« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

旅日記 ~「スノートータス・北陸路」2009冬~

前回「はるかなる北陸路」のつづきー!

今回も、「年末すぺしゃる!」というコトで、「青春18きっぷ」での北陸旅行記復路その1)を…

前回は金沢駅に無事たどり着いたトコロまでをご紹介した。

ココからは、その帰路その1金沢~直江津間)」の様子をご紹介。
101
JR金沢駅の正面玄関。

北陸新幹線の工事に併せて新装され、キレイな駅に変わっていた。

以前訪れたのは、まだ在来線が高架化されてすぐの時だったからなぁ…
ホームだけ高架で、改札は地上の古い駅舎内だった。
なので、改札までの通路の長かったこと…
このガラス張りの部分半分くらいが、旧駅舎の位置だったと思う。

このガラス張りの内部はこうなっている。
102
キレイだねぇ~♪

雪国なので、こういった大きいドーム状の駅前広場は移動しやすくてイイ

この下には地下広場がある。

その広場に隣接して、北陸鉄道の駅がある。
103
これも以前は地上にあったよなぁ……しかも、かなり地味に。

車両も更新されていた。
104
おぉ、京王井の頭線やんけ

この製造当時のままの、オリジナルのお顔も久々に見るなぁ~。

別の位置からも撮影してみた。
105
なんか、本家・東京の「渋谷(しぶや)」駅みたいだ

お顔の色は違うケドねぇ~~

…さて、ウチに帰るとしよう。

連日の強風と激しい雷雹(らいひょう)で、とても徒歩で外出できる状況ではなかったので、兼六園などの観光は一切出来なかった。
雷雨雷雪なんてモンぢゃなく、BB弾やパチンコ玉くらいの大きさの(ひょう)が、激しい雷と風と共にゲリラ的に降ってくるんだもん…

なので、往復の列車内が、今回は唯一の観光スポット

12月21日の午前中に金沢駅をスタート。
深夜に東京に到着する予定だ。

帰路の列車ダイヤを調べたら、富山糸魚川間の列車が、有効時間帯に3本しかないことが判明。
結果、自動的にこの区間の列車に前後の行程を合わせるコトに…。

ホテルをゆっくりめにチェックアウトし、金沢駅に行く。

ホームに上がり、列車を待つ。
その間に少し「撮り鉄」をしてみた。
駅の構造上、キレイには撮れないが…

まず、こんなのが目の前に停まっていた。
106
おぉJR東日本の特急型電車485系の、特急「北越」だ。

この車両も、そろそろ引退のウワサが…
つい数年前まで、の色の電車はJR西日本の所有物だと思っていた。
実は新潟の所属の車両だったのだ…
それだけ、関東には馴染みのナイ、JR東日本の車両だというコト。

この特急が出発したら、奥のホームに↓こんなのがやって来た。
107
…あっ!骨董品

元・寝台特急583系の「419系」だ。

国鉄末期、世界でも日本にしか存在しない寝台特急電車に、東京・中央線の通勤型電車「101系」の走行用ギアをはめ込んで高速性能を落とし加速性能を上げ、ローカル通勤(近郊)型として改造されたモノだ。
ドアも2か所増やし、窓も開くようにした、日本で最高に居住性のイイ普通列車
仙台・北陸・福岡周辺に配属された。

…まだ生きてるんだよねぇ~。
でもそろそろ新車と置き換わるというウワサを聞いたゾ。
最初に見た時は、まだ真っ赤な車体(昔の身延線と全く一緒の、ワインレッドに白い帯)だった…。

さて、そろそろ自分が乗る列車が来る時間だ。
108
10:58発の「直江津(なおえつ)」行き。

結構ロングランしてくれる(走行距離177Km)ので、乗り換え要らず。
寒い時期にはウレシイ列車だ

同じ区間を走る特急車両「スノーラビット(雪うさぎ)」に対抗し、私はこのノンビリ車両「スノートータス(雪亀)」で移動してやるっ
109
列車は、定番の475系3両編成。(行きと同じ)

途中の「糸魚川(いといがわ)」駅で、後発の特急「はくたか11号」に追い抜かれる。

列車は定刻に発車。
天気もまぁまぁ良く、順調に走る。

途中で、行きに気になっていた駅を撮影。

それは…
110
…そう、「福岡(ふくおか)」駅だ。

九州でナイ、こんな所に…
111
この大量のと「福岡」の文字のコラボに違和感を覚える。

だが、確実に駅名板には「福岡」と書いてある。
112
う~~~~ん、違和感…。

ちなみに、JR九州には「福岡」駅はナイ。(「南福岡(みなみふくおか)」駅はある)

列車はさらに進む。
富山駅の近辺では晴天になり、心がホッとする。
久々のまぶしい太陽だ

だが、日本海沿いに出た途端、状況が変わった…。
113
…どうよ、この空。

典型的な「冬の日本海」っちゅうイメージだなや。

鉛色の空、強風、荒れる海、演歌、日本酒、炙ったイカ、寂しげなオンナ

この地域の方たちはたくましいね
114
…自分には無理だな、こんな厳しい環境での生活。

さて、列車は糸魚川駅に到着(13:26着)。
115
ここで特急に抜かれるために、しばらく停車(13:33発)。

この駅から大糸線で「松本(まつもと)」駅に抜けて帰る選択肢もあったのだが、先ほどの天気を見てたら、チト不安になった。
あの超険しい山間部、しかも「フォッサマグナ」で有名な、あの姫川沿いだぞ。

もし途中の「南小谷(みなみおた)」駅に着くまでに立ち往生したら、完全に身動き取れない「(山間)の孤島」だ。

前のボックス席に座っていた「」らしき2人組は、何も考えずにフィーリングで急遽この電車を降りて乗り換えてしまった。
しかも「ぢゃぁ、今から海見に行こうぜぇ~」との恐怖のセリフを車内に残しながら…

まぁ、どっちのルートでも松本駅からは同じ電車(長野始発の甲府行き)に乗ることになる。
ここで14:49まで1時間20分待ち続けるか、このまま暖かい車内で直江津駅まで座り続けるか…?
脳内協議の結果、このまま乗り続けることに閣議決定された。
ヤバめの時は冒険しないほうがイイ

なので、この時間を利用して「座り続けた足を伸ばす」がてらに、ホームに下りて撮影開始

すると、隣の車両で何か作業が…
116
ドアの開閉装置をいぢっている…

寒さのせいか、車両の年齢(40歳前後)のせいか、ドアがうまく動作しないらしい。
車掌さんも見守っている。

最後尾の車掌室のドアには赤い旗が横向きにさしてあった。
これは「装置の点検作業中」を意味している。
チョットいぢったら直ったらしく、作業員も戻って行った。

そのまま視線をに移すと…
117
レンガの機関庫の左横には、大糸線のディーゼルカー「キハ52」たちが…。

しかも、どっちも国鉄当時の色のリバイバルカラーだ。

さて、時間になったのだが、特急列車は一向にやって来ない
そこに車掌さんのアナウンスが。
特急は雪のため15分ほど遅れて運転しています」とのこと。
やっぱ、大糸線の冒険はしないほうがイイ…。

車内で「のへ~」と外を見ながら座っていたら、特急列車がやって来た。
金沢駅のホームに表示されていた「はくたか11号」だ。
(10枚上の写真を参照)

「どうせ、JR西日本ほくほく線の新型681・683系か、JR東日本(新潟)のっきの485系だろう…」とボーッとしていたら、突然目の前にクリームの、鼻っつらの丸いバディが現れた。
118
……あぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~っっっ!!!

