« レイアウト日記 ~「トンネルの風景」の巻~ | トップページ | レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ »

2016年3月10日 (木)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その1:香港~

前回「予告編」からのつづきーっ!
「その10」はこちら)(「その20」はこちら)(「その30」はこちら)(「その40」はこちら)

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。sweat01

----------
★ はじめに&ご注意 ★

この旅は、2006年に行われたものです。
2016年の現在では、政治情勢や経済・環境等が大きく変化しています。
この当時と同じということはあり得ません。(現在の方が危険です)danger

ですので、この日記を見てそのまま同じように実行されると、思わぬ事故や事件に巻き込まれる可能性もありますので、実際に行かれる場合は自己責任で充分にお気を付けください。
必ず渡航先の事前調査をして、安全を確認してください。

日本語の他に中国語(北京語)が話せないと、かなり危険な目に遭ったりぼったくられたりします。
 ウイグル語も話せれば最高です。(わたくしめは喋れません)
 英語は、香港以外の中国本土に行くとほとんど使う場所がありませんので、中学生程度のカタコトが話せるくらいでOKです。
 (ウイグル人には、英語よりも日本語のほうが通じます)
----------

おウチでコタツに潜って読まれている方は、リラックスしてくださいませcloverjapanesetea delicious

…では、スタートdash

-----------------------------------

2006年6月28日(水):くもり

東京(とうきょう:Tokyo) → 香港(ホンコン:Hongkong)

さぁ、前人未踏…ならぬ「前オラ未踏の地」へ向かうぞhappy02dash

まずは「香港(ほんこん)」だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0101
(2016年のグーグルマップより)
もうこれ以上踏む場所がナイくらいに来とるだろーーーーがっ(笑)

今回の旅は、以下の順番で巡ることにした。recycle
…ってか、結果的にこうなった。coldsweats01

…香港
…広州
…深圳(シンセン)
…烏魯木斉(ウルムチ)
…喀什(カシュガル)
…喀拉庫勒湖(カラクリ湖)
…吐魯番(トルファン)
…烏魯木斉(ウルムチ)
…北京

香港と広州までは、仲間と3人で行くことになった。bud
特攻野郎Bチーム」のメンバー「BB」と、オラの学生時代の鉄仲間(以降「Rたん」と呼ぶ)だ。

BBは初海外なので、海外個人旅行のノウハウを伝授する目的もある。scissorsshine

13時過ぎに、京王線の「明大前(めいだいまえ)」駅でBBと合流。
荷物は少なくね」と言っておいたら、トートバッグ1つだけで来やがった。sports

…少な過ぎるにも程がある。sweat02

少な過ぎて、逆に税関で制止されそうなイキオイだ。coldsweats01
バッグの中は、サイフとパスポートしか入ってナイんぢゃなくねmoneybagbook

そのまま「新宿(しんじゅく)」駅まで移動し、ココから特急「成田エクスプレス27号」に乗る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0102
(2007年撮影)
わくわくheart01

海外に行く時は、いつも列車に乗る時からわくわくするhappy02
空港アクセス特急は、もうすでに「国際列車」の香りが漂っているからだ

-----------------
★ おしらせ ★

今回の日記に使用している写真は、全て別の時に撮ったモノです。
あまりに香港に通っているので、この旅の時は、ほとんど香港と広州までの写真を撮らなかった…coldsweats01

香港の駅名等は、「漢字名ひらがな・広東語読み:カタカナ・英語読み)」で書いてあるッス。bud

-----------------

車内でもいろいろとノウハウを伝授。recycle

1時間半後、列車は「成田空港(なりたくうこう)」駅に到着した。
(どちらのターミナルビルだったかは失念…sweat02

改札を出てすぐに、空港係員にパスポートを見せる。book
成田空港では、セキュリティーチェックのために、改札を出たすぐ後にパスポートなどの身分証明書が必要となる。
(後にこのシステムは廃止された)

エスカレーターでひたすら上がり、出発ロビーのチェックインカウンターへ行く。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0103
(2011年撮影)
どちらのターミナルビルだったのか失念したので、手持ちの第2ターミナルの写真でご勘弁を。coldsweats01

今回の旅のチェックイン方法は、自分で機械を操作するセルフ式だった。ticket
初めての方法なので、チト手間取った…sweat02
でも、画面にタッチするだけなので、ヒジョーに楽shine

そして、いよいよ出国審査へ。

サックリと通過出来たので、あっけなく出国してしまったsweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0104
(2014年撮影)
さぁ、もう日本であって日本でナイ、不思議なエリアだ

免税品や外貨両替の落とし穴等も、BBにレクチャーする。danger
(両替は、渡航先の国に着いてからのほうがレートが格段に良い)

搭乗ゲートの前でRたんと合流。papershine
BBとRたんは初対面なので、ここで紹介する。gemini

Rたんは仕事でひこーきに乗り慣れているので、マイレージが貯まっているのだ。dollar
なので、同じ便ながらも「shineビジネスクラスshine」様という、お大臣仕様となっている。chairshine

