« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト 宿河原駅風」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ »

2015年7月 9日 (木)

旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その1・ホリデー快速と奥多摩駅~

今回は、2015年4月29日に探検した東京都の秘境「奥多摩(おくたま)」の、愛と笑いと酔いと涙の物語なのだscissorsshine
(全4回シリーズ)

東京都内を、オレンジ色の電車でほぼ端から端まで大移動するぞdash
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2101
こんな山奥でも東京都ぉ~shine

4月上旬だったか、「GWに近場の阿佐ヶ谷(あさがや)に餃子食べに行こうぜぇ~」と仲間達を誘ったら、「特攻野郎Bチーム」の「ボブ」隊員のみの参加になってしまったが、ハナシが膨らんで「奥多摩も行くぅ~」となった。coldsweats01
…ってなワケで「休日おでかけパス」を買ってスタンバイ。ticketshine

29日朝、JR中央線「中野(なかの)」駅でボブ隊員を待つ。clover
ボブは指定した列車に「新宿(しんじゅく)」駅から乗り込んでいるので、車内で合流という作戦。scissorsshine

中野駅で列車を待つ。penguin
やけにカメラを持った鉄ちゃんが多いな…catfacesweat02

すると、ほどなく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2102
なるほど、コレか。catface

絶滅寸前の特急型電車「183(189)系」の、編成だ。bud

今日は快速列車で、山梨県の「河口湖(かわぐちこ)」駅まで走る。
富士山を観に行くなら、コレはタイヘン便利&快適&安い列車だgoodshinefuji

そしてこのすぐ後に、我々の乗る「ホリデー快速 おくたま5号」(奥多摩行き)がやって来た。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2103
(2007年4月1日撮影)
こちらはフツーの中央線快速列車の車両(E233系)。bud

最後尾(1号車)の車内でボブと合流。papershine
新宿始発のためか、余裕で座れたのでずっとおしゃべり…。happy02
ひたすらしゃべり続け、気が付けば中央線から青梅線へ。trainsign04

途中の「拝島(はいじま)」駅で、前4両の「ホリデー快速 あきがわ5号」(「武蔵五日市(むさしいつかいち)」行き)を切り離し、ココからは6両編成となる。bud

ひたすらのてのて走り(青梅線内は追い越し設備がナイので、停まらナイだけで速くはナイ)、「青梅(おうめ)」駅に到着。cloversnailsign04
ココからは、山間部の単線をクネクネとゆっくり走る。cancer

この列車は、ハイキング客などのために、青梅線の終点の奥多摩駅まで直通運転してくれるのだ
(平日は走ってナイ。青梅駅までは毎日頻繁に直通on

そして、「御嶽(みたけ)」駅に到着。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2104
大半の客がドドーーーっと降りた。trainsign04runrun

みんな登山の格好をしている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2105
御岳山(みたけさん)」にでも登るのだろう…。clover

御岳山は、高尾山と並んで東京のハイキングのメッカなのだscissorsshinefuji
我々も後で来るよぉ~~~んhappy02

余談だが、駅名は「御嶽」で、お山は「御岳」と書く。
昔のオレンジ色の電車101系)の時代は、行き先の字幕に「御岳」と書かれた車両もいたが、今は「御嶽」で統一されている。on

上り列車との待ち合わせのため、少々停車。clover
ココまでしゃべりまくりで何も撮らなかったので、写真を撮ることにした。coldsweats01

まずは、今乗っている列車の名前をば。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2106
おくたま号」は一日3往復ある、昔から走っている都心からの奥多摩直通列車だ。on

ホームと反対側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2107
さすが奥多摩、山深い………ハゲちょるcoldsweats02dash

ちょうど目の前の山肌に植えられていた杉の木が、キレイサッパリ切り取られている
まるでバリカンで刈られた少年の後頭部みたいだ。coldsweats01

上り列車がやって来た。trainsign04
ココを走る列車は、今や全て同じ車両(E233系)のため、敢えて撮ることはしなかった。
昔は石灰石の貨物列車もバンバン走っていたのに…crying

列車はまたもやクネクネのてのて走る。snailsign04

そして、10時チョット前に終点の奥多摩駅に到着した。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2108
ココが東京都でイチバン山奥にある駅だぜぇ~ぃscissorsshine

ココから奥は「青梅街道」が山梨県までつづいているのみ。on
かなり険しい峠道だったが、改良工事後はだいぶ通りやすくなった。goodshine

さて、奥多摩駅と言えばいくつかの名物がある。shine

まずはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2109
御開帳ぉ~~~~~~~っon

車両とホームのスキマがすんごいのだsweat01
戦時中、山間の狭い土地に急いで造ったので、駅全体が急カーブになっている。down

まずは我々の乗った列車が着いたホームの御開帳を楽しんだ後は、対面のホームの御開帳も。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2110
こちらは車端部が大きく御開帳する。on

