« 缶ビール。 | トップページ | 離島の旅日記 ~「西のはじっこ、与那国島。2006」その2~ »

2013年6月20日 (木)

離島の旅日記 ~「西のはじっこ、与那国島。2006」その1~

前回「波照間島」のつづきーっ!

離島の旅」シリーズだよ~ん

今回は、沖縄県…いや、日本のはじっこ「与那国島(よなぐにじま)」編を…。

この島は言わずと知れた、日本最西端の場所だ。end
民間人が行ける「リアルな日本の端っこ」はココだけ。
北(択捉島)はロシアに占拠され、南(沖ノ鳥島)と東(南鳥島)は自衛隊員と役人しか行けない。sweat02

与那国島は、那覇から509Km石垣島から127Km台湾まで111Kmの地点にある。
…ということは、沖縄県って長さが600Kmもあるということだ。coldsweats02
隣国(中国)のほうが県庁所在地よりもはるかに近い

中学の授業中、先生が与那国の話しをしてくれた。
先生は確か「与那国人(どなんちゅ)」だったと思う。
そのハンシを聞いて「いつか行ってみよう」と思っていたのだshine

2006年10月26日、石垣島からひこーきに乗って与那国島を訪れた。airplane
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
501
着いたぞぉぉぉぉぉぉぉっ

与那国島へのひこーきは1日1~2便。
着いたひこーきがそのまま1~2時間後くらいに折り返す。recycle

タラップを降りて、島の空気を吸う。
う~~~ん、なんか他の沖縄の島々とは違ったカンジがする

空港のターミナルはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
502
ペッタンコだ。

平屋の建物で、横に長い。leftright
なんか「ちからくん」っていうトラックが停まっているぞ
これは電源(発電)車か牽引車なのかな?

来た記念に、空港の名前を撮ってみた。
503
う~~~~ん、よ・な・ぐ・に♪heart01shine

これではじっこの空港を1コ制覇したぞscissorsshine
あとは「波照間(はてるま)」「稚内(わっかない)」「根室中標津(ねむろなかしべつ)」の3つか…。
(どれも読みにくい地名ばっかだぞsweat02

さて、空港を出よう。

今回は宿の予約をしていたので、宿のご主人「おじぃ」が迎えに来てくれているのだ
宿」と言っても、民家に集団でゴロ寝の安宿(ドミトリー)だがcoldsweats01

建物のロビーに出ると、すぐにおじぃが立っていた。
まぁ、安宿にリッチにひこーきで来る人は珍しいらしく、すぐ見つけてくれた。bud

車に乗り込んで、宿へ出発sign01
助手席には宿の愛犬がおとなしく乗っていた。dog
すごく賢くて、おじぃの言うことは何でも聞いた。goodshine

途中に停めてあったバイクのナンバーを見ると…
504
おぉ!ヨナグ~ニ

日本でイチバンはじっこのナンバープレートだっhappy02sweat01

ココで、島の概要をご紹介しておこう。
空港にあった島の航空写真をご覧あれ。

アップで見ると…
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
505
デカイねぇ~~~

この島はけっこうデカい。
あと、他の沖縄の島々と違い、サンゴ礁がナイ
なので、外洋の潮がそのまま島にぶつかるため、断崖絶壁が多い。wave
海流も速く水深も深く危険なため、泳ぐことはあまりナイとのこと。danger

島の陸地部分も、高低差はかなりある。
それなりの「お山」も存在する。fuji
確実に「岩石で出来た島」だ。

写真に付けた●印を解説しよう。bud

赤い●空港airplane
滑走路が2Kmほどなので、島の大きさが大体理解できるかと…。

青い●集落
与那国島の中心部だ。
祖納(そない)」と呼ばれる地区で、役所や病院などが集まっている。

島の町名(住所)は「与那国町」しかない。
つまり、島全体が一つの町なのだ。tulip
でも、それでは生活に不便なので、集落(地区)ごとに名前がある。

ピンクの●は「比川(ひがわ)」という地区。
ココには、あの有名な建物が建っている。
これは後日ぢっくりご紹介しようsmile

黄色い●は「久部良(くぶら)」という地区。
ココが日本の最西端shineend
この先に日本の陸地はナイ。

年に数回、台湾の陸地が見えるそうな。eyeshine
そのときは「嵐の前触れ」なのだそうだ。
気象条件が揃った時にしか見えないとのこと。suncloudrain

今日泊まるお宿は青い●祖納)にあるので、そこまで移動する。carsign04

車で送ってもらっている間、おじぃと話しをする。
人も景色も素朴でのんびりしていて、非常にイイ所だgoodshine

人口も少ないのでヒジョーにのどか。
ほとんどが顔見知りに近いので、みんなのんびりしている。clover

ほどなく、宿に着いた。
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
506
民家さぁ~~~~~♪shinehouse

この古民家がお宿だhappy02sweat01

入り口で、宿泊者が笑顔で迎えてくれた
中にいた宿泊者たちと挨拶を交わす。happy01papershine

お宿の中はこんなカンジ。
507
1コ上の、左にある入り口を入ると、土間のようになっている。

写真奥が入り口。
フトンが置いてあるところが縁台。
台風避けのためか、頑丈な外壁で覆われているようなカンジだ。typhoonhouse

んで、右側のガラス戸の内側は…
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
508
みんなの「リビングルーム」となっている。smile

ココでは大変貴重なshineTV様shineが1台あるのみ。tv
インターネットは出来たかなぁ…?(もう記憶が曖昧)coldsweats01

クーラーはナイが、扇風機は「潤沢」にある(笑)
周囲がすべて海なので、夏でもそれほど暑くはナイのだclover

荷物や私物はテキトーに置いてあるように見えるが、長く滞在している人も多いので、大体「各自のエリア」は決まっている。

寝室」はこんなカンジ。
509
フトンを並べて「おやすみなさ~い♪sleepy」というカンジ。

ちゃんと男女は部屋が別れているのでご安心をtulip

昼寝していると、こんなカンジになる。
510
特に娯楽がナイので、数日もいれば、自然と昼寝に走る。smile

そして、壁にはこの1枚が…
(画像をクリックすると拡大するさぁ~)
511
あやかさぁ~~~~~~~~~~~~~んheart01shinehappy02sweat01

そう!!
与那国島は、「Dr.コトー診療所」のロケ地なのだ

ドラマの舞台「志木那島(しきなじま)」は与那国島だったのだ

ココに来るまでそんなには意識していなかったのだが、ちょうどドラマ撮影&放映中だったので、周囲の全員が関心を持っていたために覚えることに。coldsweats01sweat01
(結局、その後もずっとドラマ観てしまった…(笑))

チャリを借りて島をサイクリングしたい」とおじぃに言ったら、「チャリは比川の宿に置いてあるので、そこまで車で行こう」と言われた。
なので、荷物を置いてからのんびりする間もなく、また車に乗り込んだ。sweat01

さぁ、比川ピンクの●の所ね)まで移動なのぢゃーーーーーっhappy02sweat01

つづき「その2」はこちらーっ!!

|

« 缶ビール。 | トップページ | 離島の旅日記 ~「西のはじっこ、与那国島。2006」その2~ »

●離島の旅(小笠原・沖縄)」カテゴリの記事

コメント

解放的なお宿ですね。
ここには虫は来ないの?
蚊の心配はない?
蜘蛛は平気、さそり、ムカデはちょと怖い。
ここで暮らしていけるかなあ?
老後の移住先にどうだろう…

投稿: ばんび | 2013年6月20日 (木) 20時57分

★ ばんびさん

離島は、ココで生まれ育った者でないと、老後を過ごすことは不可能に近いです…ng
「沖縄移住ブーム」、アレで大失敗した人は数知れずsweat02sad

投稿: まりりん | 2013年6月20日 (木) 21時49分

Dr.コトー診療所の空撮airplane
キレイでしたよね~wave
・・・うっとりconfident

投稿: みちくさ | 2013年6月22日 (土) 21時28分

★ みちくささん

これから出て来まっせ~~~~~ぇupscissorsshine

投稿: まりりん | 2013年6月24日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 缶ビール。 | トップページ | 離島の旅日記 ~「西のはじっこ、与那国島。2006」その2~ »