« 旅日記 ~「博多のかもめ」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「スノートータス・北陸路」2009冬~ »

2009年12月28日 (月)

旅日記 ~「はるかなる北陸路」2009冬~

今回は、「年末すぺしゃる!」というコトで、「青春18きっぷ」での北陸旅行記(往路)を…(長文だよ!)

その旅は12月18日、早朝の東京・JR中央線「中野(なかの)駅」から始まった。
01
乗る列車は、4:44発の各駅停車「高尾(たかお)」行き。(中野始発)

初電が4:27。これは、その次の2番電車だ。
ちなみに、5:24発の列車でも途中(岡谷)から同じ列車に乗れるのだが、乗り換えに余裕を持ちたかったので、この列車にした。

目的地は石川県の「金沢(かなざわ)」駅。
中央~篠ノ井~信越~北陸線という経路だ。全長535Km

さて、列車に乗り込もう。
日常の早朝の雰囲気を醸し出してる列車は、中野駅をゆっくりとスタート。
この列車は高尾までの短い旅だが、私は半日掛けた、はるかなる旅路だ。
銀色の新型電車E233系は静かなので、リラックスするには最適だclover
今までのオレンジ色の201系はウルサイのでね…。sad
ドア上の広告用モニターを見てればヒマ潰しも出来るし~

…で、電車は順調に高尾駅に到着(5:34着)。

ここで5:43発の「大月(おおつき)」行きに乗り換える。
手前の「立川(たちかわ)」駅始発の電車で、続行でやって来る列車だ。
車両は同じE233系。
立川で乗り換えたほうが待ち時間も暖かかったのだが、今回は敢えて高尾駅での乗り換えにした。
駅の天狗を撮影しようと思っていたのだが、ライトが消されていて、あっけなく計画倒れに。coldsweats01

1番線から4番線に乗り換える。
電車が来るまで10分ほど待たねばならない。
同じ東京都とはいえ、夜明け前の高尾の寒さはハンパない…。
早速、手袋とマフラーを急いでバッグから取り出す。

ちょっとしたら、列車接近のアナウンスが…。
でも3番線のだ。

何だろう?」と思って見ていたら…それはやって来た。
02
おぉ!新型N'EXshine 初めて見るぞhappy02sweat01

高尾始発の「成田空港(なりたくうこう)」行き「成田エクスプレス」(通称N'EX)。
中央線沿線住民にとっては、かなり便利な列車だ
大月始発の一番列車(N'EXの横にいるヤツ)と接続しているので、山梨県民も利用できるgoodshine

N'EXを撮影していたら、ほどなく大月行きがやって来た。
早速乗り込む。

あったか~~いspahappy02

ここからは山間部なので、ドア上のモニターをずっと眺めていた。eyeshine

どうせ景色なんて真っ暗で見えないしぃ~。

やがて列車は大月駅に到着(6:20着)。
ここで6:23発の「甲府(こうふ)」行きに乗り換える。
今度は「中央線の主」こと115系の6両編成だ。
(上の写真のN'EXの横にいるヤツと同じ電車)

やっと中央線の旅らしくなって来たscissorsshine

列車は大月駅を出発。
ほどなく夜が明けてきた。
朝焼けの中を列車は進む。
雲のない、きれいな空だ…。sunshine

勝沼ぶどう郷(かつぬまぶどうきょう)」駅からは、甲府盆地が見えてくる。
03
中央線の景勝地の一つで、昼でも夜でもキレイな風景を見せてくれる。shine

今回はチト撮り損ねた…crying

甲府盆地に下ってゆく列車内は、こんなカンジだ。
04
車両は典型的な長野地区の115系で、これは車内設備と走行機器の更新工事が済んでいるタイプだ(製造されて20年以上経っているからね…)。

コンプレッサーなどの騒音源となる機器類が、音のしない新型に交換されているので、かなり静かだ。clover
唯一の難点が、ナゼか背もたれが低くなってしまったこと。
お陰で、後ろにいる人とアタマがぶつかってしまう可能性もあるのだ。impact
これぢゃぁ、寝れないよ…(って、それ(居眠り防止)が狙いか?)sweat02

列車は朝の通勤時間帯に入り、「塩山(えんざん)」駅から学生と通勤客が多数乗り込んできた。
だが、都会のラッシュとは比べ物にならないくらいゆとりがある。penguin penguin
こんな通勤が理想だね
でも都会より確実に寒いが…。typhoon

ほどなく列車は甲府駅に到着(7:12着)。

ここでさらに7:22発の「松本(まつもと)」行きに乗り換える。
今度はラッシュ帯なのと、3両編成なので、急いで移動して席を確保する。
こちらは国鉄の雰囲気が残っている、室内が原形に近い115系だ。
まぁ、さして違いはナイので、詳細は割愛
数駅で車内はガラガラに…

列車は「茅野(ちの)」駅に到着。

すると、ちらちらと雪が降ってきた…snow
実は今年初めて見る雪だったりする。coldsweats01
いよいよ雪の世界か…(わくわく

しばらくして「岡谷(おかや)」駅を出て、「塩嶺(えんれい)トンネル」を抜けたら、一気に真っ白な世界になっていた
おぉ!」と一人で心の中で盛り上がるhappy02sweat01
だが、その雪も「塩尻(しおじり)」駅に着くころには消えていた。しかも晴れている。sun
山の部分にしか雪は降ってなかったのネ…。crying

列車は最後の快走をして、松本駅に到着(9:16着)。
ここでも続行の9:34発「快速みすず長野(ながの)」行きに乗り換える。
といっても、この先は各駅停車だが。delicious

この列車は飯田線からやって来るので、途中の岡谷でも乗り換えられたのだが、やはり「ターミナル駅」松本のほうが何かと便利なのでね。tulip

ホームに下りて列車を待つ。
05
すんごく冷たい横風が吹き抜けていく。

さ、寒い…。高尾より寒い。wobblysweat01

数分待ったら列車がやって来た。

また115系だろう」と思っていたら…
06
なんとJR東海の313系shine

チョー乗り心地がイイんですけどgoodshine
この車両での運用は、1日1往復しかないとか…。ラッキーscissorsshine
やっぱ、最新の車両のほうがスキマ風が入って来なくて暖かい

のほほ~んとしながら乗っていたら、列車は「姨捨(おばすて)」駅に到着した。
07
ここは本線上にホームの無いスイッチバック駅で、列車交換のため小休止。bud

ホームに下りて数枚撮影。うっすらと雪が地面に…
08
313系の「長野」行きの表示もあまり見れないよね…

この駅も絶景なのだが、雪であまりキレイに見えず。
なので、今回は撮影せず…。sad

で、列車は長野盆地に下り、長野駅に到着(10:45着)。
09
また雪が降ってきた。snow

ここからはいよいよ豪雪地帯に突入。
実は、数日前から天気予報で「日本海側、ヤバいよheart01」と言われてたのだ。
急激に天候&気温が下り坂になり、この18日はすんごいコトに…sweat01

次の列車までしばし時間が空いたので、ホームでそばを食べる。noodle
寒い所で食べるそばは、あったかくて美味しいねぇ~~spahappy01

あったまって満足した後は、11:24発の「直江津(なおえつ)」行きに乗り込む。
10
今度は、またもや115系の3両編成。

…長野には、大糸線を除き、通勤(近郊)型電車は115系しかいないのだ。

列車は雪の中を出発。snow

隣の「北長野(きたながの)」駅に珍客が…
11
そう、東京の「京浜東北線」の209系だ。

東京から長野まで運ばれたもので、かなりの編成が停まっている。
これはみんな廃車予定だ。

都会の電車と雪景色…すんごい違和感。sweat02
しかも、この車体の色合いとこの雪のコラボは、いやが上にも寒そうに見える。
無機質な電車」かどうかは、雪に晒してみると判るかも。smile

列車が進んでいくと、急に景色が真っ白で見えなくなってきた。
12
おぉ、寒そう…wobbly

途中の「豊野(とよの)」駅で対向列車とすれ違う。
13
あっちは特急型189系を使用した、6両編成の普通列車「妙高号」だ。

指定席がある関係で、普通列車なのに名前がついている。
走っている区間も停車駅も、こちらの115系とまったく同じ。
私もコレに乗りたかったのだが、接続の関係で断念。