でも、東武線の「浅草(あさくさ)」駅には敵わないdash
(浅草駅の御開帳具合はこちらをクリックshine

2つ目の名物を観に、ホームの奥の先っぽへ移動する。end

一応、今乗って来た列車も撮っておいた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2111
平日は、こちらのホームに停まる列車は少ない。bud

しかも、各駅停車は途中駅のホーム長さの関係から4両編成なので、このホリデー快速(6両編成)の位置まで車両が来ない。catface
6両編成が停まれるホームがある駅(ホリデー快速の停車駅)は、青梅駅の先は御嶽駅と奥多摩駅のみ。clover
(最大7両まで可能。101系時代は7両編成だった)

ちなみに、昔撮った同じ位置からのおさしんはコレだ。camerashine
奥多摩の旅2015その1-2112
(2000年頃撮影?オラが撮ったモノではナイかもしれない…sweat02
やはり中央線ファミリーはオレンジ色に限るheart01

後ろにもチラッと写っているが、2つ目の名物はこのホームの先にある。downwardleft

振り返って見ると…recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2113
にぎやかーーーーーーーっ

こんな静かな山奥に、こんなデカい工場sweat01dash

コレこそが、青梅線がココまで伸びて来た最大の理由だ。
産出される石灰石を、川崎の臨海工業地帯にあるセメント工場まで運ぶのだ。trainsign04

現在はダンプカーが頻繁に出入りしているが、昔は貨物線のヤードがあった。

同じアングルで撮った当時のおさしんがコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2114
ホッキーーーーーーーーーーーっ

赤ホキ」と呼ばれた、レンガ色をした石灰石運搬用貨車「ホキ2500(9500)」と、「黒ホキ」と呼ばれた旧型の黒い「ホキ34200」が、目の前にうぢゃうぢゃいた。dash
当時の様子はこちらの日記をご覧あれshine

青い機関車「EF64-1000」の奥にある建物に入っている赤ホッキーがいる場所が、石灰石を積み込んだ場所。bud
ホームにいても、激しい「ガラガラガラガラーーーっ」という爆音が聞こえて来た。impactdash

ちなみに、手前に写っているコンテナ風の貨車チキ80000)は、生石灰(きせっかい:酸化カルシウム)を運ぶモノ。
コレは水に塗れると超~発熱するので、取扱い要注意だった。dangerbansweat01
駅弁などで、ヒモを引っ張ると湯気が出て暖かくなるのがあるっしょ。spadash
アレの中身ッスよscissorsshine

さて、名物も見れたので、駅の外に出よう。bud

改札を出て、駅舎の外に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2115
駅舎は山小屋風なのだclover

昔からこのスタイルで、コレも名物の1つ。scissorsshine

駅前には、奥地へ行くバスがたくさん待機している。bus
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2116
にしとーきょーーーーーーっdash

西東京バス」と言う、その名の通りの東京西部を走っているバス。busshine

京王帝都電鉄の子会社だったので、車体の塗装が昔の京王バスとソックリになっている。
(現在の京王バスは色がまったく違う)
今でも京王グループの一員だ。clover

この光景を見ると「奥多摩に来たなぁ~」と今でも思う。delicious

では、ココでの目的地へ移動しよう……と思ったら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2117
なんかいるぅぅぅぅぅーーーーーーっsweat01

珍しく混雑している駅前広場に、何やらアヤシゲな物体が…sweat02

近付いたら、正面を向いてくれた。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2118
ワサーーーーーーーーーーーーーーービdash

奥多摩町の公式ゆるキャラ「わさぴー」だheart01
2015年4月1日に辞令が交付されて就任した、ピッカピカの新人さんだそうだshine

後ろ姿も撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2119
なかなかぷりち~ですのぉ~heart01shine

わさぴーは、奥多摩町のサイトでも紹介されているのでご覧あれっgoodshine

さぁ、移動しようdash

駅前広場でトイレに行こうとしたら大行列(特に女子)だったので、とりあえずスルー。toiletsign04
緊急ではナイのでね。coldsweats01

駅前を左に曲がり、坂道を下る。downwardleft
すぐに青梅街道との交差点に出るので、脇道をに曲がり、急な坂を登る。upwardleft

すると、青梅線の踏切に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2120
コレが現在の奥多摩駅の全貌だ。shine

昔は、この右側にある駐車場すべてが貨物ヤードだった。
時代は激変したのぉ…catfacesweat02

さらに坂道を登り、左の細~い道に入る。upwardleft
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2121
完全なる生活道路だclover

目の前にぶら下がっていた藤の花が見事だったので、思わず1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2122
デカいねぇ~~~~~sweat01

山の中だとのびのび育てられるからイイね。clovergoodshine
都心だと「隣家にはみ出たpoutdash」だの何だの問題が…sweat02

次の目的地は、この小路の先にある。up

坂道をテコテコ登っていると…penguinsign04
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2123
左側の視界が開けた。upwardleftshine

左を見ると…eyeshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2124
ガッコーーーーーっschooldash

