« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart19」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ »

2011年2月10日 (木)

海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」予告編~

その1「香港」その10「広州」その20「ウルムチ」その30「北京」その40「ウーメオ」その50「ミュンヘン」その60「セルベール」その70「アテネ」その80「イスタンブール」その90「クアラルンプール」

今回は予告編

今年のメイン長編日記は「ユーラシア大陸横断鉄道旅行」に決めた

これは1996年香港からシルクロードに寄り道し、北京からシベリア特急に乗り、ロシア・北欧・南欧と旅をし、ヨーロッパ最西端のポルトガル「ロカ岬」まで行った、一大旅行記だ(全92回)

こんな酔狂な旅をしたのだから、いつかホームページで公開しようと思っていた。
だが、時代は「ぶろぐ」という素晴らしいアイテムを誕生させた。
なので、いよいよ「時機到来」とばかりに書いてみようと思った次第。

写真の都合上、所々に2006年に旅した「~我的長征~ シルクロードお気楽一人旅」等も織り交ぜてご紹介していこう。
このブログは鉄道が主流だけど、 鉄道がまったく出てこない回もあるかもしれない…
(その土地の文化や風俗なども知っていないと、そこの鉄道の味が深く理解出来ナイのでね…)

かなりの回数に亘って日記を書くと思うので、気長にお付き合いいただきたい
海外の鉄道に興味のない方も、コレをきっかけに興味を持っていただけたら、これ幸い

著名な沢木耕太郎氏の小説「深夜特急」を読んでいただけると、更に面白さ倍増
この本は、ユーラシアを旅するバックパッカー達の「バイブル(聖書)」だ

今回はダイジェスト版なので、全体をサクーッとご紹介するよん

----------------------------------

まずは出発地から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0001
(2004年撮影)
香港」の2階建てトラム。

この時点では、まだバカみたいにのんびりムードだった…。
現地の友人達に会ったりの日々。

そして…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0002
(1996年撮影)
こんな緑色の旧型寝台列車に乗って、中国各地を巡った。

西安敦煌(とんこう)・ウルムチ北京
あぁ、楽しかった

今はもうこんな(長距離列車の)旧型客車には乗れナイよ。
もっと素晴らしく快適だ

そして、敦煌では…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0003
(2006年にトルファンで撮影)
砂漠(鳴沙山)に一歩足を踏み入れ、先人達の偉業を称えまくった。

これ、歩いて行ったら、確実に死ぬぞ… 

シルクロードの奥地「ウルムチ」では…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0004
(2006年撮影)
中国なのに中国語が通じナイ地域を、憑りつかれたようにさすらい…

お宿の旅行社に声を掛けられて、ちょっと山奥まで泊まりのツアー。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0005
(1996年撮影)
天池」という秘境でこの世の極楽を楽しむ

北京に戻り、モスクワ行きシベリア特急(車中6泊7日)に乗る。
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0006
(1996年撮影)
途中のロシアの駅で「CCCP」と書かれた旧ソ連のマークがまだ付いている車両を発見

モスクワでは当然…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0007
(1996年撮影)
赤の広場」と城壁の中の「クレムリン」を見学。

モスクワからは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0008
(1996年撮影)
レッドアロー」号という、どこかで聞いたことのある列車で北欧方面へ移動。

寝台に寝ていても飛び跳ねるくらい、よく揺れた

やっと北欧に到着
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0009
(1996年撮影)
フィンランドヘルシンキ中央駅にて。

この1等車で、ムーミンがいてもおかしくない神秘的な森の中へ…

北欧からドイツのベルリンへ南下。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0010
(1996年撮影)
東ドイツの客車に乗れてドッキドキ

ベルリンと言えば…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0011
(1996年撮影)
地下鉄とベルリンの壁。

1996年当時は、まだ東西ドイツ統一の混乱が収まってない頃。
立っている(写真を撮っている)所が旧西ドイツで、壁の向こうは旧東ドイツだ。

ドイツに来たら、やっぱりこの列車でしょう
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0012
(1996年撮影)
ドイツが誇る新幹線「ICE(イーツェーエー)」だ

ミュンヘン中央駅で夕日に染まるICEは、カッチョエェかったぁ~
車内で飲んだ地ビール、たまんねっす

ミュンヘンから夜行急行列車で、おフランスのおパリに到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0013
(1996年撮影)
パリの駅と街って、案外汚いんだよねぇ…

日本のご婦人がイメージしている「おパリ」は、実は街中には存在しないのだ

超~お約束で、こんな所も見学。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0014
(1996年撮影)
さぁ、今から西のはじっこへ凱旋するぞーーーっ

5年前(1991年)に来た時の写真を見たら、服装が全く一緒だった…

巴里」といえば、あの往年の名列車の発着駅。

まさかねぇ~~と思っていたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0015
(1996年撮影)
何と!「オリエント急行」に偶然出会えた

テンション最大っ感電注意っ

ここで宿代を浮かすために、夜行列車でスイスへ移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0016
(1991年撮影)
ジュネーヴ以外はほぼ素通り状態…

5年前にも来たから、イイっか。(笑)

スイスからは、いよいよ南欧へ乗り込む。
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0017
(1996年撮影)
まずはコレを観ないとね

バルセロナサグラダ・ファミリアを観た後は、スペインご自慢のこの列車で
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0018
(1996年撮影)
タルゴ」と言う、独特の構造をした高速列車だ。

そして、南欧をひた走り、「欧州のはじっこ」へ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996予告編-0019
(1996年撮影)
ポルトガルリスボアだ。

この地の「ロカ岬」が、ユーラシア大陸最西端の地だ。

この後は、イタリア・ギリシャ・トルコと巡り、ひこーきでシンガポール入りし、マレーシアをちょいと観光して帰って来た…という次第。
合計4ヵ月の極貧旅行だった…。

---------------------------

まぁ、こんなカンジで巡って来たので、順次気力が続く限り日記を書くねん
(追記:結局、全92話4年半掛かったよ…

でゎ、第1話の始まりなのだぁ~~
つづきは↓をクリック

つづき「その1」はこちらーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart19」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ »

▼ユーラシア大陸横断鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

こういう紀行文みたいなものは読んでいて楽しいですよね!
特にちうごく・Europeはsigepeも行ってみたい所ですし、楽しみにしていますよ~!

投稿: sigepe | 2011年2月10日 (木) 20時41分

これは長いよん。
特に今シリーズは、鉄道出て来ない回も多いので、心して見るよーに

投稿: まりりん | 2011年2月10日 (木) 23時15分

いっぱい書いてる日記の中から
こちらを選んだよ。
今夜は まりちゃん お疲れだから
日記を読むことにしたよ。
地理は 苦手なんだけど まりちゃんを通じて
海外のことも知ろうかと。そして本でも読もうかと思ってきた。
国のこと知りながら この日記も読んでいったら
なお おもしろいかと。図書館行ってこようかな~。

投稿: ひめ子 | 2012年3月 9日 (金) 23時55分

★ ひめ子ちゃま

…優しい。

そして、嬉しい。

ぜひ、ガイドブックとかの本(地図)を見ながら、この旅日記を読んでいって
この旅に出る前までは、まりりんも全然ヨーロッパの国が解らなかったんだよ。

これがいいきっかけになることを願います

投稿: まりりん | 2012年3月10日 (土) 06時29分

まりりんさん、こんばんは。

1900年代の旅行記の予告編ですか? 旅は何年経ってもその記憶とともに楽しく蘇りますね。

私も1980年代から1990年代までの時期にまりりんさんが出かけた所を回りました(私の場合には1年に1回7〜10日)の旅でしたが)

旅行記をこれからじっくりと書き上げて下さいね。貴重な映像が満載かも知れません。楽しみにしております。

投稿: omoromachi | 2019年5月26日 (日) 21時23分

★ omoromachi先生

コメントありがとうございます。

…あ、この旅日記はすでに書き上がっておりまして(全92回シリーズ)、現在はそのリメイク中でございます。(^^;)
改めて読み返してみると、今までのは言葉足らずで読みにくかったので、「これはイケナイ!」と地図を追加したり文章を書き直したり…というような作業をしております。
まだ完全に修正が終わっていませんが、ぜひお読みくださいませ★

投稿: まりりん | 2019年5月27日 (月) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart19」の巻~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「プレイバックPart20」の巻~ »