~かまで海鮮を食べに行こうと出掛けた途中のおハナシ。

大トーキョーの「新宿(しんじゅく)」駅から小田急線に乗って、神奈川県の「小田原(おだわら)」駅までやって来た。
ココでJR東海道線に乗り換えて、静岡県をめざすのだ

JRのホームで普通列車「熱海(あたみ)」行きを待っていると、先に特急踊り子」号がやって来るとのこと。

ほどなく、踊り子ちゃんがやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5501
志村っ!うしろ、うしろーーーーーーっ

踊り子号が入って来る直前に、奥のちっこいホームに見慣れない色の列車がやって来た。

…こ、こりゎっ

踊り子ちゃんが走り去った後、すぐに撮りまくることにした。

まずは、全体像をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5502
おぉ、いぇい

この列車は「伊豆箱根鉄道(いずはこねてつどう)」の「大雄山線(だいゆうざんせん)」を走っている、5000系という車両。
つい最近、記念行事の一環として、昔走っていた旧型電車の色(通称:赤電)に塗り替えられた。

この色は、親会社の西武鉄道の旧型車と同じ色調で、兄弟分の近江鉄道とも一緒であ~る。
塗り分けの位置は、伊豆箱根(地元民は「いずっぱこ」と呼んでいる)オリジナルで、西武鉄道とは異なる。

でも、西武線沿線でこの色を見て育ったオラにしては、懐かしさでいっぱいなのぢゃ

とりあえず、お約束の駅名板とコラボのアングルで1枚
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5503
ヲダワーーーーーラっ

間違いなく小田原駅だぞ

この車両、通常ではこんな色をしている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5504
(2016年6月5日撮影)
みずいろ~~~~

白地に青色(水色に近い)の帯を巻いている。
写っている車両は、弟分のステンレス車体のため、銀色に青帯になっているッス。
(白い車体は、初回製造の1編成しかいない)

普段のお姿と、終点「大雄山」駅前の美味しい居酒屋「ふじ丸」を捉えた日記は、こちらをクリック

-----------------------------------

今回は、模型化するために必要であろうアングルで、いろいろ撮りまくってみた。
チト逆光なんだけど、ホーム上という制約があるので許してね

では、スタート

まずは、小田原寄りの3号車のお顔から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5505
きぅーーーぢーーーーーぅ

大雄山線開通90周年」の一環として、この色が復活したのぢゃ

お顔には、懐かしの行き先板が取り付けられている。
行き先といっても、全列車とも両端の「小田原」と「大雄山」行きしかナイので、両方の駅名と矢印「」が書いてあるだけ~。(笑)

ローズピンク(ラズベリー)とベージュの塗り分けは、ほぼ昔の旧型電車と同じ位置であろう。
ドア横のいずっぱこの紋章も、色がローズピンクに変更されているね

良く再現されているよ、うん、うん

この車両は、小田原寄りの3号車「クハ5501」形ぢゃ。

ちょっと引いたアングルで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5506
カッチョエェ~~~のぉ~~

何気にカッチョエェ…
やっぱ、ネットの画像と実物では、雰囲気が違いますな

つづいて、3号車と2号車の連結部分をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5507
良い

西武線では、このような近代的な新しい車体にこの色を塗ったことがナイので、とっても新鮮で良いッス
本家でも塗ってくれないかなぁ…

連結面(妻板)の塗り分け方は、側面と一緒なんだね。
西武は上半身は全てベージュで、おでこのピンク色はナイ。
(Bトレインの赤電は間違っているからねっ

3号車と2号車を一緒に1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5508
う~ん、だんだん「沼袋(ぬまぶくろ)」駅に見えて来た。

こうなって来ると、西武線の夢のコラボを再現してみたくなるワケで…

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5509
おぉ、いぇい

3号車だけ、黄色い西武101系風にしてみましたぁ~

イイんでなくね

デジタルの時代って、便利だねぇ~~。(笑)

こんな加工も、いっぽこぺんよぉ~~~ん

では、中間車の2号車「モハ5002」をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5510
…なんか京急っぽくね

車体の長さといい、結構シルエットが京急に似ている気が…

…ってなワケで、2号車と1号車を京急の色にしてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5511
おぉ、いぇい

そのまんまやん

…コレは素人ならダマせるぞ。

ほな、2号車のお屋根と床下の機器をメインに1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5512
う~~~ん、西武。