目の前に小学校のプールがっsweat01fish
この狭い土地にがむばって校舎を建てているね。wrench
敷地内がかなり立体的だ…coldsweats01

目の前の民家から、何やらひっきりなしに吠える声が…sweat02

近寄ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2125
(ボブが撮影)
ばぅばぅばぅばぅばぅっdash

わんこが我々に対してずっと吠えまくっていた。dogdash
隣に座っているたくさんのたちは、どっしりと座ったまま。catclover

このわんこ、警戒しているのかと思ったら、しっぽはフリフリ。upheart01
久々の人で嬉しくて歓迎しているのかな?coldsweats01

…にしてもこのわんこ、ナゼにオラに目を合わせナイsweat02
同行のボブをずーーーーーーっと見続けたまま吠えている。dash

…一目惚れか(笑)

わんこに「バイバ~イ」と言った後、さらに進む。penguinsign04

すぐに景色のイイ場所に来た。bud
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2126
奥多摩の街が一望だ

校庭のすぐ奥が奥多摩駅で、ちょうど我々の乗って来た「ホリデー快速」が回送列車で発車するところだった。
街が静かなので、電車の音がはっきり聞こえる。trainsign04

ちなみに、奥の山地が山梨方面。upwardright
東京都心は左側だ。downwardleft

小路の正面を見たら、イキナリ景色が変化した。recycle
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2127
おぉsign01セメント工場dash

セメント工場の脇を登って行く。upwardright
工場からは「ガラガラ」という、石が転がるような音が激しくつづいている。typhoonsweat01

少し進むと、小さなX字状の交差点に出た。clover

そこにはこんなカンバンが。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2128
危険 立入禁止 奥多摩工業株式会社dangerdash

どの道に進めばイイんだろう…?sweat02
…ってか進んでイイの?coldsweats01sweat01

周囲はけたたましい騒音と、ナゼか硫黄のニオイが…sweat02
温泉でも出ているのか?spa

とりあえず、このカンバンが表示されていない右斜め上に伸びる道を選択する。upwardright

坂を登り始めてすぐ、正面に見えた光景は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その1-2129
…あれ、工場の敷地に入っちゃったsweat02

頭上からも工場の音が激しく降って来る。impactwrenchdash

あれれれれ~~~~~。sweat01

…まいっか、「立ち入り禁止」って書かれていなかったからこのまま進もうsmile

さぁ、サクサク進むよぉ~~~~~んpenguinsign04

つづき「奥多摩2015その2」はこちらーっ!

|

« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト 宿河原駅風」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

旦那さんが柏に居た頃(1998頃)ドライブで行った、河合玉堂美術館、かんざし会館、いもうとや、多摩川の崖に戸建ての客室の宿、大雨、思い出したわ、ハゲ山の画像玉堂美術館みたい、

投稿: belll | 2015年7月 9日 (木) 08時10分

車両とホームの隙間はちょっと怖いね。(^-^;sweat01
とっても危険そうなんだけど電車内やホームで気を付けて下さい~。的なアナウンスとかってしてないのかな?

あと、奥多摩駅にある工場なんだけど。
同じアングルでもこうも変わってしまってるんだね。
昔の写真の方が機関車とか貨車とかもいてしばらく見学してみたい感じがしたよ♪

投稿: ひめ子 | 2015年7月 9日 (木) 10時21分

★ おっかさま

まだまだ続きがあるので、じっくり読んでねぇ~upscissorsshine

投稿: まりりん | 2015年7月 9日 (木) 13時32分

★ ひめぽ

ホームでは、電車が来るとスキマが光るようにはなっているdangerflair
当然、アナウンスもあるし、柱や床にもたくさん書いてある。

貨物線があった時は、1時間くらい眺めていても飽きなかったッスheart01

投稿: まりりん | 2015年7月 9日 (木) 13時35分

まりりん、お久しぶりです~~~。

びっくりeye・・・30日に奥多摩でしたわ、私coldsweats02
決して、ストーカーではありません(p´□`q)゜o。。

工事現場に入ってどうなるのかな~ワクワクdanger

投稿: すー | 2015年7月 9日 (木) 17時59分

★ すーたん

[壁]ω´・)チラッ。。。。。。。゙(ノ・`ω・)ノスタタタッ。。。。。。チラッ(・`ω[壁]sweat01

…スータンニハ キヲツケロdanger

投稿: まりりん | 2015年7月 9日 (木) 21時04分

うーん、東京って奥が深いのね。
最終駅に10時に到着って、何時から乗ってるの?

投稿: ばんび | 2015年7月10日 (金) 02時32分

★ ばんびさん

新宿8:19発、奥多摩9:51着なので、1時間半ってとこですね…clover
この直通快速ぢゃナイ場合は2時間掛かりますcatfacesweat02

直線距離は短いのですが、山間部は列車が遅い…coldsweats01

投稿: まりりん | 2015年7月10日 (金) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト 宿河原駅風」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ »