« ジオラマ日記 ~「たけのこ公園」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #2」2010初春~ »

2010年1月21日 (木)

旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #1」2010初春~

前回「エピソード1」のつづきーっ!

…えぇ、今回と次回も北陸旅行記ですよ。ハイ。
しばらくお付き合いください。coldsweats01(笑)

先月中旬、雷雹(ひょう)の中、青春18きっぷで「金沢(かなざわ)」に行ってきた。
その後、年明けに静岡県の「富士宮(ふじのみや)」へ、18きっぷで日帰り初詣に(こちらを参照)。

その富士宮でお参りを済ませた直後に、友達から1通の電話が…。mobilephonethunder
不具合発生」とのこと。sweat02

…で、その電話により急遽再び金沢へ行かねばならなくなった。sweat01
一ヶ月間に2回も行くとゎ…sweat02sweat02

まぁ、「出頭命令」が出たので、拒否することは出来ない(遊びではナイので)。
これで、18きっぷの4・5回目の使い道が自動的に決まってしまった…。coldsweats01

そんなワケで2010年1月11日、またもや車上の人となった。trainsign04
01
前回同様(前回の日記はこちらをクリック)、未明のJR中央線中野(なかの)」駅からスタート。

乗る列車もまったく同じなのだが、今回は寝て行きたい…。catfacesleepy
そう思ったので、1本遅い「高尾(たかお)」駅6:14発の「松本(まつもと)」行き普通列車(115系6両)に乗車(中野駅では5:05発のに乗車)。

そして、松本駅手前の「岡谷(おかや)」駅までブッ通しで乗り続ける。trainsign04
今回は道中に「爆睡区間」があったので、すんごく短時間で岡谷まで到着した感覚が…coldsweats01

岡谷からは前回と同じ「長野(ながの)」行き快速列車(313系3両)に乗り換え。
休日なので混むパターンが違っているが、なんとかイイ席は確保できた。scissorsshine

長野駅でお約束のnoodleそばを食べた後、「直江津(なおえつ)」行き普通列車(115系3両)に乗り換え。
休日なので乗車率は案外高い…。sweat02

あ、「北長野(きたながの)」駅の奥(工場)に207系900番台がいるsign01
(日本に10両編成1本しかいない、常磐(千代田)線用の試作型電車。廃車され解体待ち)

今回は天気がイイので、景色はバツグンsunshine
信越国境付近の山々もすんごくキレイだ(上の写真)

列車は雪景色の中を快調に進む。
02
今日は窓の上から雪が降って来ないゾ

快適、快適~bud

途中の「新井(あらい)」駅で1枚撮ってみた。
03
ホームや線路上に積もった雪の量も結構あるねぇ~。snow

前日もかなり降ったようだ…。

列車は直江津駅に到着し、「富山(とやま)」行き普通列車(475系3両)に乗り換え。
04
おぉsign01今回はの編成だぁ~shine

ラッキー!scissorsshine

列車は今回はダイヤ通りに出発。
日本海側も天気がイイsun

途中の「有間川(ありまがわ)」駅で撮影。
05
前回の強風時と違って、今日はおだやかclover

天候のせいか、二度目なのに、窓から見える沿線の景色が全然違って見える…
ホントに同じ所sign02sweat02

ちょっと進んで「糸魚川(いといがわ)」駅で、特急「はくたか10号」の退避待ち。bud

リベンジとばかりに大糸線用のディーゼルカー「キハ52」を撮ってみた。
06
今回は1両しかいなかった…sad

ここのキハ52、今年(2010年)の3月で引退だそうで。sweat02
チョット残念。crying

10分の停車時間があるので、ゆっくりと国鉄色の475系を観察。
07
やっぱイイねぇ~~♪goodshine

車体裾のクリーム帯は、「60Hz(ヘルツ)」用車両(西日本・九州用交流電気対応)の印。
471・473・475系の電動車両(クモハ・モハ)に帯がある。
その他の付随車(クハ・サハ・サロ・サハシ)は、「50Hz」用(東日本用交流電気)の451~455系と共用なので、基本的には帯は入っていない。
この編成のクハ(モーターなし先頭車)にも帯はなかった。

だが、一部の付随車にも帯の入った車両がある。
途中ですれ違った、もう一つの国鉄色の編成のクハには帯があった。

ほどなく、「はくたか」が到着。
08
ほくほく線」の「スノーラビット」(雪うさぎ)だ
しかも683系バージョン。

私鉄のクセに、ナゼか連結器カバーに「JR」のロゴが…。sweat02
まぁ、検査はJRの工場で行っているので、こうなるわなsmile

私の乗った475系普通「スノートータス」(雪亀)はのそのそと出発。snailsign04
黙々と走り続ける。

前回、雪まみれで何が何だか見えなかった「東滑川(ひがしなめりかわ)」駅も撮影。
09
本来はこんなお姿です。ハイ。shine

…で、列車は定刻に富山駅に到着。
さらに、前回と同じ「金沢」行き(475系3両)に乗り換える。

今日は初老の「大お姉さま」たちに席を囲まれる。
富山で何かイベントでもあったのかsign02
途中まで「キャピキャピしていない声」で賑やかだった車内で1時間、列車は無事定刻(16:28)に金沢に到着scissorsshine

…いやぁ~、二度目だと慣れるね。coldsweats01

駅を出て、すぐに前回と同じホテルにチェックイン。clover
…なんか、このひと月の内の1/4、このホテルにいるような…?coldsweats01

部屋に入り、荷物を置いてホッとする。catfacejapanesetea
すると、すぐさま出頭命令のメールが…phonetothunder
で、そのままファミレスで打ち合わせ。

そこから翌日の午後までは「己との孤独で過酷な戦い」が繰り広げられた…。sweat02
(詳細は、ヒ・ミ・ツheart01
安眠…でけへんわな。翌日へのプレッシャーで。sweat01

-------------------

翌日(12日)の午後、無事任務から解放されたオラ、天気も雨だがヒドくはなかったので、市内にある「21世紀美術館」を見てみようと訪れた。carsign04

しかし、祝日後の平日なので休館…。crying

すっかり出鼻を挫かれたので、近くの「近江町市場(おうみちょういちば)」やショッピングビルに寄って軽く見物した後に、駅の下にあるスーパーで買い物してホテルへ戻ってしまった。sign04runbuilding

もうこの日はベッドでゴロゴロ…clover
ま、こんなゼータクな休日もイイよねscissorsshine

-------------------

13日は、目覚めたら天気が良かったsun
でも天気予報では「大雪」。

…あれ?!sweat02

でもまぁ、イイや。お出掛けしよっと

で、リベンジとばかりに21世紀美術館へまっしぐらsign01sign04run
入館し、見学しまくる。eyeshine

さすが「21世紀」というだけあって、展示内容&方法がアバンギャルトで独特だ。up
ココは「見る人の感性」が勝負。
全て自分流に解釈して構わない。(なので館内にはあえて解説が書いてナイ)

途中、有名な「プール」の写真を撮ってみた。
10
プールの表面にだけ薄く水が張ってあり、中は空洞になっている。

下から見上げてもイイし、上から下にいる人たちを眺めてもOKだ
ちょうど日が差したので、光がキレイに反射してくれたsunshine

ちょうど正午になったので、次の目的地に移動。sign04run
昼食はどこで何にしよっかな…?

まずは「兼六園(けんろくえん)」のフチを横切る。
今回は中に入るつもりはナイ。

日差しはあれど、風も強くてかなり寒い…。typhoonsad
結局、その先にある古い街並み「ひがし茶屋街」まで歩いて行くことにした。

途中、何気なく、ホントに何気なく後ろを振り返った

で、たまたま目に入った看板を見てみたら…eye
11
…おいおい。coldsweats01

兼六園まで ほふく前進であと5分」って、本気でほふく前進したら、服が「逆貧ぼっちゃま」状態になっちまうだろ
その時は、兼六園の入場券売り場で「落ちぶれてすまんsign01!フンッsign03angrydash」と言いませう。smile

さらに進むと、茶屋街の入り口に到着。

そこのバス停のベンチが「shineおされshine」だった。
12
キレイだねぇ~shine

路地を曲がり、茶屋街に到着。
13
ほぉ~~~、パンフどおりの「(みやび)」な佇まいだbud

平日の昼なので、人もまばらで静かだ。clover
この周囲をくるっと一周。すんごくイイshine

戻ってきたら、中国人観光団体の騒音で雰囲気がブチ壊されていたので、さっさと撤収。coldsweats01
どうして、中国人ツアー客って世界中どこでもやかましいんだろう…?(特に中年以上)
日常の生活習慣を外国にそのまま持ち込むなっちゅ~の。
中国の夜行寝台車なんて、慣れるまでは会話がうるさくて寝れないよ。
夜中でもフツーの声で会話するからね…。sadsweat01

さてさて、お腹も空いたので食事することに。restaurant

昨日寄った市場に行ってみた。
14
昔ながらの市場の真ん中に新しいビルを建てた格好だ。

市場のお店で海鮮丼を食べることにした。
18キップ旅の「貧ぼっちゃま」でも、やっぱ日本海の海の幸は食べたいのだっshinescorpius fish cancer
ココは思い切って1400円を食券の券売機に投入sign01

たまにはゼイタクするぞsign01フンッsign03dash

店内に入り、愛想のイイ店員さんから最初に「あら汁(味噌汁)」をもらう。
15
う、うまぁ~~~い♪happy02sweat01

いろんなダシが入っている。
寒かったので、暖かい汁物はウレシイねぇ~happy01

次にお目当ての海鮮丼だ。
16
Yes!Yes!!Yes!!!goodshine

うまぁぁぁぁぁ~~~~~~~いっっ♪happy02sweat01
…もう、説明は要らないネshine

タップリ満足した後は、市場内を散策。snail
途中、トイレに行きたくなった。
探すと、すぐに案内表示が見えた。

トイレエレベーター……えっ
17
エレベーター バナナbanana」に「エレベーター ウシtaurus」ぃ~~~??!!sweat01

…な、ナゼ????coldsweats02sweat02

あまりに気になったので、「ウシ」くんのほうに行ってみた。taurus
そこには驚愕の結末が…。sweat02


18
…た、確かに「ウシ」だ。sweat02

こういうのって、意味を考えちゃぁイケナイんだろうな、きっと。coldsweats01

さて、夕方まで時間が余ったので、もう少し観光することに。
…とは言っても、金沢は案外観光スポットは少ない。
特に歴史や美術品好きな方なら「shine堪らない魅力的な街shine」なのだろうが、私は「」だ。(笑)

…というワケで、北陸鉄道のもう一つの路線「石川線」を見に行くことにした
ちなみに、金沢駅地下から伸びているメインの路線は「浅野川線」だ。

金沢一の繁華街「片町」を抜け、半分詐欺(笑)の「にし茶屋街」を通り抜け、街外れの「野町(のまち)」駅に到着。
19
着く直前に雪…というか(ひょう)が降ってきたsign01wobblysweat01

でも一瞬で止んで晴れたので、駅周辺で撮影することにした。camerashine

ホームはこんなカンジ。
20
近代的な地下の金沢駅と違い、こちらはかなりローカル臭が漂っている。bud

ホームは右側のみを使用している。

列車がやって来た
21
おぉ!元東急7000系やん

なつかしいねぇ~~~happy01
非冷房の屋根といい、結構原形を保っていると思う。

アップで撮ってみた。
22
社紋がカッコイイねぇsign01goodshine

前面床下のスノープロウ(雪かき器)は、さすが雪国の証。snow

…って、あれ?台車が…。
ナゼJR(国鉄)の「DT21」を履いているのだ??
どこぞの113系とか101系あたりからもらったの?
それとも西武の701系列とか。(←実はコレが正解)

まぁ、コイルバネだけど、オリジナルの空気バネ台車よりは乗り心地イイかもsmile
パイオニア型台車の乗り心地はひどかったからねぇ…。ng

列車は30分おきなので、発車後はすぐに戻ることにした。
今は晴れているケド、さっき雪降ったし、予報も「」だったからねぇ…。snow
もう寒いし、カメラのバッテリーが切れる寸前だし。sweat01

駅周辺ののどかな住宅街を歩いて戻り始める。
23
イイ雰囲気だねclover

歩きながら何気なく左側を見た。eye
すると、空には信じられない色をしたダークグレーの雲のカタマリが…sweat02

…ヤバいっsign01コレはまぢで来るsign03
しかもかなり速い速度で近付いて来ている。clouddash

急遽、早足で戻ることに。

だが、想像以上に雲は速く、もう少しで繁華街の屋根つき歩道に…という所で、雹の機銃掃射をくらってしまった。
24
手袋の上にあるのは雹だ。(写真左側)

この大きさの粒の物体が、バケツをひっくり返したように突然一斉に降って来た。
「しとしと」なんてモンぢゃなく、「バタバタバタバタバタ…sign03sign03」という音とともに、まさにゲリラ的に攻撃された。まるで戦争だ。

…あ、アタマが痛いsign01wobblysweat01

風もあるので、傘は効果ナシ。
降りだして1分も経たないうちに、地面が一瞬にして真っ白に…(写真右側)

スゲェぜ!雪国…

もうココからは雪と風との戦い
一瞬にして雪景色となった街中を、必死に歩いて戻る。sweat01
チャリで帰宅中の学生達を見ていたら、可哀相になってしまった…。weep

横殴りの雪…というかブリザード(ビル風もある)に耐え、2回ほど建物内に避難。clover
10分ほど暖を取って外に出たら…

…あれ?また晴れてやがる。coldsweats01sun
やってくれるぢゃナイか、雪国さんよぉ…

融雪器の水でビチャビチャになった歩道を何とか進む。sweat01

ホテルの近くで、またもや左側の空を見上げると…
25
コレが晴れと雷雹との境目だsign01shine

まるで砂嵐爆風に呑まれる瞬間ってカンジだよねぇ…。sweat02

雷も鳴っているので、急いで近くのコンビニでパンを買い、ホテルに逃げ込む。sign04runbuilding
ふぅ、これでやっと落ち着ける…。clovercoldsweats01

部屋でお茶を飲みながらパンをかじり、のんびりTVを眺める。
…う~ん、至福のひととき♪♪catfacejapanesetea
外はだ。これで予報どおり。

夜になり、またもや友達からメールが。mailto
となりのファミレスで食事することになり、移動。

2時間ほど食事&ハナシをして、店を出ると…
26
…おいおい、明日電車動くのか?これ。sweat02sweat02sweat02

ニュースでは今日も電車「運休多数」だったらしいし…。
(金沢市内は晴れてたので全然判らなかった)

…まぢで東京帰れねぇ~んぢゃなくね?sweat02

つづき「エピソード2の2」はこちらーーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「たけのこ公園」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #2」2010初春~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

旅と鉄道(06北陸)」カテゴリの記事

コメント

>キハ52
まだ元気に走れそうなのに、何故寝たきり老人に
しようとしているのか理解できないのですが。
前面の顔も優しいですし。
車庫もセットでBトレで出ると嬉しいのですけどね。
そうすると当鉄道初の気動車になります。

>国鉄色の475系
顔もそうなんですが、塗装車というのは一種の
優しさというか温かみを感じさせます。
そして一度見たら忘れる事の無いアピール度も備えてますね。

>市場のお店で海鮮丼
私などは泣いて喜びそうな内容です。
魚介類大好きなので。
肉っ気は殆ど受け付けませんし。

>雹
さすが雪国ですね。
駐車してあった車は大丈夫なのでしょうか?
それとも、こういうものだと慣れているのかもしれませんが。

投稿: CHIANTI | 2010年1月21日 (木) 14時47分

キハ52、あぁ見えても車内の窓枠「xmas木」だったりしますし…。
もう相当な歳です。coldsweats01

海鮮丼、ホントはcancerカニを死ぬほど食べたかったのですが、悩んだ結果、色々載っている丼にしてしまいました…。
地元の友人曰く、「どうして他の地方の人は、金沢に来ると“cancerカニ、カニ!”ってウルサイの?(笑)」とのこと。
…ま、生まれてから身の回りに「あたりまえ」に存在しているものって、どこでも案外こんなモノですね。えぇ。(笑)

この雹、前回(12月)の夜中には、コレよりも大きい「パチンコ玉大」の粒が降ったそうです。
友人も「まだ新車なのにぃぃぃぃ~~~~っ☆shock」と走行中の車内で叫んでいたとか…。
「屋根に毛布掛けとけば?」と、しっかりアドバイスしておきましたnotesmile

投稿: まりりん | 2010年1月22日 (金) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「たけのこ公園」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「はるかなる北陸路:エピソード2 #2」2010初春~ »