« 旅日記 ~「京阪のる人、おけいはん。:京都」~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その40:バーサ→ウーメオ→~ »

2012年10月 1日 (月)

ジオラマ日記 ~「線路はこうやって敷くんぢゃーい!」の巻~

今回は超大出血サービスぢゃぞsign03

フツーは教えないんだからねっ
dollar金取るぞーーーーっ!(笑))

心して読むよーに。clover

--------------------------

今回はジオラマに線路と砂利を敷設する方法をレクチャーしよう。
しかも、鉄道模型誌に書いてある古臭いセオリーは無視した、カンタンお気楽な方法でだscissorsshine

今回しか教えないので、見逃すなよぉ~~~~♪♪

でゎ、スタート

まず、「地面」になる板と線路を用意する。
501
板は上面にグレーの画用紙を貼っておいた。

実物も都市部ではアスファルトの上に線路を敷くので同じであろう
イナカの風景を再現するなら、茶色い画用紙を貼っておこう。(砂利も茶色のを使おう)

線路はKATO製の「フレキシブル線路」を切って使用する。
レールには水性塗料の「ウッドブラウン」を筆塗りしておいた。

まずは、線路の位置を地面に書いておこう。
502
青い矢印が線路の両側の位置だ。

赤い矢印は、砂利(バラスト)を撒く範囲。
コレのほうが大事なので、しっかり忘れずに書いておこう

線が書けたら、いよいよ接着だ

赤い矢印から線路側に、木工ボンドを原液のままたっぷりと塗ろう
503
少し多いかな?」くらいがベスト

薄く塗ると、砂利がペッタンコになってしまう。
ボンドが盛り上がるくらいでイイgoodshine

ボンドは水で薄めてはイケマセンdangerban
(みんなよく間違えるので注意sign01

そして、線路を置こう。
504
さっき線を描いた位置に合うように、真上からそ~~~~~~っと置こう。clover

線路を持つ手が(上下左右とも)斜めになっていると、絶対失敗する
完全に真上からクレーンのようにそっと置くこと

上手く置ければ、線路の枕木の間に木工ボンドが盛り上がって入ってくる。
この時に触ると大失敗する。
決して枕木とボンドには触らないよーにsign03danger

線路が無事に置けたら、砂利を撒こう。
505
ココはケチらずに、「shine男らしくshine」豪快に撒こうup

たとえ女子でも「shine男らしくshine」だ。(笑)

この状態で、上から指でかる~~~~~~~くトントンと砂利を押さえよう。
ココはでも「shine女らしくheart01shine」だ

男らしく」ギューギュー押したら、木工ボンドがニュルニュルはみ出して大失敗してしまう。
あくまで「shinevirgoをとめshine」のしなやかさでだ
(かと言って、仕草までオカマちゃんheart01になる必要はナイ)

ココで半日以上乾燥させる。
一日乾燥させれば、まず間違いナイsunspa

乾燥したら、不要な砂利を払い落そう。

空き箱を用意して、箱の上で地面(板)をさかさまにして軽くトントン叩けばイイ
そうすると、ボンドに付いていない砂利が箱の中に落ちる。

すると…
506
このようにキレイな姿がお目見えするscissorsshine

あとは、レールの側面や枕木の上に付いてしまった砂利を、ピンセットで1つずつ丁寧に取り除いていく。
ボンドをテキトーに塗ると、この仕上げの作業に大変苦労するし、キタナイ仕上がりとなる。downsadsweat01

慣れれば修正なんてほとんど要らない。
ボンドを塗る厚みがキーポイントだ

さて、これで出来上がりぃ~~~~shinehappy02sweat01
超カンタンでしょ?!

では、アップで見てみよう。eyeshine
507

…今日もイイ仕上がりだ♪scissorsshine

この方法は、直線の線路だったら長さに関係なく応用できるので、ぜひトライしていただきたい
模型誌に書いてある方法なんてメンド臭いし、乾くの遅いし…despairsweat01

木工ボンドぢゃなく、透明のビニール(ゴム)系接着剤を使えば、ほんの数時間で出来てしまうsign03
なんてラクチンなんでせうhappy02sweat01

カーブの線路を敷く場合は、模型誌のように、先に線路を釘で固定して砂利を撒いて、上から水で薄めた木工ボンド溶液を垂らして固定するしかナイ。

直線しかないワンジオ(ジオラマ)だったらこの方法で充分
オラはこの時点まで15分くらいでやってるよーーーっscissorsshine
(透明のボンド使ってるだ)

参考になったかな??!!

