« Bトレ日記 ~「速攻増やせる!タキ3000」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ »

2009年6月15日 (月)

旅日記 ~「黄色い“ことでん”」2006~

前回「前略、松山駅より。2006」からのつづきーっ!!

今回は首都圏の方々にも馴染み深い車両をご紹介しよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1101
四国の香川県を走る「ことでん」こと「高松琴平電気鉄道」。

線路幅が標準軌(新幹線と同じ1435mm)の路線ゆえ、昔から同じ線路幅の京浜急行の中古車両が走っていることでも有名。

昔から訪れてみたい路線だった。delicious

2006年に屋久島へ行く際に、東京~大阪~博多~鹿児島~屋久島~別府~松山~高松~倉敷~広島~大阪~松本~東京という、アホみたいなルートで鉄道での旅をした。
その際に念願の「ことでん」にお目に掛かる事にした

JR高松駅に降り立ち、早速、駅前の宿をキープ。building

その足で「高松築港(たかまつちっこう)」駅に向かう。
JRの駅の近くにある、城のお堀の跡地と思われる場所に駅はあった。

かなり小ぢんまりとしている…。catface

だが電車は頻繁にやって来る。
いろんな形式がいるので楽しいhappy02

早速目に入って来たのは、元京急1000形の車両だ。
色がドイツの「ルフトハンザエクスプレス」っぽく、ちょっとカッチョエェgoodshine

黄色いのは「琴平線」の車両だ。

駅前のカーブで写真を撮る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1102
イイねぇ~~♪happy02shine

何とな~く、神奈川県の川崎鶴見付近を想像してしまうのはオラだけかcoldsweats01

やはり京急1000形というのはカッチョエェ~デザインなのだ。
何色になってもイケてるねtrainshine

この日は夕方に高松入りしたので、お楽しみは明日へと持ち越し
とりあえず、本場の「さぬきうどん」を求めて繁華街をうろつく事にした。noodle

まだ勝手が解らなかったので、とりあえずは近い範囲だけをうろうろ…recycle

お宿(JR駅前のビジネスホテル)に戻る途中、駅前の風景を撮ってみた。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1103
キレイだねぇ~~~♪goodshine

駅前は、昔はそのまま本四連絡船が入って来れるような港だった。shipsign04
現在は、瀬戸大橋が出来たので連絡線も無くなり、駅前は非常にキレイな広場になっている。
瀬戸内海に沈む夕日が見事だったので、思わず撮ってしまった

瀬戸内海の風景は、世界に誇れる絶景だと思う。shine

日暮れ後に、コンビニで麦汁の買出し~beer

その途中でも1枚。camerashine
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1104
正面はJR高松駅。

ものすごくキレイな駅で、構内が頭端式のヨーロッパ風な造り(かなりリアル)になっていて、非常にカッチョエェsign01shine
ぜひ東京にもこんな駅をっsign03…と願いつつ、お宿で酔っ払って爆睡。sleepy

翌日以降は、ことでんを「乗って」「撮る」作戦に。scissorsshine

築港駅に行くと、停まってました 元京急700形が…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1105
カッチョエェ~~happy02sweat01

右横に停まっている緑色のは、元名古屋市営地下鉄の車両。
路線によって色が違うので、乗り間違える心配がナイのもうれしい配慮goodshine
(ことでんは3路線ある。琴平線、長尾線、志度線)

あまりの嬉しさに、なめ回すように見入ってしまう。coldsweats01

オラ、京急700形が大好きなのだhappy02sweat01
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1106
…イイっ♪

京急川崎駅の、大師線ホームを連想してしまう。
(この電車がまだ赤かった時代の、大師線のおさしんはこちらをクリックshine

電車に乗って2駅目の「瓦町(かわらまち)」に向かう。
ココはことでんのジャンクション駅で、3方向に路線が分かれる。

高松築港駅に乗り入れるのは黄色の車両だ。
赤い車両は線路がつながっていないので無理。

瓦町付近を線路沿いにうろつく。

…あ、真っ黄色の電車が来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1107
コンピィーーーーーラッ

コレは「こんぴらさん(金刀比羅宮)」の広告車両だった。

こんぴらさん、あとで行くから待っててねheart04

京急700形にすっかり魅了されて撮りまくる。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1108
…お、コレは4両編成だ。traintraintraintrain

ことでんは2両固定編成がほとんどなので、後ろは何かなぁ…happy02
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1109
…なんてこったい!オーマイガッ!!dash

(ビフォア・アフター風に)何ということでしょう

京急700形京王5000系の夢のコラボが、今、目の前に展開されているではありませんか…。happy02sweat01

しかも、どちらもオラの大好物heart01
まるで模型の世界だね

最後尾は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1110
…カッチョ良過ぎるぅ~~~っsign03goodshine

京王線の名車、この色も似合っているぅ~んheart01happy02dash

当然、撮りましたよ、築港駅で。えぇ。cameradash
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1111
カッチョエェのぉ~~

反対側も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1112
良いっdash

こちらは「多摩動物公園(たまどうぶつこうえん)」駅ってなカンジ

ちょっと堪能しまくっちゃって、「お腹いっぱいheart01」状態。pigsweat01
高松でこんなシアワセに巡り会えるなんて…crying

さて、ことでん堪能の「お礼参り」というワケではないが、ことでんに乗って琴平の「こんぴらさん」に行くことにした。

築港駅から元京急1000形の「琴電琴平(ことでんことひら)」行きに乗って終点まで。
のんびりローカルな小旅行。clover

…とはいえ、車両はあの京急だ。traintrain

加速の凄さは昔のまま。up
とても四国のローカル私鉄とは思えない、素晴らしいダッシュをかましてくれる。dash

同じ四国の「伊予鉄道」とは大違いだ。smile

…で、のんびりとした琴平駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1113
小ぢんまりながらも立派な造りだgoodshine

少し歩くと、門前町みたいな所に着いた。

ココから長~い階段が延々と続く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1114
おぉ、いぇいsweat01

カロリー不足では登り切れナイので、階段手前の老舗でさぬきうどん地ビールをいただく。noodle beershine

コレで準備はバッチリだscissorsshine
(…おいおい、酒飲んだのかsign02sweat01

さぁsign01登山開始っsign03sign04run

うぉぉぉぉぉぉぅりゃぁぁぁぁぁぁーーーーっ

まほうのみずbeer」のパゥヲーのせいか、異常な速さで登って行く。upwardrightupwardright

途中のお店のオバチャンも「…あのヒトは特別速いよsweat02」と、横でヘタッていたおバァチャンに語っていた。

少し見晴らしのイイ場所にたどり着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1115
これで真ん中くらいだろうか。

体力的に限界のヒトは、ココで参拝して戻って行く場所だ。enter

さらに登って行くぞup
一度休んだらもう動けナイ。smile
(↑オマエは「バーサーカー」かsign02

本殿手前でこんな癒し空間に遭遇。clover
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1116
キレイだなぁ~shine

そして、何とか本殿に到着sign01
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1117
ブッ倒れずに来れたぜ…sweat02

しっかりとお参りを済ませる。(ー人ー)

あとは下りだけなので、ココでの~んびりと休憩。clover

見晴し台から、琴平の町並みを見てみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
高松・黄色いことでん2006-1118
のどかだねぇ~clover

…ってか、意外と都会なのにビックリsweat01

さて、戻るか。recycle

で、またもや重力に任せるかのように、速攻で山を下りる。
さっきのみやげ物屋のオバチャンが「もう戻って来たっsign03sweat01」みたいなカンジでこっちを見ていたのは言うまでもナイ。smile

…そう、横のバァチャンはまったく移動していなかった。

つづき「茶色いことでん2006」はこちらーっ!

|

« Bトレ日記 ~「速攻増やせる!タキ3000」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ »

旅と鉄道(09四国)」カテゴリの記事

旅と鉄道(23ことでん)」カテゴリの記事

コメント

 >琴電
ローカルな路線に、バラエティー豊かな車両が頻繁にやってくる・・・・絵に描いた様な夢の構図ですネ。happy01
>真っ黄色の電車が来た。
黄色い京急。新鮮ですねえhappy02ほかの黄色+白の組み合わせも良いセンスを感じます。(* ̄ー ̄*)

投稿: しげぺ | 2009年6月15日 (月) 15時19分

おひさしぶりです♪

ことでんはホント楽しいですよhappy01
赤・青・黄・銀色の京急1000形は見れました。
あとは緑でしょうかねぇ…smile

黄色と白の配色は「ドイツ国鉄・ルフトハンザエクスプレス」で検索してみてくださいな。
オリジナルの塗色が見れますからgoodshine

次回(18日0:00にUP)はもっとスゴいゾ☆scissors

投稿: まりりん | 2009年6月15日 (月) 15時34分

昔の車両って顔が優しいですよね。
威厳がありそうでも、愛嬌があったりとか。
親しみやすいです。
最近のは貧ぼっちゃまが多くてcoldsweats01

>構内が頭端式のヨーロッパ風な造り
やはりセンスの良さは“真似”しないとダメですよね。

投稿: CHIANTI | 2009年6月19日 (金) 10時12分

昔の車両の顔って、人間の顔に近いんですよね。左右対称で。

201系やメトロ6000系あたりから、だんだん「機械的」な顔になって来た。
現在は、みんな「フルフェイスのメットを被った顔」とでも言いましょうか、黒色&ガラスでツルンとしてて光ってるだけですよね。

京急1000と700は眉が太い「郷!Go!」的なニオイがします。個人的に。(笑)
もちろん、気に入ってますよ♪

欧州のセンスは「いいとこ取り」しましょうよ。
日本人はそれで成長してきたのですから…☆

投稿: まりりん | 2009年6月19日 (金) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bトレ日記 ~「速攻増やせる!タキ3000」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「茶色い“ことでん”」2006~ »