« Bトレ日記 ~「西武二の“地味電”3000系」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 新宿行き」2009夏~ »

2009年6月25日 (木)

旅日記 ~「客車急行アルプス 松本行き」2009夏~

今回はホットな話題を。upshine

2009年6月20日~21日に中央東線を走った、客車急行「アルプス」に乗ったぞscissorsshine
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1101
カァ~~~~チョエェ~~~~happy02dash

この列車は団体列車として企画された。
20日は「新宿(しんじゅく)」駅23:54発の「松本(まつもと)」行き(4:32着)で、21日は松本16:10発の新宿行き(20:51着)だ。

走った場所はご覧の通り。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1102
(2018年のグーグルマップより)
の往復ッス

…新宿駅
…甲府駅
…松本駅
…赤沢森林鉄道

このアルプスは、基本的には乗車だけのフリーツアー。
現地オプションで、上高地または糸魚川への往復プランもあった。

オラは、「特攻野郎Bチーム」の「たかし」隊員と一緒に、木曽の上松(あげまつ)にある「赤沢森林鉄道」まで往復した。(地図の
これは後日ご紹介しよう。
(この日記の文末にリンクがあるよんdown

さて、新宿駅に到着したオラは、たかし隊員とホームで合流した。papershine

列車は7番線に入線するとのこと。
中央線快速の東京行きホームだ。

これを企画した人、解っているねぇ~smile

昔の夜行急行「アルプス」は、快速運転終了後の中央線快速と特急ホームの全てを使って発車していたのだ。

それだけシーズン中は運転本数があったというコト。dash
1975年の時刻表の日記はこちらをクリックshine

もし今日の発車が現在の5・6番線(成田エクスプレスや踊り子号の発車するホーム)だったら、全然盛り上がれなかっただろう…。saddown

…んで、ホームの案内板を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1103
ぱ~り~たぁ~~~~いむっupupnoteshappy02

さぁ、もうすぐミッドナイト。
週末のパーティータイムの始まりだ
(「団体」は英語では「PARTY」と表示される)

監視カメラもバッチリ見ているぞeyesign04

この直後、列車は「池袋(いけぶくろ)」駅方面から入線して来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1104
…あぁ、機関車が茶色いcrying

一瞬、ガッカリした。down

だって、「EF64」でも上越線用の「1000番台」ぢゃナイかsign01poutdash

…でも待てよ。catface

池袋方から来たという事は、機回し(機関車を反対側に付け替える作業)が必要だ。recycle
だが、今の新宿駅では、それは不可能に近い。

…という事は、後ろにもう1両機関車が付いてるって事だ

…んで、停車後に先頭へ見に行ったら……付いていました、青いのがheart01
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1105
…そうそう、これこれ

中央線と言えば、やはり「青い0番台」ぢゃなきゃ。heart01

機関車の側面を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1106
先頭の機関車は「EF64 39」。

今や貴重な、青い0番台。

隣の車両は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1107
おやcatface

ごくフツーの12系客車の「スハフ12」と思いきや、なんと「オヤ12sweat01

オヤ12は、高崎のSL(D51・C57)用の控え車で、スハフ12から改造された。wrench
座席の一部を取り払ってSL用の保安装置を搭載した以外は、オリジナルのスハフ12のまま。

当然、事業用車両なので車内には入れないし、窓には全てカーテンが…
この列車では「車販準備室」兼「スタッフ控え室」として使用するようだ。

編成は、EF64 39+オヤ12+オハ12×3両+スハフ12+EF64 1001

客室はオハとスハフの4両分で全席指定。chair
(団体臨時列車だからね)

乗車出来る駅は新宿立川(たちかわ)・八王子(はちおうじ)のみで、終点の松本駅まで途中下車は出来ない。ban

側面の行き先表示器は、こうなっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1108
抜かりナーーーーーーーイ

シンプルながら、キチンと作られている。goodshine
シール製で、ガラスの上から貼ってある。

ひとつ残念だったのは、本来の字幕の柄が透けて見えてしまっていて、アルプスの字幕にカブッてしまっていること。
せめて真っ白な字幕まで回しておいて欲しかった…crying
(オヤの字幕の表示は固定されているらしい…)

その他にも、細かい演出もしっかりされていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1109
サボーーーーーーーーっ

サボ」とは、「サイドボード」の略で、側面表示板のこと。
ドア横には、昔と同じように「アルプス ALPS」が表示されていた。

別の車両の同じ位置には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1110
りざーーーーーーーぶど

指定席」のサボが。

同じ車両の松本寄りのドア部分には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1111
えぷすくれすぅぅぅぅ~~~~~

急行」のサボが。

しっかりと国鉄時代の慣例どおりに設置してあった。goodshine

一応、出発前に証拠写真を。camera
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1112
完璧だgoodshine

これで新宿駅7番線ということが判るね

出発前にはいろいろな人がホームを行き交う。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1113
…あ、ナゼかBチームのZERO君もいる。(笑)

憑りつかれた様に走って右往左往しながら写真を撮る、乗らずに撮りに来ただけの人。
乗車前に列車を一通りゆっくり眺めている乗客。
快速東京行きが終了したのを知らずに、ホームに来てしまった一般の帰宅客(酔っ払い)。

まぁ、あれだけ人がいれば、「まだ快速東京行きが走っている」と思ってやって来る人は多いわな。うんうん。coldsweats01

先頭のEF64 39の前は、ものすごい人だかりだったので、諦めて後ろのEF64 1001に行ってみる。
こちらは比較的少ない。

突然、目の前で機関車を撮りだしたshine美女shineがいたので、失礼して後ろから撮影。(ゴメンなさい!)
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1114
おキレイで画になりますねぇ~shinevirgo

どうやらスタッフの関係者のようで、乗務員さん達とハナシをしていた。happy01

この列車には、JRの旅行関係のスタッフと、旅行会社のスタッフが乗車する模様。
(行きのアルプス車内では何もしないが)

発車直前まで、ホームはこんなカンジだった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1115
どう見ても、一般の帰宅客ばっかりだよねぇ…

ギャルもいるしぃ~。virgovirgoshine

さて、列車に乗り込もう。bud

少年時代の昔、夜行アルプス(もちろん自由席)に乗り込んだら、いつも見ていた景色がある。
進行方向に向かって右の窓側に座る」というのが、鉄ちゃんとしての「基本中の基本」だろう。smile

そうすると、新宿駅1番線(今の7番線)発車の列車だと、こう見える。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1116
う~ん、このアングルは昔と全~然変わってナイheart01

チョット嬉しいdelicious

今は横を埼京線や湘南新宿ラインが頻繁に通過していくが、昔はEF15EF58の貨物列車が数本通るだけだった。
でも、発車までの退屈な時間のささやかな楽しみでもあった。wink

いよいよ列車は出発。

車内はにぎやかだ。notes
みんなのテンションはアゲアゲ状態upupshine
どの窓にも缶ビールがたくさん並んでいる。(笑)

乗客は老若男女混じっていて、ぜ~んぜんマニアの巣窟「カオス列車」ではナイ。
どちらかというと、一般の女性も多い「大人の列車」だ。

…あぁ、良かったcoldsweats01

立川駅と八王子駅で全員を乗せ、山間部に突入していく。

昔もそうだが、だいたい「相模湖(さがみこ)」駅辺りからみんなのテンションは下がり、眠りにつき始める。sleepy

大月(おおつき)」駅通過の頃には、車内はこんなカンジになっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1117
これだよhappy02

網棚の荷物が半分以下だが、結構往年のアルプスの雰囲気が出ている。

当時は通路やボックス席の床部分にも寝ている人だらけで、歩けなかったよなぁ…
トイレに行くには、座席の肘掛を踏みながらつたって行くか、窓から出てホームを歩いてデッキまで行くかのいずれかだった。

乗客のほとんどが山男・山女だったので、肘掛をつたって行くのは慣れたもの。
今風に言えば「フリー(ロック)クライミング風の歩き方」だな。

…えっスパイダーマンsign02 smile

列車は真っ暗な山中を走る。night
途中、突然明るくなる場所がある。それは駅だ。flair

大月駅の次、「初狩(はつかり)」駅を通過するシーンを撮ってみた。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1118
これぞ「夜汽車

流れる黄色いラインがカッチョエェ~goodshine

天気はあいにくの雨だったが、ガンバって走行風景も撮ってみた。camerasweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1119
イイねぇ~~goodshine

スハフ12の床下にあるディーゼル発電機の音がチト邪魔だが、機関車の吊りかけモーター音と、客車の車輪の静かな音が心地よい。confidentclover

やっぱり電車とは違うねぇ~。

最近の電車は客車並みに静かになったが、「窓を開けて外を見る」という事が出来にくくなったからね。

しばらく走り、列車は「甲府(こうふ)」駅に到着した。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1120
しばし停車するとのこと。clover

