« ジオラマ日記 ~「線路はこうやって敷くんぢゃーい!」の巻~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その41:ストックホルム~ »

2012年10月 4日 (木)

海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その40:バーサ→ウーメオ→~

前回「その39」のつづきーっ!
その1「香港」その10「広州」その20「ウルムチ」その30「北京」
その40「ウーメオ」その50「ミュンヘン」その60「セルベール」
その70「アテネ」その80「イスタンブール」その90「クアラルンプール」

このシリーズは、香港からスタートし、中国・ロシア・北欧・南欧と進み、ユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬までの極貧鉄道旅行。

-----------------------------------

1996年7月9日(火):くもり

Vaasa:バーサ → Umeå:ウーメオ →

今日は9時ころ宿で朝食を食べる。
ヒジョーにGood

さわやかな朝だなぁ~~
…ホントに北欧にいるんだ(笑)

そして11:30ころチェックアウト。
へ向かう路線バスに乗る。(9マルカ=US$2=160円

これからの移動は以下の通り。
4001
(1996年当時の地図を撮影)
北欧の地図だどー

緑のの「バーサ」から船に乗り、青い●の「ウーメオ」まで国境を越え船で移動。
そしてピンクの●の「ストックホルム」まで列車で移動する。

港は、下のバーサ市街図にあるの場所だ。(宿は
(画像をクリックすると拡大)
4002
(1996年当時の地図を撮影)
ほどなく、港に到着。

フェリーのターミナルへ行く。

ターミナルで対岸のスウェーデンの「Umeå(ウーメオ)」までの切符を買う。
4004
(1996年当時のものを撮影)
「買う」といっても、ユーレイルパスが使えるので実質タダ
(「乗船券」のチケットだけ発行してもらう)

切符をもらい、13:30の船に乗る。

スカンジナビア半島の「北欧4カ国」は協定を結んでいるため、国境をまたいだ移動は自由だ。
パスポートさえいらない。

だが、我々3人は東洋人のためか、乗り場で係員に止められ、パスポートの提示を求められた。
周りの北欧人たちも不思議そうに我々を見つめている。
だか、日本人と解るとすぐに「OK」との返事。
そのまま船へと乗り込む。

お船はこんなカンジ。
4003
(1996年のパンフを撮影)
アザラシ(アシカ?)のマークの大きなお船だ

船室は「開放室」。
つまり、どこにいても良い。
逆に言えば「指定された席がナイ」…。

ソファーやイスがあるので、それを見つけてテキトーに座る方式。
ちゃんと指定とか取れば、コンパートメント(個室)がある。

船の中には売店スロットマシーンがある。
一応「国際航路」なので、タバコ・酒などが免税でギャンブルもOKっぽい。
結構それなりに楽しめる設備が整っている

5時間ほどの船旅で、対岸のスウェーデンの街「ウーメオ」の港に到着。
ココで時計を1時間遅らせる
(北欧4カ国のうち、フィンランドだけ時間帯が違う)

入国審査等は何もナイ。
完全にフリーだ

何もナイのはありがたいのだが、両替所もナイ…。

…困った

スウェーデンの通貨を一銭も持っていない…。
船の中に両替所はあったのだが、レートが悪そうだったので替えないでおいたのだ。
失敗した…。

フェリーターミナルの前に降り立つも、街まで行くバスに乗れない。
金はたくさん持っているのに、「無一文」状態だ。
(コレは海外ではよく起きることだ)

急がないとバスは出てしまう。
仲間がかろうじて窓口で特別にUS$10(60クローネ)を両替してもらった。
ありがたい…。

だが、バスの料金は1人30クローネ
…2人しか乗れない。

しかも、目の前のバス達はどんどん走り去っていく。

…ヤヴァい

困っていると、目の前にバスが遅れて1台やって来た。
背に腹は代えられない。
仕方なく、そのバスの運転士さんに事情を話す。

すると、「ウーメオの街まで行くのか?まぁ、乗れや」みたいな返事をしてくれた。
なので、いそいそと乗車。

3人で不安な気持ちのままバスで移動。
乗客は我々3人のみ。
20分ほどでウーメオの街に到着した。

お金を払う時に不安そうな顔をしていると、運転士さん「料金は2人分でいイイよ」とのお言葉。
3人でお礼を言って感謝し、運転士さんにお辞儀をする。
運転士さんも嬉しそうに「イイよ」といった顔をしてくれた。
チョー優しいぃ~~~~