…完全ノーマークだった。
国鉄色の原形485系だ。
しかもお鼻が丸い、初期型の「ボンネット」タイプ

そういえば、旅に出る前に友達が言ってよなぁ…
国鉄色のボンネットはくたか走ってるよ~~」って。

…まさか、今、目の前に。

慌ててホームに降り、急いで先頭へ行く。
遅れているモンだからすぐに発車となる。

動き出す瞬間に間に合い、カメラを構え、先頭を撮影する。
119
…ヘッドマーク、雪で真っ白やん。

撮ってから気がついた。
…ま、当然だわな。

でも、めげずに撮り続ける。
120

証拠写真っぽく、車端部(ドア右)の行先表示器の文字を入れて撮影。

越後湯沢(えちごゆざわ)」駅の文字が撮れたのでOKとしよう

さらに、列車のおしりも撮って見た。
121
こっちはヘッドマークがキレイに見えるゾ

マークの濃いピンク色がイイよね

こうして、突然のラッキーハプニングに満足した後、ニコニコしながら車内に戻る。
そして列車は遅れて出発。

行きに通ったデッドセクション(電源切り替え区間)を通過し、直流区間に入る。
(東京や大阪の電車や、全国の大半の私鉄は、直流の電気で走っている)

またまた日本海沿いに出た。
122
有間川(ありまがわ)」駅。

空が晴れていた。
青空があると、こうも日本海のイメージって変わるモノなのかぁ…
なんか、ススキ青空がミョーに気に入って、慌てて撮った1枚だ。
(行きの写真とは大違いだ)

そして、やっと列車は終点「直江津」駅に到着(定刻だと14:12着)。
123
3時間半ほどの乗車だった。

…この列車、便利ね♪

さて、ココからは手前の特急型電189系「普通:妙高号」に乗り換えて、長野駅を目指す。
だけど、今回はブログの画像容量の関係で、ここまでーっ

次回は「その2(直江津中野間)」をご紹介

つづき「その2」はこちらーっ!

----------------------------
2009年の「のんびり行こうぜ。」はここまで。
この1年間のご愛読、まことにありがとうございました
2010年もどうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (8)

2009年12月28日 (月)

旅日記 ~「はるかなる北陸路」2009冬~

今回は、「年末すぺしゃる!」というコトで、「青春18きっぷ」での北陸旅行記(往路)を…(長文だよ!)

その旅は12月18日、早朝の東京・JR中央線「中野(なかの)駅」から始まった。
01
乗る列車は、4:44発の各駅停車「高尾(たかお)」行き。(中野始発)

初電が4:27。これは、その次の2番電車だ。
ちなみに、5:24発の列車でも途中(岡谷)から同じ列車に乗れるのだが、乗り換えに余裕を持ちたかったので、この列車にした。

目的地は石川県の「金沢(かなざわ)」駅。
中央~篠ノ井~信越~北陸線という経路だ。全長535Km

さて、列車に乗り込もう。
日常の早朝の雰囲気を醸し出してる列車は、中野駅をゆっくりとスタート。
この列車は高尾までの短い旅だが、私は半日掛けた、はるかなる旅路だ。
銀色の新型電車E233系は静かなので、リラックスするには最適だ
今までのオレンジ色の201系はウルサイのでね…。
ドア上の広告用モニターを見てればヒマ潰しも出来るし~

…で、電車は順調に高尾駅に到着(5:34着)。

ここで5:43発の「大月(おおつき)」行きに乗り換える。
手前の「立川(たちかわ)」駅始発の電車で、続行でやって来る列車だ。
車両は同じE233系。
立川で乗り換えたほうが待ち時間も暖かかったのだが、今回は敢えて高尾駅での乗り換えにした。
駅の天狗を撮影しようと思っていたのだが、ライトが消されていて、あっけなく計画倒れに。

1番線から4番線に乗り換える。
電車が来るまで10分ほど待たねばならない。
同じ東京都とはいえ、夜明け前の高尾の寒さはハンパない…。
早速、手袋とマフラーを急いでバッグから取り出す。

ちょっとしたら、列車接近のアナウンスが…。
でも3番線のだ。

何だろう?」と思って見ていたら…それはやって来た。
02
おぉ!新型N'EX 初めて見るぞ

高尾始発の「成田空港(なりたくうこう)」行き「成田エクスプレス」(通称N'EX)。
中央線沿線住民にとっては、かなり便利な列車だ
大月始発の一番列車(N'EXの横にいるヤツ)と接続しているので、山梨県民も利用できる

N'EXを撮影していたら、ほどなく大月行きがやって来た。
早速乗り込む。

あったか~~い

ここからは山間部なので、ドア上のモニターをずっと眺めていた。

どうせ景色なんて真っ暗で見えないしぃ~。

やがて列車は大月駅に到着(6:20着)。
ここで6:23発の「甲府(こうふ)」行きに乗り換える。
今度は「中央線の主」こと115系の6両編成だ。
(上の写真のN'EXの横にいるヤツと同じ電車)

やっと中央線の旅らしくなって来た

列車は大月駅を出発。
ほどなく夜が明けてきた。
朝焼けの中を列車は進む。
雲のない、きれいな空だ…。

勝沼ぶどう郷(かつぬまぶどうきょう)」駅からは、甲府盆地が見えてくる。
03
中央線の景勝地の一つで、昼でも夜でもキレイな風景を見せてくれる。

今回はチト撮り損ねた…

甲府盆地に下ってゆく列車内は、こんなカンジだ。
04
車両は典型的な長野地区の115系で、これは車内設備と走行機器の更新工事が済んでいるタイプだ(製造されて20年以上経っているからね…)。

コンプレッサーなどの騒音源となる機器類が、音のしない新型に交換されているので、かなり静かだ。
唯一の難点が、ナゼか背もたれが低くなってしまったこと。
お陰で、後ろにいる人とアタマがぶつかってしまう可能性もあるのだ。
これぢゃぁ、寝れないよ…(って、それ(居眠り防止)が狙いか?)

列車は朝の通勤時間帯に入り、「塩山(えんざん)」駅から学生と通勤客が多数乗り込んできた。
だが、都会のラッシュとは比べ物にならないくらいゆとりがある。
こんな通勤が理想だね
でも都会より確実に寒いが…。

ほどなく列車は甲府駅に到着(7:12着)。

ここでさらに7:22発の「松本(まつもと)」行きに乗り換える。
今度はラッシュ帯なのと、3両編成なので、急いで移動して席を確保する。
こちらは国鉄の雰囲気が残っている、室内が原形に近い115系だ。
まぁ、さして違いはナイので、詳細は割愛
数駅で車内はガラガラに…

列車は「茅野(ちの)」駅に到着。

すると、ちらちらと雪が降ってきた…
実は今年初めて見る雪だったりする。
いよいよ雪の世界か…(わくわく

しばらくして「岡谷(おかや)」駅を出て、「塩嶺(えんれい)トンネル」を抜けたら、一気に真っ白な世界になっていた
おぉ!」と一人で心の中で盛り上がる
だが、その雪も「塩尻(しおじり)」駅に着くころには消えていた。しかも晴れている。
山の部分にしか雪は降ってなかったのネ…。

列車は最後の快走をして、松本駅に到着(9:16着)。
ここでも続行の9:34発「快速みすず長野(ながの)」行きに乗り換える。
といっても、この先は各駅停車だが。

この列車は飯田線からやって来るので、途中の岡谷でも乗り換えられたのだが、やはり「ターミナル駅」松本のほうが何かと便利なのでね。

ホームに下りて列車を待つ。
05
すんごく冷たい横風が吹き抜けていく。

さ、寒い…。高尾より寒い。

数分待ったら列車がやって来た。

また115系だろう」と思っていたら…
06
なんとJR東海の313系

チョー乗り心地がイイんですけど
この車両での運用は、1日1往復しかないとか…。ラッキー
やっぱ、最新の車両のほうがスキマ風が入って来なくて暖かい

のほほ~んとしながら乗っていたら、列車は「姨捨(おばすて)」駅に到着した。
07
ここは本線上にホームの無いスイッチバック駅で、列車交換のため小休止。

ホームに下りて数枚撮影。うっすらと雪が地面に…
08
313系の「長野」行きの表示もあまり見れないよね…

この駅も絶景なのだが、雪であまりキレイに見えず。
なので、今回は撮影せず…。

で、列車は長野盆地に下り、長野駅に到着(10:45着)。
09
また雪が降ってきた。

ここからはいよいよ豪雪地帯に突入。
実は、数日前から天気予報で「日本海側、ヤバいよ」と言われてたのだ。
急激に天候&気温が下り坂になり、この18日はすんごいコトに…

次の列車までしばし時間が空いたので、ホームでそばを食べる。
寒い所で食べるそばは、あったかくて美味しいねぇ~~

あったまって満足した後は、11:24発の「直江津(なおえつ)」行きに乗り込む。
10
今度は、またもや115系の3両編成。

…長野には、大糸線を除き、通勤(近郊)型電車は115系しかいないのだ。

列車は雪の中を出発。

隣の「北長野(きたながの)」駅に珍客が…
11
そう、東京の「京浜東北線」の209系だ。

東京から長野まで運ばれたもので、かなりの編成が停まっている。
これはみんな廃車予定だ。

都会の電車と雪景色…すんごい違和感。
しかも、この車体の色合いとこの雪のコラボは、いやが上にも寒そうに見える。
無機質な電車」かどうかは、雪に晒してみると判るかも。

列車が進んでいくと、急に景色が真っ白で見えなくなってきた。
12
おぉ、寒そう…

途中の「豊野(とよの)」駅で対向列車とすれ違う。
13
あっちは特急型189系を使用した、6両編成の普通列車「妙高号」だ。

指定席がある関係で、普通列車なのに名前がついている。
走っている区間も停車駅も、こちらの115系とまったく同じ。
私もコレに乗りたかったのだが、接続の関係で断念。

それにしても、電車の正面の雪が…

列車はいよいよ国境(県境)地帯へ。私の未知の区間だ。
14
…これ、外出たら死ぬな

途中、一部に複線区間があるのだが、架線は見えども線路は見えず…。
そう、雪で線路が埋もれてしまっているのだ。
しかも、わずか数十分前に列車が通ったばかりだというのに。
…スゲェぞ、雪国

そして、スゲェぞ、115系&189系
雪を巻き上げながら、快調に走っている。

だが、115系の窓、閉まっているのにアタマに雪が降ってくるってどうよ

わずかなスキマから雪と風が侵入して来るのだ。
強風&豪雪だから仕方がナイのか
暖房も、上半身には効果ナシ

無事、国境を越え、列車は直江津駅に到着(定刻なら12:58着)。
15
ココからは北陸線に乗り換え。つまり、JR西日本の区間になる。

JR東日本の駅名板に、青い(他の色の)ラインが描いてあるのも珍しい…

北陸線は強風&雪のせいでダイヤが少々乱れていた。

特急列車の乗客が、急遽ホーム移動させられたりしてバタバタしていたが、私の乗る普通列車はシレ~っとホームに佇んでいた。
16
おぉ今や東日本ではほぼ絶滅してしまった「急行形」電車、それも475系ではナイかーっ

いそいそと車内に入る。
17
車内も懐かしいねぇ~~

さすが「動態保存天国」、JR西日本。
この列車は、13:12発「富山(とやま)」行き。475系の3両編成だ。
遅れた特急などの接続の関係で、7分ほどの遅れで出発。

列車は日本海を横目に走る。
…それにしてもすごい風だ。

海面の波が激しい。
18
イメージ通りの「冬の日本海」だ。

演歌と酒と…の世界だね

途中、列車は長い複線のトンネル内で停車してしまった。
突然何だろう?」と思っていたら、反対側の車窓に明かりが。

窓を開けて見てみると…
19
…あ、駅?!

筒石(つついし)」駅だ。
上下線のホームが前後にズレているので、進行方向右側に座っていると、駅に着いたとは気がつかない。
この駅、ホームと改札への通路の間にドアがあり、出口(改札)をうかがう事が出来ない。
一体、どこに繋がっているのだろうか…。
それに、このホームに立っていたら、特急来たら風圧で飛ばされるな…。
日本の「サンダーバード」は救助してくれないからね

長いトンネルを出て、列車は「糸魚川(いといがわ)」駅に到着目前となった。

そしたら急に車内の電気が消えた
20
真ん中の非常灯だけが光っている。

そう、北陸本線の電源切り替え区間(デッドセクション)だ。
直流1500V区間から交流20000V60Hz区間へ突入
(ちなみに、東日本・北海道の交流は20000V50Hzだ)

無事セクションを通過し、列車は糸魚川駅に到着。

見慣れた風景(機関庫)が迎えてくれた。
21
ここは大糸線経由で何度か訪れたことのある駅。

だが、今回は直江津方面から来たので、いつもと違う所にいるカンジ。
私は「黒姫(くろひめ)」~(直江津)~「糸魚川」駅間は、今回が初めてなのだ

機関庫の前に、除雪用のディーゼル機関車「でーでー」がいるねぇ~
しかも今や超貴重な「DD15」。
糸魚川には夏しか来ないので、見たことなかった…。

さて、列車はまたもや日本海沿いに走り始める。

途中、有名な「親不知(おやしらず)」駅に到着。
22
海上の高速道路がなければ絶景なのだが。

それにしても…ホーム狭過ぎぢゃね?
もし跳ねられても、ココもサンダーバードは救助に来てくれない。

雪も風もすごくなって来た
23
東滑川(ひがしなめりかわ)」駅。

もう窓も見えない。
オマケにこの電車も車内に雪が降ってくる。
まぁ、115系よりも古いのだから、尚のことか…
でも、デッキ付きなので、115系よりははるかに暖かい

こうして、列車は大雪の中、「富山(とやま)」駅に到着(定刻なら15:11着)。
24
直江津出発時はキレイだったお顔も、ココまで来るうちに真っ白さぁ~~

何気に横に419系(元・寝台特急電車の583系)がいるのが、すんごく気になる…
もはや「骨董品」だよ、この電車ゎ。

…で、富山でも乗り換え。

先ほど419系がいた場所に、またもや475系の3両編成が入線。
25
15:26発の金沢行きだ。

これでやっと金沢に着けるぞっ

列車は学生を乗せ、順調に走る。
景色はもう見えないし、見るところもそれほどナイ。
強風と雷などで、写真なんて撮れる状態ではナイので、ここも割愛。

そして、ついに、ついに、金沢駅に到着16:28着)
26
おぉ、いぇい

乗ってきた列車はこんなカンジ。
27
う~ん、雪国の列車ってスゴいね

パワフルでカッコイイ

金沢駅では、ホームの端っこにある“ミニのりば”に到着したので、中ほどにある階段までテコテコ歩く。

そしたら視界の左側に…
28
おぉ、いぇぃ

国鉄時代の色を再現した列車だ。
これまた懐かすぃ~ねぇ~
リバイバルカラー」列車として、2編成が走っている。

さらにホーム上には…
29
おぉいきなり西。(笑)

…そっか、そうだよね。
ここはJR西日本の区域だし、北陸と関西は近いんだよねぇ~。

「たこ焼き」の横に書いてある「あまえび焼き」が気になった。
だが、長旅で疲れ果てたのと、モーレツな眠気に襲われてたのと、「寒くてしゃぁ~ないやんけぇ~!ボケぇ!カスぅ~!」状態だったのでパスした。
さっさと、予約してある駅前のホテルに行きたかったからだ。

改札を出て、コンビニで「食料」&「まほうのみず」を買い込み、ホテルにチェックイン。

そして食事してベッドになだれ込み、20時頃にはもう爆睡…(記憶にナイ
…起きたのは12時間後でしたとさ

こうして、12時間に及ぶ「はるかなる北陸路」ツアー(往路)が無事終了した。
途中、何回か「雪で電車がストップして辿り着けないんぢゃナイか?!」とヒヤヒヤしたが、結果的には案外すんなりと到着することが出来たラッキー

後で聞いたハナシだが、上越線経由だったらアウトっぽかった。
アブナイ、アブナイ…

ナゼ、こうまでして金沢に来たのか?!
それは…

教えナ~イ

つづきはこちらー!

| | コメント (6)

2009年12月24日 (木)

旅日記 ~「博多のかもめ」2006~

今回から「西日本・鉄道旅行記2006」シリーズをば。

初回は、九州の玄関口「博多(はかた)」駅の様子をサラッとご紹介。
101
博多駅にいた特急「かもめ」。
たまごのような先頭形状が魅力

2006年5月に、屋久島(やくしま)へ行くことになった。

どうせなら鉄道で行ってやれ~ぃ」…ということで、東京駅から出発。
その途中に博多に寄った。

行程的には…

東京→(寝台車)→大阪→(新幹線)→博多→(特急&新幹線)→鹿児島→(高速船)→屋久島
屋久島→(高速船)→鹿児島→(特急)→別府→(フェリー)→松山→(特急)→高松→(普通列車)→広島→(新幹線)→大阪→(特急)→松本→(特急)→東京

という、バカでバブリーな旅。(笑)
ホントに金持ってたんだねぇ~、当時のオラってば
(おかげ様で、今はピーピーでございます。m(_ _)m

東京から寝台急行「銀河」で大阪へ、大阪から新幹線「ひかりレールスター」と乗り継ぎ、人生2度目の九州入り。
博多は初めてだ

その翌日、ブラッと西鉄に乗って「二日市(ふつかいち)」駅まで行き、JRの普通列車で博多駅に戻る、半日「乗り鉄」旅をした。
せっかくなので、ホームで「撮り鉄」なんぞをしてみたワケ

雑誌やTV・模型などでしか見たことのない車両がたくさんいて、何気にワクワク
でも、その中にいたこの「かもめ」さんは存在感が違っていた。
102
ドイツの新幹線「ICE3」によく似たフォルムだ。

私は先にICEを見た&乗ったので、どうしても「オリジナル」のICEと見比べてしまう…
確かに「パクリ」と言われても仕方がないデザインだが、あっちはあっち。こっちはこっち。
カッコ良ければイイではナイか

こちらの「かもめ」さんは、黄色い色のせいか、何となく「たまご」に見えてしまう。

もう少し横から見てみよう。
103
う~ん、デザインに無駄がナイ

他の特急列車などは、普通列車同様、1・2枚しか撮らなかったのだが、コレはつい何枚も撮ってしまった。
それだけ「イイ♪」ということだ。

撮影してたら、隣に列車がやって来た。
104
九州のベイダー卿」だ。

このガンメタリックも重厚感があってすばらしい
なんかダークフォースでも使いそうな存在感
するって~と、こちらの「白いの」は「手下」ってコトですかい?

隣り…というか、向こうのホームにまた何かやって来た。
105
おぉ!」だ。

こちらは青いので、ちょっとシックな雰囲気だ。
弟の名前は「ソニック」という。

まぁるいのが並んでいると、結構画になるね
なんか新幹線ホームにいるみたい

ソニック」にも近づいてみた。
106
…やっぱ、いいデザインだねぇ~~

東京にもこんな特急走ってくれないかな?
あずさ」とか「成田エクスプレス」とか「日光」とか。

あ、もちろん関西でもOKッス

…ん?
木曽で「しなの」もイイねぇ~~

とにかく、手軽に見に行ける範囲に走ってくれ~~ぃ

つづき、「鹿児島」はこちらーっ!!

| | コメント (6)

2009年12月21日 (月)

実物日記 ~「松本駅の特急あれこれ」2009~

今回は、JR篠ノ井線(中央線)の「松本(まつもと)」駅にやってくる特急電車なんぞを…

松本駅は、中央東線(東京方面)と中央西線(名古屋方面)・大糸線(穂高・安曇野方面)・篠ノ井線(長野方面)が交差する、信州南部(南信)の一大拠点だ。
当然、各方面からいろんな列車がやって来る。
中でも、華やかなのが「特急電車」であろう

まずはコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1101
ZZZZzzzz......

駅構内の留置線で休んでいる、JR東日本185系はまかいじ」。
一日1往復のレアな列車だ。
横浜方面から、横浜線経由で八王子入りし、松本までやって来る。
最近ではすっかり定番化した感のある臨時列車だ。

余談だが、185系なので速度は出ず、足は遅い。
(185系の性能(ギア比)は165系と同じ「急行型」で、最高速度110Kmなのだ)
なので「はまあずさ」にはなれず「はまかいじ」かと。
はまアルプス」でもイイんだけどねぇ~~

さて、お次は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1102
ボウリングのピンではない。

ご存知、東線のスター「スーパーあずさJR東日本E351系だ。

…これはガチで速い。(笑)

新宿~松本間で、通常の「あずさ」とは1時間近い差がつく。
振り子式」なので、カーブでも容赦なく突っ込んで行くからだ。

これは車庫の中にいたのを、ホームから撮影。
2列車並んでるのって、東京ではほとんど見られないので、東京人にとっては結構貴重なシーンかも

車庫の奥の方では…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1103
(だいぶ昔に撮影)
ぱっくり

口開けて寝ているしぃ… ( ̄◇ ̄)zzzzz.....

そして…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1104
木曽で競うっ

西線のスター「しなの」、JR東海383系だ。

振り子式なので、こちらも速い。
383系は編成にバラエティーがあるのが魅力

そして東線「助演役」の…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1105
安定の走り

あずさ」「かいじ」用のJR東日本E257系だ。

正面のデザインはいろいろ賛否両論はあるが、居住性は良い。
振り子式ではないので「ガチ速」ではナイが、その分乗り心地のほうに重きが置かれている車両。
側面の四角い模様が特徴だ。

さて、コレで全部だな

…あ、もうひとついたなぁ~。

そうそう、↓これこれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1106
何ぢゃい、こりゃぁ~~~~っ!!

…何って、特急電車ですが

このまったくヤル気のナイ顔は何者だ昔の改造ゲタ電かそれともJR西日本の最終兵器11○系…(以下略)」

“あずさ”です

…あ、あずさぁ

そうですよ、ホラ
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1107
「確かに、側面からしてE257系だ…」

カッコイイでしょ

……orz

…そぅ、つまりは「増結用車両(2両)の簡易運転台」ちゅ~コト。
だから、普段は松本駅構内(車庫~ホーム)でしか見ることが出来ない

これに大糸線からやって来た基本編成(9両)が連結される。 
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・松本駅の特急列車2009-1108
来いやぁーーーーーーっ

こうして11両フル編成になった列車は、東京方面に向けて出発して行く。
(最遠で「千葉(ちば)」駅まで行く)

…ぜひ、このお顔で本線を走ってもらいたいねぇ~~

新宿から松本に来て切り離し、基本編成は大糸線へ、付属の2両は篠ノ井線の「聖高原(ひじりこうげん)」駅行きで走らせるとか。
はたまた松本電鉄に乗り入れて「新島々(しんしましま)」駅行きとか。(笑)

模型でこのお顔はしょっちゅう眺めていたが、やっぱり実物を見ると…違うね

迫力」がさ。

付属編成4本くらい繋げて(2両×4本=8両)、甲府駅なんかに現れた日にゃぁ~~(笑)

…あぁ、見てみたひ

| | コメント (4)

2009年12月17日 (木)

Bトレ日記 ~「サウンドイズル出雲」の巻~

今回も、またまた私物ではナイのでサラッと。
101
これも、前回の683系201系の友人から「よろしく~♪」と依頼を受けた。
今回のはスゴいゾ☆
102
なぁ~んと、24系25形「出雲」編成に「DCCサウンドデコーダ」を入れたのだ!
カッコイイねぇ~♪
ガチでイケてるゼ☆

さてさて、どうやったかというと…

これは4両でユニットを組んでいる。よって、切り離すことは出来ない。
説明の便宜上、写真左側の車両から「オハネ1」「オハネ2」「オハネフ」「EF65」と呼ぶことにする。

まず、動力ユニットはオハネ1に、サウンドデコーダ(以下「デコーダ」)をオハネ2に、スピーカをオハネフに、ヘッドライトをEF65に入れた。
で、それらを電線で接続するという加工内容だ。

文章にするとカンタンだが、実際は orz モノだ。(笑)

では詳細を…
デコーダはドイツ製「ESU(エズー)社」の「Loksound(ロクサウンド)2」の電気機関車用を使用。
音源はドイツ鉄道(DB)の「E75」用だが、案外日本型の国鉄機関車の音に似ている。
タイフォンが電車っぽいのを除いては…

…で、このデコーダの最大の難点が「HOゲージ用」だということ。
デコーダ本体はかなりデカい。古いデコーダなのでね…
それをBトレに入れようって~んだから、かなりムリがあるよねぇ~…。

で、いろいろ検討した結果、「寝台客車に入れるのが良かろう」となった次第。
確かに、屋根が高くて収めやすい。

かくして激しい戦いが始まったのであった。
依頼者は「よろしくね~♪」と涼しい顔をしているだけ…。
加工者の苦労といったら…
(まぁ、「約束(契約or買収とも言う)」なので仕方がナイが(笑))

まずは動力装置だ。
これはオハネ1に難なく入った。まぁ「当たり前」なのだが。(笑)
で、そこから集電し、オハネ2に給電する。
103
電源用の2本とモーター用の2本で、計4本の電線が引き通されている。

オハネ2にはデコーダ本体が鎮座する。
104
屋根裏側のモールドと、ガラスパーツの出っ張りを全て削り、車体関係すべてをゴム系ボンドで接着する。
クーラー横の凹みもすべて削るので、屋根に穴が開いてしまう。
そこはグレーの画用紙を貼って、穴を塞いだ。案外目立たないものだ☆

屋根裏にはデコーダの発熱(放熱)対策として、アルミテープを貼った。
だが、そのままでは、デコーダに触れるとショートしてデコーダが逝ってしまうので、紙のシールを重ね貼りして絶縁した。

そしてデコーダを斜めに入れる。
これでも床板に干渉して収まらないので、最初期(パート1等)のBトレ床板を加工して、何とか収まるようにした。
現在の床板では加工が大掛かりになると思う…

デコーダが収まったら、次はオハネフのスピーカだ。
105
このスピーカは、デコーダに付属しているモノで、Bトレ(Nゲージ)にはかなり大きい。
だが、音量としては申し分のナイ、迫力のサウンドを鳴らしてくれるのだ。

小さいのに取り替えてもイイのだが、困ったことに、このデコーダのスピーカの「インピーダンス」は「100Ω」というモノなのだ。
日本の一般的な電化製品等に使用しているのは「8Ω」。規格が合わない…
秋葉原の電気街で捜索するも、「日本ぢゃぁ100Ωなんてモノは作ってナイねぇ~」と言われる始末。
無理やり8Ωや32Ωのを流用することも出来るが、デコーダに負担が掛かるのと、間に抵抗を挿入しなければならず、その抵抗からの発熱も注意しなければならない。
まして、「抵抗を挿入する」ということは「音量が下がる」ということにもなる。

…で、いろいろスピーカを買ってきて試行錯誤した結果、EF65に入れようとしていたスピーカを「オハネフに入れることで純正品(100Ω)が使用でき、問題が解決できる」という結論に達した。
いやぁ~、寝台車って素晴らすぃね☆(笑)

かくして、オハネフもオハネ2と同様の改造を受け、中が“ガランドゥ”になった♪
で、斜めにスピーカを入れ、床板も加工し(この床板は今ドキのほうが入れやすかった)、無事格納完了~☆
「機関車の隣の車両から音がする」というのに危惧したが、結果的には「案外判らない」というオチに…。

さぁ、最後にEF65のヘッドライトだ♪
まず、EF65のスカート(KATO製のスカートを流用)に穴を開け、電線を通す。
106
そして、屋根板の裏側に電球色LEDと抵抗(470~560Ω程度)を接続し、固定する。
107
写真はレインボー機だが、加工内容は一緒だ。
LEDは黄色い矢印部分にある。

次に前面パーツの加工だ。
ヘッドレンズの部分に穴を開ける。
108_2
ココはイチバン神経を使った場所だ。
少しでもズレればそれでおしまい。パーツがダメになってしまう。
慎重に穴を開けた。

穴が開いたら、KATOのEF65用のレンズパーツをはめ込む。
109
寸分のズレも無ければ、ピタリと収まる。
一発で成功したので、気分が良かった。
この夜のビールの美味かったこと…(笑)

…で、光漏れ対策をし、車体を組み立ててればEF65は完了だ。

そして、4両とも組み立て、電線を上手く格納して走行に支障のナイようにすれば、「サウンドイズル(出ずる)出雲」の完成~~~♪

こんなカンジで加工してみたが、いかがかな…?!
音量も申し分なかった♪
いやぁ~苦労した。引渡し終わるまで内心落ち着かなかったよ…(笑)

これで「サンライズ出雲」には勝てたな☆
…ま、自分のぢゃナイから、どーにも自慢出来ナイけどね~♪(笑)
友人が楽しんでくれれば、それでOKッス☆

| | コメント (6)

2009年12月14日 (月)

Bトレ日記 ~「マブし過ぎる青い環状線、201系」の巻~

今回も、私物ではナイのでサラッと。
201
先日、前回の683系サンダーバードの友人から「201系にもヘッドライトつけてちょ♪」と依頼を受けた。
なので、コレにもつけてみた☆(笑)
特攻野郎Bチームの有志で行っている「B-Dash」でもLEDおよびDCC加工を承っています。詳細はこちらをクリックしてください♪)
202
カッコイイねぇ~♪
マブし過ぎるゼ☆

さて、どうやったかというと…
屋根板(前面パーツではナイ!)のヘッドライト部分に穴を2個開け、裏側からの光が通れるようにしただけ♪
レンズなどは一切使用していない。
JR西日本仕様のクハ201の屋根は、正面ライト&字幕部分にもモールドがあるので、大掛かりな加工はまったく必要ない。
従来型の東日本(国鉄)仕様の場合は、プラ板を切って同じ位置に接着してから加工したほうが、やりやすいと思う。

当然、ヘッドライトまわりの光漏れの対策が必要だ。
組み立てる前に、屋根板の裏側を黒い塗料で塗るか、黒い紙を貼っておくと良い。
アルミシールでも良いが、LEDの足などの通電部分が接触してショートしないように、絶縁対策を取っておこう☆

そして、電球色LEDに抵抗(470~560Ω程度)をハンダ付けし、それを屋根板の裏側に固定する。
203
赤い矢印の位置にLEDがある。
固定したら、写真のように紙のシールなどで覆っておこう。
作例は、紙のシールの上にアルミテープを重ねて貼っている。

今回もDCCデコーダに接続するので、配線を隣の車両に出せるようにしている。
あとは組み立て、貫通扉の窓から電線を出せば、クハ201の加工はすべてOKだ♪
204
となりのモハ201にも電線を通し、車内にあるデコーダに接続。
電線は目立たないように、青色&灰色コードで配線するという気の使いよう☆(笑)

これで一通り完成~~☆ …だが、この編成にはもう一つ仕掛けがある。
それは、さらにとなりのモハ200にも電線を引き通しているコトだ。
205
こちらには、モーターを抜いた動力ユニットを装着し、「集電車輪を倍増させる」というワザを使用している。
このほうが走行安定性は格段に飛躍する♪
コレは彼の技法だ。私は言われたままに加工しただけ☆

こんなカンジで加工してみた。いかがかな…?!

この「青い環状線」201系、前回の683系「サンダーバード」と並べると、メッチャ格好えぇでぇ~~♪

| | コメント (2)

2009年12月10日 (木)

旅日記 ~「小倉アイス?栗まんぢう?:秩父鉄道1000系」2009~

前回「秩父鉄道1000系 晩秋のファッションショー2009」からのつづきー!

今回も「秩父鉄道(ちちぶてつどう)」のおハナシを…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1201
ちちてつぅ~~~

埼玉県西部の私鉄「秩父鉄道」、そこには今いちばんイケている「1000系」(元国鉄101系)が最後の力走をしている

…んで、その1000系、最近は記念行事の一環として国鉄当時&昔の秩鉄カラーをまとって走っているのだ。
その色の種類は、何と6種類

そのうちの、実在しなかった旧型車塗装(赤電…っていうのかなぁ)にあっけなくハマッてしまい、撮影しまくったというオチが付いた。

他の色を懐かしみに行ったハズなのにぃ…orz

この塗装を見た瞬間、オラは「小倉アイスあずきバー」と言い、同行の「特攻野郎Bチーム」の「たかし」隊員は「…く、栗まんじゅう」とつぶやいた。

…どっちも食べ物だなや。(笑)

しかも、かなり以前(10年ほど前)に、オラがNゲージで作った「なんちゃって西武線」にもウリふたつ
(その記事はこちらをクリック

---------------------------

それではハナシを進めよう。

この小倉アイス塗装、本来はこの旧型車両達がまとっていたモノだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1202
うんうん、こっちはしっくりくるねぇ~

見慣れた安定感」というか…

それを、よりによって1000系に塗ってしまったんだからぁ~タチが悪い。
そして、ソレにすっかりハマッた自分はもっとタチが悪い。

…やれやれ。

この編成、「三峰口(みつみねぐち)」駅構内で入れ換えしていたので、ガッツリ撮らせていただきましたわん 

まずは、ホームから出発直前の姿を。(全体の流れでは、これが最後のシーンなのだが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1203
…これ、どう見ても「西武の赤電」(451系とか)だろう。(笑)

オラ的には、もう西武線にしか見えない…。

な、懐かしい~~

周りにいた人達もそう思えたのか、懐かしそうな「ほのぼのした」表情で眺めている。

まぁ、関係者には悪いが「どう見ても秩鉄車両には見えナイ」というのがオラの見解。
この色の車両にしては角ばり過ぎているのだ。
(今までの車両は丸っこかった…

中間車の写真も撮った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1204
う~ん、ガチで西武線。(笑)

この非冷房の屋根が「とどめの一撃」的効果を放つ

留置線に黄色いのと並べてあった時の写真はコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1205
カッチョエェ~~~っ

前パンがヒジョーにイイっ
(先頭の運転台上にあるパンタグラフを「前パン」と言う)

他の1000系の塗色では、前のパンタグラフはヒジョーに邪魔なのだが、この色に限ってはイイっ
この「後ろから見た構図」って~いうのも気に入っている

このまま右を向くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1206
おぉパレオエクスプレス」だ

この電車のパンタグラフ、屋根、台車、色…

西武601系?

しかも、後ろには黄色い電車もいるしぃ~。

ますます西武線にしか見えないっ

そこに、E851形電気機関車+12系客車の臨時列車を走らせたというような雰囲気。

…あぁ、勝手に妄想は膨らんでいく。(笑)

この後、小倉アイスを1番線ホームへ移動させるために、入れ換え作業が始まった。

小倉ゆうこりんは、駅構内のイチバン奥にある引き上げ線に移動した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1207
背景の紅葉が似合うねぇ~~

ちょうどイイ時期に来れて良かった~

もう少し横から編成を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1208
ムフフフフ…(ハイ、妄想中ですよぉ~

線路横のロープ沿いに奥へ進む。(このロープから中には入るなよぉ
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1209
にへへへへへへ…(妄想爆裂中

…ク、クモハ451だぁ
(誰か病院に連れて行ってくださーい

さらに、奥の車止め側からズームで1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1210
日陰で判りにくいが、秩鉄の赤色は結構「地味」な色味なのだ。

西武は鮮やかな、朱や黄色味掛かった/ベージュなのに対し、秩父はシックな、マルーンや紫掛かった/クリームなのだ。

何気にテールライトが片方しか点いていないのにお気づき
入れ換え作業中だからかな

危険でナイ所からズームで撮ってみた
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1211
おぉ、いぇい

カッチョエェのぉ~~

--------------------------
注意
これらの写真、みんなトリミング(切り抜き&拡大編集加工)してあるからね。
本気でこの写真のフレームに収まる距離まで近づいて撮ろうとしたら危険だ。
電車は生きている。誤って触って感電死したっておかしくナイ。
それに列車の運行に重大な支障をきたす恐れもあるので、ゼッタイに無理&安易な行動はしないこと
「職員さんのご好意で撮らせていただいている」ということを忘れないで欲しい。
線路際に張ってあるロープの外側から、自己責任でちゃんとマナー良く撮影しようね
--------------------------

さらに、しゃがんで床下から見上げたモノも1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1212
普段はあまり見られないアングルだね

…あ、踏切で見られるか。

停車している、このチャンスに…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系小倉アイス・2009-1213
今や貴重な「DT21」台車のお姿だっ 

何かの参考になるかな

この後、電車はすぐに1番線へと移動して行った。
こうしてすっかりハマッた小倉ゆうこりん…いや、小倉アイス編成、ホームでの撮影後にそのまま乗って御花畑駅まで戻りましたとさ。
懐かしい走行音を堪能しながら…。

| | コメント (4)

2009年12月 7日 (月)

旅日記 ~「晩秋のファッションショー:秩父鉄道」2009~

前回「永遠なれっ!秩父鉄道1000系 2007」からのつづきーっ!

 祝!ブログ開設1周年 
みなさまのご愛読、まことにありがとうございます

今回は秩父鉄道の車両のおハナシを…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1101
ちちてつぅ~~~

埼玉県西部の私鉄「秩父鉄道(ちちぶてつどう)」、電車のほかSLや石灰石の貨物列車も多く走る、今や貴重な楽しい路線だ

羽生(はにゅう)」~「熊谷(くまがや)」~「寄居(よりい)」~「長瀞(ながとろ)」~「秩父(ちちぶ)」~「三峰口(みつみねぐち)」駅間を走っている。

そこで活躍している電車達は、すべて中古の譲渡車だ。
中でも今イチオシなのが、元国鉄(JR)101系の「1000系」だ

現在の基本カラーは、上の写真の白を基調としたモノ。
だけど、最近は記念行事の一環として、国鉄当時&昔の秩鉄カラーを復活させて走らせている。
その色の種類は、何と6種類
しかも、7000系(元東急8500系)の導入開始により、引退も迫っている今日この頃…

これは見に行かねばならぬっ

…ってなワケで、2009年11月23日、紅葉も併せて鑑賞しに秩父へと赴いた次第

まずは、「長瀞」駅に行く。

ここは荒川のライン下りの拠点として有名。
何度も秩父に行っているのに見たことがなかったので、下車してみた。
サックリとライン下りの船着場周辺の紅葉を見た後は、すぐ駅に移動。

ちょうど、SL列車「パレオエクスプレス」がやって来る時間なのだ

ホームに入線したSLを見ていたら、お目当ての1000系ちゃんも後続でやって来た
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1102
おぉ~関西線やん(笑)

関東人には馴染みが薄いが、側面のカンジは昔の山手線を髣髴させる。
夏の朝ラッシュ、中間の非冷房車は熱かった(「暑い」を通り越していた)なぁ…
関西の友人にコレを見せたら、懐かしがっていた

余談だが、小さい時に、総武線でこの黄緑色の先頭車(クハ)が1両だけ中間に挟まった編成に乗ったことがあった。

山手線の電車が総武線に挟まってるぅ~」と大喜びして乗ったのだが…

飯田橋駅で下車した時に、前面に黄色い帯があったのを見て、それが「関西線」だということがまだ理解出来ずに「この山手線、変~」と父親に言っていたのを思い出した。
父親は「この電車はこれから大阪に行くんだよ」と教えてくれたが…

それ以来の再会だ(笑)

この列車の後、長時間停車していたSLも続行で発車。
…急に静かになった。
ガランとしたホームに、しばらくして対向列車が到着した。

駅舎でボケーっとしていたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1103
おぉ京浜東北線ぢゃ~ん

…すっかり油断していた。

実は、コレの前の列車も黄色いヤツ(総武線の色)だったのだ。
商店街の外れから見えたのだが、「時すでに遅し」状態…
熊谷方面に走り去ってしまった。
次は何時に戻ってくるのやら…

ちょうど駅にいたので、なるべく古臭く見えるように撮影してみた

…う~ん、これって「京浜東北線」というより「仙石線または「阪和線(笑)
転属直後の「青梅線103系」にも見えなくはナイ

味のある駅舎と非冷房屋根のコラボが決まっているね
(1000系の冷房は先頭車にしか付いていなく、中間車は非冷房のまま)

さて、銀色電車(7000系)に乗って「御花畑(おはなばたけ)」駅に移動。
この駅は秩父駅のとなりで、西武秩父駅のすぐ横にある。

ココで昼食を摂り、しばし休憩。 

そしたら来た、来た…
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1104
う~ん、どう見ても五日市線だべぇ~

懐かしいねぇ~~~

元祖オレンジ色、武蔵野人には堪らない1シーンだ。

これも長瀞駅ホームでイチバン最初に遭遇したんだけど、あまりの混雑でまともに撮影出来なかったので、ココでリベンジした次第。

そして、さらに終点の「三峰口」駅まで移動。
またもや銀色7000系。
なんかコレに乗っていると、長野電鉄に乗っている気分… 
(同じ車両が走っているのだ)

違和感あるなぁ~~。

…で、三峰口駅に到着すると、何やら人が多い…
ちょうどこの日、駅構内でイベントをやっているとのコト。

今までの人生で、この駅にこんなに人がいるのを見たことがナイ(笑)

イベントとSL列車の到着が重なっていたからだろう。

SL列車の横を見ると…いたいた
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1105
ご丁寧に2本も並んでいる

今回の目的は「黄色い秩父鉄道カラー」を見るということ。
いやぁ~、懐かしい。

1000系の譲渡時はこの色だったのだ。
しかも全車非冷房。
…んで、この色は1000系デビューの頃からスタートし、元小田急の800系なども塗り替えられた。

編成全体を見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1106
イイねぇ~~

眺めていたら、あの黄色いヤツが熊谷方面から戻って来た
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1107
やほ~~~~

もう黄色いのは見慣れ過ぎて、懐かしさが出て来ナイ。
総武・南武・鶴見線で散々見ていたからねぇ…

こうやって並んでみると、秩鉄カラーの黄色って、結構「濃い」というか「キツい」黄色なんだねぇ~。
昔の国鉄「黄色1号」(修学旅行色の黄色)に近いのかな

さて、先ほど黄色い秩鉄ラーの横にいた「小倉アイス」というか「あずきバー」のような色をした電車、これは一体ナニモノ
(画像をクリックすると拡大するよん)
秩父鉄道1000系ファッションショー・2009-1108
これは秩鉄の旧型車に採用されていた塗色だ。

この塗装の編成は、最近デビューした。
ちなみに、1000系は今までこの色になったことは一度もナイ。

…だが、なんとしっくりくる雰囲気だろう

まぁ、オラが「西武線好き」というせいもあるケド~

コレ、どう見ても「西武451系」にソックリではナイかっ

違う意味」で、懐かしい~わぁ~~

かなり以前(10年ほど前)に、オラがNゲージで作った「なんちゃって西武線」にもウリふたつ
(その記事はこちらをクリック

この小倉アイス、ココに来るまでは眼中に無かったケド、出会った瞬間に一目惚れ
こういふのを「こひ(恋)」と言ふのだらうか…(笑)

チョコバナナ(黄電)」を食べようとしていたのに、まんまと「小倉アイス(赤電)」にハマってしまった

次回はこの「小倉アイス」をお届けりんこ~~

つづき「秩父1000系小倉アイス2009」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2009年12月 3日 (木)

旅日記 ~「もう一つの秩父夜祭り」2009~

今日は「秩父夜祭(ちちぶよまつり)」。

日本三大曳山(ひきやま)祭りの一つとして有名だ。
埼玉県西部の山奥「秩父(ちちぶ)」地方の一大イベントで、毎年12月3日に行われる。

東京から臨時列車が増発される日でもあり、特に西武秩父(池袋)線はフル稼働になる。
鉄道ファンにとっても楽しい一日だ

そんなお祭りの日に展開される、もう一つの隠れた夜祭りをご紹介しよう。

ただし、もう今では見ることは出来ないが…
(おそらく2009年12月3日に撮ったものと思われる…)

その場所は秩父鉄道「御花畑(おはなばたけ)」駅。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1301
実際には、花畑はナイ。

西武鉄道の「西武秩父(せいぶちちぶ)」駅と100mくらいしか離れていない駅だ。
その両駅の間にある踏切が舞台で、写真の踏切だ。

写ってる駅は御花畑駅。
オレンジ色の1000系(旧国鉄101系)の線路が秩父鉄道。

隣の線路とホームは西武直通列車用だ。
西武秩父駅は撮った場所の右手斜め後ろにある。

この踏切、よく見ると踏切の前後にゴツい架線柱が建っている。

…なんかぁゃιぃ。(笑)

別の角度から見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1302
左手が御花畑駅ホームだ。

ココに夜祭りのメインである「曳山(ひきやま:大きな山車(だし))」が各町から計4台やって来る。
そして、写真奥の急坂を人力で牽き上げて、坂上の広場で集結させるのだ。
これが秩父夜祭りの最大の見せ場だ。

で、曳山はどんなカンジかというと…
もう一つの秩父夜祭り2009-1303
ご覧のようにかなりデカい。

…で、こんなのが踏切を横切るとなると…

当然、架線に当たって通れナイ。
無理に通れば感電死~

なので、曳山が通る時は架線を外さなければならない。

…というワケで、この踏切にだけ特殊な仕掛けがしてあるのだ。

その仕掛けは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1304
ゴツい架線柱の前後の架線にネジ留めしてある部分がある。(赤い矢印↑

そこを外して、踏切の部分だけ架線がナイ状態にするのだ。

現在は日没以降の「秩父」~「三峰口(みつみねぐち)」間の列車を全て運休させ、架線を外しっぱなしにしている。

なぁ~に、どイナカの埼玉最果ての集落に電車が一晩走らなくたって、な~んにも困らない。
年に一度の最大のお祭り日なんだしぃ~

だが、昔は電車を走らせたまま、この架線を付け外ししていたのだっ
もう10年以上は昔のコトになってしまうのだろうか…

コレがその証拠写真だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1305
曳山が踏切に近づいてくると、保線員たちがスタンバイ。

で、電車の時刻とタイミングを合わせて作戦開始

電車が通過後、速攻ではしごを架線に掛け、よじ登って行く。
そして、見事な早業で架線を外して降りてくる。 

…で、曳山が踏切を横切る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1306
ゴトゴト、ゴトゴト…

無事に通過~

そしたら、すぐに架線を元に戻しにまたよじ登る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もう一つの秩父夜祭り2009-1307
またもや早業で架線を取り付け、降りてくる。 

そして電車が通過する…
これを4回繰り返す。

ちなみに、西武直通連絡線側の架線は事前に外されている。
(一日2往復だけだからね)

この踏切りの辺りにいる観光客は、この「隠れたイベント」が起こるたびに拍手大喝采
下手なライブ会場よりも盛り上がっている

一ローカル鉄道の「縁の下の力持ち的存在」の保線係員が、こんなにヒーロー扱いされるのも全国でココだけだったであろう。
もう一つの秩父夜祭り2009-1308
(おそらく)通電状態での作業なので、一歩間違えれば感電死の可能性もある危険な作業だ。

すばらしい」としか言いようがない

安全性の観点からか、今はもう見られなくなったが、「秩父夜祭」と聞くと今でもこの「もう一つの夜祭り」を思い出さずにはいられない。
気温0℃」と戦いながら観たこの日を…。
(毎年ほぼ「低温注意報」が出るのでご用心を

| | コメント (6)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »