« 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その4~ »

2015年8月20日 (木)

旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その3~

前回「ELレトロ栃木・福島号2015その2」のつづきーっ!

2015年6月6日横浜から郡山まで走った、超~激レアな臨時列車「ELレトロ栃木・福島号」に乗ったぢょんheart01happy02sweat01
(全4回シリーズ)

12時16分、列車は「白河(しらかわ)」駅に到着した。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
9301
発車は12時45分だってぇ~

30分あるので、みんなぞろぞろ降りて撮影タ~~イムcamerashine

…ってなワケで、今回はこの列車のお姿を、細部にわたっていろいろとご紹介shine
(かなり鉄分濃ゆいでheart01smile

まずは、古老と駅名板のコラボで1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9302
駅名板以外は昭和のままだね

ホームの屋根と柱が古くて良いgoodshine

古老「スハフ32」の前には駅員さんが立っていた。shadow
(画像をクリックすると拡大するよん)
9303
ハッピ~~~~~~~ィdash

この列車のためか、駅員さんみんなが法被(はっぴ)を着ている
背中の(JR)が、なんかカワユイheart01delicious

古老と機関車の前に行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
9304
ココにも白いダンディ氏がっdash

ほぼ間違いなく、白河駅長さんであろう。shadowshine

…なんか、駅員さんたちのほのぼのした表情が「みちのくの人」というカンジがして微笑ましいclover happy01
横浜駅長は、表情がキリッとした「都会の人」というカンジがいていた。shadowshinebuilding

…んでは、先頭に行って機関車のお顔をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9305
どどーーーーーーーーーんdash

横浜駅では撮れなかったアングルだねぇ~。delicious
さすがに、ホームに撮り鉄の姿は少ないので、のんびり撮影出来るcameraclover

この機関車「EF81 97」号機は、最近まで寝台特急北斗星」の牽引機だった。nightshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9306
この銀色の流れ星が、その証拠だscissorsshine

一般のEF81には、流れ星マークは付いていない。

側面の銘板を見てみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9307
ヒタァーーーーチdash

日立」の名の通り、1973年(昭和48年)に「日立製作所(HITACHI)」で造られた。wrench

車端部の車体標記も撮っておいた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9308
…お、重い。sweat02

換算10.0」というのは「換算10.0両」と読み、「約100t」という意味。(換算1両=10t)
実際の重量は「100.8t」ある。trainshine
電車が約30~40tなので、機関車は重いということがご理解頂けよう…。

2」というのは「2位(にい)」と読み、車両の向き(車端)を数字で記したもの。
機関車のように前後に同じ顔がある車体だと、あちこち走っているうちにどちら向きだか判らなくなる。sweat02
メンテナンスなどに不都合が出るので、すべての鉄道車両に「向き」が決められている。leftright

一般的には、お顔(車端)に向かって見た時、左側が「1位」で、右側が「2位」。
前後左右で「1位」~「4位」まで決まっている。onetwothreefour

両端にお顔がある場合は、主要な機器がある方が1・2位となる。
(こちらのお顔側を「1エンド」とも呼ぶ。反対側のお顔は「2エンド」)budend

隣の「21-12 秋田総合車セ」は、「平成21年12月に秋田総合車両センターで検査を受けた」という意味。
自動車で言う「車検」だ。trainwrenchshine

この機関車の所属は東京都の田端(たばた)なので、わざわざ秋田県まで行って検査を受けたことになる。sweat01
…まぁ、普段から上野青森間を走っていたので、秋田に行くことはそれほど大変な事ではナ~イscissorsshine

さらに横に書いてある「P」「Ps」は、「自動列車停止装置(ATS)」の種類のこと。
ATS-P型」(首都圏等で一般的に使用)と「ATS-Ps型」(仙台・新潟周辺で使用)の2種類が搭載されている。clover

次に、機関車と古老の連結面をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9309
国鉄だねぇ~~~~~~shinedelicious

古老の連結面(妻板)の優美な折れ曲がり具合が、「shineお召列車shine」を彷彿させる
他の旧型客車は平面なので、まるで雰囲気が違うのだ。clover

機関車の側面窓の下に見える、黒地に白文字の「」というのは、「田端運転所の所属」という意味。
東京の「田端(たばた)」駅と「尾久(おく)」駅の間にある。on

では、古老のお姿を見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9310
シヴいねぇ~~~~~happy02sweat01

戦前製の「スハフ32」形は、小窓が並んでいるのが特徴。
戦後に製造された客車からは、窓幅が1mの大型になった。

ドア上の屋根もすぼまっている。chick
コレも戦後からは真四角の食パン型車体になった。bread

ドア裾の横に書いてある「タカ」は、「高崎車両センターの所属」という意味。
JR東日本の旧型客車(全7両)は、群馬県の高崎がホームグラウンドなのだ。bud

車内を見てみよう。eyeshine

客室の、デッキとの仕切り上部を見ると…up
(画像をクリックすると拡大するよん)
9311
レトロだねぇ~~~~

車内放送用のスピーカーが木枠だよ
…ってか、壁や天井も木なのだが。coldsweats01

車両の名前は「スハフ32 2357」。
覚えておいてね、試験に出るよ(笑)

ちなみに、旧客の2000番台は「電気暖房(ヒーター)が付いているよ」という意味。thunder
なので、電気暖房が取り付けられる前は「スハフ32 357」というお名前だった。
その時は蒸気暖房(スチームヒーター)のみだったのだ。spa

仕切り板の、左側座席上部と見ると…upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
9312
いい日旅立ちぃぃぃぃ~~~~~っdash

国鉄時代の結構古い路線図だshine

拡大してみると、東京にはまだ武蔵野総武快速京葉埼京線などは存在していない。
逆に、下河原線(府中の東京競馬場前駅)らしき線も見える。
東北地方も、今は廃線や第3セクターの私鉄になってしまった路線が多く記されているようだ。pencil
当然、東北・上越新幹線もまだナイ。bullettrain

右側座席の上には、確かこの古老の解説(生い立ち)が貼ってあったと思う。book
昔も読んだので、スルーしてしまった…coldsweats01

次に中間の車両達をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9313
窓が大きいっしょ。on

2~6号車の車両は、「43系」と呼ばれるグループ。
戦後製造の標準型で、急行列車でたくさん使用された。
全体的に角ばっているのが特徴。bread

車端部を見てみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9314
おはぁ~~~~~~~♪sunshinepaper

この車両は「オハ47」形と言い、客室とトイレ・洗面台の設備のみのタイプ。
元々は「スハ43」と名乗っていたのだが、軽量化のために台車を軽いモノに履き替えて「オハ47」と名を変えた。recycle
(車体は全く変化なし)

オハ」や「スハ」などの「」「」は、車両の重さを表している。pig
軽い方から「」「」「」「」「」「」「」と変化していく。
(コレも試験に出るよ~)

「コ:小型」「ホ:ボギー車」「ナ:中型」「オ:大型」…というような語源らしい。(正解は不明)
「ス:すごい!」「マ:まぢっすか!!」「カ:勘弁してくれ~」と覚えると、覚えやすいsmile
(まぢめに言うと、「ス:スーパー」「マ:マキシマム」「カ:濶大(かつだい)」が正解であろう…catface

明治~大正時代は、まだ小型の木造で軽かったので「コハ」「ホハ」などがあった。
戦前は大型化したので重くなり過ぎて「マハ」「カシ」などが存在。
戦後になり、軽量化技術が進歩したので、現在は「ナハ」「オハ」「スハ」辺りが標準となっている。clover
荷物車や寝台車の電源(発電)などは重いので、「マニ」「カニ」などが存在している。

オハ」の「」は「3等座席車(イロハのハ)」の意味。
荷物車は「」(マニ等)で、郵便車は「」(オユ等)となる。presentpostoffice

車端に車掌室が付くと、「」が追加される。(スハフ等)
」は、恐らく「ブレーキ」の意味。
車掌室内には、車掌さんがブレーキを掛けられる大きなハンドルが付いている。
(後で写真が出て来るよん)

これらの客車も、秋田で検査&更新工事を受けたんだね…。wrenchshine

ドアも見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9315
だるまさんが開いたぁーーーっdash

旧型客車のドアは、窓ガラスの形状が数種類あって、修繕の時に結構場当たり的に取り替えられている。recycle
なので、1つの車両に3種類のドアが付いていたりすることもよくあった。cherry

手前の車両のドアは、横長のガラスが2枚、上下に嵌められている。updown
このタイプは通称「ダルマ」と呼ばれている。clover
一般的には縦長のガラスが1枚嵌っているだけなので、ダルマさんは数が少ないほうだ。

さて、今回の乗車でヒジョーに気になったモノがコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9316
光ってるぅぅぅぅぅ~~~~っshineflair

ドアが開いている時に光る「車側(しゃそく)表示灯」だ。
電車では当たり前についているこの設備、ロック無しの完全手動ドアの旧型客車には必要のナイものだった。
だが、安全上ドアロック機構が追加されたので、この表示灯も追設されたのだ。wrench

しかも、最新式のLEDというのが、時代のギャップあり過ぎ。sweat02
旧型客車はエンジンの発電機がナイので、バッテリー保護のためにも省電力のLED化は仕方ナイ。bud
(車輪が回転している時に小さな発電機を回しているtyphoonthunder

編成の中間部分に行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
9317
はふはふぅ~~~~~~~

車掌室が向かい合ってつながっている。

この2両の車両は「スハフ42」形と言う。
戦前の車両は車掌室が客室と車端のドア(デッキ)の間にあったので、最後尾のデッキの貫通路から線路に転落する人が多かったそうな。downimpact
このスハフ42のような、車端に車掌室があるタイプになってからは、最後尾のデッキと車掌室の間にあるドアに鍵を掛けられるようになったため、転落事故も減ったとのこと。clover

車掌室下にあった列車種別板(サボ)も撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9318
…特製品だね。

昔は「急行」「列車名指定席自由席」の2種類のプレートが、交互に挿し込まれていた。
(国鉄時代はプレートごとに挿す位置も決まっていた)
ちなみに、「サボ」とは「サイドボード(側に付ける板)」の意味。

この車両は「換算 積3.5 空3.0」なので、おおよそ「空車時30t、満員時35t」というのが判るね

さてさて、最後尾の車両にたどり着いたぞend
(画像をクリックすると拡大するよん)
9319
おはにぃ~~~~んheart01

オハニ36」形と言う、座席と荷物室の合造車だ。chair present
客室・荷物室・車掌室の順に並んでいる。
(荷物・郵便室がある車両には、「」の記号は通常付かナイ。車掌室があるのが当たり前だったからだ)

生まれた当時は「オハニ63」という名前だったのだが、戦後のいろいろな日米(進駐軍)間の大人の事情により、「63」から(台車を履き替えて)「36」へと改名した。recycle
旧型客車の「60」番台(「オハ61」等)は、大正の木造客車を鋼体化改造した、ローカル線普通列車用の簡素で窮屈な設備のグループ。

このおはにん、「63」なのに客室設備は急行用の「43系」と同じ豪華バージョンで造られた。
なので、内装は「スハ43(オハ47)」と全く同じ。chairshine

…ココが進駐軍の司令部を上手く騙した成果なのだsmile
(話すと1冊の本になるくらい長いので割愛hairsalon

では、おはにんの車内に入ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9320
シヴいぢゃろ

おはにんも古老と同じくニス塗りの内装なのだ。goodshine
中間にいるオハ47やスハフ42も、元はコレと同じニス塗りだった。

改修前は、唯一の白熱電球の照明が付いている車両だったので、人気がハンパ無かったdash
今は他車と同じく電球色LEDの照明に替えられている。recycle

そうそう、旧型客車の網棚はホントに「」なので、ご覧のように荷物を載せると「だらりん」と垂れ下がる。down
網は丈夫な木綿製だそうな。bud

古老とおはにんの座席は、似ているが背もたれ部分の厚みが違う。(古老のみ薄い)
なので、長時間座っていると背中の疲れ具合に差が出て来る。coldsweats01

おはにんの本名は「オハニ36 11」。
2000番台ではナイので、電気ヒーターは付いていない。thunderspaempty
(改修後はさすがに付いていると思うが…catface

1991年の初春に乗った時は寒かった…snowpenguinsweat01
(蒸気暖房を供給できる機関車が、もういなかったので)

さぁ、「おはにん」といえば「荷物室sign01dash

荷物室を覗いてみると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9321
ギャランドゥdash

大きな荷物が置けるように、中はがらんどうになっている。empty
床も壁も天井も全てだ。
天井は鉄骨の骨組みが剥き出しになっていて、各扉の内側には保護柵が付いている。
照明は、荷がぶつかって電球が割れないように、鉄の棒2本のガードが付いている。

奥は車掌室shadow

車掌室前から客室側に向いて撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
9322
室内の色が、灰緑ベージュと変化しているのが判る。recycle

荷物室の灰緑色は、国鉄の乗務員(業務用)室では一般的な色だ。bud
昭和中~後期の通勤電車(103系113系など)の客室にも採用されていた。

荷物室の扉はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9323
お荷物用なので、間口は広い。on

一般的に荷物車や郵便車用の扉は完全に手動で、ロック機構などは付いていない。free
窓ガラスは、枠ごと下へストンと落として開けることが出来る。updown

最後に車掌室をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9324
シンプルっしょ。clover

ドアロック機構が付いたので、乗務員扉の脇に機器箱が追加されているようだ。
ちなみに、おはにんの乗務員扉は横にスライドして開閉する。(引き戸)leftrightdoor
客室ドアの開き戸タイプとは違う。(電車と逆だね
荷物車郵便車は、ほとんどが引き戸だ。leftrightdoor

車掌室の右側はこんなカンジ。upwardright
(画像をクリックすると拡大するよん)
9325
はんどるぅ~~~~~

ブレーキ用の大きなハンドルがあるっしょ。
これをグルグル回すとブレーキが掛かる。typhoon
走行中の緊急時や、客車だけ車庫に留置する時に使用する。dangernightsleepy

おはにんの後ろ姿をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9326
ぽっくんぶぁい

赤丸ほっぺと屋根のアンテナが無ければ、超現役当時のお姿になれるのに…crying

…こうやって見ると「おぼっちゃまくん」だなや。(笑)

ホームで写真を撮っていたら、駅の外から賑やかな音が聞こえて来た。notes
(画像をクリックすると拡大するよん)
9327
駅前でお祭りやってるぅぅぅぅ~~~~~♪shineeventnotesshine

グーゼンなのか、お祭りのイベントに一役買っているようだ。(…多分 coldsweats01
フェンスの向こうからこちらを撮影している人もチラホラ。camerashine

戦隊モノのショーもやっていたようで、仲間の「SOMA」氏が声を掛けたらホームに向かってポーズを取ってくれたshadowshine
(写真はこちらをクリックshine

停車中に対向列車が2本来たので、そのお姿も撮っておいた。camerashine

まずは1枚目。
(画像をクリックすると拡大するよん)
9328
みちのくの通勤・通学用列車の「701系」だ。

青森県から福島県までいる、東北の一大グループtulip
車内設備については賛否両論あるが、普通列車の高速化に寄与したのは間違いナイ。goodshine
それまでは、こちらの客車が普通列車で走っていたのだから…snailsign04

そしてお次は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
9329
きんたろーーーーーーーーーーぉdash

金太郎」こと「EH500形」機関車だ。
かなりの力持ちなので、側面に金太郎のイラストが描かれている。

函館東京まで直通で貨物列車を引っ張れるように設計・製造された。wrench
だが、現在は九州にもいたりする。delicious

さぁ、コレで車両の解説はおしまい。end

もう少し時間があるので、引き続き写真を撮りまくるわよぉ~~~~~~~んdash

つづき「ELレトロ栃木・福島号2015その4」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その4~ »

旅と鉄道(02東北)」カテゴリの記事

旅と鉄道(11旧型客車)」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん
レト~ロ!そしてシブ~イ(^o^)丿
昔は電車とか列車なんて言わなくて全部まとめて「汽車」って呼んでたよ。
乗ると塗装と油のにおいに包まれた異空間、
なかなか開かない窓を大人に手伝ってもらって開けたっけ…
そんな昔のことを思い出せました^^
そして記号やマークにはたくさんの意味が込められているのね!

投稿: あめぶる | 2015年8月20日 (木) 06時41分

日本国有鉄道案内図!好いなぁ

投稿: belll | 2015年8月20日 (木) 08時04分

★ 師匠ぉ

今でも青森と茨城では「汽車」って呼んでっぺupdelicious

…そう、最近の車両にナイのは「油のニオイ」なのだっdash

記号やマークは、表示が法律(規則)で決められているので、意味のナイものはありませぇ~~んbud

投稿: まりりん | 2015年8月20日 (木) 12時22分

★ おっかさま

この地図は当時(戦前?)の本物です。clover
(コピーかもしれないケド)

他にも北海道・西日本・四国・九州版などがあって、その地域を走る車両に掲げられていました~~shine

…ってか、おっかさまのほうが詳しいでしょうケド。smile

投稿: まりりん | 2015年8月20日 (木) 12時27分

車両の名前はスハフ32 2357。φ(・ω・ )メモメモ
車両の名前はスハフ32 2357。φ(・ω・ )メモメモ
車両の名前は・・・・・・。(´△`)Zzzz・・・。o○

スハフ32 2357の大きな窓が素敵だー♪
あの窓から景色を眺めてみたいー。( ̄▽ ̄)

投稿: ひめ子 | 2015年8月20日 (木) 22時38分

★ ひめぽ

…だから、スハフ32は窓が小さいんだってば。catfacesweat02

投稿: まりりん | 2015年8月21日 (金) 03時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「酔い子のみちのく列車旅。ELレトロ栃木・福島号 2015」その4~ »