…チョット感動。
3人で瞳うるうる…。

そしてバスターミナルへ行く。
ココからストックホルムまでの中間にある「Sundsvall(スンツヴァル)」という街まで行くバスに乗ろうとするが、ユーレイルパスは使えないと言われる。
仕方なく、ウーメオの駅までテコテコ歩く。

少しして、駅に到着。
4005
(1996年撮影)
なかなかぷりちーな駅だ

そのまま模型になりそうな駅舎だ

改札脇の窓口に行って、「コペンハーゲンまで行きたいんだ」と事情を話し、列車を調べてもらう。
すると、当駅始発のストックホルム行きの夜行列車があるではナイかっ
しかも、コペンハーゲンまでの列車も予約できると言う。
喜んで2等座席車の予約をする。

…あ、スウェーデンのお金持ってない

さっきバスで全額使っちゃったんだっけ。

今フィンランドから来たからスウェーデンのお金を持っていない」と駅員さんに言う。
困っていると駅員さんが一言。
クレジットカードでもOKだぞ

…そっか、その手があったーーーーーーっ
大学4年生の仲間2人には手が出せないクレジットカードを私がキラリと見せて、支払うことにした。

支払いは問題なく済み、切符が目の前にやって来た。
4006
(1996年当時のものを撮影)
コレが「Stockholm(ストックホルム)」までの座席指定券(30クローネ:500円)。

運賃はユーレイルパスが使えるので、座席指定分だけの支払いでOK

そしてコレが…
4007
(1996年当時のものを撮影)
「ストックホルム」から「Köbenhavn(コペンハーゲン)」までの指定券だ
27クローネ:450円)

安心したので、発車時間までウーメオの街を歩くことに
駅前に大きな川が流れているせいで、商店街はそんなに大きくナイため、すぐに見終わってしまう。

街の中心(駅と川の間)はこんなカンジ。
4008
(1996年撮影)
小さいながらもヒジョーにきれいな街だ

完全な個人旅行だったら、少し滞在したい街でもあった…

ちなみに、ウーメオの駅は「北緯63度49分50秒」にある。
今回の旅の最北地点
(私の人生の「最北到達点」でもある)

列車の時刻も近付いてきたので駅に戻る。
駅舎内に入る。

まだ時間があるので、ホームで撮影。
4009
(1996年撮影)
典型的なローカル支線の終着駅だ

模型で再現するには最適な駅だろう
この先には港へ続く貨物線が伸びているだけ。
(2010年8月、少し進んだ場所にピッカピカの「ウーメオ東」駅と高速新線が出来たので、純粋な意味での「終着駅」ではなくなってしまった…)

奥に客車が停まっていた。
4010
(1996年撮影)
この客車がスウェーデンの標準的な車両だ

我々が今から乗る車両もこのタイプだ。

さらに奥には…
4011
(1996年撮影)
電気機関車

前面に書いてある「SJ」というのが、スウェーデン国鉄の略称。

何気にこの色遣いはお気に入りだ
超豪雪地帯ならではの耐雪装備もカッチョエェ

やがて、我々の乗る列車、20:25発の「900列車」がホームに入線した。
35号車12番」の席に座る。
(「35号車」といっても、編成が35両あるワケぢゃナイよ…

ボックス状の向かい合わせシートの、セミコンパートメント(ボックスごとに簡単な間仕切りがある)の座席だ
車内設備は申し分なく快適だが、荷物置き場を挟んでほぼ端っこの場所なので、車端の自動ドアがうるさい…。

しかも、「 喫煙車」かつ「 犬OK」の車両だったので(この列車の2等車はこの1両のみ)寝にくい。

欧州は「わんこ(ペット)OK」の車両は当たり前に連結されている。
その代わり、わんこもちゃんと口に防具(くつわ)を付けてからの乗車が義務付けられている。
(「 自転車OK」の車両も当たり前だ)

隣のボックス(コンパートメント)の黒いわんこに見つめられながら、車中を過ごす。(笑)

発車後、しばらくして夕焼けが見えだした。
あまりに見事な光景だったので、慌ててカメラを出して反対側の車窓に駆け寄った。

そしてパチリ
4012
(1996年撮影)
これが北欧の夕日かぁ…

名残惜しんでいると、いつまでたってもこの光景が変わらない。
高緯度(しかも夏)なので、夕焼けが40分くらい続くのだ

なので、もう1枚撮り直してみた。
4013
(1996年撮影)
…今日もイイ一日だった

北欧のみんなは優しいなぁ~~~

さて、寝るか。
明るいけど、おやすみぃ~

つづき「その41」はこちらーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「線路はこうやって敷くんぢゃーい!」の巻~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その41:ストックホルム~ »

