« グルメ日記 ~「うまい棒3・都営地下鉄版」~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会」その9・香港のドイツ料理~ »

2012年11月12日 (月)

旅日記 ~「トワイライトエクスプレス箱根」2012~

先日、マレーシアからの団体(友達)を連れて、神奈川県の「箱根(はこね)」に行って来た。

総勢8人のうち、日本語を喋れるのは私の友達の1人だけ
もう1人はカタコトなら何とか…。

そんな状態での珍道中のおハナシ。

--------------------------------------

平日の朝9時に、小田急線の「新宿(しんじゅく)」駅で待ち合わせる。
…も、指定した地上のメインの改札ではなく、地下の改札にいた。
向こうはケータイ持っていないので、しばし会えず…。

…やれやれ、ノッケからコレか

なんとか合流.。

さぁ、箱根に向かおう

特急のロマンスカーに乗るかどうするかを決めるも、なかなか決まらず。
それによって、切符の買い方もだいぶ変わるのだ。
(フリーパスにするか、フツーに切符買うか等)

結局、フツーの急行列車で行くことに。

途中、二度ほどロマンスカー(青い「MSE」と白い「VSE」)に抜かされる。
そのたびにみんなは「ワァ~~~♪♪」と歓声を上げる。

…何だよ、乗りたかったんぢゃん(笑)

やっとのことで「箱根湯本(はこねゆもと)」駅に11時半に到着。
ココでさっき抜かされたロマンスカー「VSE」の前で記念撮影しまくり。

予定が大幅に遅れた

もう昼ごはんの時間なので、12時なる前におそば屋さんへ連れ込む。
純和風のお店は、言葉の壁で外国人だけではなかなか入りづらい。
彼らは少し戸惑いながらも、店内や料理に興味津々

そば釜めしをみんなで食べる。
おいしい」と好評だった

さて、本当ならばココで富士山を見に行くのだが、予定を入れ替えて先に温泉に入ることに。
駅前に戻り、川を挟んだ目の前にあるホテルの温泉へと向かう。

ホテルに向かう橋の上に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7001
イイ天気だ♪

ちょうど駅にロマンスカー「LSE」がやって来たところだ。
これぞ、「The 箱根 of 箱根」の光景

川の上流を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7002
太陽がいっぱいだ★ 

みんなも立ち止まって、一斉に記念撮影。

…なかなか先に進めない。

ホテルに到着し、フロントで長時間の交渉&説得ののち、やっと温泉に浸かることに。
すでに13時半

集合時間を決めようとしたら「2時間入りたいから15時半にしよう」と言われた。

…おいおい、それではこの先が間に合わナイぞ。

日が沈んで富士山が見られなくてもいいのか」と言ったら、あっさりと「15時集合」に変更してくれた。(笑)
タオルを湯船に入れるなよっ」と注意し、男女で別れる。

初めての日本の露天温泉を体験し、みんな満足そうだ。

友達に「どうだった」と聞いたら…
とってもキレイで良かったけど、お風呂に色が付いていなかった(入浴剤が入っていなかった)からイマイチだった」とのこと。

…おいおい、ココは天然温泉だぞ。

無色透明だったので、温泉とは認識していなかったようだ。

外国人とのやりとりは、こういう「認識の違い」が面白い

さて、15時集合と言ったのに、女子どもがなかなか出て来ない。
男子3人は待ちぼうけ…

…コレは世界中で同じようだ。

結局15時半過ぎにホテルを出る。

…ヤバいねぇ~~。
日没はもうすぐだよ。

箱根湯本駅まで戻り、途中の「早雲山(そううんざん)」駅までの切符を買う。
富士山を見るには、その先のロープウェイに乗らねばならない。

ホームに行き、登山電車を待つ。

発車は16:12発。

…どう考えても間に合わナイだろう

登山電車で「強羅(ごうら)」駅まで行き(40分)、ケーブルカーに乗り換える(10分)。
さらに、ケーブルカーの早雲山駅でロープウェイに乗り換える(10分)のだ。

だが、突然みんなが「ゼッタイに間に合うっ」と円陣組んで祈りだした。
オラ以外は全員クリスチャンなので、神に祈っているのだ。

こういう時だけは団結力がスゴい…

登山電車に乗り込む。
さすがに、この時間はガラガラだ。
逆に、下山してくる電車は激混み。

登山電車は、傾く日の中を一生懸命に登っていく。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7003
がむばれぇ~~~~~~っ