ここでも外では撮影タイム。camera

地元のマニアが大勢ホームの端っこに待機していた。shadowshadowshadow
停車して1~2分後、彼らは一斉に右往左往しだす。typhoondashsweat01
わずかな停車時間中に、たくさんのアングルで撮影したいからだ。

ホームは、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1121
夜中の2時半にホームをうろうろしている鉄ちゃんと乗客達。

オラも気分転換を兼ねて、ホームに降りてみた。

…あれ外のほうが涼しい。catfacesweat02

車内は非力なクーラーが掛かっていたものの、山間部のあまりの湿気で蒸し暑くなっていた。spa
外は結構な雨なので、仕方がない…か。coldsweats01

涼みがてらに、機関車を撮影。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1122
あぁ、夜行列車だheart01

のんびり数枚撮ったが、すぐ車内に戻ってまったり。clover

みんなも外のほうが涼しいのに気付いたようで、あちこちで窓を開けて、しばしの換気タイム。recycle

しばらくして、列車は発車した。

発車後はまた窓を閉めて、おやすみモード。sleepy
この先は雨がひどく、窓を開けられない状態。rainsweat01
おまけにあまり停車はしないし、してもドアは開かず、ホームは真っ暗で何も見えない。
ひたすら「小淵沢(こぶちざわ)」駅に向けて超絶長~い上り坂を登っているのは判る。

その後は、諏訪湖畔を走っているようなのは判るが、この雨では何も見えない。
そして、長~い「塩嶺(えんれい)トンネル」へ…

何だかんだで、空が明るくなり始めた頃、列車は松本駅に到着してしまった。sweat01
(地図の

ここでも証拠の1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1123
まだ暗いねぇ~。

オラのへっぽこデジカメだとハッキリと写らないや…despair

新宿駅ではあまりの混雑で撮れなかったので、ここで列車全体を撮影。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1124
カァ~ッチョエェ~のぉ~~heart01happy02dash

そうだ、反対側も撮っておかないとね

向こうの先端につながっている茶色い1001号機まで移動開始。

…そうそう、客車との連結部分も撮っておこう
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1125
良いheart01

とてつもなく良いshinegood

反対側に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
客車急行アルプス松本行き2009夏-1126
これも証拠写真風に撮ってみた。delicious

松本EF641001が来るというのも非常に珍しいモノ。
昔からの「中央線LOVEheart01」派にとっては1000番台には興味が沸かないが、貴重なシーンなのでね。

この後、列車は塩尻駅の留置線に向けて発車して行った。
そう、1001号機を先頭に。

アルプスよ、夕方にまた会おうpapershine

つづき「木曽・赤沢森林鉄道2009夏その1」はこちらーっ!

帰りの「客車急行アルプス新宿行き2009夏」はこちら

|

« Bトレ日記 ~「西武二の“地味電”3000系」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 新宿行き」2009夏~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

窓際の写真、いいね~。

もぃっかい走ってくんないかな。

投稿: 二足歩行 | 2009年6月25日 (木) 12時28分

次は旧客がイイねupnotegoodshine

投稿: まりりん | 2009年6月25日 (木) 16時09分

私は急行アルプスと言いますと、電車時代を連想します。
もしかして当日の車内は、
いわゆる“大きなお友達”が多かったかとcoldsweats01

機関車も客車も数少ない生き残りって感じですね。
どちらも、寡黙に働くいぶし銀無印象を受けましたgood

投稿: CHIANTI | 2009年6月27日 (土) 16時36分

私にとっても「アルプス」といえば、急行形電車の列車ですねぇ~note
夜行のうち1本だけは荷電(スカ色のクモニ83)が新宿寄りに付いていて、車掌のアナウンスの声に混じって吊り掛け音が聴こえてくるという、「鉄殺しの名列車」でしたよ。(笑)

この客車列車、銀色ではないのに「いぶし銀」・・・coldsweats01

車内には「大きなお友達」は比較的少なかったです。
まだ京急の「快特」先頭車のほうが…(以下略)

投稿: まりりん | 2009年6月27日 (土) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bトレ日記 ~「西武二の“地味電”3000系」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「客車急行アルプス 新宿行き」2009夏~ »