西武鉄道の子会社故か、ほとんどが西武鉄道の標準品で固められている。

特に、台車と横にある赤い消火器ボックスは典型的だ

西武新2000系が赤電になると、こんなカンジなんだろうなぁ~。

2号車と1号車の連結部分をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5513
この2両がモーター車のペアっす。

1号車の連結面には貫通扉があるのが判るね

1号車と2号車で、走るために必要な機器を半分こして積んであるので、切り離して個別に走らせることは出来ナイ。
近年の電車はほとんどがこの「ユニット方式」で、引退するまで2両1組で仲良く走っている。
(3号車にはモーターがナイ。運転席があるだけ)

そして、1号車の「クモハ5001」をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5514
真ん中が見えなぁ~~~い

さっきから柱や電線が邪魔だが、コレばっかりはどうしようもナイ…
精神的にイッちゃってるヲタクなら切り倒しているだろうけど。(笑)
(間違っても切り倒すなよ。ムリだと思うけど

そうそう、中央に見えているポイントは、東海道貨物線からいずっぱこに入るための渡り線で、大雄山線の車両がたま~に通っている。
ポイントのある線路は東海道貨物線の本線上で、コンテナ貨車等が1日中バンバン走っている。

大雄山線の車両達の検査(自動車で言う車検)は、本線格の「駿豆線(すんずせん)」にある工場で行われる。
駿豆線は、伊豆半島の向こう側の「三島(みしま)」駅から、温泉で有名な「修善寺(しゅぜんじ)」駅まで伸びている路線だ。
検査を受ける車両は、小田原~三島間をJR貨物の機関車に引っ張られて往復する。

駿豆」は「駿河(するが)」と「伊豆(いず)」の合成で、「大雄山」は神奈川県小田原近郊(足柄)のお寺「大雄山最乗寺」の名前。

…伊豆箱根の「箱根」はどこ行った

おそらく、箱根エリアはバス路線で展開しているのだろう。
昭和中期は、箱根は「小田急」と「西武」での観光開発の熾烈な争いがあったのだ…

さて、本題に戻ろう。

1号車のお顔と編成全体をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5515
やっぱり電柱が…(笑)

逆光の割には、まぁまぁキレイに撮れたかな

列車の後ろは駅ビルっす。
みんながかまぼこ等のお土産を買いまくっている、あのビルっすよ

オラが乗る熱海行きの列車が、今朝の北関東の濃霧のせいで10分ほど遅れているそうなので、まだ時間に余裕があるッス

なので、今度は逆向きに3号車に向かって撮って行こう

1号車と2号車の連結面を逆の方向から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5516
連結面が良く見えるぅ~~ん

模型化する際には、連結面の窓・配管・製造銘板等の配置や有無が大事なのよ

撮り鉄」の人は先頭からの決まった構図の全体像しか撮らないので、こういった細部の情報が一切判らないッス。
なので、「模型鉄(もけてつ)」の人が必要としている写真は、同志の「模型鉄」が撮らないとGET出来ナイのだ

この車両、側面は今ドキの1枚下降窓なのに、連結面は2段式の昔ながらの窓なんだねぇ~。
チト不思議ぃ~

連結間に見える黒っぽい縦の板状のものは、転落防止用のゴムパッドで、昆布ではナイ。

ちょいと引いて、2号車と3号車を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5517
前後両方向から撮るのも、模型鉄写真ではお約束だ

床下機器や屋根の機器・配管は、一方向から見ただけでは形状が判らないモノが多い。
1両につき、両サイドの前後からのアングルと屋根の計5枚の写真があると完璧だ
(一度に5枚揃えるのは、意外と難しい…

そして、2号車と3号車の連結面をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5518
ココも2段窓だねぇ~。

連結面に扉があるのは1号車だけ」だというのが判ったッス

では、最後に3号車のお姿をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
伊豆箱根鉄道大雄山線・赤電2016-5519
床下の中央がスッカスカだ。

走行用の電気機器を積んでいないので、床下はアッサリしている。

コレで今撮れる限りのモノは撮ったッス
…ふぅ、疲れた。(笑)

…まだ熱海行きが来ないぉ。

ま、おかげでゆっくり赤電ちゃんが撮れたッス

さぁ、しぞ~かにGo!なのぢゃーーーーーっ

つづき「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸2016」はこちらーっ!

|

« グルメ日記 ~「豊橋・サンヨネのソーセージを大人買いっ!」2016~ | トップページ | グルメ日記 ~「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他」2016~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「豊橋・サンヨネのソーセージを大人買いっ!」2016~ | トップページ | グルメ日記 ~「しぞ~かグルメin清水港・新栄丸他」2016~ »