みんなは、見晴らしのイイ場所に出るたびにカメラで撮影しまくり

…のん気なもんだ。

電車はものすごい急勾配急カーブを、黙々と登って行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7004
…もう茂みの中は暗くなっている

スイッチバックを何度も通り、ひたすら登る、登る、登る。

そろそろ終点の強羅駅が近くなってきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7005
わぁ~~~~っもう暗いよぉ~~~っ

電車は強羅駅に到着。
目の前に停まっているケーブルカーに乗り換える。

だが、ココでアナウンスが。

この先、ロープウェイに乗れる本日最後の列車です。ロープウェイに乗ると、もう戻って来れませ~ん

…なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーっ

この後、ココからバスに乗って「御殿場(ごてんば)アウトレットモール」に行く予定なのにぃ~~~

…チョーーーー悩む。

・切符はこの先まで買ってしまった。
・さらにロープウェイの高い切符を買わないとイケナイ。
・富士山が観られる保証は何もナイ。
・この団体では、おいそれとカンタンに移動出来ない。
・ケーブルカーの発車まであと数分。

久々に脳みそフル回転

結局、「このまま行くしかない」ということで、ひたすら前進することに。
みんなも富士山を観たい気持で、異様な盛り上がり状態。 (笑)

早雲山駅に着き、ロープウェイ乗り場へ。

切符を買おうとしたら、窓口に誰もいない。
我々の他は、韓国人の4人組みだけ。

他にいた数人はフリーパスを持っているのか、さっさと行ってしまった。

乗り換え案内をしていた係員のお姉さんが切符を売ってくれた。
途中下車すると、そこから身動き取れませんよ」的なハナシを何度もされる。

これはもう終点まで乗り通すしかナイ。

予定を変更して、終点の「桃源台(とうげんだい)」駅までの切符を買う。

…た、高い。

乗り場に行くと、もう鎖で閉鎖されていた。
お兄さんに切符を見せると、鎖を外してくれて「どこまで行きますか」と聞かれる。
桃源台まで」と答えると、ゴンドラの番号を読み取って、連絡をし始めた。
途中で取り残されることのナイように、各駅に連絡しているのだろう…。

我々のゴンドラの後には、先ほどの4人組のゴンドラのみ。

ホントに最終の最終だ

いよいよ動き出した。
もう周囲は真っ暗。

わずかに目前の稜線の向こうからトワイライトが少し見えるだけ。
富士山様は、その稜線の向こう側にいらっしゃる。
我々の後ろ側はもう真っ暗だ。

みんなが突然讃美歌を歌い出した。
もう大合唱状態

ゴンドラが稜線に向かって登っている間、もうみんなドキドキ状態。

稜線はもう目の前だ
…はたして観られるか

ゴンドラが稜線を越えた。

その瞬間、オラは指をさしてみんなに叫んだ。

ふじさぁーーーーーん!!

みんなが一斉に静かになり、その指先を見た。

そこには…
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7006
間に合ったぁーーーーーーーーっ!!

みんなが「おおおおぉぉぉぉぉ~~~~~っ」と叫んで、一斉に撮影し出す。

こんなに間近でキレイな富士山は、初めて見た
…神はいた。

しばらくみんなで見とれる。

はるか足元には、硫黄の煙がもうもうと立ち上っている「地獄」がある。
昼は絶景なのだが、もう暗くて見えない。

数分後、ゴンドラは「大涌谷(おおわくだに)」駅に到着した。
ここで、別のゴンドラに乗り換えるのだ。
設備改良(新方式への取り換え)に伴ってロープが別々になってしまったので、乗り換えが必要になった。

またもや係員に「どこまで行きますか」と聞かれる。
よっぽど取り残される人がいるのだろうか…
(この季節、取り残されたら生死に係わるからね)

新たなゴンドラが空中に舞った。

その瞬間、目の前に新たな景色が広がった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7007
見事な

思わずみんな「わぁ~~~~~っ」と声をあげる。
昼ではゼッタイに見れない光景だ。

日が沈むのと合わせるかのように、ゴンドラも山を下る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7008
目の前は静岡県だ。

やがてゴンドラは、終点の「桃源台」に近付いてきた。

眼下には「芦ノ湖(あしのこ)」が見えてきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7009
…もう真っ暗で写ってナイね。

肉眼では見えるんだけど。

天空のショーも、もう終りだ。
楽しかったぁ~~

ほどなく、ゴンドラは桃源台駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
箱根登山鉄道と夕暮れの富士山2012-7010
みんなも楽しかったらしく、ココで写真を撮りまくっていた。

さて、ココからどうしよう

みんなに聞いたら、さすがに疲れたらしく「もう帰ろう…」ということに。
駅前に出る…も、

…何もない。 

…誰もいない。

…電灯も1つしかついていない。

バスが出ているハズなのだが、切符売り場も全部閉まっている。
バス停も真っ暗。
脇で黒ネコがニャーオニャーオ鳴いているだけ。

みんなで不安になる。
あの韓国人4人組も同様だ。

すぐに駅舎も真っ暗になり、シャッターが下ろされてしまった。

…もうどうにもならない。

バス停の時刻表を見たら、「新宿」行き高速バスと「小田原(おだわら)」行き路線バスがほどなくやって来るようだ。

コレを信じて待つしかナイね。

日が沈んで、外の気温は10℃くらいに…。
温泉に入った後なので、チトこたえる。

真っ暗やみの中、車のヘッドライトが光った
先に「小田原駅」行きの路線バスが来た。

みんなに聞いたら、とにかく先に温まりたいらしい。
しかも、「お腹すいたのでご飯食べたい」とのこと。
新宿行きだと2時間乗りっぱなしになる。

なので、この小田原駅行きに乗ることにした。
駅前でご食べよう

みんなでホッとしながら路線バスに乗り込む。

暖かぁ~~~~い

小田原駅までは峠を越える1時間の旅。
…みんな疲れて寝てしまったようだ。

バスは時間どおりに小田原駅に到着。
繁華街のカンバンが眩しいぜっ

さて、ココでみんなで宴会でもするのかなと、入りたい店を聞いたら…

牛丼が食べたい。」だって。

ぎうどーーーーーーーーーん 

ココ「小田原」まで来てぇ!?!?

なので、納得がいかない3人だけ別行動で居酒屋に消えましたとさ

1時間後に駅で合流し、こんどはロマンスカー(赤金色の「EXE」)で新宿まで快適に移動。
何やかんやで、到着は22時半頃になってしまった。

…さらに御殿場へ行っていたら、きっと帰れなかったねぇ~。

いやぁ~~~、疲労困憊ながらも、かなり楽しい珍道中でしたとさぁ~~

世界各地でさんざん助けられたから、「せめてもの恩返し」……出来たかな

外国人の友達って、楽しいよぉ~~~~

|

« グルメ日記 ~「うまい棒3・都営地下鉄版」~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会」その9・香港のドイツ料理~ »

旅と鉄道(14小田急・箱根・江ノ電)」カテゴリの記事

コメント

うわああああ~!真っ暗の中ゴンドラに乗るのって怖そう~。
マイペースの外人さん。食事、お風呂は絶対ゆっくりだよね。
大涌谷の黒卵…芦ノ湖の遊覧船…
そんなのなくたって、神々しい富士山見られたからいいよね
で?紅葉は見られたのかな
あ、真っ暗だったね

投稿: ばんび | 2012年11月12日 (月) 00時17分

お疲れ様でしたね

まりりんはドキドキだったろうが
お友達はすごく喜んでくれたのが
伝わってくるよ

何度も行ってる箱根、夕方にロープウェイは
経験ないよ~
夕暮れの富士山を観れるなんて
なかなか無いことだから
本当にラッキーだったね

アウトレットまで行かないで
良かったね

冬の箱根、行ってこよう
やっぱりロマンスカーででしょ?