乗るひこーきは、18:30発の「NW001」便。
アメリカのノースウェスト航空で、「1」便と言うからには最重要路線なのだろう。
アメリカから来て、成田を経由して香港まで行く路線のようだ。airplane

搭乗ゲートが開き、Rたんは手前の豪華な通路を通って、先に機内へ消えて行った。
我々下民は、「下民ども、乗りやがれ」のアナウンスがあってから乗り込む。snailpenguinsign04

ひこーきはほぼ定刻に離陸した。airplaneupwardright

順調に飛ぶ機内でも、BBにいろいろとレクチャー。
香港の入出国カードの書き方なども教える。pencil

そして4時間半後の22時(香港時間:日本との時差は-1時間)に、香港国際空港に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0105
(2010年撮影)
また来たよぉ~~~~~~んhappy02shine

この繁体字とイギリス英語の案内板を見ると、わくわくするねheart01
(アメリカ英語とは結構違う)

入国審査を済ませ、3人とも無事に到着ロビーに出る。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0106
(2012年撮影)
帰って来たぜぇ~~~~~~い♪smilescissorsshine

香港国際空港の中は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0107
(2012年撮影)
キレイっしょshine

イギリス人の最後の置き土産として、中国返還の1997年に開業した。
それまでは、街中の建物上空をスレスレに飛ぶ、ワイルドな「啓徳機場(カイタック空港)」を使用していたのだ。
オラ的には、昔のほうが好きだったんだけどなぁ…catface
(航空路の下の住民からすれば、たまったモンぢゃなかったろうケド

さて、ココからは送迎バスなどナイ、完全な自由行動だ。free

…ってなワケなので、「」である我々は当然コレに乗ることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0108
(2008年撮影)
えぷすくれすぅぅぅぅぅ~~~~~

機場快綫(けいちぇぉんふぁいしん:エアポートエクスプレス)」と言う高速列車だ
機場快綫」を日本語で書くと「空港快線」。

我々は、日本から持参した「八達通(ぱーったーっとん:オクトパスカード)」(ICカード)があるので、サックリと乗車できる。scissorsshine
香港版「Suica」と言えば解りやすいか。

オラ達は、略して「タコカード」と呼んでいる。
チャージするのは「タコチャージsmile

この列車は、下車時にカードを改札にかざすだけ。
ココ「機場(けいちぇぉん:エアポート)」駅での乗車時は改札も無く、到着ロビーの先がそのままホームになっている。

ホームドアが開き、列車に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0109
(2004年撮影)
キレイっしょshine

エクスプレス」と言うだけあって、席はクロスシートになっている。chair
(向きとリクライニングは固定されたまま)

1両2ドアのデッキ無しで、ドアの両脇には荷物置き場がある。present
荷物置き場と座席の境の天井には、現在どこを走っているかが解る表示器がある。

停車駅は「青衣(ちぇんいー:チンイー)」「九龍(かうろん:カオルーン)」「香港(へぉんこん:ホンコン)」のみ。
10分おきに最高時速135Kmで、35Km25分で走る。dash
東京で言えば、JR中央線の「新宿~八王子」間や東海道線の「東京~東戸塚」間とほぼ同じ距離。
(路線図はこちらをクリックshine

この香港最速の列車、料金も香港最速(笑)
最初はHK$100(香港ドル:約1500円)で、ブーイングが多かったため、HK$70(約1000円)まで値下げした。down
でも、乗車率は比較的良い。

初めての外国の列車に、BBが大喜びlovelydash
高速でも、揺れずに静かだ。clover

途中に車庫があり、列車が寝ている。sleepy
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0110
(2010年BBが撮影)
あの青い列車が、このエクスプレスっす

真ん中の灰色の列車は、平行して走っている地下鉄「東涌(とんちょん:トンチュン)」線用だ。

途中、青衣駅の前後で吊り橋を渡る。
空港は島(赤鱲角島)にあるので、市街地がある「九龍半島」とは巨大な吊り橋で結ばれている。

橋の区間は両側に壁があるので、景色は一切見えナイ。catface
(台風の威力が半端ナイ地域なので)
頭上も高速道路があるので見えナイ。
その代り、足元の海はかろうじて見える。wave

九龍半島に入ると地下に潜る。subway
でも相変わらずカッ飛ばす。dash

そして、海底トンネルを通り、「香港島」へ渡る。
その渡った先にあるのが、終点の香港駅だ。end

アッという間に終点に着いたカンジ。sweat01
確かに、コレで1500円は高く感じる。sweat02
(それだけ「高速で走っている」ということなんだけどねcoldsweats01

ココからは一般の地下鉄に乗り換える。recycle

地下鉄の駅は「中環(ちょんわん:セントラル)」駅と呼ばれていて、香港屈指のビジネス街にある。buildingbuildingbuilding
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0111
(2005年同行者が撮影)
いつも混んでいるねぇ~~~~sweat01