▼ユーラシア大陸横断鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

おはよう

北欧4カ国は国間移動にパスポートいらないんだね
楽チン~だね

それにしても~小銭が足りなくても
バスに乗せてくれた運転手さん、優しいね
外国の旅って結構優しさに触れ合えること多し~

北欧の夕日は40分も?
綺麗な夕日だわ

投稿: piyoko | 2012年10月 4日 (木) 05時44分

まだ、ユーロ前だから両替必要だったのね。
小銭の思い出。
トイレに行くと必ずおばさんが立っていてチップを取られた。
日本円で100円も出したのに怒られたことあります。
大回りしてストックホルムへ。船にも乗れたし良かった~
いい駅舎ですね。まだ新しい感じ。
東京駅もアムステルダム駅に似せて作られたけど、
ローカル駅でこのくらいおしゃれだといいなあー。
駅ってその国や街の顔ですね。

投稿: ばんび | 2012年10月 4日 (木) 08時08分

久々の日記だから その39も読んだぞー。
海外旅行したことないから 今一つ状況がつかめれないけど 両替はかなり大事ってことは頭の片隅に覚えておきます。

ウーメオ駅の駅舎。
写真見た瞬間に私も「模型さん~!!」っと思ったよ。(笑)
黒いわんこと見つめあってるまりちゃん……
夕日は良いよね。
あまりにキレイだとカメラ構えちゃうもん。

投稿: ひめ子 | 2012年10月 4日 (木) 17時32分

まりりんのパスポ^トは、たくさんのハンコなんだろうね・・・。すごいねー☆

いつも思ってたんだけど、英語ぺらぺら???

お友達がロシア在住で、写真や話はきいてるけど・・。ロシア女性は美人なんだよね^^よかったね、声がかかって;(´∀`*)ウフフいろいろな国に行くまりりんの日記は楽しみです♪

投稿: すー | 2012年10月 4日 (木) 21時36分

★ おピヨ

北欧人はパスポ要らないけど、外国人は当然持ってないとイケナイよ

オラは海外の旅で困った事ナシ
みんな優しくしてくれたよ

それも、こちらから心の壁を作らずに話しかけたからだ

投稿: まりりん | 2012年10月 4日 (木) 21時50分

★ ばんびさん

ユーロ。なぜ1996年に存在しなかったのか…
この「通貨」にまつわるハナシは、この後頻繁に登場するッス

このウーメオ駅はかなりの「ナイス駅舎」にランクインされるのでゎ

投稿: まりりん | 2012年10月 4日 (木) 21時52分

★ ひめぽ

当時は「ユーロ」というナイス通貨がなかったので、これからこの先、あちこちで苦労するハメに…

この当時に「ユーロ」があったら、最初の国で十万円くらい両替しておけば何も困らなかったハズ…

国境とはこういうモノだ。
同じ民族でも通貨・言葉・文化が違う場合もある。
(香港と中国大陸のように…)

夕焼けに飽きたのは、人生で初めてだった。(笑)

投稿: まりりん | 2012年10月 4日 (木) 21時56分

★ すーたん

オラのパスポは香港とマカオとちうごくのハンコばっかり。(笑)

欧州はハンコ押してくれないんだ。
なので、証拠が残らない…

英語はオラの中ではイチバン喋れない言語。
…といっても日本語以外、もうアヤシイが。
(その日本語ですら、すでにアヤシイ

ロシア女性は24歳まで。
あとは…(以下略)

投稿: まりりん | 2012年10月 4日 (木) 22時00分

まりちゃん

北欧でも日本人はブランドみたいな扱いなんだね~
安心・安全な国のイメージは嬉しいし、
バスの運ちゃんのさりげないオマケ…泣けるね~
何だか夕日までがおされ~な北欧の旅
ほっこりいたしやした°。゜(# ̄ ▽. ̄#)~( ̄▽ ̄;)

投稿: あめぶる | 2012年10月 4日 (木) 23時22分

★ 師匠ぉ

この時代、日本人は「地球の優等生」的存在でした。

お店でも、商品を客の前に置いたまま、別の在庫を取りに行ったりするのは日本人に対してのみでした。
他国の客の前では、商品はいちいちケースにしまってから別の在庫を取りに行ったりしていました。

基本的に、欧州人は日本人には親切です

投稿: まりりん | 2012年10月 5日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「線路はこうやって敷くんぢゃーい!」の巻~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その41:ストックホルム~ »