それぢゃぁねぇ~~~~~んhappy01papershine

|

« 旅日記 ~「京阪のる人、おけいはん。:京都」~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その40:バーサ→ウーメオ→~ »

Bトレイン-ジオラマ」カテゴリの記事

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

まりりん教室、開講おめでとうbell
1時限目は「男らしく」と「女らしく」
2時限目は??
受講生は畑耕作希望しますbleah

投稿: ばんび | 2012年10月 1日 (月) 07時28分

★ ばんびさん

…は、はたけッスか。sweat02

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 10時33分

こんにちはshine

男らしく…ギュウギュウしちゃうタイプだから
汚くなりそうだ…coldsweats01

日頃のドジッぷりを発揮しそうsweat01

出来の悪い生徒だわ~crying

投稿: piyoko | 2012年10月 1日 (月) 12時23分

初めて投稿しま~す。

今回のアドバイス参考になりま~す。

どうしてもバラストはうまくできないんですよね~。

トミックス情報では、ボンド倍に希釈して使えって書いてあるんですけどうまくいかずに・・・失敗。

まあ~何度かやってみないとダメだな~と思いつつ仕事が忙しくて

サボりギミです。一度でいいから完成までこぎつけたいものです

まりりんさんのブロぐの完成写真みたいに、出来たらいいのですけど

投稿: ゆ-ちゃん(登録読者)より | 2012年10月 1日 (月) 13時47分

★ おピヨ

模型作りは盆栽や書道と同じ心持ちで行うのぢゃsign01bud

模型を作っているようで、実は精神修行もしているのぢゃ…scissorsshine

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 14時35分

★ ゆーちゃんさん

こんにちはっuphappy01papershine

ボンドを水で薄めたら、乾かないし横に染み出して広がるし…
で、上手くいくはずがアリマセンdowndespair

ココまでの基礎工事が手軽に出来れば、後は楽しく装飾していけるんですけどねぇ~~~updeliciousbud

簡単なのでイイので、一度完成させて「完成させた喜び」を味わいましょうnotegoodshine

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 14時39分

勉強になったぞぃ。
すべてに“男らしい”ワシには難しいのぅ。

創刊号を買ったD社の『戦艦大和』も
男らしく女らしく作ってみよう~っと。

投稿: 十一庵 | 2012年10月 1日 (月) 16時29分

実践してからコメント送ろうと思ってたけど、どんどん予定がくるってしまって進んでないよぉぉ~。sweat01sweat01sweat01
初心者だからそんなに完成度の高いモノにはならないけど それでも良い作品を作りたいと思ってるの。
だからついつい慎重になりすぎて ケースを前に
「あぁ。こうしよう。やっぱ こうかな?」って考えながら 首かしげてる。(笑)
今回の記事ほんとに参考になりました。
もちろん ファイルに綴じ綴じheart01
模型さん完成したら まりちゃんに早く見せたい。
さぁ今夜も模型さん作りするのだぁ~(*゚▽゚)ノ

投稿: ひめ子 | 2012年10月 1日 (月) 17時48分

参考になったぞぉ~~~
男らしく手の内明かしていいんかいヾ(゚Д゚ )?
もっと上手に作っちゃうかもだぞぉ~coldsweats01good

投稿: あめぶる | 2012年10月 1日 (月) 18時46分

★ 十一のおっちゃん

今の時代、男らしさの中にも「繊細さ」が滲み出ていないと、モテないぞよheart03smile

大和ハウス、しっかり作ってくだされheart01goodshine

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 20時23分

★ ひめぽ

そんなに慎重になってドキドキするなら、端切れを使ってまず練習してみればsign02

素材はあげたから、タダで練習できるでしょshinesmile
失敗してもおサイフ痛くナイしぃ~~~upmoneybagheart01

慣れれば酔っ払いながら10分で仕上げられるようになるよんscissorsshinesmilewine

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 20時27分

★ 師匠ぉ

押忍sign03

もっと上手に作られたら、自分、イナカに引き籠って畑耕しながら、本物の線路敷くッスshinewrench

押忍sign03sign03sign03shinehappy02sweat01

投稿: まりりん | 2012年10月 1日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「京阪のる人、おけいはん。:京都」~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その40:バーサ→ウーメオ→~ »