他路線との乗換駅でもあるので、いつも人で溢れている。typhoonsweat01
ラッシュ時は、山手線と変わらない混みっぷりだdash

今から行くお宿は香港島にあるので、青い色の路線(港島線)に乗る。train

地下鉄車両はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0112
(2000年撮影)
地上に出る区間もあるので、列車のお姿も見ることが出来る。bud

そして10分ほど乗って、「炮台山(ぱーうといさーん:フォートレスヒル)」駅で下車。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0113
(2005年同行者が撮影)
オラの街に帰って来たぜぃ♪scissorsshine

昔から、どのツアーで来ても泊まるお宿がほとんど一緒だったので、この駅の周辺は詳しい。delicious
この辺は「北角(ぱっこっ:ノースポイント)」と呼ばれるエリアだ。

半ば「定宿」と化した、いつものホテルへ向かう。penguinsign04

…あ、実際は夜の23時くらいだからね。night
解りやすくするために、日中のおさしんを載せているッス

この地下鉄出口の前の道路はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0114
(2012年撮影)
2階建てバスが壁を作っちょる…coldsweats01

この道は真ん中に2階建て路面電車も走っていて、下町の雰囲気がタップリshinegood
お宿は、左のビルの裏側にある。upwardleft

左の横道に入り、すぐ目の前の小さな交差点を右に曲がると、お宿の正面だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0115
(2012年撮影)
ただいまぁ~~~~~~happy02papershine

城市花園酒店(シティーガーデンホテル)」と言う。
結構「老舗」の部類に入るのかなぁ~。

3人でチェックイン。
オラとBBは2人部屋、Rたんはシングルルーム。
ココにも貴族と平民の差が…coldsweats01

とりあえず荷物を置いて、一呼吸。cloverjapanesetea
いやぁ~、移動だらけで疲れた。sad

…さて、夕飯を食べに行こうrestaurant

3人でサックリと外に出る。
夜も遅いので、宿の近くにある行き慣れた店はもう閉まっていた。despair
なので、付近を歩いて開いていた小さな食堂に入る。

香港の大衆食堂はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0116
(2012年撮影)
どの店も造りが大体統一されているのがフシギcoldsweats01

入口の厨房が左右逆か…くらいの差しかナイ。recycle

早速、香港ならではの大衆的な広東料理を注文する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
我的長征2006・その1-0117
(2010年BBが撮影)
わんたんみ~~~~~~~んnoodleshine

まずは、ゼッタイに外せない麦汁様heart01 beershine
そして茹でエビ雲呑麺(わんたんみん)なども食べる。scorpius noodle

まいう~~~~~♪happy02sweat01

やっと、胃袋も香港に来たことを認識したようだ
2人も美味しいそうに食べている。delicious delicious

たくさん食べたいけど、今日はもう遅いのでココまで~。end
明日から爆食いしようheart01smile

帰りがけに、ホテルの周囲にあるコンビニに寄る。24hours
コンビニでもオクトパスカードが使えるので、現金の手持ちが少なくてもモウマンタ~イ(無問題)scissorsshine
HK$1未満の小銭(セント硬貨)も増えナイので、サイフもスッキリmoneybagempty

部屋に戻ってベッドでゴロゴロ。typhoon

さぁ、もう寝ますわよん

おやすみんみぃ~~~~~んhappy01papershine

つづき「その2」はこちらーっ!

|

« レイアウト日記 ~「トンネルの風景」の巻~ | トップページ | レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ »

▼シルクロード一人旅」カテゴリの記事

コメント

懐かしい香港のお写真^^
2階建てのバス…
表示はつい漢字を見ちゃうけど英語表示の方がわかるんだよね。
35Km移動で1500円?
豊橋から新安城まで新幹線で行くような値段ですな。
早いけど高い…。1000円ならいいかな。

投稿: ばんび | 2016年3月10日 (木) 08時42分

けいちぇん、くうこう、えあぽーと、翻訳楽し、
「人境検査」? 検査は日本語と一緒、標識面白い☆

投稿: bell | 2016年3月10日 (木) 08時50分

二階建てバス画像背景のマンションの窓は洗濯物かい?

投稿: bell | 2016年3月10日 (木) 08時56分

★ ばんびさん

まぁ、セントレアから名古屋市内まで名鉄特急に乗って行くようなモンだがや。delicious

香港は英国領だったのに、広東人に地名や芸能人名を英語で言うと通じないというこの事実。sweat02

投稿: まりりん | 2016年3月10日 (木) 10時21分

★ おっかさま

「入境検査」ッスnote
出国は「出境」になるッスairplane

高層住宅の窓には、当然洗濯物でしょう。t-shirtdenim
…湿気で乾かないケド。smile

投稿: まりりん | 2016年3月10日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト日記 ~「トンネルの風景」の巻~ | トップページ | レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ »