« 旅日記 ~「レアな特急“ちちぶ99号”で行く秩父の旅」2015~ | トップページ | 旅日記 ~「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」その2~ »

2016年5月23日 (月)

旅日記 ~「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」その1~

前回「特急“ちちぶ99号”」からのつづきーっ!

2015年11月27日、西武線の臨時特急「ちちぶ99号」に乗って、秩父へ行って来た。
目的は「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」を観るためだbud

今回は鉄分濃ゆいッスcoldsweats01

さあ、「横瀬(よこぜ)」駅に着いたぞ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9101
普段の横瀬駅にはあり得ない人の数。(笑)

一応、混雑を考えて駅前のトイレに寄っておき、準備を整える。good

…さて、行きませう

案内板の矢印に沿って進む。
…っていうか、道は知っているんだけどぉ~delicious

駅構内にある狭い地下道を通り、向こう側に出る。
地元住民の生活道路なので、静かに歩こう。clover

住宅の間を抜けると、視界が開けた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9102
紅葉がキレイだ

今年は全体的に紅葉が少し遅いよね。
11月末なのに、まだ葉が緑色のモノが多い。clover

ココからは線路沿いに会場まで歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9103
すりーぴんぐすまいりーーーっ

左には、「池袋(いけぶくろ)」駅からやって来た臨時直通列車が寝ている。sleepy
スマイルトレイン」こと30000系の最新編成だ。
まだピッカピカshine

奥では線路上で体験乗車みたいな催しをやっているね
行ってみよう

奥にある詰所の前の線路を横切り、いよいよ会場へ…

会場は、目の前にある機関庫だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9104
…って、機関庫がナーーーーーイっsweat01

あれ
まっさらな青空市場状態になっちょるsweat02

同行のボブちんが職員さんに訊いたところ、「あの豪雪で機関庫が倒壊してしまったので撤去した」とのこと。

そうそう、2014年2月14日に、秩父に北陸並みのトンデモナイ量の雪が降ったのよ。snowtyphoon
数日間、秩父地方は完全にマヒしてしまったのだ。sad

そっか、その影響かぁ…catface

後日、画像を検索して見たら、屋根が凹んでぐんにょりした機関庫が写っていた。
…コレはもうアカンわな。coldsweats01

屋根も凹んだが、我々のお腹と麦汁メーターも凹み切っているのだdash
まずはそちらを満たさねば。restaurantbeer emptyfull

…ってなワケで、展示車両は後回しにして(逃げナイからね)、「テント村」へと移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9105
ステキなのぼりをハッケーーーーーンっheart01shinehappy02sweat01

いそいそとお店の前まで行き、まずは麦汁様をGETbeer

そして、食べ物もいくつか購入。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9106
どこも混んでいるぜぃdash

ちなみに、奥に見えるお山が「武甲山(ぶこうざん)」。
秩父セメントの生産拠点だ。
このお山が無かったら、秩父はココまで栄えなかったかもしれない…。

食事&休憩が出来るテーブルエリアの片隅に、なんとか座ることが出来た。chair

やっと麦汁様を飲めるッス~~~

うんめぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーっheart01

生き返ったッスcloverhappy02sweat01

飲み食いしながら、周囲を見回す。eyerecycle
いやぁ~、キッズが多いねgeminigemini
それに混じって、大きいお友達もカメラを持って歩き回っている。shadow

胃袋が落ち着いたので、展示車両を見て回りますか

テント村の奥に、グッズ販売のコーナーがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9107
このエリアは大きいお友達の比率が高いねぇ~。coldsweats01

後ろの方から、電車が走っている音が聞こえて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9108
コレっすよ

飯能(はんのう)」駅方面へ走り去っていく、白い4000系電車。
この坂を、車体を傾けながら登って行く姿と音がカッチョエェのだgoodshine

ちなみに、電車の後ろにある工場は「三菱マテリアル」のセメント工場。
昔はココ(工場は「東横瀬(ひがしよこぜ)」駅と言った)から「池袋(いけぶくろ)」駅までセメント貨物列車が走っていたのだ。
しかも、東横瀬芦ヶ久保駅間に急な上り坂があるので、一駅間だけ機関車が重連(2両連結)で走っていた。upwardright
荷が軽い時は、重連はナ~~~~シ

この展示会場には、当時の貨物列車を引っ張っていた機関車達が並んでいる。
大抵の大人達は、この機関車を観るためにやって来たのだ

では、その機関車達を観て行こう

まずは「助演男優賞」から。(笑)
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9109
いしばしーーーーーーっ

D15」形と言う、ディーゼル機関車だ。
(この車両の番号はD16

車庫やセメント工場の中で、貨車等を引っ張っていた。
まぁ、本線には出ない「裏方さん」ッスね

昔は「小川(おがわ)」駅の近くにあるブリヂストン工場で使われていた。
工場への貨物線が廃止されたので、西武が引き取って裏方さんとして使用していた。
(その貨物線は、拝島線の複線化に利用された)

後ろ姿はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9110
四角いッス

全国にいる裏方用ディーゼル機関車は、どれもこんな形ッス~。
(「標準規格型」ってヤツですな)

…んでは、お次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9111
かためーーーーーーっ

片目なお顔が特徴的な「E41」形だ。
(この車両の番号はE43

昭和ヒトケタ生まれの、英国紳士drama

側面はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9112
無骨ッス

この機関車の色は、昔の西武線の「赤電」と呼ばれていた電車たちと同じ「ディープラズベリー」だ。
真ん中の野球ボールのようなマークは、西武鉄道の社紋。
西」の字からデザインされていて、ライオンズとは関係ナイ。baseball

機関車」とは言っているが、馬力的には今の電車1両よりも低い。
(この機関車のモーター出力は400KW、黄色い電車(101系)は1両で600KW)
そのせいか、大抵2両つないで走っていた。traintrain

さらにお次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9113
よろれいひぃ~~~~~~

シャープで優美なお顔が特徴の、「E51」形だ。
(この車両の番号はE52

大正12年(1923年)生まれの、スイスのおじいちゃんariestaurusbell
若い時は東海道線で使用された。

スイスの高級精密時計を思わせるようなお姿で、人気も高いッス~

スイス生まれ」という証拠がこちら。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9114
製造会社名の「ブラウン・ボベリ」と、会社の場所の「バーデン スイス」の表記。

この機関車のモーター出力は875KWで、黄色い電車(101系)1両よりはデカい。
(E41形2両分以上の出力がある)

ほな、次行きまひょか。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9115
ゴツいーーーーーっ

車体にポツポツあるリベット(鋲打ち)と手スリが特徴的な「E61」形だ。
(この車両の番号はE61

大正12年(1923年)生まれの、アメリカン・カウボーイtaurusfastfoodbeer
コレも東海道線で青春を送った。

この機関車のモーター出力は975KWで、思った以上にデカい。up

側面はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9116
ちゃんと「ニューヨーク アメリカ合衆国」の表記がある。

このおじいちゃん、ニューヨーカーだったのねcoldsweats01

じぃじぃズ」のラストは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9117
茶色ーーーーい

展示用の修繕時に、ナゼか彼だけ国鉄時代の茶色に塗られてしまった…。catface

何となく丸っこい形が特徴の、「E71」形だ。
(この車両の番号はE71

大正11年(1922年)生まれの、アメリカンfastfoodbaseball
彼も若い時は東海道線で使用された。
(つまり、みんな「幼なじみ」なのだ

この機関車のモーター出力は820KWで、E41形2両分と大体同じ。

この車両の番号はE71なのだが、生まれた当時の「ED10 2」に戻されている。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9118
さすがに、この現役時代を知っている人はいるのかいな…coldsweats01

ハイ、ココまでがおじいちゃん機関車達だ。
ココからは中年機関車達の登場だsmile

まずは、西武秩父線の大スターの登場だ。shine
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9119
ぢゃんぼーーーーーっ

職員には「ジャンボ」と呼ばれていた、「E851」形機関車だ。
日本の私鉄で最強・最大の機関車様で、昭和44年(1969年)に国鉄「EF65」「EF81」をベースに設計され、4両登場した。

この彼の使命は「セメント運搬」。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9120
後ろの工場から、池袋駅や「国分寺(こくぶんじ)」駅までセメント貨物列車を運ぶために造られた。

電車と同じ線路をずっと走るため、速度(加速・減速)を速くする必要があったので、このような巨大な機関車となった次第bud
この機関車のモーター出力は2550KWで、古老達はケタが違う。
黄色い電車の4両分もあるdash

この子は当然、日本製だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9121
みつびしーーーーーーっ

広島県の「三菱重工業 三原製作所」で造られたッス。
後ろのセメント工場が「三菱鉱業セメント」(現:三菱マテリアル)だったので、その関連で三菱グループで造られた次第。wrench

戦闘機やお船を造る三菱重工ゆえか、側面の窓がこんなカンジに…
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9122
しゃれおつぅ~~~~

お船を思わせるような丸窓が2つ。
当時の国鉄機関車にはナイ、ヨーロピアンなお洒落さで、当然人気も高い。goodshine

現在はこのE854が1両しか残っていないが、昔は4両全機が展示されていた。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9123
(1995年10月撮影)
せいぞろりぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ

どうだい

さすがに4重連は迫力あったぞdash
本線上では見ることの出来なかったお姿だ。

ちなみに、機関車の前面に付いていたヘッドマークは、1996年5月の引退時に「最初で最後の一大イベント」として走った客車(JR12系)牽引時のモノ。

この姿を見たかったが、オラはこの最強企画を知らなかった。
なので、直前からユーラシア大陸鉄道横断旅行に出掛けてしまったという、悔やみきれナイ痛恨の失敗をしてしまった…crying
(ひこーきの予約時には知らなくて、その後に聞かされて大ショックを受けたcoldsweats02

まぁ、E851形とは「沿線の幼なじみ」みたいな関係なので、走っている雄姿は今でもしっかり記憶に残っているッスscissorsshine

つづいて、その子分をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9124
ぷりちーーーーーーっ

先ほどのE851形をちっこくして、色の塗り分けを反転させたようなお姿が特徴の「E31」形だ。
(この車両の番号はE31
古老達が足腰立たぬ状態になって来たので、後継機として昭和61年(1986年)に4両が造られた。

この機関車のモーター出力は520KWで、4ドアの黄色い電車(2000系)1両と大体同じ。

側面はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9125
機関車ながら窓は大きくて、車内は明るそうだshine

この子の最大の特徴は「自社製造」という点。
つまり、西武鉄道の所沢工場で、部品をかき集めて造られたのだ

戦後から一貫して自社車両を作り続けて来た、西武鉄道の技術力のカタマリでもある。good

かき集め」なので、各パーツは見た事あるモノばかり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9126
きゅうこくーーーーーーっ

この台車は「DT20」と言い、国鉄飯田線で走っていた旧型国電の湘南電車(80系)のモノ。
子会社の伊豆箱根鉄道の工場に眠っていたモノを譲り受けたとかいうウワサ。delicious

モーターは、次回「その2」に出て来る旧型電車のモノを再利用。recycle
故に、その電車とパゥヲーは同じということになる。

車体の裾にある製造銘板を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9127
とここーーーーーーーーーーーぅ

輝かしい「西武所沢車両工場」の文字がmaple

でも、昭和61年製なのにナゼか漢字が旧字体の「西武所澤車輛工場」になっている。
ワザと狙ったのか、箔を付けるための演出なのか…catface

オラのブログの愛読者ならご存知だと思うけど、残りの3両は静岡県の大井川鐡道にお引越しした。
そのお姿はこちらをクリックして見てチョーダイdelicious

貨物輸送の廃止と保線工事用車両の近代化により、30歳を前にして引退してしまった、機関車としては短命な子だった…weep
(大井川の3人も未だに走っていない)

機関車コーナーはここまでぇ~~~

つづいて電車のご紹介をば。

まずはコレからっしょ
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9128
れっだろーーーーーーっ

初代「レッドアロー」号こと、特急型の5000系だ。

でも、お顔しかナイねぇ…。catfacesweat02

…でも、心配ご無用
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9129
のこってるぅぅぅぅぅぅ~~~んheart01

ちぁ~ゃんと1両まるまる残っているのだgoodshine

こちらのお顔は、昭和44年(1969年)のデビュー当時に戻されている。recycle
昔は、ライトの間にある列車名の表示板が、鉄板を引っ掛ける方式だったのだ。

側面を見ていたら、特徴的な床下機器が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9130
とまれーーーーーーーっ

ブレーキ制御用の箱ッス。
このの四角いフタが特徴で、この時代の西武線車両の高性能車全てに付いていた。
なので、模型を買って来たら、まずはココにマジックで色を塗る作業から行ったモノぢゃsmile pencil

…お、見た事ナイモノが見えているぞっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9131
初めて見たーーーーーっ

現役時代は表に出ることが無かった連結面。
なので、当然、ココにこのようなプレートがあったことを知らなかった。sweat02
(「恐らくあるのだろう」という憶測はしていたが…)

西武新宿線には、1週間に4往復(土日の朝夕のみ)しか走っていなかったのでね。
見る機会が無かったから、関心も低かった…。catface

車体の右側を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
西武トレインフェスティバル2015その1-9132
やっぱ、あるねぇ~。delicious

西武線の一般の通勤型車両は、車体の側面にこの内容がペンキ書きされている。pencil
特急様は美しくなければならない為に、連結面(妻板)にプレートで付けられたのだろう。

ちなみに、れっだろーは山口県の「日立製作所 笠戸工場」で生まれた。
この縁か、現在の西武線車両(アルミ車)は、ほとんどが笠戸工場で造られている。wrench

さぁ、つづきも見て行こーーーーーーーーぅhappy02sweat01

つづき「その2」はこちらーーっ!

|

« 旅日記 ~「レアな特急“ちちぶ99号”で行く秩父の旅」2015~ | トップページ | 旅日記 ~「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」その2~ »

旅と鉄道(16西武・秩父)」カテゴリの記事

コメント

白い4000系に乗って坂を登って行く音を聞いてみたいなぁ~♪
電車や列車に乗って 楽しい♪と思ったら
今度は走ってる姿も見てみたいと思うワタシであります。trainnote

投稿: ひめ子 | 2016年5月23日 (月) 16時17分

★ ひめぶぅ

ホントは、昔のほうがもっと和音的なキレイな音がしたんだけどねぇ…
今はモーターが新しくなっちゃって、それほどキレイな音がしないのだ。crying

同じ音は諸氏のサイトに音源があるので、URLを教えるね♪

この白い電車、つい最近 水色のレストラン列車になって走り始めたぞぃshinerestaurant
伊予灘のパクりかもしれないケドぉ~smile

投稿: まりりん | 2016年5月23日 (月) 16時49分

セメント列車はその坂には入線しなかったんだよなぁ
東横瀬〜芦ヶ久保は他にも25パーミルがあるからそっちのために1000トン列車は重連だった

投稿: タキはいいぞ | 2018年1月 3日 (水) 01時06分

★ タキはいいぞさん

…あ、やっぱり。
そうですよね?
昔から疑問に思っていたんですよ。
鉄道誌に書いてあった記述があいまいだったので、小さい頃から勘違いして覚えていました。
(だって横瀬駅にタキをつれてくる必要性が無いですからねぇ…)
文章を記憶を修正しまーす。
ご指摘ありがとうございましたclover

投稿: まりりん | 2018年1月 4日 (木) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「レアな特急“ちちぶ99号”で行く秩父の旅」2015~ | トップページ | 旅日記 ~「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」その2~ »