投稿: piyoko | 2012年11月12日 (月) 05時27分

「ロマンスカー」の存在を知らなかった。(^-^;
だから調べた。
乗るとしたら どの種類がお薦め?
私が乗ってみたいのは LSE。
「ロマンスカー」ってネーミングが良い
登山鉄道ってのもあるんだね。
あと、スイッチバック。
四国にも二駅あった!!
土讃線かぁ…。行くべきだな。 
フッ☆( ̄¬ ̄)y-~~~ 

投稿: ひめ子 | 2012年11月12日 (月) 14時27分

★ ばんびさん

東南アジアの団体の特徴として…

1.意見がまとまらない。時間が掛かる。
2.風情を楽しめない。そういった感覚がナイ。
3.先の予定を考えてナイ。なのでのんびり。

がありますね。

1は前もって考えておくことをしないせいかと。
2は西洋人は理解できるんですねどねぇ~。
まぁ、3は交通機関が時間通りに来ないお国柄、これは仕方のナイことでしょう…。

やれやれ。

紅葉は来週あたりからっぽいですね

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 15時05分

★ おピヨ

ロープウェイは最終が早いので、夕方のに乗るんだったら「芦ノ湖(桃源台)」から戻って来るほうに乗ったほうがイイよ

夕方は、途中下車したらホントに身動きが取れなくなる…

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 15時08分

★ ひめぽ

「ロマンスカー」って、変な意味の和製英語なんだよね。
西洋人には意味が通じないけど、堂々と世界中に「小田急のロマンスカー」でまかり通っている。(笑)

乗るならやっぱり「VSE」。
同じ室内ならば「MSE」も可。
「観光用」というカンジが強い車両だ。

ゆっくり寝たい時には「EXE」。
シックな室内が雰囲気良し
こちらは「平日の通勤・ビジネス用」というカンジ。

昔ながらの「ロマンスカー」を味わいたいのならば「LSE」。
オラはイチバンこれが好き。
台車の構造が通常の車両と違うので、走行音が独特。

最近まで2階建て車両とかあったんだけど、バリアフリー化出来なくて先日廃車された。

ココの登山鉄道の勾配は、レールを走る鉄道としては日本一。
なかなか楽しいぞ

スイッチバック、もう日本各地でもだいぶ減ってしまったね。
四国のも貴重だから、ぜひ体験すべしっ

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 15時21分

まりちゃんへ


グーゼンがグーゼンを呼び、奇蹟が起きたんだね!

見たことのない富士山の姿、とても素敵。
まりちゃんはお疲れだったと思うけど、
やっぱりハプニングも旅の醍醐味だってことか~^^;

投稿: あめぶる | 2012年11月12日 (月) 21時58分

登山電車もお話の展開もすっごいスピード感
おつかれさまでした(*^m^)

投稿: みちくさ | 2012年11月12日 (月) 22時03分

★ 師匠ぉ

旅と恋愛は、その場所(シーン)まで行ってみないと判らない。

やはり神はいるねぇ~~~

…と思った一日でした

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 22時55分

★ みちくささん

登山電車はゆっくり登ってたのですが、いかんせん暗いので、写真撮ったら高速で走ってるように見えてしまいましたとさ

この日はホントに疲れました… 

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 22時57分

外国の方々との団体珍道中、すっごく面白そうですね!そして安定のフジヤマ人気(^^)
特に箱根湯元でで神に祈り始めるシーンを想像すると思わず吹き出しそうになりました

>ワァ~~~♪♪/ふじさーーーーーん
外国の人たちは同じことでも日本人の何倍も大興奮してくれるから近くにいると楽しいですよね。(ソースはsigepeの少し昔の英語講師)
>見事なトワイライトだ
この暗さでゴンドラの下を見下ろすと・・・・・想像したくないです

>黒ネコ
クリスチャンに黒猫ってかなり悪い予兆では・・・?

投稿: sigepe | 2012年11月12日 (月) 23時04分

あぁだいぶ内訳は違うけど、先日の私の切実な帰宅騒動の切羽詰まった感とリンクするわ~~
焦るよね~~
無事のご帰還お疲れ様でした

投稿: マリコ✿ | 2012年11月12日 (月) 23時24分

★ しげ平

平日午前中の下りのロマンスカーは、N'EX以上に国際列車です。
日本人のほうが少ないのでゎ

祈りのシーンも含めて、なんか、RPGゲームに参加しているような雰囲気だったッス

ゴンドラの下は真っ暗で何も見えないから、かえって怖くナイかも

富士山さん、あれを見て何とも思わないのは静岡県民だけだ。(笑)

投稿: まりりん | 2012年11月12日 (月) 23時24分

★ まりっぺ

帰宅は、余裕を持って開始しましょう

投稿: まりりん | 2012年11月13日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「うまい棒3・都営地下鉄版」~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港:“小心地滑”友の会」その9・香港のドイツ料理~ »