それにしても、電車の正面の雪が…sweat02

列車はいよいよ国境(県境)地帯へ。私の未知の区間だ。
14
…これ、外出たら死ぬなcoldsweats01

途中、一部に複線区間があるのだが、架線は見えども線路は見えず…。
そう、雪で線路が埋もれてしまっているのだ。
しかも、わずか数十分前に列車が通ったばかりだというのに。
…スゲェぞ、雪国shine

そして、スゲェぞ、115系&189系
雪を巻き上げながら、快調に走っている。

だが、115系の窓、閉まっているのにアタマに雪が降ってくるってどうよsign02

わずかなスキマから雪と風が侵入して来るのだ。
強風&豪雪だから仕方がナイのかsign02
暖房も、上半身には効果ナシsad

無事、国境を越え、列車は直江津駅に到着(定刻なら12:58着)。
15
ココからは北陸線に乗り換え。つまり、JR西日本の区間になる。

JR東日本の駅名板に、青い(他の色の)ラインが描いてあるのも珍しい…

北陸線は強風&雪のせいでダイヤが少々乱れていた。snowtyphoon

特急列車の乗客が、急遽ホーム移動させられたりしてバタバタしていたが、私の乗る普通列車はシレ~っとホームに佇んでいた。chick
16
おぉsign01今や東日本ではほぼ絶滅してしまった「急行形」電車、それも475系ではナイかーっsign03shinehappy02sweat01

いそいそと車内に入る。sign04run
17
車内も懐かしいねぇ~~

さすが「動態保存天国」、JR西日本。smile
この列車は、13:12発「富山(とやま)」行き。475系の3両編成だ。
遅れた特急などの接続の関係で、7分ほどの遅れで出発。

列車は日本海を横目に走る。
…それにしてもすごい風だ。typhoonwobblysweat01

海面の波が激しい。wave
18
イメージ通りの「冬の日本海」だ。

演歌と酒と…の世界だねbottlekaraoke

途中、列車は長い複線のトンネル内で停車してしまった。sweat02
突然何だろう?」と思っていたら、反対側の車窓に明かりが。flair

窓を開けて見てみると…eyeshine
19
…あ、駅?!

筒石(つついし)」駅だ。
上下線のホームが前後にズレているので、進行方向右側に座っていると、駅に着いたとは気がつかない。
この駅、ホームと改札への通路の間にドアがあり、出口(改札)をうかがう事が出来ない。
一体、どこに繋がっているのだろうか…。
それに、このホームに立っていたら、特急来たら風圧で飛ばされるな…。
日本の「サンダーバード」は救助してくれないからねsmile

長いトンネルを出て、列車は「糸魚川(いといがわ)」駅に到着目前となった。

そしたら急に車内の電気が消えたsweat01
20
真ん中の非常灯だけが光っている。

そう、北陸本線の電源切り替え区間(デッドセクション)だ。
直流1500V区間から交流20000V60Hz区間へ突入sign01
(ちなみに、東日本・北海道の交流は20000V50Hzだ)

無事セクションを通過し、列車は糸魚川駅に到着。clover

見慣れた風景(機関庫)が迎えてくれた。
21
ここは大糸線経由で何度か訪れたことのある駅。

だが、今回は直江津方面から来たので、いつもと違う所にいるカンジ。
私は「黒姫(くろひめ)」~(直江津)~「糸魚川」駅間は、今回が初めてなのだscissorsshine

機関庫の前に、除雪用のディーゼル機関車「でーでー」がいるねぇ~
しかも今や超貴重な「DD15」。shine
糸魚川には夏しか来ないので、見たことなかった…。coldsweats01

さて、列車はまたもや日本海沿いに走り始める。

途中、有名な「親不知(おやしらず)」駅に到着。
22
海上の高速道路がなければ絶景なのだが。crying

それにしても…ホーム狭過ぎぢゃね?
もし跳ねられても、ココもサンダーバードは救助に来てくれない。

雪も風もすごくなって来た
23
東滑川(ひがしなめりかわ)」駅。

もう窓も見えない。sweat02
オマケにこの電車も車内に雪が降ってくる。
まぁ、115系よりも古いのだから、尚のことか…coldsweats01
でも、デッキ付きなので、115系よりははるかに暖かい

こうして、列車は大雪の中、「富山(とやま)」駅に到着(定刻なら15:11着)。
24
直江津出発時はキレイだったお顔も、ココまで来るうちに真っ白さぁ~~happy02sweat01

何気に横に419系(元・寝台特急電車の583系)がいるのが、すんごく気になる…
もはや「骨董品」だよ、この電車ゎ。shine

…で、富山でも乗り換え。

先ほど419系がいた場所に、またもや475系の3両編成が入線。
25
15:26発の金沢行きだ。

これでやっと金沢に着けるぞっsign03shinehappy02sweat01

列車は学生を乗せ、順調に走る。
景色はもう見えないし、見るところもそれほどナイ。
typhoon強風とthunder雷などで、写真なんて撮れる状態ではナイので、ここも割愛。

そして、ついに、ついに、金沢駅に到着sign0116:28着)
26
おぉ、いぇいsign03goodshine

乗ってきた列車はこんなカンジ。
27
う~ん、雪国の列車ってスゴいね

パワフルでカッコイイsign03heart01

金沢駅では、ホームの端っこにある“ミニのりば”に到着したので、中ほどにある階段までテコテコ歩く。

そしたら視界の左側に…
28
おぉ、いぇぃsign03shinehappy02sweat01

国鉄時代の色を再現した列車だ。
これまた懐かすぃ~ねぇ~
リバイバルカラー」列車として、2編成が走っている。

さらにホーム上には…
29
おぉいきなり西。(笑)

…そっか、そうだよね。
ここはJR西日本の区域だし、北陸と関西は近いんだよねぇ~。

「たこ焼き」の横に書いてある「あまえび焼き」が気になった。sweat02
だが、長旅で疲れ果てたのと、モーレツな眠気に襲われてたのと、「寒くてしゃぁ~ないやんけぇ~!ボケぇ!カスぅ~!annoy」状態だったのでパスした。coldsweats01
さっさと、予約してある駅前のホテルに行きたかったからだ。

改札を出て、コンビニで「食料」&「まほうのみずbeer」を買い込み、ホテルにチェックイン。

そして食事してベッドになだれ込み、20時頃にはもう爆睡…(記憶にナイsweat02
…起きたのは12時間後でしたとさscissorsshine

こうして、12時間に及ぶ「はるかなる北陸路」ツアー(往路)が無事終了した。clover
途中、何回か「雪で電車がストップして辿り着けないんぢゃナイか?!」とヒヤヒヤしたが、結果的には案外すんなりと到着することが出来たラッキーscissorsshine

後で聞いたハナシだが、上越線経由だったらアウトっぽかった。
アブナイ、アブナイ…sweat02

ナゼ、こうまでして金沢に来たのか?!
それは…

教えナ~イheart01smile

つづきはこちらー!

|

« 旅日記 ~「博多のかもめ」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「スノートータス・北陸路」2009冬~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

旅と鉄道(06北陸)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。6週間振りですネ。本文と同じように長文になっちまいやした・・スミマセン
>中央線 
写真だと光線の具合で「きいろいほう」の(銀)電車に見えてしまったりするのは僕だけでしょうか・・・sign02
ちなみに「きいろいほう」の電車も高尾に顔を出す運用があるようですね。。
>ドア上のモニターを見てればヒマ潰しも出来るし~☆
激しく同意ですっ!!ちなみにお気に入りはマリオさんの豆知識コーナー(的な)番組(?)です(* ̄ー ̄*)
>新型N'EX☆
僕はまだ豊田でしか見たことが無いので間近で見ることが出来たまりりんさんが・・・羨ましいゼ!coldsweats01
>今度は115系の6両編成だ。
いつまでも活躍を続けて欲しいですね・・
超・余談ですが、B‐トレの115系ってどうして側面方向幕が無いんでしょうか・・・付けてくれればいろいろといぢれるってモンですが・・新規金型で作ってくれないかなあ~バンダイさん?
>JR東海の313系☆
僕も乗ってきました!特にあの車両、トイレがキレイでスバラシイ!!・・・お粗末・・・down
>字幕
 ↑っていろいろなバリエーションがあって面白い!くるくる回したい!・・・て思うのは僕だけでしょうか・・?
>「急行型」、それも475系ではナイかっ
さぞ、座り心地が良いのでしょう・・・中央線・大月口に転属して走らせれば仕事帰りのサラリーマンに大ウケするでしょう・・・あ、居眠りして二度と起き上がれ無くなるかも(笑)
>ココまで来るうちに真っ白さぁ~~♪
大自然の驚異・・ですね(余りのインパクトに失言)
ココから先は次回に期待!ですね!
 最後に、長文&乱文でスミマセン(毎度の事ですが・・)
そしてこのようなコメントにいつもお返事を書いてくれて有難うございます。よいお年を!

投稿: しげぺ | 2009年12月28日 (月) 10時23分

お久しぶりです☆

黄色い電車は立川まで乗り入れてます。
夜間に、武蔵小金井行きと立川行きが各2本ずつくらいあります。
残念ながら、高尾には行かないんですねぇ~

ほぉ、マリオですか。
私はサッポロビールのお嬢が…(笑)

Bトレの近郊形には、字幕はナイほうがスッキリしててイイですよ。
JRになるまで字幕使用してなかったし…
車体と同じ色のフタ(鉄板)がしてありました。
字幕を表現するなら、上からNゲージ用のシール貼ったほうがカンタンさぁ~♪

313系、トイレはすばらしいですね☆
でも、東海道線の313系のトイレ、メッチャ臭いのがあった…orz
汚水タンク、満タンっぽかったsweat02

今ドキの字幕、LEDになっちゃったから、回せるの減りましたよね…
LEDだと、何でもカンタンに表示できるので、レアな行き先見つけても、あまりカンドーしません。
やっぱ旧来の字幕車が、終点の駅でグルグル…と「回送」まで長~く回してる時に出てくる、他線の駅名なんかに「萌え」☆(笑)

急行形、中央線には不向きです。
意外と高尾~大月・塩山~韮崎間は混むんですよ!

次回(31日)の日記もゼヒ読んでくださいね☆
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます!

では良いお年を~♪

投稿: まりりん | 2009年12月28日 (月) 22時03分

中央線と言うとスカ色の人が思い付きます。
どうも銀電だと…

>この車体の色合いとこの雪のコラボ
どう考えてもシベリアか網走の刑務所へ連れてかれそうな
雰囲気しか感じられないんですがcoldsweats02

>475系
特別好きというわけではないのですが、
なぜかこの顔を見るとホッとできるのは私だけでしょうか。

>「筒石(つついし)」駅だ。
竜飛海底駅に見えました。
北斗星とか来そうな感じです。

>「東滑川(ひがしなめりかわ)」駅。
これぞまさに雪国への旅ですね。
スノボーとか行くときは、こんな風景に良く出会います。

>リバイバルカラーとして
この色が現存してた時に生まれてないかもしれませんが
知らない私にとっても、温かみのある色合いに見えます。
どうして国鉄時代の車両は優しい顔が多いのでしょうか?

投稿: CHIANTI | 2009年12月30日 (水) 15時59分

お疲れざんす。
その時期ってたしかすごい低気圧が来ていた頃だったと。
東京もチョー寒かった。

>デッキ付きなので、115系よりははるかに暖かい♪
駅でドアが開く度に冷たい風がヒャ~~と入ってくると体こわしそうだ。デッキ付車両のありがたさが改めてわかったことでしょう。

以上ネカフェからの書き込み失礼。

投稿: ニソクホコウ | 2009年12月30日 (水) 17時03分

★ CHIANTIさん

筒石駅、なるほど、海底駅にも見えますね…☆
北斗星は来ませんが、トワイライトエクスプレスはやって来ます♪

国鉄車両は、専門のデザイナーでない、国鉄職員の技術者が設計をしていました。
なので、奇をてらっていませんが、逆に「機能美」という分野でデザインが極まった、「安定した芸術品」に仕上がっていると思います…

投稿: まりりん | 2009年12月31日 (木) 06時39分

★ 二足歩行氏

えぇ、まさに…。
地元の美女も「3年に一度あるかないかの大雪だって☆」と言っておりました。(笑)

115系は走行中のドア・窓からのスキマ風がハンパないッス☆
停車中はドアが手動開閉なので、まだ助かりますが…。

北陸地方でまだ475系が走ってるの、解る気がします。
「乗降に便利な3ドアデッキなし」よりも、多少不便でも構わないので「暖かい2ドアデッキ付き」のほうが、「冬のサービス」としては満点です♪

投稿: まりりん | 2009年12月31日 (木) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「博多のかもめ」2006~ | トップページ | 旅日記 ~「スノートータス・北陸路」